市民 税 非課税 世帯 と は。 市民税(住民税)の非課税世帯とはどういうものですか?

個人市県民税について|仙台市

市民 税 非課税 世帯 と は

住民税の非課税限度額について 住民税(市民税・府民税)の内訳は、均等割5,600円と所得割(税率10%)となっていますが、以下に該当する人は非課税となります。 均等割も所得割も非課税となる人• 前年中に所得がなかった人• 生活保護法によって生活扶助を受けている人• 障害者、未成年者、寡婦または寡夫いずれかに該当し、前年中の合計所得金額が125万円以下の人• 所得割のみ非課税となり均等割は課税される人 前年中の総所得金額等が次の額以下の人は所得割が非課税となり、均等割5,600円のみ課税されます。 均等割・所得割の非課税対象一覧 扶養親族数 均等割が非課税となる所得金額 所得割が非課税となる所得金額 0人 合計所得金額28万円以下 総所得金額等35万円以下 1人 合計所得金額72万8千円以下 総所得金額等102万円以下 2人 合計所得金額100万8千円以下 総所得金額等137万円以下 3人 合計所得金額128万8千円以下 総所得金額等172万円以下 (例)妻と子ども1人を扶養している場合、扶養親族数は2人となります。 この条件で合計所得金額が100万8千円以下の場合、均等割も所得割も非課税となります。 同条件で総所得金額等が137万円以下の場合、所得割は非課税ですが、均等割は課税されます。 16歳未満の年少扶養親族の申告について 上記のとおり、 住民税は16歳未満の年少扶養親族を含めて算定し非課税となるかどうかを判定します。 そのため、源泉徴収票の「16歳未満扶養親族」欄の記載が漏れていたり、確定申告書の第2表にある「16歳未満の扶養親族」欄への記載を忘れた場合、16歳未満の年少扶養親族を含めて所得額を算定することができません。 該当する人は、税務課市民税係 9番10番窓口 で市・府民税の申告書をご記入の上、提出してください。

次の

住民税が非課税になる年金受給者とは?基準となる合計所得金額とは?

