いじめ加害者その後の人生。 いじめられっ子の末路

いじめ加害者を演じてわかる「楽しさ」 自分の中の悪い人と向き合う

いじめ加害者その後の人生

私はいじめられっ子です。 学生時代も社会人時代も、いじめに遭ってばかりいます。 小学生の頃にいじめられたのをきっかけに、20年以上自分に自信が持てず、自分を肯定できず、いつも孤独感でいっぱいで寂しくて人に好かれようと必死でした。 プライベートでも、友達と思って付き合っても酷くいじめる人たちばかりと付き合っていました。 かなりきつく、辛かったのですが孤独感で一杯だったので無理して自分から誘って付き合っていました。 仕事に友達に恋愛に、色んな事を無理して頑張り過ぎた結果、心を壊し、6年ほど精神病院の入退院を繰り返しています。 健康になりたいとやっと思えるようになったので、今までの交友関係は全て距離を置くことに決めました。 孤独感は家族の支えを感じ数年かかりましたが解消されました。 私は健常者として生まれて育ちましたが、障害者になりました。 いじめをする人はただの気晴らし程度の感覚で人に酷い言動をします。 今までは「許して忘れなきゃ」と思っていましたが、それは全くの誤解で相手側は加害者だという認識は全くなく、罪悪感も全くありません。 私が自分を被害者だと思っている限り、立ち直れないと気付きました。 忘れることも不可能です。 ただ、今を楽しみ、生きたいとだけ思うようになれるのに6年もかかりました。 障害者となった私は結婚も難しいでしょう。 いじめっ子たちはほとんど結婚して子供に恵まれています。 怨念無しで羨ましいです。 全部こうなったのは、私が自分を大切にしなかったことが原因なので仕方ありません。 今いじめに遭っている人、いじめに遭っているお子さんがいらっしゃる方に言いたいです。 自尊心を無くすことほど生きる術を無くすことはないので、色んなものを失ってでも良いから逃げて下さい。 ユーザーID: 2712440658 けどね・・・私の姉を見て育った私からすると、姉はイジメの原因をつくっていることがある。 その復讐が私に向かうわけで、私こそ泥沼の中にいましたけど。 妹というだけで入学すぐから先輩からのお呼び出し。 でも姉は私に嫉妬心ばかりが激しく、私は姉からも学校からも攻撃を受けて育ちました 姉は一方的に自分は被害者だと言います。 ですが、大声ではしゃいで話すし、秘密は守らないし、嘘もつくし とにかく空気を読まないのです。 そのくせ顔色ばかり伺って、委縮してコビる。 被害妄想も激しい。 他人とのテリトリーに無断で入ります >今いじめに遭っている人、いじめに遭っているお子さんがいらっしゃる方に言いたいです 私は思います。 外の世界を持ちなさい、と。 人によっては、逃げたら逃げた自分に劣等感を持つ子もいます。 みんなができることをできない自分が嫌になる人もいます。 それは様々なんですよ。 これ!という形はない。 資格や職を手につける、夢を追うのもいいですね。 私はそうやって生きています。 自己分析をして、己を返り見て、味方を増やす。 医師の力を借りてもいいでしょう。 他人は変わりません。 他人に押しつけもいけませんね ユーザーID: 7088050282• 小学生の時に立ち直れたら良かったね その虐められた最初の小学生の時に どうにかして立ち直れたら良かったのにね…と思いました。 私も多少いじめられっ子でした。 そして自分の子どもも、幼稚園〜低学年まで虐められていました。 なぜ虐められるかというと、 ・弱いから ・歯向かってこないから ・運動神経が鈍いから です。 そこを腐食するには、 ・虐められたら大声で先生にチクりに行く(小さな子なら出来る) ・やられたその場で「止めろ」と言う度胸をつける ・運動・勉強・その他得意分野で 名前を呼ばれるくらいにまでにする 自分の経験値が低いまま耐えても良いことは一つもありません。 私は、自分の子は頑張りました。 心を強くさせ、勉強はクラスで一番にさせ、 運動も平均まで持っていかせました。 出来ないなら、レベルを上げるよう努力をする。 小さな子どもだったら親が助けてあげる。 でないと、生まれもって才能がある器用な子には勝てません。 (そしてそういう子は大抵意地悪) だから、その小さな小学生の時に お母さんなりお父さんなりが気づき、主さんを 鍛えてあげられれば、また違った人生を歩めたかも。 これからは幸せになってください。 ユーザーID: 1724968605• あなたもね 未就園時代は風貌が外国人風という事でいじめられてました。 天然パーマでクルクルの髪に、瞳が茶色と言うだけで…私、先祖代々日本人です。 小学生時代から高校まで、何かにつけて難癖をつけられてはいじめられ。 退学も考えたけれど、やりたいことがあったので大学進学。 不本意ながら都内の大学になり、田舎では浮いた存在でも、大学の友だちには面白い人間と受け入れられ。 留学で自己主張と自己表現を徹底的に叩き込まれました。 人が苦手なのに販売職となりました。 今は結婚して子供もいます。 笑顔を身につけ、大人になって以降「何も悩みがなくて良いわね」と鬱々とした人から言われました。 私は12歳まで毎日死ぬことばかりを考えてたのに。 死ななかったのはたまたまです。 例え死んでも、イジメっ子はイジメを忘れて暮らします。 死んで奴らに快適さを与えてはいけません。 「なぜ同窓会に来ないの?来ないのはあなただけ。 あの事は忘れて、参加して」と私はイジメっ子に言われました。 覚えてろと言ったのは相手だし、私は私生活が忙しく、中々帰省できないだけです。 でも、ササクレ程度の仕返しにはなってるようです。 ユーザーID: 2175747391• 「いじめっこ」は内心周りを常に気にしててビクビクしていますよ そして虐めっ子は構ってチャンです、気にしてもらいたい人間です。 構ってくれないとなると、ターゲットを見つけて攻撃しはじめます。 一人で行動が出来ないのが「いじめっこ」の特徴です。 ほんとうは誰も信用していないし誰も信じていないのがい「いじめっこ」です。 だけど一人で行動ができない、ひとりになったら、自分みたいなのが意地悪するのが分かっている自分自身がそうやってきたから、ひとりになったらどうなるのかを予想して、本当は嫌いな自分と同じ種類の人間と常につるんで親しげにしています。 親しげになるためのアイテムがターゲット苛めるなんです。 立派な人になった時に、過去に苛めていた相手が目の前に現れて世間に公開されたら、その先は真っ暗なんでしょうね、「いじめっこ」とやらは。 現在は後ろ暗い黒過去をひた隠して真面ぶっている親ぶっている師ぶっているんだろうと、そうおもいます。 逆に、目の前に現れたかつてのターゲットを見てから、何か勘違いしたかのような勝ち誇ったような態度に出たら現在そいつは、まったくもって鳴かず飛ばずの大したことが無いという事なんですわ。 ユーザーID: 1904487187• あーあ、なんてこと! しかし人生まだ残っています! 私も保育園と小学校一年生の時はいじめられっこでした。 保育園はそれで中退。 一年生の時は休み時間に校庭に出ませんでした。 出ればいじめられるので先生の目の届く教室に残っていました。 子供の知恵です。 幸いな事に二年生になった時に、父が転勤して新しい学校に転入となりました。 私がいじめられっこだなんて知らない人たちなのですからちょいと元気の良いふりをしてみました。 これが大成功! 以来、学校でいじめられた事はありません。 職場でもいじめられた事はありませんでしたが、人生半ばになっていびり出された事はありました。 勤務先は聞こえはよいけれど出世が頭打ちのおじさんのたまり場みたいな所で皆内心自分が大した事ないのを知ってひがんでおり、やはり家庭のぱっとしない局にたぶらかされて私をいじめて憂さ晴らしをする様になりました。 暗い!暗い! そこをやめて数年後、零細仕事を自分で始めました。 さあ、残りの人生、自分を大事にして、良い思いもしましょうね!! ユーザーID: 0221964748• 虐めは無くならない 私も小学校時代に虐めにあいました。 男子にも女子にも。 負けず嫌いな私は虐める人間が許せず、言い返し、やり返し、かなり可愛くなかったと思います。 小学校時代の私は本当に可愛くなかったので、私にも虐められる要因はあったんだろうなと思います。 でも、その時に辛い気持ちをたくさん味わったので、人の気持ちを思いやれる人間になりました。 これは財産です。 気が強いのは今もそのままですが、コミュニケーション力が付いたのは、あの経験が大きいと私は思っています。 虐めた人間はその後、深く反省するようなことがなければ、きっとその後の人生は、何かしっぺ返しがあると思いますよ。 身勝手な生き方がまかり通るほど、世の中甘くはありません。 虐めは無くなりません。 人間とはそういう生き物ですから。 でも、そこからどうなるかはその人自身に依る部分はあると思います。 今のトピ主さんの現状は、虐めっ子に擦り寄っていったトピ主さんの行動にも要因があるのではと思います。 そういう卑屈な態度が、余計イラつくことはありますから。 孤独を怖がる気持ちはわかりますが、自分をもっと大事にすべきでした。 ユーザーID: 8129013874• 最後の部分は同意します すみません、途中はよくわかりませんでした。 私もいじめられっ子でした。 先生のいる授業中にまで、席を立ってわざわざ殴りに来た子がいました。 先生は止めることもせずに、血を流した私を保健室に連れて行ってくれただけでした。 上履きで叩かれて泣き喚いても、首を絞められても、周囲は笑って囃し立てました。 でも、私にとってラッキーだったのは、そんな最中に丁度、日本国憲法を授業で学習したことでした。 前文にこうあります。 『全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。 』 全世界の人には、私だって含まれる。 私にだって、級友に殴られ蹴られて痛くて怖い毎日を免れ、平和に幸せに生きていく権利がある。 ずっとそれを支えにしてきました。 私の権利を、誰よりも私自身がわかっていなければ、いじめないでと訴えることはできません。 トピ主さまもどうぞ、忘れないでください。 トピ主さまも、憲法前文の「全世界の人」に含まれています。 トピ主さまも、いじめられる恐怖から逃れ、幸せに生きていく権利があるのです。 どうぞ諦めないでください。 ユーザーID: 6110538262• 皮肉で無い、純粋に「滅びを肯定する生き方」があって良いと思います。 トピ主さんが考え抜いて選んだ生き方だからです。 過去にも励ます人はいたと思います。 でも、疲れちゃったんじゃないでしょうか。 だって、「それなら今の自分は何!?いじめられたのは私が悪いの!?」と結局は自己否定された感じがします。 結局のところ平気で「乗り越えようよ」とか言ってくる人は強者の目線でしか見ていないのです。 末期がん患者のホスピスがあるのなら、精神的に抹殺された人のホスピスがあっていいんじゃないかとも思います。 「ノブレスオブリージュ」という概念があるのも、強者がいれば弱者もどうしても生じるので、強者の悔恨と後腐れを無くすためでもあったのでしょう。 でも、近年はいじめっ子が何かとちやほやされる感があります。 学校は単なる大人社会の縮図であり、大人の方が残忍です。 「神の元に人は平等である」とは言うが、ニーチェの「神は死んだ」が現実でしょう。 倫理がいよいよ遠くなる昨今、最後の救いは「諦め」しかない。 「諦める」権利は絶対に欲しい。 それがいじめられた側に残された最後の希望である。 ユーザーID: 2584778726• ほんとになあ もしかすると人間だけじゃないのかもしれないけど、でも、人間って本当に酷いと思います。 いじめを平気でできる人が普通に結婚して子供がいたりする。 本当にその通りです。 昔万引きを繰り返したり他人をいじめたりした人が、更生したと言えば聞こえはいいけれど、結局その遺伝子を後世に伝えようとしているわけです。 逆に虐げられて傷ついた記憶は心の痣になって残ります。 繊細で正直な人ほど生き辛いのが人間社会。 だから私は思うんです。 人間を増やしたくない。 私は結婚はいつかしてもいいけど、子供は産まないと決めています。 自分の子供が誰かを傷つけることに耐えられない。 誰かに傷つけられることにも耐えられる自信がありません。 現世はやっと3分の1くらいを過ぎました。 過去いじめっこだった人とは普通に接することはできるようになりましたが、大して信用はしていません。 ただ、適当に利用してやろうと思っています。 残りの人生、お互い楽しみましょうよ。 他人に頼るんじゃなく利用して、自分のために生きましょう。 ユーザーID: 3707731360• 私も 物心ついてから中学まで家庭と学校でいじめられました。 少し離れた高校に行き、誰も知らない中で今までの自分を変えようと決意。 友達が少しできました。 それでも、新しい職場などでは相変わらずターゲットにされました。 「いじめられるようなことは何もしていない、胸を張れ!」と自分に言い聞かせ、前を向いて明るく振る舞っていたら、徐々に味方が増えました。 20代で初彼ができ、国内外の知らない土地をめぐって自分探し。 30歳で結婚、出産。 40代でモラハラ離婚しました。 私はこれがいじめられっ子の末路だとは思っていませんし、恨みも後悔もありません。 トピ主さんも徐々に立ち直られているようでなによりです。 逃げるのはいいと思います。 ただ、付け加えるならば何かを変える努力をした方がいい。 