クイック スタート iphone。 クイックスタートでiPhone(アイフォン)のデータを移行する方法【転送手順も画像で解説】

iPhoneのクイックスタートによるテータ転送のやり方。できない原因と対処方法。LINEアプリの引き継ぎについても紹介

クイック スタート iphone

iPhoneを機種変更する時、必ず通るのが古いiPhoneから新しいiPhoneへのデータ移行作業です。 ガラケー時代のようにショップでやってくれる訳ではないので、一見難しそうに思えますが、実は思った以上に簡単で 初心者にも難しくありません。 今回は、そんなデータ移行のやり方の中から、 一番簡単なクイック設定を使った方法をご紹介しましょう。 ただし、以下のケースについてはデータ移行が出来ません。 クイックスタートでデータ移行が出来ないもの• 既にApp Storeでの配信を終了しているアプリ• アプリはクイックスタート完了後に自動で再ダウンロードされる為、 App Storeでの配信が終了したアプリは、新しいiPhoneでは利用できなくなります。 iTunesStoreからダウンロードしたコンテンツ また、 LINEなど一部のアプリは、アプリ側で事前に機種変更の操作をしたり、新しいiPhoneで最初にアプリを使う際に再ログインする必要があります。 こうしたケースでは、 各アプリのヘルプページなどに操作方法が掲載されているので、事前に確認しておくようにしましょう。 今回は新旧双方のiPhoneがiOS12. 4以降を利用しているケースをご紹介しています(それ以前のiOSを利用している場合は、別記事のiCloudを使ったバックアップと復元を使う方が簡単です)。 データ移行先(新しいiPhone)のOSバージョンが移行元(古いiPhone)より古くなっている場合、直接のデータ移行は行えません。 全体の流れ iPhoneのデータ移行は、現在大きく分けて3つの方法があります。 その中で 最も簡単なのが、今回ご紹介するクイック設定を使う方法です。 まずは、その全体の流れをご紹介しましょう。 iCloudで古いiPhoneのデータをバックアップする クイック設定では、 古いiPhoneから新しいiPhoneへ直接データをコピーすることができます。 しかし、 物事には万一ということもありますから、作業を行う前に古いiPhoneのデータをバックアップしておくのがお勧めです。 iPhoneを機種変更する 携帯ショップやApple Storeなどで、新しいiPhoneに機種変更します。 新しいiPhoneの初期設定&データ移行を行う 購入した新しいiPhoneの初期設定を進めていくと、途中でクイック設定を利用したデータ移行のメニューが出てきます。 そちらを選択して、古いiPhoneから直接データを移行していきます。 iCloudで古いiPhoneのデータをバックアップしよう iCloud まずは、 データ移行時に万一トラブルが発生した場合に備え、古いiPhoneのデータをWeb上のAppleのサーバーへ保存しておきましょう。 これをiCloudバックアップと言います。 サービスそのものは Apple IDを登録してあれば無料で利用可能ですが、 iPhoneにアプリやデータが大量に入っている場合は、別途有料のプランを契約する必要があります。 心配な方は、事前に使っていないアプリやデータをiPhoneから削除して、バックアップする容量を減らしておくと良いでしょう。 また、 アプリによっては別途アプリ内で機種変更の処理を行ったり、データ移行後に再ログインが必要となる場合があります。 よく使うアプリに関しては、機種変更時の操作方法がヘルプ等で案内されていないか、合わせて確認しておくと良いでしょう。 それでは、実際の使い方を説明していきます。 バックアップ前の準備 iCloudバックアップでは、• インターネットに繋がったWi-Fi環境• iPhoneの充電器と充電ケーブル の2つが必要です。 これらがないと正常にバックアップできない事があるので、必ず用意しておくようにしましょう。 iPhoneと充電器を繋ぐ Wi-Fiの設定画面 ここで機能がOFFになっている場合は、画面上に表示されているスイッチをタップしてONに切り替えましょう。 次に、同じ画面にiPhoneがキャッチしているWi-Fiの電波(SSID)が表示されるので、その中から自分のWi-Fiを選びます。 家庭用のルーターやモバイルルーターでは、機器の裏面などにSSIDが書かれている事が多いので、それと同じものを探せばOKです。 