デスチャ ワールド ボス。 デスチャ ワールドボス・トライアルのPT編成について。

【デスチャ】新規の人ふえたので ワールドボステンプレ 暫定です

デスチャ ワールド ボス

攻略のポイント 光属性はなるべく後列に配置 敵が闇属性なので、光属性チャイルドの攻撃が通りやすい。 ただ こちらが受けるダメージも大きくなるので、光チャイルドはなるべく後列に配置しよう。 どうしても前列に置く場合は、他チャイルド以上に装備に気を使いたい。 妨害型も後列が安全 マーカラのNスキルは 妨害型に対して追加ダメージが発生する。 追加ダメージは比較的少ないが、耐久力に不安があるようであれば、妨害型も後列に配置しておいたほうが安全だ。 デスヒール対策が必須 マーカラ戦では、デスヒールの対策が鍵になる。 Sスキルでのデスヒール付与はそれほど害はないが、Dスキルの前列全体デスヒールが非常に厄介。 対策をしていないと、 ほぼ確実に壊滅してしまうだろう。 対策法は以下を参照。 Nスキルで自身に諸刃の剣を付与でき、総合的な火力は非常に高い。 スコアを稼ぐのであればぜひ持っていたい。 味方の光属性の数に比例して火力が上がる一条の光明が非常に強力。 Nスキルで自身に応援付与が可能な点も優秀。 非常に火力が高い光属性アタッカー。 Nスキルも追加ダメージ持ちなので、フィーバーダメージも優秀。 SスキルのCTは重めだが、その分威力は強力。 Dスキルではトップクラスのダメージを叩き出すので、ドライブ役にするのもあり。 凸が高ければ火力にも十分期待できるので、なるべく編成しておこう。 ビクトリスのようにブーストチャイルドではないが、光アタッカーの手持ちが少なければ十分に選択肢へ入ってくる。 中毒ディーラー 中毒役はスキル効果の中毒ダメージ数値が高いキャラを選択しよう。 なお、中毒は重複しないので1体いれば十分だ。 敵の属性関係なく編成に入る。 また、Dスキルの踊る刃も強力で、ドライブ要員としても優秀。 今回のブーストチャイルド。 Sスキル防御減少に加え、WB限定で全スキル防御減少を付与する。 敵の属性を問わず使えるので、WB編成でダメージを稼ぐなら必ず入ってくる。 踊る刃による防御力減少と持続ダメージだけでも強力だが、そこからさらに防御力を減少させる。 火力貢献度の高さから、WB以外でもあらゆるコンテンツで使われている デバフ回避率減少とデバフ持続時間増加が可能な上、強殖によって弱点防御まで減少させる。 強殖は通常の弱点防御減少と重複するので、他の妨害型ともあわせやすい。 敵の弱点防御を大幅に減少させるのが特徴。 ナヴィ、木バートリーと共にブラウニーなどで加速させることで敵をデバフの海に鎮める。 中毒のダメージは控えめだが、デバフ時間延長の効果量が非常に大きい。 ただ、Sスキルで敵のデバフ解除をしてしまうので、使う場合はスキル予約でNスキルのみ使うよう設定しよう。 敵のデバフ命中率を低下させるため、厄介なデスヒールの回避確率が上がる。 デスヒールを受けるかどうかで生存率が変わるので、対策として非常に有効。 デバフ回避率減少がNスキルで使える。 