部屋に籠らず、外出、旅行していろんな人に会えば、世の中はいじめっ子ばかりじゃないと分かります。 運悪くいい人に巡り合えなくても、大人になれば1人でも生きていけます。 100人のいじめっ子がいても、1人の味方がいれば、人は強くなれます。 世の中は広い。 教室の中だけが世界じゃない。 日本だけが世界じゃない。 希望はあります。 がんばって。 ユーザーID: 4223727752• ありがとう このお話とっても貴重です。 ありがとう。 あなたは、きっと人に酷いことをしたこと一度もないような大変優しい人。 うちの息子もそうなんです。 神のレベルです。 今ではこの子はキリストやブッダのようなものだと。 人々の苦しみをうけとめる立場。 受難です。 でも幸い自尊心は保ち続けています。 あなたのいうように、ちがう場所へ行ったからです。 玉のような綺麗な心を持ち続けています。 あなたもきっとそうですね。 怨念もなくなんて、ほんとうに立派です。 私は、いじめをやるヤツは大人でも子どもでも許せないですね。 いじめをやるヤツらと同じ普通の人間です。 普通の人間は皆愚かなのです。 ユーザーID: 8441699054• 頑張りましょう 私もいじめられっこでした。 無視当たり前 バイ菌とか色々 就職してもあったなあ、親も毒親で、まあ よくもいきてきたわ。 何年も戦いましたよ。 でも前向きでした。 なんでだろー友人がいたんです。 何十年つきあってるかなあ。 不器用で、職場でも 苦労しました。 結婚もしてます。 子供もいます。 孫もいます。 旦那は モラハラで。 口が 悪く。。。 人は変わりませんよ 何も 自分が。 変わるんですよ、。 違う 方向へ、シフトして。 趣味を持って、別のことを考えて、内向きにいくと。 暗黒になるから。 外向きにね。 励ましてなんてしない。 障がい者なんて思わない・毒親の連鎖 子供は、まともに育ちました。 自分の誇りです。 旦那は。 大病して、少しはまともになりました。 まあこんな人もいるから、人生もったいないですよ。 ちなみに 毒親も、すごい亡くなりかたでした。 ひとりごとです ユーザーID: 1180824353• いじめ、にくい 私は高校生になってから いじめにあいました。 原因はいじめられてる子をかばったから。 先生も体罰をするひどい女子高でした。 けが人もでて三面記事に載ったことも。 先生同士でもいじめと体罰が生徒の眼前で。 先生が先生をいじめ、いじめられた先生は生徒をいじめ、いじめられた生徒は弱いものをいじめる。 何故あの学校が存続しているのか不思議でなりません。 ただいじめのグループも一枚岩ではありません。 卒業間近にある子が近づいてきまして 家庭環境が良くないことでストレスがあって加担してしまったと謝られわんわん泣かれました。 いじめてる人は楽しそうだが、実はそうではないのか、という疑問が初めて持ち上がった瞬間でした。 本当に憎いいじめとは何か? 相手の尊厳を踏んづけ面白がって被害者を笑う行為につながっているのではないでしょうか。 自分が生きているのは 死ぬには世の中には美しいものがたくさんあってもったいない。 という意味のヘッセの言葉に偶然あえたからです。 ユーザーID: 9116408967• 人間的に軽蔑するわ それぞれの思いがこもったレスありがとうございます。 ありがたく読ませていただきました。 職場でいじめによく遭い、付き合う人(友人だと当時は思っていた)に意地悪をされる根本的原因を自分なりに導きました。 とにかく自己評価が低い。 それに尽きます。 少しずつ、少しずつ、家族の支えの元、自己評価を正常にします。 付き合っていた人たちを全て距離を置くと決めましたが、友達というほど仲が良くはないけれど、憧れる大好きな同級生二名は消すのをやめました。 あと、あまり親しくない同級生達も消していません。 付き合いにおいて苦しんだことがある友達だと思っていた人たちをメモリーから消しました。 あちらから連絡が来ることはありませんが、二度と自分から連絡をすることはしないという揺るぎない決意のため、消すことができました。 たった二日間のことですが、どんどん表情が晴れやかになります。 楽しいことも沢山ありましたが、嫌だと思うことが多い付き合いはおかしいと分かったんです。 トピを書き込んだおかげで、人に依存する寂しがり屋の自分と決別出来そうです。 読んで下さって、ありがとうございます。 ユーザーID: 2712440658• 人の道を外れた人が、案外結婚して子供もいて人並みの生活をしている。 一方で、いじめられ精神を病み人並みの生活さえもできなくなった人がいる。 人生って不公平だと思う。 でも昔いじめた人の話を聞いてみたらその分、何かを失っている人が多い。 ようするに命のことだよ(身近な人のね)。 いじめっ子だった人は、辛くてもその状況で生きていかないと行けない。 なかには、それがわからない人がいてどうして自分は不幸なのっていう。 私は、因果応報だと思った。 辛いことも悲しいことも受け止めるのは自分。 一人ぼっちが楽な時がある。 気をつかわなくてすむ。 他人のことでいらいらするぐらいなら、自分のことを考えたほうがいい。 自分を大事にするって難しい。 トピ主さんの言いたい事なんとなくわかるよ。 世の中のいろんな人の名言ってあるけれど、どれも共通している。 人間は、一人で生き、死んでいく。 これは誰も助けることはできない。 だから、自分の直感と心を信じること。 自分が生きたいように生きるのを邪魔するものをまず考える。 よく考える。 私が好きな言葉。 「自分が自分でなくなるなら、悪魔になったほうがいい。 」 ユーザーID: 0298903323• いくらなんでも末路は早過ぎ 保育園から中学生まで、イジメに遭っていました。 特に男子に激しくイジメられていました。 高校は女子校・専門学校も女子校。 男が大っ嫌いで消えちまえ!!と思って生きてきました。 なので結婚は諦めて、1人でも生きていけるように、専門職の資格を取りました。 絶対に、イジメていたことを後悔させて、見返してやる!!という気持ちだけで、生きてきました。 私をイジメていた男子が、私の実家の目の前に住んでいます。 未だに実家から出られず、なかなか悲惨な生活をしていますよ。 私は結婚と同時に地元を離れてしまいましたが、たまに実家に帰ると、イジメっ子と鉢合わせになることがありますが、一切目を合わせようとはしません。 みじめったらしいイジメっ子。 夫の姿を見ると、惨めな気持ちになるんだろうな。 ざまぁみろ。 私には逃げ道がなかったけれど、トピ主さんのおっしゃるとおり、イジメに遭って、辛ければ逃げ場を作り、逃げるべきです。 立ち向かうことでボロボロになることよりも、逃げて・逃げて自分を守って欲しいです。 ユーザーID: 6595502392• 私ははっきり物を言うおばさん(40)になりました1 私は、親が私をネグレクトしたのが原因で、激しいいじめにあいました。 中学時代は毎日が地獄。 修学旅行で同じ班になった男子が、私と同じ班だなんて最悪の修学旅行だと言ってきたことは、いまだに忘れられません。 毎日笑いものにあい、机を離され、避けらればい菌扱い。 高校受験をすると言ったときは、大笑いされました。 私みたいなものが高校を受けるだなんて何馬鹿な事考えてんだと。 自殺未遂をしたこともあります。 この地獄は永遠に続くと思い、人生に絶望しました。 中学時代は、夜寝るのが辛かった。 毎晩泣いてました。 が、今は大変幸せです。 20代の頃でした。 ふと、私は思ったんです。 街中でね、すれ違う人達を見て。 いじめてきた子たちは、私をいじめたことをすっかり忘れ、人生を謳歌(おうか)しているんだろうなぁ。 なのに、私はずっと辛い。 辛くて辛くて悲しい気持ちから抜け出せない。 それって、あほらしいことだなと。 私はいつまでいじめられ続けるつもりなんだ?と。 相手は私のことなんて一ミリも思っていない。 いじめたという記憶すらない。 いじめたとも思っていない。 続く ユーザーID: 9785054956• 私ははっきり物を言うおばさん(40)になりました2 なのに、私はいつまでもウジウジと、大馬鹿じゃんと。 私は前を向いて、明るく人生を楽しまないと、これから先の人生が大損だなとも思ったんです。 それからですね、楽しいことを見つけていくようにしました。 気が付いたら、いじめられていたことをすっかり忘れる日々です。 もう毎日が楽しくて楽しくて。 勇気を出してはっきり言ってみる・・を、繰り返したら、何でもはっきり言えるおばさんになりました。 会社でしっかり自己主張しています。 60代の方々と仲良く仕事するために。 けんかしたこともあります(笑) はっきり物を言ったからって、取って食われたりしません。 会社では。 堂々した態度で生きていけば良いんです。 あと、結婚して子供がいるからって立派とは言い切れませんし、幸せとも言い切れません。 独身でも堂々と楽しく生きればいいんです。 私は、独身を貫くつもりです。 男子の醜さが忘れられないのでね(これだけは立ち直れませんです)。 でも、良いのです。 気にしません。 ユーザーID: 9785054956• はい、そうですよ。 忘れる事も許す等という事も不要でございまして。 逃げて構わないのでございます。 よくあるマニュアルのような言葉が、トピ主さんや他のケース 何らかの障害の事 の場合は、当てはまりません。 堂々と逃げてください。 逃げても逃げても、新しい何かに当たり、苦しみますが、末路と言うより、その都度新しい自分が出来上がります。 逃げる前に勉強してますからね。 職場を辞めて、教訓になった事を繰り返していけばいいんです。 六年「も」じゃ〜ござんせんよ。 世の中には、精神科通いや入院が20数年経ってもトピ主さんのような答えは出せず、後ろに後ろに生きている人が少なくありません。 ひたすら苦しんでもがいていますよ。 世の中は、本当に広いもんでしてね。 どんなに、どんなに苦しい日々を送っても、明日が来ます。 その明日が、今日より一ミリでも良くなれたら、と思いながら、ゆっくり進むんです。 なんか、伝わりました。 トピ主さんは、大丈夫ですよ。 ユーザーID: 0853722958• 暇だから辛いのかも。 そして。 私は許していません。 いじめてきた人たちを。 あんなに苦しんだんです。 生き地獄だったんです。 許していいわけがない。 とぴ主さんも許さなくていいです。 私もつい過去のことを振り返ってしまうときがありました。 そんなときは、暇なときです。 なので私は、忙しくしましたよ。 資格の勉強をしたり、趣味の裁縫に没頭したり。 それらを考えているときは、頭の中がそれでいっぱいなので、平和で楽しくいられます。 いろんな試験に受かったり、出来ることが増えたら、自信付きますよ。 私は、ワンピースが作れたとき、自分に自信が付きました。 この私がワンピース作れた・・・感動しましたわ。 気が付いたら、自分に自信がついて、今の自分を認めてこれで良いのだと思えるようになりました。 あと、自分の欠点は直す努力はしました。 会社で色々言われたら、素直に反省し、悪いところは直しました。 一緒に働く方々が、楽になるようにサポートしていったりもしました。 無理しない程度で。 会社でいじめられる=自分の悪い点を指摘されている=直すチャンスが来た=努力して直す。 良い方へ考えれば良いのですよ。 でも難しいかな? ユーザーID: 7245818906• 新たな門出ですね 支えてくれる家族がいるのなら万々歳ですよ。 帰る場所(家)が平和なら、幸せだと思います。 友達は、いなくてもいい。 人から、好かれなくたっていい。 「嫌だと思う事が多い付き合いはおかしい」と目覚めた主さんは、素晴らしいです。 それは自尊心が戻ってきている証しだと思います。 主さんの好きなものを食べて、好きな服を着て、好きなところへ出かけてください。 自分の好きなものを肯定してください。 たとえばそれが流行遅れだったとしても、少数派だったとしても、 それでいいんです、それで正しいんです。 主さんが好きなものは、正しいんです。 私も最近、思うところあって古い交友関係を絶ちました。 全く別の人間に生まれ変わったような、清々しい気分です。 お互い、これからの人生を良いものにしましょうね。 ユーザーID: 5953209980• いじめっ子も苛められていた。 社会人になってすぐ、通勤のための電車の中で中学の同級生に会いました。 人見知りの酷かった私は、彼女(双子)は憧れの存在でもあり、直接話した事はなかったのですが、気さくな彼女とよく話すようになりました。 その後、自宅にも遊びに行きました。 すると、彼女の自宅の近所に、小学校の時私をよく苛めていた子(A子)の家がある話に。 流れから、そういや2人(双子)でよくA子をからかって苛めてたなぁ・・と。 『え!?』でした。 人を苛める様にはとても見えず、小学校の時は色が白くて双子の天使のような存在だったのに!?しかも私を苛めていたA子を??なんだか可笑しくなってしまって、相手にも私の知らない部分があったんだなって。 その後、自分を苛めてくる人には、極力スルーするよう頑張りました。 すると相手にされないからか言動行動がエスカレートし、徐々に他の人の前でも奇行が露呈。 1年以上で自爆(辞職)していきました。 他にも、冷静な人は私に同情し、味方になってくれたりしました。 それが一番の支えだったかもしれません。 確かに逃げるが勝ちです。 そしてうまく立ち回ることを身に付けるのも手です。 ユーザーID: 4297323454.

