さだ けいじ。 佐田啓二(中井貴一の父親)の死因は?結婚した妻や家族を詳しく解説!

収録に向かう途中で事故死した37歳 佐田啓二|日刊ゲンダイDIGITAL

さだ けいじ

概要 [ ] ・の代表作。 にで放送され、多大な人気を獲得した。 ただし、最初の半年間は菊田が「人々の戦争体験を主題に」シリアスタッチで描いていたため、あまり人気はなかった。 真知子と春樹との恋愛にドラマが集中し始め、初めて人気番組となった。 「番組が始まる時間になると、の女湯から人が消える」といわれるほどであったという(ただし、この銭湯でのエピソードは、「アメリカでの事実 [ ]を基に、松竹の宣伝部が作った虚構である」という説も根強い )。 ラジオドラマの人気を受けてで化されると大ヒットを記録し、氏家真知子のの巻き方が「 真知子巻き」と呼ばれて女性の間で流行した。 これは、主演のがでの合間に現地の寒さをしのごうと、の界隈の店で購入して持参していた私物のストールを肩から一周させ、耳や頭をくるんでいたことによるとされる。 この姿はカメラが回っている時にも使われることになり、「真知子巻き」が誕生した。 真知子と春樹が出会い、再会した数寄屋橋のシーンでしていたというのは間違いである。 ただし、第一部の冒頭、佐渡に渡る船上でも真知子は「真知子巻き」に類したストールの巻き方をしている。 真知子と春樹が再会しそうになる(半年ごとの数寄屋橋での待ち合わせなど)が、不都合が起きてなかなか会うことができない。 この「会えそうで会えない」という事態が何度も繰り返された。 これは後の恋愛ドラマでもよく見られる描写(演出)であり、本作はこのパターンの典型にして古典となっている。 数寄屋橋の撤去 [ ] (39年)のを控え、皇居外堀を埋めてが作られることになり、1957年(昭和32年)7月にの撤去工事が開始された。 今は数寄屋橋交差点傍にある数寄屋橋公園に、原作者の菊田一夫の筆による「数寄屋橋 此処に ありき」との小さな石碑が残されている。 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2016年8月)() 、 の夜。 が降り注ぐ中、たまたま一緒になった見知らぬ男女、 氏家真知子と 後宮春樹は助け合って戦火の中を逃げ惑ううちに、命からがらのまでたどり着く。 一夜が明けて、二人はここでようやくお互いの無事を確認する。 お互いに生きていたら、半年後の11月24日、それがだめならまた半年後に、この橋で会おうと約束し、お互いの名も知らぬまま別れた。 やがて、2人は戦後の渦に巻き込まれ、お互いに数寄屋橋で相手を待つも再会が叶わず、1年半後の3度目にやっと会えた時は真知子は、既に明日嫁に行くという身であった。 しかし、夫との生活に悩む真知子、そんな彼女を気にかける春樹、2人をめぐるさまざまな人々の間で、運命はさらなる展開を迎えていく。 NHKラジオ連続放送劇 [ ] 放送期間は、1952年(昭和27年)4月10日から1954年(昭和29年)4月8日。 毎週木曜8時半から9時までの30分放送。 番組の冒頭で「忘却とは忘れ去ることなり。 忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ」というの、1953年(昭和28年)1月からはのナレーションが流れた。 また、当時のラジオドラマは生放送だったため、劇中のは音楽担当のがで毎回即興で演奏していた。 キャスト [ ]• 後宮春樹:• 氏家真知子:• 、他 主題歌 [ ]• 「君の名は」• 作詞:• 作曲:• 歌:高柳二葉(放送版) 映画とレコードはによって吹き込まれている。 本作の「 詞・曲」は中のため、を除き、となります。 また、などのについても注意ください。 本作のの有効・無効は( JASRAC)で確認できます。 ラジオ復刻版 [ ] NHK放送開始80周年記念特別番組『』(2005年3月19日から22日)の一環として、「復刻ラジオドラマ」として放送された。 放送日時は19日から21日の連日21時5分ごろから21時55分(JST)。 NHKのライブラリーに保管されている音源や台本を参考にしている。 出演は、他。 ナレーションは、映画版で主人公の氏家真知子を演じたが担当した。 放送日は3月20日(JST)。 司会はアナウンサー。 映画 [ ] 君の名は 監督 脚本 原作 音楽 撮影 斎藤毅 編集 杉原よ志 製作会社 公開 上映時間 127分 製作国 日本 言語 日本語 配給収入 2億5047万円 次作 君の名は 第二部 全3部。 大ヒットし、通し上映では6時間を超えることから総集編も製作された。 3部作の総観客動員数は約3,000万人(1作平均1,000万人)である。 君の名は(第一部) [ ] 1953年9月15日公開。 2億5047万円の配給収入をあげ、1953年度の配給収入ランキング第2位(1位は同名第二部)。 冒頭のタイトル表記には「第一部」の字はなく、最後に「君の名は 㐧一篇 終」と表示される。 