トイレ修理 相場。 トイレの詰まり・水漏れ修理の費用相場とポイントをお教えします!

トイレつまり修理を業者に頼んだ場合の料金っていくらくらいするの?安い業者はどこ?失敗しない業者の選び方まで教えます!

トイレ修理 相場

トイレの便器、突然の詰まり、業者がくるまでの対処法 トイレの便器が詰まってしまって汚水が逆流してしまわないようにするために対策が必要です。 業者に依頼したものの業者が到着するまでに症状がさらに悪化してしまうこともあります。 そうなったときに慌ててしまわないように、落ち着いて行動が必要です。 詰まりが起こってしまった場合は必ず水を流さないようにします。 慌てていると何度もレバーを引いてしまうことがあります。 水を流せば何とかなるのではといった思いがよぎって対応してしまいがちです。 それは大きな間違いなので、レバーを引かないようにしましょう。 トイレの止水栓を閉めておくことも忘れてはいけません。 異物がある状態で水を流してしまうと。 逆流してしまって床に水が溢れてしまいます。 だから間違ってもトイレの水は流さないことが大切です。 万が一水が溢れてしまった場合は、床に雑巾を引いて拭き取るようにしましょう。 そのままの状態にしていると床にどんどん浸透していってしまいます。 家具などに被害を起こさないためにも、油断しないように業者を待ちましょう。 業者が到着すれば全て対応は任せればいいので、少しの間だけでも問題が起きないように対処することが必要です。 トイレの便器の詰まりは、無理に流してはいけません トイレを使用した後に詰まって流れなくなってしまった場合、焦って何度も流してしまいがちなものです。 しかし、無理に流してしまうと大きな修理になってしまう可能性もあります。 トイレの詰まりの原因がトイレットペーパーであれば、ペーパーの量に対して水の量が少なかったために発生するものです。 タンク内の水を節水の為にペットボトルを入れていれば、流れる水の量が少なくて多めのペーパーを流した時に溶けるだけの水の量が足りずに詰まってしまいます。 また、多すぎるペーパーを一度に流せば通常のタンク内の水の量でも足りずにつまることもあります。 その場合には水を足すために流すという行為は必要なことですが、もし異物が入っていたのであれば逆効果にもなります。 水に溶けない異物には、おもちゃなどの小さなものや便器に落とした時に音のしないハンカチやティッシュペーパーなどがあり、無理に流して流れたとしても建物内を曲がりくねって配置してある排水管の奥でまた詰まる可能性もあります。 奥になればなるほど修理は困難になってしまうので、流さずに早めに水道修理業者に依頼するのがいいでしょう。 トイレ詰まりで修理しないといけないシーンについて トイレ詰まりで、業者に修理依頼をしなければいけないシーンの一つとして、流せないものや水に溶けないものを流して詰まらせてしまった場合です。 この場合には、すぐに業者依頼をする必要があります。 子供が遊んでいて玩具を流してしまって詰まってしまった場合、ハンカチやタオルなどを流して詰まってしまった場合などです。 このシーンで、無理に流そうとすると配管が詰まってしまい、大きな工事をすることになる場合もあり、大きな費用が必要となることもあります。 この場合には、そのままの状態で業者の方に連絡することで、便器を取り外して玩具やハンカチなどを取り除くだけで詰まりが直る場合があります。 便器を取り外すだけなら、1時間~2時間程度で詰まりを直すことができます。 また、普段からよく詰まる場合や排水をするとボコボコと異音がしたり悪臭がする場合には、早めに点検依頼をすることも大切です。 この場合には、配管が詰まりかけている場合があり、早めに対処することで工事などの必要もなく解決することができます。 高圧洗浄などの施工により、配管を綺麗にすることで異音や悪臭などを解消することができます。 トイレ詰まりで修理しなくても処置できるケースって? トイレが詰まってしまったときほど焦るものはありません。 使えなくなるばかりでなく、汚水が便器から溢れてしまう事態も十分にあります。 詰まってしまう原因で一番多いのが紙の詰まりです。 おもちゃやボールペン、携帯電話など様々なものを落としてうっかり流してしまうことも考えられます。 