次の

いじめ加害者はその後の人生も勝ち組だという意見がありますが...

いじめ加害者その後の人生

【意外な真実 成功者の過去はいじめられっ子】 少し思い出してみてください。 あなたが好きなアーティストや芸能人、スポーツ選手などの所謂有名人の人達で、過去にいじめられていたと告白した人は、何人いますか? 壮絶な過去を背負っていたり、本人の責任ではない苦しみを体験した過去があったり、貧乏だったり、誰も助けてくれなかったり……そんな話。 聞いたことは有りませんか? こうやって質問されると、「そう、言われてみれば……」と思い当たる人が何人か出てくる筈です。 人によっては、「嘘だろう? 」と思う様な雰囲気の人も居るでしょう。 どう考えても、いじめられた経験を持っている様には思えない人達も居る筈です。 解りやすい芸能人だけでなく、経済界や政治の世界にもいじめ被害者は多く居ます。 大人になった彼らは、実績に裏打ちされた自信を持ち、優しく、とても穏やかな人達が多いです。 そして、 自分がかつていじめを受けていたことを隠さず、公表している人が多いのも、特徴です。 いじめられていた人達が、何故大きな成功を収めることが出来たのでしょうか。 彼らに本当に魅力が無く、多くのいじめっ子達が言う様に、 「いじめられる方に責任があるっ!! 」という言葉が真実ならば、この現状は一体どういう事なのでしょうか。 いじめられる……つまり、人から無視をされ、暴言を吐かれ、殴られ、蹴られ、人間としての尊厳を踏みにじられても構わない存在だと言うのならば、 一体何故彼らはお金持ちになれたのでしょう? 不思議だと、思いませんか? 【いじめられっ子が成功者になる訳】 現代だけでなく歴史上の人物においても、幼少期や思春期にいじめを受けた人間はとても多いです。 寧ろ、そうでない人を探す方が、難しいかもしれません。 歴史に名を残す人は、大概幼少期にいじめにあっています。 理不尽な理由で殴られ、蹴られ……なかには死ぬような思いをした人間も大変多く、現代よりも身分社会であった過去の方が、理不尽な暴力は数多く有ったことでしょう。 なのに、暴力をふるった方。 つまり、 いじめっ子の多くは成功したとしてもそこそこです。 彼らは中途半端な成功しか成し遂げられません。 大きな飛躍をして、彼らを軽く飛び越えることが出来るのは、いじめられた側です。 彼らは、どう考えてもこれは理不尽だ。 自分は、理由も無く殴られる理由も、誰かを傷付けた覚えも無い。 これは不当な、道理に外れた行為だと、立ち上がり、戦ったからこそ、大きな成長を遂げることが出来たのです。 【困難な状況が成長の糧に成る】 彼らを突き動かしていたものは何でしょうか。 恐らく、理不尽な暴力に対する 「怒り」でしょう。 自分はこんな風に扱われる理由は無い。 冷静になって自分を見つめ直し、いじめっ子達が言う暴力の原因が自分にあるのかどうかを考え、そしてそれが不当だと思ったのならば、何も恥じる必要性は無いし、顔を下に向ける必要もなく、寧ろ間違っているのは人を殴って笑っている相手側だと、先ず認識します。 そして、自分を守るために彼らは行動に移した。 ただ、それだけなのです。 人は、困って始めて自分の能力を開花させる、と言います。 逆に言うのならば、人間は心底困らなければ人はそこを脱出しようとは思わない存在なのです。 彼らはとても困難な状況にいた。 そして、それを不当だと思った。 どう考えても、自分はそこに居るべきではないと。 だから、自分を守るために、その理不尽な状況から抜け出そうと、様々な行動を起こしただけの事なのです。 ここでのポイントは、「動いた」「行動した」ということ。 そして、自分に欠点は確かにあるが、どう考えても理不尽な暴力を受ける様な存在ではないと、 自分を大切にした、という事だけです。 たった、それだけなのです。 【いじめっ子の末路】 人を蔑み、見下し、不当な暴力を撒き散らして悦に入り、自分が人よりも上になったと勘違いしている存在が、その後どうなるのか。 彼らは、自分が不機嫌になっている物を人に当たり散らすことで解消しようとし、 自分で自分の問題に正面から向き合えませんでした。 自分が いじめ加害者で有ったことを表明して、活動をしている成功者は居ません。 誰もが正当なことではないと、解っているのです。 口に出して、声高に「自分はいじめっ子だった」と公言する人は居ません。 何故でしょう? 苛めをしている時に、彼らが主張するように 「お前はそうされて当然の人間なんだ」「俺達が直してやっているんだから、有難く思え」「ボランティアだ」と、本気で思うならば、どうしてそれを公に口にしないのでしょう? 彼らの発言を正しいと仮にするのならば。 自分達の言い分に一理あるというのならば、大人になって公言しても良いはずです。 でも、いじめっ子は、人をいじめた事実を隠します。 逆にいじめられっ子だった人達は、それを克服したことを隠しません。 寧ろ、同じ様な苦しみを抱えている人達を助けたいと、率先して公表している人達が多く、負けるなとエールを送っています。 なら、いじめっ子達は? 彼らが言う様に、彼らのしていることか本当に正しいのならば、社会に受け入れられても良い筈です。 けれど、 社会で受け入れられているのは、彼らが否定し続けた、苛めを受けた側の主張です。 断言します。 いじめを行う人間は、自分で自分の気持ちのコントロールが出来ず、またそれと向き合う勇気も無く、人に当たり散らしてストレスを発散しています。 そして、えてして頭の良い人間がやるいじめは、ぱっと見は成功している様に見えるし、ばれずにいじめっ子の方が有利になったと思える時も多く有るでしょう。 けれど、根本的ないじめっ子の問題は、何一つ解決していません。 問題に向き合っていないのだから、当たり前です。 澱んだ問題を抱え続け、それを身近な、自分よりも弱い存在や抵抗出来ないとみなした相手に対し、当たり散らす様にして発散するその行動を続けていく。 傍目から見ると、ばれて無いと思っているかもしれませんが、 ばれないからこそ問題だと言う事を自覚出来ないまま、時間だけが無為に過ぎていきます。 バレなければ、ずっとこの状況が続きます。 いじめ被害者は、そこから抜け出したいと思うから、必死です。 必死で改善をし、自分の欠点を直し、戦える力を蓄えようと懸命に努力を続けます。 けれど、いじめっ子は、上手くいったことやばれないことに快感を覚え、ターゲットを常に探し、いじめをやり続けます。 自分の問題には一切目もくれず、直そうともせず、「相手にはいじめられる原因がある。 自分はそれを直してあげているのだ」と、醜い責任転嫁まで持ち出して、 自己の問題から逃げ続けます。 その姿が、魅力的でしょうか? 自分の気持ちのコントロールすら出来ない人間が、大成するでしょうか? いじめっ子達には、上手くいっていることが長い目で見れば大きな問題になるのです。 上手くいっているからこそ、誰も問題点を指摘しません。 自分ですら気付きません。 人は、習慣の動物です。 慣れた行動を繰り返すのですから、人に当たり散らしてストレスを発散することが快感として思春期に身についてしまうと、大人になっても同じ行動で快楽を得ようとします。 逃げられない、閉鎖的な空間の学校ならば、それも通用するでしょう。 けれど、誰もが自由に動ける大人の社会で、そんな人が魅力的にうつるのでしょうか。 彼らは、人生でその快楽のツケを払うことになります。 何故ならば、今の日本のいじめ対策は、「どういじめを無くすか」だけに集中しており、ケアの対象は、いじめを受けた被害者に集中しています。 苛めを受けているあなたには、求めれば助けの手が、沢山あるのです。 けれど、いじめられっ子は? 歪んだ行為で快楽を得ている子達に対する指導は、皆無と言っていいほどです。 精々あって、「いじめをするな」という注意ぐらいでしょう。 本当にならば、ケアが必要なのはいじめをしている側にあるのに、彼らは表面的には何の問題も抱えていない様に見えるからこそ、改善の一歩を踏み出す必要が無いと思い込んでしまうのです。 人生、万事塞翁が馬。 ぱっと見の幸、不幸が、どんな成功や失敗に繋がっているかは、解りません。 今、苦しい。 辛い状態が続いていたとしても、それが未来永劫続くわけは無い。 そして、今苦しんでいるのならば、 成功への見えない切符を渡されたのだと、思ってみてください。 それを現実に見えるようにするかどうかは、あなた次第です。 ここまで読んで頂いて、ありがとうございました。 まだまだ続くよ。 いじめ対策。

次の

いじめをした人間の憐れな末路

いじめ加害者その後の人生

私はいじめ加害者でした。 長文です 私はいじめ加害者の過去があります。 中学1年生のときです。 今は高校生です。 いじめの内容は、簡単にいうと"ハブり"です。 無視したり、心ないメールを相手に送ったりしました。 暴力などはなしです。 そうするまでに至った経緯は、文字数の関係で省略させていただきます。 高校に入ってから、自分でもわかるくらい、自分の性格は変わりました。 中学のころは人の悪口を言うのは当たり前でした。 今はそんな自分が最低だったと心の底から思っていますし、二度といじめをすることはないと思います。 ただ、中学のころの最低だった自分の記憶がふと戻ってきたとき、どうしようもなく暗い気持ちになります。 自分は死んだ方がいいのではないかとも思います。 高校の友達数人はその私の過去を知っています。 「中学生の女子ってすぐ悪口とか言うよね。 私もそうだった」と、特に私を軽蔑することはありませんでした。 同じようにいじめる側になったことがある、ということを話してくれた子もいます。 でも、その子たちと私には決定的な違いがあります。 私は、いじめのリーダー格だったんです。 いじめている た 側は、自分がいじめをしているという自覚はない、反省することなどない、とよく聞きます。 では私はなんなのでしょうか。 いじめは被害者に大きな心の傷を与えます。 自分がしたことは許されることではありません。 許されようとも思っていません。 でも本気で反省してるんです。 偽善者だと思われるかもしれませんが。。 今一番不安なのは、成人式です。 中学のころの同級生と会いますよね? 相手の子は私なんかに会いたくないと思います。 一生の傷を負わされた奴なんかに。 私はどうすればいいでしょうか? そのときに話しかけ、謝ってもいいと思いますか? それと、私は中学の同窓会に出るつもりはありません。 相手の子も、私が来るようなら同窓会に出たくないと思っているかもしれないので、謝罪のときにそれも言うつもりです。 それに、同級生にあわせる顔もありません。 成人式で、特別仲のよかった子以外、中学の同級生と絡む機会をなくすつもりです。 長々と支離滅裂な文章ですいません。 いじめをしていたという過去の過ちは、どう償い、乗り越えて行けばいいでしょうか。 回答よろしくお願いします。。 こんにちは。 「いじめ」は悪いことです。 ……と言われます。 しかし、「いじめ」られた事によって苦しんで強くなる人もいます。 (私も昔は悪いことばかりしていました。 ) 過去の償いは自殺をしないことかもしれません。 「自殺」をすれば「あの人、自殺で『逃げた』」と思われます。 また、自殺の話が近所に広まり、あなたのご両親にも迷惑がかかってしまいます。 私は被害者本人に謝らないほうが良いと思います。 被害者が「強く」なっていた場合、復讐されると思います。 (私がいじめられた人間だったら、必ず復讐するでしょう) 誰にでも「過ち」はあります。 辛い過去、醜い思い出、痛々しい記憶、後悔……。 どこにでもあります。 誰でも持っています。 「償う」と肩をこらない方が良いと思います。 苦しみをかかえつつ、なんとかかんとか生きていければ、それで良いと思います。 カンペキな人生など存在しません。 誰でも誰かを傷つけつつ、生きていきます。 でも、それが「人間」ではないでしょうか。 参考にして下さい。 はじめまして。 貴方は虐められた経験もあるそうですね。 では 貴方が虐められていた事を思い出して虐めた方にどうして欲しいですか? 謝って欲しい?目の前から消えて欲しい? 貴方はどちらも経験したのですから、相手の事を自分と置き換えて考えてみては? 死んでなんでも済む事ではないですよ? もしもそれを苦に死んでしまったら虐められていた子の気持は悪いですよね? 