パスワードの入力画面が出てきたら、Wi-Fiのパスワード(こちらもルーターの裏面等に記載されている事がほとんどです)を入力して、画面上の「接続」をタップしましょう。 ここまで来たら、一度ホーム画面へ戻ってください。 iCloudバックアップ開始 いよいよiCloudバックアップを始めます。 まず、ホーム画面から「設定」を選ぶと、画面の一番上に自分の名前が表示されますので、そちらをタップしてください。 続いて「iCloud」を選択。 画面のリストの中から「iCloudバックアップ」をタップして、その後表示されるトグルスイッチがONになっていることを確認します(OFFの場合はONにしてください)。 バックアップの設定画面 所要時間は通信環境やiPhone内のデータ量によりけりですが、 長いときは数時間かかる事もあるので、 夜寝る前にセットしておくのも良いと思います。 クイックスタートで新しいiPhoneへデータを移行する 万一に備えたバックアップが終わったら、古いiPhoneから新しいiPhoneへデータをコピーする作業へ移りましょう。 クイックスタートを使ったデータ移行では、新旧双方のiPhoneがiOS12. 4以上の場合に限り、MacやiCloudを介さず直接データのコピーをすることができます。 それより前のバージョンのiOSだったり、iOS12. 4以降でも新しいiPhoneのOSバージョンが古いiPhoneより前のバージョンになっている場合は、直接のデータコピーが出来ないので注意してください。 そうしたケースでは、クイックスタートではなく、iCloudやiTunesを使いバックアップと復元を行う方がシンプルでお勧めです。 では、やり方を順番にご紹介します。 新旧のiPhoneを充電器とWi-Fiに繋げる iPhoneは充電器に接続する クイックスタートの利用時は、作業中にiPhoneがバッテリー切れを起こさないよう、新旧両方のiPhoneを充電器に繋いでおきましょう。 特に 新しいiPhoneは、箱から出したばかりだと充電が不十分な事があるので、ここは横着せずにきちんと確認してください。 また、データ転送完了後に新しいiPhoneでアプリの再ダウンロードを行う必要がある為、 Wi-Fiに接続できる環境で作業するのがお勧めです。 新しいiPhoneと古いiPhoneを近づける 次に、新しいiPhoneと古いiPhoneを近づけます。 多少離れていても反応はするのですが、基本的には隣同士にしておくのが作業もしやすいでしょう。 古いiPhoneにクイックスタートの画面が表示される 青丸の部分に読み取りバーコードが表示される クイックスタートが始まると、新しいiPhoneの画面に丸い雲のようなものが表示されます。 Apple Watchをお使いの方なら、iPhoneとの初回ペアリング時に必ず出てくるお馴染みのあの画像です。 こちらが出てきたら、古いiPhoneのリアカメラでこの雲を読み取りましょう。 パスコードを入力する 暫く待っていると、パスコードの入力画面が表示されます。 ここでは、古いiPhoneと同じパスコードを新しいiPhoneへ入力しましょう。 こちらは「続ける」をタップして、画面の指示に従い設定を済ませてしまいましょう。 時間がない時や生体認証を使わない場合は、「"設定"であとで設定」を選んでも大丈夫です。 再バックアップするかどうか選ぶ 古いiPhoneのiCloudバックアップから時間が経っていると、このタイミングでもう一度バックアップを行うか確認する画面が出る事があります。 こちらは、好みに合わせてメニューを選べばOKです。 「iPhoneから転送」を選択 image: ここまでくると、いよいよデータを転送する方法を選ぶ画面が表示されます。 画面上には「iPhoneから転送」と「iCloudからダウンロード」の2つが出ていますが、今回は古いiPhoneから直接データ転送したいので、 「iPhoneから転送」を選択してください。 利用規約に同意する 次は画面上に利用規約が表示されます。 こちらも一通り確認して問題がなければ、画面右下の「同意する」を選んでください(「同意する」を選ばないと先に進めません)。 自動アップデートの設定を決める 新しいiPhoneでiOSの自動アップデートを行うかどうか、この画面から設定することが出来ます(後で設定や変更もできます)。 自動アップデートをONにすると、iOSの新バージョンにバグがあった場合、トラブルに巻き込まれる可能性もある為、初心者の方は特にOFFに設定しておいた方が良いでしょう。 