インスリン 注射 種類。 インスリンとは?特徴・種類・注意点

インスリン製剤の種類と打ち方のパターン/-第2回 インスリン製剤の打ち方/糖尿病特集サイト/メディマグ. 糖尿病

インスリン 注射 種類

これなら、できる 週一回、簡単な操作で、HbA1cを目標へ。 糖尿病の注射というとインスリンを想像しがちですが、インスリン代替薬ではありません。 「トルリシティ」は身体がインスリンを出すのを助ける薬(GLP-1受容体作動薬)です。 「トルリシティ」はインスリン製剤とその他のすべての糖尿病治療薬との併用が可能ですが、併用する場合、低血糖のリスクが増加するおそれがあります。 また「トルリシティ」単剤としても投与が可能です。 ちなみに「アテオス」とはトルリシティ専用の注射デバイスのことです。 「グッドデザイン金賞」(経済産業大臣賞)を受賞しています。 糖尿病には1型と2型が存在します。 インスリンが分泌できないため、血糖が高くなってしまいます。 1型糖尿病の患者には、基本的にインスリンそのものを注入して、治療します。 1型糖尿病の患者には、インスリン製剤による速やかな治療が必須です。 一方で2型糖尿病は、生活習慣や肥満などによってインスリンの効きが悪くこなることで発症する病気です。 インスリン分泌を補助するGLP-1アナログ製剤(GLP-1受容体作動薬)の「トルリシティ」は、2型糖尿病に対して使用します。 効果がマイルドなので、治療の初期段階や他の薬と併用して使うことが多い薬です。 2型糖尿病治療では、薬を使う前にまずは食事の改善や運動療法が試されます。 そして、食事療法や運動療法を行っても血糖値の改善が見られない場合に、「トルリシティ」のようなインスリンの効果を高める薬を併用して、血糖をコントロールします。 糖尿病は食事療法、運動療法、薬事療法の3つが基本ですが、ひとつでも手を抜くと血糖値が悪くなってしまいます。 週1回投与で済む「トルリシティ」は、血糖低下効果とシンプルで簡単な自己注射方式で、2型糖尿病患者をサポートします。 しかし、GLP-1受容体作動薬は初期段階の治療からインスリンとの併用まで、守備範囲の広い薬剤です。 米国糖尿病学会では、第一選択薬のメトホルミン(「」)で目標血糖値が未達成の場合の追加薬としてGLP-1受容体作動薬を位置づけています。 針の取付、混和、空打も不要) ・空腹時および食後の血糖値を改善 ・副作用発現率29. 操作が簡単で週1回で済むため、後期高齢者や要介護者でも使用しやすいと言われています。 老人ホームなど看護師の人手が足りない場所では、「トルリシティ・アテオス」のような薬剤が重宝されています。 在宅で訪問看護師に注射を依頼することも出来ますし、もちろん自己注射も簡単なため、いろいろな状況の患者に使用出来るというメリットがあります。 自分の 生活リズムに合わせて、朝昼晩、食前でも食後でも、いつでも注射が可能です(週1回同じ曜日に投与)。 1回使い切りで、操作はたった3ステップ。 投与を忘れた場合は、次回投与までの期間が 3日間(72時間)以上であれば、気づいた時点で直ちに投与し、その後はあらかじめ定められた曜日に投与します。 次回の投与が 3日(72時間)未満の場合は投与せず、次のあらかじめ定められた曜日に投与します。 インスリンが分泌できないため、血糖が高くなってしまいます。 1型糖尿病の患者には、基本的にインスリン注射を打って、治療します。 「トルリシティ」は注射剤ですがインスリン注射ではありません。 1型糖尿病の患者には、インスリン製剤による速やかな治療が必須となるので、「トルリシティ」を投与すべきでないとされています。 一方で2型糖尿病は、生活習慣や肥満などによってインスリンの効きが悪くこなることで発症する病気です。 「トルリシティ」は、2型糖尿病に対して使用するデュラグルチド注射薬です。 2型糖尿病治療では、薬を使う前にまずは食事の改善や運動療法が試されます。 そして、食事療法や運動療法を行っても血糖値の改善が見られない場合に、「トルリシティ」のようなインスリンの効果を高める薬を併用して、血糖をコントロールします。 糖尿病は食事療法、運動療法、薬事療法の3つが基本ですが、ひとつでも手を抜くと血糖値が悪くなってしまいます。 週1回投与で済む「トルリシティ」は、血糖低下効果とシンプルで簡単な自己注射方式で、2型糖尿病患者をサポートします。 「トルリシティ」に比べて半減期が短いので、1日2回、食前に注射が必要です。 「トルリシティ」は朝でも夜でも食前でも食後でも、自由なタイミングで注射が可能です(週1回)。 「バイエッタ」は単剤投与が不可なので、他の糖尿病薬の併用療法で効果が見られない場合の補助として使われています(「トルリシティ」は単剤投与OK)。 「バイエッタ」は重度の腎障害の患者には禁忌で、「トルリシティ」は膵炎の患者には禁忌です。 デバイスの大きさ、針の取り付けに違いがあります。 「ビデュリオン」は針の取り付けが必要で、更に混和(約80回振る)が必要ですが、「トルリシティ」は針があらかじめ装着されていて、薬の成分を混和する必要もないので、そのまま簡単に使えます。 また、「ビデュリオン」に比べて「トルリシティ」は針が細く、ほとんど痛みを感じないということです。 保存条件に関しては「ビデュリオン」の方が優秀です。 抗がん剤や抗うつ薬「」などの大型製品の成長が売上に貢献し、主軸のインスリン製剤では、糖尿病領域でシェアトップとなりました。 「トルリシティ」の売上は、前年(68億円)から3倍以上の159億円(2017年度)を達成しています。 市場拡大はさらに更新中で、GLP-1受容体作動薬でシェアNo. 1に立っています。 薬価制度改革では新薬創出加算が適応されませんでしたが、医療現場で高い評価を得ていることが好調の要因です。 2018年度の売上は228億円と予測しています。 週一回で「これなら、できる!」という自信の表情を表しています。 専用注射ペンを上から見たような、頭上の緑の球体が印象的です。 インクレチンのイメージも重ねているのでしょうか。 「トルリシティ」のシンボルマークにも使われています。 「トルリシティ」はインスリン注射と違って痛みも少なく、操作も簡単なので、シニアの方にも使いやすいのではと期待されています。 製品名:トルリシティ皮下注0. 75mgアテオス 一般名:デュラグルチド(遺伝子組換え融合糖タンパク質)注射液 持続性GLP-1受容体作動薬/グルカゴン様ペプチド-1 大日本住友製薬 イーライリリー 2016年9月投薬期間制限解除.

