あおり運転情報サイト。 最強の「あおり運転」対策?ちょっぴり“オトナ目線”で余裕をもった運転を

「あおり運転」受けたドライバー、自衛のためでも「ハンドル片手にスマホ撮影」はダメ?

あおり運転情報サイト

「あおり運転」の車を撮影するため、運転中にスマホを利用するのはよいのでしょうかー。 そんな相談が弁護士ドットコムに寄せられた。 相談者は、「証拠」を残すため、「片手で携帯(スマホ)で撮影するのは違反になりますか」と聞いている。 片手でスマホを操作して運転することが「ながら運転」に該当することは相談者も理解しているようだ。 改正道交法が6月30日から施行され、あおり運転が厳罰化。 京都府警は同日から公式サイトに作った「あおり運転情報BOX」で、スマホやドライブレコーダーで撮影した「動画データ」を募り、捜査に活かすとしている。 車を運転中に、あおり運転の被害者となった場合、「片手スマホ」で撮影しながら運転することに問題はあるだろうか? 下山田聖弁護士に聞いた。 「あおり運転」厳罰化の法改正に先立ち、2019年12月、スマートフォンを注視しながら運転する「ながら運転」厳罰化の法改正もされました。 ながら運転については、運転者の義務として、運転中(停止中は除く)に、スマホやテレビ、カーナビといった画像表示用装置に表示された画像を注視してはならない旨が定められています(道路交通法71条第5号の5)。 「注視」とは、「おおむね2秒を超えて画面を見続けること」と解釈されています。 撮影のためには、被写体(あおり運転の車両)が画面内に納まっていることの確認や、画面操作によって、ある程度の秒数がかかると想定されます。 どうしても2秒を超える「注視」にならざるをえないでしょう。 仮に「注視」に該当しないとしても、運転中の片手スマホでの撮影は道交法上の安全運転義務違反に該当する可能性がありますし、何よりも交通事故を引き起こす危険があります。 安全に証拠を残すのであれば、ドライブレコーダーの利用ををおすすめします。 そして、すぐに通報するのがよいでしょう。 高速道路であればICを通過するときに記録が残りますし、加害車両のETCカードの履歴から特定に至る可能性もあります。 これだけで直ちに加害者の逮捕や処罰に結び付くかは疑問ですが、そもそも警察がマークしているような加害者の場合には、情報が集積されることで、捜査機関の助けになるのではないかと思います。

次の

危険!あおり運転等はやめましょう

あおり運転情報サイト

更新日:2020年7月1日 危険!あおり運転等はやめましょう 妨害運転 あおり運転 とは ~道路交通法改正で、妨害運転罪が創設 令和2年6月30日施行 ~ 道路交通法の改正により妨害運転に対する罰則の創設等が行われ、他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持等の違反行為 下記参照 を行うことは、厳正な取締りの対象となり、最大で 懲役3年の刑に処せられるほか、前記違反行為を行い著しい交通の危険を生じさせた場合は、最大で 懲役5年の刑に処せられるとともに、妨害運転をしたものは運転免許の取消処分の対象となります。 また、このような悪質・危険な運転により人を死傷させた場合には、危険運転致死傷罪 妨害目的運転 等にも当たる場合があり、さらに厳罰に処せられ得ます。 一定の違反 妨害 あおり 運転の対象となる10類型の違反• 通行区分違反• 急ブレーキ禁止違反• 車間距離不保持• 進路変更禁止違反• 追い越し違反• 減光等義務違反• 警音機使用制限違反• 安全運転義務違反• 最低速度違反 高速自動車国道• 高速自動車国道等駐停車違反 妨害運転(あおり運転)等への対応 妨害運転(あおり運転)等に対する厳正な指導取締り 県警では、他の車両等の通行を妨害する目的で行われる悪質・危険な運転に対して、道路交通法の改正により創設された妨害運転罪や危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等のあらゆる法令を駆使して、厳正な捜査を推進します。 また、妨害運転等を未然に防止するため、車間距離不保持、進路変更禁止、追い越し違反等の妨害運転等に直結するおそれのある道路交通法違反の取締りを、引き続き推進していきます。 妨害運転(あおり運転)等の被害に遭われたら 交通事故に遭わない安全な場所(駐車場、サービスエリア等)に避難のうえ、車外に出ることなく、ためらわずに110番通報をしてください。 ドライブレコーダー等の映像は有力な資料となり得るので、加工・消去せずに保管し、情報提供のご協力をお願いします。 思いやり・ゆずり合いの気持ちを持った運転を 車を運転する際は、周りの車の動きなどに注意し、相手の気持ちを考え、思いやりを持って、ゆずり合いの運転をすることが大切です。 埼玉県では、ドライバーに対し、心にゆとりを持ち、前車との安全な車間距離を保持するよう呼びかけています。 また、安全運転意識を高めたり、周囲の車に注意喚起を図ることを目的に、車両用ステッカーを配布しています。 最寄りの警察署等にございますので、積極的にご活用ください。 正しい交通ルールを守った運転で、皆が安全・快適に通行できる交通環境をつくりましょう。 関連リンク.

