日産 キックス 内装。 日産本格SUV徹底比較。「日産キックス」×「日産エクストレイル」あなたはどちらのSUVがタイプ?|日産プリンス熊本販売株式会社

日産、新型「キックス」発表会レポート。躍動感と静粛性を兼ね備えたパワフルSUV

日産 キックス 内装

日産の代表的なコンパクトSUVと言えば、「ジューク」が挙げられる。 2010年に発売された、日産 初代「ジューク」 2010年、フランスで初めて発表された初代ジューク。 個性的な外観を持つジュークは、日本でも販売が開始されると瞬く間に人気を集め、日産の国内販売を支える基幹車種へと成長した。 だが、その後9年近くに渡りフルモデルチェンジが実施されなかったこともあって、販売台数は徐々に下がっていった。 2019年に欧州を中心に発売開始された、2代目の新型「ジューク」。 日本では、記事公開時点で導入される予定はない また、2019年9月には、ようやくジュークが2代目にフルモデルチェンジされたが、日本では発売されず2019年12月には初代の生産も終了した。 だが、日産は2020年に新たなコンパクトSUVを日本で発売する。 それが「キックス」だ。 三菱の軽自動車「パジェロミニ」のOEM車として、2008年に発売された日産「キックス」(2012年に販売終了) 日本でキックスといえば、三菱自動車の「パジェロミニ」のOEM車が思い浮かぶ方が多いかもしれないが、それとは異なる。 日産「キックス」(画像は北米モデル) 海外では北米やブラジル、中国などで発売されているキックスは、ジュークと「エクストレイル」の中間に位置するコンパクトSUVで、海外では2016年から発売されている。 キックスのパワートレインは、1. 5L直列4気筒エンジンなどを搭載し、トランスミッションにはCVTが設定されているので、日本のユーザーにもなじみやすい。 いっぽう、欧州でフルモデルチェンジされた新型ジュークには、1L直列3気筒ターボエンジンが搭載されている。 トランスミッションは、6速MTと2組のクラッチを使う有段式7速ATだ。 日本のユーザーにとって、ジュークという車名は親しみがあるが、新型ジュークが搭載するエンジンやトランスミッションは、日本の国内市場に合わないと判断された。 つまり、ジュークが新型になって日本国内のニーズから離れたために、キックスを導入するというわけだ。 日産「キックス」(画像は北米モデル) キックスのボディサイズは、全長が4,295mm、全幅は1,760mm、全高は1,585mm。 初代ジュークと比べると、キックスは全長が160mm長く、全幅は5mm狭く、全高は20mm高い。 ホイールベースはキックスが2,620mmだから、ジュークと比べて90mm長い。 まとめると、全幅と全高はジュークと同じようなサイズだが、全長とホイールベースは拡大している。 ホイールベースが長いということは、後席の居住空間を広げるうえでも有利になる。 日産「キックス」(画像は北米モデル) 搭載エンジンは、発売される地域によって異なる。 たとえば、キックスの中国仕様は初代ジュークの日本仕様と同じく1. 5L直4エンジンを搭載し、最高出力は124PS(6,300rpm)だ。 また、北米仕様には1. 6L直4エンジンが搭載されていて、最高出力は122PS(6,300rpm)となる。 