公認会計士 授業料。 初学者対象講座

公認会計士の資格がとれる通信講座ベスト3

公認会計士 授業料

この期間では会計士試験の主要科目でもあり、且つ実力をつけるのに時間を必要とする計算科目(財務会計論・簿記、管理会計論)の土台となる日商簿記検定1級までを目標に学習します。 また学習スタート時における個々のレベル(初学者、3級修了者、2級修了者、1級修了者)に応じて、コースを選択いただけます。 簿記3級講座 初学者を対象とした3級では、個人商店を取り上げ、日常必要な処理を一通り学習します。 分かりやすい具体例を使って、楽しく理解できる講義を行います。 簿記2級講座 [商業簿記] 簿記の基礎的な知識をマスターした方を対象に、株式会社会計の簿記を中心に簿記の一巡の手続き、特殊商品売買、本支店会計、帳簿組織等を学習します。 内容も3級に比べてより高度になるので、基礎知識を再確認し、実力アップできる講義を行います。 [工業簿記] 製造業の簿記の基本と製品原価の計算方法や原価管理のための標準原価計算、利益管理のための直接原価計算など、実務に役立つ内容を学習します。 苦手としている方が少なくないため、身近な例を使って楽しく分かりやすい講義を行います。 簿記1級講座 [商業簿記・会計学] 会計理論と計算を一体化し、より効率的に学習を行います。 3・2級で学習した会計の知識を基礎として、企業会計原則を中心に連結会計、為替換算会計、さらに新会計基準まで含めた会計理論も学習する講座です。 商業簿記と会計学を関連させ、確実にマスターできる講義を行います。 [工業簿記・原価計算] 2級工業簿記と比較すると記帳技術よりも製品原価の計算および、標準原価計算の比重が増え、新たに経営意思決定のための計算も加わり難しくなりますが、広範囲でのレベルの高い内容をコンパクトにそして確実に理解できる講義を行います。 公認会計士短答式・論文式合格力養成期間 公認会計士試験科目(財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法、選択科目)の学習に入ります。 その中でも、主要科目である財務会計論は簿記(計算科目)・財務諸表論(理論科目)に分けて学習していきます。 各科目とも講義(インプット)と答練(アウトプット)を繰り返していくことにより、着実に合格までに必要な実力を身につけることができます。 基本期 (短答・論文対策) 基礎的な知識を習得する時期です。 計算科目については日商簿記検定レベルよりワンランク上げるとともに、会計士の専門分野の基礎を学習します。 理論科目については、学習経験ゼロの方を対象に基礎力を徹底的に身につけていきます。 短答式試験対策を中心に講座を進めていきますが、一部の科目については論文式試験も考慮した指導を行います。 (応用期も同様) 応用期 (短答・論文対策) 基本期に学習した事項をさらに一歩掘り下げて学習し、より一層の理解を深めていく時期です。 基本期において学習した知識を基にどんな問題が出題されても対応できるように、これまで学習した知識をいかに得点に反映していくかのトレーニングを行います。 各科目とも講義と答練を連動させた効率の良いカリキュラム設定となっていますので、知らず知らずのうちに実力がアップします。 直前期 (短答・論文対策) 基本期・応用期で学習した内容で、特に重要な事項について反復して学習します。 この時期に、基礎的な知識を十分確立しないまま新たな分野を学習することは非常に危険です。 あくまでもこれまで学習してきた内容を答練で再確認し、特に出題可能性の高い論点を総まとめします。 論文対策期 いよいよ論文式対策に集中する時期となります。 それまでに学習してきた科目(財務会計論・管理会計論・監査論・企業法)については、インプット(知識)の確認だけでなく、新たに論文式試験に対応するようにアウトプットを重視していきます。 また短答式試験になかった科目(租税法・選択科目)についても本格的に学習を開始していきます。 この時期に一気に論文式試験の合格レベルまで実力を引き上げていきます。

