岡山 市 10 万 円 給付。 10万円給付、広島市まだ17.5% 市民から不満も

10万円給付、窓口混乱 マイナンバー手続き停止も [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

岡山 市 10 万 円 給付

新型コロナウイルスの経済対策として国民1人あたり一律10万円を配る特別定額給付金の給付が、大都市を中心に大きく遅れている。 人口が多い自治体を中心に大量の事務を処理できていない。 「競争をあおる」として自治体ごとの給付率は公表していない。 朝日新聞は今月25、26日に調査した。 各自治体が把握している最新の給付率を聞いたところ、19~26日時点の状況を43の全自治体が答えた。 給付率が1割に満たなかったのは大阪市と千葉市、名古屋市。 100万世帯を超える大都市は給付率が低い傾向にあり、「問い合わせ対応に忙殺された」(大阪市)、「開封作業に時間を要する」(名古屋市)といった声が上がった。 都市の大きさだけが給付のスピードを左右しているとも言えない状況だった。 6市区が8割を超え、給付の進み具合には大きな差がある。 特別定額給付金は国の緊急経済対策で、申請書の発送や受け付けなどの実務は特別区や市町村が担っている。 マイナンバーカードを使った「電子申請」か、自治体が発送した申請書を返送する「郵送申請」のいずれかで申し込むことができる。 電子申請は各地でトラブルが続出し、申請は郵送に限っている自治体もある。

次の

10万円給付、窓口混乱 マイナンバー手続き停止も [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

岡山 市 10 万 円 給付

岡山県の10万給付金はいつからいつまで? 各地で10万円の特別給付金がはじまりますが、岡山県ではいったいいつから開始でいつまで申請すればよいのでしょうか。 【新型コロナウイルス感染症に係る特別定額給付金】 緊急経済対策による家計への支援として、一人10万円を支給します! 申請書は5月14日頃から各世帯にお送りする予定です。 マイナポータルサイトで申請することもできます。 マイナンバーカードを持っている人は、 オンラインで5月1日からと郵送よりは早めに手続きを開始できます。 岡山10万給付金のオンライン手続きや郵送の開始時期も 岡山県で 5月1日からオンラインの手続きが開始されています。 分かっているのは、岡山市、倉敷市、津山市、玉野市、井原氏、総社市、新見市、瀬戸内市、和気町、早島町、矢掛町、奈義町、西栗倉村です。 各地区の給付の対象者は、2020年4月27日を基準日として、その日に岡山の住民基本台帳でに記載されている人で、外国人も含みます。 そして、その世帯の世帯主に一緒に住んでいる(住民票が同じ住所になっている)家族のぶんがまとめて送られてきます。 申請は、その世帯の世帯主がまとめて行うんですね。 オンラインでの手続きは、マイナンバーカードが必要です。 マイナンバーカードをまだ作っていない人は、郵送で手続きの書類が送られてくるのを待ちましょう。 郵送で申請書を受け取って手続きする人は、送られてきた申請書に記入・押印して、同封の返信用封筒に入れてポストに投函! 申請に必要な添付書類は、• 本人確認の書類の写し(代理人が申請する場合は、代理人本人の確認書類も必要です)• 振込口座の確認できる書類の写し です。 岡山では5月14日から申請書類の送付が始まります。 配達日は多少の違いがありますがその前後で手元に申請書類が届くと考えてよさそうですね。 岡山10万特別給付金の給付はいつから 引用: 岡山では、申請書は5月14日から郵送開始といわれていますが、実際に支給が開始されるのはいつからなのでしょうか。 岡山県で一番最初に給付が始まるのが総社市で5月7日となっています。 これは、さっそくい始まっているオンライン申込みで手続きが終わっている方から順次、ということになりますね。 次に早いのが矢掛町12日、新庄村13日、真庭市18日、奈義町22日、里庄・勝央町で27日となっています。 5月中旬からと大まかに予定されているのが、岡山、倉敷、津山、玉野市、井原、新見、美作、浅口市、和気それに鏡野町・久米南、美咲、吉備中央町、西栗倉村の14の市町村です。 笠岡、高梁、備前、瀬戸内、赤磐市、早島町は現在調整中です(5月6日現在)。 6月のスタートい向けて調整しているようです。 10万円給付金詐欺には注意! 引用: そして、絶対に気を付けて頂きたいのが、詐欺にひっかからない!ということです。 「給付金の手伝いをします」とか、「暗証番号を教えてくれたら振り込みます」とか、「カードを預かって手続きします」など、いろんな手口で詐欺が発生します。 「マイナンバーカードを持っていないと手続きが複雑になるから、代わりに手続きをしてあげよう」などと言って、「先に〇円振り込んで」など、絶対に詐欺なので、気を付けてくださいね。 てか宛先のメアドすら間違っててガバガバすぎんよー。 — きつねはいます。 詐欺はあの手この手でやってきます。 気を付けましょう! まとめ 岡山県の10万給付金の手続きは、オンラインは5月1日から各自治体のホームページで手続きが開始されました。 オンライン手続きにはマイナンバーカードが必要です。 マイナンバーカードをまだ持っていない人は、郵送で書類が送られてくるのを待ってから手続きしてくださいね。 郵送による手続きに関しては、5月14日から手続き書類の送付が始まります。 手続きが終わったら、給付金の振り込みを待ちましょう。 給付の開始は早いところで5月7日から順次始まり、5月中に給付が開始されます。 一部、調整中の地域もあって、それも6月には給付が始まりますね。 手続きの期間は8月17日までとなっているので、だいたい3カ月間、手続き期間があるということですね。 とはいえ、締め切り前に慌てることの内容、手続きは早めにしておきたいですね。 そして、詐欺には十分注意しましょう。

