くそ 客 の いる 生活。 #クソ客のいる生活記録。

風俗嬢に人気の男性客は”デキる男”

くそ 客 の いる 生活

こんにちは、アダルトライターの百花繚乱です。 今Twitterでとっても話題になっているハッシュタグ「 クソ客のいる生活」をご存知の方もいるかと思います。 これは風俗嬢の裏アカウントで主に使われている、いわゆる「クソ客」を揶揄するためのものです。 クソ客という言葉はあまりイメージが良くありませんが、要はお客様として最悪である男性ということです。 クソ客になれば、風俗嬢に嫌われること間違いなしです。 できれば、お気に入りの風俗嬢には好かれたいですよね? それではクソ客とはどういったお客様のことを指すのか、どうすればクソ客と思われないかを考察していきたいと思います。 【ストーカー的行為をしてくる】 まず、ストーカー的行為をしてくるお客様は確実に風俗嬢には嫌われるでしょう。 プライベートなことの質問責めをしてくるくらいならともかく(それでもNGです)、中にはお店の前でタレントの出待ちのごとく待ち伏せしているクソ客さえ存在しているようなのです。 下手をしたら、警察にも通報されかねません。 そこまでではないにしても、写メ日記を逐一チェックして「あのお客さんにお礼日記書いてたけど、仲いいの?」「俺とするのと同じようなことをしてるの?」なんて聞いてくる勘違いクソ客もいます。 風俗嬢はお仕事ですから、どんなお客様にも同じようにサービスをするに決まっています。 お礼日記だって、礼儀として書きます。 わかりきっているようなウザいことは、決して聞かないでいただきたいです。 【ラインがしつこい】 風俗嬢は姫予約を取ってもらうためや営業のためのツールとして、お客様にラインやメアドを教えることもよくあります。 これが良客様でしたら「今日行こうと思ってるけど、出勤してる?」とか「〇日に姫予約をお願いしたいんだけど、大丈夫かな」なんて、礼儀や一般常識にのっとった連絡以外はしてきません。 クソ客にありがちなのは「おはよう!今起きたよ~」とか「こんにちは~、今何してるの~?」などといった、どうでもいいライン。 あなたはその風俗嬢の彼氏でも友達でさえもありません。 馴れ馴れしいような意味のないラインは絶対にやめましょう。 特にTwitterでライン内容までも晒されている痛すぎるクソ客に至っては、本当にひどいものです。 一回きりしかお店で会っていないのにも関わらず、もう彼氏気取り。 「何してるの?」「返事ないと心配だよ」「彼氏と会ってるの?」「え、既読スルーですか?」「返信ないならもう店に行かないよ!会えなくてもいいの?」なんて、風俗嬢のほうからは一言も返していないのに、矢継ぎ早に一方的なラインを送り続けている痛い人がよく晒されています。 Twitterなど公共の場でライン内容を晒す行為はあまりよろしいこととも言えませんが、この風俗嬢の腹立たしい気持ちは痛いほどよくわかります。 風俗嬢は、無料ライン友達募集をしにお店に出ているわけではありません。 お金を払ってくださるちゃんとした良客様のほうを大切にしたいと思うに決まっています。 【本番強要をしてくる】 まずヘルスやデリヘル、その他の多くの風俗店では本番行為は絶対に禁止事項になっています。 お客様のほうも、それは承知の上で来店されているはずです。 なのにプレイが始まってクソ客のほうが盛り上がってくると「入れたくなっちゃったな」「先っぽだけでもいい?」なんてしょうもない戯言を言い出したりしだします。 風俗嬢のほうとしてはしたくもありませんし、できるわけがありません。 濡れていません。 それはローションです。 そして本当のクソ客は、黙って入れてこようとしてきたりもします。 これはもう本当にあり得ないことで、レイプ未遂と同じことです。 その場でスタッフさんにコールをされて、その後のサービスは受けられないようになっても仕方がありません。 【 クソ客のいる生活】 このようにクソ客というものは、風俗嬢にとって非常にやっかいなものであり、女性の敵でもあります。 この記事を読んでちょっと興味が沸いた人はTwitterで「 クソ客のいる生活」のハッシュタグを検索してみてください。 風俗嬢の皆さまならば「あるある!」と共感できてすごく楽しめるはずです。 そしてお客様である男性がたにも、ぜひご覧いただきたいものです。 こういうお客様は本当に風俗嬢に嫌われます。 それのみならず、一般の女性にも嫌われるはずです。 女性に好かれたい、嫌われたくない男性がたは「 クソ客のいる生活」をご覧になって、反面教師としてくださいね!.

