サイコパス診断 葬式。 サイコパス診断テストの元ネタはフロイトだった|浜村ペギオ義夫|note

【サイコパステスト★10題】問題をどどんと追加しました!!

サイコパス診断 葬式

長文失礼します。 インターネットのまとめサイトに、サイコパス診断テストというのがありまして、たとえばこんなテストです。 あなたは主婦で、夫と息子との3人暮しです。 ある日、あなたの夫が死にました。 夫の葬式に、夫の職場の同僚が参列していました。 あなたはその同僚に一目ぼれしました。 後日、あなたは自分の息子を殺しました。 なぜ自分の息子を殺したのだと思いますか? 「息子の存在が邪魔だったから」と答えた人は常識人です。 安心してください。 サイコパスは「葬式をすれば、その同僚に再会できるから」と答えるそうです。 要するに、サイコパスは、「もう一度、あの同僚に会いたい。 そのためには、まず息子を殺して、葬式を開いて、あの人に案内状を出して……」と、冷静に段取りを立てる。 でも普通の人は、「まず息子を殺して」の段階で、激しく感情が揺れ動きます。 簡単に次の段階に進んだりしない。 ところがサイコパスは周囲の人間をたんなる道具とみなしているため、周りを冷静に観察して、目的達成のために周囲の人間を手駒のように使えるわけです。 今回のケースであれば、「一目ぼれ相手に再会する」という目的のために。 遊びといえばたわいのない遊びですが、こういう類の心理テストは、1990年代に日本で流行ったらしい。 それまでは大橋巨泉の司会で普通のクイズ番組をやっていたのが、だんだん普通のクイズ番組に飽き足らなくなったのでしょうね。 それでこの時代、エッチ系やサイコ系の、少しひねった心理クイズが求められるようになったらしい。 おそらく、葬式のサイコパス診断テストも、当時のテレビ番組やベストセラー本で採り上げられていたと思われます。 が、このテストをもう一度よく読み返すと、どうもおかしい。 というのも、「夫の同僚」って、関係性が遠すぎると思いませんか?「夫の同僚」当人からすれば、上司が死んだ時点で、上司の家族と関係性が切れるはずです。 死んだ上司の妻の息子が死んだからといって、ふつうは葬式に出席したりしませんよ。 もともと家族ぐるみの付き合いがあるならともかく。 それに、もし家族ぐるみの交流があるなら、わざわざ息子を殺したりしなくとも、その同僚に会えるわけで。 こんな穴だらけのテストでサイコパス認定されたらたまらない、と思うわけです。 遊びのテストにいちゃもん付けるのも大人げないですけど。 それでこの間、フロイトの『夢判断』を読んでいたら、これとまったく同じ話が採り上げられていました。 この心理クイズの元ネタはフロイトだったのです。 ただし、ストーリーの道具立てはほぼ同じなのですが、構成が少し違うのですね。 『夢判断』という本では、フロイト自身が担当した患者さんの症例を報告しているのですが、こんな患者さんがいて、またこんな患者さんがいて、その人はこんな症例で、という具合に、カウンセリングの内容を報告しているのですが、そのなかの一人に未亡人の患者さんがいたそうです。 彼女は旦那さんを失くしてからというもの、息子と二人で暮していました。 その未亡人がドアを開けて入って来るなり、「フロイト先生!私はダメな母親なんでしょうか」て泣きついてきた。 