次の

公認会計士の専門学校を安く受講する方法 そうかその手があったか

公認会計士 授業料

公認会計士専門学校として人気の予備校・クレアールは、1962年に創立された企業経営者養成の専門機関である「経営指導協会」を前身としてスタートしました。 1969年には、公認会計士講座をはじめ税理士・日商簿記検定などの受験指導を開設し「東京商科学院」へ名称変更しました。 現在の名称である「クレアール」へ変更されたのは1998年であり、長年積み重ねてきた専門学校のノウハウを凝縮して、大学生・社会人のための本格的資格試験スクールとなりました。 以来、通学講座のみならず、通信講座や公認会計士受験生専用寮を用意するなど、会計士試験対策のパイオニアとして業界をリードしてきました。 現役の一流公認会計士が実務家として講師・教材作成を担当するとともに、大学教授や受験指導のプロが合格へ最短ルートで導きます。 クレアールと言えば「非常識合格法」の一言に尽きるほど、業界に名を轟かせた有名な学習法が人気となっています。 非常識合格法は、公認会計士の有資格者でありクレアールで財務諸表論を担当している石井和人講師が考案した学習法であり、従来の受験指導の常識を覆す大胆な学習法で有名です。 ただでさえ広範囲に渡る学習によって難関資格である公認会計士試験ですが、年々受験範囲は広がりを見せています。 従来の受験予備校は、受験範囲を全てカバーした上で細かな要点まで教える指導法であり、受験生が学ぶ学習範囲が広くなり過ぎてしまい合格までに4〜5年は当たり前という業界でした。 クレアールが提唱する非常識合格法は、合格に必要とされる点数を確実に得点するとともに、ムダな勉強を極力省き、短時間で効率的に合格を目指す方法です。 映像学習に最適な「V-ラーニングシステム」 自宅に居ながら効率よく学習を進める事が可能な映像通信コースに、クレアール独自の非常識合格法を融合させた新しい学習のスタイルとして「V-ラーニングシステム」が人気を誇っています。 V-ラーニングシステムは、生講義を単純に映像化した大手予備校と一線を画した配信システムであり、映像通信に特化した専用の授業を60分〜90分に収録することで時間の無い社会人や大学生でも効率良く学ぶことを実現しました。 1回の講義で1単元(60分〜90分)を学ぶことができるため、集中力を保ったまま学ぶ事が可能です。 短時間で、効果的かつ効率的に知識の定着を図れる方法として、通信生でも安心して学習を進める事が可能です。 「非常識合格法」と「V-ラーニングシステム」を組み合わせて、難関資格である公認会計士試験に最短ルートで合格を目指すことが可能な学習スタイルを提案しているのがクレアール人気の秘訣です。 クレアール詳細 当サイトでは、現在クレアールの口コミ・体験談を募集しています。 受験生に役立つ情報の場として、ぜひご協力お願いいたします。 投稿者:ペイ(男性) 公認会計士は難関試験のひとつといわれてますが、やり方を間違えなければ必ず合格できます。 クレアールには要点だけを抽出したテキストと講義が用意されているので最短で合格に導いてくれます。 投稿者:鳥平(男性) 仕事と勉強を両立しなければいけなかったのですが、クレアールは自分のタイミングで勉強できるので仕事に支障をきたすことなく勉強できました。 投稿者:ユラン(女性) クレアールを選んだ理由は授業料が安かったからです。 非常識合格法やテキストの評判が良かったのも理由の1つです。 クレアールの授業はちゃんと理解できたし、カリキュラムも進めやすかったです。 ある程度大きい予備校なら授業内容に大差はないであろうと思いますので授業料が安いクレアールはおすすめです。 投稿者:スヨドー(男性) クレアールは働きながら受験する生徒のサポート体制がしっかりしているのでここでなら両立できると思った。 限られた時間の中で勉強することになるのでクレアールの非常識合格法は非常にありがたいカリキュラムです。 投稿者:ののん(女性) 昼間は仕事をしながら公認会計士を目指すにあたり、学校選びに一番重視した点は両立できるかどうかというところでした。 授業スタイルの学校だとどうしても受けれない授業がでてきますし、受けれたとしても夕方以降となるので非効率なのです。 クレアールは、授業スタイルではなくインターネット上で行われているので24時間いつでも講義が受けれるし、パソコンじゃなくてもスマホやタブレットで受講できるので場所を選ばず勉強できるところは私にとってかなりのメリットでした。 都合のいい時間にアクセスして受講できるので無駄な時間を省けてその分勉強時間に充てられたのでとても効率が良かったです。 投稿者:チェルネル(男性) クレアールでは1講義=1単元というVラーニングシステムなので単元ごとに細分化され整理されています。 1回の講義が60分〜90分で完結するので、空き時間を見つけて学習することができますし、予習・復習もしやすいです。 投稿者:パックん(男性) 働きながら公認会計士を目指すにあたり自分のペースで勉強できる通信講座がいいと思いクレアールにしました。 通信講座となるとクレアールがネットなどの評判が一番いいと思います。 投稿者:セラ(女性) クレアールは要点だけを抽出した教材と講義なので公認会計士を目指す学力がなかった私でも最短で合格に導いてくれました。 