妊娠後期 上腹部 痛み。 妊娠後期のお腹の張り・痛みがきたら、すぐやるべきことは?胎動との関係は?

妊娠初期症状〜下腹部痛

妊娠後期 上腹部 痛み

妊娠後期(妊娠28週以降)は妊娠中を通して最もお腹が張りやすい時期ですが、たいていは出産の準備のための生理的な現象だといわれています。 妊娠中のお腹の張りは、子宮の収縮によって起こることが多いです。 赤ちゃんを包む子宮は筋肉でできており、普段は柔らかいのですが、何らかの刺激を受けたときなどにギュッと収縮して硬くなります。 子宮が収縮すると、子宮周辺の部位も影響を受け、お腹が張っている感覚が出るのです。 また、子宮自体が大きくなる感覚や、子宮を支える靭帯(じんたい)が子宮の増大によって引っ張られる感覚をお腹の張りとして感じることもあります。 お腹の張りの感じ方は「お腹がピキッと張り裂けそう」「お腹が石のようにカチカチになる」など個人差があります。 妊娠中の性行為は、妊娠の経過に問題がなければ可能という見解が多いようです。 しかし、性行為の刺激や寒さからくる冷えなどによって、子宮の収縮を促してしまう恐れがあるので注意が必要です。 深く挿入すると、腟の奥にある子宮頸部が刺激されることで、反射的に子宮収縮が起こるため、できるだけ浅く挿入するようにします。 また、乳頭を刺激しすぎると、子宮収縮作用のあるオキシトシンというホルモンが分泌され、お腹の張りにつながることがあるので気をつけましょう。 コンドームを着用しないで性行為をすることがお腹の張りの原因になっているケースも考えられます。 精液にはプロスタグランジンという子宮を収縮させる作用もあるホルモンが含まれているからです。 また、妊娠中は腟の自浄作用が低下し、細菌感染しやすくなっています。 精液から雑菌が入ることで腟炎になると、赤ちゃんを包む「絨毛膜」や「羊膜」に感染が波及し、「絨毛膜羊膜炎」になりかねません。 絨毛膜羊膜炎は子宮収縮を引き起こし、お腹の張りがあらわれることがあり、病状が進行すると切迫早産や早産にいたる可能性もあります。 妊婦さんの7~8割が悩むといわれる便秘がお腹の張りや痛みを引き起こすことがあります。 妊娠中は、プロゲステロンという妊娠を維持させる働きがあるホルモンの分泌量が増えるのですが、このプロゲステロンには腸の動きを鈍らせる作用があります。 また、大きくなった子宮による腸の圧迫、運動不足といった要因で便秘になりやすくなります。 特に妊娠後期は胎児が大きくなり、腸の圧迫が強くなるため、急に便秘になったと思う方も多いかもしれません。 便秘がちになると、悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなり、腸内ガスがたまりやすくなります。 これがお腹の張りや痛みの原因になる場合があります。 水分補給や軽い運動で腸の働きを助けるなどして、症状を改善しましょう。 妊娠後期の28~31週頃は、羊水の量が増え、お腹の赤ちゃんが最も激しく動く時期なので、胎動を感じることも多くなるでしょう。 胎動の感じ方には個人差がありますが、赤ちゃんが手足を伸ばすなど胎動が激しいときには、お腹が張ったように感じたり、痛みを感じたりする場合があります。 お腹の張りと激しい胎動が同時にあるときは、しばらく安静にして、自然に治まるのを待ってみましょう。 