テキスト 回復 コンバータ。 Microsoft Wordのエラーを修復するWordのコンバーターwww.videocon.comを開始できません。

ITメモ: テキスト回復コンバータでファイルを開いてください?!

テキスト 回復 コンバータ

Howto Rescue Broken Word File 壊れた Word ファイルを修復する方法について 【はじめに】 破損したファイルは、間違ったページ設定や書式設定、文字が置き換わる、処理中にエラーが発生する、ファイルの読み込みや表示中にシステムや Word が応答がなくなったりするといった、異常な動作を引き起こす。 【破損しているかどうかを判断する方法】 現在発生している現象が、ファイルの破損であるのかそれ以外の原因によるものか判断する必要がある。 他の文書で再現するかどうか。 他のアプリケーションで同様の現象が起こるかどうか。 デフラグ、スキャンディスクを実行しても再現するかどうか。 問題のあるファイルを他のコンピュータで使用しても再現するどうか。 他のプリンタ ドライバを使用しても再現するかどうか。 その文書に添付されているテンプレートの名前を変更しても同様の現象がおこるかどうか。 ディスプレイドライバやフォントなどの設定を変更しても再現するかどうか。 Windows 標準添付のドライバを使用しても再現するかどうか。 例えば OEM バージョンのディスプレイ ドライバを使用している場合、 Windows のセットアップ プログラムに付属のディスプレイ ドライバに変更してどうか。 また、各ハードウェア メーカーより提供されている最新のドライバを使用してどうか。 サードパーティ製のフォント マネージャ、スクリーンセーバー、シェルプログラム、ウィルスチェック プログラムなどの常駐プログラムを使用しない場合にも再現するかどうか。 以上のチェックをチェックしたうえで、特定の文書でのみ問題が発生する場合、そのファイルは破損していると考えられる。 【ファイルの修復方法】• フロッピーディスク内のファイルが破損している場合 フロッピーディスクに保存されているファイルの場合は、ハードディスクにコピーして以下のトラブルシューティングを実行する。 コピーする際にエラーが発生する場合は、フロッピーディスクに対して「スキャンディスク」を実行する。 ファイルは開くが、おかしな動作をする場合• 他のファイル形式に変換した後で、Word 形式に変換し直す。 操作手順• 破損したファイルを開く。 rtf ] をクリックする。 適当な名前を入力し、保存する。 手順 3. doc ] をクリックする。 適当な名前を入力し、保存する。 リッチテキスト形式は Word の書式をほぼそのままの状態で保存する。 変換中に破損された部分が修復されたことになる。 修復されなかった場合は、他のファイル形式か、テキスト形式で保存する。 ただし、ファイル破損はほぼ修復されるがすべての書式設定が失われてしまう。 最後の段落記号を除いてすべて選択し、新規文書に貼り付ける。 Word では、文書の最後の段落記号にセクションやスタイル設定など、さまざまな情報が記憶されている。 最後の段落記号を除いた部分をすべてコピーして新規文書に貼り付けることにより、破損した部分が取り除かれる場合がある。 この方法を実行後、新規文書上でセクションやスタイルの設定を再度おこなう。 操作手順• 破損したファイルを開く。 [編集] メニューの [コピー] をクリックする。 [標準] ツールバーの [新規作成] をクリックする。 [編集] メニューの [貼り付け] をクリックする。 余白や用紙サイズなどのページレイアウトの設定やヘッダーフッターはコピーされないので、再度設定すること。 [ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックし、適当な名前を入力して保存する。 破損していない部分をコピーし新規文書に貼り付ける。 破損している部分が限定できる場合には、以下の手順でトライしてみる。 操作手順• 破損したファイルのうち、正常と思われる部分を範囲選択し、コピーする。 新規文書に貼り付け、[ファイル] メニューの [名前をつけて保存] をクリックし、保存する。 破損している文書をテキスト形式で保存する。 テキスト形式で保存したファイルを開き、破損した部分をコピーして手順 2. のファイルに貼り付け、書式を設定する。 ファイルが開けない場合 以下の方法は、すべての破損データファイルに有効であるとは限らない。 下書きモードでファイルを開く。 破損したファイルの種類によって開けない場合もあるが、他の表示モードでは開けなくても下書きモードでは開ける場合がある。 破損ファイルを開くことができたら上記『ファイルは開くが、おかしな動作をする場合』に記述された手順を使用してファイルを修復する。 下書きモードでファイルを開くには、以下のいずれかの方法でおこなう。 [下書き] モードで開く。 [表示] メニューから [標準] をクリックする。 [ツール] メニューから [オプション] をクリックし、[表示] タブから [下書きフォントで表示] チェック ボックスをオンにする。 マクロを使用する。 以下のマクロは、画面の更新をオフにして破損したファイルを開き、下書きモードに変更した後、画面の更新をおこなう。 