市民 税 非課税 世帯 と は

市民税非課税世帯とは・・よくわかません。 市民税非課税世帯とは、どのような世帯ですか? 高齢者2人 世帯の場合(65歳以上) ご主人の公的年金収入額 150万 奥様の公的年金収入額 130万 各々155万以下ならが可能なのでしょうか? 配偶者がいる方については211万 金額が上がるようです。 その場合とはどういう場合? 配偶者に収入がない場合と書かれていたりしますが、奥様に年金が全くないと いうことですか?逆にそういう事がありますか?(年金をかけていなかったとか?) 例えば、 ご主人が年金額が200万あり、奥様が150万という場合は どうなるのでしょうか・ ご主人には市民税が課税され、奥様は非課税となるのでしょうか? となれば、市民税非課税世帯にならないということですか? また、市民税とは・・役所がその個人収入をしらべ決定通知みたのが届き支払をするのでしょうか? ちなみに個人 個人ですか? 頭がごちゃごちゃになりました。 教えて下さい。 marudekuroさん >市民税非課税世帯とは、どのような世帯ですか? 世帯構成員全員が市民税非課税の場合、市民税非課税世帯となります。 住民税は都道府県民税と市町村民税で構成されてます。 >高齢者2人 世帯の場合(65歳以上) >ご主人の公的年金収入額 150万 >奥様の公的年金収入額 130万 各々155万以下ならが可能なのでしょうか? この例なら、市民税非課税世帯です。 妻の所得が10万なので住民税非課税者(市民税非課税者)です。 そして、夫の控除対象扶養親族です。 夫の所得は30万なので住民税非課税者です。 夫には扶養親族がいますので、横浜の場合は、夫の年金収入が211万まで住民税非課税となります。 >配偶者がいる方については211万 金額が上がるようです。 その通りです。 >その場合とはどういう場合? ご質問には「その場合」が書かれていないので、わからないです。 >配偶者に収入がない場合と書かれていたりしますが、奥様に年金が全くないということですか? 配偶者の「合計所得」が38万以下なら控除対象扶養配偶者となります。 年金が全くない場合も同じですね。 38万以下ですから。 >逆にそういう事がありますか?(年金をかけていなかったとか?) 可能性はありでしょうね。 >ご主人が年金額が200万あり、奥様が150万という場合は >どうなるのでしょうか・ >ご主人には市民税が課税され、奥様は非課税となるのでしょうか? 先に説明したとおり、夫も妻も住民税非課税です。 夫のは控除対象配偶者がいますので。 つまり、住民税非課税世帯です。 >また、市民税とは・・役所がその個人収入をしらべ決定通知みたのが届き支払をするのでしょうか? 非課税者でなければ、住民税決定通知書が送られてきます。 役所によっては、非課税者である通知も来るところがあるようです。 >ちなみに個人 個人ですか? そうです。 所得税も住民税も個人の所得に課税され、個人が納税します。 Q1 市民税非課税世帯とは、どのような世帯ですか? A1 質問の「市民税非課税世帯」という言葉は、法律で定められた用語ではありません。 便宜上の用語のようですね。 もともと、市民税は世帯ごとではなく、個人に課税され、市によって基準が異なり、一定の基準を下回る所得だと市民税が非課税となります。 世帯主が市民税非課税であるかどうかで「非課税世帯」と言うこともありますし、世帯全員が市民税非課税を言うこともあるでしょう。 どのような資料で市民税非課税世帯と記載されていたのか、質問者にしか分かりませんので、回答できないのです。 Q2 高齢者2人 世帯の場合(65歳以上)ご主人の公的年金収入額 150万奥様の公的年金収入額 130万 各々155万以下ならが可能なのでしょうか? A2 市によって基準が異なります。 Q3 配偶者がいる方については211万 金額が上がるようです。 その場合とはどういう場合? A3 配偶者がいる場合は、基準が211万円違うということでしょうが、なにか勘違いしているように見えます。 Q4 配偶者に収入がない場合と書かれていたりしますが、奥様に年金が全くないということですか?逆にそういう事がありますか?(年金をかけていなかったとか?) A4 配偶者が年金を貰える年齢以下のこともあり得るでしょうね。 Q5 例えば、ご主人が年金額が200万あり、奥様が150万という場合はどうなるのでしょうか・ご主人には市民税が課税され、奥様は非課税となるのでしょうか? となれば、市民税非課税世帯にならないということですか? A5 どのような資料で市民税非課税世帯と記載されていたのか、質問者にしか分かりませんので、回答できないのです。 Q6 市民税とは・・役所がその個人収入をしらべ決定通知みたのが届き支払をするのでしょうか?ちなみに個人 個人ですか? A6 市民税と都道府県民税とを合わせて住民税と言います。 会社の従業員で毎月の給料から天引きされる人もいれば 特別徴収 、市から納付書が届いて金融機関で納付する人もいます。 普通徴収 上記のとおり、個人に課税されるものです。 Q7 頭がごちゃごちゃになりました。 教えて下さい。 A7 何の資料を見たのか不明なので、断片的な質問ですので、上記のような回答しかできません。 おそらく余計に分からなくなったことでしょう。 年金を貰うことが前提での質問のようなのですが、日本には高齢者しかいないのではありません。 前提条件を記載せず、断片的にダラダラと質問するのではなく、何の資料をみて、自分なりの整理をしたうえで質問されると、私以上に分かりやすく的確な回答が得られるでしょう。

