グランメゾン東京 キャスト。 グランメゾン東京キャスト相関図を画像付きで!豪華出演者に期待の声!|ENTAMENOTE

グランメゾン東京ドラマキャスト相関図あらすじ!キムタクがシェフ役で高視聴率狙う

グランメゾン東京 キャスト

「グランメゾン東京」の相関図は? パリに2つ星を獲得した店を持つ天才シェフ・尾花。 しかし、どうしても3つ星に届かないプレッシャーと苦悩を抱える一方で、周りからは、その腕を高く買われ過ぎるというアンバランスな状態が続いていました。 そんな中、店で起こったある事件をきっかけに、尾花は店も仲間もすべて失ってしまい、どん底に落ちることに…。 しかし、ある女性シェフとの出会いをきっかけに、再度シェフとして生きていこうと決意。 そんな矢先、様々な困難にみまわれる尾花ですが、「もう1度3つ星を目指す」という強い信念を持った尾花の背中を見るうちに、彼を取り巻く関係者たちの姿勢にも変化が起こり…。 〈代表作〉 木村さんが出ている作品は、いずれもヒットしており、どれを代表作とするか迷いましたが…視聴率が高かった作品を選びました。 型破りな言動の検事・久利生公平 木村拓哉さん が周りの検事や事務官から、変わり者扱いされつつも、事件に真摯に向き合う姿を通して、既成概念にとらわれていたやり方やあり方を見つめ、数々の事件に挑む姿を描いたヒューマンドラマ。 久利生の相方の事務官・雨宮舞子 松たか子さん の凸凹コンビや、その他の検事や事務官とのチームワークが絶妙で、クスリと笑わせる粋な演出やこだわり、久利生が魅せる仕事への熱い姿勢にホロリと泣かされるなど、様々な世代が見て楽しめるバランスのとれたドラマでした。 その人気の高さから、スペシャル版や映画、シーズン2が作成されるなど、大人気の作品に!型破りな検事の役がぴったりでしたよね! 久利生が着用していたダウンジャケットにプレミア価格がついたとか…。 「ビューティフルライフ」 平均視聴率32. 3%を記録し、最終回は瞬間最高視聴率41. 3%という驚異の記録を打ち立てたドラマです。 これはキムタクドラマ史上トップの記録だそうです! まさに、視聴率男・木村拓哉の代表作といえる作品。 腕はあるのに人気がない美容師・沖島柊二 木村拓哉 と、難病で車椅子生活を送る図書館司書・町田杏子 常盤貴子 の不器用な恋愛を、繊細に描き出した作品です。 柊二に憧れ、カリスマ美容師を目指す若者が増えるなど、まさに社会現象を巻き起こしたといえる作品です。 早見倫子演じるのは鈴木京香 〈役柄〉 星の獲得を目指している女性料理人。 フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた倫子。 結果は無惨にも不合格…落ち込む倫子の前に現れた尾花。 彼が作った料理を食べて、あまりの美味しさと自分の実力のなさを痛感し、涙を流してしまいます。 そんな倫子の姿を見た尾花から、思わぬ提案を受けることになります。 「一緒に店を作らないか?星をとらせてやる!」と。 尾花に再び料理人として生きるきっかけを与えるシェフという役柄になります。 〈代表作〉 「セカンドバージン」 中村るい(鈴木京香さん)は、出版業界では名の知れた辣腕プロデューサー。 とあるワイン会で、るいは17歳年下の金融庁のキャリア・鈴木行(長谷川博己さん)と出会います。 日本の金融市場を改革したいと熱く語る行に興味をもったるいは、彼の著書の出版に向け動き出します。 一方、資産家の娘である妻・万理江(深田恭子さん)との退屈な生活に疑問を抱いていた行は、るいのことが頭から離れず…仕事一筋に生きてきた40代のキャリアウーマンと、妻がいる17歳年下の男性との危険で切ない大人のラブストーリーです。 鈴木京香の大人の色気が爆発!? 清純派の役が多かった鈴木さんが新たに見せた魅力が垣間見られる作品です。 「未解決の女 警視庁文書捜査官」 埋もれた謎を、「文字」で暴く! という新しい切り口の刑事ドラマ。 波瑠演じる肉体派刑事・矢代朋と、鈴木扮する頭脳派刑事・鳴海理沙が、「文字」を糸口に鮮やかに未解決事件を捜査していくドラマです。 鈴木さんは「文字」にしか興味も信頼もない変わり者の刑事を演じています。 クセがある主人公にもかかわらず、偏屈すぎず、どこかかわいらしさを持つ、魅力的な人物に演じているところが、さすが、鈴木京香だなぁと納得の作品です。 平子祥平演じるのは玉森裕太 Kis-My-Ft2 〈役柄〉 尾花に憧れてフランスに渡ったものの、スタッフを蔑ろにする尾花を目の当たりにし、驚きます。 しかし、腕は確かなため、尾花の弟子として一緒に働いていました。 現在は、日本で一流ホテルのブッフェレストランのシェフを最年少で務めるなど、才能を認められていますが、同じ料理を作る日々に物足りなさも感じ始めています。 〈代表作〉 「パラレルワールド・ラブストーリー」 玉森さんの磨きがかかった演技が見れる作品です。 ジャニーズということもあり、俳優デビュー当初は、キラキラ系の役が多かったですが、シリアスな役が来たり、藤原竜也さん主演のドラマ「リバース」に出演し、実力派俳優たちと共演するうちに、演技の幅が広がったように思います。 映画化不可能ともいわれた東野さんの同名小説を実写化。 崇史 玉森さん は、恋人の麻由子(吉岡さん)と幸せな同棲生活を送っていたはずが、目を覚ますと麻由子が親友の智彦(染谷さん)の恋人になっているという「もう一つの世界」に迷い込んでしまう主人公を演じています。 嫉妬や混乱など複雑な感情が渦巻く難しい役どころを、繊細にシリアスに演じあげた作品です。 森監督も「いつの間にか僕が彼に引き込まれていて……っていうくらい、この作品に彼が注いでくれたものには高く評価しています」と、玉森さんの演技を絶賛しています。 