二ノ 国 評判。 二ノ国2レヴァナントキングダム 【レビュー・評価】遊ぶアニメの真髄がここに!

【二ノ国2】クリアした感想を綴る(長文レビュー)

二ノ 国 評判

評判 以前から気になっていた映画『二ノ国』を鑑賞しました。 劇場公開時、鑑賞を躊躇していましたが、結局劇場に足を運ばなかったのは、あまりにも評判が悪かったためです。 評判が悪くても劇場に行くこともありますが、その内容で特に際立っていたのは、声優にあったため、やめておきました。 というのも、気にならない人もいるかと思いますが、私はどうしても苦痛に感じてしまうタチなので、あまりにも多くの人の評判が、そこに行き着くならばやめておいたほうが無難かと判断しました。 結局、声優問題は「なるほど~」と納得しました。 なぜこのまま使ったのか、不思議でなりません。 声優問題解決法 ただ、解決法をひとつ思いつきましたので御紹介します。 それは 日本語字幕をONにする ということです。 こうすると、音声も入ってきますが、字幕も目に入りますので、声優問題はあまり気にならなくなります。 これは邦画以外を字幕で鑑賞する場合の応用です。 邦画以外は日本語以外で鑑賞することになりますので、その俳優さんの演技が本当にうまいかどうかは、邦画ほどは判断できません。 邦画の場合、俳優のセリフの言い方、間(ま)、抑揚などの繊細な具合で感動したり冷めたりします。 日本語以外はどちらかというと字幕の言葉を読んでその内容に心が動かされます。 また邦画でも滑舌の悪い俳優、小さい声で聞き取れない場合など、日本語字幕があるととても助かります。 ということで、自宅で鑑賞する場合、最近はもれなく日本語字幕をONにしています。 それが今回、こういった声優問題をたやすく解決してくれるとは、思いもよらなかったです。 絵 絵はジブリアニメとそっくりです。 監督がスタジオジブリに所属していたということもあるのでしょうか。 これは今までよ~く観てきて知っているので、なつかしいような、そして安心できるというメリットがあります。 が、新鮮さがないということもいえます。 次元移動 登場人物は本人の意図しないところで次元移動します。 少女漫画「王家の紋章」とか、漫画&実写映画「仁ーJIN-」とか、次元移動のルールを 読者に明確にしないで作者の都合のよいところで移動させるといったパターンです。 この手の物語でよくあることですね。 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のように移動する時代を設定して 意図して次元移動するパターンのほうが私は納得がいきます。 次元移動のルールを 読者に明確にして、その限られた中で 登場人物が行動して解決するといった物語だと 感心さが増すと思います。 簡単に敵を仕留める 割と簡単に敵を仕留めてしまいます。 異次元においては 自分でも予期しない強い攻撃能力を持ったからという考え方もできますが、あまりにも苦労せずに決着がついてしまうのが、なんだかな~という思いが沸きます。 といって、アメリカ映画マーベル作品のように、生き返りすぎるのも「いつ終わるのか」とあきれてしまいますが。 ストーリー よく考え抜かれていて、よく出来ていると思います。 『一ノ国』と『二ノ国』は表裏一体のようなもの。 両方の存在を知る者もいれば、片方しか知らない者もいる。 