マリアンヌ 外伝。 FE風花 金鹿ルナティック攻略感想

FE風花雪月外伝の条件と優先度について

マリアンヌ 外伝

青獅子ルナと同様の縛り内容で金鹿ルナをクリアしたのでその感想です。 今回は青獅子プレイ時とは違って計画的な教育を施したのですが、普通に育てて無双状態になるユニットはいないので青獅子よりも歯ごたえを感じました。 といっても、殿下の回避を祈るゲームだった青獅子と比べて、金鹿はユニットが腐らず安定して活躍していたのでリテイク数は少なかったです。 じっくり楽しむには丁度良い難易度なのではないでしょうか。 前置きはこれくらいにしまして、使用したユニットの所感に入ります。 飛行教練を欠かさず行いましたが、警戒姿勢に手が届いたのは先生変身マップ辺りで、警戒姿勢+は二部のメリセウス要塞辺りでの取得でした。 実戦でも飛行の技能経験値を積めるようにドラゴン系を経由した方が良かったかもしれません。 どのみち二部開始時には間に合わないと思いますが…… 最終的に白魔法装備時は大体避けられていましたが、元々魔法系ではありませんし、回避が大きく上昇する騎士団にも良いものがない為、反撃のダメージは雀の涙だったので、地雷というよりはデコイでした。 クロード バルバロッサ ステータス的にはまるで良いところが無かったのですが、囲いの矢や落星等固有の戦技にはかなり助けられたので、色々強いことが出来る弱いユニットって使用感でした。 クロードに限らず、この手の中途半端に速いユニットは追撃をギリギリ出せない程度にしか育たないので、軒並みハードと比べて評価は下がると思います。 これで前衛もこなせるようなら敵の追撃を貰わない分半端な速さも活きるのですが、虚弱なクロードには荷が重そうです。 ハードまでは堅牢だったですが、ルナで中途半端な耐久が通用するはずもなく、ぶっちゃけとしてはイマイチでした。 は魔力と技があれば十分なので、アネット等の純魔の優秀さを再確認する結果となりました。 といっても堅さで差別化出来そうに見えなくもなかったので、フォートレスを経由したり、ナイトにしてリザイアの火力を上げたりすればらしい活躍ができたのかもしれません。 ラファエル ウォーマスター フォートレス上がりのウォーマスターなのでまあまあ堅かったのですが、先生が警戒姿勢+を取ると壁役としての仕事は完全に奪われました。 地雷のような働きも期待しましたが、命中も火力も足りないのであまり役に立ちませんでしたし、切り返しの習得がとにかく遅い…… 格闘ユニットは魔獣に追撃できる程度には速さが欲しいので、フェリクスなどと比べると使い勝手は劣ると思います。 ぶっちゃけ追撃貰うせいでフェリクスより堅いかどうかすら諸説あります。 イグナーツ ボウナイト 終始安定した削りを行ってくれたイグナーツは、金鹿男子のMVPですね。 まあ金鹿女子は全員男子よりも強かったので誇るようなことでもないのですが…… 最序盤から素で必中だったのはイグナーツだけでしたし、各種デバフに加えて蛇毒に速さの応援まで盛った結果、あらゆる場面で何かしらの仕事ができるユニットになりました。 ただ火力面は本当に酷かったので、他に敵飛兵を一撃で落とせる弓兵も用意すべきだと思いました。 リシテア グレモリィ クロード同様中途半端な速さしかないので、騎馬と重装にしか追撃を出せませんでした。 ですが結局威力の高い魔法を使えば一発当てただけで倒せるので、追撃が出せずとも相変わらず強キャラだと思いました。 そんなわけで飛燕の一撃も速さ特化職を経由する必要も無いのではないでしょうか。 敵将突破の生命線であるルナは追撃を出せませんし、精々魔獣相手にエンジェルで追撃が出るようになるくらいしかメリットが無いような気がします。 マリアンヌ グレモリィ レストやの代わりにサイレスやオーラなど余計な白魔法を習得し、守備が最低クラスなので印象が悪いです。 サイレスを活用できる場面って、避け壁が完成した終盤以降に存在するんですかね……? 貴重なヒーラーとして活躍したので、こき下ろすつもりはありませんが、グレモリィとしてはの方が強いでしょう。 アタッカーとしては命中が致命的に足りなかったので、アーチャーを経由しておくべきでした。 