保育 士 転職。 保育士の求人・転職情報サイト|保育士求人ナビ

実は保育士の離職率は低かった!じゃあなんで保育士足りないの?

保育 士 転職

転職エージェントを選ぶこと• 多彩な働き方・求人数が豊富な会社を選ぶこと• サポートの充実した会社を選ぶこと ポイント1:転職エージェントを選ぶこと 最初に確認したいことは、保育士転職サイトが転職エージェントであるか? です。 (または人材紹介会社とも呼ばれています) 転職サイトは、求人広告と転職エージェントの大きく2種類あります。 求人広告サイトは、自分で求人を探して、自己応募する転職サイトです。 一方、転職エージェントは、転職理由の深掘りから転職成功までサポートしてくれます。 特に保育園選び、応募書類の作成サポート、面接日程調整は限られた時間で転職活動をする保育士の助けになります。 ストレスなく転職活動を進められる転職エージェントを選ぶべきです。 ポイント2:多彩な働き方・求人数が豊富な会社を選ぶこと 次に重要なのが多彩な働き方・求人数を保有している転職サイトを選ぶことです。 保育士の働き方は正規雇用の正社員(正職員)や非正規雇用のパート・アルバイト、派遣といくつもの働き方があります。 働く施設も保育園以外にも、企業内保育所、学童、院内保育所、小規模保育所と様々な施設があります。 初めて転職する保育士は自分にあっている働き方を知らない方も多いです。 できるだけ幅広い選択肢から提案してもらえる会社を選ぶべきです。 できるだけ選択の多い転職サイトを選んでください。 ポイント3:サポートの充実した会社を選ぶこと 最後は転職エージェントの特徴であるサポートの充実した会社を選ぶことです。 転職エージェントのサポート内容は顕著に差が出ています。 カウンセリング・求人紹介に力を入れている• 応募書類に力を入れている• 面接・保育園見学に同行してくれる• 条件交渉に力を入れている と会社ごとに強み・弱みが異なります。 全ての項目が1番の会社はありません。 一つのポイントとしてどんなサポートをしているのか? この点に注目してくださいね。 以上、3つのポイントから保育士におすすめの転職サイトをまとめました!ぜひ、参考にしてください! 保育士求人・転職サイト 人気ランキング 1位:保育ひろば 保育士転職サイトを徹底比較 保育士転職サイトを表で比較しました。 東京・神奈川・埼玉・千葉の求人数はトップクラス。 マイナビグループの 丁寧な説明、親身な相談で高評価!直接面談によるサポート希望ならイチオシ! 登録者 90,000名以上 NO. 求人検索のみなら来社不要です。 赤文字の部分が他社にはない強みです。 表で比較すると、どのサイトにもメリットがあることがわかるかと思います。 担当者との対象もあるのでぜひ2つ以上は登録して比較して見てください。 :好条件求人を最短1日で紹介!日本トップクラスの求人・働き方を提案!• :業界トップクラスのお仕事数を保有!保育施設サポート事業展開で保育園との繋がりが強め!• :マイナビグループのキャリアコンサルタントによる転職サポートあり!関東地区の転職ならイチオシ! おすすめの転職サイトは保育ひろば 保育ひろばは、 2018年3月時点で90,000名が登録している人気の保育士転職サイトです。 この登録者数は、保育施設で就業している人の5人に1人に相当する 以前の保育ひろばは、営業に力を入れており電話案内が多い状況でした。 そのため、電話が多いと悪い評判も多くありました(2017年頃までは非常に多かったです) しかし、運営するネオキャリアの方針は「どれだけ多くの人と繋がり続けられるか」を意識し、2018年3月に電話面談から WEB面談に切り替えました。 