キャスト(第一部) [ ]• 氏家真知子:• 後宮春樹:• 石川綾:• 後宮悠起枝:• 浜口勝則:• あさ:• 奈美:• 加瀬田修造:• 浜口徳枝:• 信枝:• 水沢謙吾:• 勘次:• 本間:• 横山:• 社長:• 詩・朗読:()• スタッフ(第一部) [ ]• 監督:• 原作:• 製作:• 脚本:• 撮影:• 音楽:• 主題歌:「君の名は」「君、いとしき人よ」• 美術:• 録音:• 照明:• 特殊撮影:、• 装置:• 装飾:• 衣装:• 現像:• 編集:• 監督助手:• 撮影助手:• 録音助手:• 証明助手:• 録音技術:• 進行: 協賛(第一部) [ ]• 観光課• 観光課• 撮影地:(、)・他 君の名は(第二部) [ ] 君の名は 第二部 監督 脚本 原作 音楽 撮影 斎藤毅 編集 杉原よ志 製作会社 公開 上映時間 120分 製作国 日本 言語 日本語 配給収入 3億2万円 前作 君の名は 第一部 次作 君の名は 第三部 1953年公開。 3億2万円の配給収入をあげ、1953年度の配給収入ランキング第1位。 製作の『』で主人公が映画を見る描写で本作の冒頭部分が使用されている。 キャスト(第二部) [ ]• 浜口真知子:• 後宮春樹:• 石川綾:• 後宮悠起枝:• 浜口 勝則:• アイヌの娘 ユミ:• 加瀬田修造:• 仁科:• 永橋局長:• 浜口 徳枝:• 信枝:• 奈美:• あさ:• 横山:• 勘次:• 水沢謙吾 :• 末長:• ユミの母:• サロム:• 横山の乾分:、• 北海道の巡査:• 春日の女中:、• 宿屋の女中:• 看護婦:• 駅員:• 唄: スタッフ(第二部) [ ]• 監督:• 原作:• 音楽:• 製作:• 脚本:• 撮影:• 音楽:• 主題歌:「花のいのちは」「黒百合の歌」• 美術:• 録音:• 照明:• 装置:• 装飾:• 衣装:• 現像:• 編集:• 監督助手:• 撮影助手:• 録音助手:• 証明助手:• 録音技術:• 進行: 協賛(第二部) [ ]• 美幌町観光協会• 北見バス株式会社(の前身企業)• 観光協会• 観光課• 水郷潮来観光協会• 撮影地:北海道美幌町・ 君の名は(第三部) [ ] 君の名は 第三部 監督 脚本 原作 音楽 撮影 斎藤毅 編集 杉原よ志 製作会社 公開 上映時間 124分 製作国 日本 言語 日本語 配給収入 3億3015万円 前作 君の名は 第二部 1954年4月27日公開。 3億3015万円の配給収入をあげ、1954年度の配給収入ランキング第1位。 松竹は1954年度のに本作で勝負をかけたが、ライバルのは『』(4月26日公開)を公開している。 キャスト(第三部) [ ]• 浜口真知子:• 後宮春樹:• 石川綾:• 仁科悠起枝:• 浜口勝則:• 清宮美子:• 野島八郎:• 加瀬田修造:• 永橋局長:• 副島渡:• 浜口徳枝:• 信枝:• あさ:• 末長:• 丸岡調停員:• 編集長:• 榊原弁護士:• 郡山調停員:• 家庭裁判所判事:• 裁判長:• 俊樹:• 詩朗読・解説:()• 雲仙ホテル支配人:• メイド:• 事務員:• 看護婦:• 東京のホテルボーイ:• 浜口家女中:• 自転車の男:• 病院の看護婦:、• 雑誌記者:• 仁科の娘: スタッフ(第三部) [ ]• 監督:• 原作:• 音楽:• 製作:• 脚本:• 撮影:• 音楽:• 主題歌:「君は遥かな」「忘れ得ぬ人」「数寄屋橋エレジー」「綾の歌」• 美術:• 録音:• 照明:• 装置:• 装飾:• 衣装:• 現像:• 編集:• 監督助手:• 撮影助手:• 録音助手:• 証明助手:• 録音技術:• 進行: 協賛(第三部) [ ]• 観光課• 長崎県組合• 「君の名は」撮影協力会• 観光課• 阿蘇観光課• 撮影地:長崎県雲仙温泉 主題歌・挿入歌 [ ]• 「君の名は」(歌:)• 「君いとしき人よ」(歌:)• 「黒百合の歌」(歌:織井茂子)• 「忘れ得ぬ人」(歌:伊藤久男)• 「数寄屋橋エレジー」(歌:伊藤久男)• 「君は遥かな」(歌:、織井茂子)• 「綾の歌」(歌:) 「君の名は」に関する歌の作詞・作曲は、すべて・のコンビによる。 舞台 [ ] を参照。 テレビドラマ [ ] 2012年現在、テレビでは4度ドラマ化されている。 1962年版 [ ] からまで、系列で放映。 放送時間は火曜21:00 - 21:30だったが、1963年以降は日曜20:30 - 21:00に変更された。 出演:、、など。 系 火曜21時台前半枠 前番組 番組名 次番組 1991年版(NHK連続テレビ小説) [ ] 君の名は ジャンル 脚本 ほか 出演者 ナレーター (語り) 時代設定 20年〜30年 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 1991年4月1日 - 1992年4月4日 放送時間 15分 回数 全312 (3年)から(平成4年)まで、30周年記念作品(第46作)として放送された(連続テレビ小説では、1983年度の『』以来の1年間放送)。 解説 [ ] 年々視聴率が下降を続けていた連続テレビ小説のテコ入れとして、1975年以前の原点に戻り放送期間を1年間とした。 に1億円をかけのオープンセットを造るなど、異例の予算が組まれた。 しかしながら、最高視聴率34. 関東地区、調べ) とも、本ドラマ終了時点での当時の歴代最低を記録した。 なお、第五部の舞台は、の予定だったが、の噴火により中止となり、舞台は、に変更された。 完全版・総集編共にDVDは未発売。 