どういう理屈で行ったり来たりするのかは特に決まったルールはなく、割と都合の良いときに行き来できる。 ストーリー展開は単純で子どもでもすんなりと理解できると思います。 その単純さがつまらないと思われるかもしれません。 最後のオチは面白いです。 全体的に 設定やストーリーなどは面白く、楽しめる映画に出来ていると思います。 ただ、多くの人がコメントしているように、声優問題がそれをぶち壊して台無しにしています。 もったいない。 もっと普通に出来る声優さんにしていれば、これほど酷評にならなかったのでは思います。 残念です。 大人の事情がいろいろとあるのだと推測します。 ただ気になっている方は日本語字幕ONにして鑑賞するのもひとつの方法ではないかとお薦めします。 あらすじ 高校生男子のユウは足が不自由で車いす生活。 親友のハルはアクティブでバスケ部キャプテンをこなす。 ハルの彼女はコトナ。 3人は同じ高校で仲が良かった。 ある日、コトナからユウに連絡がある。 「誰かにつけられている。 ハルは携帯がつながらない。 助けて」という。 急いで現場に駆けつけるとコトナは不審者にナイフで腹部を刺されてしまっていた。 ユウが介抱しているとハルも駆けつけた。 「救急車を呼ぼう」というユウに対してハルは「オレが病院につれていく」といって抱きかかえて行こうとする。 しかし3人一緒に道路の真ん中で車にひかれてしまう。 ハルとユウが気がつくと、お互い見たことにない服装をしていて、回りも見たことのない建物、通行人も人間ではないような格好をしている。 コトナの姿が見えなかったので、二人で探しに行くことに。 ここは『二ノ国』だった。 飲み屋に貼られていたポスターにはコトナにそっくりな似顔絵が描かれていて王女アーシャだという。 真相を確かめに二人はお城に潜り込む。 すると王女アーシャは危篤状態でベッドに横たわっていた。 『二ノ国』のユウには不思議な力が宿っていた。 誰の目にも見えなかった、アーシャ王女の腹部に刺さっていた大きな剣を抜き取ることができたのだ。 するとアーシャ王女はみるみる回復し意識を取り戻した。 ユウとハルは不治の病と思われていたアーシャ王女を救ったとして英雄扱いされた。 しかし、王様の側近が「ユウとハルは味方のフリをした敵ではないか」と王様に言いつけたため、捕らえられそうになった。 すると「いったん戻ろう」とユウとハルは『一ノ国』に戻ることに。 『一ノ国』に戻ると腹部をナイフで刺されていたはずのコトナは傷を負っておらず元気だった。 ホッとしたのもつかの間、コトナは病気が判明し、余命3ヶ月だという。 ハルはアーシャ王女を助けてしまったために、コトナが死ぬハメになったのではないかと思い込み、アーシャ王女を殺そう決意する。 再び『二ノ国』に戻ったふたり。 アーシャ王女を守るユウと殺害せんとするハルは敵対することになった。 一ノ国では足が不自由なため車椅子で移動している。 二ノ国では脚が自由に動くようになり、車椅子無しでの移動できる。 一ノ国では、ユウやコトナと同じ高校でバスケットボール部の主将。 アクティブな性格の持ち主。 一ノ国では、ユウやハルと同じ高校で、ラクロス部に所属。 二ノ国では、エスタバニア王国の王女であるアーシャ。 二ノ国では、エスタバニア王国においてアーシャの近衛騎士を務めるヴェルサ。 二ノ国の事を知っている。