「ほかのiPhoneから設定」は続けるを選ぶ 画面が切り替わると、位置情報とiPhoneの解析データの扱いについて簡単に設定ができる「ほかのiPhoneから設定」というメニューが出てきます。 特にこだわりがなければ「続ける」を選んでしまって大丈夫ですが、位置情報やiPhone解析データの利用を細かく設定したいという方は、「設定をカスタマイズする」を選びましょう。 Apple Pay・Siri・App解析の設定をする iPhone7以降の機種では、日本国内の実店舗等でもApple Payが使えるようになりました。 その為、ここでもその設定を行う事が出来ます。 設定は「続ける」を選び、画面の指示に従って操作すればOKです。 ただ、設定は少々時間が掛かりますし、復元完了後にWalletアプリから設定することもできるので、ここでは「Walletであとで設定」を選び次へ進みましょう。 Apple Payの設定画面の次は、このSiriの設定画面が表示されます。 Apple Payの場合と同じく、こちらも後から設定することが出来るので、今回は 「"設定"であとで設定」を選んで次へ進みましょう。 Siriの画面を抜けると、次はApp解析の設定画面が表示されます。 これは、アプリがエラーを起こした際、その記録を開発者と共有できる機能です。 共有するかどうかは好みで決めて大丈夫なので、「Appデベロッパと共有」「共有しない」のいずれか好きな方を選んでください。 データ転送開始 ここまで来ると、あとは自動でデータ転送が始まります。 転送は無線で行われるので、2台のiPhoneを近づけたまま終わるのを待ちましょう。 所要時間は転送するアプリやデータの量次第ですが、iPhone側にどのくらい掛かるかの予想が表示されるので、そちらを見て確認してください。 なお、 このデータ転送中は、新旧両方のiPhoneの操作をすることができなくなります。 仕事中などiPhoneを使えないと困るようなタイミングに掛からないよう、 休日や寝る前など時間に余裕のある時に作業されるのが良いでしょう。 アプリの再ダウンロードが始まる データ転送が終わり、新しいiPhoneのロックを解除すると、自動的にアプリのダウンロードが始まります。 こちらも完了するまで時間が掛かることも多いので、気長に待ちましょう。 クイックスタートの注意点 アプリによっては機種変更処理が必要 iOSアプリの中には、 機種変更の際にアプリ内で別途データのバックアップや移行作業が必要なものもあります。 また、 再ログインや手動での再設定が必要なケースもあるので、よく使うアプリの機種変更時の対応については、あらかじめ調べておいた方が良いでしょう。 配信終了したアプリは移行できない 移行できないアプリもある 新しいiPhone内のアプリは、初めてロック解除した後、App Storeから自動で再ダウンロードされます。 この際、 App Storeでの配信が終了しているアプリはダウンロードされない為、新しいiPhoneでは使う事ができません。 もし、配信が終わったアプリを今でもよく使っているのなら、機種変更の前に代替アプリを探しておく方が良いでしょう。 まとめ クイックスタートを使ったデータ移行は、 iCloud経由では移せないデータを直接移行できるなど、ユーザーにとってもメリットの多い機能です。 デメリットもiOS12. 4以降でないと直接転送が使えない事くらいなので、今後はクイックスタートを使ったデータ転送が主流になっていく事でしょう。 これから機種変更される予定の方は、ぜひこの機会に試してみてくださいね。 分かりやすい解説ありがとうございます。 クイックスタートについて一点お伺いします。 現在iPhone6を使用しており、この度iPhone SE2(オンラインショップで購入)に機種変更します。 早速クイックスタートを使って、現在の設定情報やデータを移行しようと思います。 クイックスタートの内容や手順自体は把握できましたが、一点不明な点があり、質問させていただきます。 いま使用しているiPhone6では、パスコードを設定しておらずオフの状態です。 クイックスタートでは、新機種側で旧機種のパスコードを入力する作業がありますが、旧機種で設定していない場合はこの作業をスキップできるのでしょうか?(つまり、パスコードの要求画面が出てこない?) それとも、クイックスタートを始める前に、あらかじめ旧機種側でパスコードを設定しておくほうが無難でしょうか? この件自分なりにググってみたものの、明確な回答が得られず困っています。 クイックスタート作業中に先へ進めなくなるのは避けたいので、恐れ入りますご教示いただけますと幸いです。 ご教示よろしくお願いします。

