絵 描き方。 『超』初心者さん用!簡単イラスト描き方講座〈はじめに〉

似顔絵の描き方は7つのステップで簡単♪

絵 描き方

ひまわりの描き方のコツ ひまわりの描き方というよりは、 これは黄色いモチーフを描くときの コツですが 基本的に黄色は明るい状態で 最も綺麗に発色します。 暗い黄色は汚いのです。 しかし、ひまわりも立体物なので、 カゲの部分があります。 黄色に黒を足してひまわりのカゲの部分を 塗ってしまうと汚く濁ってしまうのです。 そこで、黄色いモチーフの 暗い部分を塗る時には 黄色にオレンジまたは緑を少しだけ 混ぜて暗くしましょう。 そうすることで、鮮やかさを失わず 暗い黄色を作ることが出来ます。 今回はひまわりのカゲの部分は ややオレンジ色っぽく描いて行きます。 ひまわりの描き方でよくある失敗 ひまわりの描き方を解説する上で、 最もお伝えしたいのは 種の部分をしっかり描写しよう。 ということです。 正直言って、ひまわりの花は、 中心の種の部分くらいしか 細かい表情がありません。 描写の密度をつけるなら ここしかないのです。 水彩絵の具で黒い部分を 細かく描くコツを紹介します。 黒いものを水彩で細かく描く上で よくある失敗は いきなり暗い色をべたっと 塗ってしまうことです。 水彩での細密描写は基本的に 明るく戻すことができないので、 じわじわ暗くするような 描き進め方をする必要があります。 具体的な描き進め方は動画で 解説しているので、このポイントを 押さえて動画を見てみてください。 ひまわりの描き方の基本 ひまわりの描き方を解説する前に 今回の完成イメージを 確認しておきましょう。 今回描くモチーフの下絵は このような感じです。 今回はこのひまわりを 描いていきますが 花の部分は 明るい部分は鈍い黄色 中間の明るさの部分は 鮮やかなオレンジがかった黄色 暗い部分はやや鮮やかな 赤みのオレンジ 茎や葉っぱの部分は 明るい部分は鈍い黄緑 中間の明るさの部分は鮮やかな緑 暗い部分はやや鮮やかな青みの緑 種の部分は暗いオレンジ 背景の空の部分は明るく鈍い水色一色 で描いていきます。 今回は固有色寄りの色彩計画ですね。 ひまわりの描き方:実践編 ひまわりの描き方を動画で 解説してみました。 各制作段階の解説文も載せておくので 動画とともにご参照ください。 黒い線がある部分の裏側を 鉛筆で真っ黒に塗っていきましょう。 マスキングテープで 下絵を固定していきます。 線の上をボールペンで なぞっていきます。 初めはこのように水を多めに 混ぜた状態の絵の具を塗って、 淡い色の下塗りをしていきます。 透明水彩絵の具でも、いきなり 鮮やかな色を塗るのはNGです。 まずは明るめ鈍目に描く というのがポイントです。 最終的なイメージよりも明るめ、 鈍目の黄色と黄緑を 塗りムラが出ないように 速いストロークで塗っていきます。 さきほどよりは濃い黄色を 塗っていきますが、 まだまだ制作の序盤なので 水が多めに混ざった絵の具 を塗っていきます。 先ほど塗った色が剥げないように、 優しいタッチで塗っていきましょう。 同じ部分で何度もぐりぐり筆を 動かしていると下に塗った 絵の具がはげるので、 できるだけ少ない手数で綺麗な色面を 塗れるように塗っていきましょう。 コツとしては筆に少しだけ絵の具を付けて、 塗るのがポイントです。 また、画面に水たまりが できた場合は すぐにそれを塗り広げるように するのがポイントです。 先ほど塗った、やや鮮やかな 黄色のゾーンの中で さらに暗い部分を塗っていきます。 イエローオーカーのような、 やや暗いオレンジがかった黄色 を塗って色幅を増やしていきます。 お次は葉っぱの部分を 塗っていきましょう。 花の部分と同じように 最も明るいゾーンは避けて 中間トーンの部分をやや鮮やかに やや暗くしていきます。 広い面を塗る時は大き目の筆を使い 狭い部分を塗る時は細い筆に 持ち替えて色を塗っていきます。 こうすることで、より少ない手数で 下に塗った絵の具層を傷つけずに 綺麗に色を塗り重ねることが出来ます。 この部分は暗い色をしていますが いきなり暗い色を塗ってしまうと、 この部分にある細かい形を描くことが 出来なくなってしまいます。 