次の

二ノ国2レヴァナントキングダム 【レビュー・評価】遊ぶアニメの真髄がここに!

二ノ 国 評判

ユウとハルとコトナは仲良し3人組で高校生活を楽しんでいた。 ハルはコトナと付き合っており、足の不自由だが成績優秀なユウは密かにコトナに好意を寄せていた。 ある日、コトナが通り魔に遭い命の危機に瀕してしまう。 この事件をきっかけとして、ユウとハルは「二ノ国」へと迷い込む。 現実の世界である「一ノ国」と隣り合わせになった不思議な世界「二ノ国」で2人はコトナにそっくりな女性アーシャ姫と出会う。 一ノ国と二ノ国はつながっており、2つの世界には同じ命を持った存在がいるという。 なんとコトナとアーシャ姫が同じ命を持った存在同士だった。 ユウとハルはアーシャ姫を救うことで、コトナは通り魔に遭い、命の危機に瀕する事件を回避することに成功する。 しかし、コトナは大病にかかってしまう。 アーシャ姫を救うことで愛するコトナを救うことができたと思っていたハルは、アーシャ姫を救ったためにコトナが病気にかかった、「どちらかの命しか救えないのならアーシャ姫を殺す」と言い出すハル。 ユウはこの考えを真っ向から否定し、病気は新たな危機の訪れだと反論する。 ユウとハルの関係は悪化し、自体は国を巻き込む事件へと発展していく・・・。 映画「二ノ国」評価・感想|つまらないし面白くないと感じる理由についても では、映画「二ノ国」がつまらないし面白くないといった意見、 駄作と感じる理由をツイッター上の声とともに紹介していきましょう。 シナリオや演出がつまらないしひどい駄作 「二ノ国」酷いひどいとTLに流れてくるので、全く期待せずに観たら、はじまってしばらくは「あれ?それほど酷くないじゃん?」と思ってた。 しかし物語が展開してゆくうちに、どんどん話がぶっ壊れてゆくんだな。 なるほど確かにコレは酷いw 典型的なシナリオ破綻作だ。 — ノラネコの呑んで観るシネマ noraneko285 シナリオに関して破綻しているといった意見は特に多くありました。 設定としてはパラレルワールドというか、別の世界と命が共有されているという部分は面白さを感じるにもかかわらず、上手くいかされていません。 バトルシーンも大群を描いたかと思えば少数戦闘ばかりで、人数が多いのか少ないのかよく分かりません。 せめてジブリのように流行ではなくキャラとその俳優の相性とか完成図を想像してからやって欲しかった。 ジブリに寄せるなら寄せて しっかり作れ! 寝てないのに寝たのかってくらい内容覚えてない。 今ではアニメ映画では恒例ともなった俳優や芸能人の声優起用ですが、特に映画「二ノ国」では今までの多くの作品が犯した過ちが生かされていないと言えます。 このあたりは、製作陣もつまらなさや面白くなさを理解しているゆえに、マスコットとして俳優や芸能人を起用することで動員数を集めようとしたのでしょう。 ご都合主義だらけでつまらないし面白くない 『二ノ国』『ドラコンクエスト』でさえ面白かった僕だがこの映画は稀に見る駄作と思う。 一言で言ってつまらない。 理屈っぽいしご都合主義に過ぎる。 ラストのネタばらしは成る程と思ったが感情に訴えかける物が無い。 命の繋がりの解釈の違いが見所なんだろうが、ああそうなんだで終わってしまう。 — 中森 章 AkiraNakamoriD 理由付けや動機に関して描かれていない部分が多く、感情移入することができません。 ユウが訳知り顔で説明要因になっていくのは二ノ国の住人だということの伏線なのでしょうか? アーシャ姫も自分の命を差し出すと言い出す理由が分かりません。 普通に考えてどれだけの人物が見ず知らずの、存在しているかどうかすらも不明な人物の命の危機が自分と関係していると言われて受け入れて「死のう」と思うのでしょうか? 姫とはそういう存在ということなのでしょうか? ギャグがつまらないし面白くない 二ノ国 おわり。 良かったのが3DCGのモブの動き位で、他が酷すぎて笑ってしまった。 制作陣は作ってて何も思わなかったのかな? 