知らない電話番号からの電話、勤務中の電話…という不安を消してくれました。 利用満足度94. 特徴やサポート内容の違いから 保育士転職サイトには相性があるからです。 保育園の方針も園長先生によって変わるように保育士転職サイトも会社の考え方や方針によって大きく変わります。 勤務している人材コーディネーターの考え方も会社毎に微妙に異なります。 スピード重視で求人情報を提供する会社もあれば、来社しての面談でじっくり方針を決める会社もあります。 この2つの転職サイトの場合は対応が全く異なりますよね。 各社評判の良し悪しはありますが、結局のところ使ってみた人と転職サイトの相性が大切なのです。 複数社登録するべき理由1:取り扱う求人異なるから 取り扱っている保育園求人は、保育士転職サイト毎に異なります。 保育士転職サイトに求人情報を掲載するには保育園からの依頼があってから掲載しますが、保育園が複数社に依頼することもあれば、特定の1社に絞っている場合もあるからです。 一例を挙げるとマイナビ保育では、マイナビグループが運営していることから企業との繋がりが強いです。 そのため企業内保育・院内保育が強いです。 一方、ほいく畑は、大阪市より『大阪市保育士・保育所支援センター』の運営受託していため、大阪市内の保育園との繋がりが強い傾向にあります。 1社よりも2,3社に登録したほうがあなたの希望にあった求人を見つけられる確率が格段に上がります。 複数社登録するべき理由2:人気の保育士求人(非公開求人)はすぐになくなるから 保育士転職サイトには、一般には公開されない非公開求人があり好条件の求人はすぐに埋まってしまいまいます。 保育士に限らず多くの転職サイトで非公開求人を保有しており求人の8割が非公開求人と言われており、好条件の求人は登録者に優先的に紹介しているのです。 非公開求人にしている理由の一つに「好条件で応募が殺到するため」というものがあります。 保育園の条件にある人だけオファーをすることもあるため、人気園の求人を獲得するには事前に転職サイトの会員登録をしなければならないのです。 一般には公開されない求人です。 当然、転職サイト毎に異なるため複数社登録しているほうが好条件の求人を見つけやすくなります。 参考 複数社登録するべき理由3:転職サイトのサポート体制が異なるから 保育士転職サイトのサポート体制は会社毎に大きく異なります。 求人紹介のみ自己応募 or 転職までサポート• 転職までのスポードに特化 or 面談・転職ノウハウ指導による質に特化• 地域密着 or 全国展開 この3つを見るだけでかなり違うことがわかりますよね。 積極的に転職フェアを行う会社は増えてきましたし、地方から東京への上京をサポートする会社も出てきました。 相性もあるため、最初は複数社に登録して自分にあったサービスを1社に絞ることをおすすめします。 参考 保育士 転職サイトに登録する3つのメリット 保育士 転職サイト メリット• 求人表にない内部情報がわかる• 転職を相談しながら進められる• 転職全般をサポートしてもらえる メリット1:求人表にない内部情報がわかる 保育士転職サイトを使うと 求人票ではわからない内部情報がわかります。 ハローワークや求人紙、転職求人サイトの求人は求人広告と呼ばれるもので通常良いことしか書いていません。 例えば、 離職率が高さ、持ち帰り仕事の多さ、平均残業など悪い情報は応募率が下がるため記載されません。 しかし、転職エージェントでは、 悪い情報も含め紹介してもらえるのです。 