愛を読む人 ネタバレ。 「愛を読むひと」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

【ネタバレ考察】『愛を読むひと』が描いた「変わる」こととその受容

愛を読む人 ネタバレ

漫画、愛になんて溺れないの最終3巻が発売されました。 今回はこの漫画を誰でもすぐに無料で読める方法や結末までのネタバレを紹介したいと思います。 誰でも使える無料で読む方法 使うのはU-NEXTというサイトです。 大手の上場企業が運営する、映画や電子書籍を配信しているサイトです。 U-NEXTには愛になんて溺れないが全巻配信されています。 そしてこの無料特典を使うことで、完全0円で読むことが出来ます。 31日無料で使えて600円分のポイントで漫画が買える! このポイントで、愛になんて溺れないを買うことが出来るんです。 ちなみに、ポイント購入した漫画はスマホにDL出来ますし、解約後も読むことが出来ました。 特典は初めて利用する人、全員が受けれますし気に入らなければ即時で解約出来るので安心して下さいね。 サービス内容や不安なことがある人はにまとめているので参考にしてみて下さい。 10話から最終話|ネタバレ 「同棲なんて法的メリットもねーし効率悪いだろ」そんなことを平気で行ってくる、クズ男だった二ノ宮ですが怜に対しては違うらしく。 早朝ランニングから帰ってきた怜を抱きしめて 「いつから一緒に住む?」と詰め寄ります。 仕事中は私情を挟まずテキパキとこなす二人、ふと休憩中に2人分の弁当を作ってきたので一緒に食べようと誘う怜。 しかし 「いらない。 そういうのいいから」とあっさりと断り、午後から出張だからと合鍵を渡してそそくさとその場を去ります。 一度も連絡もなく、自宅でふさぎこんでいると、二ノ宮さんが訪ねてきてくれました。 深夜ですが二人になりたいからと連れ出された先は会社の保養所で海の音が聞こえるビーチ近くのいい雰囲気の場所でした。 そこで彼の本音を聞きます。 「怜に頑張らせたくないし俺も頑張りたくない。 その方が長続きするだろ?」 彼自身の口から長続きさせたいと言ってくれたことで怜の機嫌は一気に直ります。 自分の家の合鍵も渡し、お互い自分のペースで相手に会いに行こうと、キスをするのでした。 それから暫くして、約束していた旅行の前日に怜はやっぱり旅行には行けないと言い出します。 きちんと有給の申請はしていたのですが、担当クライアントから別件で相談できないか?と言われたからです。 ですがそんな事、二ノ宮さんには通用せず 「同僚を信用しろ。 休暇を取るのも能力だ」と正論で言い伏せられるのでした。 今日の目的地は予約の取れない有名宿です。 ドライブを楽しみながら目的地に向かいますがチョコチョコ仕事の事を気にする怜。 流石の二ノ宮さんも機嫌が悪くなり、宿に着いた瞬間 「帰るぞ!仕事気になるんだろ」と会社へ向かいます。 すると怜の代わりにクライアントと打ち合わせに行った同僚は 「とっくに終わってるけど、どうかした?」とさっぱりしたものでした。 同僚はそんなことより二人が一緒に現れたことの方が気になるようで各層とする怜をよそに 「一緒に旅行中だ」と断言する二ノ宮さん。 翌日、やっぱり昨日のことはすぐ社内に広まってるようで、朝から女性社員たちから質問攻めにあってしまいます。 すると、今まで以上にモテ始める二ノ宮さん。 みんな彼女が居ようとお構いなしのようで、怜からの情報をもとに猛アタックしています。 それだけじゃ飽き足らず、怜を飲み会に誘うと彼を落とす秘訣を教えてとまで言ってきます。 別に隠すつもりもなくサラサラと彼の好きなこと嫌いなことをぶっちゃける怜。 「私、絶対負けませんので」余裕の表情でそう宣言しますが、実の所不安がいっぱいでした。 飲み会の帰り、二ノ宮さんに出会うなり 「どんな美人にもかわいい子にも負けないもん」と抱き着いてしまいます。 ですが、その日から1週間放置される怜。 しかしそれは二ノ宮さんの気まぐれでした。 「飲み会の日、あまりにも怜が可愛かったから追っかけられてみたかったんだ」でもこれ以上、エッチを我慢するのが無理だ。 と元のラブラブな関係に戻るのでした。 暫くして、寿退社した社員の結婚式に参列した二人。 怜は自分たちもいづれ結婚するのかなぁ。 と淡い期待を抱きます。 ですが、女心を知る気ゼロの二ノ宮さんは考えたことも無さそう。 モンモンとした毎日を送っていたのですが、我慢できずそれを直接相手にぶつけます。 以外にも真剣に結婚のことを考えてくれる二ノ宮さん。 でもまだまだ想像は出来ないようで、とは言え離れる気も無いようで。 -完-•