また、タンクの計算上よりもたくさんの便を流してしまったときに起こります。 必要以上の紙や便を流した時、流れる水の量が少ないために詰まってしまうのです。 修理を頼む前にまず自分でできる対処法があります。 紙が詰まり原因の場合は一時間ほどそのままにしておくと、紙が溶けて直る場合があります。 50度くらいのお湯をゆっくり注いで放置するのも良いそうです。 また、ラバーカップを使う時は水がない状態では効果を発揮することができません。 水の力を使って中を真空にして詰まっているものを動かすので、カップの上くらいまで水を入れてから始めます。 汚水が飛び散ることがあるので、穴をあけたポリ袋やビニール袋を被せて作業することをお勧めします。 ラバーカップを使う時は、カップの先の部分を便器の穴に入れ、押す時はゆっくり、引くときに力を入れるのがコツです。 詰まりがとれたと思ったら、バケツで水を流し、スムーズに流れるかどうか確認しましょう。 タンクの水をいきなり流すと、詰まりがとれていなかった場合、便器から水が溢れる場合があるので注意しましょう。 トイレ詰まりの修理と予防法 トイレを長く使っていれば、いつかは詰まりを引き起こす可能性があります。 水を流すタイミングや、便の状態によっても影響を受けます。 タバコの吸殻などの水に溶けないような異物を流すことで、配管の流れが止まってしまうこともあります。 どうしても自分で対処ができないときには、専門業者に修理を依頼する必要があります。 依頼をすることは恥ずかしいと思う事態ではありますが、緊急時においては仕方がないことです。 遠慮なしに修理を依頼することが大切です。 最悪の事態を回避するためには、水は一度にまとめて流さないことが大切です。 大便をするときには、2回に分けて水を流すのです。 最近の機種は節水仕様となっている場合も多いため、少量の水で1回だけで流してしまうと詰まってしまうことが十分に考えられます。 異物を流すことは水洗式が普及した直後によくあったトラブルですが、最近になってもなくなることがありません。 異物を流さないことは、詰まりを防ぐための基本中の基本です。 ゴミ箱を便器の横に置くようにして、便所紙の芯は別に捨てるようにします。 タバコは便所の中では吸わないようにすることも大切です。 トイレ詰まりの修理と対策について 家の中の物が故障するのは生活する上で非常に困るもので、特にトイレなどの必需品は詰まりなどによって故障すると生活が出来ませんから大変です。 詰まってしまったら、慌てず焦らずにすぐに専門の修理業者を呼ぶという事が大切です。 だいたい地域に1つは、すぐに駆けつけてくれる修理業者がいますから、そういった業者をメモしておいて状況をしっかり説明した上で早めの対処をお願いしましょう。 しかし、場合によってはすぐに解決出来ないという事もありますから、心配する前に故障防ぐために日々対策をしておくというのも重要なことです。 だいたいの原因は紙が詰まっているというパターンですから、便や尿はこまめに流すことに気を付けましょう。 子供が一人だと、どうしてもそこまで注意を払えないでしょうし、いたずら感覚で紙以外のものを流す事もあるかもしれません。 そいうった面では大人がしっかり管理する事も重要と言えます。 また、水を流すための穴が設置されているのですが、ここに尿石などの固まりが出来ることで、流れが悪くなるという原因もまれにあります。 こういった事態を防ぐためには、日々こまめな掃除をしておくという事も必要になります。 トイレ詰まりの修理費用の相場 トイレは、トイレットペーパーや汚物などが詰まっていまい、水が流れなくなってしまう場合があります。 このような場合には、自分でラバーカップなどを利用して自分で対処する方法もあります。 ラバーカップは非常に安価で購入できるため、自分で行うレベルの対処方法としては最適となります。 しかし、場合によっては改善されず、かえって悪化してしまう場合もあります。 そのような場合には、専門業者の方に依頼を行う必要があります。 詰まりの修理費用は、専門業者ごとに大きく異なっていますが、出張や調査のための基本料金と作業費が必要となることになります。 