頭皮 保湿 ローション。 【男女別】頭皮の乾燥を防ぐおすすめの頭皮保湿ローション・オイルランキング

男性におすすめな頭皮乾燥ケアできる保湿ローション3選!【専門家監修】

頭皮 保湿 ローション

このページでは、頭皮ケアアドバイザーとして1000人を超える方々の育毛をお手伝いをしてきた経験を持つ筆者が、頭皮の乾燥で下記の流れで詳しくご紹介します。 このページを読んでいただくことで、頭皮ケアの真実がわかり、頭皮の保湿力を高めるためにどうすれば良いかわかるようになるでしょう。 頭皮の乾燥が悪化すると大変! 頭皮が乾燥しているのを感ると、「頭皮も保湿が必要かも…」と保湿を検討しているかもしれませんね。 頭皮って保湿は必要なのでしょうか? 結論から言うと、頭皮は保湿が必要なのではなく、 乾燥させないことが重要です。 頭皮の乾燥は、あらゆる頭皮トラブルの前兆です。 頭皮の乾燥状態が続き、症状が悪化していく、下記のような頭皮トラブルが起こってきます。 かゆみ• ニキビ• 薄毛 以上のような症状を引き起こさないためにも、なるべくはやめに対策をしましょうね。 頭皮に保湿は本当に必要?要注意な頭皮ケア 頭皮が乾燥すると、「保湿をしなければいけない!」と焦るかもしれませんね。 しかし、 頭皮に関しては本当に大事なことは、保湿ではないのです。 そして、保湿ケア用品には注意も必要です。 2-1. そのため、乾燥した頭皮を保湿するよりも、日頃の習慣を見直すことで、頭皮の保湿力を復活できる可能性が高いのです。 乾燥した状態って? 頭皮は通常、皮脂膜によって外部の刺激をバリアし、皮膚表面の保湿を担う機能を守っています。 しかし、外部からの刺激が強すぎる場合、頭皮の皮脂膜のバリア機能が弱まり、外部からの刺激が皮膚に加わることで、保湿を担うセラミドの保湿機能などが弱まることで、皮膚表面の水分量が少なくなってしまって乾燥します。 皮膚は常に生まれ変わっていて、これを新陳代謝 ターンオーバー などと呼びますが、刺激や乾燥などによって、ターンオーバーが乱れることで、フケやかゆみ、炎症などに繋がっていきます。 2-2. 注意が必要な保湿ケア用品 しかし、頭皮の保湿ケアとして、下記のような対策が紹介されているケースがありますが、使用の際は十分に検討することをおすすめします。 頭皮用の保湿ローション• オイル• 薬用シャンプー それぞれ、なぜ注意が必要なのかについて解説していきます。 頭皮の保湿ローションに注意が必要な理由 「化粧水や保湿ローションなどを使って保湿をすると良い」という情報がありますが、注意が必要です。 「」「」などの安価な化粧水の中には、防腐剤やアルコールなどが入っており、敏感肌な人は刺激となり頭皮環境の悪化に繋がることもあるためです。 私を含め、相談に来られた人の中には化粧水やローションを頭皮に使ったことで症状が悪化したという方がおられました。 なるべくアルコール濃度が高いものは避け、添加物なども入っていないものを選ぶようにしましょう。 オイルに注意が必要な理由 ホホバオイル、椿油、オリーブオイル、米ぬか油などのオイルなどが有名ですよね。 オイルというと保湿をしてくれそうなイメージがありますが、実はこれらのオイルでは頭皮を保湿することはできません。 皮脂は保湿をしているのではなく、保湿力を持ったセラミドや保湿因子などの皮下組織を刺激から守るために存在しています。 そのため、皮脂の減少により、頭皮環境が乱れ、皮膚がダメージを受けることで、保湿力が弱まり乾燥に繋がっているのです。 オイルは皮脂の役割を担えるわけではなく、また皮膚に浸透して水分を保持できるわけではないため オイルで頭皮を保湿をするというのは少し違います。 薬用シャンプーはNG 薬用シャンプーと聞くと、フケやかゆみなどに効きそうなイメージがあり、もしかして頭皮の乾燥にも良いのでは?と考えていませんか? 薬用シャンプーで有名なものは「」「」などが薬局などで販売されていますね。 これらの薬用シャンプーには、主に抗菌作用がある成分が入っており、菌の増殖を抑えることで皮脂が多い人のフケやかゆみを抑えることができます。 