次の

それでも愛を誓いますか?第37話のネタバレと感想|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

愛を読む人 ネタバレ

【それでも愛を誓いますか?】という漫画を広告で知りました。 44話では、センパイに言われて自分は純に「頼られたかったんだ」と気付いた武頼。 ちゃんとした会話をしなければいけないと思いながらも、日が過ぎていくばかりです。 しかしこのままではいけないと武頼がやっと純に声を掛けますが、 純はサオリのSNSからの「いいね!」を武頼に見せてきたのです・・・・! 【それでも愛を誓いますか?】45話のネタバレを紹介します! それでも愛を誓いますか?【45話】ネタバレ! そう言われた武頼は、一瞬戸惑いました。 その様子を見た純は勘づきました。 「会ったんだ・・・」 「純 俺は・・・」 「また会ったんだ!」 言い訳をしようとしますが、武頼はいい言葉が見つかりませんでした。 「・・・仕事行って。 遅れるよ」 そう言われた武頼は 「夜ちゃんと話そう」 と言って出て行きました。 でも、純は女の話ならもう聞きたくない・・・そう思ったのです。 コツコツコツ 武頼は会社に急ぎ足で向かいながら、 【なんなんだ!! なんなんだ!! なんなんだ!!】 と苛立っていました。 ーーー 【今の足立の身の上が大変そうだと思ったんだ。 自分の稼ぎで人を養う覚悟が分かるから。 それに「初めての彼女」との再会に正直浮かれた。 】ーーー サオリは一体何をしたいんだ?武頼がそう思っているとスマホが鳴りました。 嫌な予感がした武頼はスマホの画面を見ました。 すると・・・ 《奥さん だいじょうぶ?》 そういって SNSのDMを使ってまでサオリが連絡を入れてきたのです。 《嫁にちょっかい出すなよ。 巻き込むな》 武頼がそう返信すると 《ごめんね。 喧嘩になっちゃった? 私、奥さんにちゃんと謝るよ》 と返信が来たので、武頼は「は?」と思いました。 《やめろって》 《何で?悪いことしたら謝らなきゃ》 《嫁に関わるな》 《じゃあよ夜にこの前の公園で会おうよ。 話聞いてよ》 《行かない》 武頼がそう言うと、サオリはこんなことを言ってきたのです。 《じゃあ奥さんに相談しようかな。 友達作れって言ってたよね?》 それを見た武頼は 「これ本当に足立か?」 と驚愕しました・・・ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「真山!任せたい案件あるんだけど余裕ある? 真山を担当にって渉外の人からなんとご指名が!」 すごいなと言いながら先輩にそう言われた真山は、 あの日の純の返信をずっと既読スルーしているので、 渉外と仕事するのは気まずいなと思いました。 「聞いてんのか? 純須さんの推薦だって」 そう言われた真山は「え?」と驚きました。 「真山がいい仕事するってそう聞いたらしいよ。 純須さんから。 【人がいないとこなら・・・会議室・・・? 来てくれるわけ・・・いやでも】 真山はブツブツ言いながら、どうにか純に会えないかと考えていました・・・ ーーーーその夜 「お疲れ様。 今日は特に暑いね」 今が一番大事な時だから、誰も自分達夫婦に構わないでくれと思った武頼は サオリに直接会ってちゃんと言おうと思い、言われた公園に来てしまったのです・・・ 「どういうつもりだよ!それに子供いるだろ?!夜中にいいのか!」 武頼がそう言うと 「ちゃんと寝かせて私の母が見てる」 とサオリは答えました。 「・・・もう嫁に構うなって!」 と武頼が言うと、 「私 タケくんとやり直したい」 そうサオリが言ってくるので 「無理だ」 と武頼はハッキリ断りました。 そんな武頼にサオリはこんな話をし始めました。 「・・・昔読んだ話で、現在の妻Aとの生活に疲れた男が 昔の恋人Bと再会してね。 Bと結婚すればよかったんじゃないかって考えるの。 そしてあるきっかけでBと結婚生活を送るんだ。 考えたことない? 私はタケくんとの生活考えたよ。 タケくんは昔のまま優しくて、悠介にも優しくしてくれて 頼りがいがあって・・・なのに奥さんと今うまくいってないよね? 私、離婚経験あるから分かるよ。 すれ違ってて子供もいない奥さんて、ただの同居人じゃない?」 そう言われた武頼は 「違う 大事だ」 と答えました。 「タケくんだって頑張ってるのに。 大事にされてる? 今日もごめんね。 あの日話聞いてくれて凄く安心したの・・・」 そう言ってサオリは武頼に抱き着きました。 しかも今回も直接会いに来ちゃってる・・・ダメだって・・・ 会うの嫌って純が言ってるんだから、ちゃんと純に こんなメッセージが来てサオリに脅されてるんだって説明しないと。 自分で考えて自分で行動するから、こんなずるずる悪い方向になってしまってるんだよ。 純の事大事にしてるけど、サオリが言った例えばの話も否定できなくて 武頼は戸惑ってしまいます。 確かに頼られるのが好きな武頼なら、 女で儚い感じのサオリがタイプではあるよね・・・ 純は気持ちを伝えるのが苦手だから・・・ 武頼どうすんだろ?このまま泥沼にはまって行きそうです。 まとめ 「それでも愛を誓いますか」45話のネタバレ感想を紹介しました! これ以上自分達夫婦の仲に切り込んできて欲しくなくて、 直接サオリに言いに来てしまった武頼。 サオリの毒牙に触れるとも知らずに・・・ 抱きつかれて自分は頼りにされてると感じた武頼はこの後どうするのか? 次回の話の続きが気になります!.