相場としては、基本料金が4000円前後、作業費はサービスの内容によって7000円前後から2万円近くに及ぶものも存在しています。 そのため、全体としては、最低でも10000円以上の費用かかることになります。 特に、便器を取り外して作業する場合が高くなる傾向にあります。 このような費用がかかることを念頭に依頼を行う必要があります。 また、依頼を行うに当たっては、自己処理によって状況が悪化すると費用が高額になってしまう場合もあるため、無理に自分で対処しようとしないことも重要となります。 トイレの詰りの修理は専門業者に依頼するのが一番です 日本のトイレはウォシュレットを見てもわかるように、世界でも有数の高品質な製品で詰まりにくくできています。 そんなすばらしいトイレでも数年に1回は修理が必要になります。 やはりトイレットペーパーや排出物以外のものを流すようには作られていませんので、そこについつい別のものが流されることで故障が起こることが多いようです。 流された異物の種類にもよりますが、一度詰まってしまうと大変です。 個人でできることといえば、ラバーカップを使い対処することぐらいです。 軽い場合はラバーカップで何とかなりますが、そうでない場合はもう個人ではどうにもなりません。 無理に自分でやろうとすると水があふれ出てきたりと、トイレが長い時間使用できなくなってしまします。 こんな時に頼りになるのが水周りトラブルの専門業者です。 今ではかなり多くの業者さんが存在しているようです。 それだけ需要が多いということでしょう。 なかには全国展開しているような業者さんも複数あるようで、費用も思ったよりお安く済むようです。 また短時間で新品同様にしてもらえ、肝心の費用もラバーカップと洗浄剤に少し足すぐらいというのが平均的のようです。 トイレ詰りの原因がわからない場合は早急に専門業者に依頼を トイレの詰りの原因には、何か小さなものを落としたまま流してしまった場合があります。 ズボンの後ろのポケットに入れていたスマートフォンや携帯電話などが、ズボンの着脱時に落ちてしまったなどのケースもありますが、原因が分からないというのも多いものです。 固いものや重い物であれば落とした時に便器の陶器に当たって音がするので気が付くものですが、とても小さなものやハンカチなどの音のしないものであれば落としたことに気が付かない場合もあります。 また、水を流している最中に落としたのであればなおさら分からないものです。 他にも、自分以外で小さな子供がおもちゃを落としてしまっていたり、前に入った人が何か落としたもののいったんは流れ、しかし自分の番になったら再び排水管の奥でつまった可能性もあります。 トイレ詰りの原因がトイレットペーパーのような水溶性のものであればいずれ溶けるので心配ありませんが、原因が分からない場合には異物の可能性もあり、流したりラバーカップで押し込んだりすればするほど奥に入って修理も難しくなります。 原因不明の場合には、早急に専門業者に依頼することが重要です。 物を流してトイレを詰らせてしまったら専門業者へ相談しよう トイレにうっかりトイレットペーパー以外の物を落としてしまうことがないとも言い切れないですよね。 小さいものならそのまま流されていくかもしれませんが、大きな物であれば流されることなくタンクにとどまり、詰りの原因になります。 近年は特に携帯電話を落としてしまう人が増えています。 物が詰まった場合、市販されている吸引器で吸ってもダメな時には速やかに専門業者に電話して来てもらうことが大切です。 便器の中の方に入って行ってしまった場合は素人ではどうしようもありません。 特に集合住宅の方は階下への水漏れの心配もありますから、すぐに連絡しましょう。 集合住宅ごとに契約している専門業者がいる場合も多いので、まずは管理会社へ問い合わせてからの方がよいでしょう。 管理会社と提携している修理業者の場合は故障が原因の詰りだった場合は無償で修理してもらえることもあります。 自分で手配した専門業者に任せると全額自費のうえ、法外な料金を請求されるというトラブルもありますので、業界の相場などをチェックしてから依頼するようにしましょう。 いつもトイレを快適に使えるように気をつけて使用しましょう。 作業前 作業中 作業後.

