ヤリス 内装。 ヤリス

ヤリスの内装はスポーティーで飽きのこないデザイン!トヨタ初採用の先進機能も充実

ヤリス 内装

ヤリスのコックピットはドライバー主体のシンプルでスポーティな作り ヤリスのコックピットは先進性に満ちたドライバー主体の運転環境が整っています。 上級グレードにはピアノブラック塗装のメーターリングがついたデジタルメーターを搭載。 2インチカラーTFT液晶のマルチインフォメーションディスプレイは全グレードに標準装備されます。 スマートフォンと連携できるディスプレイオーディオはヤリス全車に標準装備。 Bluetooth対応でUSB入力も可能です。 HYBRID Z・HYBRID G・Z・Gの4グレードには8インチ、その他グレードには7インチのディスプレイが設定されます。 ディスプレイオーディオでは最新のコネクティッドサービス「T-Connect」を利用することができます(T-ConnectエントリーまたはT-Connectスタンダードへの加入が必要)。 T-Connectでは「マイカーサーチ」「ヘルプネット」「eケア」などの多彩なサービスが利用可能です。 操作性に優れた新型ヤリスのインパネ周り ZとHYBRID Zにはローズメタリックのステアリングベゼルつき3本スポークステアリングホイールを用意。 その他グレードはウレタン製となります。 その他グレードにはピアノブラックパネルのオートエアコンが標準装備されます。 また、新型ヤリスにはエコドライブ機能も搭載。 ドライブモードスイッチひとつでEVドライブモードやエコドライブモードなどの切り替えが可能です。 新型ヤリスの内装シートはファブリックや合成皮革を採用 トヨタ初のターンチルトシートもオプションで設定! 新型ヤリスのシート内装はグレードごとに異なります。 設定色として、クレアトープも用意されています。 Zと同様、設定色としてトープを選択することも可能です。 冬場の運転を快適にするシートヒーターは、ハイブリッドZとZの2グレードに標準装備。 ハイブリッドGとGにはコンフォートシートセットを選択した際に同時装着されます。 また、ヤリスのメーカーオプションでは、トヨタ初となるターンチルトシートを用意。 回転位置までシートをスライドさせ、回転レバーを引くとシートが回転する仕組みで、車を降りた後は背もたれを軽く押せば車内にシートが戻るようになっています。 スカートや和服を着用していたり、足が不自由な方も安心して降車可能です。 Toyota Safety Senseのうち「プリクラッシュセーフティ」の機能を拡充し、右折時の横断歩行者・対向直進車を検知するようアップグレードしました。 さらにトヨタ初となる「低速時加速抑制」機能はMT以外の全車に設定。 カメラとレーダーにより前方の対象物を検知し、衝突防止・ダメージ低減に貢献します。 その他、「レーダークルーズコントロール」、「レーントレーシングアシスト[LTA]」(1. 0L車はステアリング制御機能付きレーンディパーチャーアラート[LDA])、「オートマチックハイビーム[AHB]」、「ロードサインアシスト[RSA]」などが用意されています。 新型ヤリスは駐車支援の機能も充実しています。 「トヨタ チームメイト(パノラミックビューモニター付きアドバンストパーク)」はトヨタ・セーフティ・センス初の機能で、白線のない駐車場での駐車位置を保存し、ブレーキやステアリング、アクセルの操作を自動で制御して駐車を支援。 ハイブリッド車にメーカーオプションで装備可能です。 パノラミックビューモニターは全車にメーカーオプション設定、バックガイドモニターはハイブリッドZとハイブリッドGに標準装備、その他グレードにはメーカーオプションで装備できます。 ヤリスのラゲッジルームは室内の広さとバランスよく両立!小物の収納スペースも豊富 新型ヤリスのラゲッジは荷室長630mm、荷室高692mm、荷室幅1,000mm。 コンパクトカークラスとは思えない広々としたスペースを確保しています。 新型ヤリスは6:4分割可倒式リヤシートを採用 高さのある荷物を載せるときにはアジャスタブルデッキボードが便利! 後部座席は6:4分割可倒式となっています。 自由度の高いシートアレンジを実現し、積載性を大幅に向上しました。 また、2段式のアジャスタブルデッキボードを脱着すれば、キャリーケースや植木鉢といった高さのある荷物もスマートに積載可能です。 ヤリスの車内には多彩な収納スペースが散りばめられています。 飲み物やスマートフォンなどの小物類をフレキシブルに収納できます。 トヨタ新型ヤリスの内装はコンパクトカーならではの実用性と高いデザイン性を両立! ヤリスの内装はそのグレードも落ち着きのあるカラーで統一され、どの年代にも受け入れられやすいデザインです。 小径ステアリングホイールを採用するなどスポーティーな要素も散りばめられており、走行性能の高さも感じられます。 トヨタ初採用の安全システムや先進装備を備えるほか、DAを標準装備化しスマホとの連携を強化しており、利便性も大きく向上しています。 次世代コンパクトカーとして、新型ヤリスはヴィッツ時代を超える歴史を作り上げていくでしょう。