ダメージを稼ぐにはデバフの入り方が重要なので、回転の早いNスキルでデバフ回避率減少が使えるのは強力。 Nスキルでは敵の攻撃力を、Sスキルでは敵のデバフ回避率を低下させる。 使う時はスキル予約でどちらか固定にし、目的に応じて切り替えよう。 攻撃力が高い味方を加速するので、メインディーラーのスキル回転率が上がる。 火力への影響が大きい。 コウガに並ぶ加速バッファー。 NスキルとSスキルの使い分けで幅広く味方を加速することが可能。 コウガと併せて使うのも強い。 味方を加速しつつ敵の減速まで可能。 また、Dスキルでは味方全体を加速させるので、ドライブ要員としても非常に優秀。 木属性の味方を加速する。 木属性にはやといった優秀な補助・妨害型が多く、それらを加速することでバフ・デバフの回転率を上げるのが強力。 さらにデバフ効果時間減少もあるので、気絶時間の短縮まで可能。 ブラウニーと同じく木属性を加速できるので、強力な木属性キャラと併せて使うことで真価を発揮する。 ブラウニーと比べると、加速スキルの数値が高い。 加速役としても使えるが、その真価はNスキルの2体デバフ解除。 確率での解除ではあるが、回転率の高いNスキルでデスヒールをガンガン解除していけるのは強力。 凸が高ければ、無凸コウガにも匹敵する加速力になる。 マヤウェルの加速バフと重複するので、併せて使うのもいい。 火力系バッファー 同じアイコンのバフは重複しないので、バフの種類が被らないように注意しよう。 攻撃に耐えられず壊滅する場合は、火力バフを減らしてバリア役を増やすなど、生き残ることを重視したほうが総ダメージは上がる可能性もある。 火力を突き詰めるなら編成しない理由はない。 Sスキルでの広範囲への火力バフとCT減少が強力。 Nスキルでは敵の重ね掛けスキルの削除もできる。 さらにDスキルでは前列にはバリア、後列にはNスキル強化ができ、ドライブ要員としても非常に優秀。 さらにNスキルではデスヒール解除が可能なので、マーカラ戦では攻守ともに貢献できる。 味方のクリ率とクリティカルダメージを上昇させることが可能。 ルパンに席を奪われつつあるが、ルパンを持っていなければクリティカルバッファーとして候補に入る。 ルパンやパンテオンがいない時の代用になる。 攻撃力が高い2体に攻撃力アップバフを付与する。 また、確率ではあるがNスキルでデバフ解除が可能なので、デスヒール対策としても有効。 光以外の火力も上がるため、火力特化にするのであればリーダーに設定するのがおすすめ。 闇属性の敵の耐久を下げられるリーダー。 妨害役としても優秀なので、他にリーダー候補がいなければ十分あり。 敵のデバフ回避率を低下させる。 WBでダメージを稼ぐには防御力低下などのデバフの入りが非常に重要なので、編成によっては火力アップリーダーよりダメージを出すことも。 イピスと同じく敵のデバフ回避率を低下させる。 対象は闇属性限定だが、低下量がイピスよりも少し高い。 耐久力に不安がある場合は、未育成で後列に入れておくだけでも効果的だ。 敵の属性を問わない点も汎用性が高く優秀。