スポンサーリンク 芹田公一演じるのは、寛一郎 〈役柄〉 「グランメゾン東京」の従業員。 「グランメゾン東京」の従業員募集を見て、直感的に「面白そう」と思い、即応募し、採用となる。 尾花は、公一のフットワークの軽さ、料理に対する熱い想いを評価しているようです。 〈代表作〉 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 2017年に俳優デビューしたばかりですが、その演技力が認められ、この作品で第27回日本映画批評家大賞の新人男優賞を受賞しています。 寛さんは主人公の敦也と同じ児童養護施設「丸光園」の園児で、少し気の弱い幸平役を演じています。 お父様の佐藤浩市さんの血を受け継ぎ、実力派俳優になることは間違いない!?今後の活躍に期待がかかる俳優さんです。 蛯名美優を演じるのは朝倉あき 〈役柄〉 玉森さん演じる祥平が働くホテルのコンシェルジュを勤めていて、 にあります。 〈代表作〉 「下町ロケット」 池井戸潤作の人気小説の実写ドラマ。 佃製作所が様々な困難を乗り越え、夢を実現していく様を描く熱いヒューマンドラマです。 朝倉さんは佃製作所の数少ない女性エンジニア・加納アキを演じています。 アキの明るく、技術部のムードメーカー的な雰囲気をしっかり演じ、作品の感情が動くところでは、アップで写るなど、作品の感情移入シーンに欠かせない登場人物になっていたように思います。 朝倉さんのお名前を有名にした作品ではないかと思います。 松井萌絵演じるのは吉谷彩子 〈役柄〉 祥平が働くブッフェレストランのパティシエ。 若いながらもその才能を認めれ、デザート部門を任されています。 自分は世界一センスの良いパティシエだと信じている自信家。 実際にそのセンスは高く、尾花に才能を見出されることになります。 〈代表作〉 「陸王」 池井戸潤の小説を原作としたドラマ。 創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一(役所広司さん)が、需要が減る足袋事業の窮地を案じ、これまで培った技術力を生かして「裸足感覚」を追求したマラソン足袋「陸王」の開発に乗り出す…という企業再生ストーリーです。 吉谷さんは主人公が営む老舗足袋業者「こはぜ屋」の最年少従業員・仲下美咲役で登場しています。 美咲の不器用だけど、真面目で諦めない姿に共感した視聴者も多かったのでは?と思います。 「ビズリーチ」のCM同様、吉谷さんのお名前を有名にした作品だと思います。 丹後学演じるのは尾上菊之助 〈役柄〉 尾花の宿敵となるシェフ。 パリでの修業時代、尾花と同期でしたが、後から店を出した尾花に先を越されて、星を獲得された苦い経験があります。 現在は東京で三つ星獲得が確実とささやかれている、一つ星高級フレンチレストラン 「gaku」 のシェフをしています。 ことあるごとに尾花の前に立ちはだかり、「グランメゾン東京」 が三つ星を目指していくうえで、重要なキーパーソンです。 〈代表作〉 「下町ロケット」 菊之助さんは、伊丹役で出演。 帝国重工の機械事業部で働いていましたが、伊丹の革新的な意見はことごとく無視され、ついにはお荷物部署への移動を命じられ、研究職の島津と共に帝国重工を飛び出します。 その後、ギアゴーストを設立し、創業5年で年商100億円規模に急成長させた敏腕社長役を演じています。 ストーリー序盤ではいい人路線たったのに、後半でまさかの裏切り者に! その変貌ぶりに、視聴者の注目度を一気に集めました。 ダーク伊丹になっていく狂気の表情、怒りの表現の仕方はまさに圧巻! さすがだなぁと納得のキャスティングでした。 歌舞伎だけではなく、様々な形で活躍される菊之助さんの演技が今後も楽しみですね! スポンサーリンク 久住栞奈演じるのは中村アン 〈役柄〉 有名フードライター。 尾花が3年前に起こした事件の真相を探る事情通のフードライターを演じます。 〈代表作〉 「ラブリラン」 マンガ雑誌「Kiss」で連載された天沢アキさんの作品のドラマ化。 2人の男性の間で揺れ動く繊細で複雑な女心が表現されていて、キュンキュンした視聴者も多かったはず。 中村さんの可愛らしくて、自然な演技が素敵でした。 中村さんの魅力がつまった作品です! 江藤不三男演じるのは手塚とおる 〈役柄〉 フレンチレストラン「gaku」のオーナー。 菊之助さん演じる丹後と共にミシュランの「三つ星」獲得に執念を燃やす役どころ。 〈代表作〉 「半沢直樹」 池井戸潤の小説「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」を原作としたドラマで、バブル経済末期に大手都市銀行の東京中央銀行に入行した銀行員・半沢直樹 堺雅人さん が、組織や体制に挑んでいく姿を描いた作品です。 「やられたらやり返す。 倍返しだ! 手塚さんは古里則夫を演じています。 古里は、京橋支店融資課課長代理で、半沢直樹の同期を精神的に追い込むという、ネチネチしたいやらしい役でした。 一度見たら忘れられない程の強烈なインパクトを残した手塚さん。 その演技力がスゴすぎて、手塚さん自身も、すごく嫌な奴なのでは?と憶測を呼んだほど。 半沢の出演以来、出演作が大幅に延びたため、まさに出世作といえると思います。 相沢瓶人演じるのは及川光博 〈役柄〉 パリ時代に尾花と共に働いていた同僚。 尾花も一目置くほど、料理人としての発想力と創造力がある料理人。 誰とでも仲良くなれる、コミュニケーション能力が高い男です。 現在は、レシピサイトに動画を投稿するなど、人気のフリー料理人として幅広く活躍するシングルファザー。 