ブレインクリニック 怪しい。 姉が先日新宿メンタルクリニックに行って躁鬱病と診断されました。

ブレインクリニック東京の口コミ・評判(43件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

ブレインクリニック 怪しい

発達障害 これまで一般的に「発達障害」と称されたアスペルガー障害を含む広氾性発達障害(PDD)診断基準は、DSM-5に改訂されてからは「自閉症スペクトラム障害(ASD)」と定義されるようになりました。 これはASDの特徴は誰にでも少なからず存在するものであるとして、健常者から重度の自閉症者までを連続体(スペクトラム)と捉える考え方です。 ASDは、知能レベルは比較的高いのにもかかわらず、対人コミュニケーションや対人関係の維持が困難であることから、場の空気を読むことや言外のニュアンスを汲むことが苦手で、興味・関心の限局や独特のこだわりがあり、刺激には敏感で変化を嫌い、規則性を好み柔軟性に乏しいというような特徴があります。 時に優れた能力が突出していることも少なくありません。 さらに一般的には、注意欠陥多動性障害(ADHD)も含めて「発達障害」と言われる場合もありますが、ADHDはその名の通り、注意の障害と多動・衝動性の障害を併せ持つ障害です。 疾患名における「注意欠陥」は、注意力が欠落しているということではなく、興味がある事柄には過集中である一方で、肝心なことへの注意が不足してミスをしたりするという、注意力のバランスに大きな偏りがあることが特徴です。 そして「多動・衝動」とは、文字の表す通り、多動性・衝動性にまつわる問題で、落ち着きがなく、多弁で失言が目立ち、感情が高ぶりキレやすく、浪費などの衝動的行動が多いというものです。 これまでは、ASDとADHDのどちらが優勢であるかということを見極めて診断していましたが、DSM-5の診断基準では、ADHDはASDとの併存が認められ、重複診断が可能になりました。 しかし、いずれにしてもうつ病などのその他の疾患とは違い、発達障害の特徴や傾向が認められただけでは「障害」とは言えません。 診断のためには、それが日常生活や学業や仕事などの妨げになっているということがポイントになります。 双極性障害 これまでうつ病をはじめ、双極性障害(躁うつ病)と呼ばれていたものは、すべて気分障害(感情障害)に分類され、気分の波にうつの周期しかないものをうつ病、躁の周期が認められれば双極性障害と診断されていました。 躁の状態とは抑うつの状態とは対極にあります。 気分は高揚し、万能感が高まり、あらゆることに関心や興味が湧き、寝る間を惜しんで精力的・意欲的に活動します。 口数も多くなり積極的に人と関わろうとしますが、過剰に厳格で、しつこさや攻撃性も増すので対人トラブルに発展することも多々あります。 時に衝動的に高額の買い物をしてしまうような逸脱行為がみられることがあります。 問題は、本人に病識や問題意識が乏しいので、周囲の人が困っているのにも関わらず、受診につながりにくいということです。 さて、この気分障害ですが、DSM-5では、2つは「抑うつ障害群」と「双極性障害および関連障害群」というように別々のカテゴリーに分類されるようになりました。 2つは抗うつ薬の効果の違いもありますが、臨床的にも別々の疾患である印象を受けます。 躁うつ病はうつ状態に限らず躁状態も存在し、最近は「双極性障害」といわれます。 双極性障害についてその特徴や診断について詳しく説明します。 双極性障害(躁うつ病)の治療の中心は気分安定薬と非定型抗精神病薬です。 うつ状態と躁状態の波もあり状態によって薬を使い分けていく必要があります。 ところで「双極性障害かもしれない。 」長らくうつ病として治療していたところに主治医からこのように言われることがあります。 誤診ではなく、潜在していた双極性障害は当初はうつ病のように見え、実際多くの双極性障害は初期にうつ病として見えるのです。 うつ病として治療していたのに双極性障害に診断が変わるのはなぜでしょうか?.

