スペイン 風邪 と コロナ。 歴史から読み解く「コロナショック」経済の行方 酷似「スペイン風邪」後の経済と株価を考察

100年前のスペイン風邪での漢方医の活躍と、新型コロナに立ち向かう現代漢方の可能性

スペイン 風邪 と コロナ

スペイン風邪終息後の世界はどうなったのか? スペイン風邪が流行った頃の経済は、 世界的にはバブル経済と言われ好調でした。 スペイン風邪はそんな好景気の頃に発生したパンデミックです。 アメリカの好景気など 今の状況と少し似ています。 そしてスペイン風邪が流行った後はすぐに不景気にはなりませんでした。 世界的な不況に繋がるのは2回目の流行です。 スペイン風邪は1回目と2回目の流行がありました。 1回目(1918年) 株価バブルが到来し景気に影響がなかった 2回目(1919年) 株価の暴落と10年続く 世界的な不況へ突入 スペイン風邪は世界に比べると日本では被害は少なく、直接的には経済に大きな影響を与えなかったのですが、結果的にはこの頃から 日本経済の終わりが始まりました。 3つの袋とは? 1.使うための袋(銀行口座) 2.貯めるための袋(銀行口座) 3.増やすための袋(投資用口座) また投資用の資金は、日本株ではなくアメリカなどの株へ投資する事も大切です。 またアメリカ株以上に 米国債もきっと大きな魅力となります。 ただ米国債は 証券会社も銀行も 自分たちが儲からないので積極的に販売はしていません。 その理由などはこちらの記事も参考にしてください。 在宅でできる新しい収入を確保 コロナウィルスで問題になったのが 休業や テレワークです。 そしてその影響での 収入の減少は大きな問題になりました。 コロナ終息後は自宅でもできる 副収入を確保しておくことが大切になります。 在宅の副収入は難しいことではありません。 こちらの記事も参考にしてください。 テレビや新聞でも話題の、在宅ワークで人気のあるは今のうちに登録だけでもしておくことをおすすめします。 医療保険などの見直し コロナウィルスの感染拡大で実感したのが「 病気などの治療で働けなくなる期間」の収入の問題です。

次の

政府の動きで死者数が8分の1に。スペイン風邪の疫学データからみる新型コロナ対策

スペイン 風邪 と コロナ

世界保健機関(WHO)が「パンデミック(世界的大流行)」と表明した新型コロナウイルス。 社会への影響が広がるにつれ、100年前に世界で流行し、多くの死者を出したへの注目が高まっている。 「当時のことを知りたい」という声が西日本新聞「あなたの特命取材班」に寄せられた。 東京都健康安全研究センターの「日本におけるスペインかぜの精密分析」(2005年)によると、スペイン風邪はA型インフルエンザ(H1N1型)で、第1次大戦末期の1918年以降、全世界で当時の総人口の約3割に当たる約6億人が感染。 2千万~4千万人が死亡した。 九州日報によると、福岡県内では最初の患者が10月10日に筑紫高等女学校で発生。 全国の患者数は約1カ月間で56万9960人に激増し、うち4399人が死亡した。 〈暴風の 如 ごとき悪性感冒 各地を吹き 捲 まくりて勢ひ 猖 しょう 獗 けつ 学校は運動会修学旅行中止〉(10月30日付・福岡日日新聞) 10月30日付・福岡日日新聞 県当局が運動会や修学旅行を当分見合わせるように通知を出し、休校の状況や増え続ける生徒の患者数が連日報じられた。 経済にも深刻な影響が出始めた。 この日の福岡日日新聞には〈全国各地方を襲いつつある流行性感冒は 遂 ついに弊紙工場部をも襲い欠勤者多数にて本日の弊紙は八 頁 ページと 為 なすの 已 やむなきに至れり〉というおわびを掲載している。 11月3日付・福岡日日新聞 〈悪性感冒 尚 なお 衰 すい 色 しょくなく人身 漸 ようやく不安に傾く 谷口知事 更 さらに予防告諭を発す〉(11月8日付・福岡日日新聞) 11月8日付・福岡日日新聞 当時の谷口留五郎・福岡県知事が6日に予防のための注意喚起を発表。 発熱者の急増を受けてか、11月5日付の九州日報には〈流行悪性感冒で解熱剤や氷の高値〉という記事も。 8日付の福岡日日紙面には〈夏の真っ盛りより氷の需要が多い〉とある。 11月5日付の九州日報 この後も連日のように、各地で増え続ける患者や死者数が報告されていたが、11月中旬になると、記事が少しずつ減っていく。 代わりに、11月11日に第1次大戦の停戦協定が発効し、出征していた日本兵の凱旋に沸く記事が増えていった。 12月1日付の福岡日日新聞に〈感冒漸く減退 福岡県下の患者一時は六十万人に達す〉という小さな記事が載った後は、スペイン風邪の記事は徐々に見当たらなくなった。 ウイルスの脅威はこれで収まったかに見えた。 しかし1年後、その恐怖は再び日本中を襲うことなる。 「あなたの特命取材班」とは? 西日本新聞「あなたの特命取材班」は、記者が読者と直接つながり、双方向のやりとりと新聞社の取材力を生かした調査報道で、地域や社会の課題解決を目指します。 あなたの「知りたい」にこたえ、深く正確に報じる「オンデマンド調査報道」(ジャーナリズム・オン・デマンド=JOD)に挑んでいます。 暮らしの疑問から地域の困り事、行政や企業の不正まで、調査依頼や情報をお寄せください。 全国各地のローカル・メディアとも連携し、情報や記事を共有したり、協働調査報道に取り組んだりしています。 ツイッターやフェイスブックの文中に「#あなたの特命取材班 」を入れて発信してください。 で取材班と直接やりとりもできます。

