ネクロ の 花嫁 元 ネタ。 ネクロの花嫁 歌詞「びす」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ネクロの花嫁 歌詞「びす」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ネクロ の 花嫁 元 ネタ

『ねぇ、私はもう長くない。 あなたのものになってあげることができないの……こんなにも、貴方を好きでいるのに。 私が死んだら、貴方にこの身体を捧げるわ。 だから、だからね……私を守ってくださるかしら……?』 彼女のその言葉に、僕はうなずいてその手を取った。 『大丈夫、僕はたとえ君がどんな姿であろうとも、君を迎えに行くから……そうしたら』 物謂わぬ赤い唇に、そっと口づけを落とす。 呼吸をさせるようにゆっくりとその口に息を吹き込む。 さぁ 今宵、君は蘇る。 あの頃と遜色ない、美しい姿のままで。 彼女の肌は陶器のように白く、滑らかで、それでいて温かかった。 一目見たときから、私は彼女に惚れてしまったのだ。 だが、彼女はそのときすでに病に侵されていたのだ。 彼女は世界の誰からも見棄てられ、僕はたった一人、彼女を助けようとした。 しかし、たがが僕一人の力では彼女を助けることはできなかった。 だから、彼女の最期の願いを叶えるために、僕は彼女を誰も知らない静かな場所で眠らせた。 彼女の美しさはその命が朽ちてもなお失われることはなく、僕と彼女しかいない霊廟で、僕は彼女に再び恋をしたんだ。 それは果たして永遠の恋なのか、それとも禁断の行為なのか。 僕は彼女の願いを叶えたかっただけ。 この願いを抱くことは、罪なのだろうか? 人に恋をすることは、罪なのだろうか。 物謂うことのない冷たい唇に、誓いの口づけを。 純白のドレスをまとった彼女は世界の何よりも美しい。 今宵、僕たちは永遠に結ばれる。 誰からも祝福されることはないけれど、それだってかまわない。 この世界に、僕たち以外の人間はいらない。 静かなこの世界で、彼女と二人で生きていくことのなんと素晴らしいことか。 外の世界は彼女を必要としないが、僕にとっては彼女とのこの霊廟が世界のすべてだった。 ああ、どうしようか。 彼女の美しい身体も、腐敗は止められなかった。 このままでは彼女の最も美しい身体が崩れてしまう。 ………ああ、そうだ。 なら、崩れてしまう前にその崩壊を止めればいいのだ。 腐り堕ちてしまった眼孔に真っ青な硝子を入れる。 彼女の蒼い瞳が煌く。 僕をまっすぐに見つめてくれる綺麗な眼だ。 破れかけてしまった腕に絹の肌を充てる。 陶磁器のような白く美しい肌が蘇る。 肌触りは生きていた頃の皮膚と何ら変わらないほどだ。 腐敗に侵された内臓の代わりに綿のガーゼを詰める。 これで彼女のへこんでしまったお腹も元通りだ。 女性は痩せている方が良いというけど、彼女はそのままが一番美しい。 体液で黒くなってしまった衣服では嫌だろうとドレスを新調する。 そうだ、どうせなら宝石で着飾ってあげようか。 ああほら、良く似合っているよ。 宝石の煌く純白のドレスは、彼女のために作られたように彼女によく似合っていた。 どこかが朽ちていくたびに、新しい部品をもって取り繕う。 彼女への恋を謳って、僕はその手を黒く染め続けた。 彼女を守るためならば、彼女を美しく保つためなら。 この手が汚れることなんてなんでもない。 いくらでも黒に染めようじゃあないか。 哀しき花嫁は、物を謂うことすら叶わない。 今宵僕たちは裁かれる。 人に恋をすることが、罪なのでしょうか。 彼女に恋したことが、罪なのでしょうか。 彼女の願いを叶えようとしただけ。 それが罪なのでしょうか。 どうか、教えてください。