面白くないチャージマン研的な感じ? ギャグでも誰も笑わないし明るくなって爆笑してる人や「期待しすぎた」とか「こりゃ見るもんじゃない」って声が聞こえてきたり色々凄い — gx-one wave892 シナリオが破綻しているせいもあり、感情移入もできにくく、どこまで映画の世界観に乗っかった状態で鑑賞すればいいのか分かりません。 そのため、緩急として入れられたギャグというか、ゆるいパートをどのようなテンションで眺めればいいのか理解に苦しみます。 永野芽郁の演技が下手くそでつまらない駄作 二ノ国面白かったけど永野芽郁が下手すぎて話に集中できないレベルだから本気で声優変えてやり直してほしい。 男2人も酷いけど、永野芽郁に比べたらマシ。 ヒロインであり、その命の扱いが物語の根幹でもあるため、棒読み演技は作品の説得力にも大きな影響を与えます。 どうしてこの演技がOKとなったのか、どれだけ撮り直したところでこれ以上の演技が期待できなかったのか・・・。 身体障害者の扱いがひどいしつまらない駄作 もう一つ(もっとあるけど)モヤモヤしたのが、前述の通り障害によって困難を経験してきた身体障害者の子が、本来の世界である では身体障害から解き放たれて自己実現するというストーリー。 これを観た身体障害者にどういうメッセージを伝えたいのか。 — ケーキデブちゃん fattyspongecake 主人公ユウは一ノ国では車椅子で生活をする少年ですが、二ノ国ではなぜか華麗に動き回り、剣士にもなってしまい、そうした理由も一切明かされません。 身体障害者という設定の描かれ方を巡って差別だといった意見も多く観られますが、そもそも何のためにユウを足の不自由な少年として描いたのか? 足の不自由な少年ということにした以上はそれなりの着地点を設定した上で取り入れられたものであるべきなのですが、雰囲気でそれっぽい劣等感を抱かせるためだけに記号として使われただけにしか思えません。 長年車椅子で生活していた人間が、魔法の世界に行ったからといってなんの努力もなしに剣士、剣の達人になるのはどういった意味なのでしょうか? 黒幕が名前から判断できてしまうしつまらないし面白くない 二ノ国観てきたけど、出てきた瞬間に黒幕ってわかったり、結末すぐ予想できてなんかなーという感想 — けんけん aijgk2v60cdc 好意的に捉えれば子ども向けアニメ映画としてぴったりと言えますが、名前の雰囲気からオチが読めてしまいます。 キャラクターが良いキャラクターか悪いキャラクターかという点だけでなく、物語のラストのどんでん返しにしても「どうせそうなるだろう」と見え過ぎてしまいます。 映画「二ノ国」が面白いし感動できるのはこんな人 映画「二ノ国」がつまらないし面白くないという批判的な意見を紹介してきましたが、 好評している声もあるのでいくつか紹介しましょう。 背景と久石譲の音楽が感動するし面白い 映画 の感想 背景と音楽が素晴らしかったでした 以上。 世界観や二ノ国の街の雰囲気が好きな人は面白いし感動する ひたすら世界観に圧倒されました😳特に二ノ国の街の雰囲気がとても綺麗で魅了されました。。。 ファンタジー作品であるため、描かれている世界に入りたいと思うことができればそれだけでも十分に楽しむことができるでしょう。 まとめ ・映画「二ノ国」のあらすじは? ユウとハルとコトナは仲良し3人組で高校生活を楽しんでいたが、ある時コトナの命が危ぶまれ、残された2人は二ノ国という不思議な世界へと迷い込みます。 ・映画「二ノ国」評価・感想|つまらないし面白くないと感じる理由についても• シナリオや演出がつまらないしひどい駄作• 声優の演技がひどい下手くそでつまらない• ご都合主義だらけでつまらないし面白くない• ギャグがつまらないし面白くない• 永野芽郁の演技が下手くそでつまらない駄作• 身体障害者の扱いがひどいしつまらない駄作• 黒幕が名前から判断できてしまうしつまらないし面白くない ・映画「二ノ国」が面白いし感動できるのはこんな人• 俳優・声優のファンは面白いし楽しめる• 背景と久石譲の音楽が感動するし面白い• 世界観や二ノ国の街の雰囲気が好きな人は面白いし感動する いつもたくさんのコメントありがとうございます。 他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 カテゴリー•

