可愛い パグ。 ぺちゃんこ鼻が可愛いパグ! 寿命とかかりやすい病気について

人気犬!パグの可愛い画像16選まとめ!

可愛い パグ

パグは、愛嬌たっぷりの鼻ぺちゃ顔がキュートな中国原産の小型犬です。 愛玩犬としての歴史は古く、パグの祖先は紀元前の時代には存在しており、中国の宮廷で丁重に扱われていました。 その後、ヨーロッパ諸国の王族や貴族の愛玩犬としても暮らした記録があり、数々の美術品に当時の姿を確認することができます。 パグは、陽気で穏やかな落ち着いた性格の犬種です。 社交的で攻撃性が低く、人と仲良く暮らすことを好みます。 小さく引き締まった筋肉質タイプですが、運動はあまり得意ではありません。 ただし、太りやすい体質なので適度な運動は健康維持のために必用です。 性格が抜群で人と暮らすのが大好きなパグの魅力と育て方のポイントについてご紹介します。 ビロードのような短毛に包まれた体は、筋肉質でがっしり引き締まっています。 つぶれた鼻の犬種は体内の熱を外へ逃がすことが大の苦手。 パグはシングルコートの短毛犬種で寒さにも強くありません。 暑さにも寒さにも弱いので、温度・湿度の管理が行き届いた室内飼いで育てます。 体の構造上、体を動かしてヒートアップした体温を速やかにクールダウンできないので、運動が苦手で太りやすい体質です。 そのため、散歩や室内運動を無理なく取り入れながら肥満にならないように気を付ける必要があります。 体の大きさは、体高25cm〜30cm前後・理想体重6kg〜8kg。 平均寿命は12歳〜15歳くらいです。 人懐っこく甘えん坊で、飼い主と一緒に過ごす時間が大好き。 他人や小さな子供に対しても友好的なので、性格の良さは愛玩犬の中でもトップクラスです。 愛嬌たっぷりの容姿に弾むようなコミカルな動きが魅力的な可愛い犬種なのでつい甘やかしたくなりますが、ちょっぴり頑固な一面も持ち合わせています。 でも、元来は素直な性格の子が多いので、子犬の頃から甘やかしすぎず最低限のしつけをすれば問題ありません。 人と過ごすのが大好きなので、人が多い賑やかで明るい家庭に迎えるのがベストです。 パグを元気で性格の良い子に育てるポイント Point1 基本的なしつけは褒めながら教える パグは愛情深い性格なので、飼い主や家族が喜ぶ様子を見ると幸せな気持ちになります。 しつけをするときも、あまり厳しくせずに「褒めながら教える」ことで覚えさせていきましょう。 いけないことや粗相をしたら、きつく叱らずに無視することで理解させます。 大好きな飼い主や家族に無視されることは、パグにとってショックなことだからです。 時間を置くと間違った行動だと理解できなくなってしまうので、必ず現行犯で実行してください。 上手にトイレできたときや、基本的なしつけを覚えたときは、少し大袈裟に褒めてあげましょう。 良い事と悪い事をしっかり区別して教えることで、素直に受け入れながら覚えてくれるようになります。 Point2 適度な散歩と室内運動で肥満予防 運動が苦手で食べることが好きなので、少し油断すると太り気味になってしまいます。 肥満予防のためにも、適度な運動は必用不可欠です。 寒暖の差に弱い体質なので、散歩させるときは過ごしやすい気温や湿度の時間帯を選びます。 夏は早朝や夕方の涼しい時間帯、秋冬は防寒服を着せて短時間で済ませましょう。 室内運動させるときは、ペット用玩具やボールなどを使って人と一緒に楽しめる運動をさせると喜びます。 人が喜ぶ姿を見るのが好きなので、楽しい雰囲気を保ちつつ無理なく運動させてあげてくださいね。 目が飛び出てしまう「眼球突出」も起きやすいので、体(特に頭部)に衝撃を受けるような運動や行動は危険です。 体罰は絶対に厳禁、他の犬と遊ばせるときも激しくならないように気を付けます。 ガーガーという呼吸音になる外鼻孔狭窄症も発症しやすいので、症状が強く出るようなら動物病院で相談してみましょう。 現代では、残念ながら原因も予防法も特定できていません。 子犬から3歳くらいまでの若年齢での発症確率が高く、歩き方がおかしかったり失神したりするような異常行動が見られます。 様子がおかしいと思ったら、早めに動物病院を受診してください。 放置すると皮膚炎の原因になってしまうので、汚れたらお湯に濡らして絞ったタオルで拭いてあげましょう。 清潔に保つことで、皮膚病の発症を予防することができます。 パグは、愛嬌のある表情豊かな顔や性格の良さなど、愛玩犬としてたくさんの魅力がある小型犬です。 初めて犬と暮らす人にも向いている穏やかな性格なので、パグの虜になってしまう愛犬家が急増しています。 人が大好きで愛情深いお利口さんパグとの暮らしを始めてみませんか? 監修:ソラノアンジュ 愛するペットと暮らす充実した幸せな人生。 その素晴らしさをたくさんの人に伝えたくて、ペットライターの道を選びました。 長年の執筆経験で得た情報を元に、あなたの可愛いパートナーを探すお手伝いができれば幸いです。

次の

パグも可愛い

可愛い パグ

はじめまして。 イヌ大好き、30代のひなこです。 今はダックスフンド5歳のメスとポメラニアン1歳のオスを飼っています。 イヌが大好きなので、今までに柴犬、チワワ、パピオンなど、いろいろな種類のイヌを飼ったことがありますよ。 そんな私なので、常にイヌの健康のことを考えています。 だって、人もイヌも元気が一番ですよね!!! 特に大事なのは食事だと思います! 実は今飼っている5歳のダックスフンドは尿結石がありました。 その原因はそれまであげていたドッグフードだったんです。 そのことを知ってからは、常にネットサーフィンをしてイヌが元気で長生きできる情報を集めているのですが、ネットにはいろんな情報があふれていますよね?どの情報が本物?具体的に何を知っていればいい?など調べているといろいろ疑問に思いました。 そこで、私が調べて知った情報をシェアしていけたらと思い、ブログを書くことにしました。 このブログを読めば、イヌが元気に長生きできる情報を知ってもらえるように書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

次の

犬の「パグ」が可愛いと思う人の気持ちがどうしても理解できません。トイプ...