〈代表作〉 「相棒」 優秀なキャリアがありながら、その変人ぶりで警視庁内の窓際部署「特命係」に所属している係長の杉下右京(水谷豊さん)が、自身の下についた相棒と共に驚異的な推理力・洞察力を駆使して事件を解決していく人気刑事ドラマ。 及川さんは、水谷豊演じる杉下右京の二代目相棒・神戸尊として、シーズン7最終話からシーズン10まで出演しました。 2代目としてのプレッシャーもあったと思いますが、2枚目キャラやどこか感じる可愛らしさがウケ、大ヒット! 相棒交代も惜しまれる声が多数上がり、話題となったほどです。 京野陸太郎演じるのは沢村一樹 〈役柄〉 かつて尾花と二人三脚でパリの店を二つ星レストランにした支配人。 しかし尾花の失脚と閉店によって、店の借金を背負い、帰国することに。 現在は、丹後がシェフを務める高級フレンチレストラン 「gaku」 でギャルソンとして働いています。 突如あらわれた尾花に、一緒に働いてほしいと誘われます。 〈代表作〉 「DOCTORS~最強の名医~」 普段は患者に笑顔で優しく接するスゴ腕の外科・相良浩介(沢村)。 一方で、自分が信じる医療のためなら目的・手段を選ばない非情な一面も持っている曲者。 「腕は確かだが人間性にやや問題アリ」な外科医・森山卓(高嶋政伸)と対立しながらも、患者の命を救うために、尽力する医師の姿を描く本格医療ドラマです。 さすが演技派俳優と感心してしまう作品です。 屈託のない笑顔と何かを企んでいるときの真顔のギャップが半端ないですし、この笑顔はホンモノ?ニセモノ?というドキドキ感もあり、面白い作品です。

次の

「グランメゾン東京」キャストと主題歌!犯人黒幕は?

グランメゾン東京 キャスト

「グランメゾン東京」の相関図は? パリに2つ星を獲得した店を持つ天才シェフ・尾花。 しかし、どうしても3つ星に届かないプレッシャーと苦悩を抱える一方で、周りからは、その腕を高く買われ過ぎるというアンバランスな状態が続いていました。 そんな中、店で起こったある事件をきっかけに、尾花は店も仲間もすべて失ってしまい、どん底に落ちることに…。 しかし、ある女性シェフとの出会いをきっかけに、再度シェフとして生きていこうと決意。 そんな矢先、様々な困難にみまわれる尾花ですが、「もう1度3つ星を目指す」という強い信念を持った尾花の背中を見るうちに、彼を取り巻く関係者たちの姿勢にも変化が起こり…。 〈代表作〉 木村さんが出ている作品は、いずれもヒットしており、どれを代表作とするか迷いましたが…視聴率が高かった作品を選びました。 型破りな言動の検事・久利生公平 木村拓哉さん が周りの検事や事務官から、変わり者扱いされつつも、事件に真摯に向き合う姿を通して、既成概念にとらわれていたやり方やあり方を見つめ、数々の事件に挑む姿を描いたヒューマンドラマ。 久利生の相方の事務官・雨宮舞子 松たか子さん の凸凹コンビや、その他の検事や事務官とのチームワークが絶妙で、クスリと笑わせる粋な演出やこだわり、久利生が魅せる仕事への熱い姿勢にホロリと泣かされるなど、様々な世代が見て楽しめるバランスのとれたドラマでした。 その人気の高さから、スペシャル版や映画、シーズン2が作成されるなど、大人気の作品に!型破りな検事の役がぴったりでしたよね! 久利生が着用していたダウンジャケットにプレミア価格がついたとか…。 「ビューティフルライフ」 平均視聴率32. 3%を記録し、最終回は瞬間最高視聴率41. 3%という驚異の記録を打ち立てたドラマです。 これはキムタクドラマ史上トップの記録だそうです! まさに、視聴率男・木村拓哉の代表作といえる作品。 腕はあるのに人気がない美容師・沖島柊二 木村拓哉 と、難病で車椅子生活を送る図書館司書・町田杏子 常盤貴子 の不器用な恋愛を、繊細に描き出した作品です。 柊二に憧れ、カリスマ美容師を目指す若者が増えるなど、まさに社会現象を巻き起こしたといえる作品です。 早見倫子演じるのは鈴木京香 〈役柄〉 星の獲得を目指している女性料理人。 フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた倫子。 結果は無惨にも不合格…落ち込む倫子の前に現れた尾花。 彼が作った料理を食べて、あまりの美味しさと自分の実力のなさを痛感し、涙を流してしまいます。 そんな倫子の姿を見た尾花から、思わぬ提案を受けることになります。 「一緒に店を作らないか?星をとらせてやる!」と。 尾花に再び料理人として生きるきっかけを与えるシェフという役柄になります。 〈代表作〉 「セカンドバージン」 中村るい(鈴木京香さん)は、出版業界では名の知れた辣腕プロデューサー。 とあるワイン会で、るいは17歳年下の金融庁のキャリア・鈴木行(長谷川博己さん)と出会います。 日本の金融市場を改革したいと熱く語る行に興味をもったるいは、彼の著書の出版に向け動き出します。 一方、資産家の娘である妻・万理江(深田恭子さん)との退屈な生活に疑問を抱いていた行は、るいのことが頭から離れず…仕事一筋に生きてきた40代のキャリアウーマンと、妻がいる17歳年下の男性との危険で切ない大人のラブストーリーです。 鈴木京香の大人の色気が爆発!? 清純派の役が多かった鈴木さんが新たに見せた魅力が垣間見られる作品です。 「未解決の女 警視庁文書捜査官」 埋もれた謎を、「文字」で暴く! という新しい切り口の刑事ドラマ。 波瑠演じる肉体派刑事・矢代朋と、鈴木扮する頭脳派刑事・鳴海理沙が、「文字」を糸口に鮮やかに未解決事件を捜査していくドラマです。 鈴木さんは「文字」にしか興味も信頼もない変わり者の刑事を演じています。 