構成 [ ]• 第一部:第1 - 12週(第1 - 72回)(第1部は、…編というものはなかった)• 第二部:「結婚編」:第13 - 19週(第73 - 114回)• 第三部:「旅立ち・北海道編」:第20 - 25週(第115 - 150回)• 第四部:「愛ふたたび・志摩編」:第26 - 34週(第151 - 204回)• 第五部:「愛のゆくえ・対決編」:第35 - 39週(第205 - 234回)• 第六部:「それからの二人・夫婦編」:第40 - 52週(第235 - 312回) スタッフ(1991年版) [ ]• 原作:• 脚本:、横光晃、、星川泰子、• 音楽:• 語り:• 副音声解説:• 演奏:東京コンサーツ• 題字:• 考証:松平誠• 考証協力:• アイヌ民俗関連監修:• 所作指導:鈴木宗卓• 医事指導:雨宮昭• 方言指導:、山國成男、、山中篤、岡部雅郎• 撮影協力:、、、、、同• 制作:石井愼、松本守正• 美術:藤井俊樹、岡本忠士、矢野隆士• 技術:沖中正悦、渡部浩和、原滋• 音響効果:田中正男、太田岳二、矢島清• 撮影:中村和夫、川崎一彦、安田熙男• 音声:篠根正継、谷島一樹• 照明:大地祥嗣、高橋伴幸• 記録・編集:田中美砂、高室晃三郎、岡部敦子、上田裕里子• 演出:原嶋邦明、宮沢俊樹、伊豫田静弘、諏訪部章夫、、一井久司、吉川幸司、松本順、三井智一、若泉久朗、吉田雅夫、林可奈子• 主題歌:君の名は• 作詞:菊田一夫 作曲:古関裕而 歌:石川さゆり• 挿入歌:黒百合の歌• 作詞:菊田一夫 作曲:古関裕而 歌: キャスト(1991年版) [ ]• 後宮春樹(空襲で真知子を助けた男): 東京(浜口家) [ ]• 浜口勝則(真知子の夫):• 浜口徳枝(勝則の母・真知子の姑): その他 東京の住人 [ ]• 小野瀬綾(真知子・春樹の友人 佐渡出身):• 本間定彦(真知子・春樹の友人 佐渡出身 北国文学 天天教の布教師):• 美村蘭子(夜の女):• 美村礼治(蘭子の夫、戦争によって記憶喪失に):• 美村千枝子(美村夫妻の娘、戦争によって行方不明に、志摩内野家での名は里子):(幼少期:)• あさ(夜の女):• 石上梢(夜の女):• 加瀬田修造(元陸軍少将):• 加瀬田岸枝(修造の妻・曙荘の管理人):• 加瀬田和子(加瀬田夫妻の娘):• 田上うらら子(天天教の教祖):• 富士子(天天教の信者、おかま):• 岩間(副島)伝次(闇市でならしたヤクザ):• マリー(夜の女・蘭子のライバル):• 永橋(勝則の上司):• 永橋清子(永橋の妻):• 深野柳子(の長家の大家):• 叶哲司(長屋の住人、畳屋):• 住職(真知子・春樹の結婚式を行う寺の住職):• 多比良良作(定彦の仕事仲間)、税務署職員:• 木村吾郎(大学受験生。 真知子の父(で死去・勘次の弟):• 真知子の母(東京大空襲で死去): 清宮家(東京) [ ]• 清宮田鶴子(美子の母): 北海道 美幌・弟子屈 [ ]• 末永保(春樹の大学の先輩):• 牧子(末永の妻):• 松吉(末永の先代から牧場で働いている):• ユミ(春樹を好きになった女):• 三郎(牧場で働いている男): 新潟・佐渡 [ ]• 野添絹子(定彦の友・勘次の不倫相手):• 角倉勘次(真知子の叔父・角勘の主):• 角倉信枝(真知子の叔母・角勘の女将):• 米夫(角勘の従業員):• 捨松(角勘の従業員):• スミ代(捨松の妻):• 忠公(角勘の従業員): 三重県・志摩 [ ]• 水沢謙吾(悠起枝の友人):• 水沢フサ(謙吾の母):• 西崎(悠起枝の義父):• 長島龍伍(密輸組織のボス):• 善吉(長島の溜り酒場店主):• 海渡琴乃(志摩で店を営む):• 西野彰一(里子の義父):• 西野珠子(里子の義母、長島龍伍の姉):• 草薙(小学校校長、住職):• 柴山晴男(小学校教諭):• 前野(元長島の手下): 愛知・名古屋 [ ]• 尾田登美子(那古野旅館・女将):• 天馬徹太郎(浪漫タイムス編集長):• 菅谷三千代(天馬の元妻):• 菅谷博史(三千代と天馬の子・現在は留置所で生活): その他 [ ]• きし子(浜口家の前で遊ぶ女の子):• 美代子(春樹が列車の中で出会った女の子):• 数寄屋橋の警官:• その他 : 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 ほか 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『評伝 菊田一夫』(岩波書店)P. 175• 『評伝 菊田一夫』(岩波書店)P. 175• アメリカでは、「ラジオの人気番組の放送時間にあわせ、女性ファンが炊事や入浴を止めたために水道の使用量が減った」というエピソードが存在する。 2007年5月31日の編集手帳によると、松竹の重役であった野口鶴吉が宣伝用に広めたのだという。 「東京大空襲」は一般的に(20年)の出来事を表すが、この空襲は5月26日の23日から続いた東京全滅の最後の空襲で、銀座、麹町、が爆撃され、東京駅もこの時焼失した。 春樹と真知子は銀座通りから数寄屋橋へ逃げ、ここで初めて言葉を交わした。 ただし、映画作中では5月24日の夜のこととされる• 関連項目 [ ]• - 空襲で出会った男女の悲恋映画(1940年、米国)• - 半年後の再会を果たせなかった男女の恋愛映画(1939年、米国)• 前番組 番組名 次番組.

