経 鼻 経 管 栄養 チューブ。 経管栄養と中心静脈栄養:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

経管栄養と中心静脈栄養:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

経 鼻 経 管 栄養 チューブ

経管栄養法とは、口から食事をとれない、あるいは摂取が不十分な方の消化管内にチューブを挿入して栄養剤を注入し、栄養状態の維持・改善を行う方法です。 点滴などで静脈から栄養をとる方法に比べて、消化管を使うので自然な栄養投与方法であり、より安全性が高く、コストが安いなどの利点があります。 経管栄養法は、管を挿入した経路により、経鼻胃管、胃瘻(いろう)、腸瘻(ちょうろう)栄養法に分けられます。 「経鼻胃管栄養法」では鼻から胃へチューブを挿入し、栄養剤を注入します。 「胃瘻栄養法」、「腸瘻栄養法」は内視鏡手術を行って、腹壁と胃壁 腸壁 との間にカテーテルを通し、そこから直接胃や腸に栄養剤を注入します。 口腔(こうくう)内や咽頭(いんとう)の手術後は、手術創の安静を保つために一定期間経管栄養法を使用します。 この場合、ほとんど経鼻胃管を用います。 また経口摂取が困難な場合、入院中に経鼻栄養チューブを挿入して経管栄養法を練習してから、退院後も在宅で経管栄養法を行っていく方法もあります。 手術後や狭窄(きょうさく)がある場合には医師が行います。 それ以外は看護師が行うこともあります。 事前に経管栄養の必要性・方法・所要時間を十分に説明し、同意を得てから行います。 経鼻チューブ挿入の長さは、だいたい45〜55cmくらいです。 鼻からのど、食道を通り、胃まで挿入します。 経鼻チューブ挿入時は、上半身45度拳上か座位で正面を向いた体位にします。 また、顎(あご)が上がっているとチューブが気道に入りやすくなるため、顎を引いた自然な状態で行います。 鼻よりチューブを挿入し、唾を飲み込むようにしてもらうと、チューブは自然にのどに送り込まれていきます。 経鼻チューブの位置が消化管以外に誤って入っていないか確認するため、1 口腔内でチューブがとぐろを巻いていないことの確認、2 聴診法、3 胃内容物の吸引、の3方法で確認します。 聴診法とは、挿入した管から注射器で空気を注入し、聴診器を当てて胃の中に空気が入る音を確認する方法です。 チューブが胃管に入ったことが確認できたら、チューブを鼻翼部分でテープ固定します。 栄養剤の注入中にチューブが抜けると誤嚥性肺炎の原因になるので、しっかりと固定します。 (2)胃瘻(腸瘻)の場合 医師が内視鏡を用いて、局所麻酔で造設手術を行います。 造設方法は何種類かありますが、ここでは「プッシュ法」といわれる方法を記載します。 造設する位置を内視鏡で確認します。 穿刺針(せんしばり)を刺し、穿刺針の中を通してガイドワイヤーを胃内に挿入します。 口から出たガイドワイヤーにかぶせて口からカテーテルを挿入します。 おなかの上に出たカテーテルの先端部分をひっぱり、ドーム部分を胃内へ留置します。 カテーテルが、適切に留置されていることを内視鏡で確認します。 カテーテルは、胃内固定版と体外固定版で止められています。 胃内固定版には「バルーン型」と「バンパー型」があり、体外固定版には「ボタン型」と「チューブ型」があります。 その組み合わせによって4種類のカテーテルがあり、患者にあったタイプのものを使用します。 3)栄養剤の注入方法• 1日の必要量・経管栄養剤の種類は患者の個別性があるため、患者氏名・栄養剤の種類・量・流入速度を医師の指示表と確認して準備します。 栄養剤の温度は、体温よりも高いと消化管に炎症を起こす危険があり、反対に体温よりも低いと腸管を刺激し、腹部膨満・腹痛・下痢を起こす危険があります。 初回の経管栄養剤を開始する場合には、まず微温湯を入れ、異常がないか確認します。 温めた栄養剤をイリゲーターに入れ、消化管内に余計な空気を入れないよう、管の先端まで栄養剤を満たしておきます。 患者に栄養剤を接続する前に、患者の体位を整えます。 栄養剤の逆流を防ぐため、注入中は座位または半座位で行います。 トイレなどで席を立つ際は、スタンドを持って移動します。 経鼻チューブの位置が消化管以外に誤って入っていないか確認するため、注入時には毎回(1)聴診法、(2)胃内容物の吸引の2つで確認します(これらの方法での確認が在宅で難しいときには、最低限チューブの固定のテープがはがれていないことを確認し、はじめはゆっくりと注入を行い、嘔気や気分不快がないことを確認してから一定の速度で注入するようにします)。 チューブを接続し、栄養剤の注入を行います。 栄養剤注入時は嘔気・嘔吐・腹部膨満・腹痛などの副作用の有無の確認、注入速度の確認を行います。 注入速度は、通常1回200〜400mlを60〜90分かけて注入します。 下痢、腹部膨満などの腹部症状が続くときは、栄養剤の注入速度を下げる、栄養剤の濃度を下げる、栄養剤の種類を変える、の順に実施します。 栄養剤注入後は、脱水予防のためとチューブ内の細菌繁殖・閉塞予防のために微温湯を流し、栄養剤が管内に残らないようにします。 胃瘻の場合も注入方法は同じです。 胃瘻の場合は、栄養剤投与の前にPEGカテーテルを開放し、胃内容物の停滞がないかを確認してから注入を始めます。 胃瘻、腸瘻の場合は、瘻孔周囲に栄養剤や消化液が貯留することによる皮膚損傷のおそれがあるため、皮膚の観察、適切なスキンケアを行っていく必要があります。 2.中心静脈栄養 1)中心静脈栄養とは• せっけんで手指を洗いましょう。 フィルムドレッシング(透明テープ)をゆっくりはがしましょう。 チューブを押さえながら行い、抜けないように注意しましょう。 挿入部周囲の皮膚はせっけん清拭(せいしき)などを行い、汚れをふき取ります。 汚れをふき取った後に消毒を行いましょう。 消毒薬のついた綿棒あるいは綿棒に消毒薬をつけて、チューブ挿入部を、中心から外に向かって半径5cm以上円を描くように2回消毒をします。 その後は挿入部に触れないようにしましょう。 綿棒は1回ごとに使い捨てます。 消毒液がしっかり乾燥したあと、フイルムドレッシング(透明テープ)を張ってください。 (3)輸液の交換.