しかし、これらのシャンプーは 皮脂をしっかりと落とすために、強力な洗浄成分が入っているため、頭皮の乾燥にはおすすめできません。 頭皮の保湿ケアローション 化粧水 まとめ 2章を読んでもどうしても、保湿ケアが気になる人のためにどんな保湿ローションを選べば良いのかについて解説していきます。 下記に、今売り出し中の頭皮の保湿ケア用品をまとめました。 そのため、保湿成分と、刺激になる可能性がある成分の観点からおすすめなのは、「」です。 頭皮にあまりよくない2つの成分 先ほど、保湿ケア用品には、頭皮にはあまりよくない成分が入っているのですが、どんな成分がよくないのか参考までにご紹介します。 保湿をしたい場合には、エタノールなどのアルコール成分が含まれている化粧水やローションは使わないようにしましょう。 しかし、すでに頭皮が乾燥していて、敏感肌な人には、刺激になり乾燥が悪化してしまう可能性があります。 パラベンやフェノキシエタノールなどの成分には注意しましょう。 頭皮の保湿力を復活させる対策9選 頭皮は保湿をするのではなく、乾燥しないために対策をしていくことが重要です。 頭皮の乾燥を防ぎ、頭皮本来の保湿力を復活させるための対策として効果的なものを1つずつ紹介していきますので、ぜひ実践してみてください。 シャンプーはお湯の温度や、洗髪の仕方など、意外と正しいやり方ができていない人も多いです。 下記の5つのポイントに注意しながら丁寧に洗髪をしましょう。 また、お湯の温度に気をつけながら、頭の汚れを洗い流すよりも、シャンプーやリンスを頭に残らないように すすぎに気をつけることが重要です。 シャンプー やリンスなどのすすぎ残しにより、頭皮に刺激となり、頭皮環境が乱れるためです。 できるだけ頭皮に負担がかからないために、ドライヤーをする際のポイントをご紹介します。 過度に水分を失わせないように8割くらいまで乾かした後は、冷風にして乾かすか、自然に乾燥させることをおすすめします。 頭を乾かさずに長い時間放置してしまったり、乾かし方が不十分だと、雑菌が繁殖してターンオーバーが乱れる原因になります。 普段、乾かし方が甘いと感じる人はしっかりと乾燥させましょう。 栄養不足によって、皮膚の新陳代謝が正常に行われず、バリア機能や保湿機能が弱まるためです。 栄養素 効果 食べ物 ビタミンA 皮膚を維持する、新陳代謝を活発化する いわし、さば、あなご、うなぎ、卵、牛乳、ピーマン、にんじん ビタミンB 新陳代謝を活発化乾燥による炎症を抑える 豚肉、レバー、卵、豆類 ビタミンC コラーゲンの合成、抗酸化作用 レモン、いちご、柿、しいたけ、ピーマン ビタミンE 血行促進、新陳代謝の活発化 油、ゴマ、アーモンド、豆類、たらこ セラミド 皮膚を保湿する成分 豆類、こんにゃく、ほうれん草、ヨーグルト、ひじき、わかめ リノレン酸 細胞分裂の補助 えごま、大豆、小麦、柿 亜鉛 細胞分裂に必要、新陳代謝の活性化 牡蠣、牛肉、たらこ、卵 基本的に、肉や野菜などのバランスの良い食事を心がけることが重要です。 上記の表を参考にしながら、普段の食生活に積極的に取り入れるようにしましょう。 また、ストレスによって栄養素を多く消費するため、皮膚の再生に必要なビタミンなどが不足し、頭皮の新地代謝の悪化に繋がります。 ストレスは簡単に取り除けるわけではありませんし、ストレスが全て悪いわけではありませんが、これから紹介するトレス対策を参考に、ケアをするようにしましょう。 対策1 ストレスを和らげる あなたなりのストレスの発散方法を見つけ、定期的にストレスを発散してあげましょう。 下記の7つはストレスを和らげる効果があると言われているので試してみるといいかもしれません。 太陽の光を浴びる• 森林浴をする• ハーブティーを飲む• 人に相談する 対策2 睡眠の質を高める 睡眠はストレスを溜め込まないための最も効果的な対策です。 特に22時〜2時は成長ホルモンが活発に分泌され、頭皮の合成や新陳代謝も活発になる時間帯であるため、なるべくこの時間帯に睡眠をとることを心がけましょう。 