ジャッキー チェン 酔 拳。 酔拳3

ジャッキー・チェンの必殺鉄指拳

ジャッキー チェン 酔 拳

この項目では、拳法の一種について説明しています。 映画の題名については「」をご覧ください。 酔拳(すいけん、Zui Quan 、Drunken boxing 、Drunken Fist)とはの一種。 まるで酒に酔っ払ったかのような独特な動作が特徴的な拳種に冠せられた総称である。 実際は中国武術に「酔拳」という名称の門派(流派)は無く、「酔八仙拳」や「東海酔拳」「武松酔拳」「酔酒魯智深拳」「魯智深酔拳」「酔羅漢拳」「酔酒拳」「酔盃拳」など、中国の南北に多数の酔拳と称される拳があるだけである。 中国武術の分類においては(地身尚拳)系やに分類され、地面の上を転げ回りながら戦うことに適し、また足場の悪い場所での戦いにも適すると言う。 現在では、大会におけるとしても知られている。 有名な映画の「酔えば酔うほど強くなる」はよく知られているが、実際にはフィクションのように酒を飲んで戦う拳法ではない。 の登場人物(花和尚など)が伝説上の始祖とされることもある。 酔八仙拳 [ ] 酔八仙拳のとは、中国の有名な八人のであり、酔八仙拳は八仙の酒に酔う姿を模した象形拳でもある。 伝説では各地に伝わる酔拳を、(日本語当て字:蘇化子(そかし)、別名:蘇燦)と范大杯という2人の武術家が研究し、それにや、八仙拳、地功拳などの技術を組み合わせることで、酔八仙拳を創始したと言われている。 酔八仙拳の表舞台への登場は、「」の教師であった陳維賢が酔八仙拳を伝え、以後、民間に広く伝播されるようになったことが始まりであったと言う。 正確には酔酒逍遥拳と過海八仙拳に南北少林拳や象形地功拳を合せたのが酔酒八仙拳である。 尊称としては、酔酒八仙神拳でもある。 伝人(伝承者) [ ]• (1903-1972)秘宗拳で知られる武術家。 傳万祥に酔八仙を習ったとされる。 七星螳螂拳で知られる武術家。 羅光玉の弟子。 羅光玉に酔羅漢拳を習ったとされる。 酔羅漢拳はに伝わる地功拳の(拳套、型)。 龍飛雲(1955-2007)日本の武術家。単身台湾に渡り北派拳法の修行を重ねる。 酔八仙拳を日本に伝承した最初の人物。 酔拳に関する諸説 [ ] この節の出典は、 に合致していないおそれがあります。 そのガイドラインに合致しているか確認し、必要であれば改善して下さい。 ( 2009年9月)• 酔拳は地功拳(地面を背にして戦う拳)に属し、中国北部の雪深い地域にて編み出されたものであり、足場の悪い場所では寝転んで戦ったほうが良いという必然性により生まれたとする説がある。 酔拳は中国では男性のみの拳法という見方が強い。 酔拳の代表的な手型、杯手(お銚子を象った手)は喉のツボを掴み喉を破壊するためであり、実戦時には鳳眼拳(人差し指をにぎりこみ突き出した拳)に変化し急所をつくこともある。 他にも種類があり3本の指(親・人・中指)を広げた一般的な型、北派の酔拳が使う月牙叉手(親・人指を広げた形)等、する上に出てくる3種類の手型があるが使用法などはまったく同じである。 酔八仙拳は仙人1人につき1技である。 これは南北両派とも同じである。 源流の八仙拳でも8人の仙人の特徴を表した7字の8つの漢詩文があり、それに沿って技が構成されている。 酔拳には他にも、『』のをモデルとした猿拳系の、酔猴(コウ)拳がある。 中国の小説『』には酔拳の戦闘描写シーンがある。 この物語描写をヒントにして本物の酔拳の技法が作られることもある (実際には泥酔した登場人物が徒手で戦っている描写で、拳法としての酔拳を使っているわけではない)。 