ウォンドル 介入。 「韓国の無茶な為替介入」かつて韓国銀行は為替介入のためにウォンを刷っていました

韓国がとうとう為替介入に乗り出した

ウォンドル 介入

2 期連続で過去最大実績となったサムスン電子を抜いて、ほとんどの 企業の収益性が落ちている。 今後の見通しも不吉だ。 ウォン高ドル 安基調がしばらく続くと予想され、輸出が主力のほとんどの企業が 厳しい。 これは、各業種の輸出で競争力があるレートは、対ドルで、 家電 1088W 、半導体 1085W 、情報通信 1074W 、 鉄鋼・金属 1067W 、自動車 1057W 、造船 1055W となっているが、現時点で1,054ウォンであり、造船も競争力がなく なるレベルになっている。 全産業が輸出で競争力なしになることに なる。 サクソンはもう少しウォン高でも輸出競争力を確保している ようであるが、それ以外の産業での輸出は競争力がなくなる。 これが原因で、韓国企業の業績が良くないし、中堅財閥の倒産が増 加している。 なぜ、ウォン高になっているかというと、米国の金融量的緩和が当 分、続くということで投資が増えているからである。 特にサンソン 関連の企業への投資である。 このため、とうとう、韓国は大規模為替介入を開始した。 日本の金 融緩和による円安で、日本に負けたことが原因であると見ているが 、韓国は金融緩和ができない。 現時点でも韓国国債の信用は高くな いので、もし、金融緩和すると、金利上昇を起こすことになる。 このため、金利上昇の可能性あるが、為替介入するしかないことに なった。 韓国のパク・ジェワン企画財政部長官(アベノミクスを非 難しながら)曰く、「競争力の向上をおろそかにしたまま量的緩和 だけに依存することは効果的ではなく、中長期的に大きなコストを 伴うことになる。 痛み無しに得られるものはない。 結局、世の中に ただで食えるご飯は無い」。 というが、自分も為替介入という方法 で、ウォン安を行った。 サムソン以外の産業は、競争力の向上をおろそかにしたままである ことが明確になったようである。 このため、自分も痛み無しに得ら れるものはない。 結局、世の中にただで食えるご飯は無いというこ とで、輸入物価上昇でも、為替介入に踏み切った。 しかし、大規模介入しても、1,062ウォンまでである。 現在自動車を 救いことができるレベルまでである。 韓国は、苦しそうである。 しかし、この状況で韓国は日本に助けを求めるようである。 日韓関係の改善に向けて、超党派の日韓議員連盟と韓国の韓日議員 連盟の合同総会が来月30日、東京で開かれる。 総会では、北朝鮮 の核問題や、福島第1原発問題と並び、2020年東京夏季五輪と 、18年の韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪の相互協力が議題 となるというが、「東京五輪を散々妨害した韓国が堂々と資金と技 術援助を要求してきた」と韓国側の内情を知った日本高官が愕然と したという。 もう、いいかげんにして欲しいですね。 苦しいと日本に助けを求め 、少し楽になると日本を非難する。 2期連続 で過去最大実績となったサムスン電子を抜いて、ほとんどの企業の 収益性が落ちている。 今後の見通しも不吉だ。 ウォン高ドル安基調 がしばらく続くと予想され、輸出が主力のほとんどの企業が厳しい。 これは証券業界の予想値(売上高14兆5000億 ウォン、営業利益2600億ウォン)を下回る。 特に、LG電子はサムスンやアップルなど競合他社が黒字を出し ているモバイル部門でも営業利益が赤字に転じた。 LG電子の関係者は「代表モ デルのG2をプレミアムブランドとして固めようとマーケティング 費用を増やしたうえ、製造会社間の価格競争がさらに激しくなり、 収益性が低下した」と説明した。 テレビを主力とするホームエンターテイメント(HE)事業部は 売上高5兆70億ウォン、営業利益1244億ウォンだった。 これ も欧州など先進国市場のテレビ需要が回復せず、前期比5%減、前 年同期比7%減となった。 ポスコも4期連続で営業利益が1兆ウォンを下回った。 前年 同期比で売上高は3.7%減、営業利益は37.6%減。 貨物・旅客部門ともに振るわ なかった。 特にこの期間、営業利益(1601億ウォン)は前年同 期比43%以上も減少した。 売上高(3兆1833億ウォン)も前 年同期比3.4%減少した。 旅客部門の場合、韓国発輸送は5%増えたが、日本路線の需要が 減るなど海外発の輸送が5%減少し、全体の輸送量が2%減った。 貨物部門も世界景気の回復の遅れ、国内生産基地の海外移転などの 影響で韓国発の輸送量と積み替え輸送量がそれぞれ9%減、3%減 となった。 前年同期比で売上高は3.9% 減、営業利益は赤字に転じた。 売上高は4.4%減の8兆1257億ウォン、当期純利益は 55.5%減の2030億ウォンだった。 会社側は「精製マージン の減少とウォン高が営業利益の減少に影響を及ぼした」と明らかに した。 news-us. 年中最低ポイント(1,054ウォン30ジョン)だったウォン・ドル為替 レートは、外替当局の口頭介入で大人しくなったかとおもったら、 突然急騰し始めた。 政府の無知莫知な(無慈悲で乱暴な)実介入に よってディーリング・ルームの雰囲気は急変した。 急激に上昇した為替レートは、いつの間にか1,060ウォンを超え1,062 ウォンまで上がった。 状況が切迫になり、いくつかの銀行は急にドル を買い入れた。 企画財政部と韓国銀行の共同介入によって外国為替 市場が焦土化される瞬間だった』 ロイターは、政府の介入物量を10億〜20億ドルと推定したそうです。 記事によると、『10月になってから1日の平均取引が62億〜63億ドル 水準であることを考えると、かなり大きな規模だ』とか。 何が言いたいのかというと、これが「アベノミクス(量的緩和)は 日本の為替介入だ」と主張している国の姿である・・ということです。 今年2月に韓国のパク・ジェワン企画財政部長官(アベノミクスを非 難しながら)曰く、 「競争力の向上をおろそかにしたまま量的緩和だけに依存すること は効果的ではなく、中長期的に大きなコストを伴うことになる。 痛 み無しに得られるものはない。 結局、世の中にただで食えるご飯は 無い」。

