乳酸菌 サプリ 花粉症。 www.videocon.com: キユーピー ディアレ 30日用60粒 [ 花粉 ホコリ ハウスダスト 等の鼻グズ対策に 酢酸菌 サプリ サプリメント 乳酸菌 併用可 にごり酢 ]…: ビューティー

花粉症の緩和が報告されている乳酸菌を徹底調査!その乳酸菌を含むサプリとは?

乳酸菌 サプリ 花粉症

花粉症に優れた乳酸菌を含んでいるヨーグルト を紹介していきます。 他にも乳酸菌で花粉症対策におすすめの商品。 花粉症や腸に関するコラムを書いています。 自分はヨーグルトを毎日食べて6年ぐらいたちます。 そんな自分だからこそ見えてきたヨーグルトや乳酸菌の真実を簡単に伝えるのなら 「腸を健康にしよう」 これです! 最終的に行き着く先は「腸内環境を整える」ということです。 そして先に言っておきますけど! ヨーグルトで花粉症をどうにかするっていうのは、 かなり無理があるかと思います。 おい しくみを具体的な例を出して説明すると、熱いお風呂に入って 「このぐらいの温度がちょうどいい」 な体にするって感じです。 熱い風呂に入って 「あついー!!」 となっているのが花粉症。 ヨーグルトで花粉症対策をするっていうのは、熱い風呂に入っても 「このぐらいがちょうどいいんだわ〜」 な体にするって感じです。 わかりにくいな〜 うまくいえませんけど。 自分がトイレで大をしているときに 「私のうんち、くさっ!」 とはならないと思うんです。 なぜか自分のうんちはくさく感じないですよね。 でも誰かがうんちをした後にトイレに入ったら 「くさーい」 ってなると思います。 その仕組みと似ているかも。 似ていないか…。 用は自分の体が花粉を吸い込んでも 「危険じゃないよ。 大丈夫だよ」 となればいいわけですね。 そのためにヨーグルトの乳酸菌で腸を健康にして、あーだこーだなしくみなわけです。 花粉症対策としてヨーグルトを食べることの基礎 花粉症対策としてヨーグルトを食べるのなら 花粉症が本格的に流行する2,3ヶ月前からヨーグルトを食べることが重要 になります。 これは基本中の基本なので、覚えておいてください。 ヨーグルトの乳酸菌が花粉症をやつけるわけではありません。 乳酸菌で腸内環境を整えることが花粉症予防につながるのだから、当然ですよね。 ヨーグルトを食べた瞬間、腸内環境が良くなるのなら苦労はないです。 いや、その可能性も少なからずあるんですけど。 乳酸菌で腸内環境を整えること。 免疫バランスを整えることが重要なんです。 2,3ヶ月前からヨーグルトを食べて、体質を改善させましょう。 人間食べたり飲んだりしないと生きれないです。 人間の体は食べたものでできています。 健康にいいものを食べれば、体の状態もよくなるものです。 人間の健康に絶対はありません。 健康にいいものを食べていた人が病気になることもあります。 油っぽい健康に悪そうな食べ物ばかり食べていた人が病気知らずということもあります。 でも不健康よりも健康のほうが多くの人は望むはず。 なら腸内環境を整えるために、ヨーグルトを食べるということは決して悪いことではありません。 「ヨーグルトを買うのにお金がかかる!」 と言われれば、どうにもなりませんけど。 わざわざ 「ヨーグルトが本当に花粉症に効果があるの?」 とか疑問に思ったりする必要はないと思います。 結局調べたところで、答えなんていうものは見つからないですし。 効果を信じるのならヨーグルトを食べればいい。 それほど値段が高いものもでもないですから。 効果が信じられないのなら、ヨーグルトを食べなければいいんです。 ヨーグルトを食べなくても他にも花粉症対策はありますし。 花粉症というのは季節の症状なので、我慢すればいつかは改善 ? されます。 自分は毎日ヨーグルトを食べていますけど。 それを他人に強要したりする気はないです。 実際自分の家族でヨーグルトを毎日食べているのは自分だけです。 人間続けることが重要 自分が学生の頃はテスト勉強はテストの2週間ぐらい前から始めていました。 ちょうどその頃になると、部活も休みになりますから。 テストの1週間前から部活は休みだったかな。 ちなみに陸上部でした。 でも、もしテストの2,3ヶ月前からテスト勉強をはじめていたら? 1週間前からテスト勉強するより、もっとテストでいい点数を取れていたと思います。 勉強って実は毎日やるものだったりするんですけどね。 逆に考えて、テスト勉強をする日にちがもっと少なかったら…。 テストの前の日だけ、テスト勉強をしても限界があります。 もっとテストの点数が悪かったはずです。 つまり花粉症の季節が到来して、馬鹿みたいにヨーグルトを沢山食べても無理です。 テスト当日にテスト勉強を始めても厳しいわけです。 可能性は0ではないです。 でも花粉症がよくなる可能性は低いです。 腸を健康にするというのは、気長にやっていかないと難しいです。 花粉が舞う季節の、2,3ヶ月前からヨーグルトを食べて体質を改善させましょう。 ただテスト勉強をしている人でも、テスト勉強をしているフリだけしている人は、もちろん頭がよくなりません。 同じようにヨーグルトを2,3ヶ月前から食べていても、不規則な生活をしていては花粉に打ち勝つ体はできません。 自分はもう6年ほど毎日ヨーグルトを食べています。 それでもたまに便秘になったり、下痢や軟便になりますからね。 ヨーグルトの効果は万能ではありません。 限界がある話 ぶっちゃけると 【ヨーグルトを食べているだけで病気知らずになれるはずはない】 です。 自分は毎日ヨーグルトを食べていますが、便秘にもなりますし下痢にもなります。 逆に毎日ヨーグルトを食べていたら、便秘や下痢にまったくならないほうがすごいと思います。 毎日トレーニングをしていれば、みんなプロ野球選手になれるのか? 一生懸命やっていれば、40過ぎてもプロで活躍できる能力をキープできるのか? 人間には限界があります。 当然のことなんですけど。 結果がでないこともあるんですよ。 結局は可能性の話でしかないわけですね。 「一生懸命勉強したけど東大に合格できなかった!」 な人もいると思います。 それと同じで 「ヨーグルトを食べたけど、花粉症の症状がでた!」 な人もいると思います。 でも自分は思うんですよ。 世の中無駄なことなんてない! だから勉強したことが無駄とか、ヨーグルトを食べたことが無駄だったとかはないと思うんですよね。 まぁ人生今後どうなるのかわからないですから。 ヨーグルトを食べていた経験が、なにかに生かせたりするかもしれませんよね。 