次の

ネクロの花嫁 歌詞「びす」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ネクロ の 花嫁 元 ネタ

『ねぇ、私はもう長くない。 あなたのものになってあげることができないの……こんなにも、貴方を好きでいるのに。 私が死んだら、貴方にこの身体を捧げるわ。 だから、だからね……私を守ってくださるかしら……?』 彼女のその言葉に、僕はうなずいてその手を取った。 『大丈夫、僕はたとえ君がどんな姿であろうとも、君を迎えに行くから……そうしたら』 物謂わぬ赤い唇に、そっと口づけを落とす。 呼吸をさせるようにゆっくりとその口に息を吹き込む。 さぁ 今宵、君は蘇る。 あの頃と遜色ない、美しい姿のままで。 彼女の肌は陶器のように白く、滑らかで、それでいて温かかった。 一目見たときから、私は彼女に惚れてしまったのだ。 だが、彼女はそのときすでに病に侵されていたのだ。 彼女は世界の誰からも見棄てられ、僕はたった一人、彼女を助けようとした。 しかし、たがが僕一人の力では彼女を助けることはできなかった。 だから、彼女の最期の願いを叶えるために、僕は彼女を誰も知らない静かな場所で眠らせた。 彼女の美しさはその命が朽ちてもなお失われることはなく、僕と彼女しかいない霊廟で、僕は彼女に再び恋をしたんだ。 それは果たして永遠の恋なのか、それとも禁断の行為なのか。 僕は彼女の願いを叶えたかっただけ。 この願いを抱くことは、罪なのだろうか? 人に恋をすることは、罪なのだろうか。 物謂うことのない冷たい唇に、誓いの口づけを。 純白のドレスをまとった彼女は世界の何よりも美しい。 今宵、僕たちは永遠に結ばれる。 誰からも祝福されることはないけれど、それだってかまわない。 この世界に、僕たち以外の人間はいらない。 静かなこの世界で、彼女と二人で生きていくことのなんと素晴らしいことか。 外の世界は彼女を必要としないが、僕にとっては彼女とのこの霊廟が世界のすべてだった。 ああ、どうしようか。 彼女の美しい身体も、腐敗は止められなかった。 このままでは彼女の最も美しい身体が崩れてしまう。 ………ああ、そうだ。 なら、崩れてしまう前にその崩壊を止めればいいのだ。 腐り堕ちてしまった眼孔に真っ青な硝子を入れる。 彼女の蒼い瞳が煌く。 僕をまっすぐに見つめてくれる綺麗な眼だ。 破れかけてしまった腕に絹の肌を充てる。 陶磁器のような白く美しい肌が蘇る。 肌触りは生きていた頃の皮膚と何ら変わらないほどだ。 腐敗に侵された内臓の代わりに綿のガーゼを詰める。 これで彼女のへこんでしまったお腹も元通りだ。 女性は痩せている方が良いというけど、彼女はそのままが一番美しい。 体液で黒くなってしまった衣服では嫌だろうとドレスを新調する。 そうだ、どうせなら宝石で着飾ってあげようか。 ああほら、良く似合っているよ。 宝石の煌く純白のドレスは、彼女のために作られたように彼女によく似合っていた。 どこかが朽ちていくたびに、新しい部品をもって取り繕う。 彼女への恋を謳って、僕はその手を黒く染め続けた。 彼女を守るためならば、彼女を美しく保つためなら。 この手が汚れることなんてなんでもない。 いくらでも黒に染めようじゃあないか。 哀しき花嫁は、物を謂うことすら叶わない。 今宵僕たちは裁かれる。 人に恋をすることが、罪なのでしょうか。 彼女に恋したことが、罪なのでしょうか。 彼女の願いを叶えようとしただけ。 それが罪なのでしょうか。 どうか、教えてください。

次の

#ネクロの花嫁 ネクロの花嫁

ネクロ の 花嫁 元 ネタ

『ねぇ、私はもう長くない。 あなたのものになってあげることができないの……こんなにも、貴方を好きでいるのに。 私が死んだら、貴方にこの身体を捧げるわ。 だから、だからね……私を守ってくださるかしら……?』 彼女のその言葉に、僕はうなずいてその手を取った。 『大丈夫、僕はたとえ君がどんな姿であろうとも、君を迎えに行くから……そうしたら』 物謂わぬ赤い唇に、そっと口づけを落とす。 呼吸をさせるようにゆっくりとその口に息を吹き込む。 さぁ 今宵、君は蘇る。 あの頃と遜色ない、美しい姿のままで。 彼女の肌は陶器のように白く、滑らかで、それでいて温かかった。 一目見たときから、私は彼女に惚れてしまったのだ。 だが、彼女はそのときすでに病に侵されていたのだ。 彼女は世界の誰からも見棄てられ、僕はたった一人、彼女を助けようとした。 しかし、たがが僕一人の力では彼女を助けることはできなかった。 だから、彼女の最期の願いを叶えるために、僕は彼女を誰も知らない静かな場所で眠らせた。 彼女の美しさはその命が朽ちてもなお失われることはなく、僕と彼女しかいない霊廟で、僕は彼女に再び恋をしたんだ。 それは果たして永遠の恋なのか、それとも禁断の行為なのか。 僕は彼女の願いを叶えたかっただけ。 この願いを抱くことは、罪なのだろうか? 人に恋をすることは、罪なのだろうか。 物謂うことのない冷たい唇に、誓いの口づけを。 純白のドレスをまとった彼女は世界の何よりも美しい。 今宵、僕たちは永遠に結ばれる。 誰からも祝福されることはないけれど、それだってかまわない。 この世界に、僕たち以外の人間はいらない。 静かなこの世界で、彼女と二人で生きていくことのなんと素晴らしいことか。 外の世界は彼女を必要としないが、僕にとっては彼女とのこの霊廟が世界のすべてだった。 ああ、どうしようか。 彼女の美しい身体も、腐敗は止められなかった。 このままでは彼女の最も美しい身体が崩れてしまう。 ………ああ、そうだ。 なら、崩れてしまう前にその崩壊を止めればいいのだ。 腐り堕ちてしまった眼孔に真っ青な硝子を入れる。 彼女の蒼い瞳が煌く。 僕をまっすぐに見つめてくれる綺麗な眼だ。 破れかけてしまった腕に絹の肌を充てる。 陶磁器のような白く美しい肌が蘇る。 肌触りは生きていた頃の皮膚と何ら変わらないほどだ。 腐敗に侵された内臓の代わりに綿のガーゼを詰める。 これで彼女のへこんでしまったお腹も元通りだ。 女性は痩せている方が良いというけど、彼女はそのままが一番美しい。 体液で黒くなってしまった衣服では嫌だろうとドレスを新調する。 そうだ、どうせなら宝石で着飾ってあげようか。 ああほら、良く似合っているよ。 宝石の煌く純白のドレスは、彼女のために作られたように彼女によく似合っていた。 どこかが朽ちていくたびに、新しい部品をもって取り繕う。 彼女への恋を謳って、僕はその手を黒く染め続けた。 彼女を守るためならば、彼女を美しく保つためなら。 この手が汚れることなんてなんでもない。 いくらでも黒に染めようじゃあないか。 哀しき花嫁は、物を謂うことすら叶わない。 今宵僕たちは裁かれる。 人に恋をすることが、罪なのでしょうか。 彼女に恋したことが、罪なのでしょうか。 彼女の願いを叶えようとしただけ。 それが罪なのでしょうか。 どうか、教えてください。

次の