クセがある主人公にもかかわらず、偏屈すぎず、どこかかわいらしさを持つ、魅力的な人物に演じているところが、さすが、鈴木京香だなぁと納得の作品です。 平子祥平演じるのは玉森裕太 Kis-My-Ft2 〈役柄〉 尾花に憧れてフランスに渡ったものの、スタッフを蔑ろにする尾花を目の当たりにし、驚きます。 しかし、腕は確かなため、尾花の弟子として一緒に働いていました。 現在は、日本で一流ホテルのブッフェレストランのシェフを最年少で務めるなど、才能を認められていますが、同じ料理を作る日々に物足りなさも感じ始めています。 〈代表作〉 「パラレルワールド・ラブストーリー」 玉森さんの磨きがかかった演技が見れる作品です。 ジャニーズということもあり、俳優デビュー当初は、キラキラ系の役が多かったですが、シリアスな役が来たり、藤原竜也さん主演のドラマ「リバース」に出演し、実力派俳優たちと共演するうちに、演技の幅が広がったように思います。 映画化不可能ともいわれた東野さんの同名小説を実写化。 崇史 玉森さん は、恋人の麻由子(吉岡さん)と幸せな同棲生活を送っていたはずが、目を覚ますと麻由子が親友の智彦(染谷さん)の恋人になっているという「もう一つの世界」に迷い込んでしまう主人公を演じています。 嫉妬や混乱など複雑な感情が渦巻く難しい役どころを、繊細にシリアスに演じあげた作品です。 森監督も「いつの間にか僕が彼に引き込まれていて……っていうくらい、この作品に彼が注いでくれたものには高く評価しています」と、玉森さんの演技を絶賛しています。 スポンサーリンク 芹田公一演じるのは、寛一郎 〈役柄〉 「グランメゾン東京」の従業員。 「グランメゾン東京」の従業員募集を見て、直感的に「面白そう」と思い、即応募し、採用となる。 尾花は、公一のフットワークの軽さ、料理に対する熱い想いを評価しているようです。 〈代表作〉 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 2017年に俳優デビューしたばかりですが、その演技力が認められ、この作品で第27回日本映画批評家大賞の新人男優賞を受賞しています。 寛さんは主人公の敦也と同じ児童養護施設「丸光園」の園児で、少し気の弱い幸平役を演じています。 お父様の佐藤浩市さんの血を受け継ぎ、実力派俳優になることは間違いない!?今後の活躍に期待がかかる俳優さんです。 蛯名美優を演じるのは朝倉あき 〈役柄〉 玉森さん演じる祥平が働くホテルのコンシェルジュを勤めていて、 にあります。 〈代表作〉 「下町ロケット」 池井戸潤作の人気小説の実写ドラマ。 佃製作所が様々な困難を乗り越え、夢を実現していく様を描く熱いヒューマンドラマです。 朝倉さんは佃製作所の数少ない女性エンジニア・加納アキを演じています。 アキの明るく、技術部のムードメーカー的な雰囲気をしっかり演じ、作品の感情が動くところでは、アップで写るなど、作品の感情移入シーンに欠かせない登場人物になっていたように思います。 朝倉さんのお名前を有名にした作品ではないかと思います。 松井萌絵演じるのは吉谷彩子 〈役柄〉 祥平が働くブッフェレストランのパティシエ。 若いながらもその才能を認めれ、デザート部門を任されています。 自分は世界一センスの良いパティシエだと信じている自信家。 実際にそのセンスは高く、尾花に才能を見出されることになります。 〈代表作〉 「陸王」 池井戸潤の小説を原作としたドラマ。 創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一(役所広司さん)が、需要が減る足袋事業の窮地を案じ、これまで培った技術力を生かして「裸足感覚」を追求したマラソン足袋「陸王」の開発に乗り出す…という企業再生ストーリーです。 吉谷さんは主人公が営む老舗足袋業者「こはぜ屋」の最年少従業員・仲下美咲役で登場しています。 美咲の不器用だけど、真面目で諦めない姿に共感した視聴者も多かったのでは?と思います。 「ビズリーチ」のCM同様、吉谷さんのお名前を有名にした作品だと思います。 丹後学演じるのは尾上菊之助 〈役柄〉 尾花の宿敵となるシェフ。 パリでの修業時代、尾花と同期でしたが、後から店を出した尾花に先を越されて、星を獲得された苦い経験があります。 現在は東京で三つ星獲得が確実とささやかれている、一つ星高級フレンチレストラン 「gaku」 のシェフをしています。 ことあるごとに尾花の前に立ちはだかり、「グランメゾン東京」 が三つ星を目指していくうえで、重要なキーパーソンです。 〈代表作〉 「下町ロケット」 菊之助さんは、伊丹役で出演。 帝国重工の機械事業部で働いていましたが、伊丹の革新的な意見はことごとく無視され、ついにはお荷物部署への移動を命じられ、研究職の島津と共に帝国重工を飛び出します。 その後、ギアゴーストを設立し、創業5年で年商100億円規模に急成長させた敏腕社長役を演じています。 ストーリー序盤ではいい人路線たったのに、後半でまさかの裏切り者に! その変貌ぶりに、視聴者の注目度を一気に集めました。 ダーク伊丹になっていく狂気の表情、怒りの表現の仕方はまさに圧巻! さすがだなぁと納得のキャスティングでした。 歌舞伎だけではなく、様々な形で活躍される菊之助さんの演技が今後も楽しみですね! スポンサーリンク 久住栞奈演じるのは中村アン 〈役柄〉 有名フードライター。 尾花が3年前に起こした事件の真相を探る事情通のフードライターを演じます。 〈代表作〉 「ラブリラン」 マンガ雑誌「Kiss」で連載された天沢アキさんの作品のドラマ化。 2人の男性の間で揺れ動く繊細で複雑な女心が表現されていて、キュンキュンした視聴者も多かったはず。 