焼売 グリンピース 理由。 【悲報】『グリンピース』が活躍できる場所、マジで豆ご飯ぐらいしか存在しないwww: みじかめっ!なんJ

シュウマイにグリンピースの理由?なぜ現在は消えた?その他の説は?

焼売 グリンピース 理由

実はグリンピースがシューマイの上に載っているのは日本発祥である。 そして、シューマイのグリンピースは、もともとイチゴのショートケーキの真似をしたことで、載せられるようになった。 シューマイは14世紀頃の中国で誕生し、江戸時代の初めに、長崎の唐人屋敷を通して日本に伝わったとされる。 そして、明治時代、横浜の中国料理店でシューマイが初めて販売され、その人気とともに日本各地に広まっていった。 その当時のシューマイにはまだグリンピースは載っていなかった。 1954年(昭和29年)に「学校給食法」が施行されたことをきっかけとして、全国の小中学校において学校給食が実施されるようになった。 しかし、ぼそぼそしたコッペパンや脱脂粉乳など当時の給食は美味しいとは言えず、子ども達にもあまり好評ではなかった。 当時の給食メニューを開発する人は、給食をより魅力的で夢のあるものにできないかと考え、試行錯誤していた。 そんな中で、当時子ども達に人気だったイチゴのショートケーキを真似ることを思い付いた。 そして、その時に目を付けたのが、ニュージーランドから輸入されたグリンピースだった。 そのグリンピースは日本にあったものよりも甘く、子どもに人気が出るのではないかと思い、シューマイにグリンピースを載せてみた。 その姿がカッコいいと、給食に出してみたところ、予想は的中し、グリンピースの載ったシューマイは子ども達に大好評だった。 その後、グリンピースはシューマイだけでなく、ご飯に混ぜて「グリンピースご飯」としたり、肉じゃがやシチュー、スープなどに入れられて、給食を彩る重要な食材になっていった。 しかし、その後にシューマイの上からグリンピースが姿を消し始めた。 これは、本格的な中国料理が日本に数多く入ってくるようになり、シューマイも本格的になり、エビシューマイやカニシューマイなど、グリンピースを載せないシューマイが増えたためである。 現在でも、シューマイの上にはグリンピースが載っているイメージがある。 しかし、全く姿を消したわけではないが、実際には冷凍食品も含めてほとんどのシューマイにグリンピースは載っていない。 ちなみに、横浜名物の崎陽軒の駅弁「シウマイ弁当」の場合は、グリンピースは上に載っているのではなく、餡自体にグリンピースが混ぜてある。 そのため、シューマイ1個にグリンピースが2粒入っていたり、1粒も入っていなかったりする。

次の

(再掲)なんでシューマイの上にはグリンピースが乗ってるの?→イチゴのショートケーキのマネをしたから。日本発祥、学校給食から広まった。

焼売 グリンピース 理由

シウマイか、シューマイか ただ神奈川県民や横浜市民にとって、シウマイかシューマイかは大きな問題らしい。 横浜名物の 崎陽軒(きようけん)の駅弁は「 シウマイ弁当」で、シューマイ弁当ではないと憤慨する人も多い。 「美味い」という言葉を含む「シウマイ」のが正解で、シューマイは、そんなにウマくないということらしい。 横浜名物の崎陽軒のシウマイ弁当は、横浜駅を中心に、神奈川県内の多くの駅で売られている。 駅弁ではあるが、駅以外でも売られていて、スーパーで扱っているところも多い。 ただし神奈川県内と東京の大田区周辺以外では、販売されていない。 一時期は、全国のスーパーなどにも卸していたが、売上げは芳しくなかったらしい。 横浜名物シウマイ弁当を、わざわざ名古屋や大阪で800円も出して買わないしね。 要するに、特別感がない高いシウマイ弁当を、他の地域で買うインセンティブが生まれないわけだな。 横浜に来たら、シウマイ弁当!という事だね。 焼売には、なぜグリーンピース? 焼売には昔、必ずと言って良いほど、 グリーンピース(グリンピース)が一個、ちょこんと乗せられていた。 昭和世代の我々には、焼売というと、グリーンピースが乗ってるイメージが強い。 グリーンピースというのは緑色の豆で、簡単に言うとエンドウ豆の加工品だが、硬いし苦味もある。 それをなぜ焼売に乗せていたのかは、イマイチハッキリしないようだ。 こういう風に、目印的に何かが乗っかっている場合は、他のモノと区別するための場合が多い。 たとえば肉まんとあんまんなら、外からは中身が見えないため、皮の上の模様を違えていたりする。 一方、シウマイを広めた元祖の 崎陽軒のシウマイには、グリーンピースは乗っていない。 では、崎陽軒では、シウマイにグリンピースは使っていないのかというと、それも違う。 崎陽軒では、グリンピースは、タマネギやタケノコなどの具材と一緒に練り込まれていて、シウマイの中に潜んでいるのだ。 ということは、もしかすると、グリンピースの具材を練り込むのが面倒なシウマイ業者が、それを誤魔化すために、一個だけグリンピースをシウマイに乗せていたって事かも知れないね。