次の

今日から始まる?韓国ウォンの暴落と韓国中央銀行による為替介入

ウォンドル 介入

この曲線は、米ヘッジファンドがウォンを買い、ウォンの値上がりを食い止めるべく韓銀 韓国中央銀行 が介入 通称、 をしたため、発生したと見られている。 つまり、米ヘッジファンドと韓銀との死闘の結果が、ワロス曲線だったのである。 南鮮の場合、輸出で外貨を得ながら生計を立てているため、ウォンが値上がりしすぎると深刻な打撃となる。 そこで介入するのだが、その介入方法があまりにもお粗末であったため、ファンドにもてあそばれてしまったわけである。 南鮮政府と韓銀が、なぜこのようなバレバレのワロス曲線での取引を続けたのか、その理由は今も定かではない。 結果1,000,000ウォンが手に入る。 0ウォンになったとする。 ここで、値を下げるため韓銀は介入するが、同時にファンドもウォンを売るとする。 ここでは1,000,000ウォンを売る。 この状況では、次の公式が成り立つ。 それが一日に何度も繰り返されたわけである。 グラフを見るだけだと、ウォンの価格は維持され、同じような金額を繰り返しているだけのように思われるが、さにあらず、現実には莫大な金を吸い取られているわけである。

次の

韓国国家破綻が間近です。1ドルが1190ウォンです。1200ウォン...

ウォンドル 介入

韓国における為替介入についてご紹介します。 2008-2009年の 韓国通貨危機の前段となる時期に韓国ではウォン高を是正するために為替介入が行われていました。 この時期の為替介入は「 ウォン売り・ドル買い」です。 つまり、も本来の意味で「ワロス」だった頃です。 ウォン売り・ドル買いを行うためには当たり前ですが玉(たま・ぎょく)として「ウォン」が要ります。 この当時『朝鮮日報』に「政府、韓銀に『紙幣の発行』を要請 ウォン高対策として」(2004年11月22日)というビックリするような記事が出たことがあります。 残念なことに『朝鮮日報』の記事がリンク切れになっており、仕方がないので以下に引用します。 為替レートが連日急落したことで、政府が韓国銀行に紙幣を発行し為替市場に介入してくれるように要請した。 これを受け韓銀は22日、為替市場に本格介入してドルを買い上げたことでレートは小幅下落にとどまった。 (中略) 政府の某当局者はこれと関連、「ウォン・ドルレートの急落を防ぐため、韓国銀行に大胆かつ積極的な役割を要請した」と明かし、「韓銀に紙幣の発行を促したということか」との質問にも「そう思ってもらって間違いではない」と否定しなかった。 韓銀の高位関係者も「為替市場の偏り方は普通ではない」とし、「韓銀には紙幣の発行といった手段があるため、 為替市場への介入財源は無限」とした。 「小幅下落にとどまった」じゃないだろうと誰もが思うでしょうし、刷った大量のウォンによるインフレ懸念などはしないのか、と突っ込みたいところです。 そこで登場するのが、先にご紹介した「」です。 これを発行して市中のウォンを回収するわけです。 しかし、この通貨安定証券を発行しすぎて首が回らなくなり、恐らく世界で唯一の「赤字の中央銀行」(2004年から4年間)という事態に陥ったのです。 柏ケミカル@dcp.

次の