この段階ではいきなり 細かい形を描くのではなく 大まかな形をアタリ線をとる 要領で明るめに描いて行きます。 このように水彩絵の具で 黒い色のモチーフを描くときは、 最終的に塗る黒がどんな色味を 持っているのか確認して下塗りの色を 塗っていきましょう。 今回の場合は茶色っぽい黒なので、 このようにオレンジ色っぽい色で 形を探っています。 次は葉っぱや茎の部分の 暗い色を塗っていきます。 基本的に暗い部分はやや青っぽく 描くと自然になります。 今回は特に屋外の光の設定で 描くので、暗い部分は空色っぽい色の フィルターがのっているイメージで 描いて行きましょう。 このくらいの段階では、 まだ細かい形を厳密にあわせて いくのは難しいです。 引く線や筆のタッチの方向性を工夫して、 それっぽい表情を再現していきましょう。 種が密集しているっぽい表情を 筆のタッチで演出していきます。 このような細かいモチーフの表情は、 形が細部まで細かく正確に 再現されていることよりも 色味やタッチの雰囲気が似ていること の方が重要なので、 形の狂いを恐れず どんどん描いて行きましょう。 ただ、水彩画は明るくもどす操作 ができないので、やや明るめに 描き進めるのがポイントです。 葉っぱや茎の部分も、さらに 暗いゾーンを作ることで 描き進めていきます。 ここまでのプロセスでは、モチーフの 暗い部分や中間の明るさの部分を 中心に絵の具を置いてきました。 明るい部分は鮮やかになりすぎると 立体感がなくなるので 白っぽい色のまま残してきたのです。 しかし、中間の明るさ、暗いゾーンの 描写が進み鮮やかになってきたので、 明るいゾーンの彩度も上げていきます。 実際に絵に絵の具を塗る前に このように別の画用紙に試し塗りをして 色味と鮮やかさを確認して から塗っていきましょう。 これまで塗った黄色やオレンジのゾーン にもかぶさるように 黄色い絵の具を重ね塗りしていきます。 下に塗った絵の具がはげないように、 柔らかい毛の筆を使って できるだけ少ない手数で 優しいタッチで塗っていきましょう。 葉っぱや茎の部分の明るいゾーンも 同様に塗っていきます。 これまで塗った黄緑色や緑のゾーン にもかぶさるように 黄緑の絵の具を重ね塗りしていきます。 下に塗った絵の具がはげないように、 柔らかい毛の筆を使って できるだけ少ない手数で 優しいタッチで塗っていきましょう。 このように、透明水彩絵の具で 緻密に描くときは、 いきなり濃い絵の具を塗って いきなり鮮やかにするのではなく 薄い絵の具を何層も積み重ねて、 徐々に暗く徐々に鮮やかに していきます。 実際に絵に絵の具を塗る前に 別の画用紙に試し塗りをして 色味と鮮やかさを確認してから 塗っていきましょう。 細い筆を使って輪郭線を縁取り するように塗ってから 広い面を早い手の動きで 塗っていきましょう。 筆にあまり絵の具を付けずに塗ること 画面に水たまりができたら すぐに塗り広げること この2つが透明な塗膜を ムラなく塗るコツです。 色のバランスや立体感が だんだん見えてきたので ここからは、あまり水の 混ざっていない濃い絵の具で 鮮やかに仕上げていきます。 花の部分の中間の明るさのゾーンは かなり鮮やかなオレンジをしています。 花弁の形に添った向きで筆を動かし 暗く鮮やかに仕上げていきます。 水彩絵の具の場合、この段階で一気に モチーフの固有色や光の印象、空気感 が出てきます。 葉っぱや茎の部分も鮮やかな黄緑 を塗り重ねていきます。 明るい部分が鈍く 中間の明るさのゾーンが鮮やかに 暗いゾーンがやや鮮やかに この関係を常に意識して 描き進めていきましょう。 モチーフ全体が鮮やかになってきたので、 これにマッチするように背景の青空も 彩度を上げていきます。 下に塗った色が剥げてしまわないように 柔らかい筆で優しいタッチで少ない手数で 塗り重ねていきましょう。 画面全体が鮮やかになってきたので、 明るいゾーンももう少し 彩度を上げていきます。 さて、今回はこのような 仕上がりになりました。 透明水彩絵の具はアクリル絵の具ほど 自由な使い方はできませんが このように軽やかな発色の良い絵を 描くことが出来ます。 慣れれば細かい表現もできるんですね。 水彩絵の具は他の絵の具に比べれば 慣れ親しんだ画材かと思います。 皆さんも是非挑戦してみてください。