また、実際に転職した人からの口コミ情報も保有しているため第三者目線での情報を教えてもらえます。 一般では手に入らない情報が手に入ることが一つ目のメリットです。 メリット2:転職を相談しながら進められる 保育士転職サイトでは、転職のプロに相談しながら転職活動を進められます。 「今の保育園よりも良い園に転職したい」と思っても判断できなければ転職できませんよね。 そこで転職サイトの人材コーディネーターがあなたの希望を元に適切な園を紹介してくれます。 希望すれば保育園見学も手配してくれるため、納得の転職ができます。 その上で今の園を続ける。 もしくは別の園に転職すると選択できるのです。 メリット3:転職全般をサポートしてもらえる 転職サイトは忙しい保育士のお仕事の合間でも転職活動ができるように以下のことをサポートしてくれます。 自己分析のお手伝い• 希望の条件から求人検索• 履歴書・職務経歴書などの書類作成サポート• 面接日程調整• 内定後の条件交渉 または 内定辞退 自分一人ではできないこと、時間がかかること全般をサポートしてくれるのです。 保育士 転職サイト 使うデメリット 転職サイトを使うメリットもあれば、デメリットも存在します。 例えば、一部の保育園では転職サイトに支払う手数料を嫌い依頼を出しいません。 また保育園毎に提携している転職サイトも異なるため、1社では全ての求人を発見できません。 そのため、複数会社に登録する、ハローワークなどを併用することがデメリットを回避するポイントと言えます。 参考 登録前に知っておきたい保育士転職サイトの悪い口コミ・評判 転職サイトには悪い評判も存在します。 ランキング上位で紹介した転職サイトも共通した悪い口コミ・評判なので整理しておきます。 転職サイトに登録すると営業時間内であればすぐに電話がかかってきます。 営業時間外に登録すると時間を見計らって電話をかけてくるんですよね。 登録後、すぐに電話がなるので事前にご承知くださいね。 多分、転職サイトの成果があるのでしょうが、相手側の話でこちらの話に集中してもらえなかった。 キャリアコンサルタントの電話対応がチャラかった方もいました。 若い子を使っているんだろうなーと思いましたが、電話なんだからもうちょっと丁寧に対応しろと思いました。 私もいくつか転職サイト(保育士位以外にも含め)を利用しましたが、保育士転職サイトは特に雑な対応でした。 一般の転職サイトを活用したことがある方には不愉快に感じるかもしれません。 比較的、サービス開始間もない転職サイトの場合だと、若いキャリアコンサルタントが対応する場合があります。 初回は時間がかかりますが、複数社のキャリアコンサルタントと話をして自分に合う人を見つけてください。 なお、初回の電話の時点で合わなかったら求人確認のためキープしつつ1社で転職活動を進めましょう。 :好条件求人を最短1日で紹介!日本トップクラスの求人・働き方を提案!• :業界トップクラスのお仕事数を保有!保育施設サポート事業展開で保育園との繋がりが強め!• :マイナビグループのキャリアコンサルタントによる転職サポートあり!関東地区の転職ならイチオシ! 保育士の転職は、時間との戦いです。 転職をサポートしてくれるキャリアアドバイザーと出会って転職を成功させましょう! 保育士の働き方から求人・転職サイトを選ぶ 保育士の働き方は、正社員以外にパート、派遣、契約社員と多様な働き方があります。 それぞれの働き方に強い保育士求人・転職サイトを活用しましょう。 具体的な働き方の違いを知りたい方は以下の記事からご確認ください。