次の

二ノ国のレビュー・感想・評価

二ノ 国 評判

どうもぺっぽです。 今回は、2019年8月23日に公開される映画「」の評判についてまとめてみました! 引用元: の「」を映画化したアニメーション作品となっています。 現実世界と魔法世界を舞台に、二つの世界を行き来する少年たちが直面する究極の選択が描かれています!! 主人公の声をなんと!!映画「キングダム」でも主演を務めたが声優初挑戦で務めています! その他に、、、、、などベテラン声優陣が集結!!! のが製作総指揮・原案・脚本、『』などに携わった百瀬義行が監督を担当しています! また、がゲームに引き続き音楽を手掛けております! 予告映像 あらすじ 車椅子を使っているユウと親友のハルは、幼なじみのコトナを助けようとして、現実世界と並行する魔法世界「」に迷い込んでしまう。 ニノ国で出会ったコトナによく似たアーシャに心惹 ひ かれたユウは、コトナの命を救うためアーシャの命を狙うハルと対立する。 」 「キャストもめちゃくちゃ豪華だし本編の音楽もよかったしゲームやってみたいと思った!」 「世界観バッチリ伝わってきて、映像も綺麗でした!ヒロインを巡る主人公2人の葛藤がハラハラだった!」 などです。 伏線の回収の仕方や最後の結末について驚きのコメントしている方が多い印象でした!! また、映画内の音楽や主題歌についてよかった!とコメントしている方もいました!! つまらない派の意見としては、 「在り来たりなストーリー設定な為、オチが読めてしまう。 」 「登場人物たちの発言や感情の発露に不自然さが目立つ。 」 「一部、声優さん以外の声が違和感でした。 」 などがありました。 つまらないというか声優の声の違和感についてコメントしている方が多い印象でした!• ゲームの知識は必要?? 今作は、から発売されたゲーム「I」「II」が原作となって制作されています!! そこで、 ・今作とゲームで何か共通点があるのか? ・今作を見るにあたってゲームの知識は必要なのか? について調べてみました! ・今作とゲームで何か共通点があるのか? この点についての結論は、ストーリーやキャターは違うものの、世界観や根幹を担う設定は原作ゲームから引き継いでいるという結論になります。 〜根幹を担う設定について〜 では、以下のような2つの世界が存在します。 主人公が暮らす現実世界(これを一ノ国と呼ぶ) 2. 魂がつながっている別世界(これをと呼ぶ) これが原作ゲームにおけるの根幹を担う設定であり、この設定は映画にも引き継がれています。 軽い繋がりなんですけどね。 ンの時代にを統一するんですよ。 なので、すべてのの王達がタバニアにはとして立っている様なシーンが映画でもあって。 でも、すべての国を束ねるって長く続かないんじゃないか? ということで、内乱が起きたり、それに反発する勢力が生まれたりして、タバニアを脅かすっていう状況になっています。 引用元: この二つが今作とゲームの共通点と言えるでしょう! ただ逆に、今作とゲームで異なっている設定があります!! それは、 命(魂)のつながりの意味の違い という部分です。 原作ゲームでは「 片方の命を救えば、片方の命も救われる」という設定なのに対して、今作では「 片方の命を救えば、片方の命は失われる」という設定になっています。 コンセプトはつながっているけれども,完全に新しいものになっており,展開の新しいアプローチと考えています。 また、シナリオはどんでん返しもある面白い内容で,映像のクオリティもすごく高い。 何が原作かといったことを考えず,楽しんでください」 とコメントしているので、ゲームの知識なしでも映画を理解することは可能なようです!! また、ゲーム経験者でもゲームと設定が異なっている設定があるので、ゲームとは全く別の作品として映画を楽しめるのではないでしょうか!! 冒頭でもいいましたが、今作の公開日は2019年8月23日となっております!! 是非、劇場でご覧ください!! このページをご覧くださって少しでも参考になったという方は、もしよろしければ読者になるボタンを押していって下さい! 少しでもたくさんの方に記事をお読みいただきたいのと、今後のブログ作成のやる気がめちゃめちゃ出ますので!! peppodesu.

次の