プリンタの設定やページ設定、表示の更新に影響する部分が破損している場合にはこのマクロを使用することによってファイルが開けるようになる可能性がある。 これは、ファイルを開く途中でエラーが発生する場合に有効な方法。 Sub FileOpenSample Application. DOC" With ActiveWindow. View. 新規文書にファイルを挿入する。 破損されていたファイルのヘッダー情報の部分を読み込まないようにすると問題が回避される場合がある。 操作手順• [標準] ツールバーの [新規作成] をクリックする。 [挿入] メニューから [ファイル] をクリックする。 [ファイルの挿入] ダイアログボックスで、破損したファイルを選択し、[OK] をクリックする。 ファイルをリンクして開く。 上記「方法 2. 新規文書に破損したファイルを挿入する。 」を行なっても解決しなかった場合にトライしてみる。 操作手順• 新規文書を作成し、適当な文字列を入力して保存する。 文字列を選択し、[編集]メニューの[コピー]をクリックする。 [標準]ツールバーの[新規作成]ボタンをクリックする。 [編集]メニューの[形式を選択して貼り付け]をクリックする。 [リッチテキスト形式]か[テキスト形式]のいずれかを選択し、[リンク貼り付け]をクリックする。 [編集]メニューの[リンクの設定]をクリックする。 [リンクの設定]ダイアログボックスから、最初にリンクされたファイル名を選択し、[リンク元の変更]をクリックする。 [リンク元の変更]ダイアログボックスから、破損して開けないファイルを選択し、[開く]をクリックする。 [OK]ボタンをクリックして[リンクの設定]ダイアログボックスを閉じる。 破損したファイルが表示されたら、[編集]メニューの[リンクの設定]をクリックし、[リンクの解除]をクリックする。 【ファイル修復コンバータとは? 】 Word 文書に限らず、任意のファイルからテキストを抽出することができる。 Q:ファイル修復コンバータを使用した場合、何が失われるか? A:テキスト以外のもの、および文書の書式設定は失われる。 グラフィックス、フィールド、描画オブジェクトなどは変換されないが、ヘッダー、フッター、脚注、文末脚注、フィールド文字列は、テキストとして維持される。 Q:どうすれば壊れた文書から情報を復元できるか? A:Word ファイルを修復するには• [ファイル]メニューの[開く]をクリックし、文書を選択する。 [ファイルの種類]ボックスで[ファイル修復コンバータ]を選択し、[開く]をクリックする。 A:Word 以外のファイルを修復するには:• [ツール]メニューの オプション]をクリックする。 [全般]タブをクリックする。 [文書を開くときにファイル形式を確認する]チェック ボックスをオンにし、[OK]をクリックする。 [ファイル]メニューの[開く]をクリックする。 復元するファイルを選択し、[OK]をクリックすると、[ファイルの変換]ダイアログ ボックスが表示される。 [ファイルの変換]ダイアログ ボックスで、コンバータの一覧をスクロールし、[ファイル修復コンバータ]を選択し、[OK]をクリックする。 Word は壊れた文書を変換し、文書からテキストを復元する。 Q:「... 現在修復中です 」メッセージは何を意味するか? A:復元可能な壊れた文書があることを検出すると、Word は以下のメッセージを表示する。 「 を開いてるときに、ファイルが壊れている箇所が見つかりました。 文書を部分的に修復できる可能性があります。 修復をを試みますか? 」 このメッセージは、自動的に復元されるファイルが存在するものの、Word の文書としてそのファイルを復元することができなかった場合に表示される。 [いいえ]をクリックした場合、文書の復元はおこなわない。 [はい]をクリックした場合、Word は文書を復元しようとする。 Word がファイルの復元に成功した場合は、文書を通常の Word 文書として保存する。 Q:[ファイルの変換] ダイアログ ボックスに "ファイル修復コンバータ" が表示されない A:ファイル修復コンバータがセットアップされていない。 セットアップを再実行して、コンバータをセットアップする必要がある。 Word または Microsoft Office 97 セットアップを実行する。 自動的にメンテナンスモードで起動されるはず。 [コンバータおよびフィルタ]を選択 チェック ボックスをオンにする し、[オプションの変更] ボタンをクリックする。 [文書コンバータ] を選択 チェック ボックスをオンにする し、[オプションの変更] ボタンをクリックする。 [テキスト回復コンバータ] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックする。 [OK] をクリックして、[コンバータおよびフィルタ] ダイアログ ボックスを閉じる。 [継続] をクリックして、テキスト回復コンバータのセットアップを続ける。 セットアッププログラムは、必要に応じて必要なディスクを挿入するよう指示する。

次の

ITメモ: テキスト回復コンバータでファイルを開いてください?!