ヨーグルトを食べるだけの花粉症対策でもめんどくさい そうなんです。 気づいた人もいると思います。 ヨーグルトでの花粉症対策というのはめんどくさい ものなんです。 ヨーグルトを食べるだけなんですけどね! 続けるとなると「めんどくさい」と感じる人はいると思います。 ヨーグルトはそれほど日持ちしませんし、冷蔵保存しないといけない点も難点です。 あまり買い物に行かない人にとっては 「ヨーグルトを買うのがめんどくさい」 という人もいると思います。 食後にヨーグルトを食べている人なら 「ご飯でお腹いっぱいだから、もう無理」 なんてことにもなると思います。 口で言うだけと、実際にやるとではまったく違います。 口で言ったことや頭で思ったことをそのまま実行できていたのなら、今頃自分はもっといい人生送っていたはずです。 結局のところ、実行できる人が勝ちなんです。 人間、行動に移せるのかどうかが重要なんです! でも、1日ヨーグルトを食べるのを忘れただけで、いままでが台無しってわけでもないですから。 ヨーグルトを食べようという気持ちがあるのなら、それはいいことだと思います。 そしてそれが大事です。 「ヨーグルトを食べよう」 という気持ちがあるのは、自分自身の健康意識が高まっていることだと思います。 自然と他の健康にいいことにも興味がでてくるかと思いますね。 花粉症に効果が期待できる乳酸菌とヨーグルト ヨーグルトによって配合されている乳酸菌は違います。 花粉症に効果が期待できる乳酸菌を配合したヨーグルトを紹介します。 R-1ヨーグルトやLG21ヨーグルトは有名なヨーグルトですけど。 2017年現在は花粉症に有効だという効果は発表されていないはずです。 でもネットでいろいろ検索していると 「R-1ヨーグルトが花粉症対策におすすめ!」 「LG21が花粉症に有効です!」 なんて言っているサイトも見つかります。 そのヨーグルトに配合された乳酸菌は、花粉症に有効だという発表がされていなくても、乳酸菌摂取で腸内環境がよくなることで強引に花粉症に効果があると結論づけています。 そういうのをみていると 「もうなんでもいいじゃん!どんなヨーグルトでもいいじゃん!」 って思います。 どんなヨーグルトでも乳酸菌で腸内環境がよくなる効果は期待できますから。 自分も実際そうだと思います。 どんなヨーグルト 乳酸菌 でも花粉症に効果が期待できる可能性はあると思っています。 花粉症に効果があるとされている乳酸菌も、研究や実験をした結果、花粉症への効果が判明したわけです。 「花粉症に効果がある乳酸菌を探そう」 と考えて、花粉症に有効な乳酸菌を見つけだしたわけではないんです。 乳酸菌があって、その乳酸菌の研究や実験をした結果花粉症に効果があるとわかったわけです。 花粉症に効果があると判明していない乳酸菌も、研究や実験をすれば、花粉症への効果が判明するかもしれません。 具体的にいえば、R-1ヨーグルトやLG21ヨーグルトは、花粉症への効果が今現在は発表されていませんけど。 花粉症に効果があるのか、研究や実験をすれば、効果がある可能性は十分あるわけです。 そう聞くと 「メーカーはもっと乳酸菌を研究して新たな効果を見つけろよ」 と思う人もいるかもしれません。 でも、研究や実験をするのにはお金がかかります。 なのでメーカーとしては、メリットがそれほど大きくないことには投資しないはずです。 R-1ヨーグルトやLG21ヨーグルトは、今現在でも人気なヨーグルトです。 わざわざ今から、別の効果を見つける必要なんてないと思います。 むしろ、別の効果が見つかると逆にデメリットになりかねないです。 いろいろな効果を発表すると、1つ1つの効果が弱く感じる人がでてくるからです。 器用貧乏なイメージがつくわけですね。 森永ビヒダスのBB536乳酸菌は、花粉症への効果が発表されていますけど。 BB536乳酸菌は他にもさまざまな効果が発表されているので、花粉症効果の注目度は低くなっているように感じます。 BB536乳酸菌はさまざまな効果が発表されている分。 なにに効果が高い乳酸菌なのか、つかみにくいところを感じます。 ガリガリ君もいろいろな新味がでてきますけど。 結局買うのはサイダー味とか、コーラ味とか、梨味が定番で、コーンポタージュ味なんて話題になりましたけどなんども買わないでしょ。 「変なガリガリ君の味とかいらんわ。 そんなの作るお金あるのなら値上げするなよ」 って人もいると思います。 あれ?例えがちょっとおかしいかも。 多くの人が重要視するのは、花粉症に有効な乳酸菌を摂取することではなく、花粉症がよくなることですよね。 花粉症への効果が発表されていない乳酸菌でも、それで花粉症の症状が改善されたのなら万々歳です。 逆に花粉症に有効な乳酸菌を摂取しても、花粉症がよくならなかったらがっかりですよね。 花粉症への効果効能が発表された乳酸菌が、確実に花粉症に効果を発揮するとは限りません。 花粉症への効果が発表されていない乳酸菌を配合したヨーグルトでも、食べていれば花粉症が軽減する可能性もあります。 実際腸内環境がよくなれば、花粉症が軽減する可能性はあります。 なので、実際のところ どんなヨーグルトでも花粉症が軽減する可能性はあるんです。 ただ人間ポジティブ思考が健康にも効果を及ぼすとされています。 花粉症に有効だと発表されている乳酸菌を摂取したほうが、期待できますし安心感もあります。 その点で、花粉症に効果があると発表されている乳酸菌のほうが効果が高そうです。 同じ対策でも名医から言われるのと、悪い噂が多い医者に教わるのでは、名医のほうから聞いたほうが信頼できますよね。 花粉症に効果があると信じることで花粉症が軽減される? ヨーグルトが花粉症に効果があると信じることで、花粉症が軽減する可能性があります。 「なんだそれ!?」 って思う人もいるかもしれません。 でも、最近思うのは相手を 「花粉症に効果があると思わせたもの勝ち」 だということです。 精神的効果は大きいです。 体調が悪くても、病院に行き医者から 「どこも悪くありません。 異常なしです」 といわれれば、その後みるみる元気になります。 自分もおなかの調子が悪くて 「ガンかもしれない。 死んだわ」 と思って病院で胃カメラと大腸カメラをしました。 両方あわせて2万円ぐらいかかりました。 その結果ガンではなくて胃下垂だとわかった途端、元気になりました。 おなかの調子もよくなりました。 ポジティブ思考が、花粉が体内に入っても免疫バランスを崩壊させない力になる可能性は高いです。 つまり大事なことは、本人が 「このヨーグルトは花粉症に効果がある!」 と信じる心なのかもしれません。 花粉症に効果があると信じてヨーグルトを食べること。 それが花粉症対策としてヨーグルトを食べるのに大事なことです! それゆえに、乳酸菌の花粉症への研究結果は価値があるわけです。 「花粉症に効果があると発表されている乳酸菌」 「花粉症に特に効果が発表されていない乳酸菌」 効果が高いと思えるのは、前者の効果が発表されている乳酸菌ですよね。 逆にいえば 「ヨーグルトは花粉症に効果がない」 と思っているのなら、ヨーグルトの花粉症への効果は低いかもしれません。 ヨーグルトでの花粉症対策は、ヨーグルトの効果を信じることができる人におすすめします。