次の

保育士求人・転職サイト おすすめ比較ランキング!好条件求人で自分らしい保育をしよう!

保育 士 転職

最新記事 by 保育士くらぶ編集部• - 2020年7月8日• - 2020年7月1日• - 2020年6月30日 こんにちは!です。 保育士くらぶでは、保育現場で明日から使える最新トピックや保育士さんの転職、キャリアをサポートするコンテンツをおとどけしています。 求人情報や転職・キャリアのご相談は同グループが運営するをご覧ください。 自信をもって自己PRを 転職をお考えの保育士さんや、休職中の元保育士さんで復職希望の方はたくさんいらっしゃると思います。 そういった方の就職活動に欠かせないのが「履歴書」・「職務経歴書」です。 職務経歴書は主に転職する方には必要なものとなってきますね。 これらの書類は、これまで 自分が積んできたキャリアや磨いてきたスキルをアピールする手段となります。 というわけで、今回は履歴書や職務経歴書、さらに面接にも大いに活用できる 自己PRについて徹底リサーチしました。 新卒・転職・復職、キャリアや立場に応じた自己PRの仕方や気を付けたいポイントなど、例文を挙げて具体的に解説します! 保育士・幼稚園教諭の自己PRで大切なこと 職務経歴書や面接での自己PRは、なんとなく業界用語風にカッコ良く言えば、あなたという「保育士」が、クライアントである保育園や幼稚園に向けてのプレゼン…といったところでしょうか? つまり、 いかにあなたが魅力ある人材かということをアピールするコマーシャルです。 ・短所を長所に! ということは、「こんな長所があります!」といったことはもちろんですが、ここはちょっと短所やマイナス点かも…という部分も プラスや長所にすることも大事です。 こんなスキルがありますというアピールは当然ですが、保育士としては未経験だという場合にも「そちらの園の方針に染まります」という風に発想を変えてみてはいかがでしょうか? それでは、キャリアや立場別に具体的なPR術をご紹介します。 前職の保育園には3年勤務しましたが、園長の考える保育方針と私が思い描く保育とが一致しませんでした。 1年・2年と勤務する中で、園長や上司、先輩方と何度も話し合い、歩み寄ったりもしましたが、残念ながら退職することとなりました。 貴園のホームページを拝見したり、園見学に伺ったりといった事でこちらの素晴らしい保育方針に感銘し、応募させていただきました。 空白 まだ経験が浅く、しかも複数の施設で勤務してきたという人の場合、「うちでも長く続かないかも」と採用側としては不安を感じるはずです。 このような場合は「保育方針の不一致」という理由が受け入れてもらいやすいでしょう。 また、それより重要になってくるのは、経験のアピールより 人柄や積極性 を強調することです。 直近まで勤務していた保育園では、業務効率が優先の労働環境であったため、保育士同士の会話や交流はあまり重視されていませんでした。 私は元々、人と接することが好きな性格でしたので、できれば先輩方とも仲良くお仕事がしたかったのですが、私のそういった努力は報われませんでした。 こちらの園は、アットホームな労働環境だとの評判を聞き、ぜひ貴園で働きたいと今回応募させていただきました。 空白 たとえ問題のある施設だったとしても、 前の職場を悪し様に言うのは控えましょう。 「ウチを辞めた時のもいろいろ言うかも知れない…」と感じるかも知れません。 複数の転職も スキルアップやキャリアアップのためということを採用側に伝えたいですね。 保育士・幼稚園教諭に復職する場合の自己PR術 最後に、子育てなどを理由にブランクがあったけれど保育士・幼稚園教諭に復職したい人向けのPRの仕方です。 結婚や出産で退職・休職する保育士さんはかなり多いので、ブランクがあることはさほど気にしなくてもいいと思われます。 休んでいた間に 子育てをしていた り、 福祉や保育関係のパートやアルバイトをしていた りという場合は必ずアピールしましょう。 ・例文5「復職に役立つ経験」 保育士・幼稚園教諭の自己PRについて相談してみよう! 面接、職務経歴書の自己PRについてキャリアや立場別に解説しましたが、いかがでしたでしょうか? それでもやっぱり自己PRって難しい!という方は、 などの転職サイトの キャリアコンサルタント や キャリアアドバイザー などに相談してみるのもいいかも知れません。 例えば、こういった経験があり、こんな事が得意ですといった事や、保育に対する思いなどを伝えて、どんな自己PRをすればいいのか?を質問してみてはいかがでしょうか? さいごに 自己PRは職務経歴書や面接の中でもかなり重要な項目です。 職務履歴書の自己PRを見て、「会ってみたい」と感じてもらえる、面接の自己PRを聞いて「うちの保育園に来てほしい」と思ってもらえたらシメたものです。 職務経歴書の作成や面接の際には、万全の準備を整えて 「私はこんなに魅力的な人材です!」 という最高の自己PRを目指しましょう。 アスカからのお知らせ 当サイト 保育士くらぶ内 での広告企業のバナーやリンクをクリックしたことによる広告収入等は当面の間、 新型コロナウイルス感染症の影響を受けるすべての子どもたちの支援活動を行っているに 全額寄付させていただきます。 あなたにオススメの関連記事.

