白血球 の 働き。 好塩基球の働き

白血球を増やす食べ物とは?免疫力アップに効果的な栄養バランスの良いメニュー特集

白血球 の 働き

ウィルスなどに感染した細胞を見つけて排除します。 T細胞は、ヘルパーT細胞、キラーT細胞、制御性T細胞(レギュラトリーT細胞)の3種類があり、それぞれ司令塔、殺し屋、ストッパー・クローザーの役割があります。 キラーT細胞 樹状細胞から抗原情報を受け取り、ウィルスに感染した細胞やがん細胞にとりつき排除する、という「殺し屋」の働きを持っています。 ヘルパーT細胞 樹状細胞やマクロファージから異物の情報(抗原)を受け取り、サイトカインなどの免疫活性化物質などを産生して、攻撃の戦略をたてて指令を出します。 制御性T細胞 キラーT細胞などが、正常細胞にも過剰な攻撃をしないように、キラーT細胞の働きを抑制したり、免疫反応を終了に導いたり、というストッパー・クローザーの働きを持っています。 B細胞 B細胞は、抗体を産生する免疫細胞です。 血液のもととなる細胞(造血幹細胞)から作られ、樹状細胞の指令を受けると、外敵や異物だけを攻撃する抗体を作り、異物の排除を手助けします。 また、B細胞は、細胞ごとに作る抗体の種類が決まっており、B細胞が作り出せる抗体に見合った外敵が出現した場合にのみ、活性化し抗体を作り出します。 NK(ナチュラルキラー)細胞 常にからだの中をパトロールしており、ウィルスに感染した細胞などを発見すると単独で攻撃をしかけます。 T細胞とは異なり、他からの指示を必要とせず、一人で外敵や異物を攻撃できるため、「生まれつき(natural)の殺し屋(killer)」という名前が付けられています。

次の

白血球の種類と特徴と働きをマインドマップにまとめてみた。

白血球 の 働き

細胞に栄養を送る液体 人体を構成する細胞に栄養(糖、脂質、蛋白質等)、ホルモン (作用物質)や酸素を送り届け二酸化炭素や代謝老廃物を肺、肝臓、腎臓、脾臓等に運搬するのが血液です。 成分は、赤血球、白血球、血小板、血漿(けっしょう)で構成されています。 血液量は体重の13分の1と考えられています。 血球には、赤血球・白血球・血小板・リンパ球・好中球・好酸球・好塩基球・単球で構成されています。 血漿(けっしょう) 黄色みを帯びた中性の液体で、蛋白質(アルブミン、フィブリノーゲン、免疫グロブリン)・脂質糖類 (グルコース)・無機塩類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、鉄、銅、リン等)で構成 されています。 役割は、細胞へ無機質の栄養素、血漿タンパク質(浸透圧や緩衝作用調整)のほかにも、アミノ酸やホルモン ・ビタミン類を運び、二酸化炭素、尿素、アンモニアなどの老廃物を肺や腎臓に運ぶ働きをしています。 ほかに出血が起きたときに、血小板や赤血球と一緒に頑丈な血栓を作って傷口をふさぎます。 また、いろいろ な抗体が含まれ、病原体の排除に重要な働きをしています。 赤血球 直径約7. 膜は弾性に優れて容易に変形 できるため、毛細血管など細いところも通りやすい。 赤血球は、水やヘモグロビン(タンパク質)、脂質と いった物質から構成されている。 赤血球を生成する上で、体内で合成することのできない鉄、ビタミンB12、 および葉酸が重要な栄養素とされる。 骨髄で生成され、古くなると脾臓で分解され排出されます。 その間の 寿命は約120日間。 血液1mm2に成人男子で約500万個、成人女子で約450万個、幼児で約690万個。 役割は肺で取り込まれた酸素と二酸化炭素の運搬です。 その構造は表面の赤血球膜と内部の細胞質に分けられ 、赤血球細胞膜を通して酸素と二酸化炭素が交換される。 細胞質のヘモグロビンと酵素の働きで酸素と二酸化 炭素は輸送。 白血球 顆粒球(好中球、好酸球、好塩基球)、リンパ球(T細胞、B細胞、NK細胞)、単球に分類され細胞核を持つ 集合体です。 単球は血管から組織に入りマクロファージ(大食細胞)に変わります。 役割は、病原体やガン細胞を直接、あるいは抗体を作って間接的に攻撃し体を守る働き殺菌、免疫作用を持ち ます。 血液1mm2に成人で平均7,500個。 名称 働き 血中の数 (平均7,500個) 好中球 細菌の捕食、 殺菌。 ー 好塩基球 詳細は不明だが、アレルギー反応を引き起こすと考えられて いる。 ー リンパ球 抗体を作り、腫瘍細胞やウイルスに感染した細胞を攻撃。 リンパ球に抗体の特徴を伝える。 生体内の寿命は、10日間程度。 役割は、ケガなどで血管が傷ついて出血したとき露出した膠原繊維(コラーゲン繊維)と反応して、血小板が 粘着する。 さらに変形してセロトニンやアデノシン二リン酸などを含む粒を放つ。 これらが血管収縮や血小板 の凝集を促し、血栓を形成して出血を止める。 血液1mm2に約20〜40万個。 血液の成分 血液の循環 (体(大)循環・肺(小)循環・門脈系循環) 人体を構成する細胞に栄養素、ホルモン、酸素を供給し二酸化炭素や代謝老廃物を肺、肝臓、腎臓、脾臓等に運搬するのが血液です。 体循環を一周するのに約20秒かかります。 血液循環 ・ 体(大)循環: 血液は心臓を中心に細胞、臓器に血液を送る動脈と毛細血管から心臓に向かって血液を送る静脈の循環。 ・ 門脈系循環: 腹部の臓器(胃腸、膵臓、胆のう、脾臓)の静脈血を集め肝臓に運ぶ循環路。 ・胃から左胃静脈を通し血液を運ぶ。 ・脾臓から脾静脈を通し血液(胆汁の材料、古い赤血球)を運ぶ。 ・小腸から上腸間膜静脈を通し血液(栄養を吸収された)を運ぶ。 ・大腸(結腸・S状結腸)から下腸間膜静脈を通し血液(電解質、水分)を運ぶ。