次の

インスリン自己注射 糖尿病・血糖値・低血糖の症状と注意点

インスリン 注射 種類

記事の内容• 回答:『ノボラピッド』は超速効型、『トレシーバ』は持効型のインスリン 『ノボラピッド(一般名:インスリン アスパルト)』とは、どちらもインスリンの注射薬です。 『ノボラピッド』は 超速効型のインスリンで、食事の後に起こる血糖値の上昇を防ぐために使います。 『トレシーバ』は 持効型のインスリンで、不足しているインスリンの基礎分泌を補うために使います。 インスリンを使った治療では、こうした作用時間の異なる薬を使って、生理的なインスリン分泌を再現するのが基本です。 また、『ノボラピッド』と『トレシーバ』を最初から混合してある『ライゾデグ配合注』も登場しています。 しかし糖尿病の人は「インスリン」の分泌が弱まっているため、通常よりも急激に血糖値が上昇することがあります。 このような「 食後の過血糖」は、心筋梗塞など様々な病気のリスクになることから、薬で治療することが推奨されています1。 1 国際糖尿病連合 IDF 「糖尿病における食後血糖値の管理に関するガイドライン」, 2011 『ノボラピッド』は「超速効型」に分類されるインスリン製剤で、通常10~20分で効果が現れます2。 そのため、食事の前に注射しておくことで、こうした「食後の過血糖」を防ぐことができます。 こうした「インスリン」の基礎分泌の不足は空腹時の高血糖の原因となり、糖尿病の進展にも大きな影響を与えます。 で、1日1回の注射で24時間安定した効果が続きます3。 そのため、こうした「インスリンの基礎分泌」を補うために使います。 3 トレシーバ注 インタビューフォーム 『トレシーバ』は持効型の中でも、特に作用が長い が、中でも特に『トレシーバ』は作用が42時間と長続きします3。 そのため、 注射の時間指定がなく、また注射を忘れた場合でも 8時間以上の間隔をあければ使えるなど、時間管理の難しい人でも使いやすい薬です。 そのためインスリン療法では1型・2型を問わず、食後の血糖値の上昇に対しては『ノボラピッド』などの「超速効型」で、足りないインスリンの基礎分泌に対しては『トレシーバ』などの「持効型」で、それぞれ補う必要があります(basal-bolus療法)。 通常は、『トレシーバ』などの「持効型」だけでは食前・食後の血糖値がコントロールできない場合に、『ノボラピッド』などの「超速効型」のインスリンを追加します。 しかし、2型糖尿病ではインスリンの基礎分泌が残っている場合もあります。 そういった場合には『ノボラピッド』などの「超速効型」の薬だけで血糖値をコントロールできる場合もあります4。 4 日本糖尿病学会 「糖尿病診療ガイドライン 2016 」 このように、様々な作用時間・組み合わせのインスリン製剤を利用し、病状や生活習慣に合わせてオーダーメイドの投与方法を考える必要があります。 薬剤師としてのアドバイス:「シックデイ・ルール」は予め確認しておく 糖尿病の人が風邪をひいた場合、食事を摂れない場合もあります。 この時、食事を摂らないのだから血糖値も上がらないはずだ、と薬を自己判断で中断してしまう人は少なくありません。 しかし、個々の病気の状況や生活習慣によって血糖値がどう変動するかは大きく異なります。 そのため、薬を何割減らせばよい、どの薬を中断すれば良い、と一概に述べることはできません。 体調不良などで食事を摂れない場合に、インスリンをどのように使えば良いか、予め「 シックデイ・ルール」を主治医と相談し、決めておくようにしてください。 ポイントのまとめ 1. 『ノボラピッド』は「超速効型」、毎食前の注射で、インスリンの追加分泌を補う 2. 『トレシーバ』は「持効型」、1日1回の注射で、インスリンの基礎分泌を補う 3. 従来の混合型(例:『ノボラピッド30ミックス』)や、『ノボラピッド』と『トレシーバ』を個別に使う場合と比べ、夜間の低血糖リスクが少ないとされています5,6。 5 ライゾデグ配合注 インタビューフォーム 6 J Diabetes. 9 3 :243-247, 2017 PMID: 個別に注射しなくても良いため注射の回数も少なくて済むほか、注射前の混濁操作も必要ない5 ため、シンプルな操作で注射ができることも特徴です。 これらの薬は、『ノボラピッド』と同じ「超速効型」と、作用が持続する「中間型」のインスリンを、様々な比率で配合した混合製剤です。 「超速効型」単独の『ノボラピッド』と、「中間型」も配合された『ノボラピッド ミックス』は別の薬であることに注意が必要です。 ほか 利益相反 COI 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

