ドライ フルーツ パウンド ケーキ。 フルーツ入りパウンドケーキ|雪印メグミルクのお料理レシピ

フルーツ入りパウンドケーキ|雪印メグミルクのお料理レシピ

ドライ フルーツ パウンド ケーキ

・無塩バターと卵は常温に戻しておく。 ・薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。 ・漬け込みフルーツはお酒を軽く切り、粗く刻んで強力粉をまぶしておく。 ・型にスプレーオイルを吹きつけ、オーブン用ペーパーを敷いておく。 2.〈パウンドケーキを作る〉 ボウルにバターを入れ、ホイッパーでクリーム状に練る。 グラニュー糖と塩を加えて、白っぽくふんわりするまでよく混ぜる。 3.卵をよく溶きほぐし、3~4回に分けて加え、そのつどよく混ぜる。 漬け込みフルーツに使用した洋酒を加えて混ぜる。 4.ふるった粉類を加え、ゴムべらで切るようにさっくりと混ぜる。 強力粉をまぶしておいた漬け込みフルーツを 3 に加えて混ぜ合わせる。 5.準備しておいた型に生地を入れて、表面を平らにする。 型を3cm程度持ち上げて2〜3回落とし、中の空気を抜く。 両サイドが少し高くなるように表面をならす。 竹串を刺して、ぬれた生地がついてこなければ、焼き上がり。 7.型からはずし、ケーキクーラーにのせてオーブン用ペーパーをつけたまま冷ます。 8.〈仕上げる〉 耐熱ボウルにアプリコットジャムと水を入れてよく混ぜたら、電子レンジ(600W でなめらかになるまで(約50秒)加熱する。 9.(7)のパウンドケーキの表面にアプリコットジャムを刷毛で塗る。 上にドライフルーツ、ピスタチオを飾り、アプリコットジャムを刷毛で塗ってできあがり。

次の

しっとりパウンドケーキの作り方~失敗しない!基本とコツ~

ドライ フルーツ パウンド ケーキ

パウンドケーキを焼くときに、具をまんべなく入れる方法(下に沈まないように) ドライフルーツなどの具材を入れたパウンドケーキを作るとき、 焼きあがったとき、具材が全部下に沈殿してしまいます。 お店で売っているパウンドケーキのように、 断面にまんべんなく具が入った、綺麗なパウンドケーキの作り方(分量)が知りたいです。 補足フルーツジャムなどのように水分の多い具材の場合の解決法も併せてお願いいたします。 具材が沈まないようにするのと、更に 具材の色がにじまない という効果があります。 この場合の粉は、あったら 強力粉をお勧めします。 強力粉は、お菓子の生地が作業台にくっつかないように使ったりしますよね。 薄力粉よりも強力粉の方が粒子が粗く さらさらとした性質を持っているからです。 そのぶん、薄力粉より ダマになりにくい という事になります。 ただ、例えばこの「薄力粉100g」に対しては、10gくらいの強力粉を使ってまぶして下さい。 でも、粉合わせが足りなさ過ぎると・・・具材が沈む原因になってしまいます。 ・バターに、半分の砂糖をすり混ぜ 卵黄を加えてふんわりするまで混ぜる。 ・一方で、残り半分の砂糖を加えながら シッカリとしたメレンゲを作る。 (砂糖をはじめからたくさん加えてしまわないように。 ) ・メレンゲと薄力粉、具材を合わせる。 シッカリとしたメレンゲを作り、シッカリと粉合わせすることが大切です。 あと水分の多い具材は、やはり バターの段階で(バターを充分ホイップしてから)入れるといいと思います。 この段階では、水分が多いために分離しやすくなります。 もし、分離してしまったら ボールを少しだけ!火にかけて(かけっぱなしはダメ) タネを温めて ホイップしてみて下さいね。 パウンドケーキって、いろいろなバリエーションが出来るし、差し上げるにも 持ち運びやすいし、 色々、アレもコレも・・・楽しみがふくらみますよね! この方法で、いろいろなパウンドケーキにトライしてみて下さい。