次の

血液のしくみ(赤血球と白血球の働き)|小学理科

白血球 の 働き

Contents• 顆粒球 好中球 白血球全体の中のおよそ50%、顆粒球の約95%を占める。 最近の毒素や組織を破壊産物などがあると、その濃度の高い方向へアメーバのように偽足をのばして移動する(化学走性)。 また、血管壁を通過して組織中へ移動する(遊走)。 主に血液や組織において貪食作用を行う。 いくつかの細菌を処理すると死滅し、細菌とまとまって膿となる。 好酸球 白血球の約3%、顆粒球の約4%を占める。 顆粒中の物質が寄生虫を障害するほか、ヒスタミンを中和して抗ヒスタミン作用を示す。 アレルギー・炎症反応に対しては、抑制的作用と促進的作用の両面を示す。 このため、アレルギー疾患や寄生虫感染の時に増加する。 好塩基球 白血球全体の1%程度で最も少ない。 顆粒中にヒスタミンと抗凝固作用のあるヘパリンを含む。 ヒスタミンは血管拡張作用があり、炎症反応を引き起こす。 IgEと親和性が強く、肥満細胞に結合したIgEに抗原が付着すると、アナフィラキシー作用から蕁麻疹や喘息などが誘発される。 単球 白血球の約5%を占める。 血管外へ遊走して組織内に定着し、マクロファージ(大食細胞)となる。 マクロファージ(大食細胞) マクロファージの食作用は好中球より強い。 また、食べた抗原に関する情報をリンパ球に伝え(抗原提示)、免疫にも大きく関与している。 リンパ球 T細胞 リンパ球は白血球の30%、T細胞はリンパ球の70〜80%を占める。 胸腺に置いて成熟する。 細胞性免疫は主にT細胞が中心的な役割を果たしている。 キラーT細胞(細胞傷害性T細胞) ある種の細菌やウイルスは細胞の中に侵入して増殖する。 細胞の中に入ってしまった抗原に対しては抗体は作用できないので、細胞ごと破壊する。 このような防御作用を細胞性免疫といい、それを担当するのがキラーT細胞(細胞傷害性T細胞)である。 ヘルパーT細胞 T細胞の中で圧倒的に多い割合を占め、キラーT細胞を活性化させ、マクロファージの食作用を亢進させる。 サプレッサーT細胞(制御性T細胞) ヘルパーT細胞の働きを抑制する。 B細胞 ヘルパーT細胞により刺激を受けたB細胞は分化して形質細胞となり、抗体を産生する。 このような抗体による防御機構を 液性免疫という。

次の