キックスの車重は、FFの2WDで1,150〜1,170kgと、初代ジュークの1,200kgよりも少し軽い。 最小回転半径は2WDが5. 1mで、ジュークの5. 3mに比べて小回りが利く。 キックスのホイールベースがジュークに比べて90mm長いことを考えると、キックスは小回り性能にすぐれていると判断できるだろう。 日産「キックス」(画像は北米モデル) 外観デザインは、サイドウィンドウの下端を後ろに向けて持ち上げたが、基本的なフォルムは水平基調だ。 ジュークに比べると、フロントマスクなども含めて全般的にオーソドックスにまとめられており、その雰囲気はルノー「キャプチャー」にも似ている。 日産「キックス」(画像は北米モデル) 内装のデザインは、上級グレードでは本革巻きのステアリングホイールやインパネの中央部分に、本物のステッチ(縫い目)が入れられている。 このあたりは上質で、エアコンのスイッチを比較的高い部分に装着したから手が届きやすい。 また、インパネやドアの内張りには囲まれ感が演出され、スポーティーな雰囲気も感じられる。 気になる日本仕様のエンジンだが、まだ正式には発表されていないのだが1. 5L直4のノーマルエンジンに加えて、1. 2Lエンジンをベースにしたハイブリッドの「e-POWER」が加わる可能性が高い。 e-POWERは、エンジンは発電を受け持ち駆動は専用のモーターが行う。 そのため、電気自動車と同様にアクセル操作に対して加減速が機敏で、走りも滑らかだ。 燃費性能にすぐれ、ノイズは小さく抑えられる。 衝突被害軽減ブレーキは、歩行者と車両を検知して後方の並走車両などを知らせる機能も併せ持つ。 車間距離を自動制御するクルーズコントロールなどの運転支援機能も用意され、「プロパイロット」を搭載する可能性も高いだろう。 日産「キックス」(画像は北米モデル) キックスは、コンパクトSUVでありながら比較的長いホイールベースによって後席の居住性に余裕を持たせ、e-POWERや先進の安全装備なども採用される。 安全装備などが進化するため、価格は初代ジュークに比べれば高くなるが、コンパクトSUVはライバル同士の競争も激しい。 むやみに価格を高めると売れ行きが伸び悩むため、ライバル車と同等の水準には保たれる。 5Lノーマルエンジンを搭載する2WDは、売れ筋グレードが230〜260万円あたりに設定されるはずだ。 なぜなら、260万円を超えると2Lエンジン搭載車の価格帯に踏み込んで価格競争力が弱まってしまうからだ。 そして、e-POWER搭載車の価格は1. 5Lノーマルエンジン車に比べて約40万円ほど高くなりそうだ。 つまり、売れ筋グレードは270〜300万円になる。 ライバル車と価格を比べると、ヴェゼルよりも少し高い程度に収まる。 なお、キックスについて日産の販売店にたずねてみると、以下のような返答を得た。 「キックスの導入時期や搭載されるエンジンについて、現時点(2020年3月下旬時点)では、メーカーから何も知らされていない。 そうなると5月までの発売は考えにくく、おそらく6月あたりになるのではと思う。 ただし、予約受注は5月下旬に開始する可能性もある」。 いま、トヨタ「ライズ」などが販売好調な日本国内のコンパクトSUVに、キックスという選択肢が加わることで、今後はますます競争が激しくなっていきそうだ。

