ソフトバンク 半額 サポート 解約。 スマホデビュープラン

ソフトバンク|契約期間中の解約料金・違約金はいくらかかる?iPhone Xで試算

ソフトバンク 半額 サポート 解約

「最新スマホも機種代金 最大半額(スマホ代まっぷたつ!)」 を売り文句に展開している ソフトバンクの「半額サポート」キャンペーン(プログラム)。 iPhoneやAndroidのスマホ購入の際、端末代割引(半額?)を匂わせる内容に見えますが、購入時にその場で半額になるような内容ではなく、最大とあるように実は特定の条件下で実質半額になるといった特典内容になっています。 そこで、今回はこの「半額サポート」キャンペーンについて の内容と見比べながら徹底解説していきたいと思います。 半額サポートの特典内容・適用条件をはじめ、メリット・デメリットや一番有効活用できる機種変更のタイミングなど、できるだけ詳しくご紹介します。 Androidスマホ系• Xperia 1• AQUOS R3• arrows U• LG K50• Android One S5• Xperia XZ3• シンプルスマホ4• DIGNO J• HUAWEI nova lite 2• Xperia XZ2• AQUOS R2• HUAWEI Mate 10 Pro• Android One S3• Xperia XZ1• AQUOS R compact• Xperia XZs• DIGNO G• HTC U11• AQUOS Xx3 mini• DIGNO F• DIGNO U• シンプルスマホ3 公式ページ内の用語解説(加入条件) 条件の一つ目ですが、ソフトバンク公式ページにある 新スーパーボーナス(48回割賦)というのが 48回の分轄払いでの契約を指しています。 そのため、 一括購入や支払回数が違う24回割賦などでは半額サポートを利用することができません。 条件の二つ目は加入できるデータ通信プランを指定していますが、ソフトバンク公式ページにある 「データ定額 50GBプラス」というのは 「ウルトラギガモンスター+(プラス)」を指しています。 「データ定額スマホデビュー」は「スマホデビュープラン」を指しています。 現在の主力プラン以外の従来型の一部のデータ通信プランでも半額サポートを利用することが可能です。 25ヶ月目~47ヶ月目で「半額サポート」または「 」の 対象機種に機種変更する• ただし、あんしん保証パックなどの保証オプションに加入している場合は最大2,000円の減額で済む 1つ目のポイントとしては、 25ヶ月目以降に機種変更すると特典利用ができる点はいままでの解説で出てきた内容ですが、実は 機種変更の端末機種も指定されています。 最新機種を含むスマホは対象になっていますが、 ケータイ(ガラケー)機種は対象外となっている点には注意が必要です。 2つ目のポイントは結構重要で、特典の適用には機種変更するまでに使用していた 半額サポートに加入時のスマホ端末はソフトバンクに回収させることで初めて適用されます。 もし、 故障機になってしまった場合には、査定額が下がったり、回収できず特典利用ができなくなる場合がある点にも注意が必要です。 分離プランの義務化が影響 ニュースなどで耳にしたことがあるかもしれませんが、携帯スマホの通信料と端末代を完全分離した「分離プランの義務化」対応の影響を大きく受けています。 対応すると、通信料と端末代をセットにした割引ができなくなります。 ドコモについても新プランが登場した2019年6月以降は24回から36回に支払い回数が増えています。 デメリット ソフトバンクの半額サポートのデメリットは 2年契約の縛り期間のある契約をする (月額料金を抑えることができるほとんどの人が利用しているプラン) 程度で大きなデメリットは特にありませんが、メリットを受けることができないものをデメリットとして考えた場合、 長い期間機種変更をしない同じ端末を利用し続ける場合には、半額サポートの特典効果が薄くなる(もしくはなくなる)点がデメリットになります。 また、現在新規申込は終了してしまっている旧式のプランで利用できた「月月割」と比べると「下取りプログラム(機種変更)」との併用ができない点で割引効果が少なくなっている点もデメリットとして捉えても良いかもしれません。 「月月割」をまだ利用できる旧式プランを利用している人は「半額サポート」ではなく、「月月割」と「下取りプログラム(機種変更)」の組み合わせで利用した方がお得になる可能性が高いです(特に端末代が安い機種の場合)。