地功拳・酔拳ともに相手に圧し掛かり敵足を刈り、全体重を掛けて倒れこみ肘打を極め打ち倒す「倒極法」を技の根本とするものであるとする説もある。 中国との国境近くのの一部地域にも、酔拳にも似た酔うさまにて鎧を着て刀を振るう格技が伝えられていると言う。 俗説によれば酔拳の酒に酔う様は古代中国のを継承し(の天人合一思想)を現したものとされる。 護身術を兼ねた娯楽あるいはとしての側面もあると見る人もいる。 水滸伝に登場する義侠心と人情に厚い「花和尚」魯智深や虎をも倒す拳法の達人「行者」のエピソードと酔拳の大衆的な人気は無関係ではないと見る人もいる。 蛇足ながら、飲酒しながらの運動は的に大変危険であり、生命にかかわることがあるため、避けなければならない。 酔拳が使用されている主な作品 [ ]• - 主演の1978年の香港映画。 主人公は、実在の武術家をモデルとしており、から酔八仙拳を修得する。 当時の香港映画には珍しく「仇討ち」パターンではない。 ジャッキー・チェンは南拳(の1技、酔酒八仙)の技法を基にしたアクロバット・カンフーを見せる。 - 主演の1979年の香港映画。 物語的には『ドランクモンキー 酔拳』のすぐ後で、ユエン・シャオティエン演じるが妻が迎えた養子に酔拳を教授する。 - 主演の1982年の香港映画。 劇中のシーンにおいて使われている。 こちらは『ドランクモンキー 酔拳』のものとは違い、原型の一つである少林拳のものが使われている。 - 主演の1992年の香港映画。 こと若き日のの物語ではあるが「酔拳」ではなく「睡拳」である。 - 主演の1993年の香港映画。 坊ちゃん育ちのが裏切りと罠にはめられどん底から這い上がる物語。 アヘンを密輸するイギリス商人や邪教の徒、黒幕である清朝の親王に対してと共闘する。 - 主演の1993年の香港映画。 繋がりのパロディが使用されている。 - 『ドランクモンキー 酔拳』の続編の1994年の香港映画。 続編と言っても物語のつながりはほとんど無いが、殺陣において前作で出てきた型を使っている。 - 主演の1994年の香港映画。 酔猴拳VS蛇拳• - 主演の2010年の中国映画。 (スー・サン)を主人公とした映画。 - 主演の2017年のオリジナルドラマ。 第1シーズン第8話の「傷だらけの果実」において、ヤミノテの守人である「ジョウ・チェン」というキャラクターが酔拳を使用する。 - シリーズ、メンバーのキリンレンジャーの拳法の型が酔拳が元になっている、名乗りシーンでも使われている。 ジャッキー・チェンの『ドランクモンキー 酔拳』によって酔拳は広く一般に知られるようになった。 以来、酔拳はフィクションの世界でもよく扱われている。 フィクションの酔拳使いは、シラフの状態では技が今ひとつキレないが、酒を飲むと本来の強さに目覚める、いわゆる「酔えば酔うほど強くなる」というような特異な性質を付されることがある。 また、上記の『ドランクモンキー 酔拳』において使用された後の他作品でも酔拳を使う際にリスペクトとして、古典的楽曲の一つであるが使われたりすることも多い。 脚注 [ ]• 『滄州武術誌』 河北省人民政府出版社• 螳螂拳術叢書26『酔羅漢拳』 藝美図書公司• 参考 具一寿「中国拳法戦闘法」愛隆堂刊• ただし酔拳2公開直前の宣伝番組で、ジャッキー自身がレポーターに「本当に酔った状態では戦えるはずがない」という旨の、本稿概要にもある通りのコメントをしていた。