次の

女神フローラの口コミ・評判!便秘・美容・アトピーへの効果は? | 乳酸菌サプリパートナー!人気の乳酸菌サプリで花粉症・便秘・アトピーに

乳酸菌 サプリ 花粉症

冬が明ければ、春になって暖かくなりますよね。 それを心待ちにしている方も多いですが、同時に花粉が舞う季節になって、花粉症の方は辛い思いをする方もいらっしゃいます。 整腸作用や免疫力の向上など様々な効果をもたらす乳酸菌。 実は、ヨーグルトや乳酸菌サプリに入っている乳酸菌には、花粉症を抑える効果が期待できるものもあるんですよ。 花粉症の薬は、眠気や頭痛、便秘などの副作用が出ることもあります。 また、妊娠中や他の薬を服用中の方など、薬を飲めない場合もありますよね。 そんな時におすすめなのは、安全性の高いヨーグルトや乳酸菌サプリ。 今回は、花粉症抑制に効果がある乳酸菌の種類をはじめ、ヨーグルトや乳酸菌サプリを紹介します。 スギ花粉は、 2月~5月にかけて飛び散る傾向にあります。 花粉が飛散(ひさん)してから「花粉症の薬を飲んでも効かない」という人がよくいます。 花粉症は一度でも発症すると、鼻の粘膜が弱くなり、抵抗力も低下してしまうんです。 それによって、さらにアレルギー症状を引き起こしやすくし、花粉症を悪化させていきます。 それに加えて、抵抗力が弱まったことで普段なら平気なハウスダストやダニなどでも、アレルギー症状を引き起こしてしまうようになるんです。 こうなってから花粉症の薬を服用しても、それは単なる症状の緩和にしかなりません。 どうせなら、花粉症の症状を最小限に抑えたいですよね? 花粉が飛散し始める時期は、毎年わずかに違います。 調べると時期を確認することができるため、花粉が飛散する前には対策を始めましょう。 花粉症の対策は、「 遅くても花粉が飛散する2週間前には始めるのがいい」とされています。 花粉症に効果がある抗ヒスタミン薬は、花粉が飛散する前から服用を始めることで花粉症の予防につながります。 同じく、花粉症抑制へ効果が期待できる乳酸菌入りヨーグルトや乳酸菌サプリも、花粉が飛散する前から摂取する方がよいです。 実は、乳酸菌は人によって合う合わないがあるんですよ。 最低2週間、 できれば2ヶ月以上は毎日、ヨーグルトやサプリを摂り続けて、自分に合っているか確かめる必要があります。 花粉症を抑さえる効果がある乳酸菌には、いくつか種類があるのであなたに相性の良いものを見つけてくださいね。 花粉症抑制に効果がある乳酸菌の種類 それでは、花粉症を抑える効果が期待できる乳酸菌には、どのようなものがあるのでしょうか。 乳酸菌の研究結果により、花粉症のアレルギー症状軽減や抑制効果が見られた乳酸菌の種類を紹介します。 クレモリス菌FC株 生きて腸まで届くプロバイオティクス乳酸菌のクレモリス菌FC株。 花粉症は、花粉が体内に侵入した際にIgE抗体が過剰に生成されることによって発症します。 クレモリス菌FC株の効果を実証するため、健康な高齢者70名を対象とした実験が行われました。 実験内容は、クレモリス菌FC株入りのカスピ海ヨーグルト、またはクレモリス菌FC株を含まない対照食を1日150gずつ1ヶ月の間摂取し続けるといった実験です。 実験の結果、対照食を摂取していた方の血液中のIgE抗体の数値には大きな変化はありませんでした。 それに対し、クレモリス菌FC株入りのカスピ海ヨーグルトを摂取していた方の IgE抗体の数値は、低下するといった研究結果が出ています。 健康な高齢者70名を対象に、クレモリス菌FC株を含むカスピ海ヨーグルト、もしくは対照食を一日150gずつ1ヶ月間摂取していただきました。 その結果、カスピ海ヨーグルトを摂取すると、摂取前に比べて血液中のIgEレベルが低下することがわかりました(図1)。 対照食の場合は、摂取前後で明確な差はありませんでした。 出典: ビフィズス菌BB536 「腸内環境を良好にし、腸の調子を整える」機能性表示食品として、多くの商品に使われているビフィズス菌BB536。 健康な乳児の腸内から発見されたビフィズス菌です。 乳児だけでなく、大人の腸内にも存在していると言われています。 ヨーグルトやサプリだけでなく、 乳児用の粉ミルクなどにも使用されている汎用性の高いビフィズス菌なんです。 ビフィズス菌BB536の花粉症抑制効果を実証するため、花粉症の患者44名を対象とした実験が行われました。 実験内容は、スギ花粉が飛散するおよそ1ヶ月前から、ビフィズス菌BB536粉末とプラセボ粉末(ビフィズス菌BB536が入っていない粉末)を13週間の間摂取し続けるといった内容。 ビフィズス菌BB536粉末を摂取した方達は、花粉症の症状が軽減したそうです。 花粉症患者44名に、スギ花粉が飛び始める約1ヵ月前から、ビフィズス菌BB536粉末(1000億個/日)またはプラセボ粉末を13週間にわたって摂取してもらったところ、ビフィズス菌BB536摂取群では花粉症の自覚症状が緩和されて症状と関連する血中マーカーも改善されました。 同様に、ビフィズス菌BB536入りヨーグルトを用いた臨床試験においても症状の改善作用が認められました。 出典: LGG乳酸菌 アトピー性皮膚炎の予防効果があるLGG乳酸菌には、花粉症による 鼻づまりの症状を軽減する効果があるとされています。 花粉症患者にLGG乳酸菌とTMC0356菌で製造した発酵乳を摂取するグループ、プラセボ(乳酸菌を含まない発酵乳)を摂取するグループに分けて、それぞれを10週間摂取するという臨床試験が行われました。 その結果、LGG乳酸菌とTMC0356菌で製造した発酵乳を摂取したグループは、プラセボを摂取したグループに比べて花粉症による鼻づまりが改善されました。 2006年のスギ花粉症シーズンに、LGG乳酸菌とTMC0356菌の2つの乳酸菌で調製した発酵乳を花粉症患者に10週間毎日摂取してもらう臨床試験を行いました。 