フロイト先生は、精神分析医というか、今でいうカウンセラーみたいなものですが、診療所で患者さんのお悩み相談を受けるわけです。 それで「次の方、どうぞ」と言うまもなく、いきなりその未亡人がドアを開けて、すごい勢いで、髪の毛振り乱して、泣きついてくる。 「私は母親失格なんでしょうか!」って。 それでフロイト先生はなだめるわけです、「落ち着いてください。 どうかされましたか」と。 「私、へんな夢を見るんです。 息子の葬式の夢を見るんです」。 「ほう、息子さんの葬式の夢を。 ちなみに息子さんはご健在ですよね?」 「はい。 息子は元気です」 フロイト先生は未亡人の様子をじっと眺めました。 彼女は化粧っ気もなく、ジーパン姿でした。 「このあと1時間したら、息子を保育園にお迎えに行かなくちゃならなくて。 前回の面談のときにお話ししましたっけ。 私は工場のパートに勤めていまして、それで今も予約時間に遅刻してしまって、せっかくお時間とってもらったのに、すいません。 それでなんの話でしたっけ?そう、息子の葬式の夢ですわね。 いえ、私は息子のことを大事に思っているつもりです。 しかしね、私もフロイト先生のご著作を拝見いたしましてね、フロイト先生、ご著作でおっしゃっていたではありませんか、"夢のなかでは、本人も気づいていない望みが叶えられる。 無意識の願望が叶えられる"って。 いえ、私はたしかにね、うちの子を大事にしているつもりです。 しかしね、心のどこかで、自分でも気づいていないところで、息子の存在が重荷になっているのではないかしらと。 それで、いや、自分ではそんなつもりないんですけども、無意識のうちに、息子なんかいなくなってしまえばいいって願っているのではないかしら。 それで、夢の中で、息子の葬式を開いて、息子を亡き者にしているのではないかしら、と。 私は母親失格でしょうか、フロイト先生!」。 「私の著作を読んでいただき、ありがとうございます」。 そこはさすがにフロイト先生、未亡人に肩を揺さぶられながらも、感謝の言葉を忘れない。 フロイト先生はさっそくノートとペンを手にとり、問診に入ります。 「つまりご相談内容をまとめますと、あなたの夢の中でですね、息子さんの葬式が開かれていると。 心の底で、息子さんの死を望んでいるのではないかと。 ご自分では、そう診断されているわけですね。 なるほど、わかりました。 ひとつ質問ですが、その夢の葬式に誰が参列していたか、覚えていますか」。 「誰が参列していたか。 ええと、ヘーデルさんでしょ、それからミーデルさん……。 う~ん、夢の記憶なので、ぼやけてて、うまく思い出せませんわ」 「では質問を変えましょう。 あなたが最後にお葬式に参加したのは、いつですか?」 「旦那の葬式です」 「その旦那さんの葬式に、誰が参加していましたか。 これなら思い出せるでしょう。 現実の話ですから」 「ええと、旦那のお姉さんでしょ、妹さんでしょ、それから……。 なんでこんなこと訊くんですか?」 「いえ、あなたは、私の本も読んでくれているということで、ご自分で夢の分析もしていらっしゃるようなので、こちらとしても非常にやりやすい。 そこで率直に申し上げますと、夢というのは、現実に体験した内容に基づいて組み立てられるわけです。 たとえば葬式の夢を見たのであれば、実際に体験した葬式の内容がもとになっている場合が多い。 現実の参列者であったり、葬儀風景であったり……なにか思い当る節はございませんか?」 