飛燕の一撃を付ければ大抵の敵に追撃を出せるほど速かったのですが、自分から仕掛ける場面もそう多くありませんし、追撃を出さずともフライクーゲルで一撃なので最終的には外してました。 ダの回避は警戒姿勢+適用時で100くらいだったので、金鹿でも剣回避を付けた飛兵なら無双できそうな雰囲気がありました。 サンダーソードを持ったファルコンリシテアは作ってる人をどっかで見た気がします。 レオニー ボウナイト 青獅子でイングリットの速さがヘタレた反省を活かし、常にレオニーにはペガサス運用で金鵄武者のモノマネをさせていました。 結果飛燕の一撃で多くの敵に追撃を出せる強力なボウナイトが完成したので、間違いなく金鹿のMVPでした。 技と速さが伸びる女性陣は皆ペガサス経由してボウナイトになれば間違いなさそうです。 前衛は飛燕を取れない男共に任せましょう。 フレン 踊り子 青獅子と使用感は変わりません。 警戒姿勢を取っていないフレンでも剣装備時は結構避けていたので、踊り子の資格は避け壁に持たせるのが丸いのでしょうね。 大変可愛らしい踊り子フレンを使いたいので断固お断りですが。 セテス ドラゴンマスター 途中加入のくせにダより強いのは良くないと思います。 なので次回からは副官以外でのジジババ使用禁止という新しい縛りを設けることにします。 マヌエラ、ハンネマン、カトリーヌ 副官です。 全員アーマーにすれば良かったです。 いくらドーピングアイテムの使用を縛ったところで、スキル構成などで特定のユニットを贔屓できてしまいそうに思えますが、一応鬼神の一撃は先生以外の物理兵全員に、魔神の一撃は魔導兵全員に付けていたので、そんなにスキル格差は大きくないと思います。 次に、課題出撃で苦戦したマップを紹介……しようと思ったのですが、正直そんなに苦戦しなかったので、一般的に難所と言われている二部冒頭の「夜明けの追討戦」についてだけ触れようと思います。 正直ここも青獅子の方が難しいと思いますが……。 灰燼射撃が強すぎるのでどうとでもなりそうです。 では一応注意事項を。 ・先生は避け壁にするか逃げられる飛兵にするかの二択。 ・殿下が敵を数体消してくれる青獅子と違って、金鹿では人手が足りず二人だとジリ貧になるので、ダとレオニーは駆けつけられるように移動の高い兵種にしておいた方が良い。 再移動可能ユニットでないと返り討ちに遭うので援護できるかどうかも怪しい。 ・二部開始前に勇者武器を銀武器錬成で作っておくと楽。 ・クロードとレオニーの弓レベルはAまで上げて戦技を取っておく。 ・の杖はに返す(没収前提)。 これだけやって無理だったら運が無かったってことで。 正直そんな批判されるようなマップか? と思います。 スカウトにかまけていた人が痛い目見ているだけなので、寧ろ良マップなのではないでしょうか。 ここ滅茶苦茶楽しいですし。 あまり印象に残っていない課題出撃のことなんてどうでも良いので、次は外伝の感想に移りたいと思います。 実は今回勝手に「外伝が発生したら今節中に攻略する」というマゾプレイをしていたので、課題出撃の記憶が薄れてしまったのです。 では、一つ一つ攻略順に触っていきます。 ・金鹿の守る地 ワープやレスキューで飛兵を飛ばしてアケロンを暗殺すれば楽なのでしょうが、習得していなかったので正攻法で攻略。 敵が良い感じに詰まるように迎え撃って、計略をまとまった敵に打ち込んで処理していくだけなのですが、これが中々難しく、ゲームとして面白い外伝だと感じました。 ・剣であり盾たる騎士団 シャミアとアロイスをスカウトしなかったので発生せず。 美味しくないし面倒な外伝。 ・不穏な死の連鎖 1ターン目でホースキラーを持ったペガサスダを敵将に突撃させて終了。 敵将には特効無効付けなきゃダメだって! ・氷炭相容れず レオニーとダの両方をペガサスにしてマヌエラの救援に駆けつけないとマヌエラが死にます。 本当に急がないと間に合わないので、聖水ひっ被って無理矢理突撃しましょう。 レオニーが近距離連射を習得していれば、敵将に突撃して速攻クリアも可能かと。 ・赤き谷の冒険譚 大量の魔獣が相手になるマップ。 攻略法はハード以下と同じで、アーマー系で巨鳥を何体か引きつけている間に一匹ずつ処理していくだけ。 魔獣のステータスは狂ってますが、システムを理解していれば攻撃されないので大して意味ありません。 