1日6時間以上寝ることがベストですが、1時間半サイクルで睡眠をとると睡眠の質を高めることができると言われており、4時間半、6時間、7時間半などのサイクルを意識しながら睡眠の質を高めてみましょう。 睡眠の質を高めるために、就寝前はスマホの画面を見ない、ホットミルクを飲む、ストレッチをするなども効果的と言われています。 頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行がよくなり、頭皮の新陳代謝を活発にすることができると言われています。 この基本的な動作と、このページで紹介するポイントを意識しながら、あなたの気持ちいと感じる部分をマッサージしてみましょう。 この動画では指を丸く円を書くように動かしたり、包み込むように引っ張ったりする方法を紹介しています。 これまでの頭皮マッサージで指を動かすバリエーションをまとめると下記の4つです。 指でグーっと押す• シワを押上げる• シワを押し上げるようにしつつ、円をかきながら動かす• 頭全体を包むようにし、引っ張り上げる これらの動きを参考にしながら頭のシワを動かしましょう。 こちらの記事「」で詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。 酸化された皮脂や、紫外線の刺激によって頭皮のバリア機能が弱くなり、乾燥に繋がります。 特に夏場は帽子などで、紫外線対策をして、頭皮を守りましょう。 パーマやカラーをする際は美容師さんにあらかじめ乾燥体質であることを伝えることで、頭皮を保護するクリームなどを塗ってから、パーマやカラーをしてもらえる場合があります。 特に1000円以下のシャンプーなどは、食器用洗剤並みに洗浄力が強いとも言われているほどです。 シャンプーには界面活性剤(水では落とせない汚れをとる成分)の種類によって下記のように、硫酸系、石鹸系、アミノ酸系と種類があります。 ドラッグストアで1000円以下、あるいは1000円前後で販売されているシャンプーのほとんどは硫酸系、石鹸系のシャンプーで洗浄力が強いです。 高ければいいというわけではないのでご注意を! 乾燥体質の人はアミノ酸系のシャンプーを使うことで皮脂を落とし過ぎないようにすることができます。 おすすめは『』というシャンプーですが、詳しくはを参考に選び方から身につけましょう。 個人の体質によりますが、乾燥フケは湯シャンで改善する人もいます。 なお、頭皮がベタつく脂性フケの人は湯シャンで症状が悪化する可能性があるので、注意が必要です。 参考:頭皮のリセットにおすすめ!育毛サロンの無料体験 育毛サロンと呼ばれる、頭皮のエステサロンのようなサロンがあり、そこでは、頭皮の汚れやフケをスッキリ洗浄したり、頭皮マッサージを受けられます。 無料体験を行なっているサロンものもあり、コスパよく、プロに頭皮を洗浄してもらえます。 例えば「」は 全国各地にある育毛サロンで、無料なのに90分間プロの施術を受けられる無料体験コースが存在します。 通常は有料でおこなっているコースですが、体験と言いながらも満足できる内容です。 無料体験コースがあるうちに1度は行ってみることをおすすめします。 私も行ったことがありますが、頭皮がスッキリしてフケがしばらく出なくなったので大満足でした。 バイオテックキャンペーンページ: こういった無料体験のようなものは、「営業が強くないか?」と心配でしたが、そんなことは全くなく、美容室に行って髪を切った後のように、特に営業はなく、和やかな雰囲気のまま帰れました。 頭皮ケアにおすすめのシャンプー2選 頭皮の乾燥を防ぎ、保湿力を高める対策としては、2章にあげたものがありますが、実際には継続をするのが難しいのです。 シャンプーは毎日行うケアで、違うものに変えるだけで、頭皮の乾燥を防げる可能性が高いので、とても手軽です。 しかし、ちまたのシャンプーの中には洗浄力が強いものが非常に多く、選ぶのも難しいです。 