子供 が 発熱 したら。 子供が発熱…鼻血が出たら?症状別の病気を教えて!

子供の発熱 家庭での対処法

子供 が 発熱 したら

子供に限らず、大人にとっても家から少し離れたところでユックリと気分転換出来る事は、楽しみな事です。 私のように、旅行はもちろん前日までの準備を楽しむタイプの方も多い事でしょう。 しかしながら、季節的な事も重なり、子供の体調が前日または旅行の当日に悪くなる事や、発熱する事はしばしば見られます。 キャンセルするには50%~100%のキャンセル料がかかるかもしれません。 お金がもったいないと思う事は仕方がありませんが、病気が悪化してせっかくの旅行中の予定がホテルにじっとしているだけになってしまうよりはマシかもしれません。 飛行機のチケットであれば、航空会社に問い合わせて、予定を変えてもらえないか聞いてみる事も出来ます。 キャンセル料を払っても数日ズラしもらえると助かるシチュエーションかもしれません。 では、車で移動する範囲の旅行ではどうする事が出来ますか? その場合は、状況が変えやすいかもしれません。 時間帯を解熱剤を飲ませた後など、車で寝て過ごせる態勢に整える事が出来ますか? 夜中に誰かと交代しながら運転して行く事が出来る場所でしょうか? 冷静に判断して、前日までには決定したいですね。 旅行中の子供の発熱もよく見られます。 私の場合は、海外に住む両親のもとで毎回必ず、子供が熱を出してしまいます。 そうなると、帰りの日付までに治す事に注意が集中して、いつも旅行の最後のピースが楽しめない事を覚悟しておかなければなりません。 旅行先でそのような状況に備えるためには以下のような点を覚えておきましょう。 また、常に飲み水は多めに持参して水分をたくさん摂るようにさせましょう。 子供の発熱は1日で治まって次の日にはケロッとしている事がありますが、数日前から咳や鼻詰まりが始まって微熱が出ているなどの予兆が出来要る場合には、どうすべきかとても悩む事でしょう。 3日前までに症状が出て、後は家でユックリ出来れば快復の道を行くであろう。 といった場合では、旅行は出来る方向で考えられるかもしれません。 発熱が止んで丸1日経っていれば、回復していくかもしれません。 では、前日や前々日に発熱した場合にはどうするべきでしょうか? こればかりは、その状況によると思います。 例えば、季節的に極めて暑いまたは寒い時に病気の子供を連れて行くのは可哀想でしょう。 また、症状が悪化するような予定がびっしり詰まっている旅行では、全て出来なくなる可能性が高くなる事でしょう。 この場合では、潔く早めに予定をキャンセルして次の旅行に期待を置きましょう。 寝不足や機嫌の悪さ、元気がないなど、病気の前にはいつも出る子供の傾向を知っておくと、対応しやすいかもしれません。

次の

子供が発熱…鼻血が出たら?症状別の病気を教えて!