中村さんの可愛らしくて、自然な演技が素敵でした。 中村さんの魅力がつまった作品です! 江藤不三男演じるのは手塚とおる 〈役柄〉 フレンチレストラン「gaku」のオーナー。 菊之助さん演じる丹後と共にミシュランの「三つ星」獲得に執念を燃やす役どころ。 〈代表作〉 「半沢直樹」 池井戸潤の小説「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」を原作としたドラマで、バブル経済末期に大手都市銀行の東京中央銀行に入行した銀行員・半沢直樹 堺雅人さん が、組織や体制に挑んでいく姿を描いた作品です。 「やられたらやり返す。 倍返しだ! 手塚さんは古里則夫を演じています。 古里は、京橋支店融資課課長代理で、半沢直樹の同期を精神的に追い込むという、ネチネチしたいやらしい役でした。 一度見たら忘れられない程の強烈なインパクトを残した手塚さん。 その演技力がスゴすぎて、手塚さん自身も、すごく嫌な奴なのでは?と憶測を呼んだほど。 半沢の出演以来、出演作が大幅に延びたため、まさに出世作といえると思います。 相沢瓶人演じるのは及川光博 〈役柄〉 パリ時代に尾花と共に働いていた同僚。 尾花も一目置くほど、料理人としての発想力と創造力がある料理人。 誰とでも仲良くなれる、コミュニケーション能力が高い男です。 現在は、レシピサイトに動画を投稿するなど、人気のフリー料理人として幅広く活躍するシングルファザー。 〈代表作〉 「相棒」 優秀なキャリアがありながら、その変人ぶりで警視庁内の窓際部署「特命係」に所属している係長の杉下右京(水谷豊さん)が、自身の下についた相棒と共に驚異的な推理力・洞察力を駆使して事件を解決していく人気刑事ドラマ。 及川さんは、水谷豊演じる杉下右京の二代目相棒・神戸尊として、シーズン7最終話からシーズン10まで出演しました。 2代目としてのプレッシャーもあったと思いますが、2枚目キャラやどこか感じる可愛らしさがウケ、大ヒット! 相棒交代も惜しまれる声が多数上がり、話題となったほどです。 京野陸太郎演じるのは沢村一樹 〈役柄〉 かつて尾花と二人三脚でパリの店を二つ星レストランにした支配人。 しかし尾花の失脚と閉店によって、店の借金を背負い、帰国することに。 現在は、丹後がシェフを務める高級フレンチレストラン 「gaku」 でギャルソンとして働いています。 突如あらわれた尾花に、一緒に働いてほしいと誘われます。 〈代表作〉 「DOCTORS~最強の名医~」 普段は患者に笑顔で優しく接するスゴ腕の外科・相良浩介(沢村)。 一方で、自分が信じる医療のためなら目的・手段を選ばない非情な一面も持っている曲者。 「腕は確かだが人間性にやや問題アリ」な外科医・森山卓(高嶋政伸)と対立しながらも、患者の命を救うために、尽力する医師の姿を描く本格医療ドラマです。 さすが演技派俳優と感心してしまう作品です。 屈託のない笑顔と何かを企んでいるときの真顔のギャップが半端ないですし、この笑顔はホンモノ?ニセモノ?というドキドキ感もあり、面白い作品です。

次の

グランメゾン東京キャスト相関図を画像付きで!豪華出演者に期待の声!|ENTAMENOTE

グランメゾン東京 キャスト

みなさんは、日曜の夜21時なにをしていますか?? 私は、木村拓哉主演「」を見ています。 昔から木村拓哉の大ファンで目指していました。 彼が身につけているもの、彼が愛用しているものなどは必ずチェックしていました。 笑 今回も『木村拓哉主演』という理由だけでリアルタイムで見て、録画もするようにしています。 ワインのことはなにも考えず、見ていたドラマですが12月15日放送の第9話を見て、すぐさまこの記事を書こうと思いました。 今回は、『グランメゾン東京 第9話』にて登場した国産ワインに関して紹介したいと思います。 まだ見ていない人にとっては、「ネタバレ」になる恐れがあります。 最後に、木村拓哉、稲垣吾郎、SMAPの絆を感じる理由が書いてあります。 Contents• 「グランメゾン東京」はどんなドラマ!? では、気になる『グランメゾン東京』とは一体どんなドラマなのでしょうか。 2019年10月20日にスタートした日曜劇場『グランメゾン東京』。 主演は、『キムタク』で有名な木村拓哉。 今まで『検事』『パイロット』『美容師』『ピアニスト』『アイスマン』『レーサー』『医師』『ホテルマン』『総理大臣』といった様々な役を演じてきた木村拓哉が、今回は『型破りなフランス料理シェフ』に挑戦しています。 フランスで有名シェフとして有名だったはずが…「慢心」からすべてを失ったカリスマシェフに… そんな彼が、世界最高の三つ星レストランを目指し、再び立ち上がります。 挫折した男がもう一度夢に向かう『大人の青春』を描いた、ヒューマンストーリードラマ、 それが『グランメゾン東京』です。 「グランメゾン東京」のキャスト 木村拓哉含め、ドラマを彩るキャストを紹介します。 尾花夏樹を演じる『』 レストラン「グランメゾン東京」のスーシェフ。 自分の腕と舌とセンスに絶対的な自信を持っており、料理のためならどんな犠牲もいとわない型破りな男です。 性格には難がありますが、圧倒的な実力を兼ね備えている最高のシェフです。 たしかに、プロフェッショナルな人って現実でもそんな感じしますよね。 笑 料理で人を説得させる力があります。 パリでのシェフ時代は、「エスコフィユ」というレストランで大活躍。 大人気シェフとして日本人初の三つ星を期待されていたほどです。 しかし、「エスコフィユ」でのある事件で彼の人生は転落…あるとき偶然、早見倫子を演じる『鈴木京香』と出会うことで、ある決意をします。 