君 が いない 世界 ネタバレ 漫画。 【ネタバレ感想】闇金ウシジマくん 最終回がヒドいらしいwww【ラスト考察】

漫画『町田くんの世界』の神対応を最終回まで全巻ネタバレ紹介!【映画化】

君 が いない 世界 ネタバレ 漫画

『それでも世界は美しい』は椎名橙先生の作品で、花とゆめにて連載中です。 『それでも世界は美しい』の前回(136話)のあらすじは… 空間の歪みにより落ちてしまい、気が付くと守護者の世界にいたニケ達。 そこでは守護者が怪我人の治癒をしていたが、アルは損傷が激しく助けられないと言う。 ニケはアルの意識に入り、その悲しい人生を知る。 守護者の力では世界はあと2年程しか持たせることが出来ず、残りの人生を愛する人と歩んで欲しいと言われるが、その言葉に違和感を感じたニケは直感的に全てを悟る。 これまでの全ての出会いも選択も、全ては自分をここに導く為の運命だったのだという事。 だが守護者になったら、もうリビの側にはいられない。 最後に話をさせて欲しいと頼むニケだが…!? 『それでも世界は美しい』第137話 最新話のネタバレ 散歩、話。 リビが目を覚ます。 辺りを見回していると、ニケの姿が見えて無事なことに安心し、ここからどう出たらいいか考えだす。 ニケは向こうに見えるのが世界の守護者で、あの人が元の場所まで送ってくれる事を伝えると、リビはよく分からないが一応ホッとした。 ニケは笑顔で、ピクニックしようと言い出す。 草原を歩く2人。 ニケはリビにこの世界と守護者の説明をした。 この切り離された世界で、守護者が世界を守り続けてきた。 ひとり百年から数百年、力が尽きるまで担当する。 そして力が尽きた守護者はここに留まり続けるらしい。 次代の守護者が立てば崩壊は止まり雨も戻って世界は正常化する。 リビはニケに向き直り、平静を装った作った笑顔を止めろと言う。 『お見通しだ。 俺に話があるんだろ?』 リビは、真っ直ぐに言う。 いつもそうだ。 絶対泣かない。 最後は、笑顔の私を覚えてて欲しいから。 ニケは、世界を救いたい事、自分が次代の守護者である事、ここに残るから一緒には帰れない事を、伝える。 手が小さく震えていた。 溢れる想い リビは、激しく拒絶した。 ニケの手を取り、一緒に帰るとハッキリ言う。 世界の為?何故お前が犠牲にならなきゃいけない? 俺達を引き離す奴がいるなら神様だろうと戦う。 それで世界が滅びるなら滅びちまえばいい!俺はお前を、離さない! リビの想いは、強くニケに刺さって、決意が揺らぐ。 離れようとしたからこそ思い知らされる、リビへの気持ち。 こんなにも、好きだ。 泣いてすがって駆け出していきたい。 決して言わなかった気持ちが見え隠れする。 『リビといたい。 なんで私なのか。 自分の幸せを考えちゃいけないのか。 』 想いが溢れて、溺れそうだ。 リビは静かに言った。 お前と離れる事だけは考えられない。 どれだけ先がない世界でも一緒にいたい。 それでもお前が残るなら、俺もここに残る。 そばにいさせてくれ。 ニケは嬉しく、哀しく、辛く、切なかった。 その時守護者が時間がない事を伝える。 リビは突如目眩がし、ニケの姿や声が遠くなる。 ニケはもう一度守護者に頼んだ。 もう少しだけ、時間を…! 最後の口付け ニケは最後の言葉を口にする。 出会えて幸せだった事や、見えなくても、いつでも傍にいること。 リビは聞きたくないと叫ぶ。 そして呟いた。 お前のいない世界なんて意味がない…と。 ニケは否定する。 出会った頃の死んでた心は、色んな人ととの出会いや体験、様々な事を乗り越えたから、今は蘇ってる。 世界の価値を分かってる。 私のいない世界でもお前は大丈夫。 そして自分のことも伝えるニケ。 世界を守る個人的な理由が欲しい。 リビが生きてるから、世界を守ろうと頑張れる。 リビが死んだ後も、リビの愛した世界だから守ろうと思える。 我慢していた涙が、溢れる。 「私の世界の中心はいつもリビだから。 リビ…大好きだよ」 ニケはリビの頰を包み込み、口付けた。 最後の、キス。 「私、お前のお嫁さんになりたかったけど、ごめんね…」 今までの思い出が、蘇る。 これで、最後…。 もう一度ギュッと抱き締めて、ニケは離れ、涙を残しながら笑顔を見せた。 ニケは宙に浮き、高く上がっていく。 手を伸ばし何度も名前を呼ぶリビの目からも、涙が溢れた。 突然、辺りは真っ暗になる。 光がひとつ見えた。 どんどん大きくなり、やがて光に飲み込まれ、目を開けると、崩れた壁に切り立った岩山。 元の場所・黄昏の国の北の最奥にいた。 ふと気づく。 春になるまで極夜のはずの地だが、東の空が明るい。 ニールとガルタが駆け寄る。 塔の崩壊で命はないと思ったが、気づいたらここにいた、と。 ガルタが空を見上げ驚く。 すごい速さで、晴れていく。 新しい守護者・ニケが、承認された。 世界の再起動が始まる。 『リビ。 大好き。 』 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦10話ネタバレ!