次の

キックス(日産)新型の日本仕様のサイズは?外装や内装も調査!

日産 キックス 内装

日産の代表的なコンパクトSUVと言えば、「ジューク」が挙げられる。 2010年に発売された、日産 初代「ジューク」 2010年、フランスで初めて発表された初代ジューク。 個性的な外観を持つジュークは、日本でも販売が開始されると瞬く間に人気を集め、日産の国内販売を支える基幹車種へと成長した。 だが、その後9年近くに渡りフルモデルチェンジが実施されなかったこともあって、販売台数は徐々に下がっていった。 2019年に欧州を中心に発売開始された、2代目の新型「ジューク」。 日本では、記事公開時点で導入される予定はない また、2019年9月には、ようやくジュークが2代目にフルモデルチェンジされたが、日本では発売されず2019年12月には初代の生産も終了した。 だが、日産は2020年に新たなコンパクトSUVを日本で発売する。 それが「キックス」だ。 三菱の軽自動車「パジェロミニ」のOEM車として、2008年に発売された日産「キックス」(2012年に販売終了) 日本でキックスといえば、三菱自動車の「パジェロミニ」のOEM車が思い浮かぶ方が多いかもしれないが、それとは異なる。 日産「キックス」(画像は北米モデル) 海外では北米やブラジル、中国などで発売されているキックスは、ジュークと「エクストレイル」の中間に位置するコンパクトSUVで、海外では2016年から発売されている。 キックスのパワートレインは、1. 5L直列4気筒エンジンなどを搭載し、トランスミッションにはCVTが設定されているので、日本のユーザーにもなじみやすい。 いっぽう、欧州でフルモデルチェンジされた新型ジュークには、1L直列3気筒ターボエンジンが搭載されている。 トランスミッションは、6速MTと2組のクラッチを使う有段式7速ATだ。 日本のユーザーにとって、ジュークという車名は親しみがあるが、新型ジュークが搭載するエンジンやトランスミッションは、日本の国内市場に合わないと判断された。 つまり、ジュークが新型になって日本国内のニーズから離れたために、キックスを導入するというわけだ。 日産「キックス」(画像は北米モデル) キックスのボディサイズは、全長が4,295mm、全幅は1,760mm、全高は1,585mm。 初代ジュークと比べると、キックスは全長が160mm長く、全幅は5mm狭く、全高は20mm高い。 ホイールベースはキックスが2,620mmだから、ジュークと比べて90mm長い。 まとめると、全幅と全高はジュークと同じようなサイズだが、全長とホイールベースは拡大している。 ホイールベースが長いということは、後席の居住空間を広げるうえでも有利になる。 日産「キックス」(画像は北米モデル) 搭載エンジンは、発売される地域によって異なる。 たとえば、キックスの中国仕様は初代ジュークの日本仕様と同じく1. 5L直4エンジンを搭載し、最高出力は124PS(6,300rpm)だ。 また、北米仕様には1. 6L直4エンジンが搭載されていて、最高出力は122PS(6,300rpm)となる。 キックスの車重は、FFの2WDで1,150〜1,170kgと、初代ジュークの1,200kgよりも少し軽い。 最小回転半径は2WDが5. 1mで、ジュークの5. 3mに比べて小回りが利く。 キックスのホイールベースがジュークに比べて90mm長いことを考えると、キックスは小回り性能にすぐれていると判断できるだろう。 日産「キックス」(画像は北米モデル) 外観デザインは、サイドウィンドウの下端を後ろに向けて持ち上げたが、基本的なフォルムは水平基調だ。 ジュークに比べると、フロントマスクなども含めて全般的にオーソドックスにまとめられており、その雰囲気はルノー「キャプチャー」にも似ている。 日産「キックス」(画像は北米モデル) 内装のデザインは、上級グレードでは本革巻きのステアリングホイールやインパネの中央部分に、本物のステッチ(縫い目)が入れられている。 このあたりは上質で、エアコンのスイッチを比較的高い部分に装着したから手が届きやすい。 また、インパネやドアの内張りには囲まれ感が演出され、スポーティーな雰囲気も感じられる。 気になる日本仕様のエンジンだが、まだ正式には発表されていないのだが1. 5L直4のノーマルエンジンに加えて、1. 2Lエンジンをベースにしたハイブリッドの「e-POWER」が加わる可能性が高い。 e-POWERは、エンジンは発電を受け持ち駆動は専用のモーターが行う。 そのため、電気自動車と同様にアクセル操作に対して加減速が機敏で、走りも滑らかだ。 燃費性能にすぐれ、ノイズは小さく抑えられる。 衝突被害軽減ブレーキは、歩行者と車両を検知して後方の並走車両などを知らせる機能も併せ持つ。 車間距離を自動制御するクルーズコントロールなどの運転支援機能も用意され、「プロパイロット」を搭載する可能性も高いだろう。 日産「キックス」(画像は北米モデル) キックスは、コンパクトSUVでありながら比較的長いホイールベースによって後席の居住性に余裕を持たせ、e-POWERや先進の安全装備なども採用される。 安全装備などが進化するため、価格は初代ジュークに比べれば高くなるが、コンパクトSUVはライバル同士の競争も激しい。 むやみに価格を高めると売れ行きが伸び悩むため、ライバル車と同等の水準には保たれる。 5Lノーマルエンジンを搭載する2WDは、売れ筋グレードが230〜260万円あたりに設定されるはずだ。 なぜなら、260万円を超えると2Lエンジン搭載車の価格帯に踏み込んで価格競争力が弱まってしまうからだ。 そして、e-POWER搭載車の価格は1. 5Lノーマルエンジン車に比べて約40万円ほど高くなりそうだ。 つまり、売れ筋グレードは270〜300万円になる。 ライバル車と価格を比べると、ヴェゼルよりも少し高い程度に収まる。 なお、キックスについて日産の販売店にたずねてみると、以下のような返答を得た。 「キックスの導入時期や搭載されるエンジンについて、現時点(2020年3月下旬時点)では、メーカーから何も知らされていない。 そうなると5月までの発売は考えにくく、おそらく6月あたりになるのではと思う。 ただし、予約受注は5月下旬に開始する可能性もある」。 いま、トヨタ「ライズ」などが販売好調な日本国内のコンパクトSUVに、キックスという選択肢が加わることで、今後はますます競争が激しくなっていきそうだ。

次の

新型日産キックスのグレード・内外装・走行性能・燃費はいかに?

