備えあれば嬉しいな。 夏の大雨による災害で備えておきたいうれしいアイテム3選!

備えあれば嬉しいな|ターキン|note

備えあれば嬉しいな

毎週土曜日にある「戦力外捜査官」です。 主人公の武井咲さんが可愛い・・・のもありますが、僕は、関根勤さん演じる空手道場の師匠?が必ず言う「ことわざパロディ」が面白くて好きです。 題目の「備えあれば嬉しいな」という「ことわざパロディ」を関根勤さんが言ったかどうかは覚えていませんが、ふと関根勤さんを思い浮かべてしまったので。。。。 題目にしてみました(><) さて、「ソナエ」・・・・何の雑誌なのか解りますか? 表紙は、堀北真希さんです・・・芸能雑誌???・・・・??? 正解は、日本初の終活(しゅうかつ)専門誌・・・季刊誌で、現在、夏号・秋号そして今回の冬号と3冊目の発行です。 夏号は壇蜜さん、秋号は「千の風になって」の秋川雅史さんが表紙でした。 本屋さんでは、「終活」「エンディングノート」「相続・遺言」コーナーが定着しつつあるように思います。 今まで、死に関連する事は、どちらかというとタブーな事として捉えがちで、大々的に周知される事はなかったように思います。 ここ数年ではないでしょうか。 いつか迎える「その時」にそなえ、人生を自分らしく仕上げるというか、輝かせるというような終活の必要性が、クローズアップされるようになったのは・・・・。 私は、仕事柄、相続手続のご相談を受けるので、以前より「たら・れば」の話を聞く機会が多くありました。 「たら・れば」の話とは、「生前の父の気持ちが解っていれば・・・」とか「遺言があれば・・・」と、残された遺族から、スムーズに進まない相続の手続に対する悔やんでも悔やみきれない話の事です。 ですから、終活の必要性が取り上げられる事は、とても大切な事だと感じていますし、もっともっと周知徹底されて、終活がスタンダードな形になっていけばいいなぁと思っています。 葬儀の話、お墓の話・・・知っているようで知らない作法・・・誰しも、いつか直面する事はわかっているものの・・・ついつい・・・先延ばしにする・・・いや、先延ばしにしたい・・・・ 「ソナエ」のような雑誌があれば、家族の中で、今までタブー視されていた話題に、切り込むツールになるのかなぁ・・・と思います。 先週末、相続手続の相談で依頼者宅を訪れた時のお話。 満面な笑顔の遺影を目にしました。 「すごく良い写真ですけど、準備されていたのですか?」 「突然の死でしたが、亡くなる1週間前に孫が家に遊びに来まして、その時写真を撮ろうという事になり・・・・だから笑顔なのです。 」 「ソナエ」の記事にもありましたが、2割近くの方が、遺影の写真選びに苦心して、結局、生前の運転免許証などの公的証明写真を引き延ばして使用している・・・というアンケート結果がでていました。 自分亡き後は、残された人が適当に考えてくれるだろう! 確かに、そういう考え方もあるでしょう。 でも、通常、人の死後24時間以内には遺影の写真を選ばないといけない・・・という現実があります。 残された遺族が遺影の写真で後悔するという話もよく耳にします。