次の

口から食べられない時、鼻からチューブを入れて栄養を摂るってどういうこと?

経 鼻 経 管 栄養 チューブ

リハビリと栄養 当院には100床の回復期のリハビリテーション病棟があり、連日入退院の患者さんで賑わっています。 リハビリテーションを必要として当院に入院してくる患者さんの約7割は脳血管障害の患者さんで、他はパーキンソン病や脊髄小脳変性症、リウマチや骨折、脊髄損傷などです。 脳血管障害や変性疾患の患者さんは、比較的高齢で重度の障害を持つ方々が多く、四肢の麻痺に加えて、嚥下障害があり、入院時より経鼻胃管やIVHが入ったままであったり、気管切開がなされ、カニューレが入ったまま、という場合が多くみられます。 嚥下障害を改善し、経鼻胃管やIVHを外し、気切カニューレを抜いてゆくということは、非常に根気のいることではありますが、患者さんが徐々に口から食べられるようになり、これらのチューブが抜けてゆく時の快感は、患者さんはもちろんのこと、私たちにとっても、何とも言えないくらい良いものです。 リハビリテーションを行う上で、咀嚼や嚥下という部分は、非常に重要な意味を持っています。 口から食べられるようになれば患者さんは元気になってくるし、元気になればさらに食欲は増し、上手に食べられるようにもなってきます。 栄養の補給は非常に大切なところで、良好な栄養を得ることなしには、食べられるだけの力も出てきません。 しかしながら、嚥下障害が重度で、食べるまでには至らない患者さんが多いのも事実です。 誤嚥性の肺炎を繰り返したり、十分な栄養が摂れない状況が続く場合では、何らかの方法で、栄養をきちんと摂ってゆくことが必要です。 鼻チューブの現実 経鼻胃管はいわゆる「鼻チューブ」と呼ばれているもので、鼻から咽頭、喉頭、食道を経てチューブが胃に留置されるものです。 とりあえずは、どこでも行える栄養摂取の方法ですが、チューブが留置されたままだと、鼻や咽頭の粘膜からの分泌物が増加し、痰や唾液、鼻汁などが増えて、それらがチューブにこびりつき、そこに雑菌が繁殖し、これが肺炎のきっかけとなってしまいます。 誤嚥を防止するつもりで入れた経鼻胃管が、かえって誤嚥やそれによる肺炎の危険性を高めていることさえあるので、要注意です。 嚥下の訓練をしようにも、チューブによって咽頭や喉頭の動きが妨げられていて、不快感を伴い、訓練どころではなくなってしまいます。 鼻チューブでは、その不快さのあまりに、患者さんが自分でチューブを抜いてしまうことがよくあります。 チューブで気道を塞いだり、注入中の栄養剤を誤嚥する、という事故も起こり得るので、チューブ抜去の常習者は、チューブがつかめないような手袋をはめさせられたり、手をベッド柵に縛られたり、といった抑制を強いられることになってしまいます。 そういう抑制を強いることになるような経鼻胃管の留置だけは、絶対に避けたいものです。 OE法もあるけれど… OE法という方法がありますが、これは、間歇的口腔食道経管栄養法(Intermittennt Oro-Esophageal Tube Feeding。 略してOE法)と言われている方法で、食事の時だけチューブを飲み込んで、先端を食道まで挿入し、栄養剤を注入し、それが終われば抜去するというものです。 チューブの先端が食道に位置するので、経鼻胃管で直接胃に栄養剤を入れるのに比べて、より生理的で、栄養剤の注入速度を速くすることができます。 経管栄養としては非常に理想的な方法ではありますが、食事の度ごとにチューブを安全に出し入れしなければならないし、また、チューブを飲み込む時に「ゲーッ」と嘔吐反射が出てしまうことも多く、誰にでもできるものではありません。 