胎動が激しいのは、基本的には赤ちゃんが元気に動いている証拠です。 胎動が原因になって早産になることはありませんので、過度に不安にならないでくださいね。 妊娠9ヶ月頃になると、出産に向けて赤ちゃんが下りてきて、ママの骨盤に頭が固定されるようになります。 そのため、赤ちゃんが自由に動きにくくなり、胎動の回数も減ります。 ただし、胎動が少ない・弱いのに加えて、お腹の張りや痛みが頻繁にあったり、出血がみられたりする場合は、切迫早産といったトラブルの可能性もあります。 気になる症状があれば、早めに医師に相談しましょう。 妊娠後期はお腹の張りが頻繁に起こりますが、多くは生理的な現象で、安静にしていれば治まることがほとんどです。 お腹の張りや違和感を覚えたら、まずは椅子やソファに座り、楽な姿勢をとってゆっくりしてください。 横になって休めるとなお良いでしょう。 冷えやストレスが原因のこともあるので、ブランケットでお腹を温めたり、ホットドリンクを飲んだりして、身体と心をリラックスさせるようにします。 車を運転中であれば、安全な場所に駐車し、できればシートを倒すなどして休んでください。 仕事中の場合には、お腹の張りを周りの人に話して休憩させてもらいましょう。 仕事中のお腹の張りは、精神的なストレスが原因の場合もあるので、目を閉じて深呼吸するなどして、心を落ち着かせてくださいね。 また、妊娠後期のお腹の張りには、動きっぱなしや立ちっぱなしが良くありません。 特に外出中はこまめに休み、歩きすぎないことが大切です。 しばらく休息すれば張りが治まるようであれば、たいていは心配ないとされています。 ただし、トラブルのサインの場合もあるため、お腹の張り以外の症状がないかどうかなどをしっかりとチェックしてくださいね。 妊娠後期のお腹の張りの大半は、出産に向けた準備のための子宮収縮が原因です。 特に出産が間近になると、「前駆陣痛」という不規則な子宮収縮が起こります。 これは本陣痛のリハーサルのようなもので、お腹の張りや生理痛のような痛みを伴います。 子宮収縮の間隔や強さには規則性がなくバラバラですが、陣痛周期が10~15分間隔または1時間に6回以上と、ある程度規則的になったら本格的な陣痛です。 いつ赤ちゃんが生まれても良い時期になると、前駆陣痛でお腹の張りと痛みが同時に起こるのは珍しいことではありません。 しかし、お腹がカチカチに張った状態のままで治まらなかったり、痛みが激しかったり、出血がみられたりすると、なんらかのトラブルの可能性もあります。 切迫早産とは、妊娠22週以降から37週未満に早産の兆候がみられることを言います。 子宮口が開いたり、子宮頸管が短くなったり、子宮収縮が頻繁になったりして、早産しそうになった状態です。 赤ちゃんがお腹の中で十分に成長しないまま生まれてしまうと、障害が残るなどのリスクがあるため、安静にしたり治療を受けたりしながら妊娠の継続を図ります。 切迫早産は、規則的なお腹の張りの他、下腹部痛や背中の痛み、不正出血といった症状がみられる場合があります。 破水することもありますが、尿もれと勘違いしてしまう人も多いようです。 切迫早産の大半は絨毛膜羊膜炎などの感染症が原因だと考えられています。 その他、子宮筋腫などで子宮に問題がある場合や、多胎妊娠のときにも切迫早産のリスクが高まります。

