新型 肺炎 5 ちゃんねる。 【驚愕】中国の新型肺炎患者に「わずか5日」で移植された肺 イギリスメディア「ウイグル人から強制採取したのではないか」

【新型肺炎】なぜ?武漢だけ致死率5%

新型 肺炎 5 ちゃんねる

「新型コロナウイルスに『HIV(エイズウイルス)』のタンパク質が挿入されていることをインド工科大学の科学者たちが発見」という情報がネット上で拡散。 新型コロナウイルスは「飛沫感染するエイズウイルス」などという情報も飛び交っている。 この情報は誤りだ。 BuzzFeed Newsは米国国立研究機関博士研究員として免疫学やウイルス学を専門とする峰宗太郎医師の協力を得て、ファクトチェックを実施した。 峰医師は新型コロナウイルスとHIVのタンパク質の一部の類似性があるとしつつ、あくまでこれは偶然であり、「多くの生物から同じような配列は見つかる」としている。 発端となったのは、まとめサイト「In Deep」に2月1日に掲載された「新型コロナウイルスに『HIV(エイズウイルス)』のタンパク質が挿入されていることをインド工科大学の科学者たちが発見。 さらに『感染しても免疫を獲得できない示唆』を中国当局が示し、事態は新たな局面に」(ママ)という記事だ。 計測ツールBuzzSumoで調べたところ、この記事はFacebookやTwitterを中心に1万5000回以上シェアされていた。 この記事もTwitterを中心に2000回以上シェアされている。 時事通信は記者会見で中日友好医院の医師が「感染後にできる抗体には長期間持続しないものもある。 一度感染し治癒した患者にも再感染のリスクがある」と語り、警戒を呼びかけたと報じている。 著者はコメント欄で、「深刻な状況を考慮して、SARSのようなコロナウイルスの急速な進化について議論を行うために、できるだけ早くBioRxivで共有しました」と論文を公開した意図を説明。 「陰謀説に食い込むつもりはなかったので、ここではそのような主張はしていません」とコメントした。 て、こう答える。 「確かにHIVのあるタンパク質のごく一部の配列に似てはいますが、似ている部分は非常に短く、偶然に生じた配列である可能性があります」 「新型コロナウイルスの配列について似ている配列をGenBankと言うデータベースで探すと、4つの配列のうち最初の3つは HIV-1 の gp120 というタンパク質のごく一部と似ている配列であることが確認できます。 また、最後の1つはHIV-1 の gag というタンパク質の一部と似ています」 HIVはHIV-1とHIV-2に大きく分けられる。 東京都感染症情報センターによると、HIV-1はHIV-2に比べて感染力が強く、日本におけるHIV感染の報告例は1992年と2002年に確認された2例を除いてHIV-1の型だ。 HIV-1と新型コロナウイルスのタンパク質にはたしかに類似性が見られる。 だが、それはHIVに限ったことではないという。 続きはソースで 引用元:.

次の

【新型肺炎】新型コロナウイルスは「飛沫感染するエイズウイルス」はデマ

新型 肺炎 5 ちゃんねる

2月13日、千葉県に住む男性が新型コロナウィルスに感染していることが分かった、と報じられた。 nhk. html[] 千葉県内に住む20代の男性が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。 今月2日に発症する前の14日以内に海外への渡航歴はなかったということで、千葉県が感染経路などを詳しく調べています。 2ch. net 一週間40度が薬飲んでも下がらなかった。 今の病院は親身になってくれて 保健所が中国人との接触が細かくわからないとコロナの検査しません。 とつきはねたのを重症だからと何度もお願いして検査してくれてコロナとわかった。 その他の病院もいき、40度が下がらないですといっても 水分はとれてるんですよね? じゃぁ特に大事じゃないですという扱いをされた。 血液検査されたが 全然異常値じゃないからわかんない で終わった.

次の

相模原駅員が新型コロナ感染か!?真偽は不明ながらも5ちゃんねるから情報流出か

新型 肺炎 5 ちゃんねる

新型ウイルス感染 なぜ?武漢だけ致死率5% 新型のコロナウイルスの感染拡大による中国での致死率は、感染が最も深刻な湖北省・武漢では5%近くになっている一方、それ以外の地域を見るとおよそ0. 8%にとどまっていて、専門家は、「武漢では軽症の患者がカウントされておらず致死率は見かけ上高くなっているとみられる」と話しています。 中国の保健当局、国家衛生健康委員会は新型のコロナウイルスについて4日、患者の数が2万438人となり死亡した人はあわせて425人となったと発表しました。 中国の保健当局のデータをもとに新型のコロナウイルスの致死率を見ると、中国ではおよそ2. 1%ですが、感染拡大が最も深刻な湖北省・武漢ではおよそ4. 9%となっています。 その一方で、武漢を除いた中国でみるとおよそ0. 8%にとどまっています。 これについてWHO=世界保健機関で感染症対策を指揮した経験のある東北大学の押谷仁教授は「武漢では医療機関が混乱しているため軽症の患者がカウントされていなかったり、重症患者への治療が十分行えなかったりして、致死率が高くなっている可能性がある」としています。 その上で「今後は、毎年のインフルエンザの致死率に近い0. 1%程度に近づいていくのかもしれない。 ただ問題は、体力の低下した80代以上を中心に犠牲者が出るインフルエンザと異なり、今回のウイルスは、ウイルス性肺炎を引き起こす。 比較的若い年代でも死亡している人がいるので、どのような人に命の危険がおよぶのか詳しい分析を急ぐ必要がある」と指摘しています。 また中国の保健当局が発表しているデータについて、症状のない感染者の数は含まれていないため正確な致死率については引き続き注視する必要があるとしています。 2020年2月4日 16時09分 NHK.

次の