次の

ワールドボス・トライアル

デスチャ ワールド ボス

攻略のポイント 光属性はなるべく後列に配置 敵が闇属性なので、光属性チャイルドの攻撃が通りやすい。 ただ こちらが受けるダメージも大きくなるので、光チャイルドはなるべく後列に配置しよう。 どうしても前列に置く場合は、他チャイルド以上に装備に気を使いたい。 妨害型も後列が安全 マーカラのNスキルは 妨害型に対して追加ダメージが発生する。 追加ダメージは比較的少ないが、耐久力に不安があるようであれば、妨害型も後列に配置しておいたほうが安全だ。 デスヒール対策が必須 マーカラ戦では、デスヒールの対策が鍵になる。 Sスキルでのデスヒール付与はそれほど害はないが、Dスキルの前列全体デスヒールが非常に厄介。 対策をしていないと、 ほぼ確実に壊滅してしまうだろう。 対策法は以下を参照。 Nスキルで自身に諸刃の剣を付与でき、総合的な火力は非常に高い。 スコアを稼ぐのであればぜひ持っていたい。 味方の光属性の数に比例して火力が上がる一条の光明が非常に強力。 Nスキルで自身に応援付与が可能な点も優秀。 非常に火力が高い光属性アタッカー。 Nスキルも追加ダメージ持ちなので、フィーバーダメージも優秀。 SスキルのCTは重めだが、その分威力は強力。 Dスキルではトップクラスのダメージを叩き出すので、ドライブ役にするのもあり。 凸が高ければ火力にも十分期待できるので、なるべく編成しておこう。 ビクトリスのようにブーストチャイルドではないが、光アタッカーの手持ちが少なければ十分に選択肢へ入ってくる。 中毒ディーラー 中毒役はスキル効果の中毒ダメージ数値が高いキャラを選択しよう。 なお、中毒は重複しないので1体いれば十分だ。 敵の属性関係なく編成に入る。 また、Dスキルの踊る刃も強力で、ドライブ要員としても優秀。 今回のブーストチャイルド。 Sスキル防御減少に加え、WB限定で全スキル防御減少を付与する。 敵の属性を問わず使えるので、WB編成でダメージを稼ぐなら必ず入ってくる。 踊る刃による防御力減少と持続ダメージだけでも強力だが、そこからさらに防御力を減少させる。 火力貢献度の高さから、WB以外でもあらゆるコンテンツで使われている デバフ回避率減少とデバフ持続時間増加が可能な上、強殖によって弱点防御まで減少させる。 強殖は通常の弱点防御減少と重複するので、他の妨害型ともあわせやすい。 敵の弱点防御を大幅に減少させるのが特徴。 ナヴィ、木バートリーと共にブラウニーなどで加速させることで敵をデバフの海に鎮める。 中毒のダメージは控えめだが、デバフ時間延長の効果量が非常に大きい。 ただ、Sスキルで敵のデバフ解除をしてしまうので、使う場合はスキル予約でNスキルのみ使うよう設定しよう。 敵のデバフ命中率を低下させるため、厄介なデスヒールの回避確率が上がる。 デスヒールを受けるかどうかで生存率が変わるので、対策として非常に有効。 デバフ回避率減少がNスキルで使える。 ダメージを稼ぐにはデバフの入り方が重要なので、回転の早いNスキルでデバフ回避率減少が使えるのは強力。 Nスキルでは敵の攻撃力を、Sスキルでは敵のデバフ回避率を低下させる。 使う時はスキル予約でどちらか固定にし、目的に応じて切り替えよう。 攻撃力が高い味方を加速するので、メインディーラーのスキル回転率が上がる。 火力への影響が大きい。 コウガに並ぶ加速バッファー。 NスキルとSスキルの使い分けで幅広く味方を加速することが可能。 コウガと併せて使うのも強い。 味方を加速しつつ敵の減速まで可能。 また、Dスキルでは味方全体を加速させるので、ドライブ要員としても非常に優秀。 木属性の味方を加速する。 木属性にはやといった優秀な補助・妨害型が多く、それらを加速することでバフ・デバフの回転率を上げるのが強力。 さらにデバフ効果時間減少もあるので、気絶時間の短縮まで可能。 ブラウニーと同じく木属性を加速できるので、強力な木属性キャラと併せて使うことで真価を発揮する。 ブラウニーと比べると、加速スキルの数値が高い。 加速役としても使えるが、その真価はNスキルの2体デバフ解除。 確率での解除ではあるが、回転率の高いNスキルでデスヒールをガンガン解除していけるのは強力。 凸が高ければ、無凸コウガにも匹敵する加速力になる。 マヤウェルの加速バフと重複するので、併せて使うのもいい。 火力系バッファー 同じアイコンのバフは重複しないので、バフの種類が被らないように注意しよう。 攻撃に耐えられず壊滅する場合は、火力バフを減らしてバリア役を増やすなど、生き残ることを重視したほうが総ダメージは上がる可能性もある。 火力を突き詰めるなら編成しない理由はない。 Sスキルでの広範囲への火力バフとCT減少が強力。 Nスキルでは敵の重ね掛けスキルの削除もできる。 さらにDスキルでは前列にはバリア、後列にはNスキル強化ができ、ドライブ要員としても非常に優秀。 さらにNスキルではデスヒール解除が可能なので、マーカラ戦では攻守ともに貢献できる。 味方のクリ率とクリティカルダメージを上昇させることが可能。 ルパンに席を奪われつつあるが、ルパンを持っていなければクリティカルバッファーとして候補に入る。 ルパンやパンテオンがいない時の代用になる。 攻撃力が高い2体に攻撃力アップバフを付与する。 また、確率ではあるがNスキルでデバフ解除が可能なので、デスヒール対策としても有効。 光以外の火力も上がるため、火力特化にするのであればリーダーに設定するのがおすすめ。 闇属性の敵の耐久を下げられるリーダー。 妨害役としても優秀なので、他にリーダー候補がいなければ十分あり。 敵のデバフ回避率を低下させる。 WBでダメージを稼ぐには防御力低下などのデバフの入りが非常に重要なので、編成によっては火力アップリーダーよりダメージを出すことも。 イピスと同じく敵のデバフ回避率を低下させる。 対象は闇属性限定だが、低下量がイピスよりも少し高い。 耐久力に不安がある場合は、未育成で後列に入れておくだけでも効果的だ。 敵の属性を問わない点も汎用性が高く優秀。