次の

インスリンの正しい打ち方 - 注射の手技や部位、気泡などの注意点の解説

インスリン 注射 種類

同クラスのインスリンでも製薬会社によって意外と価格差があります。 しかし、価格の差は品質の差ではありません。 photoはヒューマログ注ミリオペン 日本イーライリリー 糖尿病で生涯にわたる高額なインスリン治療費に苦しんでいる患者が大勢います。 そんな折、とても興味のあるテーマ『糖尿病治療と医療費負担の現状…インスリン治療中の2650人の患者調査から…』のプレスセミナーが2013年6月19日に東京で開かれました。 セミナーの主催者である日本イーライリリーの名を見て私は一瞬はっとしました。 これは医療従事者が「国の医療制度の問題」だとして長年にわたって注意深く患者と話し合うことを避けてきた話題だからです。 それを世界の3大インスリンメーカーの一つ、イーライリリー社が取り上げてくれました。 日本のインスリン治療者は理不尽な負担を強いられています。 以下でその解決法を考えてみましょう。 インスリン療法を行う糖尿病患者の実態調査 日本イーライリリー株式会社はインスリン療法を受けている糖尿病患者の実態を理解するため、2650人の患者に調査を実施しました。 そのまとめは以下の通りです。 なお、調査の詳細な内容は以下の 糖尿病ネットワークのページで閲覧することができます。 インスリン療法を受けている患者の半数 49. 5% は現在受けている治療そのものには一応満足していると回答。 「どちらとも言えない」、「全く満足していない」と回答した患者は13. 5%に留まった• ただし、治療における不満を聞いたところ、約8割 76. 9% が「 医療費が高い」ことを挙げた• 糖尿病治療の医療費の平均月額は「10000~15000円未満」という回答が多かった 38. インスリン療法開始の際、7割 68. 5% が「主治医が勧める製剤に決まった」と回答し、2割 22. 1% は「選択肢が提示され、主治医に勧められた製剤に決まった」と回答。 つまり、9割の患者は主治医の勧めるインスリン製剤を使用しており、製剤の選択について患者自身が考えや希望を述べることは殆どないことが明らかになった• インスリンも製剤によって価格に違いがあることを知っているか聞いたところ、「知らない」患者が7割近く 66. 5% に上がった• 同等の価格でより安価なインスリン製剤を主治医が推奨したらそれに切り替えたいかを聞いたところ、「主治医が勧めるなら切り替えたい」、「ぜひ切り替えたい」と回答した人は9割以上 94. 7% に上がった ということで、後述するように最高品質なのに他の2社の同クラスのインスリン製剤よりも15~17%も安いイーライリリーのインスリンを患者に勧めて頂きたい、また患者も医師に相談して欲しいというのがイーライリリーの訴求するところでした。 高価は高品質? インスリンは有効性、安全性の実績で選択を 実際のところ、世界ではじめて発売されたイーライリリーの 超速効型インスリン・アナログのヒューマログ注ミリオペンは1本 300単位 で1899円 2013年4月時点 ですが、同クラスのノボラピッド注フレックスペンが2286円、アピドラ注ソロスターは2237円です。 日本では薬価は様々な要因に基づいて算定されていて、ノボラピッドがヒューマログより高く算定されたのは、単にノボラピッドが申請時には海外で売られておらず、外国価格調整 引き下げ を受けなかったためです。 また、薬は2年に1回薬価の見直しが行われますから先発薬は少しずつ安くなります。 