次の

iPhone SE2 白ロム クイックスタートができません

クイック スタート iphone

新しいiPhoneを購入して、まず最初にやることといえば、以前使っていたスマホから設定や写真、アプリといったデータを引き継ぐ、いわゆるデータ移行作業ですよね? 機種やOSによって、いくつかの方法がありますが、iPhoneには、このデータ移行作業を iPhone同士をかざすだけでとても簡単に行える「クイックスタート」という機能があります。 今回はiOS 12. 4以降で利用できる「データを直接転送する機能」を中心にご紹介します。 パソコンを持っていない、有料のiCloudに加入していない、そんな方もiPhoneのみでデータを移行することが可能です。 とても便利な機能なのでぜひ活用してみてください。 iPhoneをかざすだけでデータ移行ができるクイックスタートとは? これまでiPhoneのデータ移行作業では、いったんiTunesやiCloudにバックアップを行い、それを新しいiPhoneで復元する方法が一般的でした。 しかしiOS 11からは旧機種の設定を利用して新iPhoneを設定する「クイックスタート」が登場。 これによってiPhone同士をかざすだけで初期設定が完了し、iCloudからの復元ができるようになりました。 さらに、 iOS 12. 4以降であれば、いちいち バックアップをしなくてもiPhone間で直接写真やアプリといったデータの移行が可能になりました。 クイックスタートを行う際の確認事項 ・OSのバージョンの確認 クイックスタート自体はiOS 11以降で利用できますが、iPhone間の直接コピーを行うにはどちらの機種もiOS 12. 4以降である必要があります。 その都度アップデートを行っているのなら問題ないですが、念のためにOSのバージョンを確認しておいてください。 ・ストレージ容量の確認 次に重要なのは、ストレージの容量です。 新iPhoneの容量が旧機種の容量よりも少ないとコピーできない可能性があります。 もし、旧機種のストレージ使用量が新iPhoneの容量よりも多いようであれば、写真をiCloudやGoogleフォトなどにバックアップしてから削除するなど、ストレージの使用量を減らしておく必要があるので注意してください。 ・Wi-Fi環境の確認 データ移行は、2台を同じWi-Fiネットワークに接続してワイヤレスで行います。 ただし、Wi-Fiが不安定、あるいは自宅にWi-Fiがないという場合には有線での転送も可能です。 この場合には別売りのLightning-USBケーブルのほか、Lightning-USB 3カメラアダプタが必要になります。 データ移行手順 移行手順自体はシンプルです。 まず、新しいiPhoneの電源を入れ、旧機種の近くに置きます。 注意点としては、新iPhoneは 初期セットアップが終了していない、まっさらの状態でなければなりません。 ショップなどで購入した場合には、動作確認のためにセットアップが終了していることもあると思いますが、その場合は、一旦初期化しましょう。 1)新iPhoneの言語選択画面が表示されると、旧機種には「新しいiPhoneを設定」とクイックスタート画面が表示されます。 「続ける」をタップすると、新iPhoneに円形状のアニメーションが表示されます。 旧機種にカメラのファインダーが表示されるので、それを収めてください。 旧機種側で、「新しいiPhoneの設定を完了」と表示されれば、第1段階は終了です。 2)次に新iPhoneの画面で『 旧機種のパスコード』を入力します。 新iPhoneで新たなパスコードを登録するわけではないので気を付けてください。 3)Face IDやTouch ID、Apple Payなどの設定を行います。 Apple Watchを利用している場合には、その設定も移行するかどうかを選ぶことがでます。 なお、これらの設定はあとから設定も可能です。 設定が終わると、実際にデータ転送が開始されます。 転送にかかる時間は、旧機種で使用しているストレージ容量次第ですが、約20GBの転送で5分ほどだそうだす。 旧機種からの転送が終了すると、新iPhoneが再起動します。 このタイミングで旧機種は使用可能となります。 その後、新iPhoneでは、App Storeから、旧機種でインストールされていたアプリの再ダウンロードが開始されます。 注意点!個別に設定が必要なアプリなど データが転送されるとはいえ、一部のアプリではアカウントへの再ログインや再設定が必要です。 GoogleアカウントやLINE、Suicaなどがその筆頭で、念のためインストールされたアプリは一通り立ち上げて確認してみたほうが良いでしょう。 LINEの引継ぎ LINEは、旧機種で電話番号、メールアドレス、パスワードや引き継ぎの設定をしておき、新iPhoneで引き継ぎ作業をしなければなりません。 旧機種で同じOS間であれば以下のデータを引き継ぐことができます。 通常通り、Googleアカウントのパスワードを入力し、ログインしましょう。 データ移行作業は時間に余裕をもっておこなってください クイックスタートのデータ転送にかかる時間は、ストレージの使用容量や利用しているネットワークの速度によっても変わりますが、場合によっては長時間かかることも考えられます。 約20GBのデータで、およそ5分といわれているので、64GBをフルに使っていたり、それ以上の容量を使用しているなら、15~30分程は見込んでおいたほうがいいと思います。