可愛い パグ

パグは、愛嬌たっぷりの鼻ぺちゃ顔がキュートな中国原産の小型犬です。 愛玩犬としての歴史は古く、パグの祖先は紀元前の時代には存在しており、中国の宮廷で丁重に扱われていました。 その後、ヨーロッパ諸国の王族や貴族の愛玩犬としても暮らした記録があり、数々の美術品に当時の姿を確認することができます。 パグは、陽気で穏やかな落ち着いた性格の犬種です。 社交的で攻撃性が低く、人と仲良く暮らすことを好みます。 小さく引き締まった筋肉質タイプですが、運動はあまり得意ではありません。 ただし、太りやすい体質なので適度な運動は健康維持のために必用です。 性格が抜群で人と暮らすのが大好きなパグの魅力と育て方のポイントについてご紹介します。 ビロードのような短毛に包まれた体は、筋肉質でがっしり引き締まっています。 つぶれた鼻の犬種は体内の熱を外へ逃がすことが大の苦手。 パグはシングルコートの短毛犬種で寒さにも強くありません。 暑さにも寒さにも弱いので、温度・湿度の管理が行き届いた室内飼いで育てます。 体の構造上、体を動かしてヒートアップした体温を速やかにクールダウンできないので、運動が苦手で太りやすい体質です。 そのため、散歩や室内運動を無理なく取り入れながら肥満にならないように気を付ける必要があります。 体の大きさは、体高25cm〜30cm前後・理想体重6kg〜8kg。 平均寿命は12歳〜15歳くらいです。 人懐っこく甘えん坊で、飼い主と一緒に過ごす時間が大好き。 他人や小さな子供に対しても友好的なので、性格の良さは愛玩犬の中でもトップクラスです。 愛嬌たっぷりの容姿に弾むようなコミカルな動きが魅力的な可愛い犬種なのでつい甘やかしたくなりますが、ちょっぴり頑固な一面も持ち合わせています。 でも、元来は素直な性格の子が多いので、子犬の頃から甘やかしすぎず最低限のしつけをすれば問題ありません。 人と過ごすのが大好きなので、人が多い賑やかで明るい家庭に迎えるのがベストです。 パグを元気で性格の良い子に育てるポイント Point1 基本的なしつけは褒めながら教える パグは愛情深い性格なので、飼い主や家族が喜ぶ様子を見ると幸せな気持ちになります。 しつけをするときも、あまり厳しくせずに「褒めながら教える」ことで覚えさせていきましょう。 いけないことや粗相をしたら、きつく叱らずに無視することで理解させます。 大好きな飼い主や家族に無視されることは、パグにとってショックなことだからです。 時間を置くと間違った行動だと理解できなくなってしまうので、必ず現行犯で実行してください。 上手にトイレできたときや、基本的なしつけを覚えたときは、少し大袈裟に褒めてあげましょう。 良い事と悪い事をしっかり区別して教えることで、素直に受け入れながら覚えてくれるようになります。 Point2 適度な散歩と室内運動で肥満予防 運動が苦手で食べることが好きなので、少し油断すると太り気味になってしまいます。 肥満予防のためにも、適度な運動は必用不可欠です。 寒暖の差に弱い体質なので、散歩させるときは過ごしやすい気温や湿度の時間帯を選びます。 夏は早朝や夕方の涼しい時間帯、秋冬は防寒服を着せて短時間で済ませましょう。 室内運動させるときは、ペット用玩具やボールなどを使って人と一緒に楽しめる運動をさせると喜びます。 人が喜ぶ姿を見るのが好きなので、楽しい雰囲気を保ちつつ無理なく運動させてあげてくださいね。 目が飛び出てしまう「眼球突出」も起きやすいので、体(特に頭部)に衝撃を受けるような運動や行動は危険です。 体罰は絶対に厳禁、他の犬と遊ばせるときも激しくならないように気を付けます。 ガーガーという呼吸音になる外鼻孔狭窄症も発症しやすいので、症状が強く出るようなら動物病院で相談してみましょう。 現代では、残念ながら原因も予防法も特定できていません。 子犬から3歳くらいまでの若年齢での発症確率が高く、歩き方がおかしかったり失神したりするような異常行動が見られます。 様子がおかしいと思ったら、早めに動物病院を受診してください。 放置すると皮膚炎の原因になってしまうので、汚れたらお湯に濡らして絞ったタオルで拭いてあげましょう。 清潔に保つことで、皮膚病の発症を予防することができます。 パグは、愛嬌のある表情豊かな顔や性格の良さなど、愛玩犬としてたくさんの魅力がある小型犬です。 初めて犬と暮らす人にも向いている穏やかな性格なので、パグの虜になってしまう愛犬家が急増しています。 人が大好きで愛情深いお利口さんパグとの暮らしを始めてみませんか? 監修:ソラノアンジュ 愛するペットと暮らす充実した幸せな人生。 その素晴らしさをたくさんの人に伝えたくて、ペットライターの道を選びました。 長年の執筆経験で得た情報を元に、あなたの可愛いパートナーを探すお手伝いができれば幸いです。

次の