次の

保育士の求人・転職情報サイト|保育士求人ナビ

保育 士 転職

基本情報 保存した検索条件・検索条件履歴 エリア選択 エリアを選ぶ 職種 保育士 幼稚園教諭 保育教諭 看護師 栄養士・調理師 その他(保育関係) 雇用形態 正社員 契約社員 パート 紹介予定派遣 派遣社員 条件の追加 施設形態 認可保育園 小規模認可保育所 認証保育所 認可外保育園 保育園 認定こども園 幼稚園 病院内保育 病児保育 企業内保育 学童保育 放課後等デイサービス その他 特徴 4月入職OK 年間休日120日以上 ブランクあり歓迎 駅徒歩5分以内 日勤のみ 住宅手当あり 扶養控除内 時間固定 無資格OK 資格取得見込OK 新卒 小規模保育園 マイカー通勤OK 土日休み 社会保険完備 初心者歓迎 フリー担当 オープニング求人 社会福祉法人 WEB面接可 フリーワード 関東 東京都• 東京都すべて• 23区から選ぶ• 千代田区• 中央区• 新宿区• 文京区• 台東区• 墨田区• 江東区• 品川区• 目黒区• 大田区• 世田谷区• 渋谷区• 中野区• 杉並区• 豊島区• 荒川区• 板橋区• 練馬区• 足立区• 葛飾区• 江戸川区• そのほかの市• 八王子市• 立川市• 武蔵野市• 三鷹市• 青梅市• 府中市• 昭島市• 調布市• 町田市• 小金井市• 小平市• 日野市• 東村山市• 国分寺市• 国立市• 福生市• 狛江市• 東大和市• 清瀬市• 東久留米市• 武蔵村山市• 多摩市• 稲城市• 羽村市• あきる野市• 西東京市 神奈川県• 神奈川県すべて• 横浜市• 横浜市全域• 鶴見区• 神奈川区• 保土ケ谷区• 磯子区• 金沢区• 港北区• 戸塚区• 港南区• 瀬谷区• 青葉区• 都筑区• 川崎市• 川崎市全域• 川崎区• 中原区• 高津区• 多摩区• 宮前区• 相模原市• 相模原市全域• そのほかの市• 横須賀市• 平塚市• 鎌倉市• 藤沢市• 小田原市• 茅ヶ崎市• 逗子市• 三浦市• 秦野市• 厚木市• 大和市• 伊勢原市• 海老名市• 座間市• 南足柄市• 綾瀬市• 三浦郡 埼玉県• 埼玉県すべて• さいたま市• さいたま市全域• 大宮区• 見沼区• 中央区• 浦和区• 岩槻区• そのほかの市• 川越市• 熊谷市• 川口市• 行田市• 秩父市• 所沢市• 飯能市• 加須市• 本庄市• 東松山市• 春日部市• 狭山市• 羽生市• 鴻巣市• 深谷市• 上尾市• 草加市• 越谷市• 戸田市• 入間市• 朝霞市• 志木市• 和光市• 新座市• 桶川市• 久喜市• 北本市• 八潮市• 富士見市• 三郷市• 蓮田市• 坂戸市• 幸手市• 鶴ヶ島市• 日高市• 吉川市• ふじみ野市• 白岡市• 北足立郡• 北葛飾郡• 比企郡• 入間郡• 南埼玉郡• 大里郡• 児玉郡 千葉県• 千葉県すべて• 千葉市• 千葉市全域• 中央区• 花見川区• 稲毛区• 若葉区• 美浜区• そのほかの市• 銚子市• 市川市• 船橋市• 館山市• 木更津市• 松戸市• 野田市• 茂原市• 成田市• 佐倉市• 東金市• 習志野市• 勝浦市• 市原市• 流山市• 八千代市• 我孫子市• 鴨川市• 鎌ケ谷市• 君津市• 富津市• 浦安市• 四街道市• 袖ケ浦市• 八街市• 印西市• 白井市• 