患者はとかく高価なインスリンは高品質、と考えがちですが、インスリンは有効性・安全性のエビデンスで選ぶものです。 現在のところインスリンの バイオシミラー バイオ後続品 はインスリン グラルギン BS注ミリオペン「リリー」があります。 薬価については医師はほとんど無関心ですから、患者からの問題提起が必要です。 なお、インスリン製剤は注入方法 ペン、カートリッジ、バイアル によっても薬価がかなり異なりますから、利便性を優先するか経済性を優先するかによって選び方が変わります。 また、ノボ ノルディスクにはノボラピッド注イノレットという大きなダイヤル、注入時に支えとなる支点を備えたユニークなものがあります。 リューマチなどで手が不自由な人や視覚障害者にはしっかりとホールドできるのでありがたい注入器です。 カートリッジ式もわずかな手間を惜しまなければペン型と比べて最大30%も割安です。 製造発売元名は編集上の都合で 日本 イーライリリーをLLY、ノボ ノルディスク ファーマ をNVO、サノフィをSNYと株式市場の略字で表記しました。 バイアルは省略。 教わっていないので高温の国で最後まで使い切ることに何の不安も感じていないのです。 日本では1981年5月31日まではインスリン等の自己注射が厚生省 当時 によって禁止されていました。 解禁に強く反対していたのが厚生大臣(当時)よりも力があった? 武見太郎が率いる開業医の団体、日本医師会です。 患者の自己注射は開業医の収入減につながるとしたのでしょう。 しかし、少なくとも1日2回はインスリン注射をしなくてはならない1型糖尿病者は違法でも自己注射をしなくてはなりません。 大学病院の担当医は患者にインスリンを渡していましたが、厚生省が認めてないので健康保険が適用できず、高価なインスリンを現金で購入しなくてはなりませんでした。 生活保護を受けている家庭でもそうだったのです。 ですから状況証拠しかありませんが、在宅自己注射指導管理料なるものは日本医師会との取り引きで出来た収入補償だったのではないでしょうか。 それがいろいろな理屈を付けながら今でも続いています。 日本でインスリン治療を受けている外国人患者には到底理解できない、承諾できない費用です。 これを破棄させることは事実上不可能でしょうから、せめて指導管理した場合のみ請求できるようにするのが理想的です。 また在宅医療のコストとして、1回の診察で5,000円位の余分な自己負担が生じることから、診察の回数を減らすことがとても大きなコストカットになります。 医師は3ヵ月分のインスリンを診療報酬支払基金の審査、査定を口実に渋るかも知れませんが、問題はないはずですから社保・国保の支払基金に確認をとるように説得することです。 インスリンには麻薬や向精神薬、新薬のような日数制限はないのですから。 私は糖尿病では年に4回、時間にして延べ30~40分しか医師と話をしていません。 2型ですがインスリンマルチショットでA1C NGSP 5. 7%を苦もなく維持しています。 なのです。 医師には心強いサブリーダーになってもらいましょう。 知人の大学教授に確認を取ったら、3ヵ月に一度の診察は基本的に血糖自己測定が出来ている患者なら認めるとのことでした。 A1Cの値での線引きはないそうです。 インスリン治療の高負担で苦しんでいる仲間の意見が前述ので読むことができます。 ソーシャルネットワークの時代ですから、独りで苦しんでいてはいけませんね。 意見をまとめて行動に移しましょう。

次の