君 が いない 世界 ネタバレ 漫画

こればっかりは出演者に非はないから仕方ないね。。 公開しましたね。 昨日、ついに公開されるんだと、ドキドキしていました。 もう観たよという声もたくさんあり、嬉しいです。 税込900円くらいだっけ?忘れた😅 今後この二人主演でロードショー映画が公開されることなんてなさそうだし、かなり貴重なものになりそうな予感。 おすすめです! 甘栗とぐら 片田舎でのんびり生きてるアラフォー夫婦 夫:元システムエンジニア 妻:元ウェブデザイナー 最近の投稿• カテゴリー• 347• 201• 105• 13 アーカイブ•

次の

それでも世界は美しい【137話】最新話のネタバレ。世界の犠牲になるニケ

君 が いない 世界 ネタバレ 漫画

(闇金ウシジマくん最終話 真鍋昌平/小学館) そこで今回ドル漫では 『闇金ウシジマくん』の最終回・最終話のネタバレ感想をレビューしたいと思います。 ただ、どうやらいざ完結してみると「ひどい最終回」など結構賛否両論があった模様。 ちなみにコミックス最終46巻が5月に発売されるので、最終話までのあらすじはそこで改めて追記するかも知れません。 そのため今回のネタバレ感想はあっさりめのレビュー。 【ウシジマ最終話】滑皮は最終的に死刑判決が… 滑皮組組長・滑皮との対決に勝利した丑嶋(うしじま)。 戌亥が滑皮の犯行を全て撮影しており、それが証拠となって滑川は逮捕。 猪背組も解散させられそうになり、滑川は既に一審判決で死刑が下っていた。 (闇金ウシジマくん最終話 真鍋昌平/小学館) それでも滑川は面会室で「 俺はどこで何をしていても俺のままだ。 何も変わらねぇよ」と強がるものの、その姿は本物。 最終的に丑嶋に泡を食わされたものの、滑川は生まれ持っての893くんだったらしい。 高田、マサル、柄崎、戌亥などもそれぞれ『闇金ウシジマくん』最終回ではアフターエピソードが描写されます。 例えば、丑嶋が飼っていたウサギはマサルが預かることに。 ただし、肉蝮のその後は不明なままのキャラクターも。 もしかすると『闇金ウシジマくん』最終46巻で加筆される可能性も。 【ラスト最終話】丑嶋の最後はあっけなく死亡… 一方、丑嶋の客である 菊池文香という風俗嬢の「弟・辰也」が『闇金ウシジマくん』の最終回のカギを握る。 辰也と文香の母親・千代も丑嶋の客だったことからも分かるように、辰也の家庭は貧困そのもの。 中学時代は学校でイジメを受け、イタズラで犯行予告を行うものの住所などが特定されるなど、やることなすこと全て裏目で何も上手くいかない典型的な底辺層。 こんな惨憺たる人生に対して、辰也は全てに対して自暴自棄に。 そこで最後に辰也が選んだ道が唯一慕っていた姉を殺すこと。 しかもスマホを使って生実況配信することで世間を騒がせ、自ら死刑になろうとした。 