次の

レンタル彼女のクソ客について本気出して考えてみた①

くそ 客 の いる 生活

こんにちは、アダルトライターの百花繚乱です。 今Twitterでとっても話題になっているハッシュタグ「 クソ客のいる生活」をご存知の方もいるかと思います。 これは風俗嬢の裏アカウントで主に使われている、いわゆる「クソ客」を揶揄するためのものです。 クソ客という言葉はあまりイメージが良くありませんが、要はお客様として最悪である男性ということです。 クソ客になれば、風俗嬢に嫌われること間違いなしです。 できれば、お気に入りの風俗嬢には好かれたいですよね? それではクソ客とはどういったお客様のことを指すのか、どうすればクソ客と思われないかを考察していきたいと思います。 【ストーカー的行為をしてくる】 まず、ストーカー的行為をしてくるお客様は確実に風俗嬢には嫌われるでしょう。 プライベートなことの質問責めをしてくるくらいならともかく(それでもNGです)、中にはお店の前でタレントの出待ちのごとく待ち伏せしているクソ客さえ存在しているようなのです。 下手をしたら、警察にも通報されかねません。 そこまでではないにしても、写メ日記を逐一チェックして「あのお客さんにお礼日記書いてたけど、仲いいの?」「俺とするのと同じようなことをしてるの?」なんて聞いてくる勘違いクソ客もいます。 風俗嬢はお仕事ですから、どんなお客様にも同じようにサービスをするに決まっています。 お礼日記だって、礼儀として書きます。 わかりきっているようなウザいことは、決して聞かないでいただきたいです。 【ラインがしつこい】 風俗嬢は姫予約を取ってもらうためや営業のためのツールとして、お客様にラインやメアドを教えることもよくあります。 これが良客様でしたら「今日行こうと思ってるけど、出勤してる?」とか「〇日に姫予約をお願いしたいんだけど、大丈夫かな」なんて、礼儀や一般常識にのっとった連絡以外はしてきません。 クソ客にありがちなのは「おはよう!今起きたよ~」とか「こんにちは~、今何してるの~?」などといった、どうでもいいライン。 あなたはその風俗嬢の彼氏でも友達でさえもありません。 馴れ馴れしいような意味のないラインは絶対にやめましょう。 特にTwitterでライン内容までも晒されている痛すぎるクソ客に至っては、本当にひどいものです。 一回きりしかお店で会っていないのにも関わらず、もう彼氏気取り。 「何してるの?」「返事ないと心配だよ」「彼氏と会ってるの?」「え、既読スルーですか?」「返信ないならもう店に行かないよ!会えなくてもいいの?」なんて、風俗嬢のほうからは一言も返していないのに、矢継ぎ早に一方的なラインを送り続けている痛い人がよく晒されています。 Twitterなど公共の場でライン内容を晒す行為はあまりよろしいこととも言えませんが、この風俗嬢の腹立たしい気持ちは痛いほどよくわかります。 風俗嬢は、無料ライン友達募集をしにお店に出ているわけではありません。 お金を払ってくださるちゃんとした良客様のほうを大切にしたいと思うに決まっています。 【本番強要をしてくる】 まずヘルスやデリヘル、その他の多くの風俗店では本番行為は絶対に禁止事項になっています。 お客様のほうも、それは承知の上で来店されているはずです。 なのにプレイが始まってクソ客のほうが盛り上がってくると「入れたくなっちゃったな」「先っぽだけでもいい?」なんてしょうもない戯言を言い出したりしだします。 風俗嬢のほうとしてはしたくもありませんし、できるわけがありません。 濡れていません。 それはローションです。 そして本当のクソ客は、黙って入れてこようとしてきたりもします。 これはもう本当にあり得ないことで、レイプ未遂と同じことです。 その場でスタッフさんにコールをされて、その後のサービスは受けられないようになっても仕方がありません。 【 クソ客のいる生活】 このようにクソ客というものは、風俗嬢にとって非常にやっかいなものであり、女性の敵でもあります。 この記事を読んでちょっと興味が沸いた人はTwitterで「 クソ客のいる生活」のハッシュタグを検索してみてください。 風俗嬢の皆さまならば「あるある!」と共感できてすごく楽しめるはずです。 そしてお客様である男性がたにも、ぜひご覧いただきたいものです。 こういうお客様は本当に風俗嬢に嫌われます。 それのみならず、一般の女性にも嫌われるはずです。 女性に好かれたい、嫌われたくない男性がたは「 クソ客のいる生活」をご覧になって、反面教師としてくださいね!.