「そういわれてみると、たしかにそうかもしれません。 うん、そうです。 黒い幕が掛かって、ひろいお庭に銀杏の木が植えてありましてね。 旦那の葬式は、旦那の実家で行われたのですが、あのときも壁に黒い幕が掛かって、ひろいお庭に銀杏の木が植えてあって、その下に男の人が立っていましてね」 「ちょっと待って。 その男の人とは?」 「旦那の同僚の方です。 たしか、フンボルトさんとかいうお名前でしたかしら。 いえ、旦那の葬式のときに、旦那の職場代表で一度来ていただいたきりで、それ以来お会いしたことはありません。 そのときに、お悔やみ申し上げます的な、かんたんなご挨拶をしたくらいで…」。 「そのフンボルトさんが、夢の中に?」 「そう、たしかに夢の中に居たかもしれません。 銀杏の木の下に」 「それですよ!いま、謎がすべて解けました。 未亡人さん、あなたはね、その男に恋をしているんだ!」 「どういうことですか?」 「つまりですね、あなたは、旦那さんの葬式にやって来たフンボルトさんに一目ぼれしたわけです。 ご自分でも気づかないうちに。 それで、その人に会いたい、もう一度会いたいと心の底で願っているうちに、その人を夢に見るようになった。 あなたが彼に出会ったのは、現実の葬式のときです。 だから、夢のなかでも葬式のシーンが連想されて、葬式で息子さんを弔う、というふうに連想されていった。 しかしですね、息子さんを弔うシーンは最後に付け加えられた、いわば添え物みたいなものです。 あなたの夢の主人公は、あくまでフンボルトさんです。 息子さんはついでに連想で登場しただけで、ただの脇役です。 要するに、あなたの夢はこんな順序で構成された」。 フロイト先生はノートにこう書きました。 死人役は誰でもよくて、身近な人から無作為に抽出。 今回の夢では、たまたま息子が死人役で登場しただけ。 「だから未亡人さん、あなたは、息子にいなくなってほしいと願うダメな母親なんかじゃない。 あなたは母親失格なんかじゃない。 あなたはただ、恋しているんだ!」。 未亡人は、ほぼドン引き状態です。 なんという強引な先生だ、と。 「私は恋していたのですか?自分では自覚がないのですが」 「自分では気づかない。 それが無意識です」。 フロイト先生は、少し間をおいて、こう続けました。 「いまは1900年頃のドイツですが、日曜日に教会に出かけますと、キリスト教的な価値観を持つ方が大勢いらっしゃいます。 一生のうちで愛する人は一人だけ、という価値観です。 なにも教会に行かなくとも、そのへんのおばちゃんなんかが、よくうわさしているじゃないですか、あそこの家の娘さんは、ご主人と別れて、すぐ新しい男つかまえて、淫乱な女ね、イヤですわね~、て。 しかしですね、私の研究によると、こういう手合いは、キリスト教国に限らず、どこの国にもいつの時代にもいます。 現代の、1900年頃のドイツだけではありません。 もちろんなかには、本当に淫乱な人もいるかもしれないが、少なくともあなたの場合は、なんというか、その……。 失礼ですが、ご主人が亡くなって、何年でしたっけ?」 「今年で4年です」 「そうですか。 少なくともあなたのお話を伺うかぎり、あなたは、喪に服すという務めを立派に果されたのではないか、このように私には見受けられます。 様々な考え方があるかもしれませんが、天国の旦那さんも、きっと許してくださるのではないでしょうか。 