次の

「備えあれば嬉しいな♪」すぱーく。のブログ | 【永久保存版】 京都発モノクロEVERYブログ★ 2017~2019

備えあれば嬉しいな

お久しぶりです。 やっぱ飛行機嫌だわ。 12月って夏美や吉崎観音先生やケロロの誕生日があったりと豪華ですよね。 今日は休んでいた分の三本投稿します。 次は15:00ごろに投稿します。 リクエストにもできるだけ答えますのでよろしくお願いします。 アンケートにもお答えいただくと嬉しいです。 小説シリーズ一覧(「」を前に入れてください) ケロロ軍曹コミカルシリーズ series. php? php? php? php? php? php? php? php? php? php? php? php? php? イチゴ煮オレってうまいよね。 [newpage] [chapter:カルマ 備えあればうれしいな!] 三行でわかる前回までのあらすじ 警察に捕まったケロロ、のび太、御坂美琴。 たくさんのロボが攻めてきた。 お猿さんとフランが見ている前でロボを倒した。 【ケロロ視点】 ケロロ達三人は破壊された町を 後にしまた放浪の旅を続けていた。 ケロ「いやぁ、旅っていいよね。 」 のび「そうだね。 」 美琴「行く当てがあるならの話だけどね。 」 そんな三人を遠くから見ている人物がいた。 赤髪で高身長でイケメンな男だ。 ??「面白いもの見つけたぁ…」 ケロロ達が道なりに進んでいると目の前に机があった。 机の上には団子が置いてあった。 ケロ「団子でありますな。 」 のび「ちょうどお腹が減っていたんだ。 」 二人はその団子を口にいれた。 美琴「ちょっと、毒見とかしたほうが…」 しかし時すでに遅し。 二人の顔は明らかにやばい顔だ。 ケロ「こ…」 のび「こ、これは…」 ケロ「これは…わさびだ~~~~ッ!」 のび「辛い~~~ッ!」 二人は炎を吐きながら走り回っている。 ケロロとのび太は近くの川へ飛び込んだ。 美琴「大丈夫?」 ケロ「死ぬかと思った…」 のび「いったい誰がこんなことを…」 ??「ハハッ!」 ケロロ達の後ろから声が聞こえた。 三人が振り返ると赤髪の少年がいた。 美琴「あんたの仕業なの!」 ??「そうだよ。 だって面白そうじゃん。 」 ケロ「君の名は。 」 赤羽「俺の名前は赤羽カルマ。 よろしく。 」 お互い自己紹介し、話を聞くとカルマもここに飛ばされてきたらしい。 こっちも同じだというと一緒についてくることになった。 ケロ「じゃあ、よろしくであります。 」 赤羽「こちらこそ。 」 ケロロとカルマは握手をした。 」 ケロロの手に電気が奔った。 よく見るとカルマの手に何かあった。 どうやら触れると電気が奔るらしい。 美琴「ちょっとアンタ!ゲコ太になんてことすんのよ!」 赤羽「ごめんごめん。 反応が面白くてさ。 」 のび「大丈夫ですかケロロさん?」 ケロ「いや、慣れてるでありますよ。 」 美琴「ゲコ太に土下座しなさい!」 御坂美琴から電撃が放たれる。 赤羽「っ!おっと、これはすごいねぇ。 」 美琴「土下座しないなら真っ黒焦げにするわよ。 」 赤羽「いやだねぇ。 」 二人がだんだん険悪なムードになってきた。 それを見ているケロロとのび太は少し距離を置く。 美琴「軽く痺れさせるわよ!はぁ!」 御坂美琴から軽めの電撃が放たれる。 赤羽カルマは横っ飛びで電撃を避けた。 赤羽「もっと全力で来なよ。 俺を楽しませてくれよ。 」 美琴「言ってくれるじゃない…」 ケロ「御坂殿は強いでありますよ。 」 のび「やめておいたほうがいいですよ。 」 けろろとのび太の忠告を聞いたカルマは不敵に笑っている。 赤羽「強いからこそいいんじゃん。 」 美琴「そう。 なら!」 美琴の右手に電撃が集まっている。 それを思いっきり投げつけた。 電撃の槍だ。 赤羽「おっと!」 カルマは電撃の槍を横にそれて避けた。 美琴「なっ!」 赤羽「だから、本気で来いって。 それともそれが全力?」 美琴「私を怒らせることに関してはあいつと同じくらいね。 いいわ。 見せてあげるわ。 私の力を!」 御坂美琴は電気を使って砂鉄を巻きあげた。 そしてそれを自分の周りに漂わせている。 赤羽「電気で砂鉄を操っているのか… しかもカミソリみたいになっているのか。 触れたら一発ゲームオーバーか。 」 美琴「降参するなら今のうちよ。 」 赤羽「降参?何言ってんの?するならそっちだよ。 確かにその電気を使う能力はすごいけど もし俺がそれを突破できたらやばいんじゃないの?」 カルマは挑発を続けている。 それを見てけろろとのび太はさらに後ろに下がる。 美琴「…はぁ!」 美琴の周りの砂鉄がカルマに向かっていった。 カルマは砂鉄をうまく避けて美琴のそばまで走っていく。 美琴「避けられた!なら!」 美琴はギリギリまで引き寄せて 今度は左手から電撃を放つ。 美琴「(これなら!)」 カル「フフ!」 カルマはなんとスライディングで電撃を避け、 御坂美琴の目と鼻の先に来た。 美琴「ちぇいさー!」 カルマは美琴のキックも受け止める。 カル「どうだい?これなら…」 美琴「あっそ。 」 御坂美琴の体に電撃が奔った。 