その結果、プラセボ(偽薬)摂取グループと比較して、摂取開始9週から10週間後に花粉症による鼻づまり症状の改善が確認されました。 LGG乳酸菌とTMC0356菌には、鼻アレルギー症状のうち、特に鼻づまりに一定の改善効果が得られる可能性が推測されました。 出典: L-55乳酸菌 生きて腸まで届く赤ちゃんから見つかった、オハヨー乳業が研究しているL-55乳酸菌。 オハヨー乳業と岡山大学の研究チームが第21回日本アレルギー学会で、L-55乳酸菌が含まれているヨーグルトのスギ花粉症に対する臨床的効果があったとの研究結果を発表しました。 この研究では、スギ花粉症の薬を飲んでいる人50人に対し、25人はL-55乳酸菌入りのヨーグルト、残りの25人は含まれていないヨーグルトを3カ月間食べてもらいました。 L-55乳酸菌入りのヨーグルトを食べた人たちは、10週目以降に くしゃみや目のかゆみが低下していたという結果になりました。 スギ花粉と診断し投薬治療を行っている症例で、被験食群(L-55乳酸菌含有ヨーグルト摂取群)25例(平均年齢44. 9歳、男8例、女17例)と、対照食群25例(平均年齢45. 8歳、男8例、女17例、そのうち女1例脱落)である。 方法は、2008年1月24日から3カ月間、試験食を飲用してもらい、期間中を通してアレルギー日誌を記載していただき、摂取前、6週間後、12週間後には採血し、血清総IgE定量、スギ特異的IgE抗体定量、ECP値、TARC値等の測定・分析を行った。 被験食群では、摂取開始10週目以後に、症状スコア(くしゃみ発作、目の掻痒感)が対照食群に比較して有意に低下していた。 被験食群では、摂取開始12週間後には、血中TARC値が対照食群に比較して有意に低下していた。 出典: L-92乳酸菌 L-92乳酸菌は花粉症だけでなく、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を緩和する効果があるとされています。 花粉症に対する実験では、花粉症患者80名がL-92乳酸菌の菌末を配合したタブレット、またはL-92乳酸菌を配合していないプラセボのタブレットを8週間摂取しました。 結果、 L-92乳酸菌のタブレットを摂取した人たちの花粉症による自覚症状、目のかゆみや鼻のかゆみの改善が確認できました。 花粉症ボランティア80名が「L-92乳酸菌」の菌末を配合したタブレット3種類 (菌末量20mg、60mg、180mg)とプラセボ 「L-92乳酸菌」未配合タブレット の4群 各20名 にわけられ、8週間摂取しました。 摂食後8週目に再び花粉曝露を行い、 摂食前後の目や鼻などの自覚症状の変化を解析しました。 その結果、 菌末量20mg、60mg、180mgのどの群とも、花粉再曝露後の自覚症状として、 『眼のかゆみ』『鼻のかゆみ』において有意な改善が確認されました。 (図のスコアが高いほど、症状が重いことを示しています。 ) 出典: リフレクト乳酸菌(T-21株) 志賀高原のツルコケモモから発見された植物性の乳酸菌。 2016年3月、日清食品はT-21乳酸菌の 4週間の継続摂取により、花粉症の症状が緩和されることをヒト実験で確認したことを発表しました。 この実験は、毎年スギ花粉症を発症している被験者19名に、T-21乳酸菌を含む食品と含まない食品を4週間摂取してもらいました。 その結果、T-21乳酸菌を含む食品を食べたときは、鼻づまりの症状や鼻のかゆみ、くしゃみの回数が軽減。 さらに、花粉症を抑制する免疫調整物質の増加もみられました。 例年スギ花粉症を発症している被験者 19 名に、「T-21 乳酸菌を含む食品」あるいは「T-21 乳酸菌を含まない食品 プラセボ食 」を 4 週間摂取して頂いた後に、花粉曝露施設内でスギ花粉を3時間曝露し花粉曝露施設内での症状の変化を解析しました。 その結果、「プラセボ食」を摂取した時に比べて、「T-21 乳酸菌を含む食品」を摂取した時は「鼻づまりの症状」が統計学的に有意に緩和され 図 1 、「鼻のかゆみ」と「くしゃみの回数」について軽減される傾向がみられました 図 2、3。 また、花粉曝露後 2 日間の遅発反応を調べた結果、「T-21乳酸菌を含む食品」を摂取した時は「鼻づまり」、「眼のかゆみ」、「流涙」が統計学的に有意に緩和されることがわかりました。 さらに血液を調べたところ、好酸球が摂取前に比べて「プラセボ食」を摂取した時は増加しましたが、「T-21 乳酸菌を含む食品」を摂取した時はその増加が抑えられ、「プラセボ食」を摂取した時に比べて統計学的に有意に少ないという結果が得られました。 出典: 乳酸菌EC-12株(フェカリス菌) 乳酸菌EC-12は、ヒト腸から分離したエンテロコッカス・フェカリスを特殊技術により作り出された乳酸菌。 花粉症は、花粉に対して免疫細胞が過剰に反応することでアレルギー症状を引き起こします。 乳酸菌EC-12は、 免疫細胞のバランスを整えることでアレルギー症状を緩和することができます。 花粉症のアレルギー症状の研究では、花粉症に悩んでいた8名に対して、乳酸菌EC-12を2カ月以上1日400mg摂取してもらいました。 結果、花粉症の発症要因であるスギ特異的IgEの量が減る傾向が見られました。 花粉症にお悩みの方8名に対して、乳酸菌EC-12 株を1日 400mg(菌体数として2兆個)2ヵ月以上摂取してもらったところ、75%の方に花粉症の発症要因となる「スギ特異的IgE」の量が低下することが報告されています。 出典: 花粉症効果期待のヨーグルトや乳酸菌サプリの選び方 まずは生きて腸まで届く乳酸菌、または死んでいても効果を発揮する乳酸菌が配合されているヨーグルトやサプリを選びましょう。 どんなに配合されている乳酸菌の種類が多く、配合量が豊富であったとしても、身体の中で働いてくれなければ意味がありません。 また、なるべく乳酸菌の配合量が多いヨーグルトやサプリを選びましょう。 配合量が多ければ多いほど、高い効果が期待できます。 配合されている成分に、出来る限り「」や「合成着色料(・など)」が含まれていないものを選びましょう。 毎日飲むものに、身体に悪い可能性のあるものを摂り入れるのは避けたいものです。 そして、一番重要なのは価格です。 花粉症対策用の内服薬もそうですが、 乳酸菌も継続してこそ効果を発揮します。 価格が高いものは安全性が高くて乳酸菌の配合量が豊富なものも多いですが、 乳酸菌が配合されているヨーグルトやサプリを一度、食べたり飲んだりしただけでは効果は期待できません。 