次の

ヤリスの内装はスポーティーで飽きのこないデザイン!トヨタ初採用の先進機能も充実

ヤリス 内装

ヤリスクロス(ヤリスクロスオーバー)のデザイン ヤリスクロスのデザインが発表されています。 出典 ヤリスよりも厚みのあるフロントグリル、大きなタイヤなど、どっしりとしたデザインです。 リヤのブレーキランプは、ライン状で、左右つながっています。 これは新型ハリアーに似ていますね。 ヤリスクロスは、ライズやRAV4に比べると、少し丸みを帯びていますが、C-HRのようなクーペスタイルではありません。 一時期、C-HRやヴェゼルなど、クーペ風のSUVが流行りましたが、居住性が悪いということで、最近はRAV4やライズのような、角ばっていて広いSUVの方が人気となっています。 専用設計された外装に対し、内装はヤリスとほぼ同じです。 出典 高さ方向は、当然ヤリスよりも広くなっていますが、後席の足元空間は、ヤリスとそれほど変わらないように見えます。 その代わり、荷室は広くなっているように見えます。 センターコンソール部分に注目すると、サイドブレーキがありません。 電子式のサイドブレーキが採用されているということですね。 電子式のサイドブレーキが採用されているということは、レーダークルーズコントロールは、渋滞追従型になっている可能性が高いですね。 ちなみに、シーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)は採用されず、この縦に白く光っている部分(デイタイムランニングライトと言うんですかね)にウインカーが内蔵されているようです。 ヤリスとは違い、3ナンバーサイズです。 ちょうど、ライズとC-HRの間を埋めるサイズとなっています。 それを埋めるためにラインナップを拡充したということですね。 ヤリスクロスのパワートレイン ヤリスクロスには、 1. 5Lガソリンエンジンと、1. 5Lハイブリッドの2種類が搭載されるということが発表されています。 0Lガソリンエンジンは、さすがに搭載されないようですね。 パワー不足です。 4kgf・m システム最高出力・・・116ps ガソリンエンジン、ハイブリッドともにダイナミックフォースエンジンです。 ダイナミックフォースエンジンは、パワーアップと燃費の向上という、通常は相反する部分を両立させた、革新的なエンジンです。 スポンサーリンク 最新のトヨタセーフティセンスの機能 出典 新型トヨタセーフティセンスは、最も新しく、高性能、高機能なトヨタセーフティセンスです。 ミリ波レーダーと単眼カメラによって周囲の状況を検知するシステムです。 ・プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ) 前方の車両や歩行者、自転車を検出し、衝突の可能性を知らせる、また自動でブレーキをかけてくれる機能です。 車両や歩行者に対しては昼夜、自転車に対しては昼のみ作動します。 右折時の直進車や、右左折後の横断歩行者も検知できるように進化しています。 ・レーントレーシングアシスト カメラで白線、黄線を認識し、車線中央を走行するために必要なステアリングの一部を支援してくれる機能。 車線を認識できない時も、先行車両に追従する支援をしてくれます。 また、車線から逸脱しそうになった時は、警報による警告や、ステアリング操作の一部を支援してくれます。 車両のふらつきを検知したときは、休憩を促す注意喚起を行います。 ・レーダークルーズコントロール ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援してくれる機能です。 要は、 アクセル、ブレーキの操作を自動で行ってくれる機能です。 高速道路でのロングドライブがかなり楽になります。 デザインの項目でも紹介しましたが、渋滞追従型になっている可能性が高いです。 ・オートマチックハイビーム 先行車や対向車を検知して、自動でハイビームとロービームを切り替える機能です。 ・ロードサインアシスト ロードサインアシストは、前方のカメラで道路標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示してくれる機能です。 対応している標識は、 最高速度、はみ出し通行禁止、車両進入禁止、一時停止です。 最高速度の標識などは、一度見逃すと「何キロだったっけ?」となるので、ありがたい機能ですね。 ・先行車発進アラーム 先行車が4m以上進んでも自車が発進しない時、ブザーとマルチインフォメーションディスプレイで知らせてくれる機能です。 スポンサーリンク トヨタセーフティセンス以外の機能 ・インテリジェントクリアランスソナー インテリジェントクリアランスソナーは、 踏み間違い時サポートブレーキとも呼ばれているものです。 バンパー部分に搭載されたソナーセンサーで障害物を検知して、障害物があるにもかかわらずアクセルを強く踏み込んだ時にエンジンの出力を抑制します。 最近は、アクセルとブレーキを踏み間違えてコンビニに突っ込むような事故が増えていますが、これが搭載されていればそういった事故を防ぐことができます。 ・リヤクロストラフィックオートブレーキ リヤクロストラフィックオートブレーキは、駐車場からバックで出る時に、左右から接近してくる車を検知して警報、ブレーキをかけてくれる機能です。 駐車場からバックで出る時って、左右が見づらいですよね。 そんな時にとても役に立つ機能です。 ・ブラインドスポットモニター 死角になりやすい、自車の後側方に車がいる時に、サイドミラーの隅のサインを点灯して知らせてくれる機能です。 サインが点灯しているにもかかわらずウインカーを出すと、サインが点滅して注意を喚起します。 これは、しっかりと目視で確認をすれば必ずしも必要な機能だとは思いませんが、あったら便利な機能です。 ・アドバンストパーク カメラとソナーにより、ステアリング・アクセル・ブレーキ操作を制御し、駐車を支援してくれる機能です。 ドライバーはシフト操作のみで良いという、高度な駐車支援機能です。