そこで、この章ではシャンプーを選ぶ上でのポイントや、おすすめのシャンプーについて紹介していきます。 シャンプー選びの3つのポイント• フケ対策におすすめのシャンプー3選 5-1. シャンプー選びの3つのポイント シャンプーを選ぶ際のポイントは3つです。 添加物が少ないこと• 本当に良いシャンプーは、 ベタイン系、アミノ酸系、グルコシド系の界面活性剤で、添加物が入っていないものです。 ベタイン系、アミノ酸系、グルコシド系の界面活性剤は一緒に入っていることもあり、おおよそこれらのシャンプーを総称してアミノ酸シャンプーなどと呼ばれていることが多いです。 シャンプーを腐らせないためには必要な成分なのですが、肌が敏感になってしまっている乾燥肌の人はこれらの成分も刺激になっている可能性があります。 そのため、なるべく無添加なものを選ぶようにしましょう。 参考:添加物の種類 添加物とはどんな成分を指すのか下記の表にまとめました。 添加物 成分 概要 防腐剤 バラベン メチルバラベン シャンプーの腐敗を防ぐ 合成ポリマー ジメチコン メチコン トリシロキサン 主に髪の滑りを良くしたり、コーティングする成分 鉱物油 バラフィン 乳化させるため 性質が違うものを混ぜ合わせる 人工香料 安息香酸Na 香料 香りづけ これらの添加物は、髪や頭皮への影響については専門家の間でも賛否両論あります。 皮膚が弱い人やなるべくカラダには良いものをと考えている人は、なるべくこれらの添加物が入っていないものを選ぶと良いでしょう。 しかし、無添加で低刺激のものは、シリコンも入っていないため、ギシギシした質感になりやすく、髪の仕上がりには不満を持ってしまう人もいます。 オイルが入ったシャンプーであれば、シリコンが入っていなくとも、自然のオイルの力で頭皮に優しく、髪をスルスルと通りをよくしてくれます。 リンスやコンディショナーを使わない人はオイルが入っているものがおすすめです。 5-2. 乾燥が気になる人におすすめのシャンプー2選 シャンプーはとても種類が多く、選ぶのが非常に大変です。 この章の最下部でも比較をしていますが、今人気の低刺激シャンプーの中から20種類を選抜し比較をしました。 その結果、シャンプーの中でも添加物や、刺激が少なく、コスパも良いシャンプーを2つ紹介します。 『』・・・ 総合おすすめNo1• 頭皮環境を整える天然成分を多数配合しており、頭皮に優しくフケのケアにも最適です。 髪の仕上がりもスルスルとなめらかな仕上がりになります。 出典: haru「kurokami スカルプ」公式ページ 「」のページに実際に使った体験談と他の利用者の口コミをまとめていますので気になる方はチェックしましょう。 植物由来のオイルや、美容成分がたっぷり入っているので、頭皮を優しくケアしながら、美しい艶のある髪に仕上げてくれます。 15日間の返金保証もついているので安心できますね。 特徴: アミノ酸シャンプー、無添加、オイル入り 一回3プッシュ程度、二週間で半分くらい使用。 匂いはすっきりしたハーブ。 シャンプーだけの使用ですが、市販のシャンプーよりまとまりやすい気がします。 洗い上がりは良いですが泡立ちが少し物足りない感じはします。 全部使い切って満足だったらリンスと併用しようかな。 出典: ハーブガーデン公式ページ 参考:シャンプー 上位10種類 洗浄成分や刺激になる成分、価格などを下記の表にまとめました。 さいごに 頭皮を保湿する必要があるのか?また、頭皮の保湿ケア用品についての注意について詳しく解説してきましたがいかがでしたでしょうか? 頭皮の乾燥はフケや炎症、薄毛などにも繋がる可能性があるため、なるべく早く対策をしましょう。 保湿ケア用品は逆効果になってしまうものもあるため、基本的には、洗髪の仕方やドライヤーなど日頃の習慣を改善したり、下記のようなシャンプーを優しいものに変えてみましょう。 『』・・・総合的におすすめNo1• 『』・・・コンディショナーとセットで使いたい人におすすめ あなたの頭皮の悩みが軽くなることを心から祈っています。