彼女との出会いが、彼に料理人としての原点、欲求を回帰させると同時に、彼女の夢である『三つ星』に向けて再始動をします。 早見倫子を演じる『』 レストラン「グランメゾン東京」のシェフ。 食べるとその料理の素材と調理工程がわかる絶対の味覚の持ち主です。 まさに、漫画「食戟のソーマの薙切えりな」の神の舌ですね。 性格は非常に負けず嫌い。 しかし、その性格も料理が大好きだからこその性格。 そんな彼女の腕とセンスは一流でしたが、、才能がなくミシュランの星をもらうことができませんでした。 闘病中だった母親に尾花の記事を紹介され、「エスコフィユ」でその料理を味わった結果、再び三つ星を獲ることを決意します。 そして、フランスで三つ星レストランの面接を受けていたときに、憧れの尾花と出会います。 この出会いがきっかけとなり、彼と一緒に「グランメゾン東京」を立ち上げ、三つ星を目指します。 京野陸太郎を演じる『』 レストラン「グランメゾン東京」のギャルソン。 かつては料理人だった京野。 しかし、尾花と出会い彼の才能を誰よりも理解し、経営側に回ることを決意。 尾花と共に「エスコフィユ」で世界一を目指すことを夢見ていました。 しかし、「エスコフィユ」の事件により、「エスコフィユ」は解散。 その借金を京野1人で背負うことに。 かつてライバル関係にあった、丹後学を演じる『尾上菊之助』に誘われ、借金の肩代わりに東京のレストラン「gaku」のギャルソンになります。 「gaku」で三つ星を目指し、再スタートを切っていた途中、目の前に尾花が登場。 そして、「世界一のグランメゾンを一緒に作らないか」と誘われたが、「エスコフィユ」のことをぬぐいきれない彼は固辞。 しかし、倫子から借金を清算してもらうこと、「gaku」の「営業方針」に納得いっていなかった京野は、再び尾花と組むことを決意します。 コミュニケーション能力が高く、誰とでも気軽に仲良くなれる性格の持ち主です。 パリのビストロでアルバイトを始め料理の道へ。 世界中の料理を食べ、常識に捉われない発想で、ユニークな料理を作り出し、パリで評判に。 そんな中「ランブロワジー」で修行していた尾花と出会い、お互いの才能を認めあい、尾花から「エスコフィユ」立ち上げの誘いに乗ります。 しかし「エスコフィユ」事件が起こり、妻が娘・アメリーを残して失踪します。 そのため、父子家庭でレストランシェフは難しいと、母のいる日本に戻ります。 娘の面倒を見るため、家にいながらできるレシピサイトへの動画投稿で話題になります。 そんな中、再び尾花が現れ、「グランメゾン東京」に誘われます。 最初は、娘のことが気がかりで一歩を踏み出せないでいましたが、仲間に加わることを決意します。 フリーのフードライターとして、グルメ雑誌やウェブサイトで記事を執筆しています。 小さい頃から食べることが大好きで、父の仕事で海外に行き、豊富な食の知識を積んでいます。 昔訪れたフランス料理店で食べた料理に感動し、食べ物に関わる仕事を志します。 大学卒業後、グルメ雑誌の編集部で3年ほど働いた後、フレンチの分野を極めたいとフリーランスになり渡仏。 パリのフランス料理店でも造詣を深めました。 そこで、パリのグルメ雑誌の編集をしていたリンダと出会います。 彼女から、尾花の事件を調べて欲しいとリンダに頼まれ、倫子に接触。 そして、ホールスタッフとして「グランメゾン東京」入り。 「グランメゾン東京」のあらすじ 「グランメゾン東京」の舞台は、パリから始まり『東京』へ場所を移します。 「パリ」では、尾花がその才能を大きく開花させ『二つ星』を獲得。 勢いそのままに『三ツ星』を獲得するかのように思えたが、どうしても三ツ星に手が届かず大きな壁を乗り越えられずにいました。 そんなある日、尾花の店で重大事件が起こります。 その結果、店も仲間も信頼までも失ってしまいます。 落ちるところまで落ちた尾花を救い出したのが、倫子です。 彼女との出会いが、再び彼を『三つ星』へと大きく突き動かしたのです。 彼女と三つ星を目指す場所として選んだのは、『東京』。 そのために最高のスタッフを集めようとするが、かつての仲間に拒絶、新しい才能の持ち主を見つけてもうまくいかなかったりと、空回りをし続けます。 衝突しながらも、再起することを諦めない彼の姿に周囲の人も感化され、次第に仲間が増え尾花の理想のメンバーが揃っていきます。 果たして、彼は三つ星を得ることができるのでしょうか。 ストーリーだけではない魅力も満載。 で幾度も披露した、木村拓哉の料理の腕前。 彼のこだわり、立ち振る舞いにも注目が集まることは間違いなし。 さらに、今回木村拓哉とタッグを組んだ『鈴木京香』は2007年放送の、『華麗なる一族』以来12年ぶりの共演。 これも見どころ間違いなし。 第1話 フランスの三つ星レストラン「ランブロワジー」の面接を受けている早見倫子。 彼女は、本気で三つ星を獲得するために、料理人としての人生をかけてフランスに来ていたのです。 前菜の実技テスト中、突然ある男が登場。 その男は、その昔「ランブロワジー」で働いており、彼女のことを無視し、メニューを提案し代わりに作ります。 しかし、借金取りに見つかり逃亡。 そんな彼こそ、主演を務める尾花です。 「エスコフィユ」というレストランで、二つ星を獲得し三ツ星に最も近いと言われていました。 しかし、ある事件をきっかけに失墜してしまいます。 その後、「ランブロワジー」で不合格となった倫子は、再び尾花と出会い… 尾花に料理を作らせます。 彼が作った料理の美味しさに感動すると同時に、自分の実力のなさを痛感。 そのとき、尾花は倫子に店を作らないかと提案。 第2話 オープンに向けて準備を進める「グランメゾン東京」。 