フジ テレビ バイキング 苦情。 坂上忍が嫌い!ムカつく!社長擁護でバイキングに批判・苦情が殺到!|キテネブログ

坂上忍『バイキング』予想外の展開に大パニック「慌て過ぎだろw」

フジ テレビ バイキング 苦情

net 「正しくは3月のものでした。 訂正してお詫びします」 5月20日放送のトークバラエティー『バイキング』(フジテレビ系)で、5月19日に放送された映像の日付に間違いがあったとし謝罪した。 19日の放送では「緊急事態宣言解除判断まであと2日」と題し、人でにぎわう東京・原宿の様子を「17日 竹下通り」として映していたのだが、映像には厚着をしている人物や明らかに少ないマスクの着用率に視聴者が違和感を覚えたのが発端。 時を同じく、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)でも緊急事態宣言が継続する中、19日に車両を撮影するために集まった鉄道ファンの映像を流すも、3月に撮影された写真を1枚使用したとして、謝罪するという相次ぐ情報番組のミスが露呈した。 SNSでは両番組の批判が噴出しているが、なぜこのようなことがおきたのだろうか。 ひとつに各局の視聴率競争が関係しているとテレビ局関係者は言う。 「コロナが収束に向かいつつある今、各局は他番組との差別化を図らなければ数字はとれません。 しかし、事実と異なる内容を報道するのはいただけない。 「1つは意図なく、単純に間違えた。 2つめは実際に5月17日にロケに行ったものの、竹下通りはガラガラだったこと。 そして、3つめは企画自体が当日、放送直前に考えられたものだった、このいずれかではないでしょうか。 結果、映像は用意できず過去のものを使用したのでしょう」 制作会社とフジテレビへ確認 真相を追及すべく、実際に『バイキング』制作会社に事実確認しようと電話をかけてみた。 「フジテレビに確認していただけますでしょうか」 続けてフジテレビへFAXにて以下の2問を質問した。 (1)誤認識を招くような映像を使用するに至った経緯は教えてください。 また意図的に2か月前の映像を使用したのか (2)映像の表記にあった5月17日は取材に行ったのか すると、こう回答があった。 「編集作業上のミスが原因で、弊社が3月に撮影した映像と5月17日に撮影した映像を取り違えて放送してしまいました」 編集上のミスであることが判明したが、新型コロナウイルス関連は命や生活に直結する、慎重に取り扱わなければならない事案である。 注目されているからこそ間違いやミスは、自粛ストレスがガソリンとなって、あっという間に炎上を招きかねない。 影響力のあるテレビではなおさらだ。

次の

【テレビ】『バイキング』の人混み映像は「ミス」か「捏造」か、フジテレビを直撃 [フォーエバー★]

フジ テレビ バイキング 苦情

2020年6月6日放送のテレビ東京系列の番組『ゴッドタン』 毎週土 25:45-26:10 にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が、フジテレビ系の番組『バイキング』などでの毒舌への苦情が事務所や、家族である森山良子・森山直太朗・妻などに寄せられてしまうと告白していた。 矢作兼:実際、だからあれなんですよ。 炎上って言っても、小木さんはほら、ツイッターとかSNS何もやってないでしょ? 劇団ひとり:はい、はい。 矢作兼:だから、何も耳に入らなくて、事務所にはやっぱりくるんですって、苦情が。 劇団ひとり:へぇ。 田中卓志:あ、そうですか。 矢作兼:でも、マネージャーは小木が凹むと思って一切言わないんです。 劇団ひとり:はっはっはっ 笑 すげぇ気をつかわれてんじゃん 笑 小木博明:あんまり言いたくはないんだけど、事務所と家族に行くんだよね。 劇団ひとり:ああ、それ参っちゃうね。 小木博明:直太朗、良子さんとか、あとウチの奥さんとか 笑 矢作兼:小木の苦情が、森山良子さんとか直太朗に 笑 小木博明:直太朗とか、ウチの奥さんに行くから。 劇団ひとり:それ浜行っちゃうね、ヒドイね。

次の

『バイキング』の人混み映像は「ミス」か「捏造」か、フジテレビを直撃 │ 毎日まとめる芸能ニュース速報

フジ テレビ バイキング 苦情

(C)まいじつ 5月25日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、メインMCの坂上忍が大慌てする場面があった。 同日の番組は、定年延長を巡って反対が渦巻いていた黒川弘務前検事長の賭け麻雀問題について特集。 法を司る検事長が、懲戒処分に該当する賭博を行っていたにもかかわらず〝訓告〟に終わったことなどを厳しく指摘した。 各報道を総合すると、今回の処分は、黒川氏が賭けていた点ピン(1000点につき100円)が「高額レートとはいえない」との理由で訓告に終わったよう。 解説役のフジテレビ報道局解説委員・平井文夫氏も、「点ピンがセーフっていうのは、昔からある話なんですね」と告白。 漫画家の蛭子能収が麻雀賭博で逮捕されたのは、「レートが点リャンピン(1000点につき200円)と高額だったからだと聞いたことがある」とコメントする。 ショック・パニック・坂上忍 これを聞いた坂上は、「そうなんですか!? 点ピンはセーフ!? 」と絶叫、驚愕。 平井氏が「家庭内や友達同士で少しお金を賭けてやる分にはいいですよ、っていうことは当然あるわけですよ」と説明を続けると、「ちょっとちょっと若狭さん! そういうもんなの!? 」と、今度は元東京地検特捜部の若狭勝弁護士にも見解を求めた。 若狭氏が「はい」と答えると、坂上は「はい!? 」と引き続き目を丸くし、「(日本が)法治国家っていうんだったらさ…」とショックを隠し切れない様子に。 さらに若狭氏が「賭博は賭博なんですが、警察が点ピンぐらいの賭けマージャンを検挙しだしたら、おそらく手が回らない」と続けると、坂上は「はぁ…」と言葉を失っていた。 よほど衝撃を受けたのか、坂上は28日の放送で同問題を扱った際も、「月曜日の放送でも、点ピンは事実上セーフで、点リャンピンからはアウトだって…オレはちょっと、ホント腰を抜かしそうになったんだけど」「法務大臣が、公に『点ピンは合法ですよ』って言ったって受け取りますよね?」と発言。 賭博をしても金額によって罪に問われないという実態に、呆れ・驚き・ショックをあらわにし続けた。 坂上の慌てように、視聴者からは、 《坂上忍氏のリアクションさすが俳優ですね》 《この放送事故級のぶっちゃけはワロタw》 《わざとらしいほど驚いて、慌て過ぎだろww》 《坂上忍も焦ってる(笑)》 などといった声が上がっている。 社会に問題意識を持つのは非常に結構なこと。 今後もこの正義感を忘れず、ズバズバと斬り込むコメントを続けてほしいものだ。

次の