次の

中井貴一が39歳まで結婚しなかった理由に驚き 父・佐田啓二について語る

さだ けいじ

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年5月) の商家に生まれる。 (のちの京都市立西陣商業高等学校、廃校)卒業後、政治経済学部に入学。 学生時代、の人気俳優の家に下宿していた縁で、(昭和21年)、に入社する。 は、「佐野周二」の姓名から一文字ずつ譲り受けて名付けられた。 (昭和22年)、監督の『』で、いきなり、大スターの相手役に抜擢される。 田中とのラブシーンは話題となり、早くもスターの地位を獲得。 続いて、原作のの人気を映画化した『』に主演し、さらに人気を高める。 ほぼ同時期にデビューした、と人気を分け合い「松竹戦後の三羽烏」と言われた。 その人気を決定的なものとしたのは、(昭和28年)に公開された『』である。 当時の大人気ラジオドラマを映画化したこの作品でと共演し、名実共にトップスターの地位につく。 その後、徐々に演技派に脱皮していき、特に、の合戦を題材にした(昭和31年)の監督の問題作『』ではスカウトを演じ、を相手に鬼気迫る演技を見せ、、の主演男優賞を獲得した。 その後も、木下の『』、の『』など戦後を代表する作品に出演。 晩年は癖のあるなども演じていた。 (昭和39年)8月13日から夏休みを兼ねて妻との別荘に避暑に訪れていたが、NHKドラマ『』の収録に参加するために帰京する途中、午前6時30分頃、韮崎町の塩川橋手前の左カーブで、乗っていた車の運転手が前の車を追い越した直後に横滑りを起こし、佐田の乗っていた右側から橋柱に激突、さらに跳ね返されて追い抜いた車へも衝突する大事故を起こした。 佐田はこの事故で頭の骨と右腕を骨折し、すぐに韮崎市立病院に運ばれたが午前11時過ぎ頃に死去した。 37歳没。 この時車に乗っていたのは佐田を含めて4名で、運転手は頭を打ち2か月の重傷、日刊スポーツ記者が顔の骨を折り1か月の重傷、義弟が右肩に1週間の軽症を負った。 出演中であった『虹の設計』は生前の映像のにより製作された。 葬儀は8月22日午後2時よりにて行われ、芸能関係者や一般のファンなど千人近くが参列した。 墓所は鎌倉・にある。 主な出演 [ ] 1947年• - 八坂真一 役 1948年• 旅装 - 川崎新六 役• 彼と共に去りぬ - 光村雄二 役• 肖像 - 中島 役• 火の薔薇 - 石川文夫 役• 第一篇 隆太の巻 - 加賀見修平 役 1949年• 第二篇 修吉の巻 - 加賀見修平 役• 君待てども - 伊藤 役• - 高松五郎 役• 朱唇(べに)いまだ消えず - 谷川 役• 前後篇 - 小仏小平 役• 真昼の円舞曲 - 河野秀隆 役• 花の素顔 - 吉晴 役• 第三篇 クロの巻 - 加賀見修平 役 1950年• 母の調べ - 湯原恒夫 役• 乙女の性典 - 立花哲也 役• 危険な年令• 恋愛教室• 新妻の性典• 懐しの歌合戦• 黒い花 - 中野宗一 役• 三つの結婚 - 望月敬三 役 1951年• - 小柳準之助 役• 愛情の旋風 - 増内桂助 役• - 小川先生 役(初の出演)• - 内田三郎 役• - 堀隆文 役• 憧れのホームラン王 - 木村先生 役• 天使も夢を見る - 大田黒英夫 役• 夢多き頃 - 高石修二 役• - 鯨井民彦 役• 命美わし - 伊村修二 役 1952年• この春初恋あり - 三田村五郎 役• - 湯川春三 役• 伊豆の艶歌師 - 艶歌師潤 役• 母の願い - 阿部一雄 役• 華やかな夜景 - 小林和彦 役• - 杉村健吉 役• 坊ちゃん重役 - 比野 役• 母は叫び泣く - 高木英樹 役• - 健二 役• 若奥様一番勝負 - 杉浦吾郎 役• わが母に罪ありや - 三上永之介 役 1953年• 春の鼓笛 - 杉浦啓一 役• やっさもっさ - 赤松太助 役• 女性の声 - 三上達哉 