テキスト 回復 コンバータ

注意 Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 してください。 概要 この記事では、Word 2007 以降のバージョンで文書が破損していることを確認する方法について説明します。 また、この資料では、破損している文書を特定した後で、文書に含まれていたテキストとデータを回復する手順についても説明します。 この資料は初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。 この資料を最初に印刷しておくと、手順を実行しやすい場合があります。 Microsoft OfficeおよびWindowsの更新 ソフトウェアの問題の多くは、Microsoft OfficeおよびWindowsプログラムを更新することで解決できます。 破損した文書またはソフトウェアの問題が発生しましたか? Word文書は、いくつかの理由により破損し開くことができなくなります。 この現象は文書または文書のベース テンプレートの破損が原因で発生する場合があります。 この現象には以下のものが含まれます。 文書内の既存のページの番号が繰り返し変更される。 文書で改ページが繰り返し行われる。 文書レイアウトや書式設定が正しくない。 画面に判読不可能な文字が表示される。 処理中にエラー メッセージが表示される。 ファイルを開くとコンピューターが応答を停止する。 その他、プログラムの標準的な動作とは考えられない異常な現象が発生する。 場合によっては、文書の破損以外の要因で発生する現象もあります。 文書が破損しているか、または問題がソフトウェアの問題であるかどうかを判断することが重要です。 文書の破損以外の要因を排除するには、次の手順を実行します。 他の文書で同様の現象が発生するかどうかを調べます。 他のWord文書を開いて、同じ問題が発生するかを確認します。 正常に開いた場合は、問題がWord文書である可能性があります。 他の Microsoft Office プログラムで同様の現象が発生するかどうかを調べます。 同じ問題が発生した場合は、別のアプリケーションまたはオペレーティングシステムに問題がある可能性があります。 これらの手順のいずれかを実行して文書に問題があるわけではないことが示された場合は、Word、Office スイート、またはコンピューターで実行しているオペレーティング システムのトラブルシューティングを行う必要があります。 破損した文書を開けない場合に試すトラブルシューティング手順 指定された順番でトラブルシューティングを試してください。 1 つのトラブルシューティンを実行しても解決しない場合は、次のトラブルシューティン手順を試します。 方法 1: リンクを更新せずに下書きモードで破損した文書を開く 手順 1: Word を構成する• Word を起動します。 [ 表示] タブで、[ グループの表示] の [ 下書き] を選択します。 [ ファイル メニュー] を選択して、[ オプション]、[ 詳細設定] の順にクリックします。 [ ドキュメント コンテンツの表示] セクションの [ 下書き表示およびアウトライン表示で下書きフォントを使用する] と [ 図をイメージ枠で表示する] を選択します。 [ 全般 ] セクションまでスクロールダウンし、[ 起動時に自動リンクを更新する] のチェックボックスをオフにし、[ OK] を選択して、Word を閉じます。 手順 2: 破損した文書を開く• Word を起動します。 [ File]メニューを選択し、[ Open]を選択します。 破損した文書を選択し、[ 開く] を選択します。 文書を開くことができる場合、文書を閉じ、方法 6 に従ってもう一度開き、文書を修復します。 そうでない場合は、手順 2. に進みます。 方法 2: 文書をファイルとして新しい文書に挿入する 手順 1: 新しい白紙の文書を作成する• [ ファイルメニュー] を選択し、[ 新規] を選択します。 [ 白紙の文書] を選択し、[ 作成] を選択します。 注意 新しく作成した文書では、最後のセクションで一部の書式の再設定が必要な場合があります。 方法 3: 破損している文書へのリンクを作成する 手順 1: 白紙の文書を作成する• Word で、[ ファイルメニュー] を選択し、[ 新規作成] を選択します。 [ 白紙の文書] を選択し、[ 作成] を選択します。 新しい文書に「これはテストです」と入力します。 [ ファイルメニュー]を選択し、[ 保存]を選択します。 「リンク救出」と入力し、[ 保存] を選択します。 手順 2: リンクを作成する• 手順 1-3 で入力したテキストを選択します。 [ ホーム] タブの [ クリップボード] にある [ コピー] を選択します。 [ ファイルメニュー] を選択し、[ 新規] を選択します。 [ 白紙の文書] を選択し、[ 作成] を選択します。 [ ホーム] タブの [ クリップボード] グループにある [ 貼り付け] の矢印ボタンを選択し、[ 形式を選択して貼り付け] を選択します。 [ リンク貼り付け] を選択し、[ リッチ テキスト形式 RTF ] を選択します。 [ OK] を選択します。 手順 3: 破損した文書へのリンクを変更する• 文書内のリンクされたテキストを右クリックし、[ リンクされた Word 文書オブジェクト] をポイントして、[ リンクの設定] を選択します。 [ リンクの設定] ダイアログ ボックスで、リンクする文書のファイル名を選択し、[ リンク元の変更] を選択します。 [ リンク元の変更] ダイアログ ボックスで、開けない文書を選択し、[ 開く] を選択します。 [ OK] を選択して [ リンクの設定] ダイアログ ボックスを閉じます。 注意 ファイル修復コンバーターには制限があります。 たとえば、文書の書式設定は失われます。 また、グラフィックス、フィールド、描画オブジェクト、およびテキストではないその他の項目もすべて失われます。 ただし、フィールド テキスト、ヘッダー、フッター、脚注、および文末脚注は、単純なテキストとして保持されます。 Word で、[ ファイルメニュー] を選択し、[ 開く] を選択します。 修復する文字列が含まれている文書を選択します。 [ 開く]を選択します。 ファイル修復コンバーターを使用して文書を修復した場合、一部のバイナリ データのテキストが変換されずに残ります。 このテキストは、主に文書の最初と最後にあります。 ファイルを Word 文書として保存する前に、このバイナリ データのテキストを削除する必要があります。 注意 Word 2007 を使用している場合、ユーザー インターフェイスに [ファイル] ボタンはありません。 必要に応じて [Office] ボタンをクリックし、指示に従ってください。 破損した文書を開ける場合に実行するトラブルシューティング手順 方法 1: 最後の段落記号を除いたすべての部分を新しい文書にコピーする 手順 1: 新しい文書を作成する• Word で、リボンの [ ファイル] を選択し、[ 新規作成] を選択します。 [ 白紙の文書] を選択し、[ 作成] を選択します。 手順 2: 破損した文書を開く• リボンの [ ファイル] を選択し、[ 開く] を選択します。 破損した文書を選択し、[ 開く] を選択します。 手順 3: 文書の内容をコピーし、新しい文書にその内容を貼り付ける 注意 文書にセクション区切りが含まれる場合、セクション区切り間のテキストのみをコピーします。 セクション区切りをコピーすると新しい文書に破損部分がコピーされる可能性があるため、セクション区切りをコピーしないでください。 セクション区切りをコピーすることを防ぐため、文書間でコピーと貼り付けを行うときには文書の表示を下書き表示に変更します。 下書き表示に変更するには、[ 表示] タブで、[ 文書の表示] の [ 下書き] をクリックします。 [ ホーム] タブの [ クリップボード] にある [ コピー] を選択します。 [ 表示] タブの [ ウィンドウ] にある [ ウィンドウの切り替え] を選択します。 手順 1. で作成した新しい文書を選択します。 [ ホーム] タブの [ クリップボード] にある [ 貼り付け] を選択します。 異常な現象が引き続き発生する場合は、方法 8 に進みます。 方法 2: 文書で使用されているテンプレートを変更する 手順 1: 文書で使用されているテンプレートを判別する• Word で破損した文書を開きます。 リボンの [ ファイル] を選択し、[ オプション] を選択します。 [ アドイン] を選択します。 [ 管理] ボックスの [ Office アドインの管理を表示]にある[ テンプレート]を選択します。 [ Go]を選択します。 [ 文書の作成に使用するテンプレート] ボックスに、文書で使用されるテンプレートが表示されます。 