引き金になる訳ですから、それに貴方を育ててくれた親御さんの気持も考えてません。。。 貴方の分をみると自分の事しか考えてないですね・・・ 本当に相手の事を考えて反省したいのなら相手の気持になり、まず自分に何を出来るか、自己満足にならないかって事からだと思いますけどね・・・ 同じことされてください イジメられる側は一生覚えてます たんなるはぶりやバイキン扱いなどなどで 自殺する人いるの知っていますか? 今成長して精神的にも大人になられたんですね だから許してほしい?謝罪したい? 結局自分の過去が汚れてるようでいやなだけでしょ? 自分がしたことで自分が暗くなる?は?って感じですね 挙句の果てに次は自分が死ぬ?は?って感じです って前置きはいいですね 私は小学校5年から中学校3年までイジメられる側だったものです。 まぁ制裁はしましたけどw 死なないでください。 あなたが死んでなんの意味があるんですか?泣く人がいるだけですよ? 同窓会にいって今成長したあなたで 謝ってあげてください。 相手が許す限り自分がしたことを・・・ そしたらいつか・・・その子は心が救われるはずです。 当時は若かったしっとかイジメの理由にもなりませんが でもね?イジメる側の人が本当に謝罪の気持ちがあるってわかるだけでも、イジメられる側にとったら心が救われていやな思い出が うすくなっていくんです。 たったそんなことで思い出したくない学生時代が 笑える思い出にかわるかもしれません。 イジメとは加害者の心の歪みや弱さから来ていると よく言われますが、自らの過去を見つめ、きちんと 自分の弱さとそれに伴った誤った行動を反省し、その事実と被害者 に対し正面から向かい合おうとしている貴女の 誠実な姿勢は非常に評価するものであり、非常に 立派だと思います。 が、他の回答者様の仰る通り果して 相手に今、あるいは今後、謝る事が好ましい事か、 というと疑問を残すところがあると思います。 成人式でどうするかについては特に意見がないので 貴女の姿勢を比較的被害者側の観点から考え 意見したいと思います。 ある意味、更生したと言える貴女は今現在非常に 被害者に対して申し訳なく思い、自分が行った 事々を考えると衝動的ながら自らの死も頭を過る。 本当に反省していて、機会があるなら是非謝りたい、 という事ですが、仰る通り相手は貴女には会いたくも 話したくもないと思います。 貴女の今の欲望は、 許しを得られなくても兎に角一言謝りたい、 という事ですが、それは単なる貴女のエゴという 風には考えられませんか? 貴女は謝れば多少気は楽になると思いますが、 相手は苦しく悲惨な中学時代を過ごす様に強いられた いじめ加害者張本人が今になって前に現れて 昔貴女がどれだけバカで未熟で被害者がどれほど 苦しいか理解出来てなくて、偽善者と言われてもいい、 反省している、と伝えた所で果して貴女の 言葉を好く受け止める事が出来るのでしょうか。 もしかすると被害者はその苦しい思いを 自らの心に封(と)ざし、貴女が居ない世界で 楽しい高校生活を送られているかもしれません。 貴女が謝罪の意を伝えるどころか、前に現れられる 事すら不快に思うかもしれません。 自分は、日本ではインターナショナルスクールに 在学していたので比較的いじめとはあまり 関わる事なく生きてきましたが、もし自分が 被害者の立場なら、貴女の謝罪に対し、今さら なによ、と思うと思います。 もちろんケースバイケースで、他の回答者様が 仰る通り、笑い話しに出来るほど強くなった 被害者もいるかもしれませんが、「貴女昔私に こんなあんなひどい事言ったよね」と、加害者 と笑って話せる被害者は恐らくいないと思います。 貴女が反省し、後悔している、という気持ちは 質問文を通してよく分かりましたし、謝罪したい という意思は先ほども申し上げた通りですが 立派な姿勢で、ある意味模範的でもあると思いますが、 何が何でも謝罪したい、と考えるのは貴女が 被害者をいじめていた時に持っていたエゴと 同じ類のものであると思います。 どう償えるか を考え苦しむ事も償いの一つでもあると思いますし、 過去に起きた事は取り返しの付かない事ですので 今後、中学生、小学生の世代の酷いいじめを 起こさせないようにする活動(そういった活動が 実在するかは不明)に参加する等、必ずしも 償い方は被害者張本人に向けてする必要はないと 思います。 そういう事も含め、この問題は 貴女が自らの力で償う方法を考え、解決し、 いじめという行為の弱さを乗りきった (加害者に対しこの様な表現は正しいとは 思わないがニュアンスとして)強い人に なってください。 偉そうにいろいろと言わさせて頂きましたが、 貴女とは同世代ですので少し厳しめに 発言させて頂きました。 相手に謝った方がいいかどうか・・ 難しいですね。 私も容姿を理由にある男子にいじめられていたのですが・・。 大人になり、私は努力の甲斐あって、街で男性に声をかけられたり、 時には周囲から「綺麗」と言われるようになっていました。 それでも昔彼から浴びせられた言葉や視線を忘れることが出来ませんでした。 私は何度も頭の中で同じ想像をしました。 彼に手紙を書いて実際に会い、当時の事を謝らせたい・・。 でももちろん実行に移すことはありませんでした。 彼は若くして結婚、生まれた子供には障害がありました。 しばらくして近所の人たちの間で 彼が「障害のある子供を立派に育てている素敵なお父さん」だという 評判が立つようになると、 何とも言えない複雑な感情に襲われるようになりました。 容姿という本人ではどうにもならない理由で他人をいじめていた人間が、 今は障害を持つ子供の親として周りから尊敬されている。 それが許せない・・。 夢に彼と会ったことのない彼の子供が出てくる事さえありました。 もう自分には何の関係もない筈の人なのに。 彼が昔通りの人を人とも思わないような人間だと思える方が 私には好都合だったのかもしれません。 他人を憎むことは容易い事ですが、 赦すということはとても難しいものです。 長い時間が必要なときもあります。 今は私も結婚して平穏な毎日を送っています。 当時の事を思い出すことは滅多にありません。 この質問を読んで久しぶりに思い出しました。 きっと私は今幸せなのでしょう。 彼がもし昔の事を忘れていたとしても(たぶんとっく忘れていると思います) それでいいと思っています。 質問者様が 「もし相手が赦してくれても、自分自身を許せない」と思うなら、 それが「償う」という事なのかなと思います。 いつかきっと自分にとっても相手にとっても 何もかもが遠い思い出になる日が来ます。 私はいじめの被害者でした。 小学生の頃でした。 私の場合、シカトされたり、陰口を言われたりと今になっては軽いものだと思いますが、 小学生の自分にとっては大きな傷で、軽い登校拒否になりました。 そのとき私の親は先生に相談したり、実際に相手の親に言ってくれたりしたお陰で いじめはなくなりました。 今でもその影響からなのかヒソヒソと誰かが話していたり、誰かに見られていると 自分のことを何か言われているのかななどと思ってしまいます。 被害妄想なのですが… でも、登校拒否をしなくなり、学校に行き始めたとき、いじめてた子とその親御さんが 家に来て謝ってくれました。 その時は「顔も見たくない、許すものか」と 思っていましたが、日が経つにつれ「許してもいい」と思うようになりました。 私の場合、中学校と特に高校と大学(現在)では良い友達に恵まれたお陰か、 いじめのことはあまり思い出しません。 でも、思い出さないのはいじめがそんなに酷くなかったからなのではないかとも思います。 しかし、私の父もいじめにあってました。 父の場合結構ひどかったらしく、シカト陰口は当たり前、 顔を見れば暴力も振るわれる毎日だったそうです。 中学3年間ずっとです。 でも、大人になり、同窓会でいじめられた子に会ったとき、謝られたと言っていました。 いじめられた当時は一生許さないと思っていたそうですが、許したそうです。 心の傷は大人になっても消えません。 いじめはそれだけ重いのです。 謝られても許されないことだと思うし、もしかしたらmilky1017さんも謝っても 許されないかもしれません。 でも、私も父も、時間が経って許す心が生まれたのです。 そう思えば、やはり反省して、謝ることが一番です。 いじめを最低だったと思っていることを伝えて、謝るべきです。 「中学のころの最低だった自分の記憶がふと戻ってきたとき、どうしようもなく暗い気持ちになります。 」 とありますが、それは被害者の方も同じです。 いじめのことを思い出せば暗くなります。 でも、もしその子が今、良い友達に恵まれていれば思い出すことも減ってるはずです。 許す心も出来てきてるかもしれません。 それだけ、友達の存在は大きいのです。 もし、その子に良い友達がいなければ、あなたがなってあげて下さい。 そうなるまでの道のりは大変だと思いますけれど、いじめにはそれだけ 責任があることなのです。 過去は変えられません。 それは、被害者も加害者も一緒です。 過去のことを後悔しているのであれば、何がこれから出来るのか考えてください。 あなたは、いじめをしたことを反省できる心を持っています。 それなら、絶対乗り越えられるはずです。 あと「自分は死んだ方がいいのではないかとも思います。 」なんて 書いてらっしゃいますが、被害者の方はそんなこと加害者の方が思ってると思ったら 腹が立ちますよ。 「自分の方が辛かったのだ」と。 強くなってください。 きっと大丈夫です。 私も長文で答えになっているか分かりません。 偉そうなこと言ってすみませんでした。 頑張って下さい。 私は転校を機にいじめのターゲットにされました。 学校の中で、いじめる側の人間には誰も対抗できず、教師ですら弱い環境でした。 今、加害者には会いたくありませんし、同じクラスの人にも会いたいとも思いませんし、先生にも会いたいと思いません。 同窓会があっても行く気はありません。 (辛い思いは加害者に対してではなく、その時の環境全てに向けられます) これがいじめられた経験をした一人の気持ち。 いじめた人が反省したと話してきても、どんな裏があるのか疑う気持ちでしか聞けません。 近づいてこられただけで、何をされるか怖いです。 謝罪もいりません、反省してるならもう目の前に現れないで欲しい。 被害者は失う物は多いけど、加害者が反省で失う物ってどの程度? あなたが反省してるかも知れないけど、謝罪で被害者の気持ちがどれだけ癒されるでしょう? 一番安心できるのは、加害者が犯罪を犯して逮捕されたってニュースでも流れる時かな。 ケロッと改心しましたなんて顔を見るのは耐え難いです。 被害者になっていない人間には、被害者の気持ちなんてわからないと思います。 もし謝罪をする機会があったなら、手短に済まして去るのがいいんじゃないでしょうか。 いじめは悪い事だったと気づけただけでも良いのではないでしょうか。 中学生や高校生は、すごく多感な時期で心身共に大人へ成長します。 その時に人を思いやれる心が持てたなら、それで充分な気がします。 償う気持ちがあるなら、大人になっても決して人をいじめる、人と自分を比較することはしない事です。 いじめた相手に謝罪するのは、どうかな。。。 私は、もういい年の大人ですが、小学校4年位~中学卒業くらいまでいじめにあっていました。 高校は区外に通いました。 中学生の時にいじめにあってて、こんな人たちとは、もう関わりたくない、誰も知らない人のとこへ行きたいと思い選びました。 高校生になってからは、休みの日以外は地元にいなかったので、同級生達に会うことがなくなりました。 大人になるまで数回、同窓会はありましたが、やはり、いじめた相手に会いたくなくて、結局、今まで参加してません。 仲が良い子は個人的には会いますが。 大人になってまでと私本人も思いますが、やはり、いじめられた側にしてみたら、いじめっ子の印象は大人になっても、あまりいいとは言えないです。 本当に謝りたい気はあるのだというのは分かるのですが、出来ればそっとしておいてほしいと私なら思います。 謝罪であったり、あの時の事は水に流して仲良くしようと言われても、怖いです。 残念ながら。 過去はどうやっても訂正はできません。 ならば、これからの未来、周りの人のために精一杯、つくすのが、質問者様にできる償いなのではないでしょうか。 