次の

トヨタ・ヤリス 内装・外装など32枚 【画像・写真】

ヤリス 内装

ヤリスクロス(ヤリスクロスオーバー)のデザイン ヤリスクロスのデザインが発表されています。 出典 ヤリスよりも厚みのあるフロントグリル、大きなタイヤなど、どっしりとしたデザインです。 リヤのブレーキランプは、ライン状で、左右つながっています。 これは新型ハリアーに似ていますね。 ヤリスクロスは、ライズやRAV4に比べると、少し丸みを帯びていますが、C-HRのようなクーペスタイルではありません。 一時期、C-HRやヴェゼルなど、クーペ風のSUVが流行りましたが、居住性が悪いということで、最近はRAV4やライズのような、角ばっていて広いSUVの方が人気となっています。 専用設計された外装に対し、内装はヤリスとほぼ同じです。 出典 高さ方向は、当然ヤリスよりも広くなっていますが、後席の足元空間は、ヤリスとそれほど変わらないように見えます。 その代わり、荷室は広くなっているように見えます。 センターコンソール部分に注目すると、サイドブレーキがありません。 電子式のサイドブレーキが採用されているということですね。 電子式のサイドブレーキが採用されているということは、レーダークルーズコントロールは、渋滞追従型になっている可能性が高いですね。 ちなみに、シーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)は採用されず、この縦に白く光っている部分(デイタイムランニングライトと言うんですかね)にウインカーが内蔵されているようです。 ヤリスとは違い、3ナンバーサイズです。 ちょうど、ライズとC-HRの間を埋めるサイズとなっています。 それを埋めるためにラインナップを拡充したということですね。 ヤリスクロスのパワートレイン ヤリスクロスには、 1. 5Lガソリンエンジンと、1. 5Lハイブリッドの2種類が搭載されるということが発表されています。 0Lガソリンエンジンは、さすがに搭載されないようですね。 パワー不足です。 4kgf・m システム最高出力・・・116ps ガソリンエンジン、ハイブリッドともにダイナミックフォースエンジンです。 ダイナミックフォースエンジンは、パワーアップと燃費の向上という、通常は相反する部分を両立させた、革新的なエンジンです。 スポンサーリンク 最新のトヨタセーフティセンスの機能 出典 新型トヨタセーフティセンスは、最も新しく、高性能、高機能なトヨタセーフティセンスです。 ミリ波レーダーと単眼カメラによって周囲の状況を検知するシステムです。 ・プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ) 前方の車両や歩行者、自転車を検出し、衝突の可能性を知らせる、また自動でブレーキをかけてくれる機能です。 車両や歩行者に対しては昼夜、自転車に対しては昼のみ作動します。 右折時の直進車や、右左折後の横断歩行者も検知できるように進化しています。 ・レーントレーシングアシスト カメラで白線、黄線を認識し、車線中央を走行するために必要なステアリングの一部を支援してくれる機能。 車線を認識できない時も、先行車両に追従する支援をしてくれます。 また、車線から逸脱しそうになった時は、警報による警告や、ステアリング操作の一部を支援してくれます。 車両のふらつきを検知したときは、休憩を促す注意喚起を行います。 ・レーダークルーズコントロール ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援してくれる機能です。 要は、 アクセル、ブレーキの操作を自動で行ってくれる機能です。 高速道路でのロングドライブがかなり楽になります。 デザインの項目でも紹介しましたが、渋滞追従型になっている可能性が高いです。 ・オートマチックハイビーム 先行車や対向車を検知して、自動でハイビームとロービームを切り替える機能です。 ・ロードサインアシスト ロードサインアシストは、前方のカメラで道路標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示してくれる機能です。 対応している標識は、 最高速度、はみ出し通行禁止、車両進入禁止、一時停止です。 最高速度の標識などは、一度見逃すと「何キロだったっけ?」となるので、ありがたい機能ですね。 ・先行車発進アラーム 先行車が4m以上進んでも自車が発進しない時、ブザーとマルチインフォメーションディスプレイで知らせてくれる機能です。 スポンサーリンク トヨタセーフティセンス以外の機能 ・インテリジェントクリアランスソナー インテリジェントクリアランスソナーは、 踏み間違い時サポートブレーキとも呼ばれているものです。 バンパー部分に搭載されたソナーセンサーで障害物を検知して、障害物があるにもかかわらずアクセルを強く踏み込んだ時にエンジンの出力を抑制します。 最近は、アクセルとブレーキを踏み間違えてコンビニに突っ込むような事故が増えていますが、これが搭載されていればそういった事故を防ぐことができます。 ・リヤクロストラフィックオートブレーキ リヤクロストラフィックオートブレーキは、駐車場からバックで出る時に、左右から接近してくる車を検知して警報、ブレーキをかけてくれる機能です。 駐車場からバックで出る時って、左右が見づらいですよね。 そんな時にとても役に立つ機能です。 ・ブラインドスポットモニター 死角になりやすい、自車の後側方に車がいる時に、サイドミラーの隅のサインを点灯して知らせてくれる機能です。 サインが点灯しているにもかかわらずウインカーを出すと、サインが点滅して注意を喚起します。 これは、しっかりと目視で確認をすれば必ずしも必要な機能だとは思いませんが、あったら便利な機能です。 ・アドバンストパーク カメラとソナーにより、ステアリング・アクセル・ブレーキ操作を制御し、駐車を支援してくれる機能です。 ドライバーはシフト操作のみで良いという、高度な駐車支援機能です。

次の