第 99 回 全国 高校 ラグビー 大会。 第99回全国高校ラグビー組み合わせと各地区大会成績(SPAIA)

第99回全国高校ラグビー大会 KOBELCOは、全国高校ラグビー大会をグループを挙げて支援しています|KOBELCO 神戸製鋼

第 99 回 全国 高校 ラグビー 大会

千葉県高体連ラグビー専門部常任委員 鈴木学 日本で開催中のラグビーワールドカップは、日本の活躍も含め大変な盛り上がりを見せている。 第99回全国高校ラグビー大会千葉県予選も並行して行われ、予選プールを終了しいよいよ負けたら終わりの決勝トーナメントに入り目の離せない状況に来ている。 今年も王者・流経大柏高校に挑戦する構図は変わらないが、関東大会・全国7人制大会に初出場した幕張総合や例年の展開ラグビーに大型FWとなった専修大松戸、どのチームも例年よりも底上げされ王者との差が縮まってきている。 大会での選手の活躍とともにラグビーというスポーツの素晴らしさをこの千葉県高校ラグビー大会からも味わって欲しい。 千葉南 対 合同D 前半、両チームとキックを使い陣地を取り合う展開となったが、千葉南がキックカウンターからボールを継続し得点を重ねた。 合同Dも素晴らしいチームワークを発揮、攻守でいいプレーを見せるも最後は力及ばず、千葉南が勝利した。 専修大松戸 対 県千葉 前半、県千葉は10番古川のキックが冴え、ペナルティーゴールで得点を重ねる。 しかし専修大松戸は16番内舘の投入で流れをつかむと県千葉の激しいプレッシャーをはね返し、勝利を収めた。 佐倉 対 幕張総合 前半、佐倉は好タックルからトライを取りゲームの流れを掴んだ。 幕張総合は初戦の緊張感からミスが目立ったが、21番梅本を投入後、チームの雰囲気が変わりトライを重ねた。 佐倉も最後まで粘るも力及ばず、幕張総合が勝利した。

次の

第99回全国高等学校ラグビーフットボール大会出場校およびシード校のお知らせ|日本ラグビーフットボール協会|RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。

第 99 回 全国 高校 ラグビー 大会

主 催 : 公財 全国高等学校体育連盟、 公財 日本ラグビーフットボール協会、大阪府・大阪府教育委員会、毎日新聞社 後 援 :スポーツ庁、 公財 日本体育協会、東大阪市、NHK 主 管 : 公財 全国高等学校体育連盟ラグビー専門部、関西ラグビーフットボール協会、大阪高等学校体育連盟 特別協賛 :神戸製鋼グループ、毎日放送 期 日 :2019年12月27日、28日、30日、2020年1月1日、3日、5日、7日 (7日間) 場 所 :東大阪市花園ラグビー場、花園中央公園多目的球技広場 競技規則 : 1 2019年度 公財 日本ラグビーフットボール協会制定の競技規則による。 2 試合時間は30分ハーフとし、ハーフタイムは5分以内とする。 3 試合時間中に勝敗が決まらない場合は引き分けとし、次回戦への出場チームは以下の順で決定する。 (ペナルティトライはトライ数に数えるが、ゴール数には数えない。 4 シンビンは、7分間とする。 5 試合に出場する選手は、必ずヘッドギア・マウスガードを装着すること。 競技方法 : 1 試合はトーナメント勝抜法により優勝チームを決定する。 2 試合組み合わせは、各出場校主将による抽選で決定する。 3 優勝戦で勝敗が決まらない場合は、双方を優勝とする。 参加チームおよび 選手の資格 : 1 参加チームは学校教育法に定める高等学校に所属するチームで、当該都道府県の高等学校体育連盟ならびにラグビーフットボール協会に加盟していること。 2 全日制課程・定時制課程・通信制課程の生徒による混成は認めない。 3 参加選手の資格は校長が学業、身体、人物など適当と認めたもので、次の諸項に該当する者であること。 ア. 公財 日本ラグビーフットボール協会に個人登録をしている者。 イ.年齢は、平成12(2000 年4月2日以降に生まれた者とする。 ただし、出場は、同一競技3回までとし、同一学年での出場は1回限りとする。 出場とは登録やエントリーではなく試合に出場したことを指す。 ウ.転校後6ヶ月未満のものの参加を認めない。 (外国人留学生もこれに準ずる。 )ただし、一家転住等やむを得ない場合は、各都道府県高等学校体育連盟会長の認可が必要である。

次の

第99回全国高校ラグビー組み合わせと各地区大会成績(SPAIA)

第 99 回 全国 高校 ラグビー 大会

千葉県高体連ラグビー専門部常任委員 鈴木学 日本で開催中のラグビーワールドカップは、日本の活躍も含め大変な盛り上がりを見せている。 第99回全国高校ラグビー大会千葉県予選も並行して行われ、予選プールを終了しいよいよ負けたら終わりの決勝トーナメントに入り目の離せない状況に来ている。 今年も王者・流経大柏高校に挑戦する構図は変わらないが、関東大会・全国7人制大会に初出場した幕張総合や例年の展開ラグビーに大型FWとなった専修大松戸、どのチームも例年よりも底上げされ王者との差が縮まってきている。 大会での選手の活躍とともにラグビーというスポーツの素晴らしさをこの千葉県高校ラグビー大会からも味わって欲しい。 千葉南 対 合同D 前半、両チームとキックを使い陣地を取り合う展開となったが、千葉南がキックカウンターからボールを継続し得点を重ねた。 合同Dも素晴らしいチームワークを発揮、攻守でいいプレーを見せるも最後は力及ばず、千葉南が勝利した。 専修大松戸 対 県千葉 前半、県千葉は10番古川のキックが冴え、ペナルティーゴールで得点を重ねる。 しかし専修大松戸は16番内舘の投入で流れをつかむと県千葉の激しいプレッシャーをはね返し、勝利を収めた。 佐倉 対 幕張総合 前半、佐倉は好タックルからトライを取りゲームの流れを掴んだ。 幕張総合は初戦の緊張感からミスが目立ったが、21番梅本を投入後、チームの雰囲気が変わりトライを重ねた。 佐倉も最後まで粘るも力及ばず、幕張総合が勝利した。

次の