下半身 痩せ ストレッチ。 下半身痩せの本気メニューをプロが伝授!セルフ骨盤矯正・スクワット・寝ながらストレッチ他

下半身痩せに効果抜群の股関節ストレッチダイエットのやり方!

下半身 痩せ ストレッチ

「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の

ストレッチポールダイエットは下半身や二の腕痩せに!口コミは? │ ダイエットノートBIZ

下半身 痩せ ストレッチ

股関節を柔らかくするとリンパ液が促進されて下半身痩せにつながる 股関節と下半身は深く関わりがあって、下半身痩せを達成するには、股関節の柔らかさは必須条件になるようです。 股関節の部分には、大元にリンパ管がありますよね。 股関節が硬くなった状態だと、リンパ管の流れが悪くなり、老廃物や水分が脂肪細胞と絡みあってますます下半身太りしてセルライトを作ります。 そうならないようにするには、股関節を柔らかくストレッチが下半身痩せを可能にします。 また、ストレッチの方法はどのぐらいの期間で効果が出るのかも知りたいですよね。 下半身太りと股関節の深いつながり 普段歩いているときは、あまり気づかないかもしれませんが、ちょっとした動きで自分の股関節の硬さがわかるときがありますよね。 私たちは、自分の体や股関節が硬いのがわかっていても、日頃の生活の中で支障がなければ、ほとんどは放っておいているんじゃないでしょうか。 実は、股関節と下半身太りには、大きな関わりがあります。 股関節が硬くなったままで、毎日生活していると、知らず知らずのうちに、日常生活の動きの中で、偏りが乗じています。 偏った動きをしているとそれが歪みになっていき、下半身を太らせます。 股関節は、上半身と下半身をつないでいる大切な働きをしています。 股関節は、体重を支える大きな関節のために、普段の姿勢は、股関節が要になってその姿勢になっています。 股関節部分(太ももの付け根部分)には、大元になる大きなリンパ説があるのはご存知ですよね。 股関節が硬くなって歪んでいくと、リンパ節にも影響して、余分な老廃物や不要な水分が溜まりやすくなっていきます。 太もものセルライトは、そんな老廃物や水分や脂肪が固まって慢性化して肥大したものです。 そもそも、下半身太りの主な原因はセルライトといわれています。 それでなくても、リンパ管は、かなり細い管になっていて、ゆっくりと流れるメカニズムになっています。 そこにきて、股関節が硬いと、ますます流れが悪くなりがちなんですね。 そこで、効果があるのが股関節のストレッチです。 股関節のストレッチで股関節を柔軟にさせてリンパ液を促進させます。 また、リンパ液は、周りの筋肉が刺激されて動けば流れるようになるので、下半身痩せには筋肉の刺激も必要です。 でも、股関節のストレッチでも十分筋肉の刺激をすることができます。 下半身痩せに効果のある股関節ストレッチ方法 では、下半身痩せに効果のある股関節のストレッチを紹介していきます。 股関節のストレッチをやっていけば、少しずつでも確実に効果が期待できます。 硬すぎる股関節を柔らかくするストレッチ ここで紹介する股関節は、とにかく硬い股関節を何とかしたいと思う方がやる方法です。 動画でも紹介していますが、床に座って脚を広げたときにその状態をキープできない人は、かなり股関節が硬くなっていると思ったほうがいいようです。 このストレッチのポイントは、いかに骨盤を後傾させずに、股関節を柔らかくしていくことを重視したストレッチです。 ここでの股関節のストレッチのコツは、腰の後ろの平たい骨の部分=「仙骨」を床から離さずに、しっかりと床につけたままで行うことです。 スポンサードリンク 仙骨が浮いているとこのストレッチの効果が発揮されません。 まずは、壁を使うので家の中の壁を使います。 適度な広さがある壁にしましょう。 壁の前で仰向けになりますが、足は壁に寄りかけます。 