しかし、そんな簡単に事は進まなかったのです。 彼らがぶつかっていた大きな壁、それは開店に必要な資金5,000万の調達です。 その一方で、尾花はメニュー開発に没頭。 そして尾花たちは、名声のある相沢に手を借りにいきますが、シングルファザーで娘の面倒をみることを理由にオファーを固辞。 窮地の中、京野が思いついたのは、「gaku」のときに懇意にしていた城西信用金庫の融資担当・汐瀬に相談することでした。 無担保5000万円の融資を5年で完済することを条件に事業計画を説明する倫子。 しかし、汐瀬から原価率の高さを理由に計画書の改善を求められます。 それを聞いた尾花は、汐瀬に最高の一品を作るから食べてくれと直談判。 はたして汐瀬が納得する皿を提供できるのか。 第3話 尾花と倫子は、「グランメゾン東京」のメインディッシュになる肉料理に挑戦中。 しかし、納得できるメニューを作れずに難儀中。 そんなとき、『グランメゾン東京』は世界的な人気雑誌「マリ・クレール ダイニング」のコラボ企画による鹿肉を使ったジビエ料理のコンクールにエントリーすることを決めます。 最初は乗り気ではない尾花だったが、「gaku」の参加を聞き、やる気になります。 しかし、メイン食材となる鹿の上質な部位であるロースを「gaku」のオーナー江藤により市場から買い占めてしまいます。 絶体絶命のピンチに陥る尾花。 そんな窮地を救ったのが、伝説のジビエ猟師・峰岸。 すぐさま彼のもとへ向かい、鹿肉の卸をお願いするが、門前払い。。。 不利な状況の「グランメゾン東京」。 不安なまま、ついにコンクールの日が到来。 「gaku」に勝つことはできるのか。 第4話 いよいよプレオープンを迎えることになった「グランメゾン東京」。 だがそこに急遽、「マリ・クレール ダイニング」の編集長・リンダがくることになります。 彼女には世界的にも名声が高く、彼女の評価一つで店の今後が決まってしまうほどの影響力があります。 やる気を燃やす尾花に対し、緊張と不安が高まる倫子。 そんな中、尾花はデザートを作り直すと切り出します。 コースの最後を締め括るデザートはとても重要で、リンダを納得させるためには必要不可欠と考える尾花。 そこで、尾花がスカウトしたのは祥平ではなく…祥平のホテルで働いていた『萌絵』でした。 スカウトしたものの、萌絵の試作品を尾花と倫子は却下。 そして、萌絵と尾花で栗を使ったデザート対決が始まります。 その話を聞いた祥平は、萌絵のデザート作りを手伝います。 尾花たちはリンダが認めるデザートを完成させることができるのか。 そして、グランメゾン東京は無事オープンを迎えることができるのか。 第5話 リンダが書いた記事で、「グランメゾン東京」が大炎上。 そんな中、ついにオープンを迎えた、「グランメゾン東京」。 しかし、リンダの記事が原因で前日まで埋まっていた予約はすべてキャンセル… そこで尾花は、余った食材でフードフェスに出店することを提案。 店に人が来ないのであれば、自ら外に売り出しにいくことで、お客さんを誘導しようと考えたのです。 そして、そこに強力な助っ人、祥平が加わります。 全員で、力を合わせてフェスに向けた料理開発に挑みます。 はたして、尾花たちは失った信用を取り戻し、顧客を獲得することができるのか。 第6話 祥平が丹後のいる「gaku」に入ったことを知り、戸惑う京野と相沢。 しかし、尾花は強力なライバルの出現を楽しんでいるようでした。 そんな中、今年度のトップレストラン50の表彰式が東京で行われることに決定。 それを聞いた尾花は、日本が誇る食資源の代表格である『魚』の料理を開発し直すことを決めます。 その頃、丹後と祥平も魚料理の新メニューに取り組んでいました。 一方、グランメゾン東京のスタッフに栞奈が加入。 着々とチームができ上がる中、1人暗躍する人がいました。 江藤から金を受け取って内部情報を流していた芹田です。 スパイに戸惑いもありつつも、尾花に認められず、料理を作らせてもらえない怒りから、芹田は店を辞め「gaku」の江藤に尾花の魚料理のレシピまでも渡します。 ようやく完成した「スペシャリテ」の情報が「gaku」に渡ってしまった「グランメゾン東京」はどうするのか。 第7話 ついに幕を開けたトップレストラン50の発表セレモニー。 「グランメゾン東京」「gaku」はこの日のために必死に争っていました。 しかし、そんな中誰よりもこの日のために心血を注いでいた料理人がいました。 それは、「グランメゾン東京」の相沢です。 発表の一週間前、失踪していた妻・エリーゼが突然『グランメゾン東京』に。 そして、娘をパリに連れて帰ると言い出します。 説得をするが、失敗の連続… そこで唯一認めた条件は、『グランメゾン東京がトップレストラン50で10位を超えること』でした。 相沢に負けじと気合が入っていたのは、尾花です。 なぜなら、10位はかつてエスコフィユが獲得した最高ランクだったからです。 一方、丹後と祥平も日本トップを取るために、尽力。 それぞれの料理人が想いを込めて挑んだ戦いに、いよいよ決着の瞬間が。 壇上のリンダによって次々と読み上げられていくランキング。 果たして『グランメゾン東京』の順位は。 そして、相沢の運命はいかに。 第8話 京野が倫子に告白した翌日、尾花が音信不通になってしまいます。 京野の脳裏には、「エスコフィユ」事件のときも、急遽音信不通になった過去がよぎります。 そんな心配をよそに、尾花は自らの料理の師匠を連れ「グランメゾン東京」へ戻ってきます。 尾花は、師匠に店の料理を食べてもらうが、師匠は料理にほとんど手をつけず途中で怒って帰ってしまいます。 帰り際に一言…「1番の問題は京野にある」とだけ言い残し、店を後にします。 