次の

トイレ修理業者の料金相場を3つの項目で解説!実際の料金もまとめました

トイレ修理 相場

トイレの水漏れ修理の費用と作業内容について トイレの水漏れといっても、タンク内から水が溢れているのか、便器内に水が流れ続けているのか、部品の故障が原因なのかなど原因はさまざまですよね。 また、故障の原因によって修理の際の作業内容が異なり、修理の作業内容によって水漏れの修理にかかる費用が決まります。 そこで、最初に症状別にトイレの水漏れの原因と修理する際の作業内容についてご紹介したいと思います。 トイレのタンク内の水が止まらない トイレを使った後は、タンク内に給水管から給水が開始されます。 通常は、標準水位と呼ばれる位置に水位が上がると自動的に給水が止まるようになっています。 しかし、標準水位に来ても給水が止まらなくなり、水がタンクから溢れてくることがあります。 水が止まらない原因 タンク内への給水が止まらない原因は、主に下記の2つです。 【給水が止まらない原因】• それぞれについての説明は、上記をクリックすると移動できますのでチェックしてみてください。 トイレの便器内の水が止まらない トイレのレバーを引くと、トイレの便器内に水が流れます。 ある程度水が流れると自動的に水が止まりますが、それが止まらずに便器内に水が流れ続けることがあります。 便器内に水が流れ続ける原因 便器内に水が流れ続ける原因は、下記の2つです。 【水が流れ続ける原因】• それぞれについての説明は、上記をクリックすると移動できますのでチェックしてみてください。 フロートバルブが壊れている トイレのタンクの中には、フロートバルブと呼ばれる黒いゴム栓がタンクと便器の水の通路に取り付けられています。 フロートバルブも消耗品のため、数年するとゴムが劣化して隙間ができるようになり「チョロチョロ」と便器の中に水が漏れるようになります。 また、フロートバルブにはレバーと連動して水を操作できるように、鎖がついています。 地震などでタンク内の水が大きく揺れると、鎖が絡まってフロートバルブが正常な位置からずれてしまい便器内に水が漏れるようになります。 鎖が絡まったり、位置がずれているだけであれば自分で直すことができます。 フロートバルブの交換自体も、部品を購入すれば自分で行うことが可能です。 業者に依頼すると、大体8,000~11,000円くらいが相場のようです。 浮き球が割れている トイレタンクのふたを開けたときに、一番目に入るのが「浮き球」ではないでしょうか。 この浮き球は、「水位が上昇した際に、ボールタップの給水弁を閉める」ために取り付けられています。 タンク内の水が標準水位で自動的に止まるのは、浮き球が位置を確認しているからです。 この浮き球が割れたり、動かなくなったりするとタンク内に給水されない・給水が止まらないといったトラブルに繋がります。 業者に修理を依頼をすると、大体8,000~11,000円くらいが相場のようです。 ボールタップが壊れている 給水管からトイレタンク内への給水を調整しているのが、ボールタップです。 ボールタップは浮き球と連動して、水位が下がると給水、水位が上がると水を止めるといった動きをします。 そのため、ボールタップが壊れると給水されない・給水が止まらないといったトラブルに繋がります。 業者に修理を依頼すると、大体8,000~11,000円くらいが相場のようです。 鎖が切れている トイレのタンク内にフロートバルブがありましたよね。 フロートバルブはレバーと鎖で繋がっており、レバーを引くと鎖が引っ張られてフロートバルブが持ち上がりタンク内の水が便器内に流れるようになります。 この鎖も消耗品で、急にちぎれてしまうことがあります。 鎖が切れてしまうと、レバーを操作しても水が流れない・フロートバルブの位置がずれて水が止まらないといったトラブルに繋がります。 業者に修理を依頼すると、フロートバルブの交換と同じく、大体8,000~11,000円くらいが相場のようです。 便器とタンクの間から水が漏れている 便器とタンクの間から水が漏れている場合は、「密接パッキン」とよばれるタンクと便器の間にある大きなパッキンが劣化・損傷している可能性があります。 密接パッキンの交換相場は、大体10,000~12,000円くらいです。 