次の

シュウマイにグリーンピースを乗せる理由とは?必要性を考察してみた

焼売 グリンピース 理由

グリーンピースの正体はえんどう豆の実をさやから出したものだ。 さやえんどうとの違いは、豆が大きくなる前のさやの部分を食べるか、大きくなった豆の部分だけを取り出して食べるかである。 ちなみに、グリーンピースは豆が完全に熟す前に収穫されたものであるが、完熟したあと乾燥させた実はは和菓子でよく使われるえんどう豆だ。 さらに、新芽は豆苗となる。 実際には、さやえんどうもグリーンピースもそれぞれの収穫時が一番美味しくなるように品種改良された種を栽培する場合がほとんどではあるが、植物の分類上は全く同じ植物をそれぞれの成長過程で食べているのがその実態なのだ。 ちなみに、スーパーでよく目にする絹さややスナップエンドウはさやえんどうの品種名だ。 グリーンピースは、さやえんどうとの対比で実えんどうと呼ばれることもある。 実は、グリーンピースが実えんどうとしてすぐ名前が挙がるのは関東の話で、関西になると実えんどうといえば「うすいえんどう」だ。 未熟な豆の青い風味が特徴のグリーンピースに対し、うすいえんどうはほくほくさと甘みが特徴というように、品種によって味も食べる部分も大きく異なるのがえんどうという植物なのだ。 グリーンピースの旬は4月~5月。 たんぱく質と脂質が豊富で、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCも含まれている。 ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きを強めるので、ダイエットにも向いている栄養バランスといえるだろう。 グリーンピースは、さやから出すと時間とともに風味が落ちていく。 生のグリーンピースを選ぶときはなるべくさや入りのものを選ぶとよいだろう。 さや入りの中でも折れたり変色したり、傷が付いていないものを選ぶとなおよい。 さやから出したものしか売ってない場合は、ふっくらとして色が濃く、薄皮が綺麗に残っているものを選ぼう。 グリーンピースのさやは、ヘタを曲げるとポキッと折れる。 その状態でヘタを引っ張ると内側の筋が引っ張られてさやが開き、豆を取り出しやすくなる。 取り出した豆は一旦ボウルにあけ、さっと洗ってそのまま水に浸けておこう。 鍋でお湯を沸かし、塩をひとつまみ加えたらグリーンピースを投入する。 塩を入れるのは茹で上がりの色が鮮やかになるからで、グリーンピース100gに対しおよそ小さじ1杯を目安にするとよいだろう。 茹で時間はおよそ2分~3分だ。 グリーンピースは、茹で上がったあとの粗熱の取り方を間違えると皮にしわができてしまう。 しわのない艶やかな仕上がりにしたいのであれば、ざるなどに上げて水で冷やしてはいけない。 鍋に入れたまま火を止めて粗熱を取るようにするとよいだろう。 少しでも早く粗熱を取りたいときは、グリーンピースを茹でた鍋よりもうひと回り大きい鍋に冷水を張り、その中に鍋ごと入れて冷やすようにするとよい。 冒頭で述べた通り、グリーンピースはさまざまな料理の添え物として活躍する食材だ。 そのため、一度に大量に茹でたところで使い道に困るし、かといって毎回少量のグリーンピースのためにお湯を沸かして茹でるというのも面倒な話だろう。 そんなときは、まとめて茹でてから冷蔵庫や冷凍庫で保存するのがおすすめだ。 2日~3日で使いきるのであれば、茹で汁に漬けたまま冷蔵庫に入れておくだけでよい。 グリーンピースの茹で汁には、グリーンピースの旨味や香りだけでなくビタミンなどの水溶性の栄養素も溶け出している。 グリーンピースを豆ごはんやスープにするときは、この茹で汁も一緒に使うようにすると、より一層グリーンピースの風味を活かした料理になるので覚えておこう。 ちなみに、グリーンピースのさやも煮込むとよい出汁が出る。 豆を取り出したあと、よく洗ってから使えば、食材を余すことなくいただくことができるのでぜひ試してみてほしい。 茹でる手間を省きたいなら、電子レンジを使うのもよい方法だ。 やり方は簡単で、耐熱皿にグリーンピースを入れ、少量の水と塩を加えてラップをかけ、電子レンジで加熱すればよい。 加熱時間や水、塩の量は電子レンジのワット数や一度に加熱するグリーンピースの量によって変わるが、グリーンピース100gに水を大さじ1杯、ほんのひとつまみの塩を加えて2分~3分加熱するくらいを目安にするとよいだろう。 慣れないうちは短めに設定して火が通っていなかったら30秒追加する、といった形でちょうどよい時間を見つけることをおすすめする。

次の