日産 キックス 内装

新型キックスが2020年6月24日発表 全グレードe-POWERとプロパイロットを採用 インパクトのあるダブルVモーションが特徴的な新型キックス 待望のコンパクトSUV新型キックスが2020年6月24日に発表。 日産の国内販売では2年半ぶりの新型車投入で期待のモデルです。 エクステリアには日産らしい迫力のあるダブルVモーショングリルを採用、後ろへ滑らかに流れるフローティングスタイルでシャープなイメージになっています。 満足感が高い上質な内装もキックスの魅力 内装はダブルステッチの上質なシートを採用、ドアトリムやインパネ周りもプラスチックが極力見えないよう工夫されています。 ステアリングも本革巻きを採用していて握って気持ちの良い、スポーティな質感が特徴です。 ボディカラーはキックスのイメージにもなっているプレミアムホライズンオレンジや、鮮やかなサンライトイエロー、ベーシックなブリリアントホワイトパールやピュアブラックなど9色のモノトーンカラーと、4色の2トーンカラーの合計13色が設定されています。 新型キックスのモノトーンカラー• プレミアムホライズンオレンジ(49,500円高)• ブリリアントホワイトパール(38,500円高)• チタニウムカーキ(38,500円高)• ブリリアントシルバー• ダークブルー• ナイトベールパープル• ラディアントレッド• ピュアブラック• サンライトイエロー(38,500円高) 新型キックスの2トーンカラー• パワートレインは1. 2Lの直列3気筒ガソリンエンジンとモーターを組み合わせたe-POWERで、駆動方式は2WDのFFのみラインナップしています。 実燃費に近いWLTCモード燃費は21. 新型キックスはベースグレードのXと、上級グレードのX 2トーンインテリアエディションの2種類構成になっています。 自動運転支援技術のプロパイロットが標準装備でパワートレインはe-POWERのみなので、車両価格は少し高いですが、装備を見ると妥当な価格設定になっていると感じます。 全長 4,290mm 全幅 1,760mm 全高 1,610mm 室内長 1,920mm 室内幅 1,420mm 室内高 1,250mm ホイールベース 2,620mm 最低地上高 170mm 最小回転半径 5. 1m 車両重量 1,350kg 乗車定員 5名 エンジン型式 DOHC水冷直列3気筒 総排気量 1. コンパクトSUVの売れ筋カテゴリに投入する新型SUVということで、発表前から話題になっていたSUVです。 海外で先行発売されていたキックスの情報や、発表前にリークされた情報などをまとめました。 新型キックスが2020年6月24日12時から発表 日産キックスが2020年6月24日12時からユーチューブの公式チャンネルでオンライン発表会を行いました。 日本仕様のキックスのボディサイズは全長が4,290mm、全幅が1,760mm、全高が1,610mm、ホイールベースは2,620mm。 実質的な先代モデルにあたるジュークから居住性を大幅にアップ。 頭上空間や足元のスペースにもゆとりを持たせるでしょう。 大口化されたVモーショングリルや、シャープな2眼式のフロントヘッドライトを採用し、海外仕様と若干差別化されています。 グレード構成は「X」「ツートンエディション」の2種類で、パワートレインは1. ガソリンモデルは用意されず、駆動方式はFFのみが設定されます。 ツートンエディションはエクステリアだけでなくインテリアのシートやトリムについてもツートン仕様となります。 キックスの価格はXグレードが2,759,900円、Xツートンエディションが2,869,900円です。 駆動方式がFFのみでグレードは2種類、パワートレインはe-POWERのみ。 ライバル車のヴェゼルやC-HR、CX-3と比べて選択肢が少ない印象ですが、発売してからのラインナップ拡大も期待したいところです。 発表日は2020年6月24日で、キックスの発売日は2020年6月30日です。 新型キックスのフロントマスクがリーク ブラックメッキの大型Vモーショングリルが特徴 新型キックスのエクステリアがリーク。 日産のコンパクトSUVキックスは6月24日に発表予定ですが、発売前にオレンジのボディカラーを採用したキックスが撮影されました。 事前情報通り、日本で発売する新型キックスは海外で発売しているキックスとフロントマスクが違い、現在発売しているミニバンのセレナハイウェイスターのような大型でインパクトのあるブラックメッキグリルを装備しています。 また電動パーキングブレーキとブレーキホールド、さらにプロパイロットが全車標準装備するという情報もあるため、コストパフォーマンスの高いSUVとして注目が集まります。 日産がe-POWERを大幅改良し新型キックスに搭載! 日産自動車は、次世代の電動パワートレイン「e-POWER」を大幅改良し、2020年6月24日に発表予定の新型キックスに搭載することを明らかにしました。 新しいe-POWERでは高出力モーターを一新して発電効率をアップ。 静粛性の向上やエンジン回転数の効率化も実現しました。 現時点で日産のラインナップでe-POWERを搭載するのは「ノート」と「セレナ」のみ。 