次の

きっと愛だから、いらない【最終話】ネタバレ!二人の大好きな曲で記憶が…素敵な結末│シロカミエンタ

愛を読む人 ネタバレ

〜もくじ〜• 彼女、お借りします143話のあらすじ 病院に入るちづるを見つめるのは・・・墨! 墨との会話によって、ちづるは和也の頑張りを再確認します。 一方の和也は・・・? 彼女、お借りします143話のネタバレと感想 横断歩道を渡る墨。 顔を上げると・・・ちづるの姿があります。 ちづるが向かう先にあるのは、病院・・・。 ちづるは祖母の病室を訪れていました。 「はいコレ、誕生日プレゼント」 そう言って祖母に服を渡すちづる。 嬉しそうに受け取る祖母を見て、ちづるは体調を尋ねます。 「何よそんな大昔のこと」 そう返す祖母ですが、容態が急変したのは3日前・・・。 3日を大昔と言う祖母を見て、そんな73歳になりたいとちづるは話すのでした。 「にしてもすっかり止んだね、予報では70%だったのに」 話題を変え、晴れた外を見て話すちづる。 ちづるに晴れ女だと話す祖母は、ちづるが生まれた日のことを話し始めます。 その日は大雨・・・。 しかし、祖母が病院に行った途端雨が上がったのです。 そこから、ちづるの母について、自分の娘について話し始める祖母。 自分より先に死んでしまった娘・・・。 ちづるは祖母に、自分は長生きすると宣言しました。 話しを終えたちづるが廊下に出ると、そこにいたのは・・・。 「すっ・・墨ちゃん・・・!!」 大きな花束を持った墨が、そこに立っていたのです。 椅子に座り話し始めた2人。 墨からビラ配りを手伝ったことを聞き、ちづるは驚いています。 映画制作のことがずっと気になっていた墨に、ちづるは上映の日程まで決まっていることを話しました。 話しを聞いて拍手をして喜ぶ墨。 筆談で話す墨が書いた文字は・・・。 「和也君、凄く頑張ってた」 和也が悩んでいたこと、それでも立ち上がったこと。 映画の成功は 〝2人の力〟だと言う墨は・・・。 「・・・おめでとう」 嬉し泣きをしながら、笑顔で話すのでした。 和也の理解者だね!! 墨との話しを終えたちづるは、祖母の元に墨を連れて行きます。 花を持ってきてくれた墨にお礼を言う祖母。 墨が病室を後にすると、祖母は嬉しそうに語り始めました。 とっつきにくいちづるの周りに、人が増えたのは和也と付き合いだしてから・・・。 そんなことないと否定するちづるは、言おうと思っていたことを祖母に伝えます。 「9月20日に上映会!?」 ちづるの話しを聞き、嬉しそうに声を上げる祖母。 「もちろん行くわ!楽しみねぇ!」 そう言って笑顔になります。 祖母の様子を見て、笑顔になるちづる。 完成を聞いた祖母は・・・。 「和也君、頑張ったわねぇ・・・」 そう呟きました。 祖母の言葉を聞き、プロデューサーとして当たり前だと返すちづる。 そこから和也について話し始めるちづるは、和也がしてきた無茶な行動を並べ・・・。 川に落ちた話しを楽しそうに話すのでした。 「ちづる・・・ 人に〝愛〟が芽生える瞬間は、いつか知ってる・・・?」 楽しそうなちづるに、突然尋ねる祖母。 不思議そうな顔をしているちづるに、祖母は種明かしをします。 「その人のことを、楽しそうに語った時よ」 和也の理解者は意外と多いね ちづると祖母が話しをしている最中・・・和也は1人ちづるのことを考えています。 今までの思い出を振り返る和也の表情は・・・ 何故か険しく、頭を抱えるのでした。 まとめ 祖母はちづるの和也への想いに気付いているようです。 墨からも和也の思いや頑張りを聞かされ、ちづるの想いは強まったのではないでしょうか。 第3者から聞かされる努力は素敵に見えますよね! 一方の和也は、何かに悩んでいるようです。

次の