苛められた側、被害者と言う側の人間の意見ですが、 苛められた側の心の持ち様で変わると思います、受け側の心の傷は一生消えないでしょうが、その傷に気が付いた貴方も又、その傷を一生もって 行き続けなければなりません。 「謝罪をしても何の意味も無い」と言う人が沢山居ると思うのですが、 自分はそんな事は無いと思います、人の傷を見ようともしないし、見ても観ていない不利をする人より、傷に気が付いて謝罪しようとする気持を持ったコトに何時か苛められた側も、その気持にこたえてくれると 思います、過去のコトを何時までも悔やんでも仕方が無いと言う事を された側も認めることが出来れば、罪は償えると思います。 謝罪はした方が良いと思います、出来れば 2人だけで合えるのなら 合って話し合う方が良いと思います。 乗り越えるスタートは、謝罪した時からだと思いますよ。 Q いじめの話題で、被害者の苦しみ、加害者と学校の問題について言及することは多くても、加害者の親のことについて述べることって少ないとおもいます。 もし、自分の子供が普段友達にひどいことをしていると気づいていなかったとしても、わが子が少しでもかかわっていたと分かった時点で、「なんてことをしてしまったんだろう」と申し訳ない気持ちになるのではないかと思うのですが…。 もし、私が加害者の親になってしまったら、子供がしていたことに気づいた時点で後先考えず子供を引っ張って謝りにつれて行くと思います。 もちろん、価値観とか、性格とか、いろいろ人によって違うのは承知のうえですが、1,2歳の子供同士でも、おもちゃを取り合ったり、けんかしたりしたとき、子供と一緒にあるいはうまく言えない子供のかわりに「ごめんね」をいうような、本当に人として当たり前の感覚で、そういうものってあると思うのですが、加害者の親になる人はそうじゃない特別な人が多いのでしょうか。 自分や近しい人が当事者になった経験のある方、できれば加害者側になってしまった方のお話を伺えたらうれしいです。 A ベストアンサー 自分が中学生の頃、クラスにいじめがおき、その中心人物の親がPTA役員で、子ども心に、なぜこのような人の子が悪魔のようないじめっ子なんだろうと、ずっと疑問でした。 よく、いじめる子は劣等感を持っているとか、寂しいからだとか云々という説が流れますが、全く逆で、一見健全なように見えますがいじめっ子は結局自分が大好きで、自己肯定感が強く、自己愛の塊であることが多いのでは。 いじめられる子が、過保護に育てられたから弱くて抵抗できず、いじめが起きてしまう説というのも、違うのではないかと。 全ては、加害者の親+加害者の自己愛の強さ(自分大好き)に原因があると考えています。 どちらかといえば、過保護なのはいじめっ子の親の方が多いのでは。 自己愛が強いから、自分が悪いなんて、微塵にも思っていないはずです。 特権意識が強いから、自分は許されると考えている。 そういう人達は、無条件にちやほやされたいし、お姫様やお殿様のように扱われたい。 自分の欲求をコントロールできない。 自分が1番じゃないと気がすまない。 おもちゃの取り合いで負けたら、「なぜうちの子が譲らなければならないの」となるんじゃないでしょうか。 いじめっ子はいじめられっ子であった事が多い、と言われますが、いじめられてもいじめっ子にならない子なんて沢山いますよね。 でも、いじめっ子というのは、自己愛が強く、自分が大好きで、自尊心がありすぎるので、自分がいじめられていたなんて、許せない。 だから、いじめられっ子から、いじめっ子に成り上がるんだと思います。 いじめる子の親が、何かしらの地位にあったり名声があったり、お金に余裕があったり、自分たち以外を見下す行為があったり、自分たちは特別であると感じさせるような(例えば、ルールを守らなくても許されたり・・・)特権意識が強い行動を日頃から取っていて、それが子供に影響を与えていると考えています。 私は、いじめっ子は、自分のこと大好きな人間だと思ってます。 そして、その親も。 自信を持っているので、集団の中でリーダーになることも多い。 親も、バリバリ働いて社会的には有能とされる人が多いのでは。 いじめる側の、劣等感や、マイナスの感情からいじめが起こるのではなく、むしろ、プラスの感情、自尊心が高く、自分が大好きと言った感情が行き過ぎたものなのではないかと感じてます。 加害者であっても、自分は悪くないと、虚勢ではなく本当に思っているんだと思いますよ。 加害者本人も、加害者の親も。 なぜそのような言いがかりをつけられなくちゃいけないの、と。 本当に、そう思っているから、解決が難しいんだと思います。 自分が中学生の頃、クラスにいじめがおき、その中心人物の親がPTA役員で、子ども心に、なぜこのような人の子が悪魔のようないじめっ子なんだろうと、ずっと疑問でした。 よく、いじめる子は劣等感を持っているとか、寂しいからだとか云々という説が流れますが、全く逆で、一見健全なように見えますがいじめっ子は結局自分が大好... Q 30代の女性です。 義務教育(中学)を卒業してから15年が経ちます。 小学校中学校と、ずっといじめられてきました。 自殺も考えたぐらい陰湿で壮絶ないじめです。 それから15年、今になってもまだ その頃 いじめられた夢を見ます。 目が覚めて、起きるととても疲れています。 とくに心療内科とかには通っていません。 何年経ってもいじめられた悲しい記憶や心の傷は 癒えません。 それに対してどうしたら 心の傷が癒えますか? と、いう質問ではありません。 私は気になることがあります。 ここには、いろいろな質問に対して 回答してあげようという良い人ばかりなので こんな質問は失礼に当たると思いますが 失礼を承知で質問させてください。 ここを見てくださっている方の中には 小学校中学校のころにいじめの加害者側に 立っていた方もおられると思います。 机やイスを男子トイレに隠したり 筆箱や体操着などを便器に突っ込んだり 上履きを隠したり、汚いとかうざったいとか言って その人を避けて通ったり 仲間はずれにしたり 石を投げたり。 そういう事をしてた人って、社会人になってから なんであんなことをしたんだろう? って反省したり 会えるものなら会って謝りたいとか思ったり するのでしょうか? それともそんな記憶さえも忘れて しまっているのでしょうか? それとも覚えているけど謝る気もそうそうないのでしょうか? (ま、いっか、みたいな・・・) 前にここではない人生相談の掲示板で 同じ質問をしたら 【そんなことを言って、今更どうしたいわけ? 謝って欲しいわけ? それとも自分はかわいそうだから 同情して欲しいの? お前は悲劇のヒロインか? 】 と、言うレスの集中攻撃を食らい 潰されてしまいました。 今回は潰されたくないです。 ただ疑問なのです。 30才40才になった時に加害者だった人は そんなこと(いじめたこと)を思い出して 悩んだりするのかな? って 30代の女性です。 義務教育(中学)を卒業してから15年が経ちます。 小学校中学校と、ずっといじめられてきました。 自殺も考えたぐらい陰湿で壮絶ないじめです。 それから15年、今になってもまだ その頃 いじめられた夢を見ます。 目が覚めて、起きるととても疲れています。 とくに心療内科とかには通っていません。 何年経ってもいじめられた悲しい記憶や心の傷は 癒えません。 それに対してどうしたら 心の傷が癒えますか? と、いう質問ではありません。 私は気になることがあります。 ここには、... A ベストアンサー いじめっ子というのは、いじめてる意識がないからいじめをするのですよ。 「なんでいじめてる意識がないのか」という点についてしばし問題になりますが、これは当然のことなのです。 本人にいじめてる意識がないのですからね。 人間にはもともと、「自分とは特質の違うものを排斥し、気の合う仲間だけでグループを作ろうとする」という習性があります。 これは数千年前、原始時代に培われた特性なのですが、子供は「社会の波にまみれてない」ので、それがそのまま行動に現れてしまうのです。 つまり、「間違った行動をする奴に粛清を加えて何が悪い」というのが、いじめっ子の本当の言い分です。 (それが口にされることはほとんどないのですが) 子供(トッチャン坊やな人達を含む)というのは人生経験が物理的に存在しないので、他人の間違いを認める能力そのものがありません。 ゆえに彼らには、「自分と諍いを起こす可能性のある人間には、あらかじめ粛清を加えて排斥しなければいけない」という本能が働くものなのです。 いじめっ子が自分のいじめ行為を覚えていないのはそのためです。 また、あなたがいじめっ子のことをいつまでも忘れられないのもまた、人間の習性によるものです。 忘れちゃったら次、同じことが起こったときに対処できないわけですからね。 今はもう大人になられてかなり楽になったと思いますが、似たようなことがいつ起こってもいいよう、あらかじめ頭の中でシミュレートしておく必要があります。 そういう日々のイメージトレーニングを心の強さを保つための一助にするために、いじめられっ子はいじめられたことを忘れないのです。 いじめっ子というのは、いじめてる意識がないからいじめをするのですよ。 「なんでいじめてる意識がないのか」という点についてしばし問題になりますが、これは当然のことなのです。 本人にいじめてる意識がないのですからね。 人間にはもともと、「自分とは特質の違うものを排斥し、気の合う仲間だけでグループを作ろうとする」という習性があります。 これは数千年前、原始時代に培われた特性なのですが、子供は「社会の波にまみれてない」ので、それがそのまま行動に現れてしまうのです。 A ベストアンサー 人それぞれだと思います・・・。 私は、とても、とても、後悔の念で一杯になります。 幼少期、私は余り環境の良くない家庭環境の中にいて、母親や姉兄からは愛されていましたが、時々帰ってくる父親に、頻繁に暴力を受けました。 そのせいか、同性の女の子に対しては、とても優しく接する事が出来たのですが、異性の男子には小学時代暴力で押さえつけてました。 体は小さかったのですが、運動神経が良いので、何人もの男の子殴り合いのケンカになっても、負けた事がありませんでした。 一度、8対1で喧嘩になった時、相手の顔面に思いっきり蹴りを食らわせて、驚かれた事がありました。 でも、この辺は、たわいもない力自慢というか、喧嘩自慢・・・・。 ですが、私はそれに収まらず、隣の席の男の子の事をいつもいじめてました。 彼は、彼が骨折して入院した病室にいた同室の成人男性と、彼のお母さんが病院で知り合い、子供二人を置いて駆け落ちしてしまったのです。 子供って残酷で、そういうのを聞いて、可哀想とかより、彼のだらしなさや、不潔な部分、純粋な性格、全てにいらついて、正直、母親がいなくなって、父親が育てていたのですが、身だしなみがなってなくて、虫歯も凄くて、その虫歯に鉛筆の先で、歯クソを取ったりする姿が、潔癖で直ぐに下呂を吐いてしまう私には耐えられないし、彼のおどおどした姿にイライラして、授業中、先生にばれない様に彼の腿をつねったり、酷い事をいっぱいして、言葉の暴力も凄かったと思います。 家庭で、自分が受ける仕打ちの憂さ晴らしをしていたんだと思います。 もう、20年以上前の話ですが、本当にふとした瞬間に彼にした過ちを頻繁に思い出します。 なんて、自分は最低な人間だったんだ・・・・。 悲しくなります。 会うことすら怖いけど、会って、謝罪して彼が許してくれても、大人になった彼に許してもらっても、意味は無いんです。 あの時に戻って、彼に謝って、謝るんじゃなくて、意地悪する前に戻って、彼の不幸な家庭環境、それでも、父親が彼の事、彼の弟さんの事をとても可愛がって、男手ひとつ、色々な夕食を作って、頑張って子供たちに愛を与えていたのを、凄く覚えてるから、その時は、そんなこと、大人の事情的感覚で、酷い事も沢山言ってしまったから、今大人になって、彼のお父さんが子供たちを愛して、一生懸命夕飯を作り、彼が次の日「昨日はお父さんがすき焼きを作ってくれて、シイタケが凄く美味しかった。 朝も食べてきた」って、給食の時に言ったセリフに対して、「すき焼きでシイタケがおいしいって変じゃない?って、言うか朝からすき焼き食うかよ」って、凄い酷い事を言ってしまいました。 