日産は今後、新型キックスや2020年秋発売予定の新型ノートなど、その他車種にも新開発のe-POWERを採用していきます。 新型キックスのパワートレインについては、1. 2L e-POWERのほか、1. 5LのNAや1. 6Lターボが用意されるとのことです。 新型キックスの生産は現行マーチと同じ日産のタイ工場で、パワーユニットのe-POWERは日本から出荷して現地で組み立てるようです。 完成検査は日本で行うため、逆輸入車というよりも日本で製造した日本車のイメージで良いでしょう。 世界で販売している新型キックスですが、日本仕様ではフロントマスクなどが独自のデザインに変更されていることが判明しているので新車の発表が楽しみです。 日産キックスのカスタムモデル「キックス・ストリートスポーツ」がSEMAショー2019に出展 日産は11月開催のSEMAショー2019で「キックス・ストリートスポーツ」を発表しました(画像は入手し次第紹介します)。 キックス・ストリートスポーツはベースモデルをエンジンチューニングし、各種ボディキットを装着したカスタムモデルとなります。 なお、現時点でキックスは2020年夏ごろに日本市場に投入されるとの情報があります。 エンジンチューニングによりキックス・ストリートスポーツのスペックがどれだけ向上したのかについては明らかになっていません。 しかしベースモデルの最高出力は125hpですので、これを超える数値となることは確定でしょう。 キックス・ストリートスポーツのエクステリアにはカーボンファイバー製サイドスカートや、フロントエアダムなどのオリジナルのエアロキットを装備。 足回りにはVolk Racingのタイヤ・ホイールセットを装着します。 インテリアはエクステリアに合わせ、レッドのアクセントでレーシーなデザインとしています。 シートにはSparco SPXカーボンバケットシートが採用されています。 海外で販売する日産キックスのエクステリアはVモーションが特徴・インテリアは落ち着いたブラウンのレザーシートを採用 日本のエクストレイルより大きいVモーションが特徴 日産キックスのエクステリアは、Vモーションを用いたグリルで日本仕様のエクストレイルよりも大きいグリルデザインになっています。 ヘッドライトは目尻が上がっているキリッとしたデザイン、四角いフォグランプを採用しています。 サイドに配置される樹脂パーツがSUVらしさを強調 サイドビューはフェンダーアーチ、サイドシル、リアバンパーに黒い樹脂パーツが装着されていてとてもカッコいいデザインです。 ブーメラン型のテールランプが装備されていて、ボディ側の部分がテールランプやウインカー、バックランプが装備されていると考えられます。 ボリュームのあるリヤコンビネーションランプ リアビューのライト点灯ではバックドア側のレンズも光っているのが確認でき、ストップランプの役割を担っていると考えられます。 日本ではあまり見かけないブラウンレザーを採用 インテリアはブラウンのレザー調シートが落ちついた雰囲気を醸し出しています。 ステアリングには最新モデルにとりつけられていることが多いD型ステアリングを採用しています。 燃費計など必要な情報を切り替えられるマルチインフォメーションディスプレイを装備 メーターにはインフォメーションディスプレイが装備されていて、燃費やオドメーターなど切り替えをすることができます。 日産キックスのボディサイズは全長4. 295m、全幅1. 76m、全高1. 58mで、日本では3ナンバーサイズに該当、同じクロスオーバーSUVのエクストレイルと比べるとひと回り小さいサイズであることが分かります。 トランスミッションはマニュアルとXTRONIC CVTの2種類で、下位グレードには5速マニュアルが、上位グレードにはCVTが搭載され、駆動方式はFFのみの設定です。 道路が未舗装の場所や雪が降る地域では、少し大変そうです。 日産の世界戦略SUVキックスは2018年に北米で販売開始 日産キックスは、2016年8月にブラジル仕様のキックスがリオデジャネイロで発売、翌年の2017年5月に中国市場で販売を開始し、2018年の春に北米で発売開始しました。 最初に発売されたブラジル仕様では、「S」「SV」「SL」と3種類グレードがあり、マニュアルとCVTのトランスミッションが設定され、セーフティパッケージを装着しているグレードもあります。 中国仕様キックスの価格帯 XE(MT) 9. 98万元 XL 12. 28万元 XV 12. 98万元 XV TOP 13. 48万元 日本市場では新型ジュークに替わり新型キックスを導入 ブラジル仕様ではジュークとエクストレイルの中間に位置し、アメリカ市場ではジュークの後継車種にあたる日産のキックスは、日本での発売はあるのでしょうか? 日本市場ではエクストレイルとジュークがラインナップしていること、現状左ハンドルの仕様しか販売されていないことなどを考えると発売する可能性は低いと見られていました。 しかし、2019年9月にフルモデルチェンジした新型ジュークが日本市場での投入を見送ったことから、新型キックスが発売することが決定しています。

次の