差し出がましいかもしれませんが、未亡人さん、そろそろ良いのではないでしょうか。 ……がんばんなさいよ、婚活」 そういって、フロイト先生はウインクしました。 「いえ、そのフンボルトさんにアタックしろ、て言っているわけじゃないですよ」と、フロイト先生は続けます。 「未亡人さんはフンボルトさんに、4年前の葬式で一度お会いしただけということですので、さすがに関係性が遠い」。 「それに」と未亡人は言いました。 「それに、子連れのバツイチなんて無理ですよ」 「探せばいますよ」とフロイト先生は言いました。 「見た目・年齢・年収など高望みしなければ、子連れOKの男なんてなんぼでもいますよ。 私の患者さんでよかったら紹介しますし。 何人かに訊いてみましょうか」 「でも先生……私……」 「がんばんなさいよ、婚活」。 彼女の髪の毛はボサボサで、ノーメークで、生活に追われている様子であった。 彼女の自己診断によると、息子の葬儀の夢を見るのだが、どうやら息子の存在が重荷になっているらしいとのこと。 当然である。 だってシングルマザーなんだから。 しかしそんなこと、面と向って言えるわけない。 彼女と一緒になって、息子さんって邪魔ですよね~などと、言えるわけない。 そこで私は、どうやって話題を逸らそうかと思案した。 よく考えてみると、彼女は一人で子供を育てるのが大変なわけで、それだったら再婚すればいいじゃん、ということに私は気づいた。 会話を進めるうちに、彼女自身も新しい旦那を求めていることが、なんとなく伝わってきた。 しかしキリスト教的な古い価値観が邪魔をして、彼女自身、踏ん切りがつかない様子であった。 そこで私は、彼女に婚活の後押しをすることにしたのである。 というか、どうせそういう役割を求められているんだろうな、と思ったのである。 こんな話が、『夢判断』に紹介されています。 若干アレンジを加えちゃったような気もしますが、しかしまったくの作り話ってわけでもないです。 いま、手元に『夢判断』がないもので、ちょっと確認できないのですが、すいません……。 以上をまとめると、フロイトの本ではもともと人情話だったものが、順序を入れ替えることで、冒頭に紹介したサイコパスの話になっちゃったわけです。 フロイトは次の手順で夢を分析しました。 死人を恋人で上書きする。 一方、サイコパスの話では、順序を入れ替えています。 今回お話した葬儀のサイコパステストでは、一目ぼれ相手は職場の同僚になっていますが、他にもいくつかのバージョンがあるようです。 フロイトの残したエピソードでは、一目ぼれ相手は誰でもよかったわけで、べつに職場の同僚でなくとも、男なら誰でもよかったわけです。 もし相談者が別の男の名前を出していたら、たとえば旦那の友人のキンボルトさんの名前を出していたら、フロイトは断言していたことでしょう、「あなたは、そのキンボルトさんに恋しているはずだ!」て。 フンボルトでもキンボルトでも、恋愛相手の具体名は誰でもいいから、とにかく誰かに恋しなさいよ、てフロイトは話を持っていきたかった。 いったん具体名を経由した後で、最後にその具体名を抹消するのですね。 「旦那の職場の同僚だと関係性が遠いから、旦那の友人の方がいいかな…」などと、テスト作成者は試行錯誤します。 このとき、テスト作成者の頭の中で、「恋愛相手の具体化とその抹消」という手続きが行われています。