継続は力なり、ということです。 花粉が飛散している時期だけでも、継続して摂取できる価格のヨーグルトやサプリを選びましょう。 無理に高いヨーグルトやサプリを購入して少しずつ摂取するより、配合量が少なくても安いヨーグルトやサプリを毎日十分な量を継続的に摂取する方が、最終的に高い効果を得られます。 花粉症に効果が期待できるヨーグルト では、花粉症抑制に効果が期待できる乳酸菌やビフィズス菌が配合されているヨーグルトを見てみましょう。 フジッコカスピ海ヨーグルト 出典: クレモリス菌FC株が配合されています。 ヨーグルト特有の酸味が少なく、フルーツを混ぜたりにかけたりと様々な食べ方が楽しめます。 普通のヨーグルトよりとろみが強く、食べごたえもありますよ。 森永ビヒダスヨーグルトBB536 出典: ビフィズス菌BB536配合のお腹の調子を整える、特定保健用食品(トクホ)のヨーグルト。 酸味を抑えたまろやかな味わいで、ヨーグルト特有の酸味が苦手な方でも食べやすいヨーグルトです。 タカナシ乳業 おなかにGG 出典: LGG乳酸菌が配合されている、お腹の調子を整える特定保健用食品(トクホ)。 100gにつき、LGG乳酸菌が140億個以上も配合されているんですよ。 オハヨー たっぷり生乳ヨーグルト 出典: 生きて腸まで届くL-55乳酸菌が配合されています。 特殊な製法で製造することで生乳の水分を取り除き、生乳の美味しさを凝縮しています。 香料や安定剤などは一切使用されておらず、安全性も比較的高いヨーグルトです。 カルピス守る働く乳酸菌 出典: こちらはヨーグルトではなく、L-92乳酸菌が配合されているドリンクタイプの乳酸菌飲料。 カルピス由来のさわやかなおいしさで、摂取しやすいのが特徴です。 100mlと200mlがあり、摂取したい量に合わせて好きな方を選べます。 人工甘味料は含まれていないので、安心して飲めます。 花粉症対策のおすすめ乳酸菌サプリ 花粉症の薬は、眠気や頭痛、便秘などの副作用が心配ですよね。 そんな時におすすめなのは、ヨーグルトより乳酸菌の配合量が多く、コスパが良い安全性の高い乳酸菌サプリ。 では、花粉症抑制の実験結果が見られた、乳酸菌配合のおすすめ乳酸菌サプリを見てみましょう。 腸内を整えることで、便通改善やダイエット効果も期待できるかも?! ぜひ、あなたに合う乳酸菌サプリを見つけてくださいね。 カルピス「アレルケア」 刺激、敏感、デリケートに悩んでいる方に。 L-92乳酸菌が配合されていますサプリメント。 27品目のアレルゲン物質をすべて含まずに製造されているため、食物アレルギーを患っている方でもアレルギーの心配をせずに摂取することができます。 合成着色料や人工甘味料も不使用で安心。 KW乳酸菌が配合されているサプリメントです。 内容量は30カプセルで1日1カプセルを目安に飲みます。 合成着色料や人工甘味料も不使用、カプセルは植物性で安全性も高く安心。 タブレットタイプもあります。 ビヒダスにはヨーグルトもありますが、ヨーグルトよりも手軽にビフィズス菌BB536を摂取したい方におすすめです。 1日分に150億個ものビフィズス菌BB536が配合されています。 善玉菌の養分「ミルクオリゴ糖」も配合されていて、Wのチカラを実感できます。 合成着色料不使用で、甘味料は危険性が少ないステビアで安心。 どちらも花粉症の研究結果があるビフィズス菌BB536と乳酸菌EC-12が配合されているため、2種類の菌が1日2粒で手軽に摂取できてしまうんです。 ビフィズス菌BB536は、1日分に20億個、乳酸菌EC-12は1兆個配合。 さらに、ビフィズス菌をサポートする熱や酸に強いイソマルトオリゴ糖も120mg配合。 2粒に5,000億個のリフレクト乳酸菌(T-21株)が配合されていて、1日2粒飲むだけでヨーグルト50kg分もの乳酸菌が摂取できてしまいますよ。 皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養機能食品のビオチンも配合。 アレルギーが心配な方にも安心なアレルゲンフリー、合成着色料・人工甘味料も不使用。 カラダを守る免疫力が圧倒的なヒト由来(母親由来)の乳酸菌「クリスパタス菌」を配合。 さらに、乳酸菌と相性の良い「ビフィズス菌」、善玉菌の増殖をサポートする「オリゴ糖」「食物繊維」も配合されています。 アレルギー物質不使用、着色料、甘味料、香料、保存料など、使わなくても良い添加物も含まれてないので安心。 花粉症に効果があるのは、花粉症の内服薬だけではありません。 薬のように副作用の心配がなく、安心して花粉症対策したい方には乳酸菌がおすすめ。 日々の食事や間食に、花粉症を抑える効果がある乳酸菌が配合されているヨーグルトや乳酸菌サプリを摂取する方法もあるんですね。 ヨーグルトや乳酸菌サプリにはさまざまな種類があるため、相性をはじめ価格や味で自分が継続しやすいものを選ぶようにしましょう。 花粉症の方には、下の記事もおすすめです。

次の

花粉症対策サプリおすすめ口コミランキング2019|選び方と効果

乳酸菌 サプリ 花粉症

「花粉症の症状が辛くて仕事に集中できない」 「花粉症の薬を飲むと眠たくなるからできるだけ飲みたくない」 「妊娠中で花粉症の薬が飲めないときはどうしたらいい?」 …このように、花粉症の症状に悩んでいる人はとても多いです。 花粉症の影響で鼻がムズムズしたり、目のかゆみが気になって気持ちが落ち着かないと、それがストレスになり、寝不足や腸内環境の悪化を招いて体のバランスまで崩れる場合があります。 花粉症の症状を薬に頼らず解消したいなら、免疫力をサポートしたり炎症を抑える作用が期待できる花粉症対策サプリがおすすめです。 花粉症サプリで症状を予防することができれば、体のコンディションが良くなったり、仕事や勉強の効率が高まる嬉しい効果も期待できます。 ここでは、花粉症対策サプリの選び方や、花粉症対策サプリで期待できる意外な効果、おすすめの花粉症対策サプリなどを詳しく紹介していきます。 花粉症対策サプリの選び方 花粉症対策サプリのメリットは、医薬品ではないので依存性がなく、習慣的に取り入れることができるという点です。 妊娠中や授乳中の女性はもちろん、小さなお子さんの花粉症対策にもぴったりですし、眠くなる成分を含んでいないサプリが多いのも嬉しいメリットと言えるでしょう。 しかし、花粉症の症状にアプローチする成分にはたくさんの種類があります。 初めて花粉症対策サプリを摂り始める人にとっては、何を基準にサプリを選べばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。 