彼にしてしまった事は、本当に事細かに、凄く覚えていて、どうして、もっと彼の家庭の事情などを考えて、思いやる行動をとる事が出来なかったのか・・・・。 今でも、自分の人生の中でも、猛烈に後悔している記憶です。 だから、今、彼が素敵な優しい女性と幸せな結婚をしてくれてたら良いなぁ・・・。 って、思ってます。 一度犯した罪は消えないです。 でも、時間が経って、後悔することしか出来ないもどかしさ、もどかしさなんて言葉じゃ言い表せない、懺悔の念がいつまでも、いつまでも、付きまといます。 因みに、逆に、女子には私は虐められてました。 虐められてたと言うより、虐めを止める側の人間だったんです。 小学生の時はずっとです。 活発で、明るい人を笑わせるのが大好きな子供で、おませさんで、小学生の時は、4,5年からランドセルなんてしょってなくて、お気に入りのカバンで通学。 3年生から朝シャン。 4年生から朝シャン。 朝ぶろ。 滅茶苦茶、生意気で、ハチャメチャな小学生でした。 でも、クラスの女の子がいじめにあうと、その子をかばって、かばった私が無視される事は度々でした。 虐める側の人達は、いつもなら、一緒につるんでる仲間でした。 でも、彼女たちの、私から見た異常ないじめは見るに耐えなくて、いつも止めに入って、逆に私が的になる。 で、仲直りすればいつもやんちゃ仲間。 でも、そんな時、幼稚園からの友人で今でも(31歳)付き合いのある子がいるんですが、虐めの核は彼女だったので、ある時、体育の授業が終わり、教室に戻った私が教室のドアを開けると、丁度目の前に彼女がいて、私と目が合った途端「きゃー!目にカビ生えてない!」って、叫びながら、虐める側の集団の輪の中に入って行きました。 そして、その輪の中にいた皆が「うわー、本当だカビ生えてるよー!」って、笑いながら叫んだ事を覚えてます。 私は、そのまま何も言わず自分の席に着き、彼女の衝撃的な言葉と行動に打ちのめされてました。 学校に行けば、机が無い。 でも、仲直りすれば元通り、その彼女と二人で、過激ないたずらをやりまくってました。 だから、いつも先生からはぼこぼこにされました。 小学6年生の時、自分が悪くて友達と喧嘩をすることは無かったですが、自分のグループ外の友達が私がつるんでた友達たちの標的になった時は、止めるように説得し、それでも駄目なら、君たちとは一緒にいない。 虐められてる彼女と行動を共にする。 って、言うと、一時間後には、虐められてた子が彼女たちのグループに入って、かばった私が今度はいじめの対象になる。 その繰り返しをしました。 卒業式当日まで、その状況は続き、当日の朝、呼び出されて、初めて友人達から「ごめんね」って、謝られました。 嬉しかったけど、それまでが結構壮絶に酷い事をされていたので、本当に辛かったです。 唯一、自分が信念を持っていた事は、「あの、酷いいじめを受けてる彼女らをかばった私は間違えてない」と、そう信じてました。 あれから、もう、十数年。 その、虐めの核に居た友人は、今では親友です。 あの頃は、良くケンカしたよね~、って、あっさり言います。 喧嘩じゃなくて、集団無視の虐めだろ!って、突っ込みたいですが、今の彼女の事が好きだし、今の私が悩んだり、落ち込んだりしていると、私の為に一生懸命相談に乗り、時には私の為に大泣きしてくれます。 私は、今の彼女を得てるから、昔酷い事をされた事は、綺麗には水に流せないですが、人は変るもんなんだと思うので、彼女を信じてます。 私の意見では、人に酷い事した人も、後悔してる人もいれば、そうでない人もいると思います。 因みに、中学に入ってからは、一切いじめはしませんでした。 虐めをしている奴に、逆に制裁を加えていたのを覚えてます。 そんな、酷い制裁じゃないですよ。 虐めをするなら、私はあなたと話をしない。 あなたは、間違ってる。 ただ、そう言っただけです。 でも、うぬぼれになってしまうかもしれませんが、その頃の私はクラスメートには凄く好かれてて、差別を全くしなくなっていたので、私のその行動は、言われた相手には相当堪えたようでした。 幼少期に、色々と辛い思いをしたので、職場で虐めを受けたりしても、結果、自分が真っ直ぐに正しく、思いやりを持って生きていれば、見ていてくれる人はいて、助けてくれる人もいるんだって思う事もありました。 でも、中には、絶対、虐めをしても後悔どころか、上司に虐めに関して注意されたら、怒り奮闘だったのか、怒りのストレスで脂汗かいて、腹痛で早退した先輩がいました。 彼女はきっと、全く感じない幼く自分を抑えられない、ヒスな人だったと思います。 彼女がする虐めが原因でクビになってたし・・・。 きっと、彼女は今でも、何も感じず、意地悪な性格のままで、反省とか絶対しないんだろうなぁって、思います。 回答になったか分かりませんが、人それぞれだと思いますよ。 人間性によりますよ。 人それぞれだと思います・・・。 私は、とても、とても、後悔の念で一杯になります。 幼少期、私は余り環境の良くない家庭環境の中にいて、母親や姉兄からは愛されていましたが、時々帰ってくる父親に、頻繁に暴力を受けました。 そのせいか、同性の女の子に対しては、とても優しく接する事が出来たのですが、異性の男子には小学時代暴力で押さえつけてました。 体は小さかったのですが、運動神経が良いので、何人もの男の子殴り合いのケンカになっても、負けた事がありませんでした。 一度、8対1で喧嘩に... A ベストアンサー いじめが陰湿で再現性があり集団で行われているのなら大きな問題でもあり ある程度相手側に対応させることもできそうですが 他愛のないいじめは人生の中で永遠に不滅です。 一番大事なのはきっかけを与えず2度といじめられないような強い精神と対応力を養うことです。 私の場合は小学生のときに一度だけこれはいじめの始まりだな?というきっかけがあったので 実力行使してくる相手を重症にならないように場所を選んで鉛筆で串刺しにしてやりました。 その後も「お前がやった跡だ」などと言ってくるので「くだらない事言ってているともう一箇所増えるぞ」 と言う様な事を言った記憶があります。 当然ですが、その際には親、教師にずいぶんと罰を受けた気がします。 高校の時もきっかけがあって集団でふざけて追いかけあいになって服が破れましたので そのまま平然と「あいつらにやられた」と着替えずに過ごしました。 その際には普段えらそうに指導している教師の自分本位な立場や完全な無力さを学びましたし 毅然とした態度の威力も再認識しました。 何しろ本人が強くなるような環境作りをしてやらないと社会に出ても永遠にいじめられると思います。 相手への報復より今後の人生が一番大事です。 いじめが陰湿で再現性があり集団で行われているのなら大きな問題でもあり ある程度相手側に対応させることもできそうですが 他愛のないいじめは人生の中で永遠に不滅です。 一番大事なのはきっかけを与えず2度といじめられないような強い精神と対応力を養うことです。 私の場合は小学生のときに一度だけこれはいじめの始まりだな?というきっかけがあったので 実力行使してくる相手を重症にならないように場所を選んで鉛筆で串刺しにしてやりました。 その後も「お前がやった跡だ」などと言ってくるので「... Q 少し前の話になりますが、学生の頃に、自分をいじめていた相手と偶然再会しました。 質問者・再会した相手、共に女性で、5年ぶりの再会です。 そのときに、少し立ち話になったんですが、相手から「昔はひどいこと(いじめ)をしてごめんね」と言う発言がありました。 彼女が言うには、自分も子供が出来て、子供の将来のことを考えた時に、自分がした事がどんなにひどい事だったかわかったから、いつか謝りたいと思っていた。 だそうです。 これを聞いたときに、素直に終わったことだからもういいよ、とでも言えればよかったのですが、彼女の発言から、子供が生まれるまではいじめていたことをまったく気にしていなかったであろうことと、いじめを受けていた側の気持ちもまったく考えていない、自己満足での謝罪に聞こえたことで、かっとなってしまい、ずいぶんひどいことを言ってしまいました。 私が彼女に言った事は要約すると ・そんな口先だけの謝りよりもあんたが消えたほうがよっぽど私の幸せにつながる ・私があんたにされたようにあんたの子供もいじめられるといい という2つです。 (彼女の夫や子供は離れた場所にいたので、この発言は聞いていません) いじめのことを蒸し返されなければ、特に何も言わずに別れるつもりでしたが、つい苛立ちのまま色々ひどいことを言い捨てて、その場を去ったのですが、後になってから後悔してきています。 特に、彼女の子供のことに関しては、子供に非はないので完全に私が悪いと思っています。 ですが、正直彼女自身への数年ぶりにぶり返した憎悪はまだ心の中にあり、顔も見たくないし、連絡を取るなんて虫唾が走るような思いです。 私は彼女に謝罪したほうが良いのでしょうか。 それとも彼女とは今後一切関わりを持たずにこのままフェードアウトしても良いのでしょうか。 どちらかというと、今フェードアウトに心が傾いていますが、彼女の子供に対しては罪悪感を感じています。 自分が受けてとても辛いと感じたことを罪もない子供に同じようになれと思うなんて、いい大人のすることではないですよね。 最近は思考が堂々巡りして、自分でどうして良いのか分からなくなってきています。 なので、ここで第三者の方々に意見をいただきたいと質問をしました。 当事者である私の視線で書かれているので、中立的な文章にはなっていませんが、皆様がおなじ立場になられたらどう行動するかや、私の行動のどこが悪いなどのご指摘がありましたら、お教えいただけないでしょうか。 少し前の話になりますが、学生の頃に、自分をいじめていた相手と偶然再会しました。 質問者・再会した相手、共に女性で、5年ぶりの再会です。 そのときに、少し立ち話になったんですが、相手から「昔はひどいこと(いじめ)をしてごめんね」と言う発言がありました。 彼女が言うには、自分も子供が出来て、子供の将来のことを考えた時に、自分がした事がどんなにひどい事だったかわかったから、いつか謝りたいと思っていた。 だそうです。 これを聞いたときに、素直に終わったことだからもういいよ、とで... A ベストアンサー 子供に対して直接何かしたわけでは無いのですから、特に問題ないと思います。 相手の女性の方は、表面的には謝罪しながら、結局貴方の心の痛みはさっぱり理解していないように見受けられます。 本当に理解していれば、昔のことなど話題にせず、話もそこそこにその場を立ち去るはずです。 彼女の行動は「自分はちゃんと謝罪した」という自分への言い訳を作っただけで、貴方に本当にわびる気持ちなどかけらも無いですよ。 貴方のおっしゃるとおり、自己満足のための謝罪です。 大変卑怯なやり方だと思います。 だから、貴方も謝罪などする必要はありません。 下らない人間だなと思って、さっさと過去に流してしまうのが良いと思います。 Q こんにちは。 私は小学生の時に数人である女の子をいじめていました。 かなりひどかったです。 中学生の時は数人で別の女の子のお金を1度盗りました。 小学生の時も中学生の時も 後々見つかって謝りに行きました。 中学を卒業して もう5年以上経ちます。 今更いい人のふりをしたいとかではなく、 落ち着いた今考えてみると本当に人間として すごくいけないことをしたなと改めて思います。 自分を罪悪感から解放したいからなのかは 分りませんが、もう1度2人に、及びご両親に お詫びしたいです。 いきなり贈ったら失礼ですか? ギフトもつけるのはおかしいですか? お詫びの手紙の内容は自分で考えていますが どういう風に渡せばいいのかよくわかりません。 よかったらアドバイスお願いします。 A ベストアンサー No9です。 エゴ…言葉はとても嫌な言葉ですね。 エゴだという方のお気持ちも私はわかります。 それが正しいかは別として、 いじめられた側からすると、謝ったからといて許せるものか! 今更後悔されても遅いんだ! 許しを得たいなんて何をふざけてるんだ!って思う人は多いかもしれない。 でも私はそう思う人ばかりではないと思いますよ!? 質問者様が大人になり成長して悪いと思えたように 相手も大人になり、自分の中で解決してる人だっているんです。 すべての人間がそうではありません。 