ブロードバンド ルーター。 ブロードバンドルーターとは?

株式会社バッファロー

ブロードバンド ルーター

こんにちは。 「なるほどWi-Fi」編集部のたにやんです。 突然ですが、「ブロードバンドルーター」をご存知ですか? ブロードバンドルーターがあれば、 家やオフィスで快適にインターネットを楽しむことができます。 最近のブロードバンドルーターは、LANケーブルを使った 有線だけでなく、無線での通信にも対応しています。 ブロードバンドルーター1台で、 パソコンだけでなく、スマホやタブレットも同時にインターネットに接続可能! 家族みんなで使ったり、仕事とプライベートの両方で活躍してくれます。 この記事では、「ブロードバンドルーターとは何?」「設定方法は?」という解説から、「おすすめのブロードバンドルーターの紹介」まで書いています。 動画や音楽がインターネットで見られる現在では、 スマホの通信だけではすぐに通信制限に引っかかってしまいます。 あなたもブロードバンドルーターを活用して、今よりもっとインターネットを楽しんでみませんか? 目次• ブロードバンドルーターとは?ルーターとの違いは? 機能 ブロードバンドルーター ルーター DHCPサーバー ファイアウォール ブロードバンドルーターとは、 ADSL・光回線 FTTH ・ケーブルテレビ CATV といった高速かつ大容量のインターネット通信を行うことを前提として作られた機器です。 ブロードバンドとは、高速・大容量のデータ通信が可能な回線のことを言い、現在では光回線・ADSL・ケーブルテレビと言います。 一方、ブロードバンドと比較して、旧式の回線であるダイヤルアップ接続やISDNは、周波数帯域が狭く低速な通信回線であるため ナローバンドと言います。 ブロードバンドルーターの設定方法 ブロードバンドルーターの設定方法は、 非常にカンタンです! 詳しい手順はメーカーの取扱説明書に書かれていますが、大まかな手順はどのメーカーも同じです。 それぞれ順番に説明していきます。 ブロードバンドルーターには、1つのWANポートと複数のLANポートがあります。 WANポートと回線終端装置(ONU)またはADSLモデムをLANケーブルで繋ぎます。 無線の場合はこれで完了です。 有線の場合は、さらに LANポートとインターネットに接続する機器をLANケーブルで繋ぎ ます。 ルーターにアクセスするには、ルーターの取扱説明書に記載されているルーターのIPアドレスが必要です。 各社のルーターのIPアドレスですが、「192. 168. 1」、「192. 168. 1」、「192. 168. 1」が設定されていることが多いです。 ルーターのIPアドレスがわかれば、 パソコンやスマホのブラウザを起動させ、アドレスバーにルーターのIPアドレスを直接入力してアクセス します。 「ユーザー名」と「パスワード」は、ルーターの取扱説明書に記載されています。 こちらには、 プロバイダーの登録証に記載された「接続先ユーザー名」と「接続先パスワード」を入力します。 すると、インターネット接続のための設定がはじまりますので、しばらく待ちます。 設定完了画面は、そのまま閉じてしまって構いません。 メーカー別!おすすめのブロードバンドルーター5選! メーカー 速度 ポート数 置き方 バッファロー 1000Mbps 4 壁掛け・縦置き 日本電気 NEC 1300Mbps 4 壁掛け・縦置き エイスース ASUS 750Mbps 4 壁掛け・縦置き アイ・オー・データ I-O DATA 867Mbps 4 縦置き エレコム ELECOM 940Mbps 4 縦置き それぞれの違いは比較表にまとめました。 ここから、それぞれのメーカーのルーター」について詳しく解説します。 その中でも「バッファロー(BHR-4GRV2)」は、動画など大容量データをやり取りできるにも関わらず、4,703円 税込 という安さが魅力。 縦置きができるので、置くスペースを選ばず設置できます。 NECでおすすめのモデルは「PA-WG1900HP」です。 アンテナが内蔵されているため、 省スペースでの設置が可能です。 安定した通信が求めらるゲームに特化したモデルを中心に販売しているのが特徴です。 