次の

【体の描き方】これから絵を描き始める人へ その5

絵 描き方

自然な顔のバランスはどっち? まずは上図を見てください。 Aのほうはなんだか不安定な印象がありませんか? 人物を描くときに、顏のパーツの位置を意識したことはありますか? 目の位置、鼻の位置、口の位置…。 まずは基本のパーツ位置をしっかりと覚えていきましょう。 顔のバランス 男女の顔のバランスを見比べてみましょう。 女性と男性ではバランスがかなり違うことがわかります。 円に正方形を描く 円の中心に十字を描き正方形を描きます。 両サイドを切り落とす 両サイドを切り落とし、AからBの比率でCからDの線を作ります。 アタリを描く CからDの間にアゴの長さを取ります。 長めのほうがリアルになります。 今回は大人っぽい女性を描くので3分の1の位置に。 パーツのバランス 目の中心と口の中心を結んだ三角形は正三角形に近いほどバランスが良いですね。 ・目頭の位置より眉頭のほうが内側に長い ・首幅は目の中心より内側に描くと良い 5. 髪のボリュームを描く 髪のボリュームは少し大きめに描きます。 アタリを取る 女性と同じアタリから男性の場合はアゴを長めに取る。 今回はDの位置。 パーツを描き込む 男性の場合は目の中心と鼻の頭を結んだ線が正三角形に近いほどバランスがよく見える。 2次元の男性の場合 2次元の男性も同じバランスでパーツのみの変更で描き分けられる。 正面からアタリを取る 正面からパーツ位置の線をひく。 パーツ位置は正面も横も同じなのでしっかり覚えよう。 頭部の円を描く 横顔は正円ではなく横長の楕円になっている。 正面の位置に合わせてパーツを描く 眉間からアゴまで線を下ろす。 形は大文字アルファベット「P」をイメージすると良い。 鼻からアゴのパーツを足す 眉間、鼻を足す。 輪郭を整理する 青い線のエリアは側面であることを意識する。 どっちの鼻が正しい? AとBどちらの鼻が正しく見えますか? どちらも正しく見えますか? 正解です! 実はどちらの鼻も間違っていません。 鼻のどの部分を描画するかによって鼻はさまざまな形で表現されます。 絵柄の雰囲気や世界観に合わせて描いてみましょう。 鼻の構造を知ろう 顔のパーツの中でも特に鼻はさまざまな描き方がありますが、「どの鼻の線を取っているのか」さえわかれば描き分け方は簡単です。 まず鼻にはどんな立体の面が隠れているのかをよく覚えましょう。 「描けるけどなんか変? 」に答えるイラスト再入門書 描けるけどなんか違和感がある。 いまいち魅力的な絵が描けない…。 人体のパーツや、具体的な構図例に沿って解説しているので、 読み進めるうちにどこを直せばいいのかが自然と見えてくるようになります。 キャンペーン応募方法 本キャンペーン、第1週目の募集は終了いたしました。 たくさんのご応募ありがとうございました。 本記事で一部内容を紹介したを抽選で1名様にプレゼントいたします! 申込方法: 描きナビ公式Twitterアカウントをフォローしてをリツイートしてください。 ・賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。 ・当選者についてのお問合わせにはお答えできません。 ・当選のご連絡後6営業日以内に送付先をご連絡いただけない場合は、当選を無効とさせていただく場合がありますのでご注意ください ・当選者の権利を譲渡・換金・変更することはできません。

次の

ペンタブ初心者がイラストを描く使い方と13のコツをおさえよう!