表示されているテンプレートが [ Normal] の場合は、手順 2に進みます。 そうでない場合は、手順 3. に進みます。 手順 2: 全文書対象のテンプレート Normal. dotm の名前を変更する• Word を終了します。 [ スタート] ボタンを選択します。 オペレーティング システムで normal. dotm を検索します。 通常は、次の場所にあります。 [ Normal. dotm] を右クリックし、[ 名前の変更] を選択します。 「Oldword. old」と入力し、Enter キーを押します。 エクスプローラのファイルを閉じます。 Word を起動し、文書を開きます。 手順 3: 文書のテンプレートを変更する• Word で破損した文書を開きます。 リボンの [ ファイル] を選択し、[ オプション] を選択します。 [ アドイン] を選択します。 [ 管理] で [ テンプレート] を選択し、[ 検索] を選択します。 [ 添付]を選択します。 [ Templates] フォルダーの [ Normal. dotm] を選択し、[ 開く] を選択します。 [ OK] を選択して [ テンプレートとアドイン] ダイアログ ボックスを閉じます。 Word を終了します。 手順 4: テンプレートの変更によって問題が解決されたかを検証する• Word を起動します。 リボンの [ ファイル] を選択し、[ オプション] を選択します。 破損した文書を選択し、[ 開く] を選択します。 異常な現象が引き続き発生する場合は、方法 3 に進みます。 また、既存の Normal. dotm テンプレートも使用されません。 Word を終了します。 [ スタート] ボタンを選択し、[実行] を検索します。 [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスに次のように入力します。 winword. Wordでリボンの [ ファイル] を選択し、[ 開く] を選択します。 破損した文書を選択し、[ 開く] を選択します。 異常な現象が引き続き発生する場合は、方法 4 に進みます。 方法 4: プリンター ドライバーを変更する 手順 1: 異なるプリンター ドライバーを使用する• オペレーティング システムで [デバイスとプリンター] を検索します。 [ プリンターの追加] を選択します。 [ プリンターの追加] ダイアログ ボックスで、[ ローカル プリンターを追加] を選択します。 [ 既存のポートを使用] を選択し、[ 次へ] を選択します。 [ 製造元] 一覧の [ Microsoft] を選択します。 [ Microsoft XPS Document Writer] を選択し、[ 次へ] を選択します。 [ 現在インストールされているドライバーを使う 推奨 ] を選択し、[ 次へ] を選択します。 [ 通常使うプリンターに設定する] チェック ボックスを選択し、[ 次へ] を選択します。 [ 完了] を選択します。 手順 2: プリンター ドライバーの変更によって問題が解決されたかを検証する• Word を起動します。 リボンの [ ファイル] を選択し、[ 開く] を選択します。 破損した文書を選択し、[ 開く] を選択します。 異常な現象が引き続き発生する場合は、手順 3 に進みます。 手順 3: 元のプリンター ドライバーを再インストールする Windows 10 および Windows 7• オペレーティング システムで [プリンター] を検索します。 もともと通常使うプリンターに設定されていたプリンターを選択し、[ 削除] を選択します。 管理者パスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力するか、[ 続行] 選択します。 そのプリンターに関連付けられたファイルをすべて削除するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[ はい] を選択します。 [ プリンターまたはスキャナーの追加] を選択し、 プリンターの追加ウィザードの指示に従って、プリンター ドライバーを再インストールします。 手順 4: プリンター ドライバーの変更によって問題が解決されたかを検証する• Word を起動します。 リボンの [ ファイル] を選択し、[ 開く] を選択します。 破損した文書を選択し、[ 開く] を選択します。 異常な現象が引き続き発生する場合は、方法 5 に進みます。 