ジオン 注射 後遺症。 ジオン注射は、安全、副作用は有りませんか。

痔の治療でジオン注後の副作用

ジオン 注射 後遺症

肛門の少し奥には肛門を自然に閉じるための血管に富んだ柔らかい部分があります。 肛門への負担が大きくなると、その血管は太くなり、蛇行し、静脈瘤のようになります。 それを痔核(いぼ痔)と呼びますが、徐々にうっ血が強くなり、出血を起こすようになります。 さらに長く放置すると痔核は大きくなり、支持している組織が引き伸ばされて肛門の外に脱出するようになります。 これを脱肛と呼んでいます。 痔核には、歯状線より直腸側にできる内痔核と、肛門側にできる外痔核があります。 また、内痔核が大きくなって脱出するようになると肛門側の痔核、つまり外痔核を伴って内外痔核という状態になることもあります。 「脱出を伴う内痔核」にジオン注を投与して痔核に流れ込む血液の量を減らし、痔核を硬くして粘膜に癒着・固定させる治療法です。 しかも注射翌日から出血が止まり、数日で痔核が脱出しなくなります。 痔核を切り取る手術と違って、痛みを感じない部分に注射するので「傷口から出血する」「傷口が痛む」というようなことはなく、日帰り治療が可能となりました。 ジオン注の有効成分は硫酸アルミニウムカリウム水和物とタンニン酸です。 硫酸アルミニウムカリウム水和物・・・ 出血状況や脱出状況を改善する タンニン酸・・・ 硫酸アルミニウムカリウム水和物の働きを調節する ジオン注は痛みを感じない内痔核に注射するので痛みはありません。 したがって、麻酔は必要ないのですが、肛門鏡を挿入するのに抵抗がある方には肛門を緩めるために麻酔をかけます。 麻酔の方法については医師にお尋ねください。 ジオン注は四段階注射法といって図のようにひとつの痔核に4か所に分けて注射し、薬液を十分に浸透させます。 複数の痔核がある場合は同様に行います。 注射後は落ち着くまで30分~1時間程度の安静が必要です。 治療当日からの経過と望ましくない作用の目安です。 通院期間は、処置した痔核の数や大きさなども含めて、患者さんの症状により異なります。 経 過 (例) 望ましくない作用 報告例) 当 日 当日は排便を済ませておきます。 投与後は、麻酔などの影響がなくなるまでしばらく安静にしてから帰宅します。 翌 日 投与した部分や肛門周囲の状態を診察するために受診します。 5〜7日後 退院の目安(退院時期は処置した痔核の数や大きさなども含めて患者さんの症状により異なります。 ) 2〜3週間後 通院の目安(通院期間は、処置した痔核の数や大きさなども含めて患者さんの症状により異なります。 ) この治療法は痛みが続く・出血・排便がしづらくなる・熱が出る、などの好ましくない作用があらわれることがあります。 そのため定期的に通院していただく必要があります。 1ヶ月後 3ヶ月後 6ヶ月後 1年後 排便について ジオン注治療後の最初の排便は自宅でもかまいませんが、5分程度で。 当日の排便もかまいません。 排便時に多少の出血が見られる場合があります。 便が出ないとき、少ないときは浣腸をする場合があります。 通院について ジオン注治療を受けた翌日に、診察を受けてください。 好ましくない作用(副作用)が起きることもあるので、医師の指示にしたがい定期的に通院してください。 他の医療機関で直腸肛門の診察を受けられる場合には、ジオン注治療を受けたことを必ずお伝えください。 治療後は注射した場所が硬くなっていることがあり、他の医療機関で診察を受けられる場合、この症状を誤って悪い病気と診断される可能性があるので、ジオン注治療を受けたことを申告してください。 普段と違った気になる症状(痛み、出血、排便がしづらい、発熱など)があらわれた場合には、すぐに担当医師の診察を受けてください。 副作用が隠れていることもありますので十分に検査・診察を行い、症状に応じた適切な処置を行います。 症状によってお薬(炎症を抑えるための抗生物質や消炎鎮痛剤、あるいは便をやわらかくするための緩下剤)の投与、坐浴、手術を行うことがあります。

次の

ジオン注射の術後

ジオン 注射 後遺症

しかし、やっぱり恐怖というのは、リスクヘッジを含めた対策をとらないと 本当の意味での克服にはならないと思いますので、 あえて、今回はのデメリットについて 話していきたいと思います。 手術の再発の可能性は ジオン注射療法にもあることは例外ではありませんが、 ジオン注は、その手術の難しさからも 再発するリスクが高いと言われています。 病院では再発率3%とか5%などと、 その再発率の低さを謳っている所もありますが、 ある調査で調べた具体的なリスクとしては、 再発率が年間に約16%、手術の場合は約2%、 そして、その合併症には• 硬結(こうけつ)• 疼痛(とうつう)• 排便がしずらくなる• 排尿がしずらくなる• 浮腫(ふしゅ・むくみ) などがあることが分かり、副作用においては、 注射してから2週間後までの間に 発熱した人が7%いたというデータもあります。 また、特例として、臨床試験のときに、間違って前立腺に注射してしまった失敗例もあり、 その患者さんは頻尿などの症状が出た例もあるようですが、 その医療ミスの背景として、この注射は、医師にとって 高い技術を必要とされるということ。 というのも、ジオンは強い薬なので、間違った箇所に注射をしてしまうと、 痔と関係ない正常な組織までも死んでしまい、 重大な後遺症を引き起こす事になるため、 高い知識やトレーニングが必要となります。 だからこそ、四段階注射法の講習を受け、 資格 ( 内痔核硬化療法 ) を取った特別なお医者さんだけが行うことができる。 だからこそ、この治療法が実施できる病院が全国でもあまりないんですね。 また、痔のお医者さんたちの間では、 「ジオンの主な成分がアルミニウムなのはアブナイだろ!!」 と言っている人もいますが、その理由として、アルミニウムは アルツハイマー病の大きな原因の一つであり、 多くの医療現場では使うことを避けています。 ですので、 「アルミニウム製剤を、痔核 (血管の塊) に直接、注入するリスクは大きいだろ!」 という意見があるのです。 高度な手術と、体に危険な液体を使うやり方、 さらに、実際に医療ミスも起きている、 そういった現状から 「ジオン法はキケンだ!」 というお医者さんがいるわけです。 とは言っても・・その例もごく少数。 今すぐ改善が必要な重傷患者にとってみれば 短時間で手軽にしやすいジオン注というのは魅力的。