次の

頭皮の保湿ケア|乾燥を防ぐケアの方法やおすすめローション・シャンプーを厳選紹介

頭皮 保湿 ローション

頭皮の乾燥対策!ローションの効果 頭皮の乾燥にはローションが良いといっても、ローションの効果がどんなものか分からなければ、やってみたいと思えませんよね。 そこで、なぜローションが頭皮の乾燥に適しているのか、その効果について紹介します。 潤いを与えて保湿できる• 痒みやフケを防止・改善できる• 抜け毛・薄毛の改善• 匂い対策ができる• 健康的な頭皮を維持できる では、それぞれの 効果について詳しくみていきましょう。 潤いが不足すると、肌と同様に毛穴が開き、抜け毛や詰まりといったトラブルを抱え込んでしまいます。 これを防ぐためにも、ローションで潤いを与えてあげると、頭皮が水分を保持して保湿できるようになります。 適度な水分を保持できるようになるまで、ローションで水分を補ってあげましょう。 そもそも痒みやフケは、頭皮が乾燥することによって引き起こされるため、ローションで適度な水分を与えることで、それを防ぐことができます。 痒みやフケは自然に剥がれ落ちるはずの頭皮がそのまま残って引き起こされるもので、これは乾燥や過剰な皮脂によるものです。 ローションは頭皮の状態を正常にする助けをしてくれるので、ローションによって頭皮が正常になれば、こうしたトラブルも防止・改善できるでしょう。 乾燥によって毛穴が開くと、そこから髪の毛が抜け落ちやすくなるため、抜け毛・薄毛といったトラブルも発生しやすくなります。 しかしローションによって潤いを与えてあげ、しっかりと毛穴を閉じさせてあげれば、抜け毛や薄毛は改善していきます。 健康な毛髪を守るためにも、頭皮を潤わせてあげることが大切です。 頭皮を嗅いで、ちょっと匂うなって感じることはありませんか? これらは頭皮の状態が悪いことによって引き起こされるため、それを正してあげるためにも、ローションを使ってみましょう。 ローションできちんと保湿をし、頭皮が健康になれば、嫌な匂いからも解放されるでしょう。 正常化することで、頭皮が健康的になり、発毛もされ、痒みやフケといったトラブルも少なくなってきます。 ローションは環境が傾きやすい頭皮を健康的に保つ手助けもしてくれます。 乾燥を抱える人にとって、潤いを補助してくれる役割を持つため、健康的な頭皮の維持には欠かせなくなるでしょう。 頭皮の乾燥対策に効果的なローションの選び方 痒みやフケといったトラブルを引き起こす頭皮の乾燥対策には、ローションが効果的ですが、すべてのローションがどれも効果が高いとは断言できません。 自分にとって最適なローションを選び、効果を発揮させるためにも、効果的なローションの選び方は以下の通りです。 悩み別に選ぶ• 含まれている成分• テクスチャ では、それぞれの 選び方について詳しくみていきましょう。 例えば、乾燥による抜け毛を防ぎたいのか、乾燥による痒みやフケを治したいのかによってローションを選びましょう。 自分に適した効果のあるローションでないと、乾燥を改善させたとしても、悩みは解決できません。 せっかくローションを使って改善させるなら、自分の悩みを解決できるものを選びましょう。 例えば、乾燥によって頭皮の状態が悪くなっているなら、それを正すための成分が含まれているものが良いですね。 また薄毛や抜け毛で悩んでいるなら、発毛成分が含まれていると、乾燥と共に発毛を促すことができます。 自分の悩みを解決できる成分を事前に調べておくと良いでしょう。 その香りがストレスになるようなものならば、それを毎日使うのは苦痛になってしまいますよね。 これではせっかく買ったローションでも、毎日使わなくなり、頭皮の状態を正すことはできません。 自分の好きな香りがするローションにすると、頭皮ケアも毎日楽しくなるでしょう。 頭皮用ローションを初めて使うのであれば、とろとろとしたとろみ感のあるものが使いやすいですよ。 使い慣れていないと、サラサラしたテクスチャは使いにくさを感じやすいため、少しとろみのあるものから使用して慣れてみることをおすすめします。