次の

妊娠後期のお腹の張り・痛みがきたら、すぐやるべきことは?胎動との関係は?

妊娠後期 上腹部 痛み

何事もなく順調に妊娠が進行しても妊娠中の身体の痛みや痛みのある状態が現れることがあります。 嬉しいことに妊娠が進むにつれてなくなっていく不快な状態もあれば、簡単に和らげることのできる痛みなどもあります。 背中の痛みから静脈瘤まで妊娠中に経験するかもしれない最も一般的な痛みや悩みを知って、痛みのない快適な妊娠生活への対応策を考えていきましょう。 背中の痛み 背中の痛みの最も一般的な原因は、赤ちゃんが成長していくにつれてママの背中の筋肉にかかる負担が大きくなっていくことによるものです。 ママの体の重心が体の前方に移り、バランスをとるために腰を後ろに反らそうとします。 その結果、背中の筋肉にさらなる負担がかかり、痛みやこりの症状が現れるのです。 妊娠期間中は下腹部の筋肉も伸びて弱くなり、背中や背骨が十分に支えられていません。 妊娠ホルモンもママの骨を支える結合組織が緩むことによる背中の痛みの原因の一つで、特に骨盤の間接周囲のじん帯は、出産に備えて緩んでいます。 嬉しいことに、立っている時や座っている時、動く時に良い姿勢を保つなど、痛みを軽くするための方法は幾つかあります。 また、以下の方法も是非、お試しください。 アーチサポートがしっかりしたかかとの低い靴を履く• 背中を支える硬いマットレスを購入する• ひざを曲げる代わりにひざを高くあげる• 横向きに眠る、そして枕を足の間に挟むかお腹の下に置く 定期的な運動ではすぐに痛みは和らがないかもしれませんが、ママの背中を支える背中の筋肉や足を鍛えることは、長い目で見ると背中の痛みを和らげることにつながります。 妊娠中のママに合った適度な運動プランについてお医者さんに相談してみましょう。 パンパースのサイトでも妊娠中の運動について書いていますので、 参考にしてください。 赤ちゃんが産まれたら、背中にこれほどの負担がかかることはなくなり、気分も良くなっていくでしょう。 妊娠中のこむら返り 妊娠中のこむら返りは経験されているかもしれません。 ママの体に前駆陣痛が起こる妊娠後期や、妊娠初期に軽いこむら返りが起こることがあります。 妊娠してから約2週間後、受精卵が子宮内膜に着床した時に軽い出血とともに軽いこむら返りが起こることがあります。 これは. と呼ばれています。 子宮辺りのじん帯が伸びることが原因による骨盤の鋭い痛みや筋肉のけいれんのようなものを感じることがあります。 について詳しく書いていますので、読んで下さい。 妊娠中期が終わりに近づき妊娠後期に入ると、出産日が近づくにつれて強く感じられるようになる前駆陣痛()が起こることがあります。 通常、前駆陣痛は歩いたり休んだりすると治まりますが、陣痛の間隔が近づいて強くなってくる感じであれば、その他の分娩のサインにも気を配り、心配であればお医者さんに相談しましょう。 前駆陣痛には少し痛みがありますが、全く普通のことです。 大事な日に備えてママの体が予行演習をしているのです。 歯の痛みと過敏症 妊娠中期には、歯磨きや歯の掃除をしているときに歯茎がいつもより敏感になっていると感じることがあります。 少し出血を伴うこともあるでしょう。 妊娠すると歯茎の軽い病気である妊娠性歯肉炎などが起こり、ママの歯に悪影響を及ぼすことがあります。 歯茎の周りに炎症やむくみが現れたり、歯磨きの時に出血したりすることもあります。 歯茎に細菌が感染することにより歯を支える軟部組織や骨にダメージを与える歯周病、妊娠初期の嘔吐による歯の酸蝕症や虫歯にも注意しましょう。 歯茎が圧迫されて痛みを感じても、1日に2回は歯を磨き、歯の掃除は毎日行うようにしましょう。 過去6ヶ月の間に歯医者さんに行っていなかったり、歯茎への圧迫や痛みを感じたりしたら、歯医者さんを予約して診てもらいましょう。 歯医者さんに診てもらうまでの間、塩水で口をすすいだり、柔らかい歯ブラシに交換したりするのも不快な症状を和らげるのに効果的です。 頭痛 妊娠ホルモンが急増すると、エストロゲンやプロゲステロンが頭の中の頭痛を引き起こす部分に悪影響を及ぼします。 痛み止めを飲みたいかもしれませんが、まずはお医者さんに相談しましょう。 一般的にアスピリンの服用は妊娠中には勧められていませんが、頭痛を和らげるためにお医者さんがアセトアミノフェン(タイレノール、等)や他の薬を勧めてくれるでしょう。 以下の方法もお勧めです。 冷たい湿布で冷やす• リラックスする• 過去に頭痛の原因となったと考えられる食べ物やにおいなどを避ける• よく眠る• 日光を少し浴びながら適度な運動をする• ストレス管理• 規則正しい食事を心がける 胸焼けや消化不良 特に妊娠初期や後期では、妊娠ホルモンの影響で食道と胃の間の弁が緩んで胃酸が逆流し、胸焼けが起こりやすくなります。 食後3時間は胸焼けの発生を抑えるために横になることは避けるようにしましょう。 眠る直前ではなく夕方早めに夕食を食べるのもいいアイデアですね。 でも、夜になって胸焼けを感じるようであれば、ベッドの台とマットレスの間に何かを入れて、頭のところを高くするのも良いでしょう。 