ただ謝る事によって相手を傷つける事があるかもしれない と言うことだけを理解していればいいのではないですか? せっかくというか、自分のあやまちを反省出来た質問者様に対して エゴだエゴだというのはいかがなものでしょう…。 なんだか質問者様が回答者様をまるでいじめていたかのように 思いますが…。 せっかくの気持ちを責め立てるのは大人として あまり見てて良い気がしません。 質問者様も理解出来ないのは、自分のせっかく生まれた良い気を まるで悪いかのように言われるから理解出来ないのですよね? 相手が傷ついて忘れたいと思ってるかもしれない 謝っても許してもらえない事も意見を聞いて学んだ そうですよね? 自分が悪いことをしたという反省純粋な気持ちは 大切だと思います。 またいじめられたお友達も原因があったかもしれない いじめられたお友達はそれで乗り越えなければいけない いじめは絶対に許しがたい事ですが、 若いころはあやまちだって起こします。 大人の世界でもあります。 いじめた方もいじめられた方も自分で乗り越えなければいけないと 思います。 謝ったからといって過去が戻るわけでもない 忘れる事もない でも、いじめられたお友達もそれをばねに頑張って生きていき 人の痛みのわかる人間になり、前向きに生きていけないと思います。 質問者様も、もうこれ以上いろんな意見を聞いても 苦しくなるかもしれないので、締めきられてはどうですか? 再度でしゃばってしまってすみません。 どうぞ元気だして、大切な気持ちは謙虚に持ち続けて それこそエゴだと言われないように自分でも気をつけて 頑張ってくださいね。 No9です。 エゴ…言葉はとても嫌な言葉ですね。 エゴだという方のお気持ちも私はわかります。 それが正しいかは別として、 いじめられた側からすると、謝ったからといて許せるものか! 今更後悔されても遅いんだ! 許しを得たいなんて何をふざけてるんだ!って思う人は多いかもしれない。 でも私はそう思う人ばかりではないと思いますよ!? 質問者... Q 以前、中学時代の女性から復讐されたので、報復したら、相手が壊れてしまった経験があります。 私は喧嘩や遊びの延長線上だと思ってるので、罪悪感や後悔はありません。 しかし、他の奴らは、女が壊れて精神病院にいると聞いて、ショックを受け鬱病になったり、自殺したりしてます。 彼らは女に暴力を振るったり、物を隠したり、罵ったり、性的いやがらせをしてました。 女が壊れたのに、今さら悔いてます。 過去を悔いても、意味は無いと忠告してますが、聞きません。 しかし、私は違法行為に手を染めてませんし、過去の喧嘩を蒸し返されたので報復したら、相手が勝手に潰れてしまうという完全な勝利を手に入れたので、誇りに思っています。 最初に、女から喧嘩を売ってきましたし。 女が不登校になったり、自殺未遂したり、高校へ行かなかったり、20代まで引き籠り、その後に犯罪者となったり、酒や薬の依存症になったり、一家離散したり、などは、全て彼女の問題で、私は関係ありません。 それなのに、友人たちから鬼畜や犯罪者と罵られる理由がわかりません。 「いじめ」で罪悪感を感じないと駄目ですか? 「いじめ」をしたら犯罪者ですか? 私は何も違法行為をしてません。 報復も裁判という形で行いました。 相手を総力で潰し、勝ったのは誇りですし、女の現状を思うと楽しくなります。 しかし、罪悪感というのは感じません。 変でしょうか? 以前、中学時代の女性から復讐されたので、報復したら、相手が壊れてしまった経験があります。 私は喧嘩や遊びの延長線上だと思ってるので、罪悪感や後悔はありません。 しかし、他の奴らは、女が壊れて精神病院にいると聞いて、ショックを受け鬱病になったり、自殺したりしてます。 彼らは女に暴力を振るったり、物を隠したり、罵ったり、性的いやがらせをしてました。 女が壊れたのに、今さら悔いてます。 過去を悔いても、意味は無いと忠告してますが、聞きません。 しかし、私は違法行為に手を染めてませんし、... A ベストアンサー 罪悪感はありません。 いじめられてる側に問題があると思います。 どうしてか? いじめられるにもそれなりの理由があるからです。 いじめられてる側は悪くいよ。 て、言う方多いですがいじめられてる側も悪い部分はあるんです。 自分は、いじめにあったことがあります。 ですがそれは自己責任です。 すごく辛くて苦しかった。 でも、理由を自分に聞いてみたら思い当たる節は幾つかあった。 思い当たる節を直していったらいじめられなくなりました。 クラスにいじめられてる子がいます。 その子の親はクレーマーですぐ教育委員会などにチクります。 おまけに、いじめられてる子の親が学校にきて家の子に傷作ったのだれよ!と、問いかけました。 手を先に出したのは向こうなのに…。 そういう理由で私のクラスはいじめられてる方が一名おります。 でも、私は彼の方に嫌なこと散々された。 だから、止めることができないんだと思います。 いじめをなくす事は無理だと私は思いますね。 Q 40代の男性です。 子供のころのひどいいじめはどんなに時がたっても忘れられないと思いませんか。 今でもひどいいじめを受けていた小中学生のころの夢を見ます。 ひどく苦しいです。 最近のいじめ報道などの内容よりひどかったです。 毎日死にたい。 どうやって死ぬか考えていました。 先生も見て見ぬふりでしたし、親にも言えなかったです。 生き延びて結果的には良かったと思ってはいます。 小中学生の同級生とは、まったく縁を切りましたが、最近、仕事上で中学生のいじめの首謀者と顔を合わせざる得なくなりました。 取引関係は対等か、決裁権を持っている私の方が若干立場が上な状況です。 相手は「久しぶりだね」と軽い口調で話しかけてきました。 「同級生のよしみでよろしくたのむよ~」と。 私は「同級だからといっても、ビジネスは別なので、特別な計らいをすることはないです」と返答しました。 すると彼は「昔のこと根に持ってるの?たいしたことじゃない。 たまたまだよ。 わりーわりー」 なるほど、いじめっ子というのは、大人になっても、自分のしたことはたいしたことじゃないと思えるすばらしい思考の持ち主なんだなぁ。。。 とあきれてしまいました。 後日、非公式の取引先の集まりの2次会で 私は「いじめという行為は人によって長年苦しまされます。 今もです。 過ぎたことはしょうがないです。 わりーわりーと謝る気があったら、土下座でもなんでもしろよ。 できる根性があるならな。 できねーだろ。 自分が人を物のように扱ったことをよく思い出してみな。 思い出せないだったら、今でもつるんでるやつに聞きな。 それでもお前が関係ないというなら、それでもいい。 俺は絶対忘れないけどな。 お前に復讐はしないけど、お前が俺にしたことは一生忘れないよ。 この腕と脚の傷も。 」 と言っておきました。 その後会社にメールが来ました。 「私の至らない点で不愉快な思いをさせたことを深くお詫びいたします。 今回の契約につきましては、弊社にとって2年間をかけたプロジェクトとなります。 そこをどうかご勘案していただき、スケジューリングを進めさせていただければ幸いです」 うーん、個人携帯も教えたのに、これか。 いじめっ子だった人は、やっぱり自分のことしか考えてないわ。 だから他人のことは考えずに幸せなんだな。 40代の男性です。 子供のころのひどいいじめはどんなに時がたっても忘れられないと思いませんか。 今でもひどいいじめを受けていた小中学生のころの夢を見ます。 ひどく苦しいです。 最近のいじめ報道などの内容よりひどかったです。 毎日死にたい。 どうやって死ぬか考えていました。 先生も見て見ぬふりでしたし、親にも言えなかったです。 生き延びて結果的には良かったと思ってはいます。 小中学生の同級生とは、まったく縁を切りましたが、最近、仕事上で中学生のいじめの首謀者と顔を合わせざる得なくな... A ベストアンサー No1です。 IDはmugen93ですが、KaPoKoNと申しておきましょう。 イジメた理由ですが、これも「和」でした。 トピ主さんの私がイジメをした事が気になっているとのことですが。 それも周囲に迎合した結果でした。 私はしたくもない喧嘩をして、それに勝ち、勝った相手をイジメていました。 しかし、それは周囲を支配していた彼が怖かったからです。 自分を強く見せようとしてしていた代償心理にすぎなかったのです。 私は、結局、支配していた彼と喧嘩をし、負けても良い喧嘩が出来なかったのです。 すべては弱い自分のせいでした。 私は挑むべきだったのです。 男には負けてもやらねばならない戦いがあるといいます。 その言葉の本意が分かったのは、 自己評価が低い自分をずっと見つめ直したことでした。 トピ主さんも同じようにイジメられた相手に戦ったでしょうか? イジメをした相手を殴りにいったでしょうか? 私の中学時代は1人のイカレた人間に周りが全て支配されたことです。 イジメをした彼を中心に全クラスの青春がまわっていました。 彼が何かしろと誰かにいいます。 すると、それに従わなければ殴る、蹴るの暴行が待っています。 彼がタバコを吸えといえばタバコを吸い。 単車に乗れといえば、暴走族を形成する。 彼には、それが誇りだったのでしょう。 全て自分の命令通りに人が動いてくれることが、 彼にとってとても輝かしい過去だったのでしょう。 そうやって人の人生を奪うことがとても気持ちが良かったのでしょう。 イジメで特に悪質なのが、人の人生を奪うことだと私は思います。 本当は周囲は嫌っているのです。 顔はニコニコしながら話していても 本心はビビっていたり、クソ野郎と思っていたりする。 支配している人間はそれが分からないのです。 彼は周囲が自分に迎合しているだけということを認めたくない。 だから、再び支配しようと殴る蹴るを繰り返すのでした。 毎日が狂気の沙汰でした。 教師でさえ、彼と喧嘩することに怖じ気づいていたぐらいです。 私は「彼にイジメられた事は相当嫌だった」と卒業した後に直接、彼に言いました。 トピ主さんと同じく、彼には反省する色なんかありません。 今では父親になっていたりしているのですが。 正直、幸せになってほしくない人間です。 ですが、そういう人間に限って幸せになるように日本の社会は組み込まれている。 それは「支配する」という感情が、他人の個性を自分の個性に置き換える事に由来しています。 「支配は人の意識に達しても、無意識までには到達しない」と心理学では言います。 ですが、日本の教育構造では「意識」ばかりに目を向け、「無意識」に 「学校に行きたくなる」「仕事がしたくなる」をないがしろにしました。 そして、管理者という人間に支配という権限を与えたのです。 日本の管理者の権限は、海外と比較してもとても高いです。 そうすると「自分に嘘をつく」ということが起こりやすくなる。 だから、学級崩壊がおきる。 ブラック企業が暗躍する。 イジメによる自殺が増える。 日本の自殺者数は3万人を超える。 社会に「不安」をばらまき、伝染することで、人は死を選ぶのです。 環境を悪化させ、政治はそれをずっと無視し続けた。 臭い物にはふたをすると言わんばかりに情報を隠蔽し続けた。 分からないように、分からないようにと事実を曲げ続けた。 私は、彼の命令に逆らえるほどの強い精神力がその時にあれば良かったと思います。 いや、彼の命令というよりも彼によって作られた「和」に逆らう強力な「我」をもてればと思います。 そのようなエピソードを持ったまま社会人になり、自己評価を低くしながら生きてきた要因でした。 いじめられているときの頭の中では、後遺症が残るまで マウントとってボコボコにしてやると頭の中では何百回と思い描いていました。 しかし、それは、そこまでしなければ仕返しをされるのが怖いからでした。 私は、それが出来なかった人間です。 私のように思春期においてそのように自分を強く見せようとした連中に限り、 大人になってからもそういう傾向は残る人がとても多い。 「心の時計」が思春期で止まっている人がこれほどいたのかと 最近になって驚いています。 40歳、50歳を過ぎても時計は思春期のまま。 役職や権限をちらつかせてパワハラめいた行為ですらする人間の典型例です。 そのような人に限って過去にすがっているのです。 強い人間についていこうと媚を売るのです。 