次の

ソフトバンク携帯の解約方法!解約月・解約金・手続き手順

ソフトバンク 半額 サポート 解約

データプラン1GB(スマホ) スマートフォンの新規契約(5~15歳)、ケータイからスマートフォンへ機種変更またはのりかえ(MNP/番号移行)の際にご利用いただけます。 適用条件• 新規契約(回線の使用者が5歳以上15歳以下の場合に限ります)、のりかえ(MNP/番号移行)または機種変更と同時に「基本プラン(音声)」にご加入いただくこと。 ご利用いただく機種が iPhone またはスマートフォンであること。 機種変更の場合、機種変更前にSoftBank携帯電話(フィーチャーフォン)、キッズフォン、みまもりケータイまたはあんしんファミリーケータイのいずれかを利用されていること。 のりかえ(MNP/番号移行)の場合、お客さまの電話番号を表示できる他社のケータイ(従来型携帯電話/フィーチャーフォン)、PHSまたはキッズ向けケータイをご利用されていること。 注意事項• 以下のサービスとは併用できません。 おうち割 光セット• ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラムの特典B(通信料金の割引)• 毎月ご利用のデータ量が1GBを超えた場合、請求月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに低速化いたします。 1GBを超過した(「1GBプラス」にご加入の場合は、2GBを超過した)場合、追加データを購入することで速度制限されずにデータをご利用いただけます。 通信速度低速化の予告/開始をSMSにてお知らせいたします。 お知らせが不要の場合はMy SoftBankで設定をオフにすることができます。 テザリングオプション月額使用料は500円/月となります。 当請求月に余ったデータ量を翌請求月以降にくりこして利用することはできません。 ソフトバンクへ新たにご加入されるお客さまが申し込みする場合は、加入日から適用され、加入月の定額料は日割計算されます。 ソフトバンクをすでにご利用中のお客さまがお申し込みする場合は、翌請求月から本データプランが適用されます(一部異なる場合があります。 詳しくは提供条件書をご確認ください)。 加入月に解約する場合を除き、解約月については定額料の日割り計算は行いません。 データシェアプラス、家族データシェア、法人データシェアにはご加入いただけません。 データプラン1GB(スマホ)が適用中の回線において、以下のいずれかに該当する場合、当該請求月末をもって適用を終了します。 対象料金サービス(基本プラン(音声)/データプラン1GB(スマホ))を解除、変更その他の理由により終了した場合• ソフトバンクを解約される場合は、解約日まで適用します。 小容量割 「準定額オプション+」または「定額オプション+」に加入されるなど、当社指定の適用条件を満たした場合、データ定額料から1,300円/月が割引されます。 適用条件 以下すべての対象料金サービスに加入されているお客さまを対象とします。 基本プラン(音声)• データプラン1GB(スマホ)またはデータプラン1GB(ケータイ)• 準定額オプション+または定額オプション+ 注意事項• 対象回線契約において、以下のいずれかに該当する場合、それぞれ次の時期をもって、小容量割の適用を終了します。 1 該当した時点が属する請求月の末日 対象料金サービスの全部または一部を解除、変更その他の理由により終了した場合• 本キャンペーンは、予告なく終了し、または内容を変更する場合があります。 1GBプラス 適用条件 以下すべての条件に該当するお客さまを対象とします。 「データプラン1GB(スマホ)」または「データプラン1GB(ケータイ)」にご加入いただいていること• 本サービスにお申し込みいただくこと 注意事項• ソフトバンクに新たに加入する場合は、加入日から適用されます。 月途中に加入する場合は、月額使用料を日割り計算します。 すでにご利用中のお客さまが本サービスにお申し込みする場合、翌請求月から本サービスを適用します。 本サービスを請求月の途中で解約された場合も、解約された請求月の月額使用料は日割り計算を行いません。 本サービスにおいてデータ上限量として設定されたデータ量はデータくりこし(余ったデータ量をくりこし、翌請求月末まで利用できるサービス)の対象外です。 2ヵ月バリューキャンペーン 適用条件 キャンペーン期間中に、以下のいずれかの条件を満たしたお客さまを対象に「1GBプラス」の月額使用料を2ヵ月間無料といたします。 「データプラン1GB(スマホ)」または「データプラン1GB(ケータイ)」(以下「対象データプラン」)と同時に「1GBプラス」(以下「対象サービス」)にご加入いただくこと• 対象データプランにご加入中のお客さまが、機種変更と同時に対象サービスにご加入いただくこと(対象データプランの加入条件において指定する旧機種からの機種変更の場合に限ります)• 注意事項• 対象サービスへのお申し込み日が属する請求月の翌請求月から本割引を適用します。 月額使用料について他の割引が行われる場合、本割引は当該他の割引後の月額使用料に適用されます。 対象回線契約において、以下のいずれかに該当する場合、該当した時点が属する請求月の前請求月の末日をもって、本キャンペーンの適用を終了します。 「電話番号・メールアドレスお預かりサービス」へ加入した場合• 対象回線契約を解約した場合 その他関連プラン/オプション.