次の

【映画】酔拳2のラストがエグい件

ジャッキー チェン 酔 拳

ジャッキー・チェンが日本に大ブームを巻き起こした『ドランクモンキー 酔拳』 78。 カンフー映画の定石を破る笑える演出でヒットし、『酔拳』の原型と呼ばれる『スネーキーモンキー 蛇拳』 78。 主演のみならず初監督・初脚本に挑んだ意欲作『クレージーモンキー 笑拳』 79。 これらジャッキーの原点である《拳映画シリーズ》を彷彿とさせる最新主演作。 エキサイティングなアクションやファンの心をくすぐるコミカルな描写はもちろん、今回もその歌声を惜しみなく披露する。 文豪妖怪ハンターという役で、往年のジャッキー作品の流れを汲んだ真骨頂を見せる。 ジャッキーにしか実現しえない最新の《拳映画》がパワーアップして完全復活だ。 今回、一切の特殊メイク無しでVFXを施したジャッキーが20代まで若返って登場していることでも話題となっている。 最新のVFX技術によって、若かりし頃の本人の顔を細部にわたって分析し繊細なレタッチを重ねることで、まさにタイムスリップしたかのように若々しいジャッキーの姿をよみがえらせることに成功。 最も自然な仕上がりを可能にしたムービーレタッチにより、ジャッキーファンにとって興奮を抑えきれない必見シーンが完成した。 『モンガに散る』で金馬奨 最優秀主演男優賞に輝き『黒衣の刺客』で存在感を発揮した人気俳優イーサン・ルアン、アジア・フィルム・アワード 最優秀映画賞を受賞した『芳華-Youth-』の女優エレイン・チョン、そしてジャッキー作品への出演も多いリン・ポン。 さらに、役所広司主演の日中合作スペクタクル映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』で注目される俳優リン・ボーホンら、人気俳優たちが大集結し、ジャッキーとの豪華な共演を果たしている。 1954年4月7日、香港生まれ。 幼少期に中国戯劇学院に学び、サモ・ハン、ユン・ピョウら優秀な少年による子ども京劇集団「七小福」を結成。 現在に至るまで、香港アクション映画界を牽引する存在となった。 『キャノンボール』とその続編でハリウッド進出も果たす。 『レッド・ブロンクス』は香港興行収入記録を塗り替え、全米興行チャート第1位を打ち立てた。 俳優のほか、プロデューサー、監督、脚本家、アクション監督としての才能によって、フランス芸術文化勲章をはじめ、アカデミー名誉賞を受賞するなど、映画界の国際的レジェンドと称される。 燃えよドラゴン 73 出演 カンニング・モンキー 天中拳 78 出演 ドランクモンキー 酔拳 78 出演 クレージーモンキー 笑拳 79 出演・監督・脚本 キャノンボール 80 出演 ドラゴンロード 82 出演・監督・脚本 キャノンボール2 83 出演 プロジェクトA 83 出演・監督・脚本/ スパルタンX 84 出演/ポリス・ストーリー 香港国際警察 85 出演・監督。

