男の娘 同人誌。 「男の娘☆」の商標登録が認められていた

男の娘 (おとこのこ)とは【ピクシブ百科事典】

男の娘 同人誌

取得したのは同人誌イベントの運営関係者とされ、使い方によっては商標権に抵触する可能性もある。 商標の使用区分は「同人誌及び商品の展示即売会の企画・運営又は開催、屋外広告物による広告、看板による広告、張り紙による広告、インターネットによる広告、街頭及び店頭における広告物の配布、郵便による広告物の配布」と、「ダンスに関するイベントの企画・運営又は開催、漫画キャラクターに扮そうすることを内容とするイベントの企画・運営又は開催、写真撮影会の企画・運営又は開催、セミナーの企画・運営又は開催、スポーツの興行の企画・運営又は開催、音響用又は映像用のスタジオの提供、写真の撮影」。 基本的には同人誌即売会やコスプレイベントなどをカバーしている内容だ。 同イベントのWebサイトでは、「『男の娘』の名称について」ので「『男の娘』という名称は当団体が独自に考え出した名称であり、2006年秋より毎年2回開催しているイベントの名称です」と説明。 「『男の娘』や『オトコノコ』などに類似する名称と内容で利用すると不正競争防止法違反となる可能性」を警告している一方、「本や同人誌への名称の使用については関与しないのでお問い合わせなく使ってください」としている。 関連記事• 「男の娘」が商標出願されていることが分かり、話題になっている。 出願した企業・未来少年はその意図について、「自社で『男の娘』を用いた電子コミックを制作するのが目的で、他社に対して権利を主張するのが目的ではない」と説明している。 ミクシィが「チェック」「イイネ」「つぶやき」などを商標申請していることが分かった。 「独占的な利用を目的としたものではない」と説明している。 「CLANNAD」を開発したビジュアルアーツが、公売オークションに出品されていた「着メロ」の商標権を2550万円で落札した。 「企業価値の向上につなげる」目的で、使用料の徴収などは「一切考えていない」という。 「iPhone」(アイフォーン)の商標について、国内ではアイホンがAppleに対して使用を許諾。 海外では両社の商標が共存することで合意した。 エイベックスから発売されてヒット中の「恋のマイアヒ」。 ムービーに登場するキャラクターが「アスキーアート『モナー』にそっくり」などと指摘され、ネット上で騒動が起きている。 ネットキャラクター「ギコ猫」をタカラが商標として登録を出願していたが、タカラは「軽率だった」として出願を取り下げた.

次の

男の娘 (おとこのこ)とは【ピクシブ百科事典】

男の娘 同人誌

取得したのは同人誌イベントの運営関係者とされ、使い方によっては商標権に抵触する可能性もある。 商標の使用区分は「同人誌及び商品の展示即売会の企画・運営又は開催、屋外広告物による広告、看板による広告、張り紙による広告、インターネットによる広告、街頭及び店頭における広告物の配布、郵便による広告物の配布」と、「ダンスに関するイベントの企画・運営又は開催、漫画キャラクターに扮そうすることを内容とするイベントの企画・運営又は開催、写真撮影会の企画・運営又は開催、セミナーの企画・運営又は開催、スポーツの興行の企画・運営又は開催、音響用又は映像用のスタジオの提供、写真の撮影」。 基本的には同人誌即売会やコスプレイベントなどをカバーしている内容だ。 同イベントのWebサイトでは、「『男の娘』の名称について」ので「『男の娘』という名称は当団体が独自に考え出した名称であり、2006年秋より毎年2回開催しているイベントの名称です」と説明。 「『男の娘』や『オトコノコ』などに類似する名称と内容で利用すると不正競争防止法違反となる可能性」を警告している一方、「本や同人誌への名称の使用については関与しないのでお問い合わせなく使ってください」としている。 関連記事• 「男の娘」が商標出願されていることが分かり、話題になっている。 出願した企業・未来少年はその意図について、「自社で『男の娘』を用いた電子コミックを制作するのが目的で、他社に対して権利を主張するのが目的ではない」と説明している。 ミクシィが「チェック」「イイネ」「つぶやき」などを商標申請していることが分かった。 「独占的な利用を目的としたものではない」と説明している。 「CLANNAD」を開発したビジュアルアーツが、公売オークションに出品されていた「着メロ」の商標権を2550万円で落札した。 「企業価値の向上につなげる」目的で、使用料の徴収などは「一切考えていない」という。 「iPhone」(アイフォーン)の商標について、国内ではアイホンがAppleに対して使用を許諾。 海外では両社の商標が共存することで合意した。 エイベックスから発売されてヒット中の「恋のマイアヒ」。 ムービーに登場するキャラクターが「アスキーアート『モナー』にそっくり」などと指摘され、ネット上で騒動が起きている。 ネットキャラクター「ギコ猫」をタカラが商標として登録を出願していたが、タカラは「軽率だった」として出願を取り下げた.

次の

男の娘

男の娘 同人誌

概要 「男の娘(おとこのむすめ)」と書いて「 おとこのこ」と読む。 正確な起源は不明だが、文字通り 外見が 「」と呼べる程に可愛らしいを表す言葉として、を通して広まっていった。 本来ジャンル発の言葉だが、現在は作品にも広がっている。 海外において 海外においては「」や「」といった言葉が男の娘とほぼ同じ意味で使われている。 femboyは読んで字のごとく「(女性的な男子)」を意味するが、 trapは、 女の子と思ったら男だったよチクショウ!という意味で「(罠)」と名付けられた。 「tomgirl」も似たような用語として使用されている。 同人誌及び商品の展示即売会の企画・運営又は開催、屋外広告物による広告、看板による広告、張り紙による広告、インターネットによる広告、街頭及び店頭における広告物の配布、郵便による広告物の配布• ダンスに関するイベントの企画・運営又は開催、漫画キャラクターに扮そうすることを内容とするイベントの企画・運営又は開催、写真撮影会の企画・運営又は開催、セミナーの企画・運営又は開催、スポーツの興行の企画・運営又は開催、音響用又は映像用のスタジオの提供、写真の撮影• 主に同人誌即売会やコスプレイベントの開催とその準備・宣伝が対象になっている。 また、株式会社「未来少年」が、2010年4月27日付で「男の娘」の商標登録の出願を行っているが、こちらは2011年8月に拒絶の最終処分が確定している。 (参照:) 他の記事言語 リンク (2017. 27公開) (2019. 01公開) 関連記事 親記事.

次の