弱者が自分より更に弱い弱者を狙うかの悲しき構図。 (闇金ウシジマくん最終話 真鍋昌平/小学館) …かと思いきや、その傷はやはり致命傷だった。 丑嶋は大量出血で意識朦朧とする中、柄崎に集金完了の電話をかけ終えると何かを悟ったかのように、そのまま天を仰いで道路に倒れ込んだときには既に死亡していた…という結末。 【評判口コミ】闇金ウシジマくん 最終回 ネタバレ感想評価まとめ だから端的にまとめると、『闇金ウシジマくん』の 最終回は「死亡オチ」になります。 これまで無敵の強さを誇っていた丑嶋が、こんな呆気ない終わり方をしたためネット上では炎上気味。 既に滑皮も最後に倒してハッピーエンドだった以上、このままヤミ金業を続けても良かったはず。 ただ、ここで思い出してほしいのが丑嶋の最側近・柄崎の言葉。 この柄崎は最後まで部下として仲間として、丑嶋に尽くして滑皮を倒す一役も買った。 この柄崎が死刑判決を受けた滑皮に対して、「 散々酷いことしてきた因果応報だ」とドヤ顔で語る。 おそらく猪瀬組まで解散させられるところまで追い詰められ、滑皮は刑務所でイジメられる可能性が高い。 ちなみに死刑判決が下されると刑務所ではなく、「拘置所」に収容(隔離)されるため囚人同士のイジメなどはまず発生しませんが、そこらへんはスルー推奨。 でも、この 「因果応報」は丑嶋にも当然言える話ではないか? 滑皮ほどではないにしても、ウシジマは893の組長・熊倉や獅子谷あたりもヤッちゃってる。 そもそも不当な高金利で、これまで弱者底辺層をイジメ抜いてきた。 実際、辰也に刺されたのも丑嶋自らがヤミ金業を営んでたから。 むしろ丑嶋のような闇金業者はヤクザの力をバックに借りて、社会の裏でコソコソと小銭を稼ぐようなドブネズミのような存在。 言ってしまえば、丑嶋の存在はヤクザ以下の存在でもあった。 そのため滑皮のように国家に殺されるような箔がつく死に方でもなく、また肉蝮のような強キャラと戦って華々しく散るわけでもなく、よく分からん 小物キャラに無様に殺される孤独な死に方は、まさに「ウシジマくんの最後」にこそ相応しいと評価できましょう。 きっと作者も最初から最後の結末にウシジマを死亡させようと考えていたに違いない。 実際、最終46巻直前でウシジマは竹本の亡霊に対して「 人間は最初から独りだ。 死ぬ時も独りでいい」と語りかけてる。 またウシジマ自身が自死を選ぼうとしていた描写やウサギ好きもしっかり伏線だったのでしょう。 だからウシジマが病院に行かず助かろうとしなかったのも、 ヤミ金被害者をこれ以上出さないようにし、また自らが死ぬことで柄崎たちを開放してまっとうな道を歩ませようと考えたからなのかも知れない。 確かに唐突感もある最終回でしたが、それでも今回の『闇金ウシジマくん』のラストは妥当な最終話だったとドル漫では評価してみる。 ちなみにや、、なども併せてご参照ください。

次の