方法 5: Word で強制的にファイルを修復する 手順 1: 文書を修復する Wordでリボンの [ ファイル] を選択し、[ 開く] を選択します。 [ 開く] ダイアログ ボックスで、目的の Word 文書を1回クリックして強調表示します。 [ 開く] ボタンの矢印を選択し、[ 開いて修復] を選択します。 手順 2: 文書の修復によって問題が解決されたことを確認する 異常な現象が発生しなくなったことを確認します。 異常な現象が引き続き発生する場合は、Windows を再起動してから方法 6 に進みます。 方法 6: 文書の形式を変更して、その文書を Word の形式に変換する 手順 1: 文書を開く• Word を起動します。 リボンの [ ファイル] を選択し、[ 開く] を選択します。 破損した文書を選択し、[ 開く] を選択します。 手順 2: 文書を別のファイル形式で保存する• リボンの [ ファイル] を選択し、[ 名前を付けて保存] を選択します。 その他のフォーマットを選択します。 rtf ] を選択します。 [ 保存] を選択します。 リボンの [ ファイル] を選択し、[ 閉じる] を選択します。 手順 3: 文書を開き、その文書を Word のファイル形式に変換し直す• Wordで、[ ファイル]を選択し、[ オプション] を選択します。 変換した文書を選択し、[ 開く] を選択します。 [ ファイル] を選択し、[ 名前を付けて保存] を選択します。 [ 名前を付けて保存] でファイルの種類として [ Word 文書] を選択します。 文書のファイル名を変更し、[ 保存] を選択します。 手順 4: 文書のファイル形式を変換することによって問題が解決されたことを確認する 異常な現象が発生しなくなったことを確認します。 異常な現象が引き続き発生する場合は、ファイルをさらに別のファイル形式で保存します。 手順 1. から手順 4. を繰り返し、記載されている順に、以下のファイル形式でファイルを保存します。 Webページ. htm、. html• その他のワープロ形式• 書式なし 注意 ファイルを [ 書式なし. txt ] の形式で保存した場合、破損した文書が修復される場合があります。 文書の書式、マクロ コード、およびグラフィックスはすべて失われます。 txt ] の形式で保存した場合は、書式を設定し直す必要があります。 txt ] の形式での保存は、他のファイル形式で問題が解決されない場合にのみ実行してください。 異常な現象が引き続き発生する場合は、方法 7 に進みます。 方法 7: 破損している文書内の破損していない部分を新しい文書にコピーする 手順 1: 新しい文書を作成する• Wordで、[ ファイル]を選択し、[ 新規] を選択します。 [ 白紙の文書] を選択し、[ 作成] を選択します。 手順 2: 破損した文書を開く• [ ファイル]を選択し、 [ 開く] を選択します。 破損した文書を選択し、[ 開く] を選択します。 手順 3: 文書内の破損していない部分をコピーし、新しい文書にその破損していない部分を貼り付ける 注意 文書にセクション区切りが含まれる場合、セクション区切り間のテキストのみをコピーします。 セクション区切りをコピーすると新しい文書に破損部分がコピーされる可能性があるため、セクション区切りをコピーしないでください。 セクション区切りをコピーすることを防ぐため、文書間でコピーと貼り付けを行うときには文書の表示を下書き表示に変更します。 下書き表示に変更するには、[ 表示] タブで、[ 文書の表示] の [ 下書き] をクリックします。 破損している文書内で、破損していない部分を見つけて選択します。 [ ホーム] タブの [ クリップボード] にある [ コピー] を選択します。 [ 表示] タブの [ ウィンドウ] にある [ ウィンドウの切り替え] を選択します。 手順 1. で作成した新しい文書を選択します。 [ ホーム] タブの [ クリップボード] にある [ 貼り付け] を選択します。 文書の破損していない部分ごとに、手順 3a. から 3e. を繰り返します。 文書の破損した部分は、作成し直す必要があります。 方法 8: 文書の表示を切り替えて破損した内容を取り除く 文書が切り詰められていると考えられる場合 文書内のすべてのページが表示されていない 、文書の表示を切り替えて、破損した内容を取り除ける場合があります。 