便器と床の隙間から水が漏れている 便器と床の設置面の隙間から水がもれている場合、便器のひび割れが原因の可能性があります。 便器のひび割れは安全面から、修理や補修ではなく便器本体の交換をメーカーが推奨しています。 便器の交換相場は、大体30,000~50,000円くらいです。 もちろん、便器の種類によって値段が変わるので高性能のものを設置すると料金は高くなります。 便器などの値段も含めると、相場は大体100,000~300,000円くらいになります。 作業料よりも便器の値段に料金が左右されるので、とりあえず使えればいいという人は新型ではなく型落ち品などを狙うと安くなります。 そのほか料金表一覧表 よくある水漏れの症状や原因別に料金相場をご紹介しましたが、こまごました料金などがわかりづらいですよね。 そこで、下記の料金表に修理内容の料金相場をまとめましたのでご参考にしてください。 業者によって料金やサービス内容は異なるため、比較対象の1つとして参考にしてください。 最終価格は、作業前にご提示するお見積り書の価格となります。 生活救急車では、丁寧な対応力、きちんとした技術力を持ったスタッフが対応できるように料金を設定しています。 また、見積りは無料で対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。 「店舗のトイレが詰まってしまって、2日前に詰まったんですよ。 水が下がってきたので大丈夫かなと思って掃除をしたんですけど、続けて流すとブワーっと水位が上がってきて。 トイレットペーパーが流れなくてくるくる回ってるだけで。 」と重い口調で戸惑っている様子でお問い合わせを頂きました。 店舗のトイレが詰まってしまったとのことで、豊中市庄内東町が今回のお伺い先です。 60分ほどでお伺いができますがいかがでしょうか?とご案内をすると「お願いできますか?」と明るくなられてご予約頂けました。 お客様は料金がいくらになるのか心配されていましたが、見積もりの流れなどをお聞きになるとご安心頂けました。 受付日時 2020年5月20日 22時30分頃 受付担当 稲葉 担当より一言 お客様がどのような状況で困っているかできるだけ早く汲み取って、適切なパートナーの手配もスムーズにできるように心がけています。

次の

トイレつまり解消の料金相場|適正価格で業者に依頼するには

トイレ修理 相場

トイレで起こりやすいトラブル トイレでトラブルが起こったら、まず原因を知ることが大切です。 トイレの状況を確認してスムーズにトイレ修理を依頼しましょう。 つまりが原因のトラブル 以下のような場合はつまりが原因の可能性があります。 水があふれる トイレの便器から水があふれる場合は、便器の排水路や排水管内でつまりが起こってる可能性があります。 便器の排水路とは便器と排水管をつないでいる路で、水を流すとき以外は空気で満たされているため、ティッシュなどがつまりやすい場所になります。 便器の水圧が低い いつものように便器に勢いよく水が流れない場合は便器の奥のつまりが原因かもしれません。 便器がつまっていると便器に流れる水圧も低くなり、流れにくくなります。 トイレのタンク内の不具合が原因のトラブル 以下のような場合はトイレのタンク内に不具合がある可能性があります。 水が止まらない 便器にチョロチョロと水が出続ける、手洗いの金具から水が止まらない、トイレ洗浄後に便器に大量の水が流れ続けるなどの場合はタンク内のトラブルが考えられます。 手洗い管から水が出ない 手洗い管から水が出ない場合は、タンク内の部品の故障が原因かもしれません。 タンク内部の水漏れ タンク内部から水漏れしている音がする場合は、タンク内の部品が劣化や故障していたり、設置する位置がずれていたりする可能性があります。 レバーハンドルの不具合 レバーハンドルを回しても水が流れない、水が止まらない、といった場合はレバーハンドルの不具合が考えられます。 タンク内の部品がうまくつながっていなかったり、タンク内の部品が破損してしまっていたりする場合があるので、確認してみましょう。 便器の水圧が低い タンク内の水量が標準よりも少ない場合は、便器へ流れる水圧も低くなってしまいます。 タンク内を確認して、水位が低ければ、タンク内の部品の破損や設置する位置がずれているのかもしれません。 