次の

【サイコパステスト★10題】問題をどどんと追加しました!!

サイコパス診断 葬式

この下に答えがあります。 答えを見る前によく考えてね! 第1問の答え 問1解答. 色んな人が、授業中、先生にあてられてて、「なんでみんな分からんの~!?ちょっと考えたら分かるやん!」とか思ってたなぁ。 答えた時の先生の凍り付いた感じは今でも忘れられへんわ。 では続いて、 第2問 問2 あなたは自宅 マンション のバルコニーに出た。 すると男が女を刀で刺し殺していた。 慌てて通報しようとした時、男と目が合ってしまった。 男はあなたの方を指してその手を一定の動きで動かした。 答えを見る前によく考えてね! 第2問の答え 問2解答. 「次はお前を殺す」という意思表示。 何なに!? 一般人「次はお前を殺す」という意思表示。 そっちの方が怖くない? だって問題文にあるやん、「手を 一定の動きで動かした」って。 問題文はちゃんと読まないとあかんわ。 こんなんでサイコパス扱いされたら、たまったもんちゃうわ。 気を取り直して… 第3問 問3 あなたがある家に泥棒に入った所、その家の主人が眠りから覚めあなたの顔を見た。 するとあなたが見る前で鍵の掛からないタンスに入って隠れた。 あなたはどうやって殺すか。 答えを見る前によく考えてね! 第3問の答え 問3解答. 外から刺し殺す。 これも一般人の方が危険すぎじゃない? 絶対出てくるまで待った方が安全やって。 だって出てくるってことは、中の人は、犯人である自分がもういなくなったかなー、って思ってるってことやろ? 出てきたところを、後ろから、とかの方がよくない?よくはないけど。 絶対に一般人の方がサイコパス!!次!!!! 第4問 問4 あなたは連続殺人犯だ。 あなたは窓があるエレベーターでのみ人を刃物で刺して逃げる。 どうしてか。 答えを見る前によく考えてね! 第4問の答え 問4解答. (死を違う視点から眺めたい為。 サイコパスって怖い。 ところで、窓のあるエレベーターってそんなんあるの?正直一般人の言うこともよく分からないし、個人的には何かもやっとした問題。 第5問 問5 あなたは一面木で囲まれた深い山奥にいる。 あなたの目の前にはちょっと休憩スペースがあるが、その後ろを何かがざっと過ぎ去った。 果たしてそれは何か。 鬼 2. 人 3. 答えを見る前によく考えてね! 第5問の答え 問5解答. 鬼、3. 人だと答えた私をサイコパスと言うならそれでいいから、この問題の答えを鬼やと思った人がどういう人なんか、教えてほしい。 次! 第6問 問6 あなたはある人を恨んでいます。 その人の家に忍び込みその人を殺しました。 無関係な子供とペットも殺しました。 何故か。 答えを見る前によく考えてね! 第7問の答え 問7解答. もちろん一般人の解答も理解できるけど、サイコパスの答えがなんでサイコパスなんかが分からない。。。 第8問 問8 あなたが殺さなければならない相手があなたの前で断崖にぶら下げられ、棒のような物に掴まってようやく生きている。 あなたはどのようにして敵を断崖の下に落とすか。 答えを見る前によく考えてね! 第9問の答え 問9解答. 欲しくない物だから。 でもなんでこの答えがサイコパスなんやろ?相手(=プレゼントもらった男の子)が何で嫌な気持ちなのかを推し量るのが人間の思いやりではないでしょうか? いよいよ最後です。 第10問 問10 あなたの前に戦時中で怪我をした軍人の肖像画がある。 どこに怪我をしているだろうか。 2ヶ所答えよ。 答えを見る前によく考えてね! 第10問の答え 問10解答. これは推理してって問題じゃないよね。 何となくとしか言いようがないけど、目はサイコパスなんかぁ…。 私の診断結果 10問の診断テストで、私がサイコパスアンサーにたどり着いたのは、第1問(大学時代)、第2問、第3問、第5問、第9問、第7問と第10問は一般人の答えも含まれていたため2問で1問とカウントして、 合計6問でした。 みんなはどうだった?? 今週の雑談 MEMO以下は2017年のプロジェクト41(4月30日)の記事で書いた雑談です。 サイコパスって言葉を私がはじめてその存在を知ったのは大学生のころ。 精神病質(せいしんびょうしつ、英: psychopathy、サイコパシー)とは、反社会的人格の一種を意味する心理学用語であり、主に異常心理学や生物学的精神医学などの分野で使われている。 その 精神病質者をサイコパス(英: psychopath)と呼ぶ。 wikipediaより 今日は、私が大学の授業で雑談ついでに先生がしてくれた、サイコパスの思考回路が分かるテストをみんなに紹介します。 興味があれば考えてみてね。 では問題です。 父、母、娘(姉)、息子(弟)の4人家族がいました。 残念ながら父が交通事故で他界してしまうのですが、あろうことか父の葬儀にやって来た父の会社の同僚に母が一目ぼれしてしまいます。 数日後、その家の娘(姉)が殺害されます。 なんと犯人は母! さてここで問題です。 母が娘を殺害した動機(理由)は何でしょう? 先生が何人かの生徒にあてて答えを聞いています。 「なるほどなるほど」とにこやかに生徒の答えに相槌をうつ先生。 そして目が合った私にも先生は聞きました。