このときに仙骨はしっかり床につけておくことを意識します。 仙骨がしっかりついたら、片足を自分の胸に曲げましょう。 このときに、痛くない程度に軽く曲げます。 この状態を30秒キープしましょう。 もう片方の足も同様に行います。 この一連の動作の中で、大きく呼吸しながらやりましょう。 息は止めません。 次は、足を壁に立てかけてまっすぐ伸ばします。 ここでもできる出来る範囲内で伸ばしましょう。 これで足を揃えたら30秒キープします。 次は、壁に立てかけた両方の足を扇状にゆっくり広げます。 このときも、仙骨は浮いていないか意識します。 仙骨が床から離れてしまうと、股関節の効果がなくなります。 足は曲げないようにまっすぐにしたら、この状態で30秒キープしましょう。 次に、もう一度最初の態勢に戻します。 曲げた足を、太ももから動かすようにして少しずつゆっくりと開いていきます。 仙骨は床につけたままです。 ここでも自分のできる範囲内で開いていけばOKです。 もし、きついと感じたら、壁から少し体を離すと少し楽に開くことができます。 次は、壁に少し近づいてあぐらをかくように膝を曲げます。 または、足の裏を合わすようにして股関節の部分からから太ももを開きましょう。 この状態で30秒キープします。 常に仙骨は離れないようしてください。 呼吸はずっと止めずに、少し大きめの深呼吸をするようにしてやりましょう。 股関節のストレッチは痛みがでることがあるので、痛みのでない範囲内でやることが大切です。 股関節を柔らかくするストレッチ こちらで紹介する動画の股関節のストレッチは、テレビで話題にあがったストレッチも入っています。 これは音楽を聴いたりテレビをみながら気持ちも筋肉もリラックスしてやりましょう。 床にあぐらをかくようにして座りましょう。 足の裏と裏を合わせます。 この時点で、股関節がきついなと感じたら、足を少し遠ざけると少しやりやすくなります。 足をつかんで、前に上体を倒すようにします。 痛みがあるようなら上体を倒さなくても大丈夫です。 上体よりも呼吸は止めずにやるようにしましょう。 無理をしない程度にします。 呼吸をすることで股関節やお腹周りを柔らかくします。 次に、体を起こしたら立て膝をつきましょう。 この状態で一度上体を起こしましょう。 手を立てた膝の上に乗せて、ここから体を沈めていきますが、痛みがある場合は、痛みがないところでやめておきます。 今度は、両手を上に上げて、またお尻を沈めていきましょう。 ここまでの流れを繰り返すことで股関節は柔らかなくなります。 からは慣れてきてからやっていきましょう。 先ほどの状態から、今度は、前に出した足を引き寄せながら倒します。 後ろの足は伸びたままでも曲げてもOKです。 今度は、上体を起こして、息をしながら前に倒しましょう。 無理をしないところで止めます。 ここからのストレッチは、難易度があがりますが、股関節がだいぶ柔らかくなって痛みが出なくなってから挑戦していきましょう。 股関節ストレッチで効果が出始める期間 下半身痩せのための股関節のストレッチで、効果が出始める期間は、ある程度個人差はありますが、股関節の柔らかさを実感できるのは、最低2週間から1か月ほどはかかるようです。 下半身痩せは、股関節を柔らかくして、骨盤の歪みを修正していくことにつながっていくことから、下半身痩せとなっていくので、期間は個人差がかなりあります。 ただ、股関節のストレッチで歩きやすくなったり、足を動きやすくなっていたら、かなり股関節が使えるようになっている証拠になります。 まとめ いかがでしたか。 股関節は、それほど気にならなくても下半身痩せにはマイナスになってしまうなら、これは改善していくしかないですよね。 股関節が柔らかくなると、ウォーキングもやりやすくなり、足が軽くなります。 そうすると、ウォーキングでのダイエットもかなり効果が期待できるようになりますよ。