はともかく、ウーツ鋼は需要に対して供給が少なすぎるので巨狼のアーマーブレイクは狙っていきたい所です。 ・海の見える場所 一切苦戦する要素のない稼ぎマップ。 ありがたいですね~。 ・世界を分かつ壁 ゴネリル兵を数人見捨てれば楽なのでしょうが、そんな甘えは許されないので全員生存させるために主力をマップ右側に割かなければなりません。 右側は主にが相手となるので、既にスナイパーになっていたクロードと、金鵄武者のモノマネをしていたレオニー、ワープでクロードをドラゴンの群れに放り投げるリシテアを選択。 レオニーは右上のを狩りに行き、クロードは森の中での攻撃を避けつつトンボ取りです。 友軍のツィリルも戦えなくは無いので、クロードと共にゴネリル兵を守らせます。 左側は、ラファエルとで左上の敵を食い止めさせ、には左下のゴネリル兵を回復したりして守らせて、余ったユニットで中央付近の敵を何とかします。 唯一の前衛であるダの動かし方が超重要です。 この外伝は2部まで出現するらしいので、後回しにした方が良いです。 ただツィリルは個人的に嫌いだからスカウトしたくないので、僕にとっては1部限定の外伝ですね…… ・ともに天を戴かず 索敵マップですが、敵の配置はハードと大きな差はありません。 カトリーヌのスカウトを2月まですっかり忘れていたので、出現時期が遅れた分こちら側のユニットも育っており、ゴリ押しが通ってしまいました。 ・抹消された英雄 初見殺しと大変不評なマリアンヌの外伝ですが、ルナティックでも1ターン目からワープや神速を使ったレスキューがマリアンヌに届くのでどうにでもなります。 基本的にはハードと大きな差はないので、避け壁として動けるユニット数人に松明を持たせて慎重に進軍すれば特に引っかかる所も無いでしょう。 ・不朽の守護者 魔道士や弓兵メインで遠くからチクチクチクチク攻撃されるとても鬱陶しいマップなので、応撃が大活躍します。 特に持ちのグレモリィはさっさと応撃地雷で消しておくと楽です。 あとここのゴーレムの行動パターンが読めなくて怖いので誰か教えてください。 ・砂に眠る神話 右上の盗賊が持っているレイピアの回収は面倒臭くて諦めてしまいました。 正直要らないのですが、こういうのは今まで全て拾ってきたのでなんだか嫌な気分になりますね。 ここのマップは敵将の「風を呼ぶ者」がとてつもなく強い上、攻めあぐねていると左と上から出てくるに暗殺されるので、最高に意地の悪いクソマップですね。 天刻の拍動がなかったらswitchぶっ壊してました。 具体的な攻略法は、ワープや神速を使って強力なユニットを各盗賊に放り投げて掃討してから、風を呼ぶものに攻撃を仕掛けて離脱の繰り返しなので大して難しくも無いのですが、前述の即行動する増援や、風を呼ぶものの反撃に必殺があることもあり、初見殺し感と運要素が強く、ただただおもんない外伝でした。 敵将前に計略の使用回数を残しておけば相当楽になるのでしょうが、取り巻きの幻影兵達や盗賊もかなり強いので、初見ではそんな余裕ありませんでした。 外伝は楽しいのですが、クリアすると相当自軍が強化されてしまうので、次金鹿ルナをプレイする機会があれば、出撃は完全禁止にしようと思います。 正直言って現状施している縛りでは通常プレイとほぼ変わりませんからね。 次回は黒鷲の攻略ですが、以下の理由から他学級生徒のスカウトを解禁しようと思います。 ・他学級からスカウトしないと発生しない外伝がある(、リシテア、レオニーの外伝) ・教会組の使用を縛ると出撃人数が不足する(夜明けの追討戦でのセテス使用は解禁するかもしれない) ・リンハルトを使いたくないから代役が必要(申し訳ない) 一応言っておくとリンハルトが嫌いなわけじゃないです。 ヒーラーを男性にしたくないという謎の拘りを貫きたいだけです。 リンハルトには本当に申し訳ないと思っています。 まあ中盤から残念なエーギル無双ゲーになることが予想されるので、スカウトを解禁したところで大差ないと思います。 一応帝国と教会両方の攻略をする予定ではありますが、つまらなかったら投げて金鹿ルナの出撃禁止縛りを始めます。 そういうわけなので、次回の更新は期待しないでください。 any-powder.