次の

ドライフルーツのしっとり パウンドケーキ

ドライ フルーツ パウンド ケーキ

ドライフルーツのパウンドケーキの作りかた まずは、ドライフルーツのパウンドケーキを作りかたを紹介します。 砂糖はカソナード(赤砂糖)を使用しています。 ボウル• 泡立て器• ゴムベラ• パウンドケーキ型 わたしがつかっているパウンドケーキ型はマトファー社のケークドロワ型です。 ケイクドロワ型とは?: — 準備• 卵は作る3時間ほど前に冷蔵庫から出しておく。 バターは作る1時間ほど前に出しておく。 小麦粉とベーキングパウダーは一緒にふるっておく。 型にバターを塗り、粉を振って、冷蔵庫に入れておく。 オーブンを170度に温め始める。 作りかた 1. ブランデー漬けのフルーツを瓶から出し、大きめのフルーツは好きな大きさ(1cm程度)に切る。 イチジクのヘタの切りかた イチジクは上の部分のヘタを切り除きます。 ヘタの部分は固いため食べにくいです。 パウンドケーキを作っていきます。 *パウンドケーキの作りかたの詳細は「 」をご覧ください。 詳しく写真付きで書いています。 バターをボウルに入れ、泡立て器でなめらかになるまで混ぜる。 砂糖を3回に分けて加え、その都度泡立て器で混ぜる。 溶いた卵を10回程度に分け少しずつ加え、その都度泡立て器で混ぜる。 卵が分離しないように少しずつ加え、生地と卵が合わさるまで混ぜる。 粉類を一気に加え、ゴムベラで切るように合わせる。 粉っぽさがなくなって、生地に艶が出るまで混ぜる。 ドライフルーツとブランデーを加え、ゴムベラで生地を切るように混ぜる。 最初は生地とフルーツとブランデーが合わさりませんが、混ぜると合わさります。 つやが出てくるまで混ぜます。 型に生地を入れ平らにならす。 170度のオーブンに入れ、40分程度焼く。 どのくらいの期間漬込んだらおいしいか比較中 ドライフルーツをどのくらいの期間ブランデーに漬けたら、おいしさがどう変わるのかを実験しているところです。 ただいま、1ヶ月目です。 ドライフルーツの漬込み期間については「 」で試しています。 1ヶ月目• 香り:ブランデーの香りが強く残っています。 ドライフルーツ:少し固めで、ブランデーの漬込みが浅いです。 アルコール:全体的にブランデーの味が残っていて、アルコールの味も強くします。 お酒が弱い人なら酔っぱらってしまうくらい強いです。 保存するときにはラップにくるんで、ビニール袋等にいれ空気に触れないようにするとしっとりさが続きます。 10ヶ月目 10ヶ月間ブランデーに漬けていたフルーツ漬けで作ったケイク・オ・フリュイです。 香り:ブランデーの香りが残っています• ドライフルーツ:しっかりブランデーが染み込んでいます• アルコール:アルコール分は残っていますが、さほど強くなく、ドライフルーツの砂糖を合わさり、まろやかになっています。 漬込み期間はどのくらいがベストか? 見た目はどちらも同じ感じで、違いはあまり分かりません。 焼きたて〜1日目まではブランデーのアルコールが残っていますが、丸2日目になるとアルコールが抜けて生地にブランデーの風味がうつってしっとりとしてます。 1ヶ月目はフルーツケーキというよりかはブランデーケーキを食べている感じです。 ブランデーが強く、お酒好きにおすすめしたい食べごろです。 一方、10ヶ月も漬けているとフルーツにブランデーの風味がうつっていて、まろやかになっています。 焼いてすぐを食べるのであれば10ヶ月目、翌日かそれ以降まで待てるのであれば1ヶ月目がおすすめです。 個人的には、ブランデーの香りとアルコール分が強く残っている1ヶ月目が好みです。 おすすめパウンドケーキ型: おすすめ関連記事.

次の