配管や給水ホース、パッキンの劣化などによるトラブル 長い期間便器や配管などを使用し続けている場合は、配管や給水ホース、パッキンなどの劣化が原因でトラブルが起こる場合があります。 ウォシュレットのノズルからの水漏れ ウォシュレットの水漏れで一番多いのはノズル部分です。 ノズル部分の水漏れは、パッキンかバルブユニットというノズルの水を出したり止めたりする部品に問題があるのかもしれません。 便器や床の水漏れ 便器や床に水漏れがあった場合は、床下の排水管や便器自体の劣化、トイレの設置不良、ウォシュレットの接続部分が緩んでいるなどの原因が考えられます。 配管からの水漏れ 配管から水漏れしている場合は、配管の劣化や配管の接続部分に設置されたパッキンのゴムの劣化などが原因であることが多いようです。 レバーハンドルからの水漏れ レバーハンドルの接続部分からの水漏れの場合は、レバーハンドルとタンクの接続部分のパッキンが劣化している、またはレバーハンドル自体が破損している場合があります。 トイレ修理の料金相場 トイレ修理の料金は基本料金+作業費+部品代の合計で決まることが多いです。 作業費は便器を取り外したり、高圧洗浄機を使うなどの作業にかかる手間や使用機材が多くなるほど高くなります。 そのほかにも、時間外料金や駐車場代、出張費、廃棄料金などを別途請求される場合があります。 トイレ修理を依頼される前にかならず見積りを取って金額を確認してください。 修理内容 作業費の料金相場 トイレのつまり 軽度のつまりの場合は約4,000円~10,000円 高圧洗浄機などを使用してつまりの除去をする場合は約10,000円~50,000円 トイレの水漏れ パッキン交換・調整作業約4,000円~6,000円 タンク内の部品交換をする場合は約6,000円~16,000円 配管つまり 約4,000円~20,000円 配管洗浄 約15,000円~40,000円 ウォシュレット交換 約4,000円~8,000円 基本料金 約3,000円~4,000円 出張費 約0円~4,000円 トイレ修理業者の選び方 インターネットで検索すると数多くのトイレ修理業者が出てきます。 料金設定や作業内容などをみても実際にどれくらいの費用がかかるのかがわかりにくい場合も多く、選ぶのは大変です。 ここでは、よりよいトイレ修理業者に安心してトイレ修理を依頼するためにトイレ修理業者の選び方のポイントをご紹介させていただきます。 料金は明瞭か トイレ修理の料金は基本料金や作業費、部品代、出張費などがあり、実際にどれだけの料金がかかるのかがわかりにくい業者もあります。 そのため、事前にかならず見積りを取りましょう。 面倒だからと料金をしっかりと確認せずに依頼をしてしまうと、あとから高額な料金を請求されることもあります。 また、できれば3社以上から見積りを取ることがおすすめです。 作業内容も比較できて、料金の相場もわかるため、しっかりとした作業内容で費用が安い業者を選ぶことができます。 実績があるか トイレ修理を失敗しないためには、実績があって技術力の高い業者に依頼するとよいでしょう。 ホームページなどで実績や専門資格を持っているかを確認してください。 ・創業年数が長い• ・上下水道とも扱える業者である• ・水道局の指定工事店である• ・「1級・2級建築配管技能士」がいる 水道局の指定工事店に登録していなければ、水道工事をおこなうことはできません。 指定工事店に登録されていない業者に依頼することは避けましょう。 また、指定水道工事店は「上水道」と「下水道」に分かれていて、業者の多くは「上水道」のみの登録です。 「上水道」だけでなく「下水道」の指定水道工事店になっている業者であればより高い技術力が期待できます。 水道指定工事店かどうかは自治体のホームページなどで確認することも可能です。 また、弊社にご依頼いただければ、しっかりした実績を持つ業者をご紹介させていただきます。 対応は親切か トイレ修理業者の対応も重要なポイントです。 トイレ修理を依頼したあとに万が一トラブルや再修理が起こってしまった場合に、しっかり対応してもらえないと別の業者に依頼することになり、手間も費用もさらにかさんでしまいます。 インターネットの口コミや知り合いの評判などを確認してみましょう。 