アタマ プラス web。 タブレット型AI教材『atama+』新機能をリリース|atama plus株式会社のプレスリリース

【日本発!起業家の挑戦】AIでオーダーメードの学び方を提供 アタマプラス・稲田氏に聞く (2/5ページ)

アタマ プラス web

タグ A1A ABEJA AdTech AI AIQ atama plus アタマプラス AutoMobileTech beartail ベアテイル bellFace(ベルフェイス) BlockChain CBcloud CLUE CROCO CTI CustomerSuccess DIGGLE ディグル EdTech eWeLL FiNC FinTech FoodTech FPGA Future Standard フューチャースタンダード GenKan ゲンカン GVA TECH hachidori ハチドリ HealthTech HERP HiCustomer hokan Holmes(ホームズ) HRBrain HRTech Hubble iCARE InsurTech IoT Kaizen Platform KOSKA Leaner Technologies LeapMind LegalForce LegalTech matsuri technologies MyRefer OKAN おかん Oneteam Onion PaaS Phone Appli PLAID プレイド POL ポル POTLUCK PR Table primeNumber Ptmind SaaS Safie セーフィー SmartDrive スマートドライブ SmartHR Smartround スマートラウンド SQUEEZE TableCheck Viibar ビーバー Web会議 Xenodata ゼノ・データ Yappli ヤプリ Zenport ゼンポート アイキューブドシステムズ アペルザ イエソド イノービア イーウェル エルピクセル オクト OCT オープンエイト カオナビ カケハシ カラクリ クリプラ クリニカルプラットフォーム クロスコンパス Cross Compass グルーヴノーツ ケップル コミュニケーションツール サイダス CYDAS シェアリングエコノミー スカイディスク スタジアム スタディスト スタメン スマートカメラ チャットボット テックタッチ ディープラーニング データ解析 トレタ トークノート Talknote ドローン ネオキャリア バカン Vacan ビッグデータ フォトラクション フロムスクラッチ マツリカ マニュアル メドレー ラフール ロジスティクス ロジレス 倉庫管理 受注管理 建築・土木 画像診断 遠隔医療 金融 電子カルテ 広告 atama plus アタマプラス とは、どのようなサービスか? atama plus アタマプラス の主なサービスは、同社名と同じサービス名である、『atama+』と呼ばれるサービスです。 こちらについて以下にて詳しく解説をしていきます。 atama+とは? atama+とは、AIを活用したラーニングシステムを指します。 中高生向けに、従来の画一的な教育から一人ひとりにカスタマイズした学習方法を提示するため、より効率的に学習をすることが可能です。 atama+の魅力とは? 続いてatama+の魅力について、解説していきます。 完全オーダーメイドの教育プランを提示してくれる事 atama+では、『さかのぼり教育』と呼ばれるつまづいた原因を分析し、その原因に特化した教育プランを提供することが可能です。 atama+のカリキュラムのパターンは、ほぼ無限の組み合わせがあるため、その組み合わせの中からAIで判断し、もっとも効率のいい教育プランを立案することができます。 そのため、 ムダな学習ではなく、より本質的な学習へシフトすることが可能です。 AIと人の両軸でのサポートがあること atama+では、「ティーチング」をAIが、先生が「コーチング」を担当する分担性をとっています。 生徒の強み・弱みの解析やカリキュラム作成など、ティーチング領域ではAIが人にはできないレベルのサポートを行います。 先生は、生徒に寄り添い、目標へと伴走し、学習の姿勢・方法をコーチングでサポートします。 この両者の組み合わせによってより効率的な学習を行うことが可能です。 家でも塾でも同じ内容が学習できること atama+は、クラウドサービスであるため、 塾だけではなく、家でも同様の環境で取り組むことができるため、よりムダなく学習することが可能です。 また、宿題もスマホで配信することができるため、家でも塾でも効率的に学習に取り組むことができます。 atama plus アタマプラス の代表者は? 代表取締役は、『稲田 大輔』氏です。 東京大学工学部卒業後、三井物産に入社し、同社にて教育事業の立ち上げ、その運営に関わります。 その時の体験をもとに、2017年4月、atama plusを3人で創業し、現在に至ります。 共同創業者としては、『中下 真』氏と『川原 尊徳』氏の2名がいます。 『中下 真』氏は、東京大学教育学部卒業後、リクルートに入社し、人事・営業・経営企画などを歴任しました。 その後、稲田氏と共に、2017年4月、atama plusを創業し、現在に至ります。 『川原 尊徳』氏は、東京大学工学部を卒業後、Microsoftに入社し、開発業務に従事します。 その後1年ほどデータサイエンティストを経て、稲田氏と共に、atama plusを創業し現在に至ります。 atama plus アタマプラス の資金調達状況は? 創業してから順調に資金調達を実施しており、 現在までに約20億円の調達を完了しており、シードAラウンドにいると推定されます。 2019年5月、AI(人工知能)によるパーソナライズ教材「atama+(アタマプラス)」を提供するatama plusは、シリーズAラウンドの資金調達を公表した。 第三者割当増資によるもので、引受先となったのはジャフコおよびDCMベンチャーズ。 調達した資金は15億円で初回のシードラウンドで調達した5億円と合わせ、累計調達額は20億円になった。 今回ラウンドの出資比率など詳細は非公開。 atama plus アタマプラス の今後の動向は? 今回の資金調達を踏まえて、コンテンツ拡充とサポート体制の強化を進めるとのことです。 サービスとして順調に拡大をしているため、 サービスの質をさらに高めて顧客の満足度をさらに高めていくことに注力していくことが想定されます。 今回の調達で現在提供している中学高校向けの教科コンテンツを拡充するほか、導入が進む学習塾のサポート体制を強化するとしている。 まとめ AIを活用した学習サービスを提供するatama plus アタマプラス。 そのサービスのについて詳しく解説してきました。 今後EdTech業界の拡大が予測される中、同社のサービスも成長余地が十分にあるものであると考えられます。 資金調達も順調に行なっており、今後の展開が非常に楽しみな企業であると言えるでしょう。