おすすめのモデルは「ASUS ゲーミングWi-Fi無線ルーターRT-AC86U」になります。 「WTFast」という通信のタイムラグを減らせる機能がついており、他メーカーの機種よりも 安定した通信環境を求める人に最適です。 数あるアイ・オー・データ I-O DATA の製品の中でも、おすすめは「WN-AX1167GR2」です。 インターネット上の有害サイトやフィッシング詐欺から身を守る「ネットフィルタリング機能」を搭載。 また外部からの不正アクセスを拒否できる「WI-FIマモル」機能も搭載しており、 セキュリティ面を高めたい人にはうってつけの機種です。 「設定方法」や「よくある質問」を文章だけでなく、動画でも配信。 さらに、それでもわからない人向けに有料で訪問サービスも用意しており、担当者が親切丁寧に設定&設置を行ってくれます。 そんなエレコム ELECOM のおすすめモデルは、「WRC-2533GST」です。 とにかく通信速度の速さが魅力の機種で、業界最速の940Mbpsを誇るため、 動画などを頻繁に視聴する人には非常におすすめです。 ここを見て、あなたの疑問を解消してくださいね! Q. ブロードバンドルーターのDHCP機能とは? DHCPとは「Dynamic Host Configuration Protocol」の略で、 ブロードバンドルーターに接続されているそれぞれの端末にIPアドレスを割り当てる機能です。 DHCP機能があることで、ブロードバンドルーターに接続されている各端末が同時にインターネットに接続することができます。 ブロードバンドルーターのスイッチングハブの違いは? ブロードバンドルーターのスイッチングハブの違いは、 DHCP機能の有無です。 ブロードバンドルーターにはDHCP機能がありますが、 スイッチングハブにはDHCP機能がありません。 そのため、スイッチングハブに複数の端末が接続していても、そのうち1台しかインターネット接続できません。 ブロードバンドルーターのIPアドレスの調べ方は? ブロードバンドルーターの設定を行うためには、ブロードバンドルーターにアクセスするためのIPアドレスが必要です。 ブロードバンドルーターの IPアドレスは、ルーターの取扱説明書に記載されています。 ブロードバンドルーターはV6プラスとはどんな機能? V6プラスとは、「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」のことで、 従来の低速回線であるIPv4と次世代の高速回線であるIPv6の両方に対応できる機能です。 IPv6はプロバイダが提供する次世代の高速回線ですが、ブロードバンドルーター側でV6プラス対応していなければ従来の低速回線であるIPv4でしか接続できません。 ブロードバンドルーターの寿命はどのくらい? ブロードバンドルーターの寿命は、 平均すると3年~5年と言われています。 ただし、メーカーや機種、使用頻度によって大きく変わります。 ブロードバンドルーターのアクセスポイントとは何? アクセスポイントとは「基地局」を指し、 わずらわしいケーブルを無線化するための機器です。 アクセスポイントの機能が付いたブロードバンドルーターでは、有線だけでなく、無線によるインターネット通信が可能です。 ブロードバンドルーターの英語表記は? ブロードバンドルーターの英語表記は、 「Broadband Router」です。 まとめ まとめ ・ブロードバンドルーターとは何かを知る ・ブロードバンドルーターの設定方法を理解する ・おすすめのブロードバンドルーターを比較する 今回は、「ブロードバンドルーターとは何か」「ブロードバンドルーターの設定方法」、そして「おすすめのブロードバンドルーター」についてご紹介しました。 ブロードバンドルーターが1台あれば、複数のパソコンやスマホがネットに接続できるので、家族みんなでインターネットを楽しめます。 インターネットで動画や音楽を聴いていて、 ついついキャリアの 通信制限をオーバーしてしまう…なんて心配もなし! ぜひブロードバンドルーターを活用して、インターネットをインターネットを楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の