次の

「あおり運転」受けたドライバー、自衛のためでも「ハンドル片手にスマホ撮影」はダメ?(弁護士ドットコム)

あおり運転情報サイト

今話題となっている、男女による常磐自動車道路上殴打暴行事件の犯人についても、あおり運転情報共有サイトに多数投稿が寄せられていたみたいです。 どうやら、バカみたいに激しい殺人的なあおり運転は、常習者が多いようですね。 ヤバそうな車を見かけたら絶対に近づかない方が良さそうですね。 自動運転の時代になったら、データベースと車のシステムとが連動して危ない車が接近して来た時には『要注意車両接近中です注意して下さい。 』なんて車がアナウンスしてくれる時代も来るかもしれませんね。 あ、自動運転になったらあおり運転も無くなるのかな(笑) おそらく、技術が進んでもこういうおかしな人達は直ぐにはいなくならないと思います。 あおり・危険運転情報共有サイト『Nunberdeta』はあおり運転抑止になるか? こういったサイトが出来たからと言って直ぐにあおり運転や危険運転が減るとは思いませんが、恐らく事が起こった時に、車両や犯人の特定には役立つと思います。 あおり運転、危険運転に関する法律がもう少し整備されて、こういったあおり車のサイトを活用して行けば、大きな抑止力となってあおり運転、危険運転は少しずつ減っていくのかもしれませんね。 それと、同時に自分もついカッとなってクラクションを鳴らすとか、スピード出して煽るような行為をしたら直ぐにサイトに投稿されてしまう可能性もありますので、注意しましょう。 視聴者から寄せられた映像が思わぬ広がりを見せている。 12日にお伝えした高速道路上のトラブルついてだ。 投稿者によると、撮影したのは先週末。 常磐道を走っていた際に前を走る白い車から繰り返し進路をふさがれて高速道路上に停車。 そして、白い車から降りてきた男性から窓越しに暴行を受ける様子を捉えたものだった。 このニュースを放送してからテレビ朝日には「私も似たような車から被害を受けた」と新たな映像が寄せられた。 しかも1件だけではない。 そこに映っていたのは同じ車種、同じ横浜ナンバーの車が危険な運転を繰り返す様子だった。 先月23日、愛知県の新東名高速道路。 トラックが25秒ほどの追い越しを終え、左の車線に戻った瞬間、追い越し車線から白いSUV(スポーツ用多目的車)が現れ、急ハンドルで右へ左へ車体を小刻みに揺らす。 さらに窓が開くと、運転手がしきりに腕で合図を出す。 これを見たトラックの運転手は・・・。 運転手:「行くわけないやろ。 お前の相手をしているほど暇じゃないんや。 ええ年こいてあほちゃうか、ええ車乗ってあほちゃうかっていう」 その後、SUVは蛇行運転をしながら止まりそうになるまでスピードを落とすなどした。 トラックの運転手は警察に映像を提出したといい、愛知県警はこの件を他のあおり運転と同一犯の可能性もあるとみて捜査している。 他のあおり運転とは・・・。 驚くべきことに愛知県のこの動画の車のナンバーは先週末、茨城県で後続車の運転手を殴った男性が乗っていたSUVと完全に一致した。 そして、愛知県の動画が撮られたとの同じ日の3時間ほど前、静岡県内のバイパスでよく似た車の同様の行為が撮影された。 突然、白いSUVが横から幅寄せ。 さらに、猛スピードで前に行き、同じ車線に入ったかと思うと停車。 これをかわし、動画投稿者は前に行こうとするが、それを超えるスピードで前に入り、さらに車線を変えても前に割り込み続ける。 運転手:「他の車にも変なあおり行為みたいなのをしていたんですよ。 僕にも来るんじゃないかと身構えていたんですけど、やっぱり案の定・・・」 この動画のSUVは茨城県と愛知県の動画と同じ横浜ナンバーでなんと、下の4桁の数字も一致した。 白いSUVは交差点内で停車。 さらに左折し停車していたが、動画投稿者はこれを無視し現場を離れ、事なきを得た。 運転手:「状況としてはやっぱり怖いし、何されるか分からないしっていうのはありましたけどね」 静岡県の動画投稿者によると、SUVの運転手は男性で助手席にいたのは女性のようだったという。 これが同一人物かは不明だが、茨城県で車を降りてきた人物も男女だった。 まず、女性が下車。 続いて男性が後続車に近付きやり取りの後、運転手を5発殴り付けた。 理不尽としか言えないですよね」 茨城県と愛知県の動画に映ったSUVだが関係者によると、神奈川県内のディーラーの試乗車だといい、一定期間ある男性に貸し出された後、12日に返却されたという。 [テレ朝news].

次の