投稿者:アララちゃん(女性) クレアールのテキストは他のところのテキストに比べるとボリュームが少ないですが、基礎となる論点が明確に書いてあるのでとても覚えやすいです。 テキストで論点を把握できているので模試や本試験でも時間をかけて解くべき問題とか捨ててもいい問題を見分けることができました。 投稿者:たじん(男性) わかりにくい講師が数名いたのでその科目に関しては自力で理解するしかなかった。 逆にわかりやすい講師は講義を受けるだけでどんどん吸収できました。 どこの学校に通うにしても相性は大事だと思います。 投稿者:パリジェンヌ(女性) クレアールのスタンダード合格コースで公認会計士を目指しました。 このコースにしたのは二年間かけてしっかり取り組むカリキュラムが自分の生活リズムに一番合ってると思いました。 1年目のカリキュラムでしっかり基礎力がみにつきます 投稿者:マルボロ(男性) 短期間での合格を目指していたのでハイスピード型短答・論文トータルサクセスコースにしました。 僕は期間限定の割引がきくときに入ったので通常よりかなり安く入れました。 投稿者:オプティマイ(女性) クレアールの非常識合格法とはどんなものなのか興味がわいたのでクレアールにお世話になることにしました。 実際に受講して感じることは、重要な所だけをピンポイントに絞ってあると感じます。 投稿者:タイヤマン(男性) 仕事をしながら公認会計士を目指すということもあり、講座選びは慎重に選びました。 クレアールの非常識合格法に魅力を感じたのでクレアールを選びました。 非常識合格法は本当に効率的でした。 クレアールの教材のみで勉強し見事合格できました。 投稿者:めんきち(男性) 学生の頃クレアールで別の講座を受講した経験があったので、今回社会人となり公認会計士を目指すことになり、迷うことなくクレアールを選択しました。 クレアールでは仕事と勉強とを両立しながら合格するためのノウハウをたくさん持っています。 今年こそは合格できそうです。 投稿者:エビ天(男性) 授業はとてもわかりやすいです。 基本論点の理解が何より大切であること、まずは、問題全体をよく見ることを徹底的におっしゃってました。 講師の方々のおっしゃることを素直に聞いて取り組めば必ず合格に導いてくださいますよ。 投稿者:まろげん(男性) 映像学習は、1. 5倍の倍速で視聴できるので、通常は3時間の講義が2時間で視聴でくるのでとても効率が良かったです。 集中力が切れたら途中で止めたり、逆にもう一度確認したいときは何度でも繰り返し受講できるところも便利でした。 なにより通学しなくていいので、移動時間を学習時間にあてれるところも助かりました。 投稿者:ジェラード(男性) クレアールを選んだ理由は、合格に必要なところだけ学習すればいいという考え方に納得できたからです。 薄いのに中身の濃いテキストと受講料が安いところにも惹かれました。 投稿者:スクイズ(男性) 休むことなく勉強しないと合格はできないとおもっていたのですが、クレアールでは、週1日は休むことを推奨されていたので、週1日OFFタイムをつくっていました。 そのおかげで気分転換もでき、勉強にも集中でき、短期合格できたのだと思う。 クレアールでは働きながらでもたくさんの方が合格できる実績をみをもって体感しました。 投稿者:働きワニ(男性) 仕事と勉強を両立させるためには、いかに効率のいい勉強ができるかがポイントになります。 私は、自分で論点を絞り込む時間すら節約したかったので、効率よく勉強できる専門学校を探しました。 いろいろな専門学校の説明を聞きましたが、クレアールの非常識合格法や、重要なポイントをコンパクトにまとめてあるテキストを知り、ここだと思い受講しました。 投稿者:金環日食(男性) カリキュラムが無駄を徹底的に省いたコンパクトな内容となっているので、効率よく学習でき、問題演習などの時間にも多くの時間を充てることができました。 通信講座で会計士を目指すのであれば、実績豊富なクレアールがおすすめです。 無駄のない効率的なカリキュラムは、社会人に合っていると思います。 講義やテキストも分かりやすいので自宅での学習も問題ありません。 投稿者:シャンパーニュ(女性) 個人的に合う、合わないはあるかと思いますが、私はクレアールのテキスト、答練の内容の質はかなりいいと思いますよ。 講師の質もいいです。 質問に対する対応も早いですし、スタッフもいい方ばかりです。 投稿者:ハシゴっち(男性) クレアールでの公務員対策有名ですし実績もあると思いますが、会計士対策のノウハウはまだ浅いと思います。 受講内容は悪くはないですが合格実績はまだ低いと思います。 投稿者:暑がり(男性) 僕は仕事をしながら通信で勉強しています。 講義はわかりやすい科目、そうでなかったりの科目もありますが、質問に対しては素早く対応していただいているのでとても助かってます。 仕事しながらは正直きついですが合格に向けてなんとか頑張れています。 投稿者:アルプス(女性) テキストと過去問は内容がまとまっているので一人でも勉強しやすいです。 先生方も丁寧にフォローしてくれますので心強いです。 投稿者:Kirakiraboshi(女性) 他の学校に比べると受講料は安いうえ、講義内容は充実しているように感じてます。 講師の方々も有名な方ばかりで授業はとても分かりやすいです。