次の

住民税非課税世帯とは?対象となる条件や優遇措置について分かりやすく解説

市民 税 非課税 世帯 と は

市民税非課税世帯とは・・よくわかません。 市民税非課税世帯とは、どのような世帯ですか? 高齢者2人 世帯の場合(65歳以上) ご主人の公的年金収入額 150万 奥様の公的年金収入額 130万 各々155万以下ならが可能なのでしょうか? 配偶者がいる方については211万 金額が上がるようです。 その場合とはどういう場合? 配偶者に収入がない場合と書かれていたりしますが、奥様に年金が全くないと いうことですか?逆にそういう事がありますか?(年金をかけていなかったとか?) 例えば、 ご主人が年金額が200万あり、奥様が150万という場合は どうなるのでしょうか・ ご主人には市民税が課税され、奥様は非課税となるのでしょうか? となれば、市民税非課税世帯にならないということですか? また、市民税とは・・役所がその個人収入をしらべ決定通知みたのが届き支払をするのでしょうか? ちなみに個人 個人ですか? 頭がごちゃごちゃになりました。 教えて下さい。 marudekuroさん >市民税非課税世帯とは、どのような世帯ですか? 世帯構成員全員が市民税非課税の場合、市民税非課税世帯となります。 住民税は都道府県民税と市町村民税で構成されてます。 >高齢者2人 世帯の場合(65歳以上) >ご主人の公的年金収入額 150万 >奥様の公的年金収入額 130万 各々155万以下ならが可能なのでしょうか? この例なら、市民税非課税世帯です。 妻の所得が10万なので住民税非課税者(市民税非課税者)です。 そして、夫の控除対象扶養親族です。 夫の所得は30万なので住民税非課税者です。 夫には扶養親族がいますので、横浜の場合は、夫の年金収入が211万まで住民税非課税となります。 >配偶者がいる方については211万 金額が上がるようです。 その通りです。 >その場合とはどういう場合? ご質問には「その場合」が書かれていないので、わからないです。 >配偶者に収入がない場合と書かれていたりしますが、奥様に年金が全くないということですか? 配偶者の「合計所得」が38万以下なら控除対象扶養配偶者となります。 年金が全くない場合も同じですね。 38万以下ですから。 >逆にそういう事がありますか?(年金をかけていなかったとか?) 可能性はありでしょうね。 >ご主人が年金額が200万あり、奥様が150万という場合は >どうなるのでしょうか・ >ご主人には市民税が課税され、奥様は非課税となるのでしょうか? 先に説明したとおり、夫も妻も住民税非課税です。 夫のは控除対象配偶者がいますので。 つまり、住民税非課税世帯です。 >また、市民税とは・・役所がその個人収入をしらべ決定通知みたのが届き支払をするのでしょうか? 非課税者でなければ、住民税決定通知書が送られてきます。 役所によっては、非課税者である通知も来るところがあるようです。 >ちなみに個人 個人ですか? そうです。 所得税も住民税も個人の所得に課税され、個人が納税します。 Q1 市民税非課税世帯とは、どのような世帯ですか? A1 質問の「市民税非課税世帯」という言葉は、法律で定められた用語ではありません。 便宜上の用語のようですね。 もともと、市民税は世帯ごとではなく、個人に課税され、市によって基準が異なり、一定の基準を下回る所得だと市民税が非課税となります。 世帯主が市民税非課税であるかどうかで「非課税世帯」と言うこともありますし、世帯全員が市民税非課税を言うこともあるでしょう。 どのような資料で市民税非課税世帯と記載されていたのか、質問者にしか分かりませんので、回答できないのです。 Q2 高齢者2人 世帯の場合(65歳以上)ご主人の公的年金収入額 150万奥様の公的年金収入額 130万 各々155万以下ならが可能なのでしょうか? A2 市によって基準が異なります。 Q3 配偶者がいる方については211万 金額が上がるようです。 その場合とはどういう場合? A3 配偶者がいる場合は、基準が211万円違うということでしょうが、なにか勘違いしているように見えます。 Q4 配偶者に収入がない場合と書かれていたりしますが、奥様に年金が全くないということですか?逆にそういう事がありますか?(年金をかけていなかったとか?) A4 配偶者が年金を貰える年齢以下のこともあり得るでしょうね。 Q5 例えば、ご主人が年金額が200万あり、奥様が150万という場合はどうなるのでしょうか・ご主人には市民税が課税され、奥様は非課税となるのでしょうか? となれば、市民税非課税世帯にならないということですか? A5 どのような資料で市民税非課税世帯と記載されていたのか、質問者にしか分かりませんので、回答できないのです。 Q6 市民税とは・・役所がその個人収入をしらべ決定通知みたのが届き支払をするのでしょうか?ちなみに個人 個人ですか? A6 市民税と都道府県民税とを合わせて住民税と言います。 会社の従業員で毎月の給料から天引きされる人もいれば 特別徴収 、市から納付書が届いて金融機関で納付する人もいます。 普通徴収 上記のとおり、個人に課税されるものです。 Q7 頭がごちゃごちゃになりました。 教えて下さい。 A7 何の資料を見たのか不明なので、断片的な質問ですので、上記のような回答しかできません。 おそらく余計に分からなくなったことでしょう。 年金を貰うことが前提での質問のようなのですが、日本には高齢者しかいないのではありません。 前提条件を記載せず、断片的にダラダラと質問するのではなく、何の資料をみて、自分なりの整理をしたうえで質問されると、私以上に分かりやすく的確な回答が得られるでしょう。

次の