次の

デスチャ ワールドボス・トライアルのPT編成について。

デスチャ ワールド ボス

攻略のポイント 光属性はなるべく後列に配置 敵が闇属性なので、光属性チャイルドの攻撃が通りやすい。 ただ こちらが受けるダメージも大きくなるので、光チャイルドはなるべく後列に配置しよう。 どうしても前列に置く場合は、他チャイルド以上に装備に気を使いたい。 妨害型も後列が安全 マーカラのNスキルは 妨害型に対して追加ダメージが発生する。 追加ダメージは比較的少ないが、耐久力に不安があるようであれば、妨害型も後列に配置しておいたほうが安全だ。 デスヒール対策が必須 マーカラ戦では、デスヒールの対策が鍵になる。 Sスキルでのデスヒール付与はそれほど害はないが、Dスキルの前列全体デスヒールが非常に厄介。 対策をしていないと、 ほぼ確実に壊滅してしまうだろう。 対策法は以下を参照。 Nスキルで自身に諸刃の剣を付与でき、総合的な火力は非常に高い。 スコアを稼ぐのであればぜひ持っていたい。 味方の光属性の数に比例して火力が上がる一条の光明が非常に強力。 Nスキルで自身に応援付与が可能な点も優秀。 非常に火力が高い光属性アタッカー。 Nスキルも追加ダメージ持ちなので、フィーバーダメージも優秀。 SスキルのCTは重めだが、その分威力は強力。 Dスキルではトップクラスのダメージを叩き出すので、ドライブ役にするのもあり。 凸が高ければ火力にも十分期待できるので、なるべく編成しておこう。 ビクトリスのようにブーストチャイルドではないが、光アタッカーの手持ちが少なければ十分に選択肢へ入ってくる。 中毒ディーラー 中毒役はスキル効果の中毒ダメージ数値が高いキャラを選択しよう。 なお、中毒は重複しないので1体いれば十分だ。 敵の属性関係なく編成に入る。 また、Dスキルの踊る刃も強力で、ドライブ要員としても優秀。 今回のブーストチャイルド。 Sスキル防御減少に加え、WB限定で全スキル防御減少を付与する。 敵の属性を問わず使えるので、WB編成でダメージを稼ぐなら必ず入ってくる。 踊る刃による防御力減少と持続ダメージだけでも強力だが、そこからさらに防御力を減少させる。 火力貢献度の高さから、WB以外でもあらゆるコンテンツで使われている デバフ回避率減少とデバフ持続時間増加が可能な上、強殖によって弱点防御まで減少させる。 強殖は通常の弱点防御減少と重複するので、他の妨害型ともあわせやすい。 敵の弱点防御を大幅に減少させるのが特徴。 ナヴィ、木バートリーと共にブラウニーなどで加速させることで敵をデバフの海に鎮める。 中毒のダメージは控えめだが、デバフ時間延長の効果量が非常に大きい。 ただ、Sスキルで敵のデバフ解除をしてしまうので、使う場合はスキル予約でNスキルのみ使うよう設定しよう。 敵のデバフ命中率を低下させるため、厄介なデスヒールの回避確率が上がる。 デスヒールを受けるかどうかで生存率が変わるので、対策として非常に有効。 デバフ回避率減少がNスキルで使える。 