枕だけでは余り効果がありません。 また、揚げ物、辛いもの、かんきつ類、チョコレートなどの胸焼けを引き起こすような食べ物を避けるのも1つの方法でしょう。 数回に分けて少量を食べるのも効果的です。 足のけいれん 足のけいれんは妊娠中期 と妊娠後期に経験する身体の痛みのうち最も一般的なものです。 これらのふくらはぎや足の筋肉の収縮は夜に発生することが多いですが、はっきりした原因は判っていません。 でも、眠る前にストレッチをしたり、アクティブに体を動かしたり、日中に水分を多く取ることで、妊娠中の足のけいれんを予防することができます。 快適な靴もお勧めです。 歩行時に足がけいれんするようであれば、足を上下に動かして筋肉を伸ばし不快感を和らげましょう。 温かいお風呂に入ったりシャワーを浴びたり、筋肉マッサージなども不快な症状をなくすのにお勧めです。 下腹部の痛み 妊娠中に子宮が大きくなるにつれて、子宮を支えるじん帯が伸びてきます。 これらは円じん帯と呼ばれ、円じん帯が伸びることで、筋肉のけいれんのような鋭く突発的な痛みが下腹部に発生します。 痛みが長引くこともあれば、体の両側で発生することもあります。 この痛みは心配するものではなく、お腹の赤ちゃんが大きくなっていることを意味する、赤ちゃんの成長に伴う痛みです。 妊娠中の痛みはいつもより動作をゆっくりと行う、ベッドや椅子からすばやく立ち上がらないなどを心がけることで予防したり和らげたりすることができます。 急激な動きを避けるようにしましょう。 子宮への負担を軽くすると痛みや不快な症状が治まっていきます。 温かいお風呂に入ったり、プールで泳いだりしましょう。 マタニティーベルトや下半身を支える下着を使ってみるのもいいでしょう。 神経への圧迫 赤ちゃんが成長とともに水分を蓄えるためママの体重が増えると、神経経路が膨張して神経を圧迫することがあります。 これは、骨、腱、筋肉、軟骨などの周囲の組織が神経を圧迫する時に発生します。 神経への圧迫は体のあらゆる部位で発生し、部位によって症状が異なります。 手根管症候群は手首にある神経が圧迫される状態で、手や指がしびれてくる症状です。 一方で、背骨の周りの神経が圧迫されると、椎間板ヘルニアのように、かなり激しい痛みの症状が現れます。 このような症状が現れた場合はゆっくりと休養を取ることが大事です。 痛みが長引く場合はお医者さんに相談するようにしましょう。 足首や足のむくみ 足首や足のむくみは、妊娠後期に良く見られる症状です。 ママの体内の水分量が増えて、大きくなった子宮が血管を圧迫します。 循環が悪くなることで体内の水分が血管から漏れて周りの組織に溜まり、むくみを引き起こすのです。 これに妊娠ホルモンも加わって、足首や足がむくんでしまうのです。 出産後にむくみは解消されますが、むくみを和らげるために以下のことを試してみてください。 横になって足を上げる• 心臓に血液を送る大静脈への圧迫を防ぐために横向きで眠る• 弾性ストッキングを使用する• 毎日、よく運動する• 体を締め付けない服を着る• 足をつめたい水に浸す• 足の組織を圧迫するためにプールで立ったり歩いたりする 胸の張りや圧迫による痛み 妊娠初期はホルモンの変化によって胸がヒリヒリと痛んだり、敏感になったり、張ったりすることがあります。 ありがたいことに、ママの体が急増する妊娠ホルモンに慣れてくる数週間後には、この不快な症状は治まっていきます。 静脈瘤と痔 静脈瘤は妊娠中に起こりやすい症状です。 妊娠中は体内の血液量が増加しますが、足から骨盤にかけての血の流れが悪くなって静脈に圧力をかけます。 妊娠中はプロゲステロンが増えることで静脈がさらに拡張されるので、静脈瘤が発生しやすくなります。 静脈瘤は会陰部に発生して痛みやむくみが起こることがあります。 また、肛門や腸の下のほうに発生することもあります。 これが一般に痔と呼ばれるものです。 妊娠中のホルモンや血液の循環をコントロールすることはできませんが、以下の方法で静脈瘤の発生を予防することができます。 座って足を上げる• 立っている間の姿勢を代える• 妊娠中の体重に注意する - を参考にしてください。 ひざや太ももを締めつけない弾性ストッキングを使用する• 水分を十分に取る、痔にならないように繊維をたくさん取る お医者さんによる診察: 注意が必要な妊娠中のうずきや痛み 妊娠中の体の痛みのほとんどは全く問題のないものですが、中には気をつけなければならない症状もあります。 例えば、上腹部の痛みや頭痛を伴う肩の痛みに気づいたら、子癇前症の可能性もあるのでお医者さんに相談しましょう。 妊娠初期に膣からの出血を伴う腹部や骨盤の痛みを感じたら、 子宮外妊娠 の可能性もあります。 心配や不安があれば、お医者さんに相談しましょう。 妊娠中に痛みやうずきを何度か経験するでしょう。 これは全く普通のことで、赤ちゃんが産まれると症状は消えていきます。 妊娠期間は赤ちゃんとの最初の旅のようなもの。 山あり谷ありですが、最後はいい旅だった、と後で思えるものですよ。