本当は、その強い人間が自分のことを攻撃するとも知らずに媚を売り続けるのです。 本当は、その強い人間は自分のことを嫌っているのに、好かれようと努力を続けるのです。 そして、自分にとって本当に必要な人には攻撃性を向けるのです。 だから孤独なのでしょう。 家庭でも、社会でも。 日本の教育は、しっかりと整列をさせます。 そういう風に教え込まれます。 体育祭などが良い典型です。 周囲にあわせきらなければ 「おい!そこ!何をやっとるか!」と怒声が飛びます。 ひどい環境では、それだけでチーム内にイジメが起きます。 裏情報ですが、政治はこれを必要悪と言ったと聞いております。 ということは、トピ主さんも私も必要悪でイジメられたのでしょうか? こんなものたまったものではありません。 随分、偏ったコメントかと思われたかもしれませんが。 私は、そこに腹が立つのです。 日本の教育は、イジメを起こした本人に注意や指導がたしかにいきます。 イジメを起こすような人間は、イジメをしやすい家庭環境や育ちがあります。 しかし、本当にイジメを起こしやすい教育、環境には周囲は全く無関心なのです。 「私は悪くない」イジメが起きているのに、無関心な周囲はそう思っているのです。 そうして、イジメられている方、イジメている方の両方を話や笑いの種にしているのです。 環境や組織の責任ではなく、個人の責任にするのが日本の社会なのです。 私は日本のイジメの60%以上が組織の責任であると考えております。 長文で申し訳ないです。 私は自分がしたイジメを謝罪するとともに、そのような行動が 自分自身のイジメをされた事に対するエピソードも、少しは気が楽になっております。 トピ主さんはいかにも自分こそが被害者であると主張されている、 そしてイジメをした加害者こそが本当に悪魔のような人間であると感じている。 しかし、イジメをしていた対象ばかりでなく、 イジメを傍観していた教育や環境はどうだったでしょうか? 参考までに、神経症や精神病の多くが「自分に対して嘘を付いたことから発症しております。 」 No1です。 IDはmugen93ですが、KaPoKoNと申しておきましょう。 イジメた理由ですが、これも「和」でした。 トピ主さんの私がイジメをした事が気になっているとのことですが。 それも周囲に迎合した結果でした。 私はしたくもない喧嘩をして、それに勝ち、勝った相手をイジメていました。 しかし、それは周囲を支配していた彼が怖かったからです。 自分を強く見せようとしてしていた代償心理にすぎなかったのです。 私は、結局、支配していた彼と喧嘩をし、負けても良い喧嘩が出来なかったのです。 すべては弱い自... Q 過去にいじめをしていて、今それを後悔している方がいらっしゃいましたら、 1、いじめをしていた時期 2、なぜいじめをしていたのか 3、後悔した時期 4、後悔したきっかけ を教えていただけないでしょうか? なぜそんなことを質問しているかと言うと、私はそんなに人に嫌われるタイプではないと思うのですが(友達も多いほうです)ふとしたきっかけでクラスの男子数名から軽い嫌がらせをされました。 今も彼らは私のことが嫌いだと思います。 そのきっかけというのは私は割りと人懐っこいタイプなので、大して仲良くないのに話しかけてきたり、私が興味のある話を彼らがしていたときに話に入ってきた事が気に入らなかったようです。 その時は楽しそうに話をしていたので迷惑がってるとは知りませんでしたし、やめてといわれた事もありません。 もちろん私にも非はありますし、それについては反省もしていますし、それは彼らにも伝わっています 彼らなりの理由があるのでしょうが、そんなくだらない理由(私は一言やめてと言えばすむ話だと思うのでくだらない理由だと思っています)でいじめをした事を後悔する日が来るのかな?と思って質問させていただきました。 彼らは本質的に決して悪い人ではなく、今でも彼らのことを嫌ってはいません。 できればまたいつか友達としてやり直せないかな、なんて虫のいい事を考えていたりします。 (そう言う考えが嫌われた原因なんですけど) 回答いただければうれしいです。 過去にいじめをしていて、今それを後悔している方がいらっしゃいましたら、 1、いじめをしていた時期 2、なぜいじめをしていたのか 3、後悔した時期 4、後悔したきっかけ を教えていただけないでしょうか? なぜそんなことを質問しているかと言うと、私はそんなに人に嫌われるタイプではないと思うのですが(友達も多いほうです)ふとしたきっかけでクラスの男子数名から軽い嫌がらせをされました。 今も彼らは私のことが嫌いだと思います。 そのきっかけというのは私は割りと人懐っこいタイプなので、... A ベストアンサー 恥ずかしながら、私はいじめた側でもあり、いじめられた側でもあります。 1、いじめをしていた時期 イジメをしていた時期は中2~3くらいだったと思います。 私がイジメられた時期は高1の時でした。 それともう一つがその時期家庭が大荒れで、家に帰ると父と祖母が大喧嘩してたり、祖母の暴言がひどかったりして…。 思春期の私には相当負担で、家出や自殺を考えていた時期でした。 思春期と私情によって…イジメをしてしまったと思っています。 3、後悔した時期 高1の時です。 中学の時仲良かった(一緒にイジメていた人)が突然無視をし始めて…今度は私にしっぺ返しされて、初めてイジメられる辛さを知りました。 そして高2の時、イジメていた人が声をかけてきてくれて…「私あんな事したのに…」と、嬉しさと後悔の想いがありました。 そしてその人とは今でも友達として仲良くしてます。 4、後悔したきっかけ 自分にイジメがしっぺ返しされた時「自分がした事は返ってくる」と知り、悪い事はしちゃいけないな~と反省しました。 そしてイジメをしていた頃を冷静にみると、結構辛かったし、友達は出来ないし、良い事は何もなかったと…知ったからです。 sami3さんは何歳なのかわかりませんが、思春期の時は不安定なせいか「人懐っこい人」や「明るい人気者」が疎ましく思われ、イジメの対象になりやすいんだと思います。 今sami3さんをイジメている彼らはこの先「反省するかしないか」はわかりません。 私みたいに傷みを知ったら後悔してくれるかもしれないけど、反省しない方が多いかもしれません。 私をイジメていた人達とは20代の時何回か街中でばったり会いましたが、避けられました(目が合ったりぶつかりそうになってお互い顔を見たりしたので、相手も私だと気付いていたのに)。 sami3さんをイジメている彼らが一緒にいる間は、sami3さんが話しかけたりするのは火に油を注ぐと思います。 お互い干渉しない・距離をおくのも必要だと思います。 彼らが別々に行動し始めたとか卒業をして少し大人になってからだと、sami3さんが話しかけても仲良くなる可能性は「大」だと思います。 sami3さんには友達が結構いらっしゃるようでしたら、無理に彼らと仲良くなる必要はないかもしれません。 皆が皆仲良くなれたら…世の中平和になるのでしょうが、いくつになっても「相性の合う合わない」は存在します。 sami3さんは仲良くしたくても彼らにしたらありがた迷惑になる事も考えられますし。 私をイジメた人とは再び仲良くなりたいとは思っていません。 一時期「またやり直せたら」と考えましたが、20代の時に避けられてから「無理だ」と確信し、今仲良くしている友を大切にしています。 長々と書きましたが、参考になれば幸いです。 恥ずかしながら、私はいじめた側でもあり、いじめられた側でもあります。 1、いじめをしていた時期 イジメをしていた時期は中2~3くらいだったと思います。 私がイジメられた時期は高1の時でした。 Q 初めて質問させていただきます。 私、中学3年生の男子生徒の父親45歳です。 すでに解決というか、中途半端に和解して終わってしまった件ですが、 時が経つにつれ色々と納得のいかない事が自分の中で湧き出してきて困っています。 もう終わった事なので、今後ぶり返してという事はないですが、誰かに聞いてもらえるだけで少しは気持ちが楽になれたらと思っています。 息子卓也(仮名)は中学3年生野球部の一員 被害者貴一(仮名)は中学2年生野球部 共に小学校からの付き合いで、親子共にそこそこのお付き合いあり=小学校時代は仲良く遊んでいた関係 事の発端 今年4月頃 卓也は友人A・B・Cと4人で 貴一を呼び出し言動が生意気だと説教し暴力的なことをした。 その後数日間で、卓也他3名は貴一に謝り和解していたらしい 暴力は決して認めれる事ではないですし、上級生数人で下級生を囲むという行為は許されることではありません。 謝れば済むという問題でも無いです。 しばらくしてから、貴一君の親さんから学校へ呼び出しがあり 事件について知る事になった訳です。 当日、親さんに謝罪し今後の子供の指導についても問いただされ徹底的に打ちのめされました。 加害者側として、言い訳ひとつ出来ず言われるがままでした。 親としては仕方が無いと納得できましたが、子供に対しても貴一の親さんから厳しい言葉が続きその中の言葉ですが、 「あんたなんか絶対許さないからね」 「謝る態度なら坊主頭にしてから来い」 「坊主にしても許さない」 「誠意が見えない」 子供に対してどんな謝罪を求めているのでしょうか? 大人が子供をいじめてはいかんよ 反省し謝っているんだから大人はそれなりの態度とるべきだ 今を徹底的に責めるではなく 今後同じ事を繰り返さないよう指導するのが大人だと。 結局その後ウダウダと引きずり 野球部には居れなくなり辞めました。 子供自身耐えられなかったのでしょう。 初めて質問させていただきます。 私、中学3年生の男子生徒の父親45歳です。 すでに解決というか、中途半端に和解して終わってしまった件ですが、 時が経つにつれ色々と納得のいかない事が自分の中で湧き出してきて困っています。 もう終わった事なので、今後ぶり返してという事はないですが、誰かに聞いてもらえるだけで少しは気持ちが楽になれたらと思っています。 息子卓也(仮名)は中学3年生野球部の一員 被害者貴一(仮名)は中学2年生野球部 共に小学校からの付き合いで、親子共にそこそこのお付き合い... A ベストアンサー 仲が良かっただけに、また、ご子息が加害者側にあったことを思いますと大変辛かったと思います。 質問者様が質問された内容通り、今後、同じ事象が起きぬよう見守られるのが良いでしょう。 相手の「誠意」は、相手の気持ちが落ち着かなければ、何を言っても、やっても納得は去れないと思います。 私も質問者様と歳が近いのですが、そういう時、昔は親や先生から張り手やら拳骨が飛んできたものです。 学校が間に入り権力的に収まった(決着した)こともありました。 勿論全てのことには当てはまりませんが。 私も父親として、質問者様の悶々とされることを想像しています。 ご子息が首謀者だったのか?仲間外れが恐かったのか?愉快犯的な気持ちだったのか?悩まれていらっしゃる事でしょう。 まして、思春期真っ只中ですし。 ご子息は許されない行為でしたでしょう。 しかし、気持ちも無下に出来ませんよね。 もし、共犯じみたやり取りがあったのであるならば、ご子息には、断る勇気も試されていたのかも知れません。 親の聞く耳一つで、善悪の道が別れる場合も想定されるでしょう。 どうでしょう? 過ぎたることですが、機会があれば、「男通し、男」としてあったことを話されてみては。 質問者様が学生時代に経験されたことも交えて話されてみては。 ご子息の気持ちの片鱗が見えてくるやも知れません。 あくまで機会があればですが。 それか、様子を見ながら筋道をみいだし、前向きにもっていかれると良いかも知れません。 加害者側にあった方は、今後を見ておられることでしょうし。 失敗はチャンスだと思われます。 長文、失礼しました。 仲が良かっただけに、また、ご子息が加害者側にあったことを思いますと大変辛かったと思います。 質問者様が質問された内容通り、今後、同じ事象が起きぬよう見守られるのが良いでしょう。 相手の「誠意」は、相手の気持ちが落ち着かなければ、何を言っても、やっても納得は去れないと思います。 私も質問者様と歳が近いのですが、そういう時、昔は親や先生から張り手やら拳骨が飛んできたものです。 学校が間に入り権力的に収まった(決着した)こともありました。 勿論全てのことには当てはまりませんが。

次の