ダメージを稼ぐにはデバフの入り方が重要なので、回転の早いNスキルでデバフ回避率減少が使えるのは強力。 Nスキルでは敵の攻撃力を、Sスキルでは敵のデバフ回避率を低下させる。 使う時はスキル予約でどちらか固定にし、目的に応じて切り替えよう。 攻撃力が高い味方を加速するので、メインディーラーのスキル回転率が上がる。 火力への影響が大きい。 コウガに並ぶ加速バッファー。 NスキルとSスキルの使い分けで幅広く味方を加速することが可能。 コウガと併せて使うのも強い。 味方を加速しつつ敵の減速まで可能。 また、Dスキルでは味方全体を加速させるので、ドライブ要員としても非常に優秀。 木属性の味方を加速する。 木属性にはやといった優秀な補助・妨害型が多く、それらを加速することでバフ・デバフの回転率を上げるのが強力。 さらにデバフ効果時間減少もあるので、気絶時間の短縮まで可能。 ブラウニーと同じく木属性を加速できるので、強力な木属性キャラと併せて使うことで真価を発揮する。 ブラウニーと比べると、加速スキルの数値が高い。 加速役としても使えるが、その真価はNスキルの2体デバフ解除。 確率での解除ではあるが、回転率の高いNスキルでデスヒールをガンガン解除していけるのは強力。 凸が高ければ、無凸コウガにも匹敵する加速力になる。 マヤウェルの加速バフと重複するので、併せて使うのもいい。 火力系バッファー 同じアイコンのバフは重複しないので、バフの種類が被らないように注意しよう。 攻撃に耐えられず壊滅する場合は、火力バフを減らしてバリア役を増やすなど、生き残ることを重視したほうが総ダメージは上がる可能性もある。 火力を突き詰めるなら編成しない理由はない。 Sスキルでの広範囲への火力バフとCT減少が強力。 Nスキルでは敵の重ね掛けスキルの削除もできる。 さらにDスキルでは前列にはバリア、後列にはNスキル強化ができ、ドライブ要員としても非常に優秀。 さらにNスキルではデスヒール解除が可能なので、マーカラ戦では攻守ともに貢献できる。 味方のクリ率とクリティカルダメージを上昇させることが可能。 ルパンに席を奪われつつあるが、ルパンを持っていなければクリティカルバッファーとして候補に入る。 ルパンやパンテオンがいない時の代用になる。 攻撃力が高い2体に攻撃力アップバフを付与する。 また、確率ではあるがNスキルでデバフ解除が可能なので、デスヒール対策としても有効。 光以外の火力も上がるため、火力特化にするのであればリーダーに設定するのがおすすめ。 闇属性の敵の耐久を下げられるリーダー。 妨害役としても優秀なので、他にリーダー候補がいなければ十分あり。 敵のデバフ回避率を低下させる。 WBでダメージを稼ぐには防御力低下などのデバフの入りが非常に重要なので、編成によっては火力アップリーダーよりダメージを出すことも。 イピスと同じく敵のデバフ回避率を低下させる。 対象は闇属性限定だが、低下量がイピスよりも少し高い。 耐久力に不安がある場合は、未育成で後列に入れておくだけでも効果的だ。 敵の属性を問わない点も汎用性が高く優秀。

次の