そこでここからは、花粉症対策サプリの選び方を成分別で紹介していきます。 成分の特徴をチェックして、あなたが悩んでいる花粉症の症状に合うサプリを見つけられるようにしましょう。 乳酸菌を配合したサプリ 花粉症対策サプリの中には、乳酸菌などの善玉菌を配合したサプリがいくつかあります。 乳酸菌といえば腸内環境にいいイメージがあるので、一見花粉症となんら関係がないように思われがちです。 しかし、乳酸菌などの善玉菌が腸内環境を改善すれば免疫力を高めることができるので、花粉症の原因であるアレルゲンに負けない体質を目指すことができます。 乳酸菌はヨーグルトなどの乳製品で手軽に摂ることができますが、花粉症対策サプリにはヨーグルトに含まれる何十倍もの乳酸菌が配合されているので、ただ単に乳製品を摂り続けるよりも効率的です。 また、腸内環境を改善することで便秘の解消につながったり、肌荒れやむくみを起こしにくいというメリットもあります。 花粉症対策だけではなく、毎日の健康維持を目指したい人には乳酸菌を配合した花粉症対策サプリがおすすめです。 乳酸菌についてもっと詳しく知りたい方は「」もご覧ください。 じゃばらを配合したサプリ 花粉症対策サプリの中には、幻の果実とも呼ばれるじゃばらを配合したサプリがあります。 みかんやレモンと同じ柑橘類のじゃばらには、ナリルチンというフラボノイドが豊富に含まれているのが特徴です。 ナリルチンは、花粉症の症状やアレルギーの症状を和らげる効果が期待できます。 また、ハウスダストによるアレルギー症状や気管支喘息の症状緩和にも役立つことが期待されています。 果汁に比べて果皮の方が13倍ものナリルチンを含むと言われているので、ジュースとして飲むよりも果皮を加工したサプリを摂った方が花粉症対策に効果的です。 センシンレンを配合したサプリ 花粉症対策サプリの中には、センシンレンというハーブを配合したサプリがあります。 別名アンドログラフィスとも呼ばれるセンシンレンは、東南アジアに自生するハーブ。 抗炎症作用や免疫力を高める働きがあると言われており、古くから感染症などの疾患治療として使われてきました。 センシンレンは花粉症の症状緩和はもちろん、せきやくしゃみ、鼻水など風邪の典型的な症状を緩和する働きも期待できるので、季節によって体調を崩しやすい人におすすめの成分。 また、数々の研究結果により抗がん作用があることもわかっており、毎日の健康を維持したい人にもぴったりです。 甜茶(てんちゃ)を配合したサプリ 甜茶を配合したサプリも、花粉症対策にぴったりです。 甜茶とはバラ科の植物で、甜茶ポリフェノールやカリウム、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルを豊富に含んでいるのが特徴です。 この豊富なミネラルによって体のコンディションを整え、花粉症を引き起こすヒスタミンを抑制したり、炎症を抑える効果が期待できます。 主に鼻水や鼻のむずむずが気になる人におすすめです。 また、甜茶はドラッグストアなどで健康茶として販売されています。 しかし、紅茶のような甘みのある味わいなので、紅茶の味が苦手な人や癖のある味が苦手な人は甜茶を配合したサプリを摂ると良いでしょう。 シソエキスを配合したサプリ 花粉症対策サプリには、シソエキスを配合したサプリがいくつか見受けられます。 シソにはポリフェノールの一種であるロズマリン酸が豊富に含まれており、花粉症で過剰になっている免疫反応を正常に戻すことでくしゃみや鼻水、目のかゆみなどさまざまな症状の緩和が期待できます。 スーパーなどで多く売られている青じそで手軽に摂ることもできますが、ロズマリン酸は青じそよりも赤じその方に多く含まれていると言われているので、サプリで補うことが効率的。 花粉症のあらゆる症状に悩んでいるなら、シソエキスを配合した花粉症対策サプリを選ぶと良いでしょう。 EPAを配合したサプリ EPAとは、青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸の一種です。 EPAのようなオメガ3系脂肪酸には抗ヒスタミン作用があるわけではありませんが、最近の研究では花粉症の症状を和らげる効果がわかってきています。 また研究によると、リノール酸を与えたマウスに比べ、EPAを与えたマウスには炎症やアレルギー疾患の引き金になる抗原提示能が半減するという結果が出ています。 さらに、EPAには血液をサラサラにして血流をよくする働きがあるので、副腎皮質ホルモンのバランスを整えて免疫力を高める効果も。 花粉症やアレルギー体質に悩んでいる人はもちろん、普段の食生活で脂っこい食べ物やお肉、糖分の多い食事を続けている人におすすめです。 花粉症対策サプリで期待できる意外な効果 花粉症による目のかゆみや鼻のむずむず、くしゃみといった症状を予防することができれば、ストレスも軽減して精神面でも身体面でもさまざまな効果が期待できます。 ここでは、花粉症対策サプリで期待できる意外な効果について紹介していきます。 睡眠の質・集中力・判断力の向上 花粉症の症状として多い鼻水や鼻づまりは、寝つきが悪くなる原因になります。 睡眠の質が悪くなると、十分な休息がとれない分体調のコントロールが難しくなりますし、ストレスがたまって花粉症の症状を悪化させることにもつながります。 また、鼻づまりは口呼吸が増えるので自然と呼吸が浅くなり、酸欠状態から集中力や判断力が低下することも。 さらに、目のかゆみが加わると集中力が保てなくなり、仕事や勉強などの作業効率が低下します。 花粉症サプリで鼻づまりや鼻水を和らげることができれば、睡眠の質や集中力、判断力の向上につながるので嬉しいメリットといえるでしょう。 便秘・肌荒れの解消 乳酸菌や食物繊維を配合している花粉対策サプリは、腸内環境を整えることで免疫力を高めます。 腸内環境を整えることができれば、腸のぜん動運動や胃の消化運動がスムーズになるので便秘の解消につながりますし、老廃物を溜め込まなくなるので肌荒れの解消にもつながり美容対策にもなります。 また、免疫力が高まることで風邪をひきにくくなる効果も期待できるので、花粉対策だけではなく日々の健康維持をサポートしてくれるのです。 花粉症対策サプリおすすめランキング2019 ベスト3 たくさんある商品のなかから、鼻のむずむずや目のかゆみ、鼻水など花粉症の症状緩和が期待できるサプリをランキング形式で紹介していきます。 