次の

【日本発!起業家の挑戦】AIでオーダーメードの学び方を提供 アタマプラス・稲田氏に聞く (2/5ページ)

アタマ プラス web

2 0 2 0 年。 東京ではオリンピック・パラリンピックが開催されます。 海外からは多くの人がやってきて、日本のグローバル化はますます進んでいきます。 一方、止まらない少子高齢化で労働人口が減り、それを補うための他の国籍の労働者や A Iをはじめとしたテクノロジーの流入も、すでに珍しいことではなくなってきています。 これらを背景に教育改革が行われ、大学入試も変わろうとしています。 未来がどうなるのかは、誰にもわかりません。 あらかじめ答えを準備しておいたり、今まで通りのやり方で対処したりするだけでは、 生き抜くのが難しい時代がやってきます。 そんな時代に求められる「学力」とは何でしょうか。 文部科学省はそれを言葉にして、 (1) 知識・技能 (2)思考力・判断力・表現力 (3)主体性・多様性・協働性 という「学力の3要素」を掲げています。 城南予備校D U O は、中学生・高校生・高卒生を対象とした 新しい時代の新しい学習を提案する新しい塾。 およそ6 0 年、受験生とともに歩んできた城南予備校の情報と指導技術を、 A I(人工知能)を使った自立学習と、ヒト(受験のプロ講師)による指導、 徹底したI C T 学習管理でバージョンアップ。 さらに生徒や、そのご家族の皆さん、そしてスタッフとの三位一体の濃密なコミュニケーションにより、 大学合格と、その先のキャリアデザインを見据えた自己実現の支援を可能にしました。 城南予備校D U O。 未来はもう、ここで始まっています。 <新時代の人間力を育てる、城南予備校DUOの3つのポリシー> 学校推薦型選抜(推薦入試)と総合型選抜(AO入試)の拡大、 一般選抜(一般入試)での主体性=活動実績評価、思考力重視。 大学入試は変化をつづけています。 どれもこれまでの「集団型予備校」「映像授業予備校」では対応が難しいものばかりです。 城南予備校DUOでは、新時代に適応する学力を作り、人間力を育てるため、 3つのポリシーを掲げます。 1) 自己実現を叶える大学を選び、合格をサポート。 志望大学合格を第一目標に置き、社会でどのように活躍したいのかをゴールに、 学びのプランを提示します。 2) AIを活用し、確かな基礎学力を養います。 新時代の入試に必要な思考力のベースとなるのは揺るぎない「知識」。 A I 教材 により、一人ひとりに合わせた個別最適化学習を実践します。 3) グローバル社会とAI時代を生き抜く、英語力・思考力を育てます。 社会の第一線で活躍できる「生きた英語力」「思考力」を育てます。