また、実際に見積り依頼や相談をしたときの対応をご自身で見極めて判断されることも大切です。 トイレ修理は自分でできる? 費用を抑えるために自分でトイレ修理をしたい、とお考えのかたのために自分でできるトイレ修理の方法をいくつかご紹介します。 自分で修理できない故障や作業に不安のある場合は無理せずに業者に依頼しましょう。 止水栓を閉める トイレ修理をおこなう際は、まず止水栓を閉めましょう。 止水栓とは、水を止めるために給水管と給水器具の間に設置されている水栓で、トイレにも設置されています。 マイナスドライバーで右に回して止水栓を閉めて、水が出ないことを確認してください。 トイレに止水栓がみつからない場合は、家全体の水道の元栓を閉めましょう。 一軒家の場合、水道の元栓は玄関脇や駐車場などに埋め込まれているメーターボックスの中にあります。 マンションやアパートの場合は、玄関横のメーターボックスの中、もしくはエントランスなどの共用部分に設置されているメーターボックスの中に止水栓があるので確認してください。 便器のつまり解消方法 便器のつまりが原因のトラブルは、軽度のつまりであれば自分で対処できる場合があります。 トイレットペーパーを大量に流してしまったり、そのほかの水に溶けやすいものを流してしまったりした場合に効果的な方法をご紹介します。 お湯でつまりを溶かす まず、お湯でつまりを溶かしてみましょう。 便器は陶器製のものが多いため、熱湯をそそいでしまうと便器が破損してしまうおそれがあります。 ぬるま湯は大体2~3リットルあればよいでしょう。 重曹50ccとお酢100cc、ぬるま湯を先ほどと同じ量用意してください。 便器の水もできるだけくみ出しておきます。 トイレの電源は抜いておきましょう。 便器の水の中にまず重曹を入れてください。 そのあとにお酢を入れましょう。 最後にぬるま湯をゆっくり注ぐと便器の中が泡立ちます。 1時間ほど放置したら、便器の中に水を流し込んでみてください。 これで流れればつまりは解消されています。 ラバーカップを使う ラバーカップはスッポンとも呼ばれるつまり解消グッズです。 和式用と洋式用があり、和式用は棒の先にゴムでできたお椀型の器具が付いています。 洋式用はお椀型の先が出っ張っていて少し形状が異なります。 ご自宅のトイレに合ったものを用意してください。 ラバーカップのお椀型の部分を便器の奥の排水口に密着させます。 このとき、お椀の中に空気が残らないように、水を含ませながら入れてください。 密着させたら、棒を押し込みましょう。 お椀部分がへこんだら、ゆっくりと力を抜きます。 中につまっていたものが出てきたら成功です。 タンクの水漏れ修理方法 便器の中に水が流れ続けている場合やタンク内から時間が経っても水が流れる音がする場合はボールタップやフロートバルブの破損が原因である可能性があります。 ボールタップとは先に丸い浮き玉のついたタンク内の上部にある部品です。 ボールタップの根元は給水管と繋がっていて、ボールタップの浮き玉の位置でタンク内の水量を調節しています。 ボールタップが劣化して破損してしまうと、タンク内の水量を調節できなくなり水漏れの原因となります。 フロートバルブはタンク内の一番底にある部品で、タンクと便器をつなぐ排水口のフタの役割をしています。 ゴムフロートがチェーンでトイレレバーとつながっており、レバーを回すとチェーンが引っ張られて排水口が開いてタンクの水が便器に流れ込みます。 フロートバルブが破損すると、タンクから便器に水が漏れてしまいます。 タンク内の部品の調節 まず、タンク内を確認してください。 タンク内から水が流れる音がし続けている場合は、浮き玉の位置がずれているのかもしれません。 浮き玉の位置は、ボールタップの水位調節リングで調節できます。 ボールタップの根元にあるネジのようなものが調節リングです。 リングを引き上げてロックを外したら左方向へ回すと水位が下がり、右方向へ回すと水位が上がります。 便器内に水が流れ続けている場合は、フロートバルブの位置がずれていたり、チェーンがタンクの中でからまっている可能性があります。 タンクの中を確認して位置を戻しましょう。 タンク内の部品の交換 部品を調節しても水漏れが止まらない場合は、部品が破損しているのかもしれません。 部品を交換しましょう。 新しいフロートバルブを用意しましょう。 