レッドブル 翼 を 授ける。 【エナドリ】夏向け黄金の翼を授かってみた!『レッドブル・エナジードリンク サマーエディション』

【書評】レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか

レッドブル 翼 を 授ける

【10月10日 AFP】「レッドブル()」を飲んでも翼は生えないが、このエナジードリンクを買ってがっかりした人は、集団訴訟のおかげで小額のお金をもらえるかもしれない。 米ニューヨーク()のモレリ・アルターズ・ラトナー()法律事務所によると、虚偽広告で訴えられたオーストリアの清涼飲料メーカー、レッドブルは最近、1300万ドル(約14億円)の支払いで原告側と和解した。 同法律事務所の声明によると、「翼を授ける」のキャッチコピーで知られるカフェイン入り飲料のレッドブルは、飲んだ人のパフォーマンスを向上し、集中力や瞬発力を高める効果があるとうたわれており、これを理由に価格が高く設定されている。 だが原告らは、レッドブルの効能はコーヒー1杯分以下であると結論付けた研究結果を無視しているとして、同社を相手取り集団訴訟を起こしていた。 米国在住で、2002年1月1日以降にレッドブルを購入した人なら誰でもこの集団訴訟の原告団に参加し、10ドル(約1080円)の現金、またはレッドブルの送料負担で約15ドル(約1600円)相当のレッドブル製品2点を受け取る資格が得られる。 だが上限は1300万ドルになっているため、希望者が130万人を超えた場合は1人当たりの金額は減ることになる。 和解のニュースは今週、米メディアで広く伝えられたため、希望者の数は多くなることが予想される。 米ニュースサイト「バズフィード()」が8日に訴訟について伝えると、申請用のウェブサイトはクラッシュした。 レッドブル側は声明で、「訴訟の費用と弊害」を防ぐために和解に応じたが、同社の宣伝内容は「正確」で、不正行為は一切なかったという立場を示している。 c AFP.

次の

ファンを作るために必要なブランドの「ストーリー戦略」とは

レッドブル 翼 を 授ける

今となっては誰もが知っているエナジードリンクであるRed Bull。 ここぞというときに飲む人も多いのではないでしょうか。 もはや「エナジードリンクといえばレッドブル」と言っても過言でない不動の位置を築いていますね。 そんなレッドブルといえばこのキャッチコピー 「レッドブル、翼を授ける」 あまりに有名ですね。 調べたところ昔のレッドブルのCMのコメントに レッドブルは人とアイディアに翼をさずけます。 狙った目標にたどり着くため、そして自分の夢をかなえるため。 「レッドブル翼をさずける」の本当の意味をご覧ください。 とありました。 レッドブルはあなたに「翼=エナジー」を授けると言った意味合いでしょう。 実際多くの人がこのような認識をしているのではないでしょうか。 私は調べる前もそう思っていましたし、調べてからもそうだと思っています。 そこで本題へ入ります。 「Red Bullは本当に翼を授けるか」 もちろんエナジードリンクなので成分はただのジュースとは違います。 ここにあるように カフェイン・ビタミンB群・砂糖類・アルギニン・アルプスの水etc... が含まれています。 カフェインには覚醒作用がありますし、アルギニンは準必須アミノ酸。 確かに気合を入れたいときに飲むのにもってこいですね。 ですがそれだけだと「正直、他のエナジードリンクも似たようなもんじゃないの?」思いますよね。 結論から言うと、似たようなもんです。 「え、じゃあレッドブルである必要ないし、翼も授けへんやん」 と言う声が聞こえてきそうです。 しかし私は断言できる。 レッドブルは翼を授ける。 物理的に翼は生えないのですがね…(これを巡りカナダでは裁判が起き、レッドブル側は和解金を払ったとか) 私が「レッドブルは翼を授ける」と言い張るのには2つ理由があります。 それは多くの目標を追う人、夢を追いかける人のそばにレッドブルがあるから。 そして企業努力によって「翼を授ける」と言うキャッチコピーが力を持ったからです。 多くの挑戦のそばにレッドブルはある。 しかしこれも他のエナジードリンクに代替可能と言われるかもしれない。 だが、「翼を授ける」 このコピーが力を持ち、人々にエナジードリンクとしての効能以上の影響を与えているのは確かだと思っています。 それは気休めかもしれません。 そんな気がするだけなのかもしれません。 それでも人々は「翼を授ける」という文言に惹かれレッドブルを飲む。 これは人々が「レッドブルの翼」を信じているからだと。 誰かがレッドブルを求めたとき、レッドブルはその人に翼を授けています。 この先もレッドブルを求める人がいる限り、レッドブルは翼を授けます。 購入者は「レッドブル=翼」を求めて購入しているのだから。 何が言いたいのか最後で一気にわからなくなった… まぁレッドブルは「レッドブル、翼を授ける」というキャッチコピーによりエナジードリンクの効果以上の力を持ち、人々に翼を授けている。 ということです。 (?).

次の

レッドブルの翼を授けるということについて考察!

レッドブル 翼 を 授ける

2020年1月20日 Kaienは何のためにあるのか?何が際立っているのか? 先月から毎週月曜日朝8時から「ブランド会議」を開き、社員と論じています。 抽象的なものを具体的なアクションを交えながらしゃべるのは難しくて、まだ生産的な議論になっていないのですが…。 そんな中、私が、今日のブランド会議でも、また今夜行った採用面接でも使ったフレーズが、 「Kaien版(発達障害版)の翼を授ける」というお話。 発達障害に翼を授けるのか、発達障害という翼を授けるのか? レッドブルの翼を授けるというのは、何か目標のある人にレッドブルがエネルギーという翼を授ける、ということ。 これをKaien的に言うと「発達障害の人に仕事という選択肢を授ける」 ・・・のではなく 「資本主義に発達障害という力を授ける」のだと思っています。 資本主義というのは当社の会話で出てくるキーワードです。 (詳しくは下記をご確認下さい。 私の中では、適材適所でお互いの長所を使い合うという側面を気に入っています。 発達障害の特性も上手に使えば、資本主義がより良いものに成長するはず。 そういう願いを込めたいと思います。 Kaienのブランドも、このような創業以来のバックボーンを考えながら みなさんと共有できるような言葉やロゴなどを紡いでいきたいと思っています。 文責: 鈴木慶太 ㈱Kaien代表取締役 長男の診断を機に発達障害に特化した就労支援企業Kaienを2009年に起業。 、、 の立ち上げを通じて、これまで1,000人以上の発達障害の人たちの就職支援に現場で携わる。 日本精神神経学会・日本LD学会等への登壇や『月刊精神科』、『臨床心理学』、『労働の科学』等の専門誌への寄稿多数。 文科省の第1・2回障害のある学生の修学支援に関する検討会委員。 著書に『親子で理解する発達障害 進学・就労準備のススメ』(河出書房新社)、『発達障害の子のためのハローワーク』(合同出版)、『知ってラクになる! 発達障害の悩みにこたえる本』(大和書房)。 東京大学経済学部卒・ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院修了(MBA)。 星槎大学共生科学部 特任教授。

次の