役• ひばりの歌う玉手箱• 落葉日記 - 熊岡嶺太郎 役• その妹 - 野村広次 役• - 艶歌師達也 役• 旅路 - 津川良助 役• - 後宮春樹 役• 第二部 - 後宮春樹 役• お嬢さん社長 - 秋山五郎 役 1954年• 家族会議 東京篇 大阪篇 - 京極錬太郎 役• 真実一路 - 矢津先生 役• 勲章 - 憲治 役• 第三部 - 後宮春樹 役• 陽は沈まず - 青木三平 役• おとこ大学 婚前教育の巻 - 桂木昌平 役• 新婚たくあん夫婦 - 目白三平 役• 真実の愛情を求めて 何処へ - 伊能琢磨 役• - 良一 役 1955年• あなたと共に - 本堂克也 役• 続おとこ大学 新婚教室 - 桂木昌平 役• 亡命記 - 顔紹昌 役• 美わしき歳月 - 仲尾 役• 東京-香港 蜜月旅行 - 山下俊介 役• 花嫁はどこにいる - 八田圭介 役• 遠い雲 - 寺田俊介 役• 花ひらく - 下田歯科医 役• お勝手の花嫁 - 嵐勇 役• 太陽は日々に新たなり - 新村保 役 1956年• 白い橋 - 内山軍平 役• 君のうたごえ• 泉 - 幾島暁太郎 役• 女の足あと - 浜田孝一 役• 青春の音 - 杉本正明 役• 花嫁募集中 - 牧直樹 役• 晴れた日に - 鷲尾謙吉 役• 俺は死なない - 関口浩二 役• スタジオ超特急• 涙 - 山崎信也 役• 女優誕生• - 岸本大介 役• 台風騒動記 - 吉成幸一 役 1957年• 白磁の人 - 五藤民弥 役• 正義派 - 藤田 役• - 須藤一夫 役• ただいま零匹 - 吉沢議員 役• - 有沢四郎 役• 集金旅行 - 旗良平 役• - 佐藤金重 役 1958年• 花嫁のおのろけ - 熊沢伝七 役• 黒い花粉 - 木曾高志 役• 渡る世間は鬼ばかり ボロ家の春秋 - 五味司郎太 役• - シケタ先生 役• - 土居広之 役• 花のうず潮 - 槇五郎 役• モダン道中 その恋待ったなし - 鶴川松夫 役• 噛みつかれた顔役 - 泉川 役• - 谷口正彦 役• - 萩崎竜雄 役 1959年• 春を待つ人々 - 洋画家西脇 役• 第一・二部 - 影山少尉 役• 夫婦合唱 - 長島雄吉 役• - 牧田英太郎 役• - 福井平一郎 役• ハイ・ティーン - 寺崎伸一 役• 海の地図 - 外村義高 役• 暁の地平線 - 和夫 役• 三羽烏三代記 - 辰巳次郎 役• 第三・四部 - 影山少尉 役• 大願成就 - 小宮 役 1960年• 朱の花粉 - 武中究二 役• 四万人の目撃者 - 高山正士 役• 白い波濤 - 滝良一 役• - 天野竜一 役• 女の坂 - 矢追三郎 役• 暴れん坊三羽烏 - 桑原編集長 役• 「青衣の人」より 離愁 - 境道介 役• 最後の切札 - 立野駿介 役• 血は渇いてる - 木口高志 役• - 後藤庄太郎 役 1961年• - 門田礼一郎 役• 渦 - 中津洪介 役• 蒼い海流 - 高須弓雄 役• 女舞 - 西川昌三 役• 雲がちぎれる時 - 三崎 役• - 川南隆 役• 妻あり子あり友ありて• 京化粧 - 山岡 役 1962年• 千客万来 - 番取良介 役• 愛染かつら - 服部 役• しのび逢い - 小坂敬三 役• - 野中義男 役• かあさん長生きしてね - 大島 役• 続・愛染かつら - 服部 役• - 平山幸一 役 1963年• - 宗像弥十郎 役• - 久世俊介 役• - 香川直行 役• 花の咲く家 - 木津隆三 役• - 奥山次郎 役• - 兼光定彦 役• - 津村忠雄 役 1964年• - 水口志津夫 役• - 久留宮良介 役• - 役• - 高沢重治 役• - 辰岡 役 テレビドラマ [ ]• (1963年、) - 役• (1963年、NHK) - 長谷川一郎 役• (フジテレビ) 文献 [ ]• 中井貴恵『父の贈りもの』文化出版局、1991年。 角川書店〈角川文庫〉、1997年。 脚注 [ ].