次の

ジオン注後の副作用の経過

ジオン 注射 後遺症

コンテンツ• ジオン注射前のいぼ痔の症状 トイレで「大」をしてお尻を拭く際に、 肛門に盛り上がりが出来るようになったのが発端です。 言いかえると、イボ痔が肛門内から 一時的に脱出する症状。 最初は自然に戻ってましたが放置した結果、指で押し込まないと戻らないように。 明らかに悪化してます。 そんな中でリサーチしていると注射で処置が出来ることを知り通うことに決めました。 いずれ治ってくれるだろうという幻想は捨てて現実を見ることに。 画像は、クリニックで診察時にもらったものになります。 ジオン注射って何? 簡単に言うと、いぼ痔(内痔核)が悪化してきて、肥大して袋状になります。 その袋状の患部へ注射をすると袋が 縮んでぺっちゃんこになって症状が改善するというもの。 詳しくは、次の解説文を参照してください。 ジオン注射と は? ジオン注射とは、 脱出を伴う内痔核(排便時に出てくる、または普段から出たままになっているようないぼ痔)に対して、注射による治療を可能にしたものです。 ジオンとはどんな薬? ジオンの有効成分は硫酸アルミニウムカリウム水和物・タンニン酸です。 頭文字をとってALTAとも呼ばれます。 硫酸アルミニウムカリウム・・・出血症状や脱出症状を改善する。 タンニン酸・・・硫酸アルミニウムカリウムの働きを調節する。 元々は1979年に中国の高名な痔治療の専門家、史兆岐教授の考案した「消痔霊」という薬が元になっています。 その薬の添加物の一部を変えたものがジオンです。 日本では2005年 平成17年 からジオン注射治療は始まりました。 出典: 通院から約3ヵ月は注入軟膏とクスリで様子見 病院へ行って、いきなりジオン注射では無いです。 まずは、注入軟膏とクスリで様子見をしました。 放置していたことでイボが大きく育っていて3ヶ月ほど処方するも劇的に小さくなることもありませんでした。 なので、そろそろジオン注射しようという流れになったものです。 スポンサーリンク ジオン注射のデメリット・費用 ジオン注射には当然ですが、お金が必要となります。 参考までに 保険適用対象です。 そして、私の場合は 約14,000円でした( 3割負担)。 受付から退院まで1. 5時間程度の処置だったので最安値に近いかもですね。 費用は病院の方針によるかと。 あと、ちょっとお尻の注射がピリピリしました(地味に痛い)。 ジオン注射の処置の流れ、注射が7本 血液採取 検査に向けて事前に血液を採取します。 予約 処置日を予約します。 翌日から仕事は可能とのことですが、大事をとって会社員であれば金曜とかにすると気持ち的にもラクですね。 私の場合は金曜日で予約しました。 処置当日に下剤を注入 処置当日は、通院前に下剤を注入してスッキリするところから。 8時50分:受付、点滴の注射 まずは点滴で注射を1本します。 9時00分:お尻に2本注射 局部麻酔とお尻周りの筋肉を緩くするための注射を2本します。 これがピリピリして地味に痛い。 9時15分:患部に4本注射完了 患部の根元と本体と合計4本の注射をしてもらいました。 患部は神経が通ってないとのこと。 それでもチクチクする感じがありました。 痛い!という感覚はありませんでした。 時間にして15分くらい、あっという間に終了です。 10時30分:会計も終了 注射のあと、約1時間寝転んで安静。 その後、今後の注意事項と通院についての説明を受けました。 受付で支払いをして終了です。 処置後(当日) 特に違和感も感じることなく過ごせました。 もちろん、痛みもなし。 食事制限もありません。 たった1つ、30分以上座り続けないように気をつけただけ。 先生からは1時間までを目安にと言われてました。 ジオン注射から1週間後に通院 1週間後に状態確認で通院、異状なし。 念のため、2か月ほどクスリを処方しながら経過確認するとのことで進行中。 まとめ:ジオン注射を受けてみた体験を公開 痔って、病院でお尻を出して診てもらうから恥ずかしいですよね。 でも病院に行ったらオジサンやオバサンは普通にダベってたりします。 通い始めてしまったら気にならないものかと。 受付でも名前でなく、番号札の番号で呼んでくれます。 プライバシーにも配慮されてますね。 痔で日常生活で不快な状態なら一度病院に行かれるのが良いかと思います。 ジオン注射なら住んでる地域、たとえば 「神戸 ジオン注射」 とかで検索すると取り扱いのあるクリニックが一覧で出てくるかと。 今回は以上です。 便秘がちな人へオススメの記事.

次の