次の

ソフトバンク「半額サポート」の罠!料金シミュレーションで解説

ソフトバンク 半額 サポート 解約

「半額サポート+」の概要 48回払いで端末を購入して、25カ月目以降に端末を返却すると、割賦代金の最大半額が免除される仕組みは、従来の「半額サポート」と同じだが、半額サポート+では、対象ユーザーを他キャリアにまで広げた。 つまりソフトバンクが、通信契約にひも付かない形で端末単体を販売することになる。 しかし注意したいことがある。 それは、半額サポート+で購入した端末にも「SIMロック」が掛けられていることだ。 端末を分割払いで購入した場合、購入日から100日がたたないと、SIMロックは解除できない。 そのため、他キャリアのユーザーがソフトバンクの半額サポート+に加入して端末を購入した場合、100日間はソフトバンク回線でしかモバイル通信は利用できない。 ソフトバンク回線を用いたMVNO(LINEモバイル、nuroモバイル、mineoなど)は、ロック解除なしでそのまま使える。 一方、Y! mobileはソフトバンクが運営するサブブランドでありながら、ソフトバンク端末で利用するにはSIMロックを解除する必要がある(これは早急に改善してほしいところだが)。 ただし注意したいのが、ソフトバンクの場合、同社の契約がないとオンラインでのロック解除は行えず、店頭でしかロック解除ができない。 オンラインでのロック解除は無料だが、店頭では3000円(税別)が発生する(理由等の詳細はを参照)。 ちなみに端末を一括で購入した場合、SIMロックは100日以内でも解除できるが、半額サポート+は分割払いが前提のサービスのため、そもそも一括払いを選べない。 ソフトバンクもガイドラインにのっとってSIMロックを掛けている、と説明する。 従来の半額サポートでは、この月額料金は発生しなかったため、ソフトバンクのスマホユーザーにとっては改悪になった。 一方で、従来は対象でなかったタブレットやケータイも対象になったのは改善点だ。 関連記事• ソフトバンクが、新たな端末購入補助サービスとなる「半額サポート+」を発表。 2019年9月13日から提供する。 改正電気通信事業法に抵触しないよう、他キャリアのユーザーでも利用可能とした。 大手キャリアが中古端末や他者から譲り受けた端末の「SIMロック解除」に応じ始めました。 しかし、Webでの手続きが可能なのはNTTドコモだけ。 auとソフトバンク/Y! mobileは来店手続きのみ受け付けています。 なぜ、このような違いが出るのでしょうか……?• 総務省が9月に施行する「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」の改正に合わせて、ソフトバンクとY! mobileの端末におけるSIMロック解除要件が一部変更された。 来店すれば、元契約者以外でも原則としてSIMロック解除手続きを行えるようになる。 ソフトバンクが9月6日、契約期間と解約金のない新料金プランを発表。 9月13日に申し込み受け付けを開始する。 端末によって異なっていた基本料金を統一する。 高性能化に伴い高額になるハイエンドスマホ。 各キャリアは指定の分割払いと端末返却を条件とする割引施策を行っている。 auとソフトバンクは現行施策を9月末に終了する予定だが、現在の端末購入補助についてまとめた。 関連リンク•

次の