次の

すぐ簡単にできるサイコパス・テスト:らばQ

サイコパス診断 葬式

とりあえず、どういう物か1問試してみて下さい。 よくある葬式のお話し あなたは三人姉妹の次女である。 このたび姉が、不慮の事故で亡くなった。 お葬式に出席したあなたは、そこで若いお坊さんと出会った。 お坊さんはあなたの好みのタイプの男性である。 ただし、妹にとっても好みのタイプである。 あなたは数日後、妹を殺害した。 殺した理由は何か。 (改行の後に答えが書いてあります) 正常な人の答え 恋敵をあらかじめ消しておくため サイコパスの答え 妹が死ねばもう一度葬式でお坊さんに会えるため どうでしたか? 当てはまりましたか? ちなみに私はサイコパスという判定が出ました。 本来のサイコパスとは 日本語では精神病質(サイコパシー)の人という意味です。 精神病質とは 良心が異常に欠如している 他者に冷淡で共感しない 慢性的に平然と嘘をつく 行動に対する責任が全く取れない 罪悪感が皆無 自尊心が過大で自己中心的 口が達者で表面は魅力的 250人に1人の割合でサイコパスであると言われている。 その大部分が 殺人を犯す凶悪犯ではなく、異常人格者である。 ちなみに私は色々当てはまり、サイコパス度が高いようです。 しかし、上記はあくまで心理学用語の真面目な『サイコパス』の定義であってサイコパス診断、サイコパステスト等のお遊び心理テストでの『サイコパス』の意味は違うという事です。 どういう事かというとステレオタイプのサイコパスと言えば分かり易いでしょうか。 猟奇殺人、異常犯罪者にこの傾向が強く、あさはらしょうこうやさかきばらせいとみやざきつとむもそうであったとかそういう説明が付きます、(恐らくデタラメ)異常者としての部分を誇張して、独り歩きしている『 サイコパス』なのです。 物語の狂ったキャラクターの位置づけとしては、そういうステレオタイプでもいいと思いますがサイコパスだと言われた方はあまりいい気分ではありません。 信憑性のない診断で。 特に誰が作ったか分からない問題、その診断精度の問題。 古今東西の心理テストを鵜呑みにする人は少ないと思いますが、胡散臭すぎませんか。 (きちんとした心理学者が判定するサイコパスのテストは正しいはずです。 全然の別物なので注意) そう、このサイコパス診断という、文章の問題を解かせてこの答えを答えるとアウトみたいなコレはデタラメなのです。 ・デタラメなのになぜ流行っているか。 私がインターネットで検索した所、10以上のサイトがすぐに検索できました。 主に3つのタイプが存在する事が分かりました。 この『葬式』のような問題を答えさせ、判定するタイプ 一番多い 選択肢が8つくらい用意されていてどんどん答えていくタイプ、問いは物語風 選択肢が3つくらい用意されていてどんどん答えていくタイプ、問いは自分の性格の傾向を聞かれる(はい、いいえ、普通的な選択肢) 今回はこの『葬式』のような問題で答えるタイプのみを解説していきます。 さて、サイコパス診断はデタラメですが、サイコパス診断というジャンルがあると捉えます。 その形態の心理テストが流行っている(流行った)理由は楽しいからでしょう。 ステレオタイプのサイコパスとは何かと言えば異常者です。 自分はそうなりたくないなという部分、異常者への憧れの部分。 異常者を天才と捉える事もありますので、カリスマ的な物があると思います。 ネタとしては面白いと思います。 デタラメならなぜ「サイコパス」が取り上げられたのか、「サイコパス」診断がある程度の地位?を得たのか これは異常者診断な訳です。 他の異常者を判定する心理テストでも良かったはずです。 (他にもあると思いますが)サイコパスは憧れの要素もあるという事です。 これが赤ちゃんを犯したくなる性癖診断だったとすると、冗談でもそんなレッテル自分に貼られたくないです。 冗談でも許されない事はあるという事ですね。 絶妙なラインがサイコパスなのではないのでしょうか。 ギリギリアウトくらいのラインですね。 問題が殺人やそれに準ずる猟奇的な事を含まれていても、サイコパス診断ならそういう質問が来てもおかしくないという土壌が出来ます。 推理小説で人が死んでも不謹慎だと騒ぐ人はいないという事です。 (脳がそういう設定として受け入れる) 何でも真面目に考えるのは面白いですね。 ゲームは適当にやっても面白くないですから。 問題のスパイスとしてサイコパス診断という問題の出し方が賢いなと思いました。 NGワードがあるクイズみたいな感じで。

次の