次の

酔拳3

ジャッキー チェン 酔 拳

この項目では、拳法の一種について説明しています。 映画の題名については「」をご覧ください。 酔拳(すいけん、Zui Quan 、Drunken boxing 、Drunken Fist)とはの一種。 まるで酒に酔っ払ったかのような独特な動作が特徴的な拳種に冠せられた総称である。 実際は中国武術に「酔拳」という名称の門派(流派)は無く、「酔八仙拳」や「東海酔拳」「武松酔拳」「酔酒魯智深拳」「魯智深酔拳」「酔羅漢拳」「酔酒拳」「酔盃拳」など、中国の南北に多数の酔拳と称される拳があるだけである。 中国武術の分類においては(地身尚拳)系やに分類され、地面の上を転げ回りながら戦うことに適し、また足場の悪い場所での戦いにも適すると言う。 現在では、大会におけるとしても知られている。 有名な映画の「酔えば酔うほど強くなる」はよく知られているが、実際にはフィクションのように酒を飲んで戦う拳法ではない。 の登場人物(花和尚など)が伝説上の始祖とされることもある。 酔八仙拳 [ ] 酔八仙拳のとは、中国の有名な八人のであり、酔八仙拳は八仙の酒に酔う姿を模した象形拳でもある。 伝説では各地に伝わる酔拳を、(日本語当て字:蘇化子(そかし)、別名:蘇燦)と范大杯という2人の武術家が研究し、それにや、八仙拳、地功拳などの技術を組み合わせることで、酔八仙拳を創始したと言われている。 酔八仙拳の表舞台への登場は、「」の教師であった陳維賢が酔八仙拳を伝え、以後、民間に広く伝播されるようになったことが始まりであったと言う。 正確には酔酒逍遥拳と過海八仙拳に南北少林拳や象形地功拳を合せたのが酔酒八仙拳である。 尊称としては、酔酒八仙神拳でもある。 伝人(伝承者) [ ]• (1903-1972)秘宗拳で知られる武術家。 傳万祥に酔八仙を習ったとされる。 七星螳螂拳で知られる武術家。 羅光玉の弟子。 羅光玉に酔羅漢拳を習ったとされる。 酔羅漢拳はに伝わる地功拳の(拳套、型)。 龍飛雲(1955-2007)日本の武術家。単身台湾に渡り北派拳法の修行を重ねる。 酔八仙拳を日本に伝承した最初の人物。 酔拳に関する諸説 [ ] この節の出典は、 に合致していないおそれがあります。 そのガイドラインに合致しているか確認し、必要であれば改善して下さい。 ( 2009年9月)• 酔拳は地功拳(地面を背にして戦う拳)に属し、中国北部の雪深い地域にて編み出されたものであり、足場の悪い場所では寝転んで戦ったほうが良いという必然性により生まれたとする説がある。 酔拳は中国では男性のみの拳法という見方が強い。 酔拳の代表的な手型、杯手(お銚子を象った手)は喉のツボを掴み喉を破壊するためであり、実戦時には鳳眼拳(人差し指をにぎりこみ突き出した拳)に変化し急所をつくこともある。 他にも種類があり3本の指(親・人・中指)を広げた一般的な型、北派の酔拳が使う月牙叉手(親・人指を広げた形)等、する上に出てくる3種類の手型があるが使用法などはまったく同じである。 酔八仙拳は仙人1人につき1技である。 これは南北両派とも同じである。 源流の八仙拳でも8人の仙人の特徴を表した7字の8つの漢詩文があり、それに沿って技が構成されている。 酔拳には他にも、『』のをモデルとした猿拳系の、酔猴(コウ)拳がある。 中国の小説『』には酔拳の戦闘描写シーンがある。 この物語描写をヒントにして本物の酔拳の技法が作られることもある (実際には泥酔した登場人物が徒手で戦っている描写で、拳法としての酔拳を使っているわけではない)。 地功拳・酔拳ともに相手に圧し掛かり敵足を刈り、全体重を掛けて倒れこみ肘打を極め打ち倒す「倒極法」を技の根本とするものであるとする説もある。 中国との国境近くのの一部地域にも、酔拳にも似た酔うさまにて鎧を着て刀を振るう格技が伝えられていると言う。 俗説によれば酔拳の酒に酔う様は古代中国のを継承し(の天人合一思想)を現したものとされる。 護身術を兼ねた娯楽あるいはとしての側面もあると見る人もいる。 水滸伝に登場する義侠心と人情に厚い「花和尚」魯智深や虎をも倒す拳法の達人「行者」のエピソードと酔拳の大衆的な人気は無関係ではないと見る人もいる。 蛇足ながら、飲酒しながらの運動は的に大変危険であり、生命にかかわることがあるため、避けなければならない。 酔拳が使用されている主な作品 [ ]• - 主演の1978年の香港映画。 主人公は、実在の武術家をモデルとしており、から酔八仙拳を修得する。 当時の香港映画には珍しく「仇討ち」パターンではない。 ジャッキー・チェンは南拳(の1技、酔酒八仙)の技法を基にしたアクロバット・カンフーを見せる。 - 主演の1979年の香港映画。 物語的には『ドランクモンキー 酔拳』のすぐ後で、ユエン・シャオティエン演じるが妻が迎えた養子に酔拳を教授する。 - 主演の1982年の香港映画。 劇中のシーンにおいて使われている。 こちらは『ドランクモンキー 酔拳』のものとは違い、原型の一つである少林拳のものが使われている。 - 主演の1992年の香港映画。 こと若き日のの物語ではあるが「酔拳」ではなく「睡拳」である。 - 主演の1993年の香港映画。 坊ちゃん育ちのが裏切りと罠にはめられどん底から這い上がる物語。 アヘンを密輸するイギリス商人や邪教の徒、黒幕である清朝の親王に対してと共闘する。 - 主演の1993年の香港映画。 繋がりのパロディが使用されている。 - 『ドランクモンキー 酔拳』の続編の1994年の香港映画。 続編と言っても物語のつながりはほとんど無いが、殺陣において前作で出てきた型を使っている。 - 主演の1994年の香港映画。 酔猴拳VS蛇拳• - 主演の2010年の中国映画。 (スー・サン)を主人公とした映画。 - 主演の2017年のオリジナルドラマ。 第1シーズン第8話の「傷だらけの果実」において、ヤミノテの守人である「ジョウ・チェン」というキャラクターが酔拳を使用する。 - シリーズ、メンバーのキリンレンジャーの拳法の型が酔拳が元になっている、名乗りシーンでも使われている。 ジャッキー・チェンの『ドランクモンキー 酔拳』によって酔拳は広く一般に知られるようになった。 以来、酔拳はフィクションの世界でもよく扱われている。 フィクションの酔拳使いは、シラフの状態では技が今ひとつキレないが、酒を飲むと本来の強さに目覚める、いわゆる「酔えば酔うほど強くなる」というような特異な性質を付されることがある。 また、上記の『ドランクモンキー 酔拳』において使用された後の他作品でも酔拳を使う際にリスペクトとして、古典的楽曲の一つであるが使われたりすることも多い。 脚注 [ ]• 『滄州武術誌』 河北省人民政府出版社• 螳螂拳術叢書26『酔羅漢拳』 藝美図書公司• 参考 具一寿「中国拳法戦闘法」愛隆堂刊• ただし酔拳2公開直前の宣伝番組で、ジャッキー自身がレポーターに「本当に酔った状態では戦えるはずがない」という旨の、本稿概要にもある通りのコメントをしていた。

次の