次の

AI教材atama+(アタマプラス)を使う個別指導+プロ講師による少人数の演習指導。新時代の人間力を育て、新入試にも完全対応する未来の塾、城南予備校DUOが、2月8日(土)藤沢校を開校しました。

アタマ プラス web

2 0 2 0 年。 東京ではオリンピック・パラリンピックが開催されます。 海外からは多くの人がやってきて、日本のグローバル化はますます進んでいきます。 一方、止まらない少子高齢化で労働人口が減り、それを補うための他の国籍の労働者や A Iをはじめとしたテクノロジーの流入も、すでに珍しいことではなくなってきています。 これらを背景に教育改革が行われ、大学入試も変わろうとしています。 未来がどうなるのかは、誰にもわかりません。 あらかじめ答えを準備しておいたり、今まで通りのやり方で対処したりするだけでは、 生き抜くのが難しい時代がやってきます。 そんな時代に求められる「学力」とは何でしょうか。 文部科学省はそれを言葉にして、 (1) 知識・技能 (2)思考力・判断力・表現力 (3)主体性・多様性・協働性 という「学力の3要素」を掲げています。 城南予備校D U O は、中学生・高校生・高卒生を対象とした 新しい時代の新しい学習を提案する新しい塾。 およそ6 0 年、受験生とともに歩んできた城南予備校の情報と指導技術を、 A I(人工知能)を使った自立学習と、ヒト(受験のプロ講師)による指導、 徹底したI C T 学習管理でバージョンアップ。 さらに生徒や、そのご家族の皆さん、そしてスタッフとの三位一体の濃密なコミュニケーションにより、 大学合格と、その先のキャリアデザインを見据えた自己実現の支援を可能にしました。 城南予備校D U O。 未来はもう、ここで始まっています。 <新時代の人間力を育てる、城南予備校DUOの3つのポリシー> 学校推薦型選抜(推薦入試)と総合型選抜(AO入試)の拡大、 一般選抜(一般入試)での主体性=活動実績評価、思考力重視。 大学入試は変化をつづけています。 どれもこれまでの「集団型予備校」「映像授業予備校」では対応が難しいものばかりです。 城南予備校DUOでは、新時代に適応する学力を作り、人間力を育てるため、 3つのポリシーを掲げます。 1) 自己実現を叶える大学を選び、合格をサポート。 志望大学合格を第一目標に置き、社会でどのように活躍したいのかをゴールに、 学びのプランを提示します。 2) AIを活用し、確かな基礎学力を養います。 新時代の入試に必要な思考力のベースとなるのは揺るぎない「知識」。 A I 教材 により、一人ひとりに合わせた個別最適化学習を実践します。 3) グローバル社会とAI時代を生き抜く、英語力・思考力を育てます。 社会の第一線で活躍できる「生きた英語力」「思考力」を育てます。

次の