次の

医師が鍼灸あん摩マッサージの同意書を書きたくない理由とは

ブレインクリニック 怪しい

本間龍介 [スクエアクリニック副院長、日本抗加齢医学会専門医] スクエアクリニック副院長。 医学博士。 日本抗加齢医学会専門医・評議員、米国抗加齢医学会フェロー、日本医師会認定産業医、日本内科学会会員。 聖マリアンナ医科大学医学部卒業。 同大学大学院医学研究科修了。 自身が原因不明の重度の疲労感に苦しんだことをきっかけに、アドレナル・ファティーグ(副腎疲労)の提唱者であるウィルソン博士に師事。 日本で最初に副腎疲労外来を開設。 近年は、副腎疲労治療を応用し、認知症状や自閉症など脳のトラブルにも治療効果を上げている。 共著書に『しつこい疲れは副腎疲労が原因だった』(祥伝社)、『老化は「副腎」で止められた』(小社刊)等。 ニュース3面鏡 インターネットの登場以来、以前にもまして巷にはニュースがあふれ返っています。 そうしたニュースや出来事の中から、DOL編集部が気になる出来事を厳選し、正面のみならず右から左から、価値あるニュース、楽しいニュースをお届けします。 しかし、毎日のように小麦をとり続けることによって、ゾヌリンが分泌され続けると、この隙間があきっぱなしになってしまう。 するとその隙間から、本来は入ってほしくないような有害物質やバクテリアまでもが入ってきてしまうのである。 この現象はまず、「小腸の粘膜」で起きており、これが「腸もれ」=リーキーガットの状態なのだ。 さらに、ゾヌリンの影響は腸だけにはとどまらない。 血管に入ったゾヌリンは、血流にのって脳にまで到達するからだ。 脳には本来、不要なものや危険なものは入らないようにする「血液脳関門」という関所のようなものがある。 脳はとても重要な臓器であるため、必要なものだけを入れて脳を守るバリアのような存在だ。 しかし、この「血液脳関門」も一枚岩ではなく、やはりつなぎ目はある。 そのつなぎ目に、ゾヌリンが作用すると、関門があるにもかかわらず、そのゲートは開かれてしまうのだ。 これは「リーキーブレイン(脳もれ)」の仕組みである。 つまり、「腸もれ」が起きていると、血流にのって「脳もれ」にもつながってしまうということなのだ。 極端なことをいえば、タイトジャンクションがゆるんでいても体内に有害なものが一切なければ問題はないだろう。 しかし、食事、ストレスをはじめ現代は有害なものが身の回りにあふれている状況だ。 そのような環境で、次から次へと有害なものが入ってくると、体内に免疫細胞があふれ、脳に炎症を起こしてしまう。 そして、この炎症が一種の老化現象なのだ。 脳内の炎症とアルツハイマーや、脳の炎症と認知機能の低下が深く関わっていることは、すでにいくつもの論文で明らかにされている。 大切なのは、脳内の炎症を起こす前に何ができるか、あるいは、脳内の炎症を起こさないようにするには何ができるか、である。 さらに、すでに脳もれを起こしてしまっている脳を、もれない脳にすることが重要だ。 次回は、毎日の生活の中で脳に対してどのようないいことができるか、具体的に紹介していきたい。

次の

医療法人社団 丸山アレルギークリニック|院長プロフィール

ブレインクリニック 怪しい

他の「頭痛専門医」「大学病院」でもよくならない頭痛にも対応します。 脳神経、耳鼻科、眼科、呼吸器、消化器、循環器、内分泌、皮膚、婦人科、泌尿器 etc. 頭のてっぺんから足の先まで、あらゆる症状についてご相談うけたまわります。 また、耳鍼によるメタボ治療、禁煙治療も行っています。 癌性疼痛に対する鍼での治療も行います。 注射のように麻酔薬を使わないので体に優しい治療です。 H23年6月に開院したばかりですので 予約制としていません。 受付時間内に御来院ください。 お仕事の都合などで時間外になる場合も、できるだけ対応いたしますのでお電話ください。 お問い合わせは、上記時間帯以外でも受付いたしますのでお気軽にお電話ください。 臨時休診、振替診察日などについてはトップページの「お知らせ」をご覧ください。 料金 当院は保険診療をしていますので患者様の費用負担は厚生労働大臣の告示した「診療報酬点数表」によって算定されます。 *初診の場合、 頭部CTを行って、 診察をして、 お薬を処方した場合は3割負担で6800円程度となります。 *再診の場合は、処方のみが多いのでかなり安くなります。 * 採血検査, レントゲン, 特定疾患(高血圧、糖尿病、脳血管疾患など)の加算がある場合は幾分アップします。

次の