胃ろうのメリット 以上のような状況から、経鼻胃管留置が長期にわたることが予想される患者さんで、OE法も難しいといった方には、日常の嚥下状態を評価し、嚥下造影検査(VF検査)などの結果を加味しながら、胃ろうの適応を慎重に検討していくことになります。 胃ろうを使うようになれば、鼻から胃へのチューブの留置は不要となり、患者さんは不快感から解放され、抑制を受ける必要もなくなってきます。 患者さんにとっても、私たちにとっても、この抑制からの解放ほどありがたいものはありません。 鼻からチューブがなくなれば、患者さんの異様な顔つきは一変し、すっきりした、いい表情になってくれます。 そして、人前にも出て行こうという気分が芽生え、生活全体が活性化してゆきます。 食事の味も改善するので、食べようとする意欲も湧き、食欲が出てきます。 当然、嚥下の訓練もしやすくなってきます。 このように、経鼻胃管の留置に比べて、胃ろうには実に大きなメリットがあるようです。 嚥下障害が重度で、やむなく胃ろうを造設した場合であっても、その後、栄養状態が改善し、全身状態が整ってくる中で、口腔ケアや嚥下訓練を根気よく継続してゆくことで、経口摂取が可能となってゆく患者さんを多々見受けます。 栄養をすべて経口で摂れるようになり、最終的に胃ろうが不要になり、抜去できるようになる患者さんもいますし、栄養の一部を胃ろうで補いながら、あるいは誤嚥しやすい水や内服薬を胃ろうで補い、無理せず食べたいものだけ食べる、という患者さんもいます。 経口摂取だけでは十分な栄養や水分が摂取できない場合には、一時的にでも胃ろうを取り入れて、まずは全身状態を整えながら、経口摂取の可能性を求めてゆく、といった取り組みの中から、経口摂取が可能となる患者さんが出てくるようです。 胃ろうで全身状態を良好に 胃ろうの適応については、一般に、• ・ 何らかの障害で「食べよう」とする意欲が得られない場合。 ・ 嚥下機能障害で嚥下ができないか、できても誤嚥性肺炎を繰り返す場合。 ・ 経鼻胃管の長期的な留置を余儀なくされるような場合。 ・ 顔面や口腔内、食道や噴門部などの病変で、経口摂取ができないか、経口摂取がふさわしくない場合。 ・ その他、クローン病などの患者さんで、長期の成分栄養剤の摂取が必要な場合。 と言われています。 胃ろうの第一の目的は、栄養管理を行って全身状態を良好に保つことです。 「胃ろうで全身状態を整え、ひいては経口摂取を可能とし、あわよくば、胃ろうが抜去できること」を目標にしながら、「全く食べられない」といった地獄から、何とか救ってあげられるような胃ろうの適応を、今後も考えてゆきたいものです。

次の

経鼻栄養補給(経鼻経管栄養)とは?

経 鼻 経 管 栄養 チューブ

基本的に経鼻栄養です。 点滴は、中心静脈栄養なら一年くらい。 末梢点滴なら、量によるけど半年くらいまで。 しかし、老衰で死が近づいて食べられなくなるのは自然の摂理です。 そのままらなら老衰で安らかに亡くなり、いわば尊厳死です。 延命は、死の前の苦しみを引きのばすことです。 それは、ホスピスでは延命しないことからわかるはずです。 死が悪いこと、苦しいことと勘違いされている方が多いように思いますが、人間は必ず死ぬから死は避けられないものですし、死ぬ前の死にいたるほどの病気や老いが苦しいのであって、死そのものではないのです。 高齢でも、経管栄養で食事量の回復する人はもちろんいますが、あくまでもその人の前の状態によります。 回復については知らないのですが、胃瘻造設後の生存期間については、もともと寝たきりの人とか、誤嚥性肺炎を前に起こした人は胃瘻造設後、生存期間が一年以内の確率が高いというデータが出ています。 もともとの痴呆がひどいようなので、回復は難しいのではないかと思います。 何より、ご家族がどうしたいかではなく、自分がその身だったら延命したいか考えることが大切かと思います。

次の