勿論、カルマにも電撃が流れた。 カル「くっ…体中から電気を出せるのか……」 そんな彼ら彼女らを見ている男がいた。 いったい誰なのか? 次の次のページに続く。 次のページはキャラ紹介。 性格はフランクで飄々としており、人を食ったような話し方をする。 計算高さもあって喧嘩はかなり強く、さらに凶器や騙し討ちの「基礎」に関してはE組の中でも群を抜いている。 暴力的で手が早い面があるが、根は善良で彼なりの正義観を持つ。 頭もキレるし努力もするので学力もトップ。 誕生日は12月25日。 身長は175cm、体重は60kg。 声優 岡本信彦(一方通行など) 好きな物 煮オレシリーズ 好きな人 奥田愛美 嫌いな物 国語 苦手な人 特にいない 名言(迷言) ケンカしても大丈夫というセリフ。 「旅先のケンカはちゃんと目撃者の口も封じるし表沙汰にはならないよ。 」 [newpage] [chapter:続き] 美琴「さあ、どうする?まだやるの?」 カル「やめないよ。 だって面白いし。 」 ケロ「吾輩達、空気であります。 」 のび「うん。 」 そんなところに何かが転がってきた。 どうやらスタングレネードだったらしい。 ケロ「危ないとこだった。 とっさに伏せて助かったであります。 」 のび「目が目が~~~ッ!」 美琴「しまった…」 赤羽「危なかった…何とか間に合った……」 ??「チッ、二人仕留めそこなったか…」 謎の男が四人の前に姿を現した。 黒いコートに身を包んでいて素顔は仮面でよく見えない。 ケロ「誰でありますか!名を名乗れい!」 アト「俺の名前はアトラマ。 貴様らを殺しに来た殺し屋だ。 」 確かに腰にはナイフがありいかにも殺し屋って感じだ。 赤羽「おじさん、俺と御坂のバトルを 邪魔して、ただで済むと思ってんの?」 アト「問題はない。 ここでお前らが死ぬんだからな。 」 アトラマはのび太にナイフを投げつけた。 赤羽「やばっ!」 美琴「くっ!」 御坂美琴の電撃がナイフを弾いた。 アト「何?目は見えないはずだが…」 美琴「残念だったわね…あたしは電磁波をレーダー代わりにして 視覚や聴覚が潰されても空間把握ができるのよ。 」 おしえてくぬどん! くぬ「やあ、みんな!椚ヶ丘中学校のマスコットくぬどんだよ!」 子供「くぬどーん!」 くぬ「今回説明するのは御坂美琴の電磁波についてだよ。 御坂美琴は常に電磁波を周囲に発しまっているんだ。 おかげで動物には避けられるけどその反射波を利用して レーダーのように周囲の物体を感知し死角からの攻撃などを防げれるんだ。 」 子供「へ~すごいやぁ~。 」 くぬ「動物に嫌われてかわいそうにな!ハッハッハ!」 アト「なるほど…解説ご苦労。 」 アトラマは手榴弾をくぬどんに突っ込んだ。 そして爆発。 くぬどんは空の彼方へふっ飛ばした。 ケロ「殺し屋だかおろし屋だか知らないでありますが 吾輩達の敵ってことなら倒すだけであります!」 ケロロは敵に突進していった。 アト「遅い!」 アトラマはケロロの突進を かわして手榴弾を投げつけた。 赤羽「ふ~ん。 おじさん弱いね」 アト「何?」 赤羽「そんな弱い蛙に手榴弾使うなんて。 武器使わないと実際は弱いんじゃないの?」 アト「言ってくれるじゃないか。 では、お前から始末してやる。 」 アトラマはカルマに向かっていった。 右手には隠していたナイフを持っている。 アトラマはナイフでカルマを攻撃しまくる。 だが、すべて避けるかさばいている。 アト「くっ…こいつ。 」 赤羽「ちょろいね。 」 カルマの蹴りがアトラマのナイフを蹴り飛ばした。 ナイフは近くの木に刺さった。 赤羽「終わりだ!」 カルマは飛び上がってかかと落としを決めた。 アトラマは気絶した。 気絶したアトラマをガムテープで木に縛り付けた。 赤羽「備えあればうれしいな。 」 カルマは袋からデスソースを取り出した。 そして、デスソースをアトラマの仮面の口の部分に突っ込んだ。 アト「えsbふえsgfchvwcw」 アトラマはあまりの辛さに火を噴いてまた気絶した。 こうして危機は去った。 ケロ「ふぅ…カルマ殿がいて助かったでありますな。 」 のび「そうですね。 」 美琴「まあ、そうね。 」 赤羽「仲直りってことで握手。 」 カルマと美琴は握手した。 だが電撃使いの美琴には効かなかったようだ。 美琴「…覚悟はいい?」 赤羽「ハハッ…やべ。 」 その後、電撃をくらうカルマだった。 続く! [newpage] [chapter:次回予告] ケロ「ふわぁ~眠い…」 のび「寝よう。 」 美琴「寝て大丈夫かしら?」 元の世界に戻るため旅を続けるケロロ、のび太、御坂美琴。 そして、新たに加わった赤羽カルマ。 眠くなった四人は寝ることにするが危機が迫る。 一体どうなるのか!? 次回「のび太 昼寝ほど楽しいものはないよね!」 のび「次回もよろしく!」 [newpage] どうだったでしょうか? アトラマというのオリジナルキャラです。 ちなみにケロロ軍曹戦記にも登場します。 評価やブクマ、コメントをくれると嬉しいです。 アンケートにもご協力お願いします!.