次の

風俗嬢に人気の男性客は”デキる男”

くそ 客 の いる 生活

こんにちは、アダルトライターの百花繚乱です。 今Twitterでとっても話題になっているハッシュタグ「 クソ客のいる生活」をご存知の方もいるかと思います。 これは風俗嬢の裏アカウントで主に使われている、いわゆる「クソ客」を揶揄するためのものです。 クソ客という言葉はあまりイメージが良くありませんが、要はお客様として最悪である男性ということです。 クソ客になれば、風俗嬢に嫌われること間違いなしです。 できれば、お気に入りの風俗嬢には好かれたいですよね? それではクソ客とはどういったお客様のことを指すのか、どうすればクソ客と思われないかを考察していきたいと思います。 【ストーカー的行為をしてくる】 まず、ストーカー的行為をしてくるお客様は確実に風俗嬢には嫌われるでしょう。 プライベートなことの質問責めをしてくるくらいならともかく(それでもNGです)、中にはお店の前でタレントの出待ちのごとく待ち伏せしているクソ客さえ存在しているようなのです。 下手をしたら、警察にも通報されかねません。 そこまでではないにしても、写メ日記を逐一チェックして「あのお客さんにお礼日記書いてたけど、仲いいの?」「俺とするのと同じようなことをしてるの?」なんて聞いてくる勘違いクソ客もいます。 風俗嬢はお仕事ですから、どんなお客様にも同じようにサービスをするに決まっています。 お礼日記だって、礼儀として書きます。 わかりきっているようなウザいことは、決して聞かないでいただきたいです。 【ラインがしつこい】 風俗嬢は姫予約を取ってもらうためや営業のためのツールとして、お客様にラインやメアドを教えることもよくあります。 これが良客様でしたら「今日行こうと思ってるけど、出勤してる?」とか「〇日に姫予約をお願いしたいんだけど、大丈夫かな」なんて、礼儀や一般常識にのっとった連絡以外はしてきません。 クソ客にありがちなのは「おはよう!今起きたよ~」とか「こんにちは~、今何してるの~?」などといった、どうでもいいライン。 あなたはその風俗嬢の彼氏でも友達でさえもありません。 馴れ馴れしいような意味のないラインは絶対にやめましょう。 特にTwitterでライン内容までも晒されている痛すぎるクソ客に至っては、本当にひどいものです。 一回きりしかお店で会っていないのにも関わらず、もう彼氏気取り。 「何してるの?」「返事ないと心配だよ」「彼氏と会ってるの?」「え、既読スルーですか?」「返信ないならもう店に行かないよ!会えなくてもいいの?」なんて、風俗嬢のほうからは一言も返していないのに、矢継ぎ早に一方的なラインを送り続けている痛い人がよく晒されています。 Twitterなど公共の場でライン内容を晒す行為はあまりよろしいこととも言えませんが、この風俗嬢の腹立たしい気持ちは痛いほどよくわかります。 風俗嬢は、無料ライン友達募集をしにお店に出ているわけではありません。 お金を払ってくださるちゃんとした良客様のほうを大切にしたいと思うに決まっています。 【本番強要をしてくる】 まずヘルスやデリヘル、その他の多くの風俗店では本番行為は絶対に禁止事項になっています。 お客様のほうも、それは承知の上で来店されているはずです。 なのにプレイが始まってクソ客のほうが盛り上がってくると「入れたくなっちゃったな」「先っぽだけでもいい?」なんてしょうもない戯言を言い出したりしだします。 風俗嬢のほうとしてはしたくもありませんし、できるわけがありません。 濡れていません。 それはローションです。 そして本当のクソ客は、黙って入れてこようとしてきたりもします。 これはもう本当にあり得ないことで、レイプ未遂と同じことです。 その場でスタッフさんにコールをされて、その後のサービスは受けられないようになっても仕方がありません。 【 クソ客のいる生活】 このようにクソ客というものは、風俗嬢にとって非常にやっかいなものであり、女性の敵でもあります。 この記事を読んでちょっと興味が沸いた人はTwitterで「 クソ客のいる生活」のハッシュタグを検索してみてください。 風俗嬢の皆さまならば「あるある!」と共感できてすごく楽しめるはずです。 そしてお客様である男性がたにも、ぜひご覧いただきたいものです。 こういうお客様は本当に風俗嬢に嫌われます。 それのみならず、一般の女性にも嫌われるはずです。 女性に好かれたい、嫌われたくない男性がたは「 クソ客のいる生活」をご覧になって、反面教師としてくださいね!.

次の