次の

政府の動きで死者数が8分の1に。スペイン風邪の疫学データからみる新型コロナ対策

スペイン 風邪 と コロナ

スペイン風邪とは、100年前の1918年~1919年にかけて、 世界的に大流行した、いわゆるパンデミック(爆発的な流行) と言われたインフルエンザです。 当時の世界人口が20億人で1億人が亡くなったそうで、 現代に置き換えますと、世界人口74億人のうち3億7千人が 亡くなったという計算になります。 さらに当時の日本は、1918年8月から1921年7月の3年間で、 スペイン風邪に23. 804,673人が感染したと記録があり、 日本人の死亡者数は388,727人だそうです。 3年間も! 100年前の日本人口は総務省統計で5500万人 約半数近くの43%の国民がスペイン風邪にかかり、 7%が亡くなってしまった、ということ。 もちろん衛生環境や情報量が100年前とは全く違いますので、 コロナウィルスは当てはまらないとは思います。 ですが現在、コロナウィルスが流行の中、 マスクも品薄状態のようで、外出や電車通勤など、 パンデミックになるかもしれない不安な状況が続いておりますね。 マスク以外の予防、何かされていますか? いつも以上にマメに手洗い、アルコール消毒、 うがいマスクの徹底のほかに、 食材なども意識して、お互い自分で自分を守っていきましょう。 ちなみにですが、 聞かれておりませんが、 予防のために私は日ごろから何をしているのかというと・・ 時間を作って、神社仏閣巡りをしています。 神社仏閣巡りは意識して参拝することで、自分の波動を高波動へと 高めることが可能であり、高波動になると免疫力がアップするのだそうです。 それについては神仏が視えて会話ができる識子さんのこの記事に書かれています。 その他に食事の面で続けられている殺菌抗菌対策。 喉やリンパ節に菌が入ったときなども、 すぐスタミナ回復するので免疫強化にもいいかなと思います。 プルーンみたいな熟成黒ニンニクも食べてましたが、 飽きてしまい、今は、これと、ニンニク料理を意識してます。 好きな銘柄が近所のスーパーには置いていないため、 近隣で一番近くて安いお店へ車で買い出しに行った時、 まとめ買いし、冷蔵庫解凍して食べています。 マヌカハニーは、いろいろ探し比べましたが、 ここのは抗菌力、殺菌力のレベルがズバ抜けているんです。 分析証明書もついてきます。 ラベルチェンジをしていて、 右が前のラベルで左が今のラベルです。 MGO(メチルグリオキサール)の含有量が大切なのですが、 薬効を期待する場合、高い数値のものを選ぶ必要があるのですが、 もう桁が違います! 持病の鼻の詰まり、のどの腫れ、リンパ腺の腫れ詰まり、 胃腸疾患、通院を断ち切ることができた手放せないマヌカハニーです。 安くはないのですが、予防効果は高いと家族で実感しています。 なので、両親にもプレゼントしました。 この先も通院するストレス、苦しみ、時間、費用等を秤にかけて、 私はこちらを選ぶことにしたのです。 ただ、お値段が本当に安いとはいえませんが、 その分、ランク違いでストックを準備し、 体調を見ながら数値を選んで食べるようになりました。 世界でも、蜂さんが減ってきているらしいので、 蜂さんに感謝しながら頂いております。 蜂さん系ではビーポレン、プロポリスも良いようです。 という感じで、 このような抗菌力、殺菌力に優れた食材などを予防で摂り入れ、 今のところはインフルエンザにもかからず、 風邪で病院へ行くこともなく、軽くすむようになり、 快適な状態を維持できています。 新型コロナウィルスに限らず、いろいろな感染予防のために、 恐れ過ぎて不安に負けず、少しでも安心して楽しい毎日を過ごせますように、 何かお役に立てましたら幸いです。

次の