子供 が 発熱 したら

スポンサードリンク 子供が発熱!冷やすにもタイミングがある? 熱が出たとき 「冷やさなきゃ!」と思いがちですが 実は冷やすにも タイミングがあるんです。 ご自身が熱が出たときのことちょっと思い出してみてください。 よくよく思えば、熱が上がっている段階の時って 寒気がしたり、震えが出たりしませんか。 そんな震えや寒気が出ているときは冷やすタイミングではないですよね。 子供も一緒です。 では、いつが冷やすタイミングかとうと 熱が上がりきって暑い!ってなってからです。 お子さんがおしゃべりできて、既に自分の状況を伝えられる年齢であれば、 「暑い?寒い?」って聞いてあげて、「暑い~」 と返事があれば冷やしてあげればよいのですが、 まだ1~2歳前後の乳幼児期のお子さんだと自分の状態を伝えられなかったりしますよね。 そんなときにどうやって暑いか寒いか判断したらよいかというと 手足のあたたかさです。 熱が上がりきってしまえば、手足の末端までぽかぽかとしてきますし、 まだ熱が上がっている状態であれば、手足は冷たくなっています。 手足が熱くなってくると汗もかきはじめたり、 暑くて機嫌が悪くなったりしがちになるので、 このときが冷やすタイミングです。 冷やすだけでなく、衣服も少し薄着にして 熱がこもらない工夫をしてあげましょう。 そして汗をかいたらタオルで汗を拭き こまめな着替え、水分補給もしっかりしてあげてくださいね。 ちなみだけど、 熱が上昇中で寒気や震えがあり、手足が冷たいときは 毛布や布団で温めてあげたり、手足はさすって温めてあげるとよいですよ。 スポンサードリンク 子供が発熱したときに冷やす場所ってどこ? 大人だと熱があると気持ちいいから額に冷えピタなどを貼ったり、 アイスノンをタオルなどで巻いて氷枕にしたりするのが一般的かな~と思うのですが 実は冷やして熱を下げるのに効果的な場所があるんです。 それが太い動脈が通っているく 頸部、脇の下、太もものつけ根(鼠径部)です。 冷やすことで熱を取りたいならこの部分を タオルやハンカチなどで冷たすぎないようにくるんだ保冷剤や 子供の大きさにあったペットボトルなどを凍らせて冷やしてあげましょう。 おむつやトレパンを履いている赤ちゃんや乳幼児だと 動き回ってじっとなんてしていられないと思うので、 そんなときは、おむつやトレパンにうまいこと挟んであげるとよいかな?と思います。 ただ保冷剤やペットボトルが固いですよね…。 そんなときは、紙おむつが自宅にあるときは、 紙おむつに冷凍庫にある氷を8個程度いれて閉じて それを手ぬぐいなどで巻いても保冷剤代はりに使えます。 ゴツゴツ固くないので、保冷剤より体部分にフィットしやすいし、 意外と水分も漏れてきませんよ。 もちろん、お子さんが嫌がらなければアイスノンの氷枕を使ってももちろんOK。 ただこの時首が強く胸の方に起きすぎると呼吸が苦しくなることがあるので 使うときはちょっと注意してあげてくださいね。 もし慣れていないし冷やされるのをお子さんが嫌がるようなら 無理に冷やす必要はないです。 だけどお子さんは暑いと思うので、薄着にしてあげたり、 汗をかいたらこまめに拭いてお着替えしてあげるようにしてあげてくださいね。 子供が発熱した時に冷やす以外に気をつけたいことは? 発熱時の対処法として冷やす以外で気をつけたいことは 水分補給をしっかりすることです。 発熱すると汗をたくさんかくし、 呼吸が早まったりして水分が失われてしまいます。 そこで脱水症状にならないよう こまめな水分補給を意識してくださいね。 赤ちゃんやまだ1歳前後くらいお子さんだと 寝ていても水分を飲んだりするので、 哺乳瓶やマグマグなどを使って水分をあげるとよいですよ。 そして汗をたっくさんかくので、 こまめな着替え。 汗をそのままにしておくと あせもやおむつかぶれに繋がってしまうこともあります。 着替えをするときに毎回でなくてもよいですが、 ぬるま湯に浸してしっかり絞ったタオルで 体を拭いてあげると、肌についた水分が蒸発するときに 体の熱を奪って体温を下げてくれる効果もあります。 よかったら着替えのときに取り入れてみてくださいね。 まとめ 赤ちゃんや乳幼児の子供が熱を出すと大人のときとは違い 神経を使うものです。 そこで、今回は発熱時に冷やすときに気になる冷やすタイミングや場所について お伝えしましたがいかがでしたでしょうか。 少しでも参考になれば嬉しいです。 お子さんが小さいと夜泣きがあったり看病も大変かと思いますが ご自身が体調を崩されないよう気をつけながら 看病頑張ってくださいね。

次の

子供の発熱で病院に行く目安!熱以外の症状もチェックで受診

子供 が 発熱 したら

子供は熱中症になりやすい? 小さな子供はその小さな体に 大人と同じだけの汗腺を持っています。 暑い夏は小さな体から大量の汗をかくのです。 よく小さなお子さんが夏遊んでいる姿を見たら、汗だくで髪の毛も何もかもびっしょりになっている事ってありますよね。 子供は大人と同じだけ汗を出すのに体が小さいから、 まるで水をかぶったようにびしょ濡れの状態になってしまうのです。 それほど大量に汗を出してしまうため、 小さな体の中ではすぐに脱水症状が起こるので、熱中症にもかかりやすいと言えるのです。 子供の熱中症で怖い発熱 熱中症で発熱をするという事はどんな事が起こっているのかを説明いたします。 気温が高い時に体温を下げようと汗を出す 外気が高い時には体温を調節しようとして汗を出し、 外気に汗が触れる事によって体温を下げようとする。 体温以上に外気が高いと体温調節がうまくいかない 外気が体温以上に上がっている時は、汗を出しても冷えないために 体温調節がうまくいかなくなる。 脱水症状により臓器の働きがうまくいかなくなる 体内の水分や塩などが汗と一緒に出てしまうため、体内は 脱水状態になり臓器の働きが悪くなる。 めまいなどの体調不良が起こる 水分や塩分を補給せずにいると、めまいなどの体調不良を感じるようになる。 頭痛、吐き気、嘔吐が始まる 水分補給や塩分の補給を怠る事で頭痛や吐き気、嘔吐などの症状が起こる。 それが発熱となり 意識障害を起こしてしまったりする。 大人の場合はまだ自分で何らかの対応をする事ができそうですが、子供の場合はそう簡単にはいきません。 では発熱を起こしてしまったらどうなってしまうのでしょうか? 熱中症で子供が発熱をしたら? もしも熱中症で子供が発熱をしてしまったら、意識があるないにかぎらずに救急車を呼びましょう。 熱を測ってみて 40度近い発熱があった場合には、 体の中心部分ではかなりの高熱になっているはずです。 放置していると 意識障害が起こりそのまま死に至ります。 また熱中症で発熱が起こるという事は、重度の熱中症である事が考えられるので、 速やかに病院へ連れて行かなくてはならないのです。 子供の命は大人が守るしかありません 熱中症による子供の死亡事故の話をニュースなどでも取り上げられていますが、子供は小さければ小さいほど熱中症にかかりやすく重症化しやすいです。 なによりも怖いのは急激な症状の悪化です。 悪化してしまわないようにするためには、 こまめに水分補給をしてあげる、塩分をとるようにしてあげるなどをしましょう。 カテゴリー•

次の