ぴえん英語。 英会話スクール・英会話教室なら【日米英語学院】

英語スピーキング教材ならYouCanSpeak®|英語スピーキング上達教材

ぴえん英語

英語力は年収を左右する重要な要素になりつつある。 ある転職支援会社の調査では、年収1000万円の人のうち、約60%が英語上級者で、初級者は12%だった。 プレジデントFamily編集部が、「英語ができないと損する」という実態を、人事と受験のプロに聞いた——。 同じ職務スキルでも英語ができるだけで年収が3割上がるケースも 「年収は英語力の有無で大きく変わります。 それだけ、英語を話せる人材への需要が高いということです」 そう語るのは、グローバル人材の転職・採用支援を行っているエンワールド・ジャパンの狐崎壮史氏だ。 「労働市場において、英語ができる人はできない人に比べてはるかに有利です。 英語ができないと応募できない職種もありますし、同じ職務スキルでも英語ができるだけで年収が3割近く上がるケースもあります」 実際に英語と年収を裏付けるデータもあるそうだ。 「今年、当社サービス登録者1928人を対象に、英語と年収に関する調査を行いました。 登録者の英語レベルを上級(流暢)、ビジネス、中級(日常会話レベル)、初級(挨拶レベル)に分け、年収を調査したところ、上級レベルの約60%が年収1000万円以上であるのに対し、初級レベルで年収1000万円以上の人は12%でした」 英語力によって、年収にここまで大きな差が出ている背景には、企業のグローバル化の進展がある。 「ここ20年ほどで企業の海外進出は、大きく進みました。 以前は国際的な事業に携わるマネジメント層だけが英語ができればよいという状況だったのが、今や現場レベルの社員も海外の支社や工場とのやりとりなどで英語を使わざるを得ない状況になっています。 企業が採用時にTOEICの点数を求めることも増えてきていますし、その点数次第では海外事業部に配属されないなど、働ける可能性のある部署が限定されてしまうというような例もあります」 こうした状況下で求められる英語力は、文章を読んだりメールを打ったりする力ではなく、ビジネスの交渉ができるハイレベルなコミュニケーション能力だと狐崎氏は言う。 英語の上級・ビジネスレベルの層は、企業にとって直接海外との交渉や海外進出を任せることができる、貴重な人材です。

次の

【簡単解説】「× ÷」を英語で何て言う?

ぴえん英語

この記事は 約 3 分で読めます。 こんにちは。 ペンギンです。 英語で分数の言い回し 以上の2つを解説します。 +:plus• 日本語で伝えられることが英語になると急に難しくなるので「かけ算」「割り算」は覚えておいて損は無いかもしれません。 英語で「かけ算:times, multiply」 かけ算は英語で言うと「times」「multiply」の2種類あります。 「times」の使い方 「times」を日本語でいうと「〜を掛ける」という意味の前置詞です。 2times 3 equals 6. 2times 3is 6. のようになります。 「multiply」の使い方 「multiply」は動詞です。 日本語でいうと「2と3を掛けると6になる」のように少し硬い表現な気がします。 Multiply 2 by 3 and you get 6. Multiply 2 and 3 together and you get 6. Multiply 2 by 3 and the product is 6. 2 multplied by 3 is 6. のようにいくつかの表現があります。 個人的には「times」の方が使いやすいと思っています。 英語で「割り算:divided by」 「divided by」を日本語でいうと「6を2で割ってください」のような表現の動詞です。 6 divided by 2 is 3. 6 divided by 2 equals 3. のようになります。 英語の分数の読み方• 「2分の1」これを英語で言うと「half」• 「4分の1」を英語で言うと「quarter」 じゃあ「3分の1」は? これがわからないんです。 学校でも重点的に教わらないので多くの人が知らなくて当然です。 日本語とは逆ですね。 分子を先に読んでから分母を読みますが「分母」は「first、second、third、、、」のように「序数」の読み方をします。 これは「one three」だと「13?」みたく勘違いしてしまうので、「third」のように「3つに分けたうちの」と言った表現をします。 混乱しないようになんとなく頭に置いておきましょう。 「s」が付くので気をつけておきましょう。 たまにしか使わない「かけ算「割り算」ですが頭の片隅に置いておくといいかもしれません。 また次の記事でお会いしましょう。

次の

英会話スクール・英会話教室なら【日米英語学院】

ぴえん英語

英語力は年収を左右する重要な要素になりつつある。 ある転職支援会社の調査では、年収1000万円の人のうち、約60%が英語上級者で、初級者は12%だった。 プレジデントFamily編集部が、「英語ができないと損する」という実態を、人事と受験のプロに聞いた——。 同じ職務スキルでも英語ができるだけで年収が3割上がるケースも 「年収は英語力の有無で大きく変わります。 それだけ、英語を話せる人材への需要が高いということです」 そう語るのは、グローバル人材の転職・採用支援を行っているエンワールド・ジャパンの狐崎壮史氏だ。 「労働市場において、英語ができる人はできない人に比べてはるかに有利です。 英語ができないと応募できない職種もありますし、同じ職務スキルでも英語ができるだけで年収が3割近く上がるケースもあります」 実際に英語と年収を裏付けるデータもあるそうだ。 「今年、当社サービス登録者1928人を対象に、英語と年収に関する調査を行いました。 登録者の英語レベルを上級(流暢)、ビジネス、中級(日常会話レベル)、初級(挨拶レベル)に分け、年収を調査したところ、上級レベルの約60%が年収1000万円以上であるのに対し、初級レベルで年収1000万円以上の人は12%でした」 英語力によって、年収にここまで大きな差が出ている背景には、企業のグローバル化の進展がある。 「ここ20年ほどで企業の海外進出は、大きく進みました。 以前は国際的な事業に携わるマネジメント層だけが英語ができればよいという状況だったのが、今や現場レベルの社員も海外の支社や工場とのやりとりなどで英語を使わざるを得ない状況になっています。 企業が採用時にTOEICの点数を求めることも増えてきていますし、その点数次第では海外事業部に配属されないなど、働ける可能性のある部署が限定されてしまうというような例もあります」 こうした状況下で求められる英語力は、文章を読んだりメールを打ったりする力ではなく、ビジネスの交渉ができるハイレベルなコミュニケーション能力だと狐崎氏は言う。 英語の上級・ビジネスレベルの層は、企業にとって直接海外との交渉や海外進出を任せることができる、貴重な人材です。

次の