それぞれ特徴も異なるので、花粉症対策サプリにはどんなものがあるのかチェックしてみてください。 アレルライト Hyper 通常価格 4,600円 (税別) メーカー名 日清食品株式会社 内容量 60粒入り(1日2粒目安:約30日分) 特長 2粒に乳酸菌5,000億個配合、自然由来のリフレクト乳酸菌(T-21株)使用、飲みやすい小粒のタブレットタイプ、栄養機能食品(ビオチン) 日清食品の「アレルライト Hyper」は、自然由来のリフレクト乳酸菌を配合した花粉対策サプリです。 また、皮膚や粘膜の健康維持を助けるビオチンを配合した栄養機能食品のサプリなので、リフレクト乳酸菌と異なるアプローチで免疫力をサポートします。 1日わずか1. 57kcalと低カロリーですし、小粒状なので飲みやすいのも嬉しいポイント。 季節の変化に負けない体質作りを目指したいなら、ぜひ試してみてください。 鼻炎薬を飲んでもすぐ眠たくなるし困っていたのですが、この花粉症サプリは眠くなりません。 自然由来の乳酸菌を使っていて体にも優しいのが嬉しいですよね。 WEB限定で最安値で試す方法 アレルライトHyperは、日清食品ウェルネスの公式オンラインショップやAmazonなどで購入することができます。 なかでもおすすめなのが公式オンラインショップの「実感コース」。 毎月お届けの定期コースになりますが、通常4,600円(税抜)で販売している本商品が初回限定980円(税抜)で購入することができます。 送料もかかりませんし、2回目以降も10%オフの4,140円(税抜)で購入し続けることができるのでとてもお得。 また、配送日や配送ペースを自由に設定することができますし、最長半年間は商品の発送を中断することもできるので、自分のペースに合わせて無理なく続けられます。 花粉症のシーズンに飲み続けることを考えても、3ヶ月くらい続けることがおすすめです。 メーカー名 株式会社グルディア 内容量 60粒入り(1日2粒目安:約1ヶ月分) 特長 ムズムズにアプローチするじゃばら配合、甜茶エキス・カテキン配合、持ち運びに便利なパウチタイプ 「くしゃみとおじゃらば」は、花粉症の症状にアプローチするじゃばらをメインに配合した花粉症対策サプリです。 幻の果実とも呼ばれるじゃばらは、鼻のムズムズにアプローチするナリルチン量が豊富に含まれているので、くしゃみや鼻水が気になる人にぴったり。 さらに、ポリフェノールや鉄分などのミネラルを豊富に含む甜茶も配合しています。 自然由来の成分を配合しているので体に優しく、ヨーグルト300個分の乳酸菌が免疫力をサポート。 眠くなる成分が含まれていませんし、医薬品のような依存の心配もありません。 実際に試した方の口コミ 夫婦揃って花粉症持ちだったのですが、この花粉症サプリを飲むようになってから少しずつ症状が気にならなくなってきています。 それに、サプリを飲むようになってから体の調子がいいような気がするので、毎日の健康維持にも助かっています。 WEB限定で最安値で試す方法 くしゃみとおじゃらばは、リブラリーストアの公式オンラインショップで購入することができます。 なかでも、もっともお得に購入したいなら「まとめ買いセット」がおすすめです。 単品で購入するよりも、2ヶ月分、3ヶ月分…とまとめて購入することで、割引率がアップする内容になっており、3ヶ月分以降は送料もかからないようになっています。 単品で購入すれば2,980円(税抜)に送料800円がプラスされますが、3ヶ月分なら送料込みで8,050(税抜)なので1袋あたり2,683円(税抜)に。 さらに6ヶ月分なら送料込みで13,450円(税抜)なので、1袋あたり2,241円(税抜)になります。 花粉症の症状が気になる期間に合わせて、ぜひまとめ買いしてみてください。 そのうちの1つ「すこやか健菌ナノ型」は、吸収にこだわったナノ型乳酸菌を配合。 一般的な乳酸菌の10分の1サイズで体内に吸収されやすく、免疫力をサポートします。 もう1つの「うつくし美菌5000億」は、ヨーグルト50個分「5,000億個」の乳酸菌を配合しているサプリで、すこやか健菌ナノ型と交互に飲み続けることで乳酸菌に対する体の慣れを防ぎ、腸内で効率よく働きます。 花菜の公式オンラインショップでは、この2つの花粉症対策サプリがセットで販売されており、定期コースを利用すれば初回1,980円(税抜)で購入することができます。 通常価格 4,000円 (税別) メーカー名 子育てのミカタ 内容量 90粒入り(1日3粒目安:約30日分) 特長 乳酸菌・生ビフィズス菌・酵素をバランスよく配合、ヨーグルト味(カルシウム入り)、お子さん向け 「善玉ガード」は、1日3粒で乳酸菌3億個・ビフィズス菌4. 5億個が摂れる花粉症対策サプリです。 腸内フローラの改善に働く乳酸菌や生ビフィズス菌、熟成蔵づくり酵素を高配合しているので、花粉症の症状改善はもちろん崩れやすい体のバランスを整える効果が期待できます。 また、お子さん向けに開発されたサプリなので、歯に優しいキシリトールを配合していたり、飲みやすいヨーグルト味になっています。 公式オンラインショップなら、定期便の利用で初回1,980円(税抜)で購入することができてお得。 2袋のまとめ買い定期コースなら初回3,980円(税抜)で購入することができ、2回目以降も20%オフになるのでおすすめです。 通常価格 8,208円 (税込) メーカー名 株式会社ティーエフアライアンス ブランド名 センシニティカプセル 内容量 120粒入り(1日4粒目安:約30日分) 特長 免疫力をサポートするセンシンレン配合、腸内環境を整える難消化性デキストリン配合、持ち運びに便利なパウチタイプ 「センシニティカプセル ベーシックグリーン」は、天然のハーブを使用した花粉症対策サプリです。 このサプリに含まれるセンシンレンというハーブには、ホルモンバランスを調整したり基礎体温を上昇させて免疫力を上げる働きが期待できるので、花粉症はもちろん冷え性などの体の不調に働きます。 また、食物繊維を豊富に含む難消化性デキストリンが腸内環境をサポートしながらセンシンレンの吸収力を高めます。 公式オンラインショップの定期購入を利用すれば、初回50%オフの4,104円(税込)になり、2回目以降も38%オフの5,130円(税込)で購入し続けることができるのでお得です。 送料もかかりませんし、定期購入の回数に応じてポイント還元率がアップする便利なシステムもあります。 