富里市• 匝瑳市• 山武市• いすみ市• 印旛郡• 山部郡• 長生郡 栃木県• 栃木県全域• 宇都宮市• 小山市 栃木県• 栃木県全域• 宇都宮市• 小山市 群馬県• 群馬県すべて• 前橋市• 高崎市• 太田市 近畿 大阪府• 大阪府すべて• 大阪市• 岸和田市• 豊中市• 池田市• 吹田市• 泉大津市• 高槻市• 貝塚市• 守口市• 枚方市• 茨木市• 八尾市• 泉佐野市• 富田林市• 河内長野市• 松原市• 大東市• 和泉市• 箕面市• 柏原市• 羽曳野市• 門真市• 摂津市• 高石市• 藤井寺市• 東大阪市• 四條畷市• 交野市• 大阪狭山市• 阪南市 兵庫県• 兵庫県すべて• 神戸市• 神戸市全域• 東灘区• 兵庫区• 長田区• 須磨区• 垂水区• 中央区• そのほかの市• 姫路市• 尼崎市• 西宮市• 洲本市• 芦屋市• 伊丹市• 相生市• 加古川市• 赤穂市• 西脇市• 宝塚市• 三木市• 川西市• 小野市• 三田市• 加西市• 篠山市• 養父市• 丹波市• 南あわじ市• 朝来市• 宍粟市• 加東市• たつの市 京都府• 京都府すべて• 京都市• 京都市全域• 上京区• 左京区• 中京区• 東山区• 下京区• 右京区• 伏見区• 山科区• 西京区 3 滋賀県• 滋賀県すべて• 大津市• 彦根市• 草津市 奈良県• 奈良県すべて• 奈良市 和歌山県• 和歌山県すべて• 和歌山市 東海 愛知県• 愛知県すべて• 名古屋市• 名古屋市全域• 千種区• 中村区• 昭和区• 瑞穂区• 守山区• 天白区• 名東区• そのほかの市• 豊橋市• 一宮市• 瀬戸市• 半田市• 津島市• 碧南市• 豊田市• 安城市• 西尾市• 蒲郡市• 犬山市• 江南市• 小牧市• 稲沢市• 新城市• 東海市• 大府市• 知多市• 知立市• 尾張旭市• 高浜市• 豊明市• 日進市• 田原市• 清須市• 弥富市• 長久手市 静岡県• 静岡県すべて 岐阜県• 岐阜県すべて 三重県• 三重県すべて 北海道・東北 北海道• 北海道すべて• 札幌市• 札幌市全域• 中央区• 白石区• 豊平区• 厚別区• 手稲区• 清田区• そのほかの市• 函館市 宮城県• 宮城県すべて 福島県• 福島県すべて 青森県• 青森県すべて 岩手県• 岩手県すべて 山形県• 山形県すべて 秋田県• 秋田県すべて 北陸・甲信越 新潟県• 新潟県すべて 長野県• 長野県すべて 石川県• 石川県すべて 富山県• 富山県すべて 山梨県• 山梨県すべて 福井県• 福井県すべて 中国 広島県• 広島県すべて 岡山県• 岡山県すべて 山口県• 山口県すべて 島根県• 島根県すべて 鳥取県• 鳥取県すべて 四国 愛媛県• 愛媛県すべて 香川県• 香川県すべて 徳島県• 徳島県すべて 高知県• 高知県すべて 九州 福岡県• 福岡県すべて• 北九州市• 北九州市全域• 門司区• 若松区• 戸畑区• 小倉北区• 小倉南区• 八幡東区• 八幡西区• 福岡市• 福岡市全域• 博多区• 中央区• 城南区• 早良区• そのほかの市• 久留米市 熊本県• 熊本県すべて 鹿児島県• 鹿児島県すべて 長崎県• 長崎県すべて 大分県• 大分県すべて 宮崎県• 宮崎県すべて 佐賀県• 佐賀県すべて 沖縄県• 沖縄県すべて.

次の