絵 描き方

あなたは大丈夫? 違和感がある髪の描き方 初心者が陥りやすい「髪の毛の違和感」を4つ上げてみました。 あなたは当てはまりますか? ボリュームがない 頭蓋骨の形を意識せず描いたときに起こります。 頭部がえぐれて、顔が突き出して見えるような違和感があります。 ボリュームがありすぎる 頭蓋骨の形を意識しすぎたときに起こります。 「頭蓋骨があって、髪があって、その間にはなんとなく空間があって、だから髪の毛は盛り上がるはず……」と無意識に思っているうちに形が大きくなってしまいます。 顔と髪の向きが合っていない 顔が左斜めを向いていますが、サイドの毛量のバランスから 髪の毛だけ正面気味に見えます。 髪型に意図がない限り不自然な髪型です。 毛の流れが垂直すぎる 髪が不自然に垂直で 生え際がないです。 違和感のない髪の描き方 それでは上記のようなミスはどうやったら防げるのでしょうか? 大切なのは 頭蓋骨の形と生え際(髪の毛の生え方)を意識することです。 「ボリュームがない」の画像を例に、頭蓋骨の形を描いてみます。 頭蓋骨に赤線を引いてみると一目瞭然ですね。 後頭部が陥没しています。 頭部の形が決まらないと感じる人は、坊主頭の 人間にかつらを被せるイメージでアタリを取ると良いでしょう。 それでは描き方の工程を押さえましょう。 坊主を描く はじめは髪を描かず、坊主の状態を描きます。 参考:頭部の形の取り方について link 2. 髪型のアタリを取る 次に髪型のアタリを取ります。 生え際の位置も決めておきましょう。 男性は天然パーマ気味のショートで、女性は直毛気味のショートを想定します。 カツラを被せる 最後にカツラを被せるように髪の毛を描いて完成です。 描画しやすくなる髪の描き方 描き方の工程は分かったものの実際に描くと、髪の流れがよく分からないと思います。 そこで、 1. 生え際を分けて考える 2. 矢印で髪の流れ決める の手順を押さえることで描きやすくなります。 生え際を分けて考える 髪を描画しやすくする方法として、生え際を• フロント• サイド• もみあげ• バック• 襟足 の 6つに分けるのをオススメします。 色が付いている部分から髪の毛が生えているのをイメージしましょう。 矢印で髪の流れを決める 上記で 色分けした部分を元に、矢印でざっくり髪の毛の流れを決めると描きやすくなります。 [ どの髪型を描く場合でも、 生え際の意識は共通なので使いまわせます。 最初の段階で矢印を描くのが難しい方は、 1. 髪の毛のアタリを取ってから生え際を定め直す 2. 矢印を引いた後に流れを微調整 といったように「自分の絵に自分で赤入れする」のも良いでしょう。 応用編:髪を描く考え方 次は応用編として、髪を描くときに知っておきたい考え方をご紹介します。 髪の生え方を考える 初心者にありがちなミスとして「つむじ1点から髪の毛が生えている」ことがあります。 正しくは、生え際は様々な箇所にあるので 「つむじを中心に放射状に生えている」ことを意識すると自然な髪型になります。 特にくせっ毛やショートヘアを描くときに 、この構造を理解していると髪の毛の流れに困らないです。 頭部がえぐれて見える場合も、この「つむじ1点から髪の毛が生えている」パターンが当てはまることがあります。 頭皮と髪のアウトラインの隙間を考える 長髪でストレートだと、 生え際の意識が無くなりがちです。 基本は 「髪の毛は頭部全体から生えている」ことを意識して、生え際に膨らみが生じることを覚えておくと良いでしょう。 例えばこのように、一本一本の髪の毛は毛穴から直接下に垂れ下がっているのではなく、毛根近くは皮膚に対して垂直気味に生えています。 よって 頭皮と髪のアウトラインの間に空間が生まれるのです。 髪の毛の描き方まとめ これまで紹介した事項をまとめると 1. 頭蓋骨のかたちを描く 2. 髪の毛の生え際に沿って矢印の流れを作る 3. 毛の流れに沿ってカツラを被せる要領で髪を描き込む を順を追って制作すると、比較的まとまったイラストに仕上がります。 特に髪の毛の生え方は規則的な部分なので、構造を知っておくと「何かが違う」曲面に遭遇したときに、どこが間違っているのかの答えを見つけやすくなるので覚えておきましょう。

次の