次の

はやてに勁草を知る

備えあれば嬉しいな

毎週土曜日にある「戦力外捜査官」です。 主人公の武井咲さんが可愛い・・・のもありますが、僕は、関根勤さん演じる空手道場の師匠?が必ず言う「ことわざパロディ」が面白くて好きです。 題目の「備えあれば嬉しいな」という「ことわざパロディ」を関根勤さんが言ったかどうかは覚えていませんが、ふと関根勤さんを思い浮かべてしまったので。。。。 題目にしてみました(><) さて、「ソナエ」・・・・何の雑誌なのか解りますか? 表紙は、堀北真希さんです・・・芸能雑誌???・・・・??? 正解は、日本初の終活(しゅうかつ)専門誌・・・季刊誌で、現在、夏号・秋号そして今回の冬号と3冊目の発行です。 夏号は壇蜜さん、秋号は「千の風になって」の秋川雅史さんが表紙でした。 本屋さんでは、「終活」「エンディングノート」「相続・遺言」コーナーが定着しつつあるように思います。 今まで、死に関連する事は、どちらかというとタブーな事として捉えがちで、大々的に周知される事はなかったように思います。 ここ数年ではないでしょうか。 いつか迎える「その時」にそなえ、人生を自分らしく仕上げるというか、輝かせるというような終活の必要性が、クローズアップされるようになったのは・・・・。 私は、仕事柄、相続手続のご相談を受けるので、以前より「たら・れば」の話を聞く機会が多くありました。 「たら・れば」の話とは、「生前の父の気持ちが解っていれば・・・」とか「遺言があれば・・・」と、残された遺族から、スムーズに進まない相続の手続に対する悔やんでも悔やみきれない話の事です。 ですから、終活の必要性が取り上げられる事は、とても大切な事だと感じていますし、もっともっと周知徹底されて、終活がスタンダードな形になっていけばいいなぁと思っています。 葬儀の話、お墓の話・・・知っているようで知らない作法・・・誰しも、いつか直面する事はわかっているものの・・・ついつい・・・先延ばしにする・・・いや、先延ばしにしたい・・・・ 「ソナエ」のような雑誌があれば、家族の中で、今までタブー視されていた話題に、切り込むツールになるのかなぁ・・・と思います。 先週末、相続手続の相談で依頼者宅を訪れた時のお話。 満面な笑顔の遺影を目にしました。 「すごく良い写真ですけど、準備されていたのですか?」 「突然の死でしたが、亡くなる1週間前に孫が家に遊びに来まして、その時写真を撮ろうという事になり・・・・だから笑顔なのです。 」 「ソナエ」の記事にもありましたが、2割近くの方が、遺影の写真選びに苦心して、結局、生前の運転免許証などの公的証明写真を引き延ばして使用している・・・というアンケート結果がでていました。 自分亡き後は、残された人が適当に考えてくれるだろう! 確かに、そういう考え方もあるでしょう。 でも、通常、人の死後24時間以内には遺影の写真を選ばないといけない・・・という現実があります。 残された遺族が遺影の写真で後悔するという話もよく耳にします。

次の