次の

10万円給付、広島市まだ17.5% 市民から不満も

岡山 市 10 万 円 給付

新型コロナウイルスの対策を盛り込んだ政府の2020年度補正予算が30日に成立し、中国地方5県の市町村は全ての国民への一律10万円の給付に本腰を入れる。 広島県内の23市町では、17市町が5月下旬にも郵送申請に対する給付を始めるが、広島市など都市部の一部は6月にずれ込む。 山口県では防府市がオンライン申請について、大型連休明けの7日に給付をスタートさせる予定でいる。 広島県内で郵送申請に対して5月下旬を目指す17市町は、福山市、三次市、廿日市市、北広島町など。 竹原、東広島、安芸高田の3市は5月中旬、広島市と呉市は6月になるという。 最も早い大竹市は、5月8日ごろに始められるとした。 広島市は、中国地方5県で最も多い約57万世帯が対象となる。 5月1日に数人の専門チームを発足させて作業を急ぐ。 22日からの給付を目指す三原市は、市役所で申請者たちの密集を防ぐため、市中央公民館に専用電話と窓口を設ける。 山口県内では、国の準備が整うのを前提に、防府市が5月1日からオンライン申請を受け付け、同7日に給付を始める。 国の10万円に合わせて独自に一律2万円を上乗せする岩国市は、両方を1回の手続きで申請できるようにする方向だが、開始日は未定だ。 中国地方のほかの3県で給付が最も早いとみられるのは、岡山県内が総社市の5月7日、島根県内が大田市のオンライン分の同13日、鳥取県内が琴浦町と日吉津村の同14日。 浜田市は郵送分について、早ければ20日になるとしている。 10万円は、世帯主が家族分を含めた金額を申請し、市区町村が世帯主名義の銀行口座に家族分をまとめて振り込む。 申請は原則、郵送かオンラインとなる。 郵送は、運転免許証のコピーなど本人確認書類を添付する。 オンラインはマイナンバーカードが必要で、国の専用サイトから申し込む。

次の