通常価格 2,200円 (税別) メーカー名 あしたるんるんラボ ブランド名 プロモーションラボ 内容量 60粒入り(1日3~6粒目安:約10~20日分) 特長 抗アレルギー組成物として特許を取得したじゃばら配合、飲みやすい小粒のタブレットタイプ、粉末ジュースタイプもあり 「北山村産のじゃばらサプリ」は、鼻のムズムズにアプローチするじゃばらを配合した花粉症対策サプリです。 フラボノイドの一種・ナリルチンを豊富に含むじゃばらは、抗アレルギー用組成物として特許を取得しているので花粉症対策にぴったり。 鼻のムズムズや鼻づまりをブロックして、快適な毎日をサポートします。 また、数ある花粉症対策サプリの中でも比較的低価格で販売しているのが嬉しいポイント。 定期コースを利用すれば5%オフの割引が適用になります。 そして、サプリが苦手な人には粉末のジュースタイプも販売されているのでおすすめです。 メーカー名 ハウスウェルネスフーズ株式会社 内容量 90粒入り(1日3粒目安:約30日分) 特長 加熱処理をした乳酸菌HK L-137を使用、ビタミンB2をはじめとする5種類のビタミン配合、通販限定商品 ハウス食品の「ラクトプランL-37」は、乳酸菌とビタミンをまとめて摂ることのできる花粉症対策サプリです。 乳酸菌を加熱処理することで、生きた乳酸菌よりも長く安定的に働くようにしているのがポイント。 免疫力をサポートして、花粉症の症状に負けない体づくりを目指すことができます。 さらに、皮膚の粘膜の健康維持に働くビタミンB2やB6を配合しているので、鼻のムズムズ対策にもぴったり。 美肌をサポートするビタミンCなども同時配合しているので、肌のコンディションを整えたい人にもおすすめです。 実際に試した方の口コミ 花粉症に乳製品がいいってよく聞くけど、私みたいに乳製品が苦手な人はこの乳酸菌サプリが続けやすいと思います。 ムズムズやかゆみが気にならないだけじゃなく、体の調子も良くなっているように感じます。 これからも、この乳酸菌サプリで免疫力をしっかりつけていきたいと思います。 WEB限定で最安値で試す方法 ラクトプランL-137は、ハウス食品が運営する公式オンラインショップで購入することができます。 なかでもお得に購入したいなら、「毎月お届け定期コース」がおすすめです。 毎月1袋ずつ届くコースなのですが、通常3,086円(税込)で販売しているところ、初回半額の1,544円(税込)で購入することができます。 送料はかかりませんし、2回目以降は5%オフの2,932円(税込)で購入し続けることができるので便利でお得です。 さらに、公式オンラインショップの定期お届けコースなら金額に応じて割引率がアップする仕組みになっており、最大で15%オフの割引が適用になります。 家族全員で花粉症対策に取り組みたい人にもおすすめですし、別商品との組み合わせでもOKなので自分の好みで申し込むことができます。 花粉症対策サプリに関するよくある疑問 花粉症対策サプリに関するよくある疑問を紹介します。 直前に摂っても効果が期待できる? 医薬品の場合は、服用してすみやかに症状の緩和が期待できます。 しかし、花粉症対策サプリの場合はあくまで健康食品に分類されるものなので、花粉症の症状が起きている場合や花粉症の症状が現れる直前に飲んでも即効性が期待できるわけではありません。 花粉症対策のサプリは、花粉症の症状を未然に抑えるためのものなので、花粉症のシーズンに入る前から摂り続けることが大切です。 副作用の心配はない? 花粉症の薬といえば、眠気を感じたり喉が乾くなどの副作用がよくみられます。 しかし、花粉症対策のサプリは健康食品なので、医薬品のような副作用が現れる心配はありません。 メーカーによって規制がある場合もありますが、小さなお子さんや妊娠中の女性でも問題なく摂ることができます。 ただし、プロポリスやはちみつなど、サプリの原料によってアレルギー反応を起こす可能性もゼロではありません。 特に、アレルギーの原因となるアレルゲンは大人になってから初めて気付くケースもよくあるので、配合成分に不安を感じている人は耳鼻科や内科で医師に相談してみると良いでしょう。 即効性や効能を考えると医薬品の錠剤や飲み薬、点鼻薬につい頼ってしまいがちですが、即効性を期待するあまり依存してしまうこともあるので注意が必要です。 花粉症対策サプリを摂る前に改善したいNG習慣 花粉症の症状に悩んでいる人の中には、毎日の生活習慣が引き金となって症状を悪化させている場合も見受けられます。 ここでは、花粉症の症状を悪化させるNG 習慣について解説するので、花粉症対策サプリを摂る前にできるところから改善していきましょう。 睡眠不足 睡眠不足は免疫力の低下につながるだけではなく、ホルモンバランスが崩れやすくなるので花粉症の症状が悪化する場合があります。 自分に合った寝具選びや、睡眠の質を向上させるための環境づくりも大切です。 アルコールの飲み過ぎ アルコールは血管を拡張させるので、鼻づまりや目の充血などを引き起こして花粉症を悪化させる原因になります。 さらに、アルコールと一緒に食べるおつまみに高脂質や高タンパクなものが含まれていると免疫力も落ちてしまいます。 花粉症の症状に悩んでいる人でアルコールの飲み過ぎが思い当たるのであれば、お酒の量やおつまみの栄養素を見直してみましょう。 喫煙 タバコの煙は鼻の粘膜を刺激するので、鼻づまりが悪化する原因になります。 また、タバコを吸わない人でも煙を吸ってしまうことで鼻の粘膜に刺激を受けてしまうことも。 空気清浄機の導入、そして分煙を心がけることも大切ですし、タバコを吸わない人でも外出時にマスクをすると安心です。 ストレスの溜め過ぎ ストレスを溜めてしまうと自律神経のバランスが崩れるので、免疫力が低下して花粉症の症状が悪化することがあります。 特に、花粉症を患っている人はちょっとした花粉や異物(アレルギー物質)に対しても体が反応してしまうので、さらにストレスが溜まって悪循環に陥ります。 花粉症対策サプリで症状の緩和を目指しつつ、あなた自身がリフレッシュできる方法を見つけて、ストレスと上手に付き合っていきましょう。 まとめ 花粉症によるつらい症状は医薬品で解消することもできますが、医薬品の服用が習慣化することで依存してしまったり、副作用によって毎日の生活に支障が出る可能性もあります。 花粉症の症状を緩和したいなら、免疫力や皮膚の粘膜の健康意地をサポートする成分を配合したサプリを活用しましょう。 サプリは、花粉が飛散するシーズンの前に摂取するのがポイントです。 たくさんある中なら、あなたにぴったりな花粉症対策サプリを見つけてみてください。

次の