タンクのフタを開けたら、レバーハンドルのフックにかかっているチェーンを取り外して古いフロートバルブを回収してください。 取り外したチェーンと同じ長さになるようにチェーンを調節し、新しいフロートバルブを設置します。 止水栓を開いて、タンク内の水が標準水位で止まれば完了です。 ボールタップやフロートバルブは、インターネットやホームセンターで購入できます。 トイレによって種類が異なりますので、しっかり確認してから購入してください。 レバーハンドルの不具合 レバーハンドルを回しても水が出ない、レバーハンドルが元の位置に戻らない、といった場合はレバーハンドルが劣化しているのかもしれません。 レバーハンドルの劣化によるトラブルはレバーハンドルを交換すれば解消できます。 新しいレバーハンドル、モンキーレンチを用意します。 タンクのフタを開けて、レバーハンドルにかかっているチェーンを外します。 また、レバーを固定しているタンク内部のナットもモンキーレンチを使って取り外しましょう。 これでトイレレバーが外れます。 新しいトイレレバーを差し込み、内側に水漏れ防止用のパッキンを挟んでナットを締めてください。 レバーハンドルにチェーンを取り付けたら完了です。 取り付けたら、止水栓を開いてレバーで水を流してみましょう。 不具合がなければ修理は成功です。 自分で修理するときの注意点 トイレ修理はしっかりとおこなわないと、再度水漏れやトラブルが起こるおそれがあります。 自分で修理できるかを適切に判断することが重要です。 水漏れの原因がわからない• 10年以上使用していて劣化しているトイレ• リモコン式や自動洗浄、タンクレストイレなどの本体の故障• 部品がない などの場合は、すみやかにトイレ修理業者に依頼しましょう。 また、自分で修理する自信がない場合も無理をせずに業者に依頼することがおすすめです。 トイレ修理は弊社にご連絡ください。 トイレのトラブルが起こったら、被害が広がる前に早急に対処しなければなりません。 また、しっかり修理しないと再度水漏れのトラブルなどが起こるおそれもあります。 自分で適切にトイレ修理をする自信がないかたは、弊社にご相談ください。 弊社では、365日24時間電話でのご相談を受け付けております。 そのため、深夜や早朝にトイレのトラブルが起きた場合も、すぐにご相談していただけます。 また、迅速に対応できるトイレ修理業者をご紹介させていただきます。 無料で事前の見積りもできますし、見積り後のキャンセルも可能です。 トイレのトラブルでお困りの際はお気軽にご連絡ください。 水漏れ修理お助け隊では、水回りでお困りの方からのご相談をお待ちしております。 日本全国、いつでも、どんなお困りごとでも、水漏れ修理お助け隊へご連絡ください。 ご家庭の水回りのトラブルで困ってしまった…そんな経験はございませんか?水回りの部品のほとんどは消耗品です。 普段からきちんとお手入れをしておく必要がありますが、なかなか細かいお手入れも難しいものですよね。 また、きちんと手入れをしていたとしても、いつかは部品交換をしなければいけません。 定期的に、水回りの部品が劣化していないかを点検する必要があります。 キッチン・トイレのつまりや水漏れといった、目に見えてわかる水トラブル以外にも、目に見えないところでトラブルや異常が発生しているかもしれません。 目に見えないところで水漏れが起きていて、急に高騰した水道料金の請求を見てトラブルに気づいた、というケースも後を絶ちません。 また、マンションにお住まいの場合は、知らないところで起きていた水漏れによって近隣住人に迷惑をかけてしまうこともあります。 そうなる前に、できるだけ早めに異常に気づいて、修繕をおこなう必要があります。 いつ起こるかわからない水回りのトラブルに対応するため、水漏れ修理お助けは24時間365日、常に受付対応できる体制を整えております。 日本全国どこからでも、ご連絡いただければ一番お近くにいる修理スタッフがすぐに折り返しの電話を差し上げ、お客様のもとへ駆け付けます。 水トラブルでお困りの際は、全国各地にプロの技術を持ったスタッフを派遣し、確かな実績を持つ水漏れ修理お助けにぜひお任せください。 Copyright 水漏れ修理お助け隊 All rights reserved.

次の