次の

収録に向かう途中で事故死した37歳 佐田啓二|日刊ゲンダイDIGITAL

さだ けいじ

概要 [ ] ・の代表作。 にで放送され、多大な人気を獲得した。 ただし、最初の半年間は菊田が「人々の戦争体験を主題に」シリアスタッチで描いていたため、あまり人気はなかった。 真知子と春樹との恋愛にドラマが集中し始め、初めて人気番組となった。 「番組が始まる時間になると、の女湯から人が消える」といわれるほどであったという(ただし、この銭湯でのエピソードは、「アメリカでの事実 [ ]を基に、松竹の宣伝部が作った虚構である」という説も根強い )。 ラジオドラマの人気を受けてで化されると大ヒットを記録し、氏家真知子のの巻き方が「 真知子巻き」と呼ばれて女性の間で流行した。 これは、主演のがでの合間に現地の寒さをしのごうと、の界隈の店で購入して持参していた私物のストールを肩から一周させ、耳や頭をくるんでいたことによるとされる。 この姿はカメラが回っている時にも使われることになり、「真知子巻き」が誕生した。 真知子と春樹が出会い、再会した数寄屋橋のシーンでしていたというのは間違いである。 ただし、第一部の冒頭、佐渡に渡る船上でも真知子は「真知子巻き」に類したストールの巻き方をしている。 真知子と春樹が再会しそうになる(半年ごとの数寄屋橋での待ち合わせなど)が、不都合が起きてなかなか会うことができない。 この「会えそうで会えない」という事態が何度も繰り返された。 これは後の恋愛ドラマでもよく見られる描写(演出)であり、本作はこのパターンの典型にして古典となっている。 数寄屋橋の撤去 [ ] (39年)のを控え、皇居外堀を埋めてが作られることになり、1957年(昭和32年)7月にの撤去工事が開始された。 今は数寄屋橋交差点傍にある数寄屋橋公園に、原作者の菊田一夫の筆による「数寄屋橋 此処に ありき」との小さな石碑が残されている。 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2016年8月)() 、 の夜。 が降り注ぐ中、たまたま一緒になった見知らぬ男女、 氏家真知子と 後宮春樹は助け合って戦火の中を逃げ惑ううちに、命からがらのまでたどり着く。 一夜が明けて、二人はここでようやくお互いの無事を確認する。 お互いに生きていたら、半年後の11月24日、それがだめならまた半年後に、この橋で会おうと約束し、お互いの名も知らぬまま別れた。 やがて、2人は戦後の渦に巻き込まれ、お互いに数寄屋橋で相手を待つも再会が叶わず、1年半後の3度目にやっと会えた時は真知子は、既に明日嫁に行くという身であった。 しかし、夫との生活に悩む真知子、そんな彼女を気にかける春樹、2人をめぐるさまざまな人々の間で、運命はさらなる展開を迎えていく。 NHKラジオ連続放送劇 [ ] 放送期間は、1952年(昭和27年)4月10日から1954年(昭和29年)4月8日。 毎週木曜8時半から9時までの30分放送。 番組の冒頭で「忘却とは忘れ去ることなり。 忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ」というの、1953年(昭和28年)1月からはのナレーションが流れた。 また、当時のラジオドラマは生放送だったため、劇中のは音楽担当のがで毎回即興で演奏していた。 キャスト [ ]• 後宮春樹:• 氏家真知子:• 、他 主題歌 [ ]• 「君の名は」• 作詞:• 作曲:• 歌:高柳二葉(放送版) 映画とレコードはによって吹き込まれている。 本作の「 詞・曲」は中のため、を除き、となります。 また、などのについても注意ください。 本作のの有効・無効は( JASRAC)で確認できます。 ラジオ復刻版 [ ] NHK放送開始80周年記念特別番組『』(2005年3月19日から22日)の一環として、「復刻ラジオドラマ」として放送された。 放送日時は19日から21日の連日21時5分ごろから21時55分(JST)。 NHKのライブラリーに保管されている音源や台本を参考にしている。 出演は、他。 ナレーションは、映画版で主人公の氏家真知子を演じたが担当した。 放送日は3月20日(JST)。 司会はアナウンサー。 映画 [ ] 君の名は 監督 脚本 原作 音楽 撮影 斎藤毅 編集 杉原よ志 製作会社 公開 上映時間 127分 製作国 日本 言語 日本語 配給収入 2億5047万円 次作 君の名は 第二部 全3部。 大ヒットし、通し上映では6時間を超えることから総集編も製作された。 3部作の総観客動員数は約3,000万人(1作平均1,000万人)である。 君の名は(第一部) [ ] 1953年9月15日公開。 2億5047万円の配給収入をあげ、1953年度の配給収入ランキング第2位(1位は同名第二部)。 冒頭のタイトル表記には「第一部」の字はなく、最後に「君の名は 㐧一篇 終」と表示される。 