次の

妊娠初期症状〜下腹部痛

妊娠後期 上腹部 痛み

その他の症状に関する情報• 痛みには様々なタイプがあり、また多くの部位で生じます。 身体は、どこか異常があると、痛みを使って脳に伝えます。 痛みを無視してはいけません。 どのようなタイプの痛みの症状でも、痛みの原因の根本的な原因を診断してもらう必要があるので... 痛みは明らかに、重要なタイプの感覚性症状です。 ピリピリする感じ、うずく感じ、灼熱感、、あるいは似たような感覚の比較的軽い異常な神経感覚はすべて、「知覚障害」として知られており、無感覚になることがあります... 熱は通常、感染または疾患と戦うために身体が体温を上昇させたことを意味します。 最もよくある原因は、風邪またはインフルエンザのような伝染性のウィルスによるものです。 さらに、原因の可能性としては、... 吐き気は誰もが経験したことのある、不安で胃がムカムカする感じをいいます。 吐き気は嘔吐に伴って生じたり、嘔吐より前に生じたりすることがよくありますが、嘔吐を伴わない吐き気や吐き気を伴わない嘔吐も生じることがあります... 嘔吐は口から胃内容物を出すことをいいます。 これは逆行とは違うものです。 逆行は、既に呑み込んでいた食物を出すことをいい、この2つを正しく区別しなければなりません。 嘔吐は、しばしば吐き気に関係がありますが... 激しい悪寒のある人は、過剰に寒さを感じ、非常にひどく寒気を感じる人は、毛布で体を包んでいる時でも寒さで震えていることがあります。 寒気は、しばしば熱(体温が実際に高い)に関係がありますが、体温が低い(低体温症)場合にも誘発されることがあります... 食欲の変化は重要な症状の可能性があります。 一般的には、食欲低下あるいは食欲増加のいずれかの症状です。 下痢は非常に日常的な症状です。 誰でも突然急性の下痢にみまわれた経験があると思います。 突然の下痢は「食べたものによる」(つまり食中毒)であると多くの人々が考えますが、 一般的には感染性下痢によって引き起こされますが(通常は胃腸ウィルス)... 「消化不良」または「不消化の症状は、通常は十分に診断するのに正確ではありません。 私たちは消化不良という言葉を使って、おなら、お腹のガス、下痢、胸やけ、逆流、、、腹部不快感、腹部の腫れ、その他の消化器症状などの様々な腹部の症状を言い表します... 便の色の変化は食事の変化に伴う場合がありますが、様々な病状による場合もあります。 便の色はまた、血便(様々な程度の便の色の変化を引き起こす)、、また黒色便、便の嫌な臭い、あるいは他の便の症状に関連している可能性があります... 症状チェッカー ジェンダー: 選択された症状: 腹痛 妊娠中の上腹部の痛み 症状を追加: 痛み 感覚 熱 吐き気 嘔吐 妊娠中の腹痛 寒気 持続性の上腹部痛 妊娠中の上腹部の不快感 上腹部の痛み 誤診: 腹痛そして妊娠中の上腹部の痛み 含める誤診かもしれない原因:• 腹痛そして妊娠中の上腹部の痛み: 危険な病気 危険な原因は次のとおりです。 別の症状を追加 原因のリストが多すぎる場合に、選択してオプションを絞り込んでください。 または次の中から選んでください: 腹痛そして妊娠中の上腹部の痛み そして•

次の