ブロードバンドルータの内と外:ルータの仕組みを学ぼう(3)

ブロードバンド ルーター

家庭内で複数の端末からインターネット接続できる「ルーター」 インターネットを使うとき、今や当たり前のように使っている方の多い「ルーター」ですが、一体どのような役割をしているのでしょうか。 複数の端末でひとつのインターネット回線を共有 インターネット回線を利用する上で、非常に便利なのがルーターです。 例えば、自宅に光回線を引いた際に、複数の端末からネット接続したいと考えますよね。 そんなときにルーターが役に立ちます。 ルーターが自動的に振り分けてくれるので、ひとつのインターネット回線を複数の端末で共有できるようになるのです。 IPアドレスを割り振る ルーターの重要な機能のひとつに、DHCPサーバー機能があります。 これによって、コンピューターの住所ともいえるIPアドレスを、重複することなくそれぞれに割り振る働きをしてくれます。 複数の端末でインターネットの回線を共有するということは、データがバラバラになってしまう危険性がありますが、ルーターが交通整理してくれることで、未然に防いでくれているのです。 高速インターネット通信の際に使用する「ブロードバンドルーター」 ルーターの一種に「ブロードバンドルーター」というものも存在します。 ブロードバンドルーターはルーターの中でも、ADSLなどの高速インターネット通信を前提として販売されている製品のことを指します。 ルーターとの違いは? 複数の端末をインターネットに接続が可能という点は変わりませんが、 ブロードバンドルーターには外部からの不正アクセスを防止できるファイアウォール機能が備わっています。 この理由は、一般的なルーターには設置されていない「WAN側(外)」と「LAN側(内)」と呼ばれる2つのポートがあるからです。 このように外と内とで分けることによって、内部からのアクセスのみを可能としています。 ルーターの補助的存在「ハブ」 もし、複数の端末をLAN接続したい場合、ルーター1台では到底間に合いません。 そこで使われるのが「ハブ」です。 ハブにもさまざまな種類が存在しますが、 一般的に使われているハブの役割は、単純に1本のLANケーブルを分配することです。 ルーターにも機器を接続するためのポートが何個か用意されていますが、足りなくなった場合は、ハブを用いることとなります。 ハブとルーターの違いは? これだけ聞くと、ハブとルーターには違いはないと感じますよね。 しかしながら、ハブは単体で使うことはできません。 つまりルーターを使わずに機器に接続しても、インターネットに接続できないのです。 この大きな理由として挙げられるのが、ハブはIPアドレスを割り振ることができないためです。 おわりに 今回は、ルーターとブロードバンドルーター、ハブの違いをご紹介しました。 一般的に利用されるのがルーターですが、高速インターネット通信で利用されるのがブロードバンドルーターです。 さらに一般的なルーターでは難しい複数接続を可能とするためにハブが使われています。 接続ができない、機器を交換したい、という場合にはそれぞれの役割を理解しておくことが重要です。 これらを上手に活用して、インターネットを楽しんでくださいね。

次の

ブロードバンドルーターとは?無線の設定方法やルーターとの違いを解説!

ブロードバンド ルーター

ブロードバンドルータ ブロードバンドルータ ブロードバンドルータとは ルータとは、異なるネットワーク同士を相互接続する機器のことです。 ブロードバンドルータは、ルータの中でもインターネット接続を前提として販売されている機器です。 実際に使用するときイメージとしては「インターネット」と「自宅や会社のLAN」という2つのネットワークを接続するための機器と考えるとよいでしょう。 ルータを使用することにより、複数のパソコンでインターネットに接続することが可能になります。 ONU(光回線終端装置) 光回線の契約を行うと光ファイバーの引込みを行うと共に「ONU(Optical Network Unit:光回線終端装置)」が設置されます。 光ファイバー内には光信号が流れていますが、そのままではパソコンでは認識できません。 光信号はONUによってパソコンが認識できるデジタル信号に変換されます。 逆にパソコンから流れてくるデジタル信号を光信号へ変換し光ファイバーへ流すことで通信が成り立っています。 光信号とデジタル信号を相互変換する事からONUの事を「モデム」または「光モデム」と呼ぶ人もいます。 ONU+ルータの接続 ルータには、役割の違うLANポートが2種類あります。 ひとつは「WAN側」ポートで、インターネットに接続する側になり、ONUとつなぎます。 もうひとつは「LAN側」ポートでパソコンをつなぎます。 それぞれLANケーブルを使ってつなぎます。 ルータの導入によるセキュリティ強化 ルーターを使うことにより、インターネットとパソコンが直接つながらなくなります。 これでパソコンに対して直接行われる不正アクセスを防ぐことができます。 また、ルータはパケットフィルタリングという機能を持っていて、インターネットからのアクセスのうち、 特定の条件を満たすデータ(パケット)だけをLANに通し、条件を満たさないデータは通さない機能です。 インターネットを通じて直接パソコンに感染するコンピュータウイルスやワームなども、 適切なパケットフィルタリングをすることにより防ぐことができます。

次の