キャスト(第一部) [ ]• 氏家真知子:• 後宮春樹:• 石川綾:• 後宮悠起枝:• 浜口勝則:• あさ:• 奈美:• 加瀬田修造:• 浜口徳枝:• 信枝:• 水沢謙吾:• 勘次:• 本間:• 横山:• 社長:• 詩・朗読:()• スタッフ(第一部) [ ]• 監督:• 原作:• 製作:• 脚本:• 撮影:• 音楽:• 主題歌:「君の名は」「君、いとしき人よ」• 美術:• 録音:• 照明:• 特殊撮影:、• 装置:• 装飾:• 衣装:• 現像:• 編集:• 監督助手:• 撮影助手:• 録音助手:• 証明助手:• 録音技術:• 進行: 協賛(第一部) [ ]• 観光課• 観光課• 撮影地:(、)・他 君の名は(第二部) [ ] 君の名は 第二部 監督 脚本 原作 音楽 撮影 斎藤毅 編集 杉原よ志 製作会社 公開 上映時間 120分 製作国 日本 言語 日本語 配給収入 3億2万円 前作 君の名は 第一部 次作 君の名は 第三部 1953年公開。 3億2万円の配給収入をあげ、1953年度の配給収入ランキング第1位。 製作の『』で主人公が映画を見る描写で本作の冒頭部分が使用されている。 キャスト(第二部) [ ]• 浜口真知子:• 後宮春樹:• 石川綾:• 後宮悠起枝:• 浜口 勝則:• アイヌの娘 ユミ:• 加瀬田修造:• 仁科:• 永橋局長:• 浜口 徳枝:• 信枝:• 奈美:• あさ:• 横山:• 勘次:• 水沢謙吾 :• 末長:• ユミの母:• サロム:• 横山の乾分:、• 北海道の巡査:• 春日の女中:、• 宿屋の女中:• 看護婦:• 駅員:• 唄: スタッフ(第二部) [ ]• 監督:• 原作:• 音楽:• 製作:• 脚本:• 撮影:• 音楽:• 主題歌:「花のいのちは」「黒百合の歌」• 美術:• 録音:• 照明:• 装置:• 装飾:• 衣装:• 現像:• 編集:• 監督助手:• 撮影助手:• 録音助手:• 証明助手:• 録音技術:• 進行: 協賛(第二部) [ ]• 美幌町観光協会• 北見バス株式会社(の前身企業)• 観光協会• 観光課• 水郷潮来観光協会• 撮影地:北海道美幌町・ 君の名は(第三部) [ ] 君の名は 第三部 監督 脚本 原作 音楽 撮影 斎藤毅 編集 杉原よ志 製作会社 公開 上映時間 124分 製作国 日本 言語 日本語 配給収入 3億3015万円 前作 君の名は 第二部 1954年4月27日公開。 3億3015万円の配給収入をあげ、1954年度の配給収入ランキング第1位。 松竹は1954年度のに本作で勝負をかけたが、ライバルのは『』(4月26日公開)を公開している。 キャスト(第三部) [ ]• 浜口真知子:• 後宮春樹:• 石川綾:• 仁科悠起枝:• 浜口勝則:• 清宮美子:• 野島八郎:• 加瀬田修造:• 永橋局長:• 副島渡:• 浜口徳枝:• 信枝:• あさ:• 末長:• 丸岡調停員:• 編集長:• 榊原弁護士:• 郡山調停員:• 家庭裁判所判事:• 裁判長:• 俊樹:• 詩朗読・解説:()• 雲仙ホテル支配人:• メイド:• 事務員:• 看護婦:• 東京のホテルボーイ:• 浜口家女中:• 自転車の男:• 病院の看護婦:、• 雑誌記者:• 仁科の娘: スタッフ(第三部) [ ]• 監督:• 原作:• 音楽:• 製作:• 脚本:• 撮影:• 音楽:• 主題歌:「君は遥かな」「忘れ得ぬ人」「数寄屋橋エレジー」「綾の歌」• 美術:• 録音:• 照明:• 装置:• 装飾:• 衣装:• 現像:• 編集:• 監督助手:• 撮影助手:• 録音助手:• 証明助手:• 録音技術:• 進行: 協賛(第三部) [ ]• 観光課• 長崎県組合• 「君の名は」撮影協力会• 観光課• 阿蘇観光課• 撮影地:長崎県雲仙温泉 主題歌・挿入歌 [ ]• 「君の名は」(歌:)• 「君いとしき人よ」(歌:)• 「黒百合の歌」(歌:織井茂子)• 「忘れ得ぬ人」(歌:伊藤久男)• 「数寄屋橋エレジー」(歌:伊藤久男)• 「君は遥かな」(歌:、織井茂子)• 「綾の歌」(歌:) 「君の名は」に関する歌の作詞・作曲は、すべて・のコンビによる。 舞台 [ ] を参照。 テレビドラマ [ ] 2012年現在、テレビでは4度ドラマ化されている。 1962年版 [ ] からまで、系列で放映。 放送時間は火曜21:00 - 21:30だったが、1963年以降は日曜20:30 - 21:00に変更された。 出演:、、など。 系 火曜21時台前半枠 前番組 番組名 次番組 1991年版(NHK連続テレビ小説) [ ] 君の名は ジャンル 脚本 ほか 出演者 ナレーター (語り) 時代設定 20年〜30年 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 1991年4月1日 - 1992年4月4日 放送時間 15分 回数 全312 (3年)から(平成4年)まで、30周年記念作品(第46作)として放送された(連続テレビ小説では、1983年度の『』以来の1年間放送)。 解説 [ ] 年々視聴率が下降を続けていた連続テレビ小説のテコ入れとして、1975年以前の原点に戻り放送期間を1年間とした。 に1億円をかけのオープンセットを造るなど、異例の予算が組まれた。 しかしながら、最高視聴率34. 関東地区、調べ) とも、本ドラマ終了時点での当時の歴代最低を記録した。 なお、第五部の舞台は、の予定だったが、の噴火により中止となり、舞台は、に変更された。 完全版・総集編共にDVDは未発売。 