次の

【FE風花雪月】マリアンヌってどう育てるのが最適解なんだろう?? 得意の剣方面は伸ばすべきなのだろうか??

マリアンヌ 外伝

マリアンヌ外伝。 8月30日までと期限が長いのは、マップがえげつなぁぁ、だからでしょうか…… 一人外伝です!二部になってピンで外伝を持っているキャラって、ごく僅か(級長と、ヒューベルトとレアだけ?) いきなり出てきたおっさんに拉致されそうになるマリアンヌ。 どんな展開ですか。 そりゃあ、断りますよね。 門番さーん、この男をつまみ出してちょうだーーーい! 断ると(断るしか選択肢はありませんが)男は捨て台詞をはいて、立ち去ります。 ばーーーん!! 先生の怒り顔がたくさん見られる貴重な外伝です(ち、違います!) さて、紋章学者が去った後、マリアンヌが自身のことを話してくれます。 一部の時からの強かったマリアンヌの秘密が明かされる時が来ました。 初登場の紋章です。 先生同様「???の紋章」だったマリアンヌ。 ……獣? これは初耳。 タイトルの抹消された英雄は、このことなんですね。 クロードが「この世界の成り立ちて疑わしい」という言葉を口にする場面がありますが、マリアンヌの外伝はそんな歴史の恥部を明かすものでもあります。 この後モーリスの一族は根絶やしにされたけれど、やはりそこは歴史。 災厄を逃れた一族がいた。 そういえば第一部でフレンが行方不明になった時、マリアンヌが疑われているという話がありました。 あの紋章学者がマリアンヌを疑って、そんな噂を立てたのかもしれません。 こんな話を聞いて放っておくわけにはいきません。 全体MAP(ルナティック) ハードでも、ノーマルでも同じです。 いきなり、マリアンヌ独り!! シルヴァンの兄とちがって、自己の意識を失ってはいないようですが…… 今回のプレイでマリアンヌをにしたのはこのためです。 前回は徒歩職だったため、逃げるに逃げきれず、大変でした。 ステータス。 攻撃速度が低いことだけが救いでしょうか。 今気づきましたが、MOV(移動範囲)はーになっているんですね。 戦ってないから最初は見えないようになっているようです。 下に逃げたら……囲まれました。 やはり、ここが安全地帯のようです。 主人公たちは固まって行動。 攻撃範囲に入らなければ襲われません。 すぐそばを通っていますが、魔獣は無害。 この隙にマリアンヌとの合流を目指します。 順調に見えますが、このあと幻影兵の猛攻撃に晒されて天刻の拍動を使いまくり。 スクショが全く残ってませんでしたが、前方からジャンジャンやってきます。 ようやくマリアンヌと合流! 会話も出ます。 ここまできたら、あとはボスを倒すだけ……と思っていたら うわわわわわ!!待って、ノーマルの時はこんなに敵に囲まれなかったけど?? シルヴァンは魔物特攻の戦技と、連撃を持っているのでこのMAPでは大活躍。 目標沈黙。 このまま右に進んで、ボスをおびき出します。 どこらへんに出たっけな……。 おおおお、き、きた! ここらへんに登場しました。 猛火計、車懸、エンジェルと打ち込んで、初手からアーマーブレイクを狙います。 このターンでケリをつけるため、フライクーゲルだって惜しみなく使用。 金剛斧、消費が7だったかな?ダはグレートナイトになると無類の強さを発揮。 クロードだと会話が出ます。 現実主義者のクロードの金鹿は外伝も含めて、ファンタジックな展開が多い印象。 謎を解決したいと思えば思うほど、謎のほうからすり寄ってくるのかもしれません。 久々のクリティカル。 え……剣……?って初回プレイで思いました。 だって、マリアンヌって戦闘キャラじゃないし。 マンド辺境兵(強い)が手に入ります。 に戻ってマリアンヌと会話。 デザイン的にはこれが一番好き。 天帝の剣は、忍者道具っぽいんですよね。 また出た。 この紋章学者の独白、めちゃくちゃ長いです。 しかし、画面に出ている二つの顔が同じ人物に見えんw 独りでしゃべり続けます。 この外伝で一番しゃべっているのは、この男。 あ、納得した。 待て待て、言い方を変えただけで、この間の「?」・「エーデルガルト?」と同じやんけ。 マリアンヌの外伝はノーマルでもやりごたえがありましたが、ルナティックは最初からやり直しか?(汗)という場面が何度もありました。 千年ですからね。 そう簡単には終われないと言う事でしょう。 御褒美はブルトガング。 魔法武器で威力は13。 射程1。 紋章一致で「獣牙」を使えます。 剣レベルがEでも使用できるので、マリアンヌがどんな兵種でも使用可能。 射程が2あったら、もっと使い勝手が良かったのでは。 nomokasan.