次の

【使ってみた】キュレル頭皮保湿ローションは、男性の頭皮悩み(かゆみ・フケ)にも使える、肌に優しいスキンケア商品でした

頭皮 保湿 ローション

Contents• 1 頭皮が乾燥する原因 1-1 洗浄力の強いシャンプーを使用している 出典:PIXTA シャンプーは配合されている洗浄成分によって洗浄力が異なります。 洗浄力が強いシャンプーを使い続けることで頭皮を健康に保つために必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮が乾燥してしまいます。 また、 1日に何度もシャンプーをすることでも皮脂を洗い流し過ぎてしまいます。 洗浄力のやさしいシャンプーを使用し、1日1回夜に洗髪するようにしましょう。 【関連記事】 1-2 濡れた髪と頭皮を自然乾燥させる 出典:PIXTA お風呂上がりなど、濡れた状態の髪と頭皮を放置して 自然乾燥させてしまうと、雑菌が繁殖しやすくなります。 雑菌が繁殖することでその菌が排出する脂肪酸が頭皮を刺激し、ターンオーバーが乱れ、乾燥につながります。 髪や頭皮が濡れた際は なるべく早くドライヤーを使って乾かすようにしましょう。 【関連記事】 1-3 紫外線やドライヤーなどの外的要因 出典:PIXTA 紫外線やドライヤーの熱、高温のシャワーなどは頭皮を乾燥させる原因になります。 紫外線は、肌だけでなく、頭皮にも髪にも良い影響を及ぼしません。 日頃から日傘を使う、帽子を被るなどの紫外線対策が必要です。 ドライヤーに関しても、同じ箇所に風を当て続けることで頭皮にダメージを与え、乾燥の原因につながります。 頭皮から約15~20cm離すこと、 同じ場所に長く当てないこと、 乾かしすぎないことが大切です。 【関連記事】 1-4 ストレスや生活習慣の乱れなどの内部要因 出典:PIXTA ストレスや生活習慣の乱れは、体の健康だけでなく、頭皮にも悪影響を及ぼします。 適度な運動、栄養バランスの良い食事、規則正しい生活が基本です。 【関連記事】 2 頭皮ローションの選び方 さまざまな理由で乾燥してしまう頭皮ですが、そんな頭皮を保湿するためにおすすめしたいのが頭皮ローションの使用です。 まずは選び方のポイントをご紹介します。 自分に合った商品を見つけるためにも参考にしてみてください。 2-1 髪や頭皮の悩みを改善する効果で選ぶ 出典:PIXTA 2-1-1 フケやかゆみを改善させる フケやかゆみが発生する原因には主に頭皮の乾燥や菌の繁殖が挙げられます。 フケやかゆみにお悩みの方は 頭皮にうるおいを与え、フケや頭皮の炎症を抑える成分が配合されているローションを選びましょう。 2-1-2 抜け毛&育毛対策 ストレスや加齢、外的刺激などで頭皮の状態が悪化すると健康的な髪が育たず、抜け毛が増えたり、髪が細くなって薄毛になるなどの症状が表れます。 抜け毛&育毛対策には 頭皮を活性化させてターンオーバーをさせたり、発毛を促進する成分が配合されているローションがおすすめです。 2-1-3 頭皮状態を健康に保つ 特に悩みがないけれど今の状態を保ちたい、これからのためにも頭皮環境を正常に保ちたいという方は、 保湿効果の高いローションを選びましょう。 頭皮が乾燥するとさまざまな頭皮トラブルの原因になってしまうため、保湿を行うことでトラブル知らずの頭皮を維持することができます。 2-2 敏感肌の方は低刺激やオーガニックのものを選ぶ 出典:PIXTA 敏感肌の方はオーガニック成分で作られているものや低刺激タイプのものを選びましょう。 赤ちゃんでも使える商品もあるため、そういったものを使用すると安心ですね。 2-3 価格で選ぶ 出典:PIXTA 頭皮ローションの価格は商品によってさまざまです。 頭皮ローションは使い続けることで効果を発揮する商品。 そのため、 使い続けられることがなにより大切になってきます。 価格が安いからといって有効成分が少ない、効果が出ないということはありません。 自分が無理なく継続して購入できる商品を選ぶようにしましょう。 2-4 使い勝手の良いものやテクスチャーが好みのものを選ぶ 出典:PIXTA さらさらした液状のものはべたつかず頭皮に馴染みやすいですし、とろみのあるものは液だれしにくく塗りやすいです。 また、塗布方法もチューブタイプやスプレータイプなどさまざまあるため、 自分の使いやすいものを選ぶと良いでしょう。 汗をかきやすい夏などは、クールダウン効果のあるメントール入りのローションの使用もおすすめです。

次の