尾花たちはその原因を知るために、師匠の店に行き定番のビーフシチューを味わいます。 その美味しさに衝撃を受ける倫子とは対照的に、尾花は師匠の味に様子に異変を感じます。 尾花の師匠が倒れ、尾花が師匠のお店を手伝うことになります。 しかし、お客様からは尾花の料理は食べられないと… ちょうどその頃、京野のもとに尾花から呼び出しがかかります。 一体、「グランメゾン東京」の問題点はなんだったのでしょうか。 その問題を発見し改善することはできたのでしょうか。 第9話 ミシュランの審査開始時期まであと1ヶ月。 栞奈が「グランメゾン東京」を辞め、再びフードライターに戻る意志を伝えます。 そんな中、倫子は、コース料理のリニューアルを決意。 そして、尾花は前菜に合うワインも変えたいと提案。 そこで栞奈に最後の仕事として、「主役となれるワイン」を選ぶよう頼みます。 その頃、「gaku」で働く祥平のもとに、フランス大使館のフェルナン・文則・ベルナールが訪ねます。 「エスコフィユ」事件の真犯人を見つけたと……… そして… 「グランメゾン東京」で開かれたワインの試飲会で、萌絵が突然体調を崩し、病院に運ばれます。 グランメゾン東京のキャストおよびあらすじは より内容を一部引用しております。 「グランメゾン東京」で登場したワイナリーはどこ!? 第9話にて、ワイナリーとして登場したのは、グレイスワインで有名な、山梨県にある 「」です。 放送終わりに表示されるテロップに、『GRACE WINE』と表示がありましたので間違いはないでしょう。 きっと、来年『グレイスワイン』へ訪れる観光客はあとをたたないでしょう。 そうでなくとも、『グレイスワイン』は人気で試飲するにしても並んだりするのに。。。 笑 もちろん、編集部も『グレイスワイン』は訪問したワイナリーの1つです。 編集部から見た、グレイスワインを紹介したいと思います。 ドラマと実際のグレイスワインに違いはあるのでしょうか。 中央葡萄酒『グレイスワイン』とは グレイスワインを一言で表すのであれば、『世界と戦う日本代表』ワイナリーではないでしょうか。 なぜなら、グレイスワインは、国内でのワイナリー基準ではなく敢えてハードルの高い『世界』に基準を置いているからです。 では、世界基準になるために一体どんなことをしているのでしょうか。 グレイスワインは、1923年の創業以来『葡萄栽培』に最も力を注いでいます。 それは、ワインの香りや味わいは『葡萄』が決定づけると確信しているからです。 だからこそ、グレイスワインでは『葡萄栽培』に大きく関わる『畑』『栽培方法』にはこだわり続けています。 1990年以降には欧州系葡萄の垣根式栽培を手がけはじめました。 そして、2002年には三澤農場を開園し、甲州葡萄の垣根式栽培も本格化。 葡萄を収穫だけの観点で捉えるのではなく、『醗酵』『貯酒』と醸造工程全体を踏まえた線で考え、最前を引き出せるように努めているのです。 ワイン名 グレイス グリド甲州 2018• 値段 1,980円 税込• タイプ 白ワイン辛口タイプ• 品種 甲州• 醸造方法 ステンレスタンク醗酵、貯蔵• ワイナリーコメント 四代目社主がアルザスでピノグリの可能性に魅せられ、1999年に生まれたワインです。 白ワイン「甲州」を日用へという思いが原点となり、グリドの名称は甲州の果皮の色を表すGRIS(仏語:ピンクがかった薄灰色)と、DE(…の)から名付けられました。 山梨県産の甲州を使用したワインは、品種の個性が存分に表現され、柑橘の果実の香りにスパイス香が調和し、溌剌とした酸味に仄かな甘みと旨味が感じられます。 ただ、少し気になるのがグラスに注いだときの ワインの色調です。 編集部が飲んだグリド甲州は、そこまで色調が黄色がかっていなかったのです。 ワインカーブでの試飲シーンとグランメゾン東京の店内で色調が異なっています。 そのため、もしかすると『グランメゾン東京』用にアレンジされているのか、別のワインを使用しているのかもしれません。 ちなみに、編集部は『グリド甲州』は何度も飲んだことがあります。 の山田啓二さんも編集長も副編集長も口を揃えて、『美味しい』と言ったワインです。 よくよく見返すと、編集部は2017年ヴィンテージも2018年ヴィンテージも飲んでいますね!! どこかで、公式発表されると嬉しいですね。 ただ、グランメゾン東京で木村拓哉が着用しているのサングラスのように、すぐに完売になることは間違いないでしょう。 この機会に、『グリド甲州』ワインを購入してみてはいかがでしょうか。 いかがでしたでしょうか。 見たくなりませんか?笑 12月22日からグランメゾン東京は最終章に突入します。 最終回は、なんと年末の12月29日です。 ぜひ、見ていない人は『フランス料理』の観点だけでなく『ワイン』を引き立てるという視点でも見てもらえると嬉しいです。 クリスマスが近いですよね。 ワインを引き立てる料理、食べたくなりませんか? そして、なんとしても木村拓哉主演ドラマでも取り上げられる『山梨ワイン』。 2020年のでさらに『山梨ワインブーム』が巻き起こりそうですね。 山梨ワインドットノムのサイト内には、グレイスワイン含め山梨県のワイナリー約80もの情報が詰まっています。 併せてチェックして見てください。 2020年の観光は、山梨ワイナリー巡りで決まり!! そして、SMAPファンとしては一言だけ… 稲垣吾郎も先日、『グレイスワイン』に訪問し、山梨ワインを飲んでいました。 そのため、今回のロケハンセレクトで、勝手にSMAPの見えない絆を感じました。 木村拓哉が、長野でも北海道でもなく『山梨』をセレクトしてくれたのではないか。

次の