スマート ex 発券。 スマートEXで新幹線がネット予約できるけど、結局いくら安いのよ?エクスプレス予約と徹底比較!

「スマートEX」とは|JR東海

スマート ex 発券

東海道・山陽新幹線の駅の自動改札機も、紙の切符を使わずにタッチで通過する乗客が増えている。 インターネットで東海道・山陽新幹線の座席を予約するシステム「スマートEX」の普及が進んでいるためで、登録者数は2017年9月30日のサービス開始から2年間で300万人を超えた。 新幹線で「チケットレス」を定着させることは、JR東海が進めるビッグプロジェクトに向けた布石でもある。 スマートEXの会費は無料で、クレジットカードを持っていればインターネットから登録できる。 その際にSuica(スイカ)やICOCA(イコカ)といった交通系ICカードの番号も登録すれば、新幹線の自動改札機をそのICカードでタッチすれば通過できる。 乗車料金は交通系ICカードのチャージから差し引かれるのではなく、クレジットカードに請求される仕組みで、ICカードは「鍵」の役割をするだけだ。 リニアに向けてネット予約を定着させる狙い 乗車する新幹線はインターネットで予約・変更ができ、スマートフォンからも可能だ。 改札を通過する前ならば乗車する列車の変更が何度でも手数料無料でできるため、仕事が長引いたらその場で乗車便を遅らせたり、早く駅に着いたら逆に早めたりもできる。 同じようなサービスとして、自動改札機にタッチする専用のICカードを発行する「エクスプレス予約」もあり、指定席の乗客の4割程度はスマートEXかエクスプレス予約を利用しているという。 エクスプレス予約は法人契約もできるため企業の利用が多く、スマートEXは個人が多いとみられる。 こうしたネット予約が普及すると駅で切符を購入する乗客が減るため、切符を販売する駅員の人数や自動券売機を減らすことができ、コスト削減に結びつく。 JR東海はこれをさらに進めて、東京・品川と名古屋の間で2027年の開通を目指して建設中のリニア中央新幹線では、ほとんどをネット予約にしようともくろんでいる。 現在の東海道・山陽新幹線でネット予約を普及させようと躍起なのは、リニアに向けて利用者にネット予約を定着させる狙いもあるからだ。 利用者とJRの双方にメリットがあるように一見感じられるスマートEXだが、不便さも残る。 例えば、「おとな」と「こども」の合計で最大6人まで予約できるが、複数の人数で予約した場合は駅の窓口や券売機で切符を受け取って、その切符で乗車する必要がある。 この場合は自動改札機をタッチで通過できず、セールスポイントの「スマートさ」は今ひとつだ。 スマートEXの登録者が増えている理由 さらに乗車区間によっては、従来通りの切符を買った方が安くなる場合がある。 新幹線に乗車するだけなら、スマートEXは同じ区間の切符より指定席は200円安い価格設定になっている(自由席は同額)。 ただ、JRの一般的な切符には、東京や大阪など都市部の決まった範囲内の駅で乗降車すれば、中心駅を乗降車したとみなす特典がある。 ところがスマートEXで購入するのは「旅行商品」であり、この特典が適用されない。 池袋駅から天王寺駅まで乗車する場合、東京駅から新大阪駅までをスマートEXで購入する以外の運賃として、池袋駅から東京駅(ICカードで198円)、新大阪駅から天王寺駅(220円)がそれぞれ必要になる。 こうしたデメリットはあるものの、スマートEXの登録者が増えて続けているのは、それを補って余りあるメリットがあるからだろう。 今年2019年は、1964年の東海道新幹線開通から55年。 進化しているのは運行される車両にとどまらず、周辺サービスにも及んでいる。

次の

スマートEXで新幹線がネット予約できるけど、結局いくら安いのよ?エクスプレス予約と徹底比較!

