うさぎ 駅長。 【山形県】フラワー長井線宮内駅のうさぎ駅長に会ってきた【2014.12.12】

うさぎ駅長 もっちぃがゆく!の通販はココロのおうち

うさぎ 駅長

路線データ [ ]• 管轄(事業種別):山形鉄道()• 区間・路線距離():赤湯 - 荒砥 30. 5km• :1067mm• 駅数:17駅(起終点駅含む)• 複線区間:なし(全線単線)• 電化区間:なし(全線)• :荒砥運転所CTCセンター 運行形態 [ ] (朝、夕時は車掌同乗)の各駅停車が線内折り返し運転され、1 - 2時間に1本運行されている。 ワンマン運転時は複数車両連結の運転であっても、乗車可能なのは進行方向側の先頭車両のみ。 赤湯 - 荒砥間の所要時間は約1時間である。 今泉駅でJR、赤湯駅でJR・との接続をそれぞれ図っている。 米坂線小国・坂町方面と山形線山形・新庄方面の連絡は米沢接続に比べ、当線の今泉 - 赤湯間を通る方は運賃が安い上 、接続がいい場合も多くある。 利用状況 [ ] 輸送実績 [ ] 山形鉄道フラワー長井線の近年の輸送実績を下表に記す。 表中、輸送人員の単位は万人。 輸送人員は年度での値。 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。 1 1990年(平成2年) 144. 3 1991年(平成3年) 137. 8 1992年(平成4年) 137. 1 1993年(平成5年) 132. 0 1994年(平成6年) 137. 4 1995年(平成7年) 130. 7 1996年(平成8年) 132. 1 1997年(平成9年) 117. 3 1998年(平成10年) 114. 1 1999年(平成11年) 106. 9 2000年(平成12年) 99. 5 2001年(平成13年) 93. 1 2002年(平成14年) 91. 7 2003年(平成15年) 2004年(平成16年) 2005年(平成17年) 81. 5 2006年(平成18年) 77. 4 2007年(平成19年) 76. 0 2008年(平成20年) 2009年(平成21年) 1. 7 53. 8 16. 7 72. 2 660 2010年(平成22年) 1. 7 51. 9 20. 4 74. 0 671 2011年(平成23年) 2012年(平成24年) 2013年(平成25年) 2014年(平成26年) 2015年(平成27年) 2016年(平成28年) 2017年(平成29年) 58. 0 鉄道統計年報(国土交通省鉄道局監修)より抜粋 収入実績 [ ] 山形鉄道フラワー長井線の近年の収入実績を下表に記す。 表中、収入の単位は千円。 数値は年度での値。 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。 8 鉄道統計年報(国土交通省鉄道局監修)より抜粋 使用車両 [ ]• うさぎ駅長「もっちぃ」と「もっちぃ列車」 [ ] うさぎ駅長「もっちぃ」、うさぎ駅員「ぴーたー」と「てん」については「」を参照 2010年8月、白ウサギの「もっちい」がの駅長に就任した。 2羽のウサギ「ぴーたー」と「てん」が駅員である(「てん」は2016年12月13日 、「ぴーたー」は2017年4月11日に死亡 )。 また助役は亀の「カメ吉」が務める。 山形鉄道では、これらのキャラクターをあしらった「もっちぃ列車」を運行している。 歴史 [ ] の交通改善のため、を準用して敷設された路線である。 長井軽便線(ながいけいべんせん)として1913年に一部開業し、長井線と改称後の1922年に全通した。 同年制定されたには、荒砥からのに至る鉄道(別表第25号)が計画されたが、実現しなかった。 施行により1986年に第3次特定地方交通線に指定され、1987年に(国鉄)からJR東日本に承継された後、1988年に山形鉄道に転換された。 (大正2年):赤湯 - 梨郷間 6. 9km が 長井軽便線として開業、宮内町・梨郷の各駅を新設。 (大正3年):梨郷 - 長井間 11. 4km が延伸開業、西大塚・今泉・時庭・長井の各駅を新設。 (大正11年)• : 長井線と改称。 :長井 - 鮎貝間 9. 7km が延伸開業、羽前成田・蚕桑・鮎貝の各駅を新設。 (大正12年):鮎貝 - 荒砥間 2. 6km が延伸開業し全通、荒砥駅を新設。 (昭和34年):西宮内駅を新設。 (昭和35年):南長井駅を新設。 (昭和56年):長井 - 荒砥間の貨物営業を廃止。 (昭和57年)11月15日:今泉 - 長井間の貨物営業を廃止。 (昭和61年):第3次特定地方交通線として廃止承認。 (昭和62年):により東日本旅客鉄道が承継、赤湯 - 今泉間の貨物営業廃止により全線の貨物営業を廃止。 (昭和63年):長井線 -30. 6km を廃止。 山形鉄道に移管され、フラワー長井線 30. 5km が開業、南陽市役所駅を新設、宮内町駅を宮内駅に、西宮内駅をおりはた駅に改称。 (平成元年):白兎駅を新設。 (平成5年):快速列車新設(停車駅は赤湯、宮内、今泉、長井、荒砥)。 (平成7年)• :赤湯 - 宮内間特殊自動閉塞化。 12月:快速列車廃止。 (平成8年):長井 - 荒砥間特殊自動閉塞化。 (平成9年):宮内 - 長井間特殊自動閉塞化、同時に導入。 (平成14年):あやめ公園駅を新設。 (平成19年):四季の郷駅を新設。 (平成20年) 明治期の貴重なであることを理由に、(通称荒砥鉄橋)がに選定。 (平成26年)• :おりはた - 宮内間の橋梁の橋台付近の線路下土砂の洗掘により全線で運転見合わせ。 :長井 - 荒砥間で運転再開、赤湯 - 長井間で輸送開始• :赤湯 - 長井間で運転再開、19日限りでバス代行輸送終了。 (平成27年):「ローカル線」と銘打ったイベントを初開催(ローカル線プロレス実行委員会主催、山形鉄道株式会社共催)。 赤湯発長井行きの臨時列車に各駅から選手が乗り込んで車内で戦う形式の戦で、「車両や備品を壊さない」「乗客にけがをさせない」「列車を止めない」というルールで実施された。 駅一覧 [ ]• 全列車普通列車、すべての駅に停車• 全駅に所在• 駅名 営業キロ 接続路線・備考 線路 所在地 駅間 累計 - 0. 9 0. 9 | 2. 1 3. 4 4. 4 (山形鉄道転換前は「西宮内駅」) | 2. 4 6. 8 | 3. 5 10. 3 | 1. 9 12. 7 14. 9 | 2. 4 17. 3 | 1. 0 18. 8 19. 1 | 1. 9 21. 2 23. 2 | 1. 4 24. 6 | 3. 3 27. 7 28. 6 | 1. 9 30. ONLINE NEWS. 2016年12月16日. の2017年3月30日時点におけるアーカイブ。 2017年3月30日閲覧。 河北新報. 2017年4月12日. 2017年4月29日閲覧。 OFFICE-SANGA 2012年8月15日. 2017年3月30日閲覧。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• 『』第21巻第1号、鉄道ジャーナル社、1987年1月、 120頁。 2008年10月22日• - 国土交通省 災害情報、2014年7月10日 12:00現在• - 日本経済新聞、2014年7月10日• - 読売新聞、2014年7月12日• - 山形新聞、2014年7月17日• 北林慎也 2015年7月4日. 朝日新聞. 2015年7月5日閲覧。 2015年7月4日. 2015年7月4日閲覧。 関連項目 [ ]• - 2004年公開の映画で、フラワー長井線の2両編成の列車が劇中で登場する。 - 放送の第8話の舞台となった。 - 日本初の車内に無線スポットを設置した「Netトレイン」編成が存在する。 () - 「長井線」時代の列車が映像に出ている。 外部リンク [ ]•