次の

【FE風花雪月】マリアンヌの兵種と5年後

マリアンヌ 外伝

HP 力 魔力 技 速さ 幸運 守備 魔防 魅力 35 20 50 40 40 35 15 45 40 魔力・魔防・魅力の成長率が高く、技と速さの成長率が平均的な魔法ユニットのお手本のようなキャラクター。 中でも魔防の成長率は全ユニットで2位。 さらに理学でも珍しい魔法であるブリザー・フィンブルを習得し、射程3のトロンも使えるので攻撃魔法の方も優秀と隙が無い。 氷の魔法が使えるのはマリアンヌのキャラクターと合っているのも個人的には〇 このようにどちらの魔法を使わせても一線級の活躍をマリアンヌはしてくれる、ただ金鹿の学級には魔導砲台のリシテアがいるのでマリアンヌには回復役を担当してもらおう。 運用としては最初から最後までメインは回復を行い、手が空いた時に攻撃魔法でサポートするのがマリアンヌの理想の使い方。 他にも魔防の成長率が高いので 金鹿の学級の魔防壁はマリアンヌに務めてもらおう。 ???の紋章 獣の小紋章: 武器攻撃時、まれに威力上昇 第2部のイベントで判明 青獅子の学級のアネットとほぼ同じ効果。 誰がマリアンヌに武器を持たせて戦わせているというのか、さらに外伝で入手する英雄の遺産も剣なので性能と合っていない。 騎乗ユニットはだいたい前衛・飛行ユニットは単独行動が多く、マリアンヌは後衛にいるため隣接する機会も少ないし・・・ おすすめスキル• 魔人の一撃 「信仰」と「理学」はどちらも使うので装備させている、マリアンヌは魅力も高いので 「指揮」 は本当に良い仕事をしてくれる。 「魔人の一撃」はリシテアのような攻撃専門の魔法ユニットよりは使う機会が少ないものの、あるとめちゃくちゃ便利なスキル。

次の