スマート ex 発券

東海道・山陽新幹線の駅の自動改札機も、紙の切符を使わずにタッチで通過する乗客が増えている。 インターネットで東海道・山陽新幹線の座席を予約するシステム「スマートEX」の普及が進んでいるためで、登録者数は2017年9月30日のサービス開始から2年間で300万人を超えた。 新幹線で「チケットレス」を定着させることは、JR東海が進めるビッグプロジェクトに向けた布石でもある。 スマートEXの会費は無料で、クレジットカードを持っていればインターネットから登録できる。 その際にSuica(スイカ)やICOCA(イコカ)といった交通系ICカードの番号も登録すれば、新幹線の自動改札機をそのICカードでタッチすれば通過できる。 乗車料金は交通系ICカードのチャージから差し引かれるのではなく、クレジットカードに請求される仕組みで、ICカードは「鍵」の役割をするだけだ。 リニアに向けてネット予約を定着させる狙い 乗車する新幹線はインターネットで予約・変更ができ、スマートフォンからも可能だ。 改札を通過する前ならば乗車する列車の変更が何度でも手数料無料でできるため、仕事が長引いたらその場で乗車便を遅らせたり、早く駅に着いたら逆に早めたりもできる。 同じようなサービスとして、自動改札機にタッチする専用のICカードを発行する「エクスプレス予約」もあり、指定席の乗客の4割程度はスマートEXかエクスプレス予約を利用しているという。 エクスプレス予約は法人契約もできるため企業の利用が多く、スマートEXは個人が多いとみられる。 こうしたネット予約が普及すると駅で切符を購入する乗客が減るため、切符を販売する駅員の人数や自動券売機を減らすことができ、コスト削減に結びつく。 JR東海はこれをさらに進めて、東京・品川と名古屋の間で2027年の開通を目指して建設中のリニア中央新幹線では、ほとんどをネット予約にしようともくろんでいる。 現在の東海道・山陽新幹線でネット予約を普及させようと躍起なのは、リニアに向けて利用者にネット予約を定着させる狙いもあるからだ。 利用者とJRの双方にメリットがあるように一見感じられるスマートEXだが、不便さも残る。 例えば、「おとな」と「こども」の合計で最大6人まで予約できるが、複数の人数で予約した場合は駅の窓口や券売機で切符を受け取って、その切符で乗車する必要がある。 この場合は自動改札機をタッチで通過できず、セールスポイントの「スマートさ」は今ひとつだ。 スマートEXの登録者が増えている理由 さらに乗車区間によっては、従来通りの切符を買った方が安くなる場合がある。 新幹線に乗車するだけなら、スマートEXは同じ区間の切符より指定席は200円安い価格設定になっている(自由席は同額)。 ただ、JRの一般的な切符には、東京や大阪など都市部の決まった範囲内の駅で乗降車すれば、中心駅を乗降車したとみなす特典がある。 ところがスマートEXで購入するのは「旅行商品」であり、この特典が適用されない。 池袋駅から天王寺駅まで乗車する場合、東京駅から新大阪駅までをスマートEXで購入する以外の運賃として、池袋駅から東京駅(ICカードで198円)、新大阪駅から天王寺駅(220円)がそれぞれ必要になる。 こうしたデメリットはあるものの、スマートEXの登録者が増えて続けているのは、それを補って余りあるメリットがあるからだろう。 今年2019年は、1964年の東海道新幹線開通から55年。 進化しているのは運行される車両にとどまらず、周辺サービスにも及んでいる。

次の

EX予約・スマートEXでの切符の発券と受け取り|東海道新幹線の予約ガイド

スマート ex 発券

会員登録 スマートEXの会員登録は以下の手順で行います。 スマートEXホームページ()へアクセスします。 「会員登録」をタップ。 メールアドレスを入力し、「OK メール送信」ボタンをタップ。 登録したメールアドレスに届いた「会員登録メール」にあるURLにアクセス。 「規約及び特約の内容に同意します。 」をチェックし「OK 同意する」をタップ。 「氏名」「電話番号」「生年月日」「ログインパスワード」「 クレジットカード」「交通系ICカード」「メールアドレス」等の情報を入力し、「OK 確認画面へ」をタップ。 交通系ICカードの登録は任意です。 登録内容を確認し「OK 登録する」をタップ。 登録したメールアドレスに 会員IDを記載したメールが届いたら、会員登録完了です。 ネット予約 スマートEXのスマホアプリを使った予約で説明します。 EXアプリのインストール EXアプリをスマホにインストールしてください。 ログイン アプリを開いて、会員IDとパスワードを入力してログインします。 新規予約 新規予約で乗車日、時刻、乗車駅、降車駅、人数を指定します。 列車選択 列車の一覧から乗車する列車を選択します。 商品選択 指定席の空席状況が表示され、座席を選択します。 確認して「予約を続ける」をタップします。 予約確認 予約内容を確認して「この内容で予約する」をタップすれば、予約は完了します。 メール受信 予約後、登録したメールアドレスに予約された旨のメールが入ります。 このあとで空席があれば予約の変更も可能です。 予約は簡単にできますし、メールで予約の確認ができるのがいいですね。 発券の方法 スマートEXでは基本的に券売機で乗車券・新幹線特定特急券を発券します。 発券手順は以下のとおりです。 「EX きっぷ受取」というマークのある券売機できっぷ受取ボタンをタッチ• 予約に使用したクレジットカードを挿入• スマートEXのログインパスワードを入力して確定をタッチ• 予約しておいた乗車券・特急券を選択して発券をタッチ• 乗車券・特急券と領収書を受け取る 発券には必ず登録してあるクレジットカードが必要ですので忘れないよう注意してください。 クレジットカードを挿入すれば、予約の内容が読み込まれます。 まとめ スマートEXは、年会費無料で東海道新幹線・山陽新幹線のネット予約ができます。 スマートEXの会員登録、ネット予約、発券の方法について解説しました。 、 みどりの窓口で並ばなくてよいのでとても便利な予約システムです。 これで割引があるともっとよいのですが。 なお、スマートEXでは特定都区市内制度が適用されませんので、東京まで行く場合は東京駅までの乗車券になり、そこからの在来線は乗車料金がかかります。 カテゴリー•

次の