次の

動物駅長(など)の一覧

うさぎ 駅長

スポンサードリンク 埼玉高速鉄道は2015年6月3日(水)、浦和美園駅(さいたま市)の駅長に7日(日)から、うさぎが就任すると発表しました。 うさぎの駅長就任は同社初といいます。 浦和というと、やはりうさぎのイメージはありますよね。 そもそもは、調神社に狛犬ならぬ狛うさぎがいるところからのイメージなのですが。 そういったこともあって、きっと浦和美園駅にうさぎ駅長を、ということに繋がっているのではないかと思います。 浦和美園駅では週5日程度、7時から10時、14時から18時30分まで勤務する予定で、利用者への挨拶、駅構内の巡回などを行うそうです。 駅構内の巡回まで!? つまりは、うさぎちゃんの散歩が見られるということでしょうか。 なお、うさぎ駅長は埼玉県こども動物自然公園で活躍経歴をお持ちだそうです。 うさぎ駅長には、24時間体制による駅員のサポートがあるそうで、飼育体制も万全です。 浦和レッズの試合開催日は人も多いでしょうから、うさぎ駅長はちょっと落ち着かないかもしれませんね。 最終更新日: 2019年12月16日.

次の

鉄道トリビア(80) 山形鉄道には、今年の干支「うさぎ」が駅長を務める駅と「白兎駅」がある

うさぎ 駅長

台の下に隠れた駅長「もっちぃ」を撮影するファン。 ぬいぐるみやバッチなどもっちぃグッズも販売されている もっちぃが駅長になったのは、当時の新入社員が「動物園のような駅をつくりたい」と提案したのがきっかけだった。 大きな動物は無理でも、ウサギなら飼えるかもしれないなと社内で検討していたころ、置賜農業高校(川西町)で5匹のウサギが誕生。 駅の近くにある熊野大社の本殿裏に彫られている3匹のウサギにちなみ、3匹を引き取った。 お餅のようにふわふわで真っ白なウサギを「もっちぃ」、おでこに斑点のあった茶色のウサギを「てん」、ピーターラビットに似ていた茶色のウサギを「ぴーたー」と命名。 元気で人懐っこい性格のもっちぃが駅長に、ほかの2匹は駅員に「採用」された。 そんなもっちぃも、人間でいうと「おばあちゃん」にあたる年齢。 昔のように「駅長室」を駆け回ることは少なくなった。 それでも、駅員の飯沢優花里さん(23)は「宮内駅に来るのは、もっちぃに会いに来たという方がほとんど。 たくさんの人に可愛がられて、立派な駅長です」。

次の