次の

iPhoneのクイックスタートによるテータ転送のやり方。できない原因と対処方法。LINEアプリの引き継ぎについても紹介

クイック スタート iphone

新しいiPhoneを購入し、最初にやることといえば、以前使っていたスマホから設定や写真、アプリといったデータを引き継ぐ、いわゆる移行作業だ。 機種やOSによって、いくつかの方法があるが、iPhoneには、この移行作業を iPhone同士をかざすだけでとても簡単に行える「クイックスタート」という機能がある。 ここではiOS 12. 4以降で利用できる「データを直接転送する機能」を中心に解説する。 パソコンを持っていなくても、有料のiCloudに加入していなくてもiPhoneのみでデータを移行することが可能だ。 とても便利な機能なのでぜひ活用してほしい。 iPhoneをかざすだけでデータを移行できる「クイックスタート」とは クイックスタートを行うための確認事項 ・OSのバージョン クイックスタート自体はiOS 11以降で利用できるが、iPhone間の直接コピーを行うにはどちらの機種もiOS 12. 4以降である必要がある。 現在の最新版はiOS 13. 3なので、都度アップデートを行っているのなら問題はないが、念のために確認しておくといいだろう。 ・ストレージ容量 次に重要なのは、ストレージの容量だ。 新iPhoneの容量が旧機種の容量よりも少ないとコピーできない可能性がある。 もし、旧機種のストレージ使用量が新iPhoneの容量よりも多いようであれば、写真をiCloudやGoogleフォトなどにバックアップしてから削除するなど、ストレージの使用量を減らしておく必要がある。 ・Wi-Fi環境 データ移行は、2台を同じWi-Fiネットワークに接続してワイヤレスで行う。 ただし、Wi-Fiが不安定、あるいは自宅にWi-Fiがないという場合には有線での転送も可能だ。 この場合には別売りのLightning-USBケーブルのほか、Lightning-USB 3カメラアダプタが必要になる。 注意点:個別で設定が必要なアプリなど なお、データが転送されるとはいえ、一部のアプリではアカウントへの再ログインや再設定が必要になる。 GoogleアカウントやLINE、Suicaなどがその筆頭だ。 念のため、インストールされたアプリは一通り立ち上げて確認してみたほうがいいだろう。 ・LINEの引き継ぎ LINEは、旧機種で電話番号、メールアドレス、パスワードや引き継ぎの設定をしておき、新iPhoneで引き継ぎ作業をしなければならない。 旧機種で同じOS間であれば以下のデータを引き継ぐことができる。 あわせて読みたい ・Googleアカウント GmailやGoogleマップなど、Google関連サービスを起動すると、ログインを求められる。 通常通り、Googleアカウントのパスワードを入力し、ログインしよう。

次の