文書の切り詰めの原因となった破損した内容を含むページを特定します。 Wordで、[ ファイル]を選択し、[ オプション] を選択します。 破損した文書を選択し、[ 開く] を選択します。 スクロールして、切り詰められた部分の直前のページを表示します。 そのページに表示されている内容をメモします。 表示を切り替え、破損した内容を取り除きます。 [ 表示] タブで、[ 文書の表示] グループの [ Web レイアウト] または [ 下書きの表示] を選択します。 スクロールして、切り詰められた部分の前に表示されていた内容を表示します。 ファイル内でその内容の次にある段落、テーブル、またはオブジェクトを選択して削除します。 [ 表示] タブで、[ 文書の表示]グループの [ 印刷レイアウト] を選択します。 引き続き文書が切り詰められて表示される場合は、[ 印刷レイアウト] で文書が切り詰めて表示されなくなるまで、表示を切り替えて、内容を削除します。 文書を保存します。 方法 9: メモ帳でドキュメントを開く ドキュメントが破損していて、以前の方法のいずれも機能しない場合は、メモ帳でドキュメントを開いてコンテンツを復元します。

次の

Word2003で『テキスト回復コンバータにてファイルを開いてください』が出たら

テキスト 回復 コンバータ

Wordをひらこうとしたら、警告が出た。 この文書を読み取ることができませんでした。 ファイルが壊れているようです。 意味がわからん。 ファイルがひらけなくて困っているのに、「ファイルを開いて、修復してください。 」とはいったいどういうことだ。 本当にその説明で使用者が理解できると思っているのか。 テキスト回復コンバーターのこともよくわからないが、それはGoogleで調べるからまあいいとしよう。 調べたらマイクロソフトの「」(上記画像)というページに行き着いた。 しかしそのページが発行されたのは2004年1月6日のことで、そこに用意されているexeファイルは2003年9月4日のものであるようだ。 当方、Word2016を使用しているんだけど、2003年もので本当に大丈夫なんだろうか。 しかし背に腹は代えられないので、やってみるしかない。 インストールは問題なくできたが、どうやって破損したファイルを修復するのかわからない。 新しくインストールしたアプリケーションが幾つも並んでいるので、どうやら無駄なプログラムまでインストールされてしまったようだ。 一つずつ起動させるもうまくいかず。 仕方なく最初の画面に戻って「ヘルプの表示」を押すと以下の文章が出てきた。 このエラーメッセージは、開こうとしている文書が破損している場合に表示されます。 破損したファイルまたはそのコンテンツはテキスト修復コンバーター インストールする必要がある可能性があります 、または [開いて修復] の機能を使用して修復することができます。 [開いて修復] の機能は [ファイルを開く] ダイアログにあります。 ファイルを修復するには、[ファイル] タブをクリックし、[開く] をクリックし、そのダイアログボックスで破損したファイルに移動して、そのファイルを 1 回クリックしてください。 ダイアログボックス右下の [開く] ボタンをクリックする代わりに、そのボタンの右側の下矢印をクリックし、メニューの [開いて修復] をクリックします。 修復可能な場合、ファイルが開き、文書の作業領域に表示されます。 テキスト修復コンバーターがインストールされている場合は、[ファイルを開く] ダイアログボックスの [ファイルの種類] ボックス内に表示され、そこで選択して使用することができます。 詳細は Microsoft サポート技術情報 918429 をご参照ください。 もっとわかりやすく説明できないものか。 不親切だな。 Wordのバージョンによって微妙に操作手順が違ったりするからしょうがないのか。 しかしテキスト回復コンバーターをインストールしたのに使用するときにはファイル修復コンバーターと名前を変えるのはなんでなんだ。 わざとややこしくしてるのか。 やっぱり不親切だ。 Word2016を使っている人にわかりやすく手順を言うと、壊れたファイルからではなく、Word本体をまず起動させる。 そして、[ファイル]から[参照]を選択するとダイアログボックスが出て来るので、[すべてのファイル]をクリック。 すると画像のように、[ファイル修復コンバーター]が表示されるはずなので選択する。 [ファイル名]で修復したいファイルを選んで、[開く]を押せば、修復された文書が表示される。

次の