次の

股関節ストレッチで下半身痩せに効果があった方法17選!初心者にも簡単

下半身 痩せ ストレッチ

Contents• 【開脚で痩せる理由】開脚ストレッチの効果とメリットを解説 開脚ストレッチで痩せるのは、基礎代謝が上がり 痩せ体質に近づけるからです。 血液の流れをよくして基礎代謝が上がると 脂肪が燃焼されやすくなります。 さらに開脚が出来るようになると、以下のような沢山のメリットを得られます。 特に脚やせ・太もも痩せに繋がるので、今日から試してみましょう! 筋肉痛になったら休憩する (出典:)• 同じポーズを長くやりすぎない 負荷を掛け続けるのも危険なので、 1回3分以内を目安にしましょう。 無理にストレッチをするとケガに繋がるので注意してくださいね。 【STEP1】タオルストレッチ<脚の裏側が伸びる> まずは準備運動として、以下の通りにタオルを使ったストレッチをしましょう。 仰向けになる• 片足の裏にタオルをかける• ひざを伸ばして両手でタオルをつかむ• 頭の方向に引っ張り前後にゆする• 30秒間続ける 膝をピンと伸ばし、足をできるだけ 頭に近づけてくださいね。 動かす足だけではなく、床についている足も意識するのが大切。 つま先を天井に向け、足裏で ぐっと空間を押すイメージで行いましょう。 【STEP2】シコストレッチ<股関節を柔らかくする> 以下のストレッチで股関節を刺激し、柔らかくしましょう。 肩幅の 2倍足を開く• つま先を斜め 45度に向ける• 手をひざ近くの内股に置いて腰を落とす• ひじを突っ張ってひざを押す• 上下に小刻みに 20回バウンドする ひざの位置はかかとの真上を目安にして、 上半身が前に倒れないように意識してください。 余裕がある人は肩を片方ずつ内側に入れて、 腕で太もも押してみましょう。 床に座って両脚を開く• 背筋を伸ばしてゆっくり上体を前に倒す• 両手を前に伸ばし床につけて 20秒キープ 回数: 5セット 最初は自分が 自然に開くことができるところでOK。 つま先と膝の向きを合わせ、できるだけ上に向けましょう。 開脚できなくても大丈夫!ダイエットにおすすめの開脚エクササイズ 開脚が出来なくても以下のエクササイズで股関節を動かすことで、 開脚と同じ効果が期待できます。 <脚痩せ・骨盤矯正効果>• < 骨盤周りの筋肉をほぐす> 体が固い人は無理に開脚せず、上記を試してみてくださいね。 効果が高い順に並べたので、やりやすい方から始めましょう! 足パカエクササイズ <脚痩せ・骨盤矯正効果> 以下の足パカエクササイズは、開脚ダイエットの定番メニューです。 床に仰向けになる• 脚が床に対して 90度になるように持ち上げる• 息を吐きながら 2秒かけて脚を左右に広げる• 息を吸いながら 2秒かけて脚を閉じる• 開閉を 30回繰り返す 背中を床につけて、膝を伸ばすことを意識して行ってください。 上体を少し起こしながら足パカを行うと、さらに筋肉量が増えて基礎代謝が上がります。 筋肉量が増えることで身体を動かすためのエネルギー量の増加、基礎代謝の向上、血流の改善が期待できます。 出典: ヒップアップやウエストの引き締め効果も期待できますよ! 合蹠(がっせき)のポーズ<骨盤周りの筋肉をほぐす> 以下の合蹠(がっせき)のポーズは股関節を柔らかくするヨガポーズです。 左右の足の裏を合わせる• 両手で両足のつま先を持つ• かかとを自分の方に近づける• 息を吐きながら上半身を前に倒す• 5回深呼吸を繰り返す• ヨガは ゆっくり 呼吸を続けることが大切なので、呼吸を意識しながら行ってくださいね。 ヨガ=呼吸法ですから呼吸がとても大切です。 単に酸素と二酸化炭素の交換の意識に留まらず、気をコントロールするという意識で行うことで活力と集中力が増し、心と体を統合します。 (出典:) 開脚ダイエットの効果を上げるポイント3点 以下のポイントを取り入れると、より高いダイエット効果が期待できます。 ダイエット効果が高い食材を摂ることで、より 痩せやすい体作りができますよ。 開脚ができるようになるにはどのくらいの期間が必要ですか? 個人差がありますが、最低でも 1ヶ月~ 3ヶ月は毎日続けてみましょう。 ストレッチの効果が出るまでの期間は、医学的な根拠はありませんが、早い人でも2、3ヶ月はかかるとも言われています。 それは先述したようにもともとの体の固さなどにも関係しています。 (中略) ただストレッチをやめると筋肉は硬くなるので、継続させることが大事です。 (出典:) ストレッチは日を空けてしまうとなかなか柔らかくなりません。 毎日が難しい人は1日置きでもいいので、なるべく 継続することが大切です。 開脚をすると痛いのはなぜですか? 身体が硬いと痛みを感じることがあるでしょう。 筋肉がほぐれるまでは多少の痛みが伴いますが、徐々になくなっていきますよ。 しかし無理に筋肉を伸ばすと、 筋断裂(肉離れ)を起こす可能性も。 強い痛みを感じたら早めに病院を受診するようにしましょう。 始めは無理はせず、 痛気持ちいいくらいの強さで開脚してくださいね。 開脚を毎日取り組んでダイエット効果を実感しよう! 開脚が出来なくても、 股関節をほぐすことでダイエット効果が高くなりますよ。 開脚ストレッチを毎日継続して、 スッキリとした体を目指しましょう!.

次の