構成 [ ]• 第一部:第1 - 12週(第1 - 72回)(第1部は、…編というものはなかった)• 第二部:「結婚編」:第13 - 19週(第73 - 114回)• 第三部:「旅立ち・北海道編」:第20 - 25週(第115 - 150回)• 第四部:「愛ふたたび・志摩編」:第26 - 34週(第151 - 204回)• 第五部:「愛のゆくえ・対決編」:第35 - 39週(第205 - 234回)• 第六部:「それからの二人・夫婦編」:第40 - 52週(第235 - 312回) スタッフ(1991年版) [ ]• 原作:• 脚本:、横光晃、、星川泰子、• 音楽:• 語り:• 副音声解説:• 演奏:東京コンサーツ• 題字:• 考証:松平誠• 考証協力:• アイヌ民俗関連監修:• 所作指導:鈴木宗卓• 医事指導:雨宮昭• 方言指導:、山國成男、、山中篤、岡部雅郎• 撮影協力:、、、、、同• 制作:石井愼、松本守正• 美術:藤井俊樹、岡本忠士、矢野隆士• 技術:沖中正悦、渡部浩和、原滋• 音響効果:田中正男、太田岳二、矢島清• 撮影:中村和夫、川崎一彦、安田熙男• 音声:篠根正継、谷島一樹• 照明:大地祥嗣、高橋伴幸• 記録・編集:田中美砂、高室晃三郎、岡部敦子、上田裕里子• 演出:原嶋邦明、宮沢俊樹、伊豫田静弘、諏訪部章夫、、一井久司、吉川幸司、松本順、三井智一、若泉久朗、吉田雅夫、林可奈子• 主題歌:君の名は• 作詞:菊田一夫 作曲:古関裕而 歌:石川さゆり• 挿入歌:黒百合の歌• 作詞:菊田一夫 作曲:古関裕而 歌: キャスト(1991年版) [ ]• 後宮春樹(空襲で真知子を助けた男): 東京(浜口家) [ ]• 浜口勝則(真知子の夫):• 浜口徳枝(勝則の母・真知子の姑): その他 東京の住人 [ ]• 小野瀬綾(真知子・春樹の友人 佐渡出身):• 本間定彦(真知子・春樹の友人 佐渡出身 北国文学 天天教の布教師):• 美村蘭子(夜の女):• 美村礼治(蘭子の夫、戦争によって記憶喪失に):• 美村千枝子(美村夫妻の娘、戦争によって行方不明に、志摩内野家での名は里子):(幼少期:)• あさ(夜の女):• 石上梢(夜の女):• 加瀬田修造(元陸軍少将):• 加瀬田岸枝(修造の妻・曙荘の管理人):• 加瀬田和子(加瀬田夫妻の娘):• 田上うらら子(天天教の教祖):• 富士子(天天教の信者、おかま):• 岩間(副島)伝次(闇市でならしたヤクザ):• マリー(夜の女・蘭子のライバル):• 永橋(勝則の上司):• 永橋清子(永橋の妻):• 深野柳子(の長家の大家):• 叶哲司(長屋の住人、畳屋):• 住職(真知子・春樹の結婚式を行う寺の住職):• 多比良良作(定彦の仕事仲間)、税務署職員:• 木村吾郎(大学受験生。 真知子の父(で死去・勘次の弟):• 真知子の母(東京大空襲で死去): 清宮家(東京) [ ]• 清宮田鶴子(美子の母): 北海道 美幌・弟子屈 [ ]• 末永保(春樹の大学の先輩):• 牧子(末永の妻):• 松吉(末永の先代から牧場で働いている):• ユミ(春樹を好きになった女):• 三郎(牧場で働いている男): 新潟・佐渡 [ ]• 野添絹子(定彦の友・勘次の不倫相手):• 角倉勘次(真知子の叔父・角勘の主):• 角倉信枝(真知子の叔母・角勘の女将):• 米夫(角勘の従業員):• 捨松(角勘の従業員):• スミ代(捨松の妻):• 忠公(角勘の従業員): 三重県・志摩 [ ]• 水沢謙吾(悠起枝の友人):• 水沢フサ(謙吾の母):• 西崎(悠起枝の義父):• 長島龍伍(密輸組織のボス):• 善吉(長島の溜り酒場店主):• 海渡琴乃(志摩で店を営む):• 西野彰一(里子の義父):• 西野珠子(里子の義母、長島龍伍の姉):• 草薙(小学校校長、住職):• 柴山晴男(小学校教諭):• 前野(元長島の手下): 愛知・名古屋 [ ]• 尾田登美子(那古野旅館・女将):• 天馬徹太郎(浪漫タイムス編集長):• 菅谷三千代(天馬の元妻):• 菅谷博史(三千代と天馬の子・現在は留置所で生活): その他 [ ]• きし子(浜口家の前で遊ぶ女の子):• 美代子(春樹が列車の中で出会った女の子):• 数寄屋橋の警官:• その他 : 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 ほか 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『評伝 菊田一夫』(岩波書店)P. 175• 『評伝 菊田一夫』(岩波書店)P. 175• アメリカでは、「ラジオの人気番組の放送時間にあわせ、女性ファンが炊事や入浴を止めたために水道の使用量が減った」というエピソードが存在する。 2007年5月31日の編集手帳によると、松竹の重役であった野口鶴吉が宣伝用に広めたのだという。 「東京大空襲」は一般的に(20年)の出来事を表すが、この空襲は5月26日の23日から続いた東京全滅の最後の空襲で、銀座、麹町、が爆撃され、東京駅もこの時焼失した。 春樹と真知子は銀座通りから数寄屋橋へ逃げ、ここで初めて言葉を交わした。 ただし、映画作中では5月24日の夜のこととされる• 関連項目 [ ]• - 空襲で出会った男女の悲恋映画(1940年、米国)• - 半年後の再会を果たせなかった男女の恋愛映画(1939年、米国)• 前番組 番組名 次番組.

次の