次の

【公認会計士】おすすめの通信講座・通学講座比較

公認会計士 授業料

合格率にするとわずか7. そこで低価格、安い受講料の公認会計士予備校に関心を高めている方もいることでしょう。 少しでも経済的負担を軽減して合格を勝ち取りたいと願うのは当然のことでもあります。 入学金・授業料・テキスト代を含めると平均60万円~80万円• 簿記レベルに応じた価格設定• 学習メディア、コース選択により、費用の格差がある 独学なら市販のテキスト代、数千円~1万円程度で費用を収めることができますが、専門の予備校を利用することで高額の学費がかかります。 そこで難関試験に短期合格、一発合格を目指すなら会計専門の学校や資格予備校を利用することが得策と考えられます。 学費はかかるもの、費用対効果として無理なく、効率的に合格レベルの実力を身につけることができます。 また、 思うような結果が得られなかった場合でも、「5月短答再チャレンジサポート」で短答対策を無料で受講でき安心です。 そして一般価格だけみればTAC受講料は高いと感じるかもしれませんが、大学生協にて申込みの際は5%割引、キャンペーン受講料(期間限定)、他割引制度等で、通常よりも割安で受講することができます。 大手予備校【公認会計士】費用比較のまとめ 全国に展開している資格予備校のTAC、LEC、資格の大原については会計士試験対策に特化しており、標準的コースを比べてみるとそれ程変わりはしないようです。 あえて学習を始めやすい価格としているのがLECで、短答、論文合わせても3校のなかではリーズナブルな価格としています。 またそれぞれの学校では、多彩なコースを用意しているのが特徴で、ロングコースなど学習期間が長ければそれだけ費用がかさむことは言うまでもありません。 コース選択やオプション講座を加えることで更に高額となることが予想されます。 しかしその分効率的に合格レベルの実力を身につけることができ、独学よりも短期間で試験突破することが期待できます。 そこで 会計専門の学校CPAは、1. 8年